chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
一日は長し、されど一生は短し https://ameblo.jp/masa20252000/

モノクロ中心のスナップです。 フィルムとデジタルの両刀使いで、しばらく撮る予定です。

農村、漁村、都会、街等のスナップ中心で被写体を限定しません。 トライXをD76で現像しています。 以前はアサヒやフォトコン、日本カメラ等の雑誌月例にも出していましたが、ブログを主体に見てもらおうと思ってます。 ブログはつれづれに書いた雑文も載せています。 ヒマな時にでも覗いていただければ幸いです。 どうかヨロシクお願いします。

masa
フォロー
住所
江別市
出身
北斗市
ブログ村参加

2011/03/09

1件〜100件

  • 気まぐれ一首 2229

      何もかも焦がしてしまう赤い真陽 キュウリやナスに水を忘れず どの窓も開けてカーテン揺らすなり 暑さに鴉鳴かずに口あけ

  • フォトスクエア 3887

    トマトと野菜ばっかり (3枚組)  半月前から、日々野菜を収穫。食べきれないので方法に配っているものの、食卓に日々あがる。 おまけに、おやつは野菜の甘酢漬け。…

  • 国民の意向を汲むのなら・・・

    「国葬」取りやめが妥当!皆さん、そう思いませんか? 

  • 気まぐれ一首 2228

      接種終へまずひと安心 されどまた新たな株が出ぬかと気にやみ この暑さにウイルスくたばるかと思へばチカラ上なり 宿主をふやす

  • フォトスクエア 3886

    札幌二条市場 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2227

      窓を開けシニアの夫婦テレビ前 夏の甲子園歓声あげる 半月の高温続きでいつせいに赤くなるトマト リコピンの夏

  • フォトスクエア 3885

    ストリート・ビュー (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2226

      長いもに卵を割つて混ぜにけり 死人のやうに生きたくはなし ひたすらに咳我慢するマスクなか 何もかも閉じ込めてゐる

  • フォトスクエア 3884

    特級酢酸で野菜バリバリ (3枚組)  写真定着用の酢酸が残っていたので、まず5%液を作る。これに昆布と出汁の素や塩・砂糖を加えて市販品と同じような甘酢を作る。…

  • フォトスクエア 3883

    昆虫展に行く (3枚組)  孫たちは目をキラキラさせて喜び・・・。カミさんと嫁さんは「これ、イヤリングにしたら素敵ね」と大興奮! あとでまた、一人だけで行こう…

  • 気まぐれ一首 2225

      天道虫が背を割り空へ飛び出でぬ 未練さつぱり六足ひろげ 丘のうへぽつりサイロのそびえ立ち 屋根は朽ち果て墓標のごとく  

  • フォトスクエア 3882

      長男夫婦がカレーというので、バターチキンカレーを作る。生クリームを入れて混ぜているところ。 辛めにして、さきほどいただきました。明朝用に、山食を焼く。 合…

  • 気まぐれ一首 2224

      目に見えぬ敵に翻弄されうろたへる人類 AI時代にありても 紺青にひろがる空を見渡してつぶやいてみる 「恐怖」という人語

  • 気まぐれ一首 2223

      心拍の二十億回の寿命なり どうせなら味はい尽くして消ゆ 目覚めても眠っていても老いすすみ 言ひ訳がましく腕立て伏せす

  • フォトスクエア 3881

    暖かい地方の野菜たち (3枚組)  サツマイモやゴーヤはこれまでも作ったことがあります。マルチはするものの、それなりの量を収穫。 で、落花生は初めてこと。花後…

  • フォトスクエア 3880

    また、やられた! (3枚組)  対策したつもりが4個めをカラスにやられた。2~3回突いた程度なので、その部分を切り取り漬物にする。 いよいよテグス(釣り糸)を…

  • 気まぐれ一首 2222

      萎れてるレタス、茄子の葉も水浴びて じきにしゃっきとなる三十℃ 面倒と思へば一切のことなど ため息つかぬうち次に踏み出す

  • フォトスクエア 2221

    午後の公園 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2221

      ノーと言ふにも体力は要るものと 卒寿の過ぎた戦争体験者 朝採りの高菜の青虫 まな板で五体投地を続けて居りぬ

  • フォトスクエア 3878

    札幌赤レンガ前の風景 (3枚組)  先週末、通りがかりに見た赤レンガ前の風景。大きなパッチワークのよう。 ここで札幌8月祭が行われるとのこと。盆踊り等、各種行…

  • 気まぐれ一首 2220

      子供らの休みに合はせ体操す 見慣れぬ顔もともに参加し 街なかで小さなキャリーバッグ引く人は ワン公連れ歩くごと

  • 国民にきちんと方向性示せ!

