searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
都流茶道教室《月桑庵》 https://ameblo.jp/darkpent/

都流茶道教授 月?宗地のblogです。 茶道に関係ないことも書きますが、最近は茶道のことばかりです。

都流は創流百年弱の流派ですが遠祖は荒木村重(道薫)です。茶風は「流れるような優雅さ」とされています。 初代荒木宗仙が「大衆への普及」を目指して創流されました。 趣味で和歌を詠みます。 月?(げっぽ)が雅号、宗地(そうち)が茶名です。

月?宗地
フォロー
住所
板橋区
出身
足立区
ブログ村参加

2013/01/15

1件〜100件

  • 【茶道】台子十二ヶ月計画

    ・真台子大(風炉用)・及台子(風炉用)・爪紅台子(炉用)・竹台子小(炉用)  と四種類の道具が揃ったので、あと台子が3つで揃いますから、そろそろ「お茶会へ行こ…

  • 【道具】染付 桶側皆具 正村千馨作

     鍋島青磁皆具に続き、桶側皆具を落札。 桶側というのは、古染付形物水指にあります。円筒状の胴が浅い輪花に絞られていて、括れを呉須で縁取り、口周りに雷文繋を描い…

  • 【教室】第二十一回 懐石体験教室「卯月の『お茶事へ行こう」初風炉」5/22〜レポート〜

     稽古茶事の会「お茶事へ行こう」も二十一回を数えました。 年5回、道具のない中で試行錯誤を繰り返しながらやって来ましたが、もう少しで道具も「数が揃う」かなぁ?…

  • 【募集】第七十六回「皐月の『お茶会へ行こう』6/5」

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがあ…

  • 【こよみ|小満】

     本日は旧暦四月廿一日、壬寅乙巳甲戌。二十四節気第八の小満です。 万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る(満ちる)ころと言われます。『暦便覧』には「万…

  • 【教室】月桑茶道教室〜お弟子さん随時募集中〜

     月桑茶道教室では、随時お弟子さんを募集しております。 ■月桑庵の特徴①点前偏重はしない 月桑庵のモットーは「主客を大事にする」です。 主客というのは「亭主=…

  • 【茶道】外異八種を考える

     このところ茶杓づいている訳ですが、外異八種は今まで五種しか想定されていなかったのですが、今後「竹材があれば」という条件付きですが、候補を挙げておこうかと思い…

  • 【茶人列伝】河村曲全

    河村曲全【かわむら きょくぜん】  江戸中期の豪商・茶人。 曲全流の祖。通称は天満屋九兵衛、号は曲全斎・謝青庵等。茶湯は宗和流中島宗員に学んでいたが、岡田野水…

  • 【茶人列伝】三谷宗鎮

    三谷宗鎮【みたに そうちん】  寛文五年(1665)生。 儒学を伊藤東涯にまなび茶は表千家六代千宗左(覚々斎)の門人で、上野宗吟・服部道円・鈴木宗閑と共に原叟…

  • 【道】茶道町祖八種を考え直す

    【町祖八種】は、町人茶の流祖の茶杓を八振り選んだもので、以下の流派をチョイスしています。○藤村庸軒 反古庵 九月十八日歿  乙酉小春写 名「軽霜」炉開き 初冬…

  • 【茶道】道と付くものは修行。修行が嫌なら、カルチャーセンターでどうぞ♪

     こういう書き方をするから嫌われるんでしょうけれども、私は本音で生きると決めているので、お為ごかしに取り繕った言い方を好みません。  私は常日頃から「茶道は修…

  • 【募集開始】第廿一回 茶事体験教室「お茶事へ行こう」 卯月・初風炉(5/22)

