ひもろぎ逍遥
読者になる
住所
福岡県
出身
福岡県
ハンドル名
綾杉 るなさん
ブログタイトル
ひもろぎ逍遥
ブログURL
https://lunabura.exblog.jp/
ブログ紹介文
「香椎宮古宮はスピカを祀る振る宮だった」の謎解きから始まった。神話と伝承を訪ねて神社をぶらぶら歩き。
自由文
古宮・元宮と聞けば行かずにおれない。人を見かけたら突撃インタビュー。 星の伝承があったよ。シリウス、アンドロメダ、スピカ、ポラリス、北斗七星。 古代馬、古代鉄、海上の高天原、君が代のルーツなどなど、日本の夜明けを彩る伝承たちが目の前に広がる。 蘇る古代の日本。
更新頻度(1年)

220回 / 322日(平均4.8回/週)

ブログ村参加:2010/05/28

綾杉 るなさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,074サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,187サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 584サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 211サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 705サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 90,515位 90,985位 91,122位 91,568位 64,125位 58,554位 58,297位 975,074サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 291位 292位 283位 280位 173位 152位 155位 4,187サイト
日本史 57位 59位 60位 59位 55位 56位 58位 584サイト
考古学・原始・古墳時代 37位 39位 41位 41位 28位 27位 25位 211サイト
史跡・神社仏閣 77位 80位 77位 76位 47位 39位 39位 705サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,074サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,187サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 584サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 211サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 705サイト

綾杉 るなさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、綾杉 るなさんの読者になりませんか?

ハンドル名
綾杉 るなさん
ブログタイトル
ひもろぎ逍遥
更新頻度
220回 / 322日(平均4.8回/週)
読者になる
ひもろぎ逍遥
  • 佐賀の日本武尊と武内宿禰と川上タケル 来週、バスハイクで行くよ

    今日は10月25日のバスハイクの資料を作っています。紹介したいスポットを選んでいると、長崎自動車道沿いに並んでいたので、上のようなコースを辿ります。佐賀の...

  • 『高良玉垂宮神秘書・抜粋本』の目次です

    久留米市の高良大社に伝わる縁起書の一つが『高良玉垂宮神秘書』ですが、コメントで解説本を是非読みたいという要望をいただきました。講座もあれば受けたいというこ...

  • バスハイク10月~12月 スケジュールと行程

    気が付くと、来週はバスハイクですね。10月から12月までの3つのバスハイクのスケジュールを案内します。「神社と古墳」が相変わらずの必須アイテムですが、地域...

  • ありがとうございました

    今日は久留米大学公開講座、無事終了しました。 ご参加の皆様、ありがとうございました。 三足烏は高句麗より日本の方が古いという謎について...

  • 明日、10月13日 「二つの八咫烏」の話をします

    明日は久留米大学公開講座で「二つの八咫烏」の話をします。パワーポイントで沢山の図を出しながら話をするのですが、90分という時間で収まるかどうか。質疑応答を...

  • 脇巫女Ⅱ 15 熱田もののふ サンジカネモチ 

    脇巫女Ⅱ15 熱田もののふ サンジカネモチムナカタ物部の言い分では、もともとこの鞍手を開発して暮らせるように基礎を築いたのはムナカタ物部だということだった...

  • 脇巫女Ⅱ 14 ムナカタ物部 

    脇巫女Ⅱ 14 ムナカタ物部  その男は怒りに満ちていた。崋山の口を借りて怒りを伝えて来た。 「我の怒りを、そなたは聞いてお...

  • 脇巫女Ⅱ 13 開けてはならぬ 

    脇巫女Ⅱ13 開けてはならぬ 崋山の切られるような腹部の痛みは、神木が切られたことに関わっていた、と分かった時点で消えて行ったが、再び腹部に異変が生じた。...

  • 日本38-19サモア

    日本 38-19 サモア今日もW杯ラグビー戦、日本が勝利しました!福岡選手がボールを持つと、ついつい自分もテレビの前まで走って(二歩ですが)応援してしまい...

  • RKBラジオと久留米大学公開講座

    今日、RKBラジオの収録をしてきました。 これで3シーズン目になります。 10月の放送は6日(日)からで、令和にちなんで大宰府シリーズ...

  • 言葉をつむぐ

    大伴旅人のラジオ収録の準備をしています。 和歌を紹介するのか、人柄を紹介するのか、漠然としていましたが、 先日、プロデューサーから、構...

  • バスハイク 飯塚・嘉麻 面白かった!(^^)!

    バスハイク 飯塚・嘉麻 面白かった!(^^)! 昨日、9月27日のバスハイクは、午後から雨の予報でしたが、予報が外れて無事に催行できました。...