      「7波」以降に類別変更よりも、現在対策は何もないのか?これ以上の感染急増は経済活動も危うくなるのでは・・・。 多くの国民が国葬反対。御上のお達しは時代錯誤…

  • フォトスクエア 3877

    昨日はパウンドケーキ、今日はパン (3枚組)  スィーツが欲しくなりパウンドを焼き、今日は天気が悪いのでパン焼き。パンは餡パンや豆パンなど。 以前はバターを塗…

  • 気まぐれ一首 2219

      時をりの風が胸なかをとほり過ぎ やり場なき気をわずかに減らす 朝顔の巻きつく蔓は刷り込みに似て 近くのものにまず絡みたり

  • 気まぐれ一首 2218

      完熟のトマトをもぎ取りしゃぶりつく夏の快感 誰にも言はず 連日の暑さにマスク重なりて 正常機能もはやすれすれ

  • フォトスクエア 3876

    朝はラジオ体操、そして芋の試し掘り(3枚組)  ジャガイモを試し掘りしたら、天気のせいか今年は案外大きい。さっそく、バターをつけていただいた。 スイカ3個、カ…

  • フォトスクエア 3875

    出会いの夏風景 (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2217

      公園の水飲み蛇口をひねつて 暑き空を冷やしてみたく 白桃をあくまで冷やしかぶりつく夏の快感 雫(しずく)たらしつつ

  • フォトスクエア 3874

    公園の沼 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2216

      隆々として青空を突きあげる夏の雲 目のまへに示すなり マンションの階段を夏の朝陽は折れながら 熱く駈けのぼりたり 

  • 気まぐれ一首 2215

      開け放つ夜の窓より特急の通過レール音 軽快に響く いつしかに断崖(きりぎし)の尾根歩きたり 後ろを見ずに前のみ凝視

  • フォトスクエア 2215

    札幌大通り公園の花々 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2214

      青大将帯の姿に昼寝して われの足音にびくんと逃げぬ  腕まくり陽に灼けぬ白とのツートンに 何か言ひたげな顔の接種者

  • フォトスクエア 3872

    すすきの界隈 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2213

      脳天をゆらゆら揺らし 一日ひとつのシアワセさがすなり 白花が茶変し落ちる山法師 火葬の煙奥にたなびかせ

  • フォトスクエア 3871

    本屋さん (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2212

      連日の真夏日に菜は喜び われも郊外へ走り出しぬ 暑き日は木陰に入る小鳥たち 涼しくなるをひたすらに待ち

  • フォトスクエア 3870

    猪肉とナスのカレー (3枚組)  次男が解体した猪肉のカレー。部位は背ロースとモモ肉。 ナス以外の野菜はペースト状にして、辛めに仕上げました。ロースは柔らかく…

  • 国葬反対、ネット上は7割弱

      この事実を政府は把握しているのだろうか。国葬を利用して、一気に改憲や軍備増強を推し進めるつもりなのか。 ひょっとして、徴兵制の識別にマイナンバーとか。イヤ…

  • 気まぐれ一首 2211

      路はさむ電線で鳴き交はしたるノゴマなり 恋を歌ふがごとく 朝早く虫に替はつて受粉するカボチャの列に 揚羽も来たり

  • フォトスクエア 3869

    公園の風景 (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2210

      容赦なく照り返す陽に身をあずけ空を吸ひ込む ジョグする夏は 好天下に素直に伸びるズッキーニ 採るタイミングのがし見て見ぬふりす

  • フォトスクエア 3868

    公園 (3枚組)  

  • 忖度政治で「国葬」?

    8年以上も続いたのは、自民党の数の力と金力のベクトル。 本当に国民のためになったことがありますか? 「国葬」で半旗掲揚とか休日、黙とうを国民に押し付けるのはま…

  • 気まぐれ一首 2209

      コスモスの風の揺らぎを眺めつつ 世の喧噪うそかと思ふ 窓を開け涼しさもとむ青き夜に 響き軽やか列車の通過

  • フォトスクエア 3867

    公園の風景 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2208

      草けずり終へ昼飯はカップ麺 流した塩を回収したり 陽に灼けた腕のシャツめくり 白黒の境を児らは不思議に眺む

  • フォトスクエア 3866

    夏休みの課題はスイカ (3枚組)  2番目の孫の夏休みの課題はスイカだと言う。で、雄しべと雌しべを並べて違いを説明。 肥大しつつあるスイカも見せて進行形の様子…

  • 4回目接種、どうした?