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お茶事に抱くイメー…

  • 【教室】月桑茶道教室〜お弟子さん随時募集中〜

     月桑茶道教室では、随時お弟子さんを募集しております。 ■月桑庵の特徴①点前偏重はしない 月桑庵のモットーは「主客を大事にする」です。 主客というのは「亭主=…

  • 【道具】鍋島青磁 皆具 小笠原長春作

     及台子大を購入してから皆具を熱心に見ている道舜です。 今まで青磁って、ツルンっとしててつまんないなー!と思ってたんですが、これを見た途端、これは違う!!!!…

  • 【茶道】灰について考える

     灰とは何でしょうか?  茶道における灰ということではなく、灰という物質は何で構成されているかです。  灰の主成分元素はカリウムやカルシウム、マグネシウムであ…

  • 【茶道】懐紙は硬いか柔らかいか

     物の本質を見た目や肌触りだけで判断すると、昔から行われてきたことを無視してしまうことになるのではないでしょうか。 さて、某所で茶道談義をしたとき、ハンカチを…

  • 【道歌】当代にはびこる茶の湯三者あり似非侘び嘘寂び紛い数寄者〜茶道の衰退は誰の所為?〜

     またぞろ「敷居が高い」と使う人たちがいます。本当にこの誤用辞めませんか? 特に茶人や茶道家の方々。 第一には誤用の拡大を推進してしまうからです。 敷居が高い…

  • 【茶盌】赤絵 馬上杯茶盌 今岡妙見作

       馬上杯茶盌を今年集め始めた訳ですが、馬上杯ってかなり珍しい茶盌なんですね。  お陰でなかなか気に入るものがないんですよ。  そりゃ3〜4万円も出せば、そ…

  • 【こよみ|立夏】

     本日は旧暦四月五日、壬寅乙巳戊午。 二十四節気の第七、立夏。本日から『夏』になります。  暦便覧には「夏の立つがゆへなり」と記されています。  蛙が鳴きはじ…

  • 【こよみ|八十八夜】

     本日は旧暦四月二日。壬寅乙巳乙卯。雑節の八十八夜です。  八十八夜は、雑節の一つで、日本独自の暦です。  立春を起算日として八十八日目にあたります。「八十八…

  • 【こよみ|卯月朔日】

     本日は旧暦四月一日、卯月朔日、壬寅乙巳甲寅。  とうとう卯月になりました。 卯月とは卯の花の月が転じたともいわれ、卯の花が咲き誇ります★彡が、今年はもう終わ…

  • 【ブログ】GWのお休み

     復帰したばかりのブログですが、GWが差し迫って来ました。  このGWは、道具の片付けにてんやわんやする予定です。  4/30(土)には3階の衣裳・道具部屋に…

  • 【茶道】御園棚の可能性

     Clubhouseのルームで毎日深夜1:10~お話している裏千家の先生がいらっしゃるのですが(Twi友)、御園棚の改造の話をしつつ、ヤフオクを見ながら話して…

  • 【茶道】お茶会へ行こう・お茶事へ行こうの道具立てを考える

     台子が揃い始めたので、ここで少し、お茶会へ行こう・お茶事へ行こうの道具組みを見直そうと考えています。  というのは、年に二回、台子の点前を組み入れるというこ…

  • 【道具】真塗 及台子大 北濱喜平作

     私がヤフオクで茶道具を落札するようになって十数年が経ちますが、これまで及台子大が出たことはありませんでした。 出ても及台子の小。それもほとんどが宗旦好の爪紅…

  • 【募集開始】第廿一回 茶事体験教室「お茶事へ行こう」 卯月・初風炉(5/22)

