chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
原左都子エッセイ集 https://blog.goo.ne.jp/4456hs

自己のオピニオン公開を趣旨として、エッセイを綴っております。

原左都子
フォロー
住所
東京都
出身
未設定
ブログ村参加

2007/12/07

1件〜100件

  • 郷里・観音寺のマチ子さんより郷里名産品を沢山お送り頂きました!

    (冒頭写真は、昨夜郷里・観音寺のマチ子さんよりお届け頂いた名産品のうち、「鳴門金時」。)この郷里観音寺のマチ子さんは、我が郷里医学部時代にご指導いただいた医師・医学博士であり大学教授でもあられた我が故恩師の奥様なのだが。(私と奥様のマチ子さんとの馴れ初めに関してはバックナンバー内で幾度か公開していますので、そちらを参照下さい。)そのマチ子さんと私の相性がとても良好で、コロナ禍にもかかわらずもう3年近い年月に及び続行している。(参考ですが、マチ子さんは私よりほぼ10歳年上の女性です。観音寺現住職は別居のご長男が勤めておられるが、そのお母上として檀家の皆様のお相手をなさる等々、日々多忙に暮らしていらっしゃるご様子です。ちなみにご次男は地元大学病院医師として超多忙に活躍されていていて、マチ子さんが電話をしても出...郷里・観音寺のマチ子さんより郷里名産品を沢山お送り頂きました!

  • 数多くの国民の意思をおきざりにしたまま故安倍氏の「国葬」は終わった…

    冒頭より、本日朝「朝日ID」よりメールにて送信されてきた本日2022.09.28付朝日新聞「社説」の一つを、以下に要約引用しよう。(社説)安倍氏「国葬」分断深めた首相の独断2022年9月28日5時00分本来なら、選挙中に凶弾に倒れた元首相を静かに追悼する場とすべきところを、最後まで賛否両論が渦巻く中で挙行した。社会の分断を深め、この国の民主主義に禍根を残したというほかない。異例の「国葬」を決断した岸田首相の責任は、厳しく問われ続けねばならない。国内外から4千人以上が参列して安倍元首相の国葬が営まれた。一般向けの献花台には早朝から多くの人が列をつくった。一方、反対する集会やデモ行進も各地で行われた。首相経験者の葬儀は内閣と自民党の合同葬が定着しており、約5年の長期政権を担った中曽根元首相もそうだった。同じ形...数多くの国民の意思をおきざりにしたまま故安倍氏の「国葬」は終わった…

  • 我が娘の「子育て相談・指導」、後で思えば必要無かったと私も思う

    (冒頭写真は、本日朝ネット上にて見つけた漫画を転載したもの。)我が娘が高齢母(私の事だが)超難産の緊急帝王切開手術にてこの世に“仮死状態”にて誕生せざるを得なかった事実に関しては、本エッセイ集にて幾度か公開している。娘が2歳頃になり未だまとまった発語が無いため、子ども病院の専門科を訪れ諸検査及び診察を受けたところ、「明らかな発達の遅れ」がある、との医師の診断により。その直後期から、専門の相談機関にて娘の相談や指導を開始した。今朝ネット上にて見つけたこの漫画を見て、私の脳裏に当時の我が家の様子を思い出した。まさに我が家もこんな風景で、亭主が同じ様な発言をしたものだ。亭主曰く、「〇〇(娘の名前)は十分にいい子で、このままの生活を続けて大丈夫だと思うけど。▲子(私の事)がそう(相談・指導)した方が良いと思ならば...我が娘の「子育て相談・指導」、後で思えば必要無かったと私も思う

  • 更に進む「リュウグウ」の砂の 化学分析

    (写真は、ネット情報よりリュウグウの砂の化学分析の映像を転載したもの。)早速、この写真に関するネット情報を以下に引用しよう。探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星「りゅうぐう」の砂の化学分析から、りゅうぐうの起源が分かってきました。砂の主な成分は、約46億年前に太陽系が誕生してから約500万年後、温度約40度の水と反応してできた鉱物でした。全体の重量の約7%という多量の水も含まれていました。今後の詳細な分析で、太陽系の起源にも迫れると期待されています。(増井のぞみ)地球に落ちた隕石(いんせき)のうち「炭素質隕石」と呼ばれる種類は炭素や水を多く含む岩石で、りゅうぐうはこの隕石と同じ成分を持つと予想されていました。こういった水を豊富に含む小惑星が地球に落ちることで海ができたという説もあり、海の起源を探るという...更に進む「リュウグウ」の砂の化学分析

  • 「勉強しないとああなるぞ。」との小学校教諭の発言に異議あり!!

    (冒頭写真は、我が家の集合住宅バルコニーより区のゴミ収集車駐車場を撮影したもの。本日は日曜日につきゴミ収集がお休みのため、残念ながらゴミ収集車が駐車していない。)何を隠そう、この原左都子にはとある“特殊趣味”がある。それは、働く人を観察する趣味なのだが。冒頭写真の通り、我が家のバルコニーから見渡せる視界にちょうど区のゴミ収集車の一時駐車場が存在するのだが。我が区の場合、月~土まで毎週曜日ごとに「燃えるゴミ」「資源ゴミ」「不燃ゴミ」「粗大ゴミ」等の収集日が決まっている。その収集日の午前7時過ぎる頃になると、(おそらく普段は区の施設内に駐車しているのであろう)ゴミ収集車が一斉にこの駐車場までやってきて、一時的な駐車場となる。そして全車が集合すると、出発の合図と共に各車が自分の分担地域へゴミ収集へ出かけて行く。...「勉強しないとああなるぞ。」との小学校教諭の発言に異議あり!!

  • 岸田首相支持率激低下と旧統一教会会見

    冒頭から、ネット情報の一部を引用しよう。旧統一教会が会見を開いた“最悪のタイミング”…国葬支持表明で反対派へさらに燃料投下9月22日に行われた旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の会見。その様子からネット上では“逆ギレ”と言われるなど、波紋を呼んでいる。「21日、旧統一教会はメディアに向けて『教会改革推進本部』を設置すると文書で発表。そして『経済状態に比べて過度な献金にならないよう配慮』『勧誘当初から統一教会であることを明示する』といった“改革内容”を明かした。しかしこの日の会見で『報道特集』(TBS系)の金平茂紀氏が旧統一教会の被害を受けた人たちに対する見解を問いただしたところ、教会改革推進本部の勅使河原秀行本部長は顔をしかめて『まず被害という言葉からちょっと考えてみたい』などと話した。(中略)そんななか...岸田首相支持率激低下と旧統一教会会見

  • 経済力ある女性は「国際ロマンス詐欺」を楽しんでいいんじゃないでしょうか??

    (冒頭写真は、漫画家・井出智香恵氏による新刊「毒の恋」を朝日新聞記事より転載したもの。)冒頭から、本日の「朝日ID」よりメールにて届いた情報より一部を引用しよう。見ず知らずの相手に恋愛感情を抱かせて現金をだまし取る国際ロマンス詐欺で、7500万円の被害に遭ったと告白した漫画家の井出智香恵さん(74)が単行本「毒の恋」(双葉社)を出版した。ネットでのやりとりだけでなぜ信じ、大金を送り続けてしまったのか。「レディースコミックの女王」のベテラン作家が自身の体験を赤裸々に語り、再発防止を訴える。2018年2月、井出さんのフェイスブックに1通の英文メッセージが届いた。相手はハリウッドスターのマーク・ラファロを名乗った。半信半疑ながら、パソコンの翻訳機能を使ってやりとりした。70歳の漫画家だと写真付きで自己紹介すると...経済力ある女性は「国際ロマンス詐欺」を楽しんでいいんじゃないでしょうか??

  • 長谷川潔作 「仏訳『竹取物語』挿絵」

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.09.13付「美の履歴書」より転載した長谷川潔作「仏訳『竹取物語』挿絵」。)早速作品の説明文を、以下に要約引用しよう。89歳で亡くなるまでパリを拠点に活躍した銅版画家・長谷川潔は、第一次世界大戦終結からまもない1918年に横浜を去り、フランスへ渡った。南仏の風景やビーナス像を思わせる神話的な女性像などを描きながら、独自の表現を模索する日々。(中略)その傍らで力を注いだのが挿絵本の制作だった。日本から日夏耿之介や堀口大学といった詩人らと取り組んできた中で、最も時間をかけたのが、この「竹取物語」だという。エングレービングで挿絵を施し、各章の書き出しの文字の図案から、容姿や活字、印刷、製本まで手がけた。「完璧主義らしい長谷川の仕事ぶりがうかがえる」と担当学芸員の滝沢恭司さんは話す...長谷川潔作「仏訳『竹取物語』挿絵」

  • 「ナンパ」  ー vol.2 ー

    つい最近の朝日新聞「ひととき」欄にて、78歳女性が「もしかしてナンパ?」と題する投稿をされていた。この記事を見て思い出したのだが、当「原左都子エッセイ集」開設初期に私は「ナンパ」と題するエッセイを公開している。当該バックナンバーを、以下に再掲載させていただこう。今時、街角で若者がナンパをしている姿をすっかり見かけないが、ナンパって今は廃れてるの?もう既に死語化しているのであろうか。昔は若者、特に男の子がこのナンパをよくやっていて、私もあちこちでナンパされたものだ。オーソドックスなのは、休日などに繁華街を歩いている時に「お茶しよう」と声をかけるパターンだ。昔は喫茶店が多く、とりあえずは喫茶店でコーヒーでも飲みながらお話しませんか、という訳である。これって、今考えるに至って健全な出逢いであるように思う。ナンパ...「ナンパ」ーvol.2ー

  • 我が国の 65歳~69歳の就業率が初めて5割を超えたらしいが…

    本日は「敬老の日」のようだ。“ようだ”と表現するのは、この祝日が全祝日の中で一番存在感が薄い感覚が私にはあるためだ。我が国の「高齢者」の定義によれば。この私も十分に「高齢者」に分類されることになるが、普段それを自覚することは皆無である。そんなことより、高齢者介護施設にて暮らす義母と実母が90歳前後にして未だ生存している関係で、それら2人に「保証人」として全面的に依存される日々だ。義母などとんでもないのは我々子供夫婦を4,50代とずっと勘違いし続けていて、その“若い二人”に依存して当然!と考えているふしすらある。😫これ、実際勘弁して欲しい。義母自身は70歳過ぎた頃から既に長女(故人)に依存する生活をしていたくせに、今となっては既に70歳過ぎている息子に何の遠慮も無く依存して甘える日々だ。ただ、しょうがない。...我が国の65歳~69歳の就業率が初めて5割を超えたらしいが…

  • 朝日新聞 パズル「推理」 ー 2022.09.17編 ー

    (冒頭写真は、2022.09.17付パズル「推理」に原左都子が解答したもの。)原左都子の場合、朝日新聞パズルに関しては昔から断然「絵むすび」の大ファンなのだが。どうやらパズル「推理」に関しても解答を公開するとかなりの閲覧が押し寄せている様子のため、今回もその解答を公開しよう。難易度3にして、おそらく皆様もスムーズに回答が叶ったことでしょう。という訳で、解答のみの公開とさせていただきます。余談ですが、現在台風14号が日本列島を通過中ですね。各地の皆様、厳重に警戒しつつ安全に過ごされますように。朝日新聞パズル「推理」ー2022.09.17編ー

  • 2か月ぶりの娘との再会

    我が一人娘が家から出て独り暮らしを初めて以降、4か月半程が経過した。何ら問題も無く順調な生活を営んでいる様子で、親としては安心し切っているに等しい。そんな娘が我が家へやって来るのは、いつも歯科医受診の時だ。我が家に程近い歯科医にお世話になって既に長年が経過していた娘だが。やはり慣れた歯科医先生に診てもらいたいとの本人の希望で、受信日には歯科医受診のついでに我が家にやって来る。ただし娘の希望でいつも宿泊はせずして、夜遅く自身の一人暮らしの住処へ帰るのだが。それでも娘がやって来た日には一家3人で食卓を囲み晩餐会と相成り、楽しい一時を過ごすこととなる。さて、その娘歯科医受診の日程が3か月程空くことになったため、今度は親の私が娘が暮らす住居地へ行くとの提案をした。そうなると、だ。亭主も連れて行くか否かが問題となろ...2か月ぶりの娘との再会

  • 小学校給食カレーに漂白剤混入事件、何故恨みのはけ口が児童に向く??