      感染しても軽症で済むように早くワクチン打ってくれ!最近は接種の声も聞こえなくなったが、どういうわけだ? ついでに、もうひとつ文句を言おう。国家による国民の…

  • 気まぐれ一首 2207

      子や孫に誕生祝いされをりぬ 古希を過ぎても身内はうれし 熱風の吹く菜園は水欲しと葉をしをらせて われを待つなり

  • フォトスクエア 3865

    菓子箱でちぎりパン (3枚組)  菓子の空き箱にシートを敷いて、粒あんや豆、それにレーズンを入れて焼きました。ついでに軽食用にクラッカー、ジャムをのせておやつ…

  • 気まぐれ一首 2206

      坂道の下りはわれが風となりシャツふくらませ ジョグに足飛ばす スイカ切るまな板の横で汗ばむ児らが 四つの目を光らせをりぬ

  • フォトスクエア 3864

    次男より猪肉 (4枚組)  千葉の古民家に住む次男より猪肉が送られてきた。知り合いの猟師より1m超えをもらい受けたとのこと。 ひと晩かけて部位に分け、リブは早…

  • 気まぐれ一首 2205

      朝顔の蔓が主を求めて蒼空の端をゆきたり この世のはずれを 返したき言葉ぐつと飲み脱ぎ捨てる皮いちまい 明日は飛び立ち

  • フォトスクエア 3863

    昼はみんなでカレー (3枚組)  長男やかみさんの甥家族が遊びに来たのでカレーにしました。牛肉と野菜の煮込みスープカレーとビリヤニ。 ビリヤニはインディカ米を…

  • 気まぐれ一首 2204

      この星の災事多くて沈みこみ 太陽のおもさお変はりないか 露草の花愛でたるも雑草となるは仇なり 抜いても抜いても

  • フォトスクエア 3862

    元気な野菜たち (3枚組)  9株あるスイカが着果進行中。トマトやキュウリ、ズッキーニ、ナスがほぼ毎日のように収穫。 長ナスがどこまで伸びるか楽しみです。そし…

  • 気まぐれ一首 2203

      生返事しながら妻はスマホ持ち 古希の生きがいLINEに住みて パプリカの赤と黄、ピーマンも入れて 児の好きなシグナルパスタ 

  • フォトスクエア 3861

    街角の風景(3枚組)   

  • 国葬?

      凶弾テロはあってはならないこと。だからと言って、国葬はいかがなものか。 というのも、例えば「もりかけさくら」の疑念にひとつでも応えたことがあっただろうか。…

  • 気まぐれ一首 2202

      朝露に殻ごとひたる蝸牛 陽にツノあてて今日を占ふ 吹き抜ける風が気持ち良いつてことさ 生きる目的? あるわけないじゃん

  • フォトスクエア 3860

    道楽三昧 (3枚組)  昨日から今日にかけ合唱練習に参加して、そして筆を持つ。合間をくぐり、好きなパンを焼きました。 気力、体力(できれば金力も)を持ち続けや…

  • 気まぐれ一首 2201

      カップルがカフェ窓際で茹で卵の殻剥いてをり 始まり、それとも 昨日までさんざん鳴きしホトトギス 炎天となり本日休業  

  • フォトスクエア 3859

    札幌大通り公園 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2200

      この星で送りたる日々を不思議とせず わけなく景気のことなど 朝顔の蔓が主を求めて蒼空の端をゆきたり この世のはずれを

  • フォトスクエア 3858

    街角の光景(3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2199

      ゴホンゴホン知らせるつもりで咳できず この国の空いつもより暗し ずつしりと脳にも重し広辞林 二十五万語の大海に浮遊す

  • フォトスクエア 3857

    夏 本番! (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2198

      たかがともされどもとも思ふ歌なれど 窓は夕焼け心は熱く 桑の実の赤きより黒に変はりゐるグラデェーション 鳥たちも知るや

  • フォトスクエア 3856

    昨日は札幌で全道短歌大会 (3枚組)  講演のあとは、それそれが持ち寄った歌を講評。小生も一首出してましたが、マイクの受け渡しの手伝いをやってました。 多分、…

  • 気まぐれ一首 2197

      何ごとも速すぎるのか ナメクジの遅遅たる歩みSDGs 自転車に長きセロリ積み走りをり カゴからはみ出し香りふりまく

  • フォトスクエア 3855

    本日、快晴 (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 1981

      花終はり茶に染まりゆく山法師 ここから空は盛夏に変はる 胡瓜も茄子もほとんど水なりて 如雨露を向けて明日も一本

  • フォトスクエア 3854

    ストリート (3枚組)   

  • 戦前回帰だけは御免!