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お茶事に抱くイメー…

  • 【茶道】新しいお弟子さん

     新しいお弟子さんを迎えました。 茶道に興味のあるというお友達を連れていらっしゃいました。 稽古の内容は ・茶巾の畳み方 ・帛紗捌き ・茶筌通し/茶筅洗い と…

  • 【故事成語】它山之石

     它山之石は「つまらない石。転じて、自分の修養の助けとなる他人の誤った言行。(goo辞書)」とされています。  しかし、它山というのは、「他の山」という意味で…

  • 【こよみ|穀雨】

     本日は、 旧暦三月廿日、壬寅甲辰癸卯。  二十四節気第六節である「穀雨」です。  田畑の準備が整い、それに合わせて春雨が降るころです。穀雨というのは「穀物の…

  • 【間違いだらけの現代語】無礼講

     無礼講というと、どんなイメージがありますでしょうか?  現在一般的なイメージでは「無礼を許す」と思われているように思いますが、これ、間違いだってご存知でした…

  • 【故事成語】蒲柳の質

     蒲柳というのは|楊柳《かわやなぎ》のことで、蒲柳の質とは、唐国の南北朝時代、梁の簡文帝が同年の顧悦が若い頃から白髪であったことを尋ねた故事からの成語です。『…

  • 【こよみ|清明】

     本日は旧暦三月五日、壬寅甲辰戊子。二十四節気の第五節「清明」です。 清明とは「清浄明潔(清らかで活き活きとした様子)」を略した言葉で、春先の躍動感に溢れる情…

  • 【こよみ|弥生朔日】

     本日は旧暦三月一日、壬寅甲辰甲申。弥生朔日(三月一日)です。 旧暦一月から始まった春も今月で終わりを迎えます。 弥生は草木が生い茂る意味の「木草弥や生ひ月」…

  • 【こよみ|利休忌】

     本日は旧暦二月二十八日。壬寅癸卯辛巳。  利休を祖とする三千家では利休忌が行われます……といっても、表千家は新暦3月27日、裏千家と武者小路千家は新暦3月2…

  • 【こよみ|春分】

     本日は旧暦二月十九日、壬寅癸卯癸酉。。二十四節気の第四・春分です。  昼と夜の時間が丁度等しくなる日とされていますが、現実には若干昼の方が長くなります。二至…

  • 【告知】ブログ休載のお知らせ

     しばらく、ブログを休載いたします。 一応、一ヶ月ぐらいと考えております。 よろしくお願いいたします。 追伸 こよみは自動で投稿いたします。

  • 【日常】弟子の旅立ち

     弟子が一人、辞することになりました。  来る者は拒まず、去る者は追わず……とはいえ、残念に思っています。  弟子が去るというのは、様々な事情があるでしょう。…

  • 【茶道】着物と茶道

     茶道をしていると、着物が愉しくないという人がいます<代表例が宗靜先生ですがw  茶道と着物の関係というのは、実はほとんどありません。  というのは、茶道が着…

  • 【道歌】洋花を入れるとあらば趣きの主たるものにぞなると知るべし

    洋花を入れるとあらば趣きの主たるものにぞなると知るべし 道舜 久しぶりの道歌です。 この時期、ミモザの花の話題がよく取り上げられます。だからといって安易に茶花…

  • 【小説こぼれ噺】波多野三兄弟

     波多野三兄弟の父、波多野清秀は、嘉吉三年(1443)生まれで、永正元年(1504)七月廿四日歿。  十八歳で細川勝元に使え、その命で母方の氏である波多野を名…

  • 【募集】第七十五回「弥生の『お茶会へ行こう』4/3」

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがあ…

  • 【茶道】疑問~筒茶盌は種類が多いのに平茶盌は二種しかない理由~

     お茶会へ行こうで、筒茶盌の種類の話になり、筒には「長筒」「七分筒」「半筒」「塩笥」「唐人笛」「胴締」と6種類あるという話になりましたが、平茶盌には、「平」と…

  • 【茶人】津田宗及

     津田宗及は、堺の茶人で、天王寺屋の当主です。  父は天王寺屋の当主・津田宗達。祖父は天王寺屋の津田宗柏とされています。 津田宗及が活躍しはじめたのは永禄年間…

  • 【道具】黒楽 馬上杯茶盌 佐々木松楽作

    初使いだったので、写真掲載を見送っておりました♪ 黒楽 馬上杯茶盌 佐々木松楽作  普通の馬上杯と違い、高台が末広になっています。 ちなみにこちらは写真をお借…

  • 【着物】猿股衫(salmathaçan)と越中衫(yetchueçan)【商品開発日誌】

     Twi友の光輪さんから、試作品が送られてきました。  さすが仕立師、丁寧な仕上がりです! 和裁の専門家らしい機能的な断裁(といってももとに戻せる裁ち切りです…

  • 【教室】茶会体験教室 第七十四回「如月の『お茶会へ行こう』初午」(3/6)