    冒頭より、表題の事件に関するネット情報を引用しよう。今月15日、埼玉県内の小学校で給食のカレーが入った缶に塩素系の漂白剤を入れたとして、この学校に勤める24歳の教員が威力業務妨害の疑いで逮捕された。食べる前に異臭に気付いたため児童らはカレーを食べておらず、健康被害はなかった。逮捕されたのは、埼玉県富士見市にある市立水谷東小学校の女性教員(24)。今月15日午前11時15分ごろから午後0時20分ごろの間に、小学校の廊下に置かれていた配膳前の給食のカレーが入った缶に塩素系の漂白剤を入れ、全校児童の安否確認を余儀なくさせるなど、学校の業務を妨害したとして威力業務妨害の疑いがもたれている。児童らはカレーの入った缶を教室の中に運び入れた際に異臭に気付いたため、カレーを食べず、健康被害もなかった。警察が聞き取りをした...小学校給食カレーに漂白剤混入事件、何故恨みのはけ口が児童に向く??

  • 安倍元首相の「国葬」中止、今からでも遅くない!

    冒頭から、朝方見たネット情報の一部を引用しよう。安倍元首相の国葬を作家・下重暁子が看破「“やってしまえば国民は従う”というのが本音」2022/09/1607:00©AERAdot.提供下重暁子・作家「安倍晋三元首相の国葬」について***安倍元首相の国葬にかかる費用が十六・六億円だという。最初発表された時は二億五千万円だった。国葬が終わったあとに確実な数字が示されるというが、どんな結果が出るのだろう。やりきれない。いったい誰が国葬にすると提案したのか。麻生副総裁ともいわれているが、岸田首相はやすやすと押し切られた。ご本人はほんとうはどう思っていたのだろうか?声高な主張に押されてのことだろうが、首相には抵抗した跡も見られなかった。費用の公表の遅さに比べて、あっという間だった。え、国葬?ずっとそんな言葉を聞いた...安倍元首相の「国葬」中止、今からでも遅くない!

  • 「紙面ビューアー」、それいいかも!?!

    (冒頭写真は、最近の朝日新聞紙面より転載した「紙面ビューアー」お知らせのページより転載したもの。)20代後半期より40年来の朝日新聞愛読者である原左都子だが。ずっと「紙面」にこだわり続け、“デジタル版”は敬遠してきている。この「紙面ビューアー」とやらは“デジタル版”を購入せずして、紙面のフォーマットのままにパソコンやスマホにて朝日新聞閲覧が可能なようだ。それ、いいなあ!要するに追加の購読料を支払わずして、「紙面版」のままの状態の記事をパソコンやスマホから読めると言う訳ね。で、そのためには「朝日ID」を登録せねばならないのね?個人情報を朝日新聞に公開することとなるが。まあ、無料で「紙面版」をパソコンやスマホから見れるとなれば、ますます朝日新聞とかかわる機会が増えて便利であることには間違いない。よし、IDを登...「紙面ビューアー」、それいいかも!?!

  • 結婚後子どもをもたなくてよいと考える女性が増えた事実を、私は「進化」と捉える

    冒頭から、朝日新聞2022.09.13付夕刊記事「『結婚後子どもをもつべきだ』6年で激減」と題する記事を、以下に要約引用しよう。独身の人(18~34歳)のうち「結婚したら子どもはもつべきだ」と考える女性は36.6%、男性は55.0%。国立社会保障・人口問題研究所が発表した出生動向基本調査で、こんな実態が明らかになった。6年前の調査と比べ、女性は約30ポイント下がり、ほぼ半減。男性も20ポイント下がった。若年層の意識や価値観に急速な変化が起きている。調査は5年に1度、結婚や出産への意識を全国調査している。今回は新型コロナウィルスの影響で、1年遅い21年に実施した。希望する子どもの人数も低下した。独身の男女のうち、結婚する気のある人に希望する子どもの人数を聞くと、女性は1982年の調査から初めて2人を割り込む...結婚後子どもをもたなくてよいと考える女性が増えた事実を、私は「進化」と捉える

  • 東京駅前「丸ビル」が建て替えられて早くも20年になるらしい

    (冒頭写真は、先程ネット上で見つけた「旧丸ビル1階フロアー」の写真。)最近の朝日新聞内で、「東京駅直結丸ビル建て替え20年」と題する記事に触れて。私が一番に思い出したのが、我が過去にこの旧丸ビルにてアルバイトをしていた貴重な歴史である。そんな私にして、冒頭写真はとても懐かしい。私が丸ビルに通っていた頃には、この本屋さんは「丸善」に代わっていたが。まさに旧丸ビルの建物内の風情はこの通りであり、東京駅直結にして人が少なく石造りのドッシリとした空間を私は好んでいた。この我が4年間に及ぶアルバイトの記録を、当「原左都子エッセイ集」開設後まもない時期に綴り公開している。2008.01.12公開「丸ノ内でのお仕事」と題するバックナンバーを、以下に要約再掲載させていただこう。東京駅丸の内口駅前のビジネス街のビル群の中で...東京駅前「丸ビル」が建て替えられて早くも20年になるらしい

  • 新型コロナ・第7波拡大で国内感染者数2000万人突破!

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.09.10付記事「国内感染2000万人超す第7波拡大2か月で倍増」より転載したもの。)早速、当該記事を以下に要約引用しよう。新型コロナウィルスの国内感染者は9日、午後7時半現在で新たに9万9491人が確認された。累計で2千万611人となり、2千万人を超えた。国内の累計感染者は7月14日に1千万人を超えたばかりで、それから2か月で1千万人が増えた計算になる。7月に「第7波」に突入し、感染が急拡大した。1週間の新規感染者数は同月中旬に65万人だったのが、その翌週は約120~150万人超の感染者が毎週確認された。感染者が急増し、高齢者の割合が大きくなるにつれ、重症者も増え、8月中末からは減少傾向で、第6波のピークだった今年2月の約1500万と比べれば少なくない。一方で死者は増え、...新型コロナ・第7波拡大で国内感染者数2000万人突破!

  • 左都子コレクション  ー 小紋手ぬぐい編 ー

    (冒頭写真は、原左都子がつい最近ネット通販にて購入した“小紋手ぬぐい”。通販画面より転載したもので画像が良好ではない点をお詫びします。)こちらは、今回私がネット通販にて購入した“小紋手ぬぐい”に関する説明書き。今回私が購入したのは、以下の5柄です。さくらちらしひわ色鶴亀水流金魚矢絣うろこ今回購入した中で原左都子が一番期待していなかったのが、最後の「うろこ」です。ところが到着してみると、その“薄深緑”とでも表現したらよいのか、とにかくその色彩が何とも粋なこと!!一番気に入りました!😍それでは、何故私がこれらの“小紋手ぬぐい”を購入したのかを説明しよう。我が郷里の実母が高齢域に達して未だ自宅にて一人暮らしをしていた頃、行きつけにしていた洋装店(「エルサト」さんという)が、毎年盆暮れ等々のご挨拶として素敵な柄の...左都子コレクションー小紋手ぬぐい編ー

  • 2014年「STAP細胞事件」回顧版

    今朝我が「原左都子エッセイ集」編集画面を開いたところ。医学関係者である原左都子が2014年から2015年3月頃にかけて十数本連載した「STAP細胞事件」に関連する医学カテゴリーエッセイに、沢山の閲覧を頂戴していた。それらを一気に自分で読み直してみると。2014年と言えば、今から8年前。この私も医学分野にて実験研究にかかわった時期から今ほどの年月が経過していなかったこともあり、随分と首尾一貫した医学論評が叶っているのに、自分でも驚いた。こちらが、昨日2022.09.16のPopularEntiries。2014年当時に公開した、「STAP細胞事件」関連エッセイをまとめたバックナンバーがあるため、その部分も以下に再掲載しよう。2月3日「実験好きと理系頭脳とは相関し得るのか?」3月12日「STAP細胞騒動は基礎...2014年「STAP細胞事件」回顧版

  • 専業主婦が大学院へ行くのは自由だが、肝心なのは学問に対する熱意と将来の夢だろう

    朝日新聞2022.09.07付記事内に「専業主婦思いはそれぞれ」と題する記事があった。その記事によると、「『専業主婦は時間もお金にも余裕がある。』そんなイメージを押しつけられているように感じるという当事者は少なくない」そうだ。当該記事内より「大学院進学したけれど」と題する記事を、以下に引用しよう。専業主婦だった35歳のときに大学院進学を決意し、念願だった大学院生になった。「主婦業をやりながら大学院で研究をしている」というスタンスでSNSを発信すると「夫に養われて働く気がない裕福な主婦とみなしたようなコメントが多く寄せられた。主婦や専業主婦と言っても様々な背景を持ち、様々な生き方をしている人がいるということを知って欲しいです。(40歳女性、主婦、大学院生)(以上、朝日新聞記事より引用。)これを読んでの原左都...専業主婦が大学院へ行くのは自由だが、肝心なのは学問に対する熱意と将来の夢だろう

  • 私が生まれ育った地では「蚊に“かまれる”」と言います。

    表題の「蚊に“かまれる”」を、単身上京後の夏場に私が頻発すると。周囲から「そんな表現するの、〇ちゃん(私の事)だけだよ!」と、皆にせせら笑われたものだ。😁そういう“東京人”の皆さんは、「蚊に“さされる”」派が断然多く。中には、「蚊に“くわれる”」派もいたなあ。これを久々に思い出させてくれたのは、2022.09.05付朝日新聞「天声人語」である。早速、以下に要約引用しよう。昨夏、この欄で蚊の話題をとりあげた。「蚊にかまれる」と書いたところ、読者から相次いで問い合わせをいただいた。いずれも「かまれる」という言い方は聞いたことが無いとのご指摘だった。山形県内の読者は電話で、「私は『蚊にさされる』と言うのですが、これは方言でしょうか。」神奈川県の方からはメールが。「東京で生まれ、東北を転勤し、横浜で半世紀以上を過...私が生まれ育った地では「蚊に“かまれる”」と言います。

  • シニア世代にしてピューロランドへ一人で行く奴、いるの?!?

    (冒頭写真は、昨日原左都子が一人でサンリオピューロランドへ出掛け、乗ったアトラクションにて自動撮影した写真。)表題の解答だが。は~~い、それはこの原左都子で~~~す!!いえね、昨年の秋頃、昔小さい頃にキティちゃんの大大ファンだった娘と「久々にピューロランドへ行こうか?」との話になって。娘が、「行く。」と言うので、私が2枚分電子チケットを申し込んだのだが。その後、それを実行しないまま放置して。さらにその後、娘が親元から離れて独立して。すっかり、そのチケットの事を忘れ去っていたら。今年の夏になって、そのチケットがひょっこり出て来た。「安くもないチケットなのに無駄にするのはもったいない。」と考えた私が娘にどうするか確認すると。「仕事が多忙に加えて、コロナ禍が気がかり…」との娘からのご返答。「それじゃあ、各自で考...シニア世代にしてピューロランドへ一人で行く奴、いるの?!?

  • 娘の大学受験、こちらはかなり “茨の道” だったかな??

    昨日は、娘の中学受験に関するエッセイを公開したが。そうなると、次は必然的に「大学受験」をテーマにするべきか??何分、我が娘の場合は中高一貫私学へ進学したため、高校受験はパスできた。そうだとして、それはそれで難題も抱えたものだ。我が娘の場合、中学生時点で「美術系大学」への進学希望があったため、当初はその方向で親の私も動いていた。とは言えども何事も“不確実性”を念頭に置いておかないことには、どんな落とし穴があるか予想がつかないものだ。いずれの方向へ進むにせよ、“石橋を叩く”行動を採らねば、との覚悟はこの私には常にあった。昨日の“中学受験版”にても記述したが。我が娘が進学した私立中高一貫校は、「大学推薦入試制度」の利用が可能だった。それを利用するためには、いくつかの関門がある。例えば、高3当初の推薦入試申し込み...娘の大学受験、こちらはかなり“茨の道”だったかな??

