プロフィールPROFILE

みんさんのプロフィール

住所
大阪府
出身
大阪府

子育ての過渡期の「今」お母さんたちはいろんな「不安」や「悩み」を抱えていると思います。そんなお母さんたちに寄り添い、「みんなで幸せになろうね」を合言葉に活動しているカウンセラーのブログです。

ブログタイトル
不登校 ママのためのお役立ブログ⁉
ブログURL
https://fami-lab.com/blog
ブログ紹介文
ママが楽になる。お子さんも楽になる。家族みんなが幸せになる。それを目指すママのためのブログです。
更新頻度(1年)

351回 / 365日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2011/01/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
みんさん
ブログタイトル
不登校 ママのためのお役立ブログ⁉
更新頻度
351回 / 365日(平均6.7回/週)
読者になる
不登校 ママのためのお役立ブログ⁉

みんさんの新着記事

1件〜30件

  • 不登校:自分の子どもに胸を張る事

    自分の子どもに胸を張ることができますか? ママやパパが うちの子はいい子だよ…と胸を張っていただくことが、子どもの自信につながる。 今日は、そんなお話です。

  • 学校に行かなくても子は育つ

    学校に行かない事でママの心配はいっぱい。 でも、大丈夫!こんな風に育つんですよ~というお話です。

  • 不登校:ドタキャンの多いママさん

    ドタキャンの多いママさんがいます。 前から少し気になっていて、今日はその事を書いてみました。

  • 不登校って問題?困難?

    不登校に関することで「解決」や「克服」などの言葉を見ると私は???となってしまうのです。 今日は そんなお話を綴ります。

  • 不登校 運命に毅然と立ち向かうこと

    一人ひとりに運命はあります。でも、どんな時も 楽しく活きなきゃ損じゃない?というのが 本日のお話です。

  • どんな自分でもいい!と伝える方法

    思春期の子どもたちは、みんなと一緒がいい…と思いがち。 そんなしんどい価値観を少しずつ崩す会話方法をお伝えしてまいります。

  • 「受け入れる」と「諦め」の違い。

    本日は「傾聴」の参加者様からいただいた、「受け入れる」と「諦め」の違いについて、お伝えしてまいります。

  • 「見える化」知ってますか?

    学校が苦手な子に比較的多く共通するのが、「先の見通しを立てるのが苦手な事」とんな子どもたちが楽にわかりやすく暮らすことができるグッズのご紹介です。

  • (再)不登校は子どもにとっては一大事なのです

    子どもの不登校の主役は子ども。 案外、それがわかっていないママさんが多いようです。 本日はそんなお話です。

  • 不登校:絶賛反抗期中!

    学校が苦手な子たちの中には、荒っぽくない、でも、根性の入った反抗期を表現してくる子も多くいます。

  • 不登校:明日は行くよ…という言葉

    お子さんが「明日は行くよ」という言葉を出した時、ついつい本気にしちゃって、次の日に大きくガッカリ…ってことありませんか? 今日はそんなお話です。

  • 不登校:なんも悪いことしてへんやん

    学校が苦手な子は「消えてしまいたい」とそんな風に表現する子が多いようです。 そんな風に思わんでもいいのにね。 今日は、そんな子どもたちをママと一緒に応援したいな~と思って、記事を書いてみました。

  • 不登校:饒舌に要注意

    学校が苦手でも、行ったら行ったで楽しそうに帰ってきて、いっぱいお喋りもしてくれるので安心。という話を時々お聞きします。今日はそんな内容を書いてみました。

  • 不登校:ジャイアンママ増加中!

    学校が苦手な子のママとお話ししていると、私と同じく「隠れジャイアン」タイプのママが多いな~と感じています。 今日はそんなお話です。

  • (再)子どもが行き渋りを起こしたら(2)

    昨日に引き続き対応をお伝えしてまいりますが、 今日は少し長引いているケースをお話ししてまいります。

  • (再)子どもが行き渋りを起こしたら 1

    子どもたちが疲れてくる時期です。 そこで、今日と明日に分けて、行き渋り、不登校の対応を書いていきます。

  • 不登校:ママが肩の力を抜くには?

    児童精神科で有名な明橋大二郎さんが 「親が楽になると子どもも楽になります」 と仰っていることに関係して 今日はママの肩の力の抜き方をお伝えしてまいります。

  • 子どもって、わかっているようでわかってないから…。

    子どもって、ママが思っているより、わかっているようで、わかっていない生き物なのです。今日は、そんな事を理解していただけるような事を書いてみました。

  • 興味のない話を聞けないよね

    ふと思い出した過去の出来事から、もしかして、学校が苦手になっている子たちの中には、同じような体験をした子がいるんじゃないかな~と思って、本日記事にしてみました。

  • 子どもたちの生きる力を育むために

    ぼちぼちと新学期の始まりという現実が目の前に迫ってくる時期ですね。

  • 学校が苦手な子のママ・子育てちょっと不安なママ向け1・2月講座/セミナーご案内

    あけましておめでとうございます。NPO法人ファミリーコミュニケーション・ラボでは 不登校/学校が苦手な子のママたちのお役に立てるよう、勉強会やお茶会を開催しています。

  • 1年間ありがとうございました。

    2019年ブログ納とのご挨拶と、少しだけ年末年始の意識?のような事を書いてみました。

  • もうやめよ。「疲れた」は免罪符!

    みなさんは、疲れたという言葉を気軽に使っていませんか? この言葉、言われた相手にはとても重い言葉なのです。

  • 不登校:人の愚痴は聞かない。

    今日は、愚痴にまつわるお話をお伝えいたします。 愚痴って、本当は ちょっと怖い物でもあるのです。

  • 子どもの不得意を何とかするのではなくて…。

    ママはついつい、お子さんの苦手な事が目についちゃいますね。でも、そこを伸ばすのではなくて…という事を 本日はお伝えしていこうと思います。

  • 不登校:親の守りの必要性

    親の仕事は子どもを守る事です。 ママ達とお話しすると そのピントが少しずれているかな~と思う事があります。

  • 子どもにお金を貸さないということ。

    「母親ノート法」の東山先生の勉強会に参加して教えていただいた事を実行してみたら 感動的な結果になりました。

  • 不登校ママ:楽になることに抵抗がある

    学校が苦手な子のママさんの中には しんどい、しんどいと言いつつも、自分が楽になる方向に気が向かない…という矛盾したことが起きているママさんがいらっしゃいます。

  • どうして学校に執着しちゃうんだろうね(4)

    「執着」について最終回。 「執着」の手放し方です。 必要のない「執着」極力手放して、楽になってくださいね。

  • どうして学校に執着しちゃうんだろうね(3)

    本日は「執着」シリーズ3回目。 執着を手放すのが怖いわけ…をお伝えしてまいります。

カテゴリー一覧
商用