     昨日は、お一人のお客様を迎えてのお茶会へ行こうでした。 仲春と初午の設えでおもてなしいたしました。 来年はもっと馬上杯を増やしたいですねー♪ 目指せ馬揃え!…

  • 【こよみ|初午】

     本日は旧暦二月四日、壬寅癸卯戊午。 旧暦二月の最初の午の日を「初午(はつうま)」といいます。 稲荷社のお祭りの日で、初午詣をする参詣者が訪れる雑節です。 稲…

  • 【こよみ|啓蟄】

     本日は旧暦二月三日、壬寅癸卯丁巳。二十四節気第三の「啓蟄(けいちつ)」です。 啓は「ひらく」、蟄は「土に潜った虫」という意味で、春の気が地に満ちて冬眠してい…

  • 【菓子器】犬山焼 南京赤絵写 魁文 菓子鉢

    価格:★★★★★  最近、あまり落札できていない月桑庵ですが、母と二人で気に入ったものを落札しました。  こちらは南京赤絵で出ていた骨董です。  ですが、どー…

  • 【こよみ|如月朔日】

     本日は旧暦二月一日、壬寅癸卯乙卯。如月朔日です。  如月は【きさらぎ】と読み、衣更月・着更着・絹更月とも書きます。 春とはいえ、まだまだ寒く、重ね着をするこ…

  • 【小説】『数寄の長者~三人の天下人に仕えた茶人~ 竹馬之友編 第三服 三条御所』を公開しました。

     【数寄の長者】第三服 三条御所|曲斎(月桑庵道舜/碧夢庵宗地@都流)|note第三服 三条御所  足利義晴公は京都に迎えられるとすぐに岩栖院に入った。  岩…

  • 【言葉】個は孤の中で熟す

     日曜日、久しぶりに林修先生がでている「初耳学」を観ました。 一時期熱心に観ていたのですが、「パリコレへの〜〜」みたいなコーナーが嫌いで観るのを辞めていたので…

  • 【ブログ】このブログの傾向性

     気づいてはいたことなのですが、このブログ、入門者勧誘に全く役に立っていません(笑) 何せ、入門者勧誘記事は殆ど読まれてないからです。 週一回、土曜日と祝日に…

  • 【募集】第七十四回「如月の『お茶会へ行こう』3/6」

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがあ…

  • 【教室】月桑茶道教室〜お弟子さん随時募集中〜

     月桑茶道教室では、随時お弟子さんを募集しております。 ■月桑庵の特徴①点前偏重はしない 月桑庵のモットーは「主客を大事にする」です。 主客というのは「亭主=…

  • 【道具】香物鉢をどうしよう?

     私が未だに懐石で悩むものが「香物鉢」です。  個人的には、引重で出されていたものなので、四方鉢がよいと思っているのですが、母と意見の合うものがない(苦笑) …

  • 【茶道】入門の準備

     門人が増えるたびに月桑庵では「癖直し」を用意します。  というのは、月桑庵では、道場の名札代わりに、各人専用の稽古茶筅を購入してもらっているからです。  稽…

  • 【茶道】門人増える

     コロナ禍であっても、地道に活動している月桑庵ですが、新しいお弟子さんを迎えることとなりました。  4月からのお稽古開始のお約束です。  いまから、どのように…

  • ”梅花一枝” 梅花一宇之師

     こちらで斉己が詠まれたという漢詩は萬木凍欲折 孤根暖獨回前村深雪裡 昨夜数枝開風遰幽香去 禽窺素艷來 というものです。 この数というのは、三〜四を指すのです…

  • 【募集】第七十四回「如月の『お茶会へ行こう』3/6」

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがあ…

  • 【こよみ|雨水】

     本日は、旧暦一月十九日、壬寅壬寅癸卯。二十四節気第二の雨水。 雨水は『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」とあり、「雪が雨に変わり雪解…