  • 娘の中学受験、我が家の場合スムーズに事が運んだ

    本日の朝日新聞内に「中学受験」に関する特集記事があった。それは無視させてもらって、我が家が歩んだその道のりを紹介させていただこう。我が娘の場合、生まれ持って「発達障害」を抱える身だったのだが。3歳時から親子で通っていた「発達障害(当時は未だこの言葉が一般的では無かったのだが)指導・相談機関」にて、小学校へ入学するに当たり、“公立でよいか、私立がよいか”、その辺の相談にも指導者に乗ってもらったものだ。さすがに指導者の解答とは、基本的にそれは家庭で決定するべきとの要旨だったものだが。それよりも、例えば入試時の面談にて「発達障害」を表ざたにするべきかどうかに関しても、親の意思で決定してはどうかとの返答だった。そして、我が家の娘も私立小学校を2校受験したのだが。2校共々母親の私の意思で「発達障害」を表ざたにしたと...娘の中学受験、我が家の場合スムーズに事が運んだ

  • 「親の認知症を防ぐことこそ、現代の親孝行」なのか??

    上記表題の「親の認知症を防ぐことこそ、現代の親孝行」の文言は、和田秀樹著「70歳の正解」より引用させていただいたことを、最初にお断りしておこう。決して、この種の著書に興味を抱く程に原左都子が高齢域に達したことを意識している訳ではないのだが。ただここのところの義母の老いぼれ度合いに接するにつけ、どこかの時点で認知症状の悪化を止めてあげられなかったものか、と思ったりもする。その方が、義母の保証人としてずっと楽だからに他ならないのだが…義母の場合は70歳を過ぎた頃に「老いては子に従う」と言い始めた時から、“誤った道筋”を選んでしまった感覚がある。😨それまでは義母も各種趣味に励んだりして、自身の人生を楽しんでいる様子でもあった。晩婚夫婦の我々に対して、最初から「申し訳ないけど、私はあなた達が産んだ孫の面倒はみない...「親の認知症を防ぐことこそ、現代の親孝行」なのか??

  • 娘が小学校6年生時に描いた図工課題より「ピーマン」他

    (冒頭写真は、我が娘が小学校の“図工”の時間に描いた作品「ピーマン」。)本日より9月に入り、我が家の直ぐ近くの小学校から久々にチャイムや校内放送がかなりのボリュームで聞こえてくる。またしばらく、この喧騒の日々を耐えねばならない…さて、“親馬鹿丸出し”で恐縮だが。娘の夏季課題作品集をここのところ久々に見ていたところ。ついでに、これら「図工」の作品が見つかった。こちらは、同じく娘が小学校の“イラスト部”にて小6時に描いたイラスト作品「いろんなとまと」。我が娘は、小3時より美術家・長はるこ先生の造形スタジオにて造形・絵画の指導を受けていた。と言えども、スタジオにての長はるこ先生の小学生以下の児童に対する指導方針は、あくまでも「子ども本人の自由感性を尊重すること」だったため。実際、我が娘も自分の思うまま・気のまま...娘が小学校6年生時に描いた図工課題より「ピーマン」他

  • 郷里・観音寺のマチ子さんより今度は “豊水" をお送りいただきました!

    (冒頭写真は、昨日午前中に郷里・観音寺のマチ子さんよりお届け頂いた梨“豊水”。)マチ子さんからは7月の郷里旅行帰省直後に、梨“幸水”をお送りいただいたばかりだが。またもや昨日、今度は“豊水”をお届け頂いた。マチ子さん直筆のお手紙によれば、郷里では8月20日過ぎからこの“豊水”が旬となっているそうだ。そしてマチ子さんご自身の好みは、こちらの“豊水”だとお手紙に書かれていた。2時間程冷蔵庫で冷やして、早速“豊水”をいただくと。うん。なるほど!7月にお届けいただいた“幸水”よりも更に水分が多く、まさに“豊かな水”と言う名にふさわしいジューシーさだ!!しかも多少の酸っぱさが残っていて、“梨らしさ”風合いも絶妙だ。ただこの私にとっては、7月にお届けいただいた“幸水”のあの洗練された風味が忘れ難い。郷里を去って既に4...郷里・観音寺のマチ子さんより今度は“豊水"をお送りいただきました!

  • 娘の高校 夏季休暇課題より「憲法第21条『表現の自由と閲覧の自由の禁止』」に関して

    (冒頭写真は、娘高1時の「情報」の授業より出された夏季休暇課題「憲法第21条『表現の自由と閲覧の自由の禁止」に関する設問の一部に、親である原左都子が下書き解答したもの。)上記記載通り、この課題は娘が私立高校1年時の夏季休暇に出された「情報」の課題である。この課題を娘から一番最初に見せられたのは、学校帰りに母娘で大学のオープンキャンパスへ向かうバスの中だった。娘が困惑した表情で訴えるには、「本日『情報』の担当教師より夏季休暇課題が配られたのだけど、何だか難しそうで…」それをバスの中で母の私が一覧して曰く、「これ、高1の生徒に課す課題じゃないなあ。でも、全員強制でこれを9月に提出せねばならないのね。とにかく、家に帰ってから今一度じっくりと見るよ。」そして帰宅して、2枚構成のその課題をじっくりと読んでみた。「経...娘の高校夏季休暇課題より「憲法第21条『表現の自由と閲覧の自由の禁止』」に関して

  • 娘中学生時代の夏季休暇課題より 英語絵日記 「Ancient Greece Forever」

    (冒頭写真は、我が娘私立中学時代の夏季休暇課題のひとつ「英語絵日記」よりその下書き。)この作品も夏季休暇明けに校内に展示されたたのですが、冒頭写真はその下書き版です。(本物は、残念ながら展示後返却されませんでした。他の作品も返却してもらえたかたものが多く、学校に何度か「卒業までには返して欲しい!」と直訴したのですが、なしのつぶて…その辺の管理力が欠落している私学だったかもしれません。)この課題に関しては、教員経験のあるこの私も「良き課題」であると高評価した。絵日記感覚なのだが、その文章を「英語にて記せ」との指導がなかなか冴えているなあと感心させられた。我が娘の作品に関しては、当時よりプロ(我がエッセイ集にておなじみの長はるこ先生だが)に指導してもらっていた「油絵」作品(「古代ギリシャは永遠に…」)を題材と...娘中学生時代の夏季休暇課題より英語絵日記「AncientGreeceForever」

  • 再掲載 「太陽はダイヤモンドになる?! ー vol.2 ー」

    8月も終わりに近づき小中高校の夏休みが最終段階に入り、保護者の皆様は子供さんの「夏休みの課題」手伝いも最終段階に入っていることであろう。この私も、可愛い我が一人娘のために毎年一肌脱いだものです。いや、自分自身が子供時代にそれに取り組んだ時よりも、大人になり様々な分野に熟練してきている身にして、ずっと集中力が増し気合が入ったものです!そんな私が娘の中学生時代の「自由研究」として提出した「太陽はダイヤモンドになる?!-vol.2ー」を、以下に再掲載させていただこう。この自由研究は娘が提出した中学校にて“高評価”を受け、文化祭時に展示してもらえました。参考ですが、-vol.1ーに関しましては、写真が多くその転載が困難(というよりも面倒)なため、-vol.2ーのみの再掲載とさせていただきます。それでは、「太陽はダ...再掲載「太陽はダイヤモンドになる?!ーvol.2ー」

  • 法曹界からも「安倍元首相の国葬は憲法違反」との声明が発表された

    冒頭より、上記表題に関する先ほどネットでみた情報を以下に引用しよう。安倍晋三元首相の国葬(9月27日予定)は憲法に違反するなどとして、弁護士や学者らが8月26日、反対の声明を発表した。声明の賛同者であり、旧統一教会の被害者救済にあたる郷路征記弁護士は、信者にとって安倍氏は「まだ霊界で生きていて、地上でのサタンの勢力と戦う統一教会を励ます存在」だと指摘。そのため国葬を実施すれば、教会を勢いづかせる可能性があると警鐘を鳴らした。●国葬は安倍政治批判の自由を奪うものと主張この声明は「23期・弁護士ネットワーク」が法曹界に呼びかけ、賛同者数は118人にのぼった。この日、記者会見を開いたメンバーの梓澤和幸弁護士は「銃撃事件は心より残念だが、国葬は安倍政治の歴史に対する批判の自由を奪い、弔意を強いることで自由な良心に...法曹界からも「安倍元首相の国葬は憲法違反」との声明が発表された

  • 私も新聞購読のお蔭で “もの言える” 人間に成長できたか!?

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.08.23付教育関連記事「新聞読む子の平均正答率高い傾向」より転載したもの。)早速、上記朝日新聞記事を以下に要約引用しよう。新聞を読む頻度が高い子の方が読まない子よりも全国学力調査の平均正答率が高い。文部科学省が7月に発表した学力調査の結果から、そんな傾向が浮かんだ。調査は4月、小学6年生と中学3年生に実施。教科別のテストのほか、子どもの生活などもついてん尋ねるアンケートも行った。このうち「新聞を読んでいますか」という質問について頻度を4択で答えてもらったところ、「ほぼ毎日」と答えた子の国語平均正答率は、小6で75.4%,中3で74.9%だったのに対し、「ほとんど、または全く読まない」と答えた子の平均正答率は小6で63.9%、中3で68.3%だった。ただ、文科省は新聞を読む...私も新聞購読のお蔭で“もの言える”人間に成長できたか!?

  • 安倍元首相の国葬中止を呼び掛ける署名活動に原左都子も同意します!

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.08.24付記事より転載した、当該署名活動に関する記事。)当該署名活動に関するネット情報を、以下に転載しよう。安倍元首相「国葬」中止求め大学教授や作家など署名呼びかけ2022年8月22日17時33分安倍晋三元首相銃撃参議院選挙の応援演説中に銃で撃たれて亡くなった安倍元総理大臣の国葬まで1か月余りとなる中、大学教授や作家などが、国葬の実施が憲法で保障する思想の自由に反するとして、中止を求める署名活動を始めると発表しました。署名活動を始めるのは、東京大学の上野千鶴子名誉教授や、作家の落合恵子氏、東海大学の永山茂樹教授、高千穂大学の五野井郁夫教授など17人です。17人は、来月27日に行われる安倍元総理大臣の国葬が法の下の平等や思想、良心の自由などを保障する憲法に反するなどとして、...安倍元首相の国葬中止を呼び掛ける署名活動に原左都子も同意します!

  • 今時、可愛い我が子に「親孝行」をして欲しい親などいるの???

    先日、ネット上で「子供にしてほしい親孝行」は1位は何だ?」と題する記述があった。それは後回しにして。いきなり原左都子の私事を記させていただくと。高齢出産超難産の末に仮死状態でこの世に産まれ出るとの運命を背負い、幼少の頃から二人三脚で育て上げた我が最愛の一人娘が。28歳になり社会人として立派に成長した挙句、親元から独立して旅立っていった。あれから3か月以上の月日が流れ、やっと娘なりの“独り立ち”の趣旨・目標が親として見えて来た気がする。その娘の独り立ちの目的とは。「純粋に独り立ちしたかった」それ以外に考えられない。とにかく、幼少の頃程手がかかる子だった。娘が大学を卒業し本人自身が職業と就職先を決定して就業するまで、まさにサリバン母の私と二人三脚の日々だった。ただとにかく生来的に真面目で頑張り屋の娘であり、就...今時、可愛い我が子に「親孝行」をして欲しい親などいるの???