  • 脇巫女Ⅱ 12 香月物部サネアツサブロウタ 

    脇巫女Ⅱ12 香月物部サネアツサブロウタ ヤマトタケルは鞍手(くらて)で何者かに殺された。その時の様子を語るとヤマトタケルは崋山から去った。そのあと、香月...

  • 脇巫女Ⅱ 11 ヤマトタケル

    脇巫女Ⅱ11 ヤマトタケル2016年1月31日。星読は七色夫妻と共に鷹ノ口おだ山に入った。二時間ほど回ったが、格別な発見は無かった。考古学的にも調査が入っ...

  • 無事通過

    昨夜は台風17号が通過しましたが、皆さま、大丈夫でしたか。当方は無事です。九州各地で一時期17万戸が停電し、今も5万戸が停電中だそうです。佐賀や千葉など復...

  • ん? 何か視線が…。 窓の外を見ると雲。 翼、生えてない? <...

  • 脇巫女Ⅱ 10 鞍橋君(くらじのきみ)

    脇巫女Ⅱ 10鞍橋君(くらじのきみ)一方、私は私で、夢の中に現れた「馬上の武人」を探していた。武人の「私たちは国のために戦ったのだ」という言葉。古墳時代の...

  • 脇巫女Ⅱ 9 猿田峠 

    脇巫女Ⅱ9 猿田峠2016年1月17日。志賀島歴史講座のあと、いつものように皆さんから個人的な質問を受ける中、久しぶりに愛音(あいね)の姿があった。愛音と...

  • 脇巫女Ⅱ 8 集う 

    脇巫女Ⅱ8 集う 私と七色(なないろ)と星読(ほしよみ)の三人が出会ってから二ケ月目、2016年1月9日に古月(ふるつき)も加えて四人で鞍手町を廻った。流...

  • 彼岸花

    今年も彼岸花に会えました。まだまだ猛暑が続きますが、季節が確実に進んでいることを教えてくれています。私たち人間も循環の中に生きている。ささやかな祈りでも天...

  • 靫(ゆぎ)を愛する人は武人か工人か

    まだまだ熊本県立装飾古墳館の印象が心に残る。 靫(ゆぎ)を見ていると、添えられた円文が的に見えたり、楯(たて)に見えたりする。 今回の印象...

  • 弁慶ケ穴古墳の二艘の船は福岡の五郎山古墳を思い出させる

    熊本県立装飾古墳館の地下の精巧なレプリカ群の中にある「弁慶ケ穴古墳」。レプリカだが、質感がすごい。正面の右に見える装飾画はよく見かける画だ。左手に船に乗っ...

  • 曹操の墓と日田で出た鏡が酷似!?

    人は海に立つと水平線の彼方の世界を思う。福岡の海に立つと、朝鮮半島が彼方にあり、そこには古代中国が深く入りこんでいた。そう、魏の国。熊本の海に立つと、彼方...

  • 魏の時代と卑弥呼

    中国ドラマの「三国志―軍師連盟」を観ています。司馬懿(しばい)という人が主人公ですが、別名「仲達」と言えばアレかと思う方もいるでしょう。司馬懿が仕えている...

  • バスハイク 9月~12月

    まだ、9月10月のバスハイク前ですが、11月と12月のバスハイクを仕込んでいます。 決定しているのは 9月の飯塚・嘉麻市(これは6月に雨天...

  • この台地に住んでいた古代人の顔が復元されていた 寒原3号墳

    熊本県立装飾古墳館の一階にある展示室。 普通見かけるような展示室かと思いきや、人物像がある! ミズラを結った男性の顔。 ...

  • 鴨籠古墳 直弧文石棺が小さすぎる謎 +石人山古墳

    熊本県立装飾古墳館の地下入り口を飾るのが直弧文の石棺。 ここでも石をくりぬき、さらに直弧文を掘った石棺に会えた。 ...

  • 雨の小休止

    豪雨のために佐賀や筑後に被害が出ていますが、皆さん大丈夫でしたか。 当方はそれほど雨も降っていません。 明け方は雷雨で恐ろしかったですが、...

  • 脇巫女Ⅱ 7 金星の聖図形

    脇巫女Ⅱ7 金星の聖図形さて、「るなさんが謎解きして、私がゴメンナサイをするのです」と言った七色は人知れず黙々とそれを実行していた。六ケ岳の崩落部にある鳴...

  • デカイのと小さいの

    先日の夕暮れ時の空。 デカイのと小さいの。 雲って不思議ですね。 さて、懸案だった原稿の書き直しが終了し...

カテゴリー一覧
商用