  • 【茶道】懐石の謎を解く鍵は本膳にあり。

     平椀壺椀の謎を解く鍵は本膳にありました。  ではまず、本膳ってどういうものなんでしょう。 和式作法 : 本膳料理の体系hac.cside.com  こちらの…

  • 【茶道】消えた平椀と壺椀

     壺椀が消えた理由は、膾などのナマモノ(生もの)が増え、お造り系の向附へと変化していった結果であることは理解できます。  特に江戸前の漬けや昆布締めの発達によ…

  • 【茶道】四つ椀は何を指し示すのか〜椀の流行〜

     四つ椀というのは元来 ・飯碗・汁椀・平椀・壺椀  の四種類を指します。 飯椀と汁椀は両椀とも呼ばれます。 当り前ですが、飯椀は御飯、汁椀は味噌汁を入れるもの…

  • 【こよみ|小正月】

     本日は旧暦正月十五日、壬寅壬寅己亥。  古くは松の内の終わりでした。大正月は人日まで竈を休ませるはずの松の内に、来客などがあって忙しくはたらいた主婦をねぎら…

  • 【こよみ|松の内】

     一般的に関東は七日まで、関西は十五日まで、といわれることが多いのですが、実質的には「その前日までが松の内」であり、七日や十五日が「松下し」となります。  松…

  • 【茶道】ジェンダーレスと茶道

     利き手が右であるのが主流な日本で、左利きだから茶道も左利き用の式法を取り入れろ!というのはおかしいということわかってもらえますでしょうか。  そもそも、千家…

  • 【茶道】茶道の霽れと褻

     霽れと褻は「ハレとケ」と読みます。  霽れとは「祭り」や「祝い」などのことで、褻とは「日常」のことを意味します。  茶道の茶式は誕生したときから霽れのもので…

  • 【教室】第二十回 茶事体験教室「睦月の『お茶事へ行こう』2/6・初釜~レポート

     日曜日は初釜でした。 いつもながら、拙庵に起こしいただいて感謝に絶えません。 世の中騒がしいなか、ゆったりとしたお時間を過ごしていただけたならば幸いです。お…

  • 【こよみ|人日】

     本日は旧暦正月七日、壬寅壬寅辛卯。人日=七種の節供です。 五節句の一つで、霊辰、元七、人勝節ともいいます。 この風習は、中華の風習で、正月元日が鶏の日、二日…

  • 【募集】第七十四回「如月の『お茶会へ行こう』3/6」

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「抹茶は甘い飲み物です」_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ お抹茶に抱くイメージってどんなものがあ…

  • 【こよみ|立春】

     本日は旧暦正月四日、壬寅壬寅戊子。二十四節気第一の立春です。 これからは暦の上では春。 二十四節気では新年を迎えたことになります。旧暦ではすでに年が改まって…

  • 【こよみ|節分】

     本日は旧暦正月三日、壬寅壬寅丁亥。節分です。 節分というと「豆まき」というイメージでしょうか。「鬼は外、福は内」と叫びながら、入り大豆(福豆)を撒くと厄が払…

  • 【道具】蕨浪蒔絵朱塗刷毛目引盃(小) 玄々斎好 五客揃い

    価格:★購入先:ヤフオク  蕨浪というのは、波頭の形状のことで、図案化された波頭の形が蕨に似ていることから、蕨波といいます。  青海波などの抽象化された図案は…

  • 【こよみ|睦月朔日】

     本日は旧暦一月一日。睦月朔日。  元日については別記事にしてますので、そちらを御覧ください。  こちらでは和風月名の意味などを紹介していきます。  そもそも…

  • 【こよみ|元日】

     明けましておめでとうございます! 本日は旧暦正月元日。一年の始まりとなります。 干支は節分からということで、まだ辛丑の月なのですが、こういうときの干支は難し…

  • 【こよみ|大晦日】

     本日は旧暦十二月廿九日、辛丑辛丑甲申。一年の最後の日、大晦日です。  大晦日は「おおみそか」と読みますが、これは「みそか=三十日」のことです。もともと末日の…

  • 【日常】大阪で専門家会議が「経済を止めてもコロナは止まらない」

      🎙️専門家達の声よ届け🎙️ 【ICYMI】 全国新規感染7万人超え…東京の病床使用率42.8%、都が政府に緊急事態宣言発令の要請基準50%に近づく。地…

  • 【茶盌】飴釉 玉取龍 筒茶盌 吉田多年作

     変わった筒茶盌を見つけたのでポチっとな!ということで落札いたしまして、先日使いました!  不思議な茶盌なんですよ。 正面ではないところがグニャリと歪んでいる…

  • 【茶道】燗鍋の蓋は三枚要る

    https://jfcf.or.jp/musubiplus/appetizer10/  こちらの記事を読んで、当流との違いを書いておこうと思います。  遠州流…

  • 【教室】第十九回 茶事体験教室運営「師走の『お茶事へ行こう』蕎麦懐石」〜レポート〜

     初釜の話をたくさん伺う中、我が道を行く月桑庵は師走の茶事体験教室です(笑) 今年も蕎麦懐石の研究というか、実験的な会ですね! 前に入門体験にいらしたAさんと…

  • 【日常】再び始まった意味のない「蔓延防止重点措置」

     去年も散々「ロックダウンは無意味」という論文がNatureに発表されていたことをご報告いたしましたが、日本の政治は未だに情報がアップデートされていないようで…

  • 【挨拶】寒中見舞い申し上げます。

     昨日、大寒となりまして、今年(旧暦)も残りわずかとなりました。  本日は十二月十九日。今年の師走は小の月なので、あと十日となりました。まさに歳の瀬ですね。 …

  • 【こよみ|大寒】

     本日は旧暦十二月十八日、辛丑辛丑癸酉。二十四節気最後の中気、大寒です。 大寒は、一年で最も寒い時期になり、ます。 寒稽古や寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒…