  • それ、頭の良し悪しと言うよりも…

    少し前に見たネット情報内に、以下の記述があった。おそらく若い世代の方が書かれた文章であると想像するが、以下に一部を引用しよう。頭がいい人と悪い人「見た目のどこにお金をかけるか」の考え方の差「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れなかったあの会社に入社する方法』で、自らの転職経験を全て公開している。その戦略は「外資系やコンサル業界は、学歴エリートでなくても入れる」「職歴に一貫性はなくてもいい」など、これまでの「転職の常識」を塗り替えるものば...それ、頭の良し悪しと言うよりも…

  • 年々低くなり続ける日本の科学技術力指針

    (冒頭写真は、2022.08.20付朝日新聞「書評」ページより、千葉大学教授・粒子天文学者石原安野氏が選んだ書籍共同通信社「日本の知、どこへ」取材班著の「日本の知、どこへどうすれば大学と科学研究の凋落を止められるか?」を転載したもの。早速、冒頭の著書に対する石原安野氏による「書評・多角的な分析と長期的な検証を」を以下に要約引用しよう。基礎研究の重要性と日本におけるその危機的状況について語られることが増えている。日本の科学技術力指標は年々低くなり続けており、日本人が最も科学者に注目する機会であるノーベル賞受賞者の会見は、受賞対象となった研究成果を生み出してた時代に比べて近年の研究環境が劣化していることへの危機感表明の場となっている。一方で、日本では基礎科学の大切さに対する理解や、科学を純粋に楽しむ心があると...年々低くなり続ける日本の科学技術力指針

  • 自民党の萩生田政調会長はじめ副大臣等々、まさに「ダッセーな」

    以下の文章は、本日先程見たネット情報より引用しよう。旧統一教会と「接点あり」の副大臣ら23人に新たに4人認める「ダッセーな」萩生田氏に元信者世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関わりについて、第2次岸田改造内閣を支える副大臣・政務官の計54人を対象に毎日新聞が12日に実施した調査で、当日未回答だった6人のうち5人が20日までに議員事務所を通じて文書などで回答し、教団との接点を認めた議員は4人増えて計23人となった。新たに接点を認めた4人は、星野剛士副内閣相▽山田美樹副環境相▽小林茂樹副環境相▽木村次郎防衛政務官。いずれの事務所も今後は教団側と「関係を持たない」と誓った。一方、毎日新聞は井野俊郎副防衛相の事務所に12日以降も回答への協力を再三要請したが、「調査中」と繰り返し、54人の中で唯一回答を得られて...自民党の萩生田政調会長はじめ副大臣等々、まさに「ダッセーな」

  • 義母の認知症が元で私が立腹した事件の後日談

    表題のエッセイは、今からちょうど一週間前の2022.08.13に公開したが。以下に、その前半部分のみを再掲載させていただこう。今朝9時頃の事だ。我が家の電話が、高齢者施設に暮らす認知症の義母の名を告げる。義母は極度の難聴でもあり特に電話では私の声が聞こえない、と訴えるため、義母からの電話には息子である我が亭主が出る取り決めをしている。それにしても、亭主とて認知症かつ難聴を抱える義母との電話での会話にはいつも難義させられるため。2日前に義母の施設を訪ねた際に、義母には「なるべく電話連絡は控え、施設からの伝言でお願いしたい」と念を押したばかりだ。亭主が自室の電話子機で出た義母からの受話器を私の処へ持ってきて言うには。「義母がどうしても〇子(私の事)に電話を代わって欲しいと言うので、出てやってくれないか?」既に...義母の認知症が元で私が立腹した事件の後日談

  • 「原左都子エッセイ集」トータルPVが 昨日900万を突破しました!

    (冒頭写真は、昨日我がエッセイ集左欄より転載した「原左都子エッセイ集」TOTALPV数。)参考だが、我がエッセイ集トータルPV数が800万超えを達成したのは、今年の1月下旬のことだった。その後、7か月足らずで900万に達した計算となる。冒頭写真をご覧いただけるとお分かりだろうが、我がエッセイ集は今年の春頃から、AccessStatusの数値をトータルPVのみの表示に切り替えた。何というのか私自身がこの数値に囚われることなく、今後はさらにエッセイ自由執筆を貫きたい!と考えたのがその第一の理由だ。特に近頃、このgoo内ですら(“すら”との表現は適切でないかもしれないが)“数値”を重視する方針が激化しているように思われるのだが…😫ブログという媒体の特質として、公開する人々の「個性・多様性」が第一義として尊重され...「原左都子エッセイ集」トータルPVが昨日900万を突破しました!

  • 安倍元首相の国葬で国民に「黙祷」をせよだと?? これ以上国民を馬鹿にするな!!

    今朝、先程見たネット情報を、以下に引用しよう。安倍元首相の国葬で「国民の黙祷」を検討中の政府に「強制するな」と拒否反応続出2022年08月18日安倍元首相の国葬で「国民の黙祷」を検討中の政府に「強制するな」と拒否反応続出の画像9月27日に開催が予定されている安倍晋三元首相(享年67)の国葬。この件について、政府は野党議員の質問主意書に対する18本の答弁書を8月15日に閣議決定した。その中の黙祷に関する項目がネットで波紋を呼んでいる。さかのぼること7月8日、銃撃を受けて亡くなった安倍元首相。多くの人があまりにも突然の死を悼んだが、同月14日、岸田文雄首相(65)が「秋に国葬を執り行う」と宣言したことで波乱を起こすことに。「岸田首相は『憲政史上最長の8年8ヵ月にわたってリーダーシップを発揮した』などと安倍元首...安倍元首相の国葬で国民に「黙祷」をせよだと??これ以上国民を馬鹿にするな!!

  • 再掲載 「不妊症の友」

    今朝、我が「原左都子エッセイ集」編集画面を覗くと、“昨日の閲覧数ベスト50”内に冒頭の表題2008.09.16公開「不妊症の友」がランクインしていた。2008.09と言えば、当該「原左都子エッセイ集」を公開して未だ1年程の時期だ。高齢出産にて産んだ一人娘が、中学生の頃だっただろうか。とにかく、当該バックナンバー及び頂いたコメントの一部を、以下に再掲載させていただこう。私は長い独身時代に不妊症の女性何人かと縁があった。多くの不妊症の女性にとって何よりも辛いのが子どもの話題であるようだ。子どものある女性との付き合いにおいては、どうしても子どもの話題が中心となる。それを避けるため、当時の私のような子どものいない独身者との付き合いを好む傾向にあるようで、あちらから私に接近して来るのだ。私自身は結婚に関しても子ども...再掲載「不妊症の友」

  • ART BAZAR 2022  ー ギャラリー・上り屋敷 編 ー

    (冒頭写真は、ARTBAZAR2022ギャラリー上り屋敷にて購入した小型はさみ。)前回のエッセイに引き続き、本日は「ギャラリー上り屋敷」編をお届けしよう。まず、地図にてギャラリーの位置を示しておこう。私の場合は池袋駅にて下車し、ホテルメトロポリタン辺りで左側のギャラリーが多く存在する地域へ入るのだが。池袋と言えば、雑多なイメージが強いであろうが。このメトロポリタンホテルの前の道路を横切った途端に、閑静な住宅地に入る。特に長はるこ先生のギャラリー周辺は、フランク・ロイド・ライト建築の「自由学園明日館」が存在するためか、芸術的要素が強い閑静な街のイメージだ。そのすぐ隣が長はるこ先生主宰の「Bーgallery」。そして、本日紹介する「ギャラリー・上り屋敷」はB-galleryから3分程歩いた場所にある。最初、(...ARTBAZAR2022ーギャラリー・上り屋敷編ー

  • ART BAZAR 2022  ー B-gallery 編 ー

    (冒頭写真は、昨日ARTBAZAR2022最終日に池袋のB-galleryに出向いて私が買い求めたバザー・セールス品の数々。)我が知合いである美術家の長はるこ氏にお会いするのは、何年ぶりだろうか?おそらく2,3年前にアルゼンチン・ブエノスアイレスより美術家のモニカさんがはるばる来日され、はるこ先生のB-galleryにて個展を開催された時が最後だったと思い起す。はるこ先生より、いつもギャラリーの次回個展のお知らせや毎年年賀状を頂戴しているためそれ程の距離感は無いのだが、実際にお目にかかるのは久々の事だった。今回は、個展ではなく“バザー”を開催されるとのこと。実はこの私、内容の如何に寄らず“バザー”が大好き人間である。例えば今思い起すに、高校教諭時代の学校の文化祭時に迷わず“バザー”を担当した。この場合、何...ARTBAZAR2022ーB-gallery編ー

  • 義母の認知症が元で、私の“腹の虫”が収まらない事件発生!

    今朝9時頃の事だ。我が家の電話が、高齢者施設に暮らす認知症の義母の名を告げる。義母は極度の難聴でもあり特に電話では私の声が聞こえない、と訴えるため、義母からの電話には息子である我が亭主が出る取り決めをしている。それにしても、亭主とて認知症かつ難聴を抱える義母との電話での会話にはいつも難義させられるため。2日前に義母の施設を訪ねた際に義母には、「なるべく電話連絡は控え、施設からの伝言でお願いしたい」と念を押したばかりだ。亭主が自室の電話子機で出た義母からの受話器を私の処へ持ってきて言うには。「義母がどうしても〇子(私の事)に電話を代わって欲しいと言うので、出てやってくれないか?」既に苛つく私が、「電話を代わったって、義母には私の声は聞き取れないよ!」と亭主と押し問答しつつも、義母からの電話に出た。そうしたと...義母の認知症が元で、私の“腹の虫”が収まらない事件発生!

  • 再掲載 「36年前に日航機事故が発生した8月12日のあの日、私は…」

    (冒頭写真は、24歳頃の原左都子。中央リードボーカルが私。)冒頭から、ネット情報を引用しよう。乗客乗員520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で36年となるのを前に、遺族らでつくる「8・12連絡会」は11日夕、群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」のふもとを流れる神流(かんな)川の河原に、LED電灯をともした灯籠(とうろう)を並べた。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で、神流川で例年行っている灯籠流しを中止したが、今年は代替行事で犠牲者の冥福を祈った。(以上、今朝見たネット情報の一部を引用したもの。)原左都子は、36年前に日航ジャンボ機墜落事故が発生した日のことを、あくまでも私なりの理由でだが一生忘れることはない。あの日の東京は朝から大雨だった。その日、当時付き合って...再掲載「36年前に日航機事故が発生した8月12日のあの日、私は…」

  • 「死にたい」を連発する年寄り程、認知症になる!??

    昨日午後、この夏一番の猛暑かと思しき厳しい暑さの中、都内の高齢者介護施設に暮らす義母を訪問した。事の発端は2日程前に義母より、「私の資産の詳細を知りたい」との電話が入ったことによる。(この義母からの要望は今回が初めてではなく、過去にも何度か義母に資産報告をしている。)電話には亭主が出たのだが。義母施設入居以来、義母関連資産の管理はすべて一括してこの私が担当しいるため、「それじゃあ、最新版“義母資産一覧表”を作成して、お盆のうちに施設まで持っていって説明しよう」と私が応えた。(参考だが、「経営法学修士」を取得し国税庁に「税理士試験税法3科目免除申請」を提出しているこの私が、義母所有貸付不動産の青色申告を義母施設入居後毎年担当している。)実は不安もあった。義母の認知症状が日ごと悪化の一途を辿っている実感が保証...「死にたい」を連発する年寄り程、認知症になる!??

  • 山上容疑者の母親よ、江川氏がおっしゃる通り世間に謝るよりまず息子と向き合え!

    冒頭より、ネット情報を引用しよう。江川紹子さん、山上容疑者母親の謝罪会見報道に「『世間』に謝るより、息子と向き合って…」と私見つづる2022/08/09ジャーナリストの江川紹子さん(64)が9日、自身のツイッターを更新。7月8日に安倍晋三元首相を襲撃した山上徹也容疑者の母親が近く記者会見をする意向であるとの報道を受け、「『世間』に謝るより、息子と向き合った方が…」とつづった。捜査関係者によると、山上容疑者は犯行後「母親が旧統一教会にのめりこみ、多額の寄付をするなどして家庭がめちゃくちゃになった」と供述していたという。しかし、母親はこれまでの検察の事情聴取に「統一教会に申し訳ない」と話していたことが報じられており、日本テレビ系の情報番組「情報ライブミヤネ屋」によると、山上容疑者の伯父に「近く謝罪会見を開きた...山上容疑者の母親よ、江川氏がおっしゃる通り世間に謝るよりまず息子と向き合え!

  • コロナワクチン接種、私はやはり1回飛ばして秋にオミクロン株対応ワクチンを打ちます。

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.08.09付トップ記事「オミクロン対応接種10月にも5~11歳に努力義務厚労省方針」と題する記事より転載したもの。)早速、当該記事を以下に要約引用しよう。新型コロナウィルスのワクチンについて、厚労省は8日、オミクロン株に対応した新しいワクチンを10月半ばにも使い始める方針を決めた。2回接種後を前提に、高齢者や基礎疾患がある人に用いるほか、すべての人に使う事も想定して自治体と準備する。ほかに、5~11歳の接種に、12歳以上と同じ予防接種法上の「努力義務」を9月上旬にも課すことも決めた。新たなワクチンは、昨冬に流行したオミクロン株の系統の一つ「BA.1」と初期の流行株の二つのウィルス株の対応した「2価ワクチン」。米ファイザー社やモデルナ社が開発中で、これまでのワクチンより、オミ...コロナワクチン接種、私はやはり1回飛ばして秋にオミクロン株対応ワクチンを打ちます。

  • 次々と明らかになる自民政権と旧統一教会との癒着に、開いた口が塞がらない!