      国民に脅威を煽ることが増えてきた最近。 これで一気に改憲と軍備増強ということにならなければと思います。 自由と民主主義を覆す嫌な時代だけは避けたいものです。

  • 気まぐれ一首 2195

      虫取りの網を孫と持ち野つ原を駆けまはる 生きるわざはここから 街中で白テーブルに這いまはる一匹の蟻 展望あるや

  • フォトスクエア 3853

    札幌二条市場 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2194

      夏の夜のカーテン越しに過ぎゆける列車の音に 今日をかさねゐる 「こんにちは」通りすがりに目があつて恥ずかしげなる 小五ほどのをのこ 

  • フォトスクエア 3852

    好天で元気な野菜たち (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2193

      走る足止めて桑の実ついばむは小鳥の如く 赤く舌を染め 休みなく鳴く鳥の名はノゴマなり 夕に疲れ果て毛より赤い喉

  • フォトスクエア 3851

    街角の風景 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2192

      ずつしりと地を濡らす雨音やみて 胡瓜や茄子の顔見たくなり 人は常に楽天的でコロナ過に生と死の境あるを思はず

  • フォトスクエア 3850

    歩道の人々(3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2191

      蜜吸いに躑躅(つつじ)のぞく熊ん蜂 羽震はせわれの顔を横切る 年号は西暦使ひ その都度に平成や昭和に換算したり

  • フォトスクエア 3849

    若者たち (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2190

      青空に栗の花蜜に咲きをりて虫も遊び来 ここは別世界 咲き盛るルピナスの群れ 人のなき家のまはりを占領したり

  • フォトスクエア 3848

    大通り公園(3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2189

      波を打つ小麦の海原照る太陽 シルクロード経て光景変はらず ジェットバスにカラダを浮かせ 大気圏突入としばし目をつむるなり 

  • フォトスクエア 3847

    ビリヤニのつもりが・・・(3枚組)  冷凍飯で海老のビリヤニを作るつもりが、カレーパエリアに・・・。べたついて指で食べるのはムリで、スプーンでいただきました。…

  • 気まぐれ一首 2188

      山法師の花 手裏剣のかたちして風に吹かれて飛んできさうな 隣り合ふ樹々が揺れゐる散歩道 春から夏へ原色の増ゆ

  • フォトスクエア 3846

    ストリート (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2187

      こつこつとヒールのピンを響かせてビル窓に映す マスクとディスタンス コロナ過を言い訳にして何もせずにいる怠惰に 海馬縮み居り

  • フォトスクエア 3845

    札幌狸小路 (3枚組)  

  • 気まぐれ一首 2186

      街角に花のあふれてひと休み マスク疲れに目を癒しゐる 銀杏葉のさみどり涼し初夏の風 ロイズ通りに陽光あそぶ

  • フォトスクエア 3844

    男爵が咲き・・・(3枚組)  そして下の赤っぽいのはメークィン。もうひと月すると、すそ掘りしながら食卓にのせます。 ミックスレタスは間引きしながらつまみ食いで…

  • 気まぐれ一首 2185

      前線が停滞し瀑に降る雨の まるで手負いのごとく襲ふなり エンドウの花次々に咲き騒め 競つて実となる夏のせわしさ

  • フォトスクエア 3843

    歩道の人々 (3枚組)   

  • 気まぐれ一首 2184

      雨ならば足の向くままコンビニへ おでん煮染まりて香り連れ歩く この先をまだ楽しみたいからめざす腕立て伏せをまず三十回

  • フォトスクエア 3842

    短歌誌の校正 (3枚組)  今日は札幌で所属している短歌結社の編集校正で一校目。M先生宅で獲れたサクランボがおやつで、大変美味しくいただきました。 2校は明後…

  • 気まぐれ一首 2183

      嗅ぐことや味はうことの大切さ ただそれだけで明日へとつなぎ 日が沈み近くの森でキョッキョッと鳴くホトトギス 昼夜せはしなく 

ブログリーダー」を活用して、masaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
masaさん
ブログタイトル
一日は長し、されど一生は短し
フォロー
一日は長し、されど一生は短し

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用