  • 【茶道】来年の御題「友」

     さて、歌会始の儀が終わり、来年の御題が発表されました。  来年の御題は「友」 だそうです。  さて、来年の予想をしましょう♪ ・唐子繋ぎ 唐子(閑人)が手を…

  • 【茶道】喰違

     喰違は光悦七種とよばれる楽の茶盌で、加賀(赤)、時雨(黒)、鉄壁(黒)、有明(赤)、紙屋、雨雲(黒)、喰違(黒)という銘がそれぞれつけられています。  この…

  • 【茶道】お預かりいたしました

     Facebookの茶友が一時茶道を離れるとのことで、道具を譲ってくださると申し出てくださった。 稽古物中心とのことだったので、何が届くのだろー?と思っていた…

  • 【再募集】第十九回 師走のお茶事へ行こう【晩冬】(1/23)

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お茶事に抱くイメー…

  • 【着物】着物男子のトイレ事情改善委員会、発足

     昨夜、Twitterのスペースで「着物男子のトイレ事情(雑談)」を開設したのですが(深夜0時過ぎ)、そこに仕立師さん降臨!  話はトントン拍子に進んで試作品…

  • 【茶道】客振りの指導

     茶道教室の指導で最も難しいのが「客振り」。  これ、指導というより、場数を踏ませるしかないというのが、現状ではないでしょうか。  でも、本当は点前より、ここ…

  • 【着物】襠の開いた下着を考案する「猿股衫」

     さて、実験はしたので、次は試作です。 ちなみに「袴」はスボンのことで、「衫」というのは裾が長い下着の意味なので、「猿股袴」ではなく「猿股衫」という名前にしま…

  • 【着物】着物男子のトイレ事情

     Twitterのスペースという声でコミュニケーションを取れる機能がありますが、そこで男性が幾人かで着物について話していました。  そこの話題が「袴のトイレ」…

  • 【満席】第二十回 睦月のお茶事へ行こう【初釜】(2/6)

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お茶事に抱くイメー…

  • 【茶盌】粉引 筒茶盌 八染窯 和田厚作

    価格:★★ 2022年初落札したのは、この茶盌だった。 年末に入札しており、落札できたらラッキー!ぐらいのニュアンスで。 そうしたら、落札できてしまった(笑)…

  • 【告知】「お茶会へ行こう」リニューアル

     本年5月より、「お茶会へ行こう」がリニューアルします!――といっても、内容のリニューアルではなく、料金改定と回数を増やすだけなんですけど(笑) 日程がなかな…

  • 【こよみ|小寒】

     本日は旧暦十二月三日。辛丑庚子戊午。二十四節気二十二番目の「小寒」です。  寒の入りともいい、一年で一番寒い時期になります。 旧暦ではだいたい十一月~十二月…

  • 【こよみ|師走朔日】

     本日は旧暦十二月朔日、辛丑庚子丙辰です。  師走は「読経で和尚が忙しく走り回る」からといわれていますが、俗説です。 年が果てる意味の「年果つ(としはつ)」、…

  • 【ブログ】年末年始のお休み・数寄の長者 第三服上梓のお知らせ

     早いもので、今日で仕事納め。 あっという間の一年ですね。  といっても月桑庵は旧暦なので、来月に年の瀬の茶事を「お茶事へ行こう」で催す訳ですが(笑) 寒中に…

  • 【茶道】遊びは茶の湯で

     茶道を愉しく……のような勧誘をよく見ます。そういう謳い文句の方が人を集められるのかも知れませんが、私は嫌いです(笑) だって嘘なんです、それ。 だって、それ…

  • 【募集開始】第二十回 睦月のお茶事へ行こう【初釜】(2/6)

     _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/「お茶は食事とお酒とお茶が揃ってこそ!」 _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/  お茶事に抱くイメー…

ブログリーダー」を活用して、月?宗地さんをフォローしませんか?

ハンドル名
月?宗地さん
ブログタイトル
都流茶道教室《月桑庵》
フォロー
都流茶道教室《月桑庵》

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用