    冒頭から、朝日新聞2022.08.03付・社説「旧統一教会自民は実態調べ決別を」を、以下に要約引用しよう。国民の暮らしを守るべき政治家が、霊感商法や高額な献金が社会問題となっている教団の活動にお墨付きを与えるようなことはあってはならない。岸信介元首相以来の付き合いと言われ、歴代の党幹部や派閥のトップが関わりを持ってきた自民党の責任はとりわけ重い。「議員個人の問題」と矮小化することは許されない。この機会に教団との決別を明確にすべきた。(中略)世界平和統一家族連合(旧統一教会)と所属議員の関係が連日報じられる中、自民党の茂木幹事長は昨日も「党として組織的な関係はない」と繰り返し、個人の活動なので、それぞれが適切に説明するべきとの考えを示した。自民党が米ソ冷戦下、反共産主義を共有する教団と協力関係を築き、今に至...次々と明らかになる自民政権と旧統一教会との癒着に、開いた口が塞がらない!

  • 郷里・観音寺のマチ子さんより “梨" をお送りいただきました!

    (冒頭写真は、本日午前中に郷里・観音寺のマチ子さんよりお届けいただいた梨の宅急便。)ご覧のように、5Lサイズの立派な梨をお送りいただきました!先程その御礼を電話にてさせていただくと。マチ子さんが、このように説明して下さいました。この写真は、私が7月中旬に観音寺のマチ子さんを訪ねた際に、蓮の花の写真を撮りに行く道中にて車の中から撮影した梨畑の写真ですが。この時には、未だ直径5㎝程だった梨の実が。梅雨が短かく猛暑続きの今年の夏は実の成長が早くて、わずか3週間足らずでここまで大きく育った、とのマチ子さんの談話でした。今夜、ちょうど我が娘が実家の我が家まで夕食会をしに来るので、是非デザートにこのマチ子さんの梨を食べさせてやりたい、と私が申すと。「今から冷蔵庫に入れておくと、夜には美味しく召し上がっていただけます。...郷里・観音寺のマチ子さんより“梨"をお送りいただきました!

  • 学校の教員不足、何故公募しない??

    昨日に引き続き、学校現場の教員不足関連のニュースを取り上げるが。本日2022.08.04付朝日新聞内にも、「公立校教員1020人不足19都道府県・4政令時で」と題する記事があった。以下に、引用しよう。全国日本教職員組合(全教)は3日、公立の小中高校と特別支援学校の今年5月1日時点の教員配置状況を調べたところ、19都道府県・4指令都市で1020人の欠員が生じていたと発表した。教員の労働環境悪化がなり手不足を招いているなどとして、文科省に改善を申し入れている。全教が各地の教育委員会や学校に尋ねたところ、それらの地で配置すべき定数を満たせない欠員は477人だった。また、年度中に産休や育休、病休などを取った人の代わりがいないのは321人。このほか、自治体が独自に実施する少人数指導や、非常勤で短時間教える教員が不足...学校の教員不足、何故公募しない??

  • 激減する「教員免許状」の授与件数

    冒頭から、「教員免許の授与数、20万件割れ『過労死ライン』の労働環境影響か」と題するネット情報を、以下に要約引用しよう。学校で教員不足が問題になるなか、教えるのに必要な教員免許状の授与件数が大きく減っている。文部科学省が6月に発表した2020年度は計19万6357件(前年度比7440件減)で、データのある03年度以降では初めて20万件を切り、最少となった。特に中学や高校での落ち込みが激しく、文科省は「過労死ライン」を超える教員の長時間労働の実態が広く知られ、教職が敬遠されている可能性があるとみている。・73歳OBまでフル勤務で教壇に深刻化する教員不足、学習に支障も・校長がPTAに「知人に教員いない?」新年度、先生不足の学校続出文科相の諮問機関、中央教育審議会の部会では、免許件数の減少に歯止めをかけるため、...激減する「教員免許状」の授与件数

  • 4年ぶりに理科正答率低下 全国学力調査「探求学習」に課題、と新聞報道は言うが…

    冒頭から、表題に関する朝日新聞2022.07.29付記事を、以下に引用しよう。文科省は7月28日、小学6年生と中学3年生を対象にした今年度の全国学力調査の結果を発表した。4年ぶりに行われた理科で、中3の平均正答率が約17%悪化。学習指導要領の改訂で重視された「探求学習」に関する問題の一部で正答率が低く、指導要領の求める内容に十分対応できていない状況がうかがえた。もっとも平均正答率が低かったのは、中3理科で49,7%。問題の難易度を調整していないため単純比較できないが、前回調査から10,4ポイント下がった。新指導要領でうたわれた「科学的に探究する力の育成」を踏まえた出題では、ばねにかかる力と縮み方との関係を調べる実験をもとに、足りない測定値をどんな方法で補えばよいか考察させたところ、正答率が43,8%にとど...4年ぶりに理科正答率低下全国学力調査「探求学習」に課題、と新聞報道は言うが…

  • 「医療に携わらない門外漢がへろへろ出てきて、何もせず適当な事を言い…」にいたく同感!!

    今朝ほど見つけたネット情報を、以下に引用させていただこう。新型コロナウイルス感染患者の対応にあたる「インターパーク倉持呼吸器内科」(栃木県宇都宮市)の倉持医師が30日、自身のツイッターを更新。現場の医師として、治療薬の確保、速やかな検査、多数の相談窓口の設置などを要望した。新型コロナの感染者が急増し、全国の医療機関がひっ迫する状況について、倉持氏は「各県複数箇所にPCR検査センターを作れば問題は解決すると思います」と要望。「検査ができないから風邪症状の方も接触疑いの方も、医療機関も困っている。制度の低い抗原検査をパラ撒くのではなくPCR検査できれば問題は解決します。国民全員ガーとか、ではなく、その体制を作った上で5類にでもなんでもすれば良い」と主張した。その上で「治療薬確保し一般流通経路に乗せ、検査速やか...「医療に携わらない門外漢がへろへろ出てきて、何もせず適当な事を言い…」にいたく同感!!

  • 「日本的ナルシシズム」と殺害された安倍元首相の罪

    私もかなり“しつこい”人間であることを認めるが。本日も、先だって殺害され9月終盤に国葬が予定されている故・安倍晋三氏に関するネット情報を引用し、その論評をしよう。それでは早速、先程見つけたネット情報の一部を、以下に要約引用しよう。「日本的ナルシシズム」は、周囲に巻き込まれ、自ら主体性を発揮しようとしないことを美化・理想化する病理的な精神性である。それには、権威や空気が強制する内容に抵抗する力が、極めて弱い。「日本的ナルシシズム」を克服することには、政治的・経済的なメリットもあるのだが、その一義的な価値は倫理的な面にある。つまりこの小文が行っているのは、心理的・倫理的な考察である。(途中、大幅略)安倍元首相の罪功罪の「罪」の面についてはどうだろうか。殺害されるに至った経緯が明らかになりつつあるなかで、改めて...「日本的ナルシシズム」と殺害された安倍元首相の罪

  • 岸田首相は、国会にて安倍氏「国葬」の説明責任を明瞭に果たすべき!

    しつこくも本日も本エッセイ集において、安倍氏「国葬」問題を取り上げる。2022.07.28付朝日新聞「社説臨時国会首相は『国葬』の説明を」の前半部分を以下に要約引用しよう。政府が閣議決定下安倍元首相の「国葬」について、世論の賛否は割れたままである。社説は、極めて異例の追悼の形式が社会の溝を広げ、政治家の業績に対する自由な論評を妨げる恐れを指摘した。来週、召集される臨時国会では、国葬を決めた岸田首相自身が、数々の疑問や懸念に直接答えねばならない。説明責任も果たさず、わずか3日の会期で閉じるなら、国葬に対する違和感を強めるだけだろう。参院選直後の臨時国会は、会期は数日で、首相が答弁に立つ機会は無いのが通例だ。与党は今回の同様の方針で、野党に提案した会期は3日間。現職の国会議員が亡くなった際の習いで、衆院本会議...岸田首相は、国会にて安倍氏「国葬」の説明責任を明瞭に果たすべき!

  • 安倍氏の「国葬」にての甘利氏追悼演説を頓挫させる自民党政権、何処まで愚かなのか!!

    冒頭から、ネット情報を引用しよう。「残した派閥をばかに」安倍派の猛反発で甘利氏の追悼演説頓挫2022/07/2820:41(毎日新聞)自民党が8月の臨時国会で実施する予定だった安倍晋三元首相の追悼演説を先送りする検討に入ったのは、甘利明前幹事長(麻生派)が演説を行うことに対して与野党の反発が強まったためだ。特に銃撃事件で会長の安倍氏を失った自民党安倍派(清和会、97人)で批判が強まったことが大きな要因となった。安倍派が反発を強めたのは、甘利氏の20日のメールマガジンがきっかけだ。この中で甘利氏は安倍派について「『当面』というより『当分』集団指導制をとらざるを得ない。誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性もない」と指摘した。これに安倍派最高顧問の衛藤征士郎・元衆院副議長は21日の同派会合で「こんな...安倍氏の「国葬」にての甘利氏追悼演説を頓挫させる自民党政権、何処まで愚かなのか!!

  • 郷里・ 観音寺のマチ子さんより写真入りのお手紙を頂戴しました!

    (冒頭写真は、観音寺のマチ子さん撮影・郷里の観音寺近くのレンコン畑に咲く「蓮の花」。お送り下さったプリントアウトの写真を再撮影したため、多少不明瞭になってしまったのが残念です。)マチ子さんには写真撮影や絵画を描く趣味があり、それを時間があれば楽しんでおられる様子だ。これら蓮の花の写真は、おそらく私が帰京した後に撮影してお送り下さったのだろう。先だっての郷里訪問の際に、「朝方写すと美しく撮れる」とおっしゃっていたので、その時間帯に撮影されたものである事には間違いない。そして、お手紙。(不鮮明処理をしています。)筆まめなマチ子さんのご様子だが、いつもお手紙では美しい直筆にて2枚の便箋にしたためて下さっている。マチ子さんからの私の呼び名は「原先生」。この「先生」敬称の意味合いは、決して高校教師の方ではない。(我...郷里・観音寺のマチ子さんより写真入りのお手紙を頂戴しました!

  • どうしても 中国より海路輸入の “激安ランウォッチ” の初期設定ができない…

    (冒頭写真は、通販大手アマゾンより2週間かけて海路輸入にて2日前に我が手元に届いた激安ランウォッチ。)こちらが、添付されていた「操作説明書」。表が「中国語」で、裏が「英語」表記です。そもそも説明書の時計版挿絵と、本物がまったく異なります。😵😭それでも過去のランウォッチ操作経験も活かしつつ、「英語版」を見ながら一人で設定を格闘してみた。ところが、箸にも棒にもかからない始末…これソーラーなのだろうが、とにかく時計は動いている。とにもかくにも現在時刻ぐらいは設定したく悪戦苦闘するのだが、時計はどうしても反応してくれない。とりあえずは現在猛暑続きで、しばらくランニングには出れないだろうし。もしランニング日和になれば、とりあえず普通の時計を利用すれば大体のタイムは分かるし…あ~~~あ。国内で販売されている少し高めの...どうしても中国より海路輸入の“激安ランウォッチ”の初期設定ができない…

  • 私は、4回目コロナワクチン接種をパスしようと考えている

    と言うのも、どうやら厚労省は5回目接種として米メーカーが開発中の「オミクロン株対応ワクチン」の高齢者らへの“秋以降”の接種方針を、既に決めているらしい故だ。という事は現在接種中の4回目コロナワクチンとは、“従来型”を接種していることとなろう。イコール、オミクロン株には効果なし、と推定できよう。更に私の場合は、3回目モデルナワクチン接種時に重篤な副反応が出ている。接種の翌朝から発熱し始め午前中には39℃に達し、その高熱が丸2日続くとのとてつもなく激しい副反応を起こしている。高熱以外には特段の症状は何もなく、ただただ高熱に丸2日耐えていたら熱は自然と下がり、私は普通に蘇った。あの激しい副反応で、我が体内は当時接種したワクチン内に含まれていたコロナウィルス変異株に対する強靭な免疫力を得たものと、善意に解釈してい...私は、4回目コロナワクチン接種をパスしようと考えている

  • 葬儀は自費で粛々とやれ!

    我がエッセイ集に於いて、偶然だが「葬儀」関連のエッセイが3本続くことになるが。2本前のエッセイ、「オミクロン株『BA5』急拡大中の郷里への旅実母の葬儀生前予約編」の中で、私は以下のように綴っている。結果としては(実母の来るべく葬儀は)たかが家族葬にして、かなり高額の葬儀費用となりそうだ。こうなった場合に腹立たしいのは。やはり実母本人が自分の葬儀を、生前の頭がしっかりしているうちにさっさと決めて、生前にその費用を支払っておくのが子孝行ではないのか!?!!との思いが我が脳裏をどうしてももたげる。(参考だが、我が母親は子供幼少期より地方公務員にて共働きだったため、かなりの老後費用を貯め込んでいる。何でそれをとっとと使って自分自身でそれを予約して支払ってから死なないのか???と実際腹立たしくもなる!付け加えるなら...葬儀は自費で粛々とやれ!

  • 故・安倍晋三氏の国葬、絶対的にあり得ない!!

    我が郷里旅行中に、表題に関する議論が国内で大いに盛り上がっているようだが。その中から、今朝方見たネット情報の一部を以下に引用しよう。小澤征悦安倍元首相の国葬に「感情論で動いているのか、今までやられてきた政策に対してなのか」スポーツニッポン新聞社2022/07/2212:40俳優の小澤征悦(48)が22日、コメンテーターを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。参院選の街頭演説中に銃撃を受け死去した安倍晋三元首相の葬儀について「国葬」として実施することに言及した。番組では、9月27日に執り行うことで調整されていることを取り上げた。意見を求められた小澤は「これは僕の個人的な意見」とし「もちろん安倍元首相がああいう形で亡くなられたことに対しては、本当にあってはならないことだと絶対に思いますし...故・安倍晋三氏の国葬、絶対的にあり得ない!!

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー 実母の葬儀生前予約編 ー

    (冒頭写真は、この度の旅行で郷里の自立支援施設にて暮らす実母の葬儀生前予約を決定してきた葬儀社のパンフレット。)当初、今回の郷里旅行第一目的は、実母からの実母の孫にあたる米国に住むハーフの孫への「生前贈与」実行の手伝いだったのだが。これが現在国内で急拡大するオミクロン株「BA5」の猛威により、外部からの施設訪問がシャットアウトされ、実行不能となった。そして第二目的だった表題の「実母の葬儀生前予約」が、今回の郷里訪問の第一義と入れ替わった。旅程最終日の朝早くから、実母の妹である叔母のさっちゃん宅を訪ねた。あらかじめ実母の葬儀生前予約をお手伝いして頂けると言っていたさっちゃんが、冒頭のパンフレットを入手して下さっていた。私の考えでは、本来ならば実母自らが少しでも心身がしっかりしているうちにそのようなテーマを自...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー実母の葬儀生前予約編ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー 叔母 さっちゃんとの再会編 ー

    (冒頭写真は、郷里にて再会した叔母さっちゃんが我が帰京後送り届けてくれたみかんとスダチ。スダチは2箱いただきました!)さっちゃんは我が実母の妹に当たるのだが、遠い昔に私がまだ幼な子だったころから私はさっちゃんが大好きだった。とにかく明るくて頭がよく回り話題豊富で、さっちゃんと過ごすといつも楽しくて仕方がなかった。そんなさっちゃんに、現在郷里の高齢者自立支援施設に暮らす実母が大変お世話になっている。「さっちゃんに迷惑かけ過ぎるな!」と私が実母に何度注意をしても他に頼る人も無く、さっちゃんにばかり懐いてしまっている状況だ。これは一度娘の私からさっちゃんにある程度まとまったお礼をしておかねば、と考え。この度私の私財の中から札束を持参してさっちゃん宅を訪れた。(これ、本当は実母が生前になすべき業と私は心得るのだが...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー叔母さっちゃんとの再会編ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー眉山ロープウェイと 阿波踊りミュージアム編 ー

    (冒頭写真は、眉山ロープウェイから見下ろした徳島市街。)さて、郷里旅行2日目の午後には大雨は止んだ。この日の午後は、阿波踊り会館にて「阿波踊り」の実演を観たり、観客のひとりとして踊るつもりでいたのだが。残念ながら過疎地郷里でもオミクロン株感染が急拡大した模様で、スマホで検索すると阿波踊り実演ショーが中止となっている。やむを得ない。予定を変更して眉山ロープウェイに乗って眉山の頂上へ行ったり、阿波踊りミュージアムの見学をすることとした。まずは、眉山観光の写真を列挙しよう。これらの写真は、眉山頂上から山側を撮影したもの。説明書きにある通り、郷里で一番高い「剣山」も展望できるようだ。こちらは、海側。四国三郎「吉野川」が流れている。右奥は太平洋。眉山は徳島市の中心街にある山で、麓に市街が広がっている。眉山を下りて、...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー眉山ロープウェイと阿波踊りミュージアム編ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー 徳島城博物館編 ー

    (冒頭写真は、徳島城博物館の建物をネットより引用したもの。何分、当日はドシャ降りの大雨で屋外での撮影が一切叶わず残念だった。)さてさて。今回の旅程の1日目午後は、観音寺のマチ子さんとの再会を有意義に果たし。本来2日目は、郷里の高齢者自立支援施設に暮らす実母の元を訪れる予定だったが。あいにくオミクロン株「BA5」急拡大中につき、高齢者施設内への外部者立ち入り全面禁止措置が採られ、訪問を諦めた。その代替策として、何処へ行こうかと考えて思いついたのがこれだ。この徳島城博物館は、我が今回の駅ビル宿泊ホテルから徒歩圏内で行ける場所にある。しかもこの辺は汽車通学だった我が高校時代に日々通ったルートであり、懐かしくもある。この博物館は開館して30年程らしいのだが、私が高校へ通っていた頃にはもちろんまだ存在しなかった。そ...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー徳島城博物館編ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー 蓮の花編 ー

    (冒頭写真は、マチ子さんが連れて行って下さった観音寺近くのレンコン畑の蓮の花。花の中央の“じょうろ”のような部分に関して、マチ子さんのお話ではこの中に種が沢山あるそうだ。要するに、めしべ部分なのだろうか??)我が郷里はレンコンの特産地でもあるのだが。マチ子さんがお住まいの観音寺近辺に、広大なレンコン畑が広がっている。絵画を描いたり写真撮影の趣味のあるマチ子さんは、この花が咲く頃になるとそれを朝するのが日課だそうだ。そのレンコンの花を私に見せてあげたいとおっしゃって、車で連れて行って下さった。蓮の花は、満開に開いた大輪の花はもちろん美しいが。蕾状態の小さい花も実に可愛い。こんな、小さめの花も可愛くていいなあ。冒頭写真の、めしべ?部分のみが残った状態。写真の左側の建物は、マチ子さんの説明によれば農産物選別作業...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー蓮の花編ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー 観音寺の天井画 ー

    (冒頭写真は、マチ子さんの住居地でもある観音寺の天井画の一部。)郷里の観音寺の話題が続くが。2年半前に伺った時にも、観音寺の天井画の素晴らしさに唸ったものだ。当時は、さほどこの絵画に関して詳細を伺う時間が取れなかった。今回、この天井画に関する話をマチ子さんより伺って驚かされた。これらは何と、絵画を描く趣味を持つマチ子さんご本人を含め、その師匠をはじめとする絵画仲間が描いた作品の数々だとおっしゃるではないか!そしてマチ子さんは、今尚その絵画活動を続行されていている、との談話だった。いやはや、天才だった我が医学部恩師中村先生の奥様・マチ子さんも、やはり天才であられることを実感させられた一幕だった。オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ー観音寺の天井画ー

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー マチ子さんが暮らす観音寺の風景 ー

    (冒頭写真は、マチ子さんの一人住まいのご自宅でもある観音寺内部から前庭を眺めた風景。)私が郷里の観音寺を訪れるのは、今回が2度目である。以前にも記したが、私と観音寺のマチ子さんとの馴れ初めに関して今一度説明させて頂こう。我が医学部時代の故恩師のご実家がこの観音寺だ。中村先生とおっしゃったが、この方元々“天才肌”の人物であられた。医師・医学博士にして、過去には国内初のインフルエンザワクチンの研究開発にかかわられた実績をお持ちだ。我が学生時代にも、実に熱心に医学学問や実習をご指導頂いた。そのお蔭をもって私は医学関連企業へ就職後も即戦力としての活躍が叶い、職場長の地位に就くことが叶っている。その後年月が流れ、中村先生は81歳にて他界されるに至っている。他界後、奥様のマチ子さんが中村先生の医学関連等々の研究業績を...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ーマチ子さんが暮らす観音寺の風景ー

  • 「絵むすび」朝日新聞 2022.07.16編

    (写真は、朝日新聞2022.07.16付パズル「絵むすび」に原左都子が解答したもの。)朝日新聞「絵むすび」ファンの皆様、お待たせ致しました。7月15日(金)まで旅に出ておりまして、昨日は留守中の残務処理に追われ、新聞を見る時間が取れませんでした。やっと今朝先程、昨日の新聞を開いたところ「絵むすび」課題を発見し、5分程でその回答を実施しました。後程、解説を加えさせていただきます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー解説と言う程の内容ではないのですが。今回の「絵むすび」の場合難易度3にふさわしいレベルの課題だったため、アイテムの場所を確認したのみで、自ずと解答が叶った。まず着目するべきは、「ソフトクリーム」だ。これは一番下の右からぐるりと線を回して結んでしまおう。次に「メキシカンハット」だが、...「絵むすび」朝日新聞2022.07.16編

  • オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅 ー お土産編 ー

    (冒頭写真は、昨日旅先の郷里より持ち帰ったお土産類。)昨夜、3日間の日程にて実行した2年半ぶりの郷里への旅を終えて帰宅した。表題のごとく、オミクロン株「BA5」の全国規模での急拡大の中、空港や航空機内は空いているのかと甘い考えをしていたところ。なんのなんの、機内は満席!空港も決して空いているとは言えない混雑ぶりだった。本日のニュースによれば、今日から3連休に入るため、家族連れ等で更に空港が混雑している映像が報道された。😱今回の旅行はこの私も無謀だったと自覚しているのだが、国民の皆さんも同様なのだろうか??実は旅程の2日目の夜に下痢を発症して夜中にトイレに3度通う羽目となり、ほとんど睡眠できなかった。ところが3日目の予定が重要案件だったため、気合が入っていたのだろうか?その案件を十分にこなして昨夜無事に帰京...オミクロン株「BA5」急拡大中の郷里への旅ーお土産編ー

  • 新型コロナオミクロン株「BA5」急拡大中に、無謀にも明日から旅に出ます。

    冒頭から、表題のオミクロン株「BA5」に関するネット情報を引用しよう。新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しています。7月6日は全国で1週間前のおよそ2倍にあたる4万5000人を超える感染の発表がありました。このうち東京都の感染確認は8341人で前日に続いて2日連続で前の週の同じ曜日の2倍を超えました。都内の感染状況を分析した国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は6月30日、再拡大の要因を4つ、指摘しました。「暑さ」や「人出」、「免疫」に加えて、オミクロン株のうち感染力が高いとされる「BA.5」というタイプの変異ウイルスに置き換わりが進んでいるとみられる点をあげ、「今後、急速なスピードで拡大する可能性は十分ある」としました。広がるBA.5“感染増加に影響”「BA.5」はオミクロン株の一種...新型コロナオミクロン株「BA5」急拡大中に、無謀にも明日から旅に出ます。

  • その発言、当該生徒を受け持った教員として失礼過ぎないか??

    冒頭から、今朝方見たネット情報の一部を以下に要約引用しよう。安倍晋三元首相を銃撃したとして、殺人未遂の容疑で逮捕された元海上自衛隊員の無職・山上徹也容疑者(41)。奈良で育ち、中学や高校の同級生からは「優等生」「努力家」とも評されていた山上容疑者だが、高校時代の恩師の感想は毛色の異なるものだった。山上容疑者は県内有数の進学校である県立高校に進学した。高校では応援団に所属し、野球部の応援で活躍していたという。同級生の一人が言う。「卒業アルバムでは自分の将来について『わからん。』と素っ気なく書いていたことから冷淡な性格のように思うかもしれませんが、話し方は穏やかで暴力をふるったこともない。私たちの世代の野球部は春の甲子園に2回出場していて、応援団も忙しかったはずだが、成績も平均をキープしていて努力を重ねていた...その発言、当該生徒を受け持った教員として失礼過ぎないか??

  • グランマ・モーゼス ー 素敵な100年人生 シリーズ ー vol.12(最終回)

    (冒頭写真は、朝日新聞愛読者プレゼント「グランマ・モーゼス素敵な100年人生」シリーズ最終回より、油彩「グランマ誕生の地」。)早速、解説文を紹介しよう。グランマ・モーゼスは1860年9月7日、ニューヨーク州グリニッチに生まれ、奉公に出るまでの12年間をこの地で家族と共に過ごした。モーゼスの自伝「私の人生」には、母の手伝いや妹の世話をするほか、森を散策して花を摘むなど、当時の幸せな日々が綴られていた。モーゼスはこの頃より、父ラッセルが子どもたちに与えた白い紙や、ブドウのしぼり汁などを用いて絵を描いていた。グリニッチは、モーゼスの自然へのまなざしや創作の喜びを育んだ地といえるだろう。本作は、モーゼスがまもなく100歳を迎える1959年にグリニッチを描いたもの。モーゼスは、このほかにも「グリニッチへの道」をはじ...グランマ・モーゼスー素敵な100年人生シリーズーvol.12(最終回)

  • 海外送金は一筋縄にはいかない

    このコロナ禍国内患者数激増中の中、来週私は郷里の実母が暮らす高齢者自立支援施設訪問を決行するのだが。その第一目的が、実母から米国に住む孫への“生前贈与”処理である。昨日亭主とその“生前贈与”の話になった際、「贈与税」の話題が出た。これに関しては、亭主の姉(故人)が既に国内で経験していて、その際にかなりの金額の贈与税が課税されたのだと言う。私としてもそれはある程度承知していたが、日本から米国に送金する場合は更に話がややこしいことと想像して、先程実母が利用している郷里の金融機関へ電話にて問い合わせてみた。久々に聞く独特のトーンの阿波弁が我が耳に懐かしく、銀行員の話に聞き入ったのはよかったが。はやりこの「贈与税」関連がややこしく、担当者が「税理士に相談されてはいかがか?」とアドバイスしてくれる。これは私の感想だ...海外送金は一筋縄にはいかない

  • アインシュタインの夢

    (冒頭写真は、数日前に宅配にて手元に届いた著書ミチオ・カク著「神の方程式」『万物の理論』を求めて」。)数本前の2022.06.28付原左都子エッセイ集内に、私は「“不格好な理論”と“美しい理論”」と題するエッセイを公開している。当該エッセイは、この本の書評を朝日新聞記事より紹介したものである。さて、届きましたよ!その本が。早速読もうとしたところ、急遽郷里の実母の処へ行くことになり、その手配やら各種連絡で多忙にしていて当該著書は机の上に置いたままとなっていた。本日午前中にやっとこの本を読み始めたのだが。とりあえずプロローグ部分のみ読んだところ、何とも読み易いではないか!そこで本日のエッセイでは「アインシュタインの夢」と題するプロローグの一部を、要約して紹介したいと志した。以下に、引用しよう。アインシュタイン...アインシュタインの夢

  • 緊急通報すら遮断した今回のKDDI大規模通信障害

    いや、実際この原左都子も今回のKDDI通信障害には、ほとほと参った。と言うのも来週急遽郷里へ帰省する用件が発生し、その連絡を郷里の実母等々へ入れようとした矢先の通信障害だった故だ。ちょうど、7月3日(日)のことだが。朝からその詳細連絡のためにスマホから郷里の実母へ電話をしようとしたら、まったく繋がらない。そうしたところ、昼間のテレビニュースにて、KDDIが通信障害を起こしている事実が報道された。当初はもうしばらくしたら繋がるだろう、程度に軽く捉えていたところ。これが夜になっても電話が通じない、と思っていたら。郷里の実母より、固定電話より電話が掛かってきた。そして言うには、「携帯に〇子(私の事)から着信があったと出ているけど…」私応えて、「そうなのよ、今日は何度も電話を入れたんだけど、KDDIの通信障害のせ...緊急通報すら遮断した今回のKDDI大規模通信障害

  • iPS細胞で腸管のミニチュア版(ミニ腸)をつくることに成功

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.07.04付記事「iPS細胞1センチの『ミニ腸』免疫機能も病原解明に期待」より転載したもの。)早速当該記事の内容を、以下に要約引用しよう。iPS細胞を使って、免疫機能をもった腸管のミニチュア版(ミニ腸)を作ることに成功したと、国立成育医療研究センターなどの研究チームが発表した。病気の原因を探ったり創薬に使ったりできるという。腸管は、食べ物から栄養や水分を吸収するだけでは無く、病原体をみつけて排除する免疫のしくみも備えている。クローン病や潰瘍性大腸炎などの腸管の病気の発症には、この免疫異常が関わるとされている。研究チームは2017年、iPS細胞などから大きさ1センチ程の「ミニ腸」をつくることに成功。一方、免疫細胞を含むものはできておらず、より本物に近い条件での研究はできていか...iPS細胞で腸管のミニチュア版(ミニ腸)をつくることに成功

  • 再掲載「『幸せになれ』と脅されているような居心地の悪さ」

    本日は、朝から多忙を極めた。朝から義母の4度目のコロナワクチン接種の件で、この私が義母の住民登録がある地の自治体へ電話をしたところ。なんともご丁寧な対応をしていただいたのは実に感激だったものの。その電話のやりとりに、何と!2時間を要してしまったのだ!それでも、自治体職員氏のその対応に感謝感激だ!疲れ果てたのは事実だが、これで義母の4度目のコロナワクチン接種の目途が立った!!さて、話題を変えさせて頂こう。そんな私は郷里の実母対応もあり、現在多忙を極めているのだが。先程、我がエッセイ集のバックナンバーを検索していたところ。我が郷里に絡んだエッセイを発見した。これが、今夜の我が心理に訴えるものがあるため。夜遅い時間帯になったが、以下に再掲載させていただこう。本日のエッセイ題材は、朝日新聞2021.06.30付“...再掲載「『幸せになれ』と脅されているような居心地の悪さ」

  • 変わり者はお金が貯まる??

    本日午前中にはこのテーマの引用文のみを公開してしまいまして、大変失礼申し上げました。少なからずの常連の皆様から既にご訪問頂いておりましたので、このテーマを活かしまして、原左都子の私見を付け加えさせていただくことに致しました。それでは、引用部分から今一度再掲載させていただきます。「変わり者」のほうが金持ち体質である理由2022年06月29日21時40分AllAbout■ハブられないように皆と同じでありたいと思うと……日本人の多くは、周囲と同じでありたいと願い、同じように振る舞おうとします。自分だけが違うというのは、周囲から浮くのではないかという恐怖を感じるからです。ハブられないようにみんなと同じでありたい。同じであることで一体感を得ようとするのです。だからそういう人は、自分と他人の違いを認められません。「同...変わり者はお金が貯まる??

  • 我が国の認知症者、65歳以上の高齢者6人に1人

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.07.01付記事より引用したもの。)我が家も認知症の高齢者(義母)を抱えている関係で、日々困惑させられることが多い。それでも我が家の場合は義母が既に11年前より高齢者介護施設に入居中のため、まだしも救われていることだろう。本日午前中も、義母の認知症フォローの仕事が発生した。昨日7月1日に、義母宛郵便物転送の1年間の期限が切れたのだが。これに関連する各種処理に6月中旬頃より、あたふたさせられている。本日は、義母の4度目コロナワクチン接種券郵便物の転送に関する処理なのだが。今までは、各種ワクチン(インフルエンザワクチンも含めて)関係の郵便物は我が家へ一旦転送し、その後我が家から義母が暮らす施設へ再度転送していた。これよく考えてみるに、どうせワクチン接種は高齢者施設内にて担当医師...我が国の認知症者、65歳以上の高齢者6人に1人

  • 北欧のスウェーデンとフィンランド、NATO加盟へ

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.06.30付記事より転載したもの。)北大西洋条約機構(NATO)は6月29日、マドリードで開催中の首脳会議(サミット)で、北欧のスウェーデンとフィンランドを加盟国とすることで合意した。両首脳が28日、加盟に難色を示していたトルコのエルドアン大統領と会談し、トルコが求めていた「テロ対策」に協力することで合意。トルコが加盟容認に転じ、加盟に必要な全会一致の条件が整った。(以下略すが、以上朝日新聞本日06.30付朝刊トップ記事より一部を引用したもの。)本エッセイ集2022.06.15付バックナンバー「現在のウクライナ侵攻中のロシアと“長大な国境を接するフィンランドの苦悩の歴史を考察する」内に、私は次なる記述をしている。原左都子の私見に入ろう。フィンランドと言えば、スウェーデン、ノ...北欧のスウェーデンとフィンランド、NATO加盟へ

  • 我が娘も「一人っ子」だが、それを誰からも非難されたことは無い

    それは、どうしてかと言うならば。おそらく親である私が、我が娘が「一人っ子」であることをプラス評価というよりも賞賛しつつ育ててきていて、娘本人もそれに同意出来ているからではあるまいか?本日2022.06.29付朝日新聞「声」欄の”どう思いますか”のテーマは「一人っ子」だった。内容は割愛するが。6名の投稿者の投稿内容すべてが、ご自身が「一人っ子」として生まれて来たことをマイナス(どちらかと言えばマイナス)と捉えているようだ。投稿の表題のみを紹介すると。「一人っ子は可哀想?気楽な私」「堂々と名乗れぬ社会の視線」「一人でも二人でもいなくても…」「きょうだいの自慢話がつらい」「自由と責任プレッシャーか」「『二人っ子』になったあの数年」では何故、原左都子の我が家は「一人っ子」家庭を選択したのか?その理由も至って簡単で...我が娘も「一人っ子」だが、それを誰からも非難されたことは無い

  • “不格好な理論” と “美しい理論”

    本日のエッセイテーマは、本エッセイ集にておなじみの朝日新聞「書評」ページより引用する。早速、朝日新聞2022.06.25付「書評」より、ミチオ・カク著「神の方程式『万物の理論』を求めて」に対する千葉大学教授・粒子天文学教授石原安野氏による書評を、以下に要約引用しよう。「神の方程式」といわれる、物理学者なら誰しも夢見る理論、というものがある。その理論は美しい方程式で表されてほしい。寄せ集めのような式ではなく、シンプルなものであってほしい。それでいて、宇宙の始まりから終わりまで、巨大ブラックホールからこれ以上分割できないところまで細かくしていくと現れる素粒子まで、を教えてくれると言う方程式だ。これまでに多くの現象を説明し大成功を収めている現代物理学の標準とされる理論を著者は(ほとんど)万物の理論と呼ぶ。著者い...“不格好な理論”と“美しい理論”

  • 女性とて、男の外見を重視する時代

    表題に関してだが、この原左都子もかなり以前よりこの現象にもちろん気付いている。実際問題、既にこの世は男も外見を繕う時代に移ろいだと言えるだろう。この課題に関するネット情報を発見したので、以下に一部を要約引用しよう。「食べさせてもらえる訳じゃないんだから…」婚活で男性だけでなく、女性も年収や学歴より「外見重視」になった理由「男性も女性も、相手に求める外見レベルがどんどん上がっている」そう語るのは仲人Tさん。神戸の結婚相談所「結婚物語。」でチーフアドバイザーを務めている。日本の婚活市場を調査しつづけてきた仲人Tさんは、「外見」の重要度が上がっていると指摘する。ミスコンを中止する大学なども増える世の中の流れがある一方で、婚活の場では外見が重視されるようになっているとしたらその理由はなぜなのか。(中略)もともと男...女性とて、男の外見を重視する時代

  • 最近日々歩数計にて歩数を測定しています。

    (この歩数計は、何か月か前に亭主が買って来てくれたもの。付属のチャームは、2か月程前に家から出て独立した一人娘が自分の部屋に残していったもの。娘には沢山のキーホルダーコレクションがあるのだが、これが一番軽量のため無断で歩数計用に拝借した。参考ですが、冒頭写真の歩数計の数値は、このエッセイを書く直前のものです。朝から外出しないで家事労働のみだと、この時間帯にはこの程度の数値となります。)何故最近私が日々歩数を測定し始めたのかと言うと。はやり、家を出て独り立ちした娘と関連があろう。元々目標設定・実行・その検証が得意な私だが、亭主と2人暮らしになった今、改めて何か数値により検証可能な具体的目標を掲げたくなった。それに、この「歩数計」はもってこいだ!早速、日々これを身に付けて行動することを実行に移した。これを始め...最近日々歩数計にて歩数を測定しています。

  • 60歳過ぎた身にして“友の数”にこだわることこそが愚かだ!

    冒頭から、ネット上で見つけた情報を引用しよう。60歳以上の3人に1人「親しい友人いない」内閣府2021年6月11日15時00分60歳以上のおよそ3人に1人が、「家族以外に親しい友人がいない」と答えているとの調査結果が11日、内閣府が発表した今年の「高齢社会白書」に盛り込まれた。高齢者の孤立が深刻な課題になっている。調査は60歳以上の生活などについて、1980年度から5年ごとに実施している。今回は昨年12月~今年1月に行われ、男女1367人の回答を集計した。家族以外の人で相談や世話をしあう親しい友人がいるかを尋ねたところ、いないと答えたのは31・3%で、5年前の前回調査(25・9%)から5・4ポイント増えた。同時に調査したアメリカ、ドイツ、スウェーデンはいずれも約10%だった。日本では調査を開始した1980...60歳過ぎた身にして“友の数”にこだわることこそが愚かだ!

  • 高齢者施設に暮らす認知症義母の郵便物転送届け出更新作業で本日大騒動

    11年程前から高齢者介護施設にて暮らす義母だが。入居当初は、おそらく施設に届く自分宛の郵便物処理を自らこなせていたと記憶しているが。まもなく認知症症状が出始めてその処理が不能となり、やむなく義母宛郵便物のすべてを保証人である我が家まで転送し始めてから長い年月が流れている。(参考だが郵便局の見解によると、郵便物の転送とはあくまでも転居をした後の短期間のサービスであり、本来その目的での転送届は受け付けていないとのことです。)さて本日午前中、その処理をこなそうとネットにて「郵便物転送」ページを開いたところ。基本的にその処理には「マイナンバーカード」が必要で、それが無い場合は本人が郵便局窓口まで出向き手続きをするように。との記載があった。昨年まではこんな記載は無く、私がパソコン操作をして義母郵便物転送処理をしてい...高齢者施設に暮らす認知症義母の郵便物転送届け出更新作業で本日大騒動

  • 親の学歴と子の未婚率

    表題は、最近ネット上で見た一情報なのだが。原左都子としてはその記載内容を読まずして、何が言いたい記事なのか想像がつく。要するに、親の所得が高い家庭の子の既婚率は高くて、親の所得が低い家庭の子の既婚率が高い、と言いたい内容なのだろう。それでは早速、当該ネット情報の一部を以下に要約引用しよう。生涯未婚率「学歴」だけでこうも違う過酷な現実親の所得低いほど子の未婚率が高いという衝撃(陰からの原左都子の小声だが)「ほら、やっぱりね!」😖国勢調査では10年に1回、最終卒業学歴のデータを調査している。先ごろ行われた2020年はその10年に1回に当たる。学歴別のデータと年齢別配偶関係のデータを掛け合わせると、学歴別の未婚率が計算可能となる。今回は、10年ぶりに更新された学歴別の未婚率についてみてみよう。男女で大きく異なる...親の学歴と子の未婚率

  • 某グルメサイトの大失策

    (冒頭写真は、2016.08に娘をいざなって出かけた台北のイタリアンレストランにて。)2022.06.19付朝日新聞「天声人語」より一部を、以下に要約引用しよう。お金を出すからには失敗を経験したくない。そんな気持ちにうまくはまったのが「食べログ」をはじめとするサイトであろう。投稿を下に点数が付くシステムのようだ。だから、東京地裁判決には驚かされた。チェーン店故に不当に評価を下げられたとして焼き肉店が訴え、食べログ側に4千万円近い損害賠償の支払いが命じられた。不明瞭な仕組みに左右されるなら、小さな点差を気にするのがばからしくなる。(中略)店舗の店構えだけで判断するのはちょっと不安で、出張の折にはホテルの受付でおすすめの店を尋ねてみる。もっとも、その方々がグルメサイトに頼っているのが現代なのだが。(以上、朝日...某グルメサイトの大失策

  • 「お金持ち体質」でなくていいから、酒はマイペースで飲ませてくれ!

    冒頭より、表題に関するネット情報の一部を以下に引用しよう。金持ち体質と貧乏体質、お酒の飲み方はどう違う?僕らにとって食事は必要不可欠。「普段の暮らしをちょっぴり改善するだけで、豊かになれる」と思うと、工夫してみようという気になりますよね。他にも、お金持ちの習慣の中で気になるのが、「飲酒の仕方」ではないでしょうか。デキる大人であれば、賢く飲酒を嗜みたいものです。そこで、金持ち体質と貧乏体質のお酒との付き合い方について解説しましょう。■お金持ちが深酒をしない2つの理由結論から言うと、金持ち体質は「お酒と上手に距離を置く」と考えられます。これには、長期的な理由と短期的な理由があります。長期的な理由は、飲酒は「健康」を害するからです。過去に「健康維持こそ最強の投資だ!」なんて話もしましたが、健康維持には金銭的なメ...「お金持ち体質」でなくていいから、酒はマイペースで飲ませてくれ!

  • グランマ・モーゼス ー 素敵な100年人生 シリーズ ー vol.11

    (冒頭写真は、朝日新聞愛読者プレゼント「グランマ・モーゼス素敵な100年人生シリーズ」より、油彩「気球」。)早速、この「気球」に関する解説文を、以下に引用しよう。気球の飛行という特別なイベントを目の前に、農場の人々が皆、空を見上げている。この作品は、グランマ・モーゼスの画業を支えたギャラリー・セント・エティエンヌの画廊主、オットー・カリアーの依頼で制作された。航空史に関心があったカリアーは、モーゼスから熱気球を見た際の話を聞き、当時について記録しておくよう勧めた。モーゼスの自伝には、1907年にニューヨーク州アーガイルからケンブリッジへ向かく気球の飛行を目にしたこと、さらに1911年には飛行機が話題となり、その少し後に初めて飛行機を見たというエピソードが記されている。文明の進歩はモーゼスのあいする素朴な生...グランマ・モーゼスー素敵な100年人生シリーズーvol.11

  • 新型コロナ オミクロン株がまだまだ続く?!?

    (冒頭写真は、朝日新聞2022.06.14付記事「新型コロナさらなる変異の先は来年にかけオミクロン株続く可能性落ち着くまで2~10年?『臨機応変に』内の「新型コロナウィルスの進化のイメージcovariantsから」より転載したもの。)早速、上記朝日新聞記事の一部を、以下に要約引用しよう。感染拡大に一定の落ち着きが見られる新型コロナウィルス。この夏は大きな流行の可能性は低いという見方が出ている。ただ、その先は未知の領域だ。変異ウィルスのゆくえはどうなるのか。6月1日、新型コロナ対策を厚労省に助言する専門家組織の会合後、座長の国立感染症研究所長・脇田氏は、感染者数は減少傾向を示していると述べた。海外では、この夏は乗り切れそうだ、という期待も出ている。今年から来年にかけてはオミクロン株系統の連続的な進化はさらに...新型コロナオミクロン株がまだまだ続く?!?

  • 現在ウクライナ侵攻中のロシアと“長大な国境”を接するフィンランドの苦悩の歴史を考察する

    (冒頭写真は、2022.06.15付朝日新聞記事「フィンランド隣国の生存戦略侵攻で崩れた『共生条件』NATO加盟申請」より転載したもの。同じく、同日の朝日新聞記事より転載。早速、冒頭写真の朝日新聞記事の一部を以下に要約引用しよう。北欧フィンランドが北大西洋条約機構(NATO)への加盟を申請した。第二次大戦後、長大な国境を接する旧ソ連・ロシアに配慮して軍事的中立を守ってきたが、ウクライナ侵攻が転機となった。フィンランドの苦悩の歴史をひもといて考える。現在のウクライナを想起させるような戦い「冬戦争」が、1939年から翌年にかけてのおよそ3か月間、ソ連とフィンランドの間で起こった。フィンランドは、スウェーデンやロシアによる統治を経て1917年に独立。39年に第二次世界大戦が起こると、ナチス・ドイツの勢いを警戒す...現在ウクライナ侵攻中のロシアと“長大な国境”を接するフィンランドの苦悩の歴史を考察する

  • 世の中の皆が皆、“金持ち”を望んでいる訳でもあるまいに…

    この原左都子には子ども時代から「貯蓄」の趣味がある話題は、本エッセイ集内で再三述べている。ただし断っておくが、私の場合決して“金持ち”になりたいがためにそれを続けている訳ではない!単に、「自立して生きたい(そのために先立つものはカネだ!、と子ども心に考えたかどうかは不明だが、少なくともその発想が出るのが人よりも早かったと分析する。)」との思いが子ども時代より強かったがために、その行動を採ったものと分析している。郷里の大学医学部卒業後すぐに単身上京し、その“野心”を実行に移して後、40数年の年月が経過しているが。未だに自分は貧乏人であることを、きちんと自覚できている。ただし私の場合は、“自立心旺盛な貧乏人”を貫けている事実を自己評価したいものである。😠さて本日午前中に、カネに関するネット情報に触れた。以下に...世の中の皆が皆、“金持ち”を望んでいる訳でもあるまいに…

  • この方、“ほうれい線” が凄いねえ!!

    “国民的アイドル”としての誉れ高き歴史を刻んでこられているらしき、この方。どうやら今年還暦を迎えられたご様子だ。少し前に一人娘さんを自殺にて亡くされるとの不幸を経験され…それでも、現在では現役復帰して活躍中のご様子でもある。つい最近見たネット情報によれば。この方が還暦を迎えた女性タレント中、一番若く見える!との誉れある投票結果(何処主催の誰が対象の投票なのか、まったく心得ていないのだが。)をゲットされたとのことだ。ちなみに、今年還暦を迎えた男性タレントの中で一番若く見える!投票の1位に輝いたのは、藤井フミヤ氏であるようだ。「ほうれい線」だが。確かに、この私も近頃気になり始めた。私の場合は寝方に特徴があって、ほとんど右横を向いて寝る癖があるせいか、右側のほうれい線が特に気になるかもしれない。いや、ここ2,3...この方、“ほうれい線”が凄いねえ!!

  • 破られる事を前提としている法規を「社会規範」としている国家程、生き延びるのではあるまいか!??

    破られる事を前提としている法規を「社会規範」としている国家程、生き延びるのではあるまいか!??

  • 小惑星「リュウグウ」が持ち帰った砂は 今後太陽系科学の新たな展開を進めるだろう

    (冒頭写真は、今後の小惑星「リュウグウ」の史料分配の流れ。朝日新聞2022.06.10付記事「太陽系解明へ一歩」より転載したもの。)早速、上記朝日新聞記事の一部を、以下に要約引用しよう。小惑星「リュウグウ」から届いた玉手箱には、生命誕生の謎に迫る成果が含まれていた。世界中の研究チームが資料を分析中だ。「非常に『新鮮』な物質を、はやぶさ2で持ち帰ることができた。」「新鮮」とは、太陽系ができた直後の特徴を、そのまま残していることを意味する。チームはリュウグウの砂0,1グラムを分析。鉄とマグネシウム、ケイ素がほぼ同じだけ含まれていた。各元素の割合は、太陽系全体の平均と同じだった。砂に含まれる鉱物が作られたのは、太陽系が46億年前にできてから500万年ほど後。氷が解けてできた約40℃の水に鉱物が溶け出し、化学変化...小惑星「リュウグウ」が持ち帰った砂は今後太陽系科学の新たな展開を進めるだろう

  • 本日夕刻に公開した我がエッセイを非公開とさせていただきます。

    元々医学関係者である私の場合。自己の過去の「癌罹患経歴」など、“へ”とも思っていないのが現実です。それが証拠に、その後も日々普通にこの世を渡っております。ところが、庶民の皆様の我が過去の癌疾患への捉え方が、私どもの現在の感覚とかけ離れている事実を実感させていただきました。その反応を見させていただきまして。元医学関係者が、安易に自己の癌遍歴を語るべきでないと再認識致しました。原左都子は、この通りいつも元気で楽しくこの世を生き延びております。今後もずっとその姿勢を貫く予定でおりますので、元気に生きている原左都子を今後更に応援いただけることに期待申し上げます。本日夕刻に公開した我がエッセイを非公開とさせていただきます。

ブログリーダー」を活用して、原左都子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
原左都子さん
ブログタイトル
原左都子エッセイ集
フォロー
原左都子エッセイ集

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用