searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
まめなお茶屋さん
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kinpouen/
ブログ紹介文
大変だけど楽しい農業!20代女性農業家として、元気に頑張っていこうと思っています!
更新頻度(1年)

116回 / 365日(平均2.2回/週)

ブログ村参加:2007/04/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、新米お茶農家さんの読者になりませんか?

ハンドル名
新米お茶農家さん
ブログタイトル
まめなお茶屋さん
更新頻度
116回 / 365日(平均2.2回/週)
読者になる
まめなお茶屋さん

新米お茶農家さんの新着記事

1件〜30件

  • みんなでパン作り

    孫娘綴ります。とても久しぶりに投稿をします。今年はイノシシが田んぼや茶畑に出没して、稲の収量の減収や茶畑を荒らすようになって来ました。そして、ようやく田んぼの稲刈りが終わり、少しずつマイペースで番茶の茶摘み、製造をしています。そのなかで私は、いとこと一緒にパンを作りました。いとこと一緒にこねたり丸めたりして、協力して作りました。コネコネコネコネできたパンがこれです。中は、ちょっと生っぽかったけれどみんなで美味しく食べました。また、作ってみたいです。みんなでパン作り

  • お米の品種「ひのひかり」の稲刈り、始まりました。

    娘、綴ります。連日の稲刈り。お米の品種「ひのひかり」の稲刈りを始めました。午前中は、籾摺り。午後から稲刈り。ポカポカ暖かく、風も穏やかで、稲刈り日和です。お米の品種「ひのひかり」の稲刈り、始まりました。

  • イノシシの電気柵撤去。

    娘、綴ります。土曜日は小学校が休みなので、稲刈りの手伝いをしてくれました。イノシシ対策の電気柵の電源を切り、電線をポールから外します。稲と背比べ。山には栗が落ちていたり、稲穂の上には、アキアカネが飛んでいたり…。秋の深まりを感じました。イノシシの電気柵撤去。

  • 順調だったり、トラブルが起きたり。

    娘、綴ります。午前中は、籾摺りをして、午後は、お米の品種「きぬむすめ」の稲刈り。上の圃場は、夏に蒔いた蕎麦が満開です。コンバインに乗っている影がくっきりと。真っ青な秋空と、黄金色に輝く稲穂。コンバインの調子を直したり、メンテナンスをしながら、トラブルも有りながら、山を越え、谷を越えて…お米の仕事をやっています。順調だったり、トラブルが起きたり。

  • ハデ干し米を実践。

    娘、綴ります。約50年前にしていた昔の稲刈りを実践してみました。道具は、当時使っていたものを使います。稲藁を編んで、稲を結ぶ紐を作り、あとは、鎌を用意して、約10束ずつ手で刈り取り、この道具の上に載せて縛ります。手刈りは思った以上に時間がかかり、数日かかって、ようやく刈り取りました。束になった稲を運び出し、ハデに掛けて、天日干しにします。今朝の気温は9度、日中は25度の予報になっています。抜けるような青空の下、日向ぼっこをしているかのようなお米達。昔はこうやってやってたんだ。昔の人って、すごいな〜と、身を持って知りました。ハデ干し米を実践。

  • 台風接近の影響。

    娘、綴ります。台風14号の影響で、風が強く、海は白波が立ち、空にはうろこ雲が…。明日から雨が降る予報が出ているので、日が暮れるまで稲刈りをしていました。農道沿いでの稲刈りは、交通量が多く、注意が必要で、時に心が痛む思いをしながら、一生懸命やる事に集中しようと思って作業を進めました…。台風接近の影響。

  • バッテリー端子のプラスマイナス逆接続。

    父、綴ります。農機具のバッテリーを新品へ交換する時、慎重にならなければならない。プラスマイナスの接続に失敗!!黒い煙が出た!!エンジンが全然かからない…。いろいろと取扱説明書を見ながらやってみたものの…ダメ!!結局、イセキ農機松江店の原さんを頼って、来てもらいました。色々とテスターを駆使してもらって、我々がつかみきれなかった、電線の変色反応でなく、手触り軟らかくなっている部分の断線を見つけてくれました。すごいです!!とりあえず30年以上前の全農トラクターからその部分を調達!!始動できました。皆さん、これからは素人の農業者さんが増えますよね。やってしまった後では、後悔してもしきれない気持ちですが、対応次第です。何事も、教訓教訓…。みんながそれぞれに起きたトラブルをどう解決したか。そんな情報交換って良いですよね。バッテリー端子のプラスマイナス逆接続。

  • コロナ禍での運動会。

    娘、綴ります。今年度、一年生〜六年生が揃っての初めての行事となる運動会が開催されました。今まで当たり前のように行われていた様々な学校行事が、当たり前でなくなって、多くの事に気付かされた今年…。子供達の貴重な教育活動の一つとして、感染予防を徹底したり、競技にも工夫をしていただきながら、運動会を実現したいと、熱意を持ってご尽力いただいた先生方に感謝の気持ちで、準備万端整った校庭を眺めていました。「スローガン、見てね。頑張って作ったけん。」と元気に登校していった娘の言葉を思い出し、‘’どれどれ〜?‘’と探したら…校舎3階に見つけました。長女は、小学校最後の運動会。次女は、2度目の運動会。主人と二人で子供達を応援し、コロナで大変な中でも、子供たちの成長や頑張りを見られて、全員で行う事の楽しさや、その意義を改めて感じた思...コロナ禍での運動会。

  • 松江水燈路2020の表彰式。

    娘、綴ります。子供達が今年の夏休みも松江水燈路の燈籠作りに挑戦。長女が「小泉凡賞」を受賞しました。夕方18時〜表彰式に出席する為、松江城二の丸洸雲閣へ。コロナウイルス感染予防の為に、本人のみ出席して、付き添いの妹達と私は外で待機。松江水燈路2020の表彰式。

  • たくさん失敗して、たくさん学ぶ。

    娘、綴ります。失敗を避けて、何も困ることなく、順風満帆に進んでいけたら良いのですが、失敗やうまくいかない事が次から次へと起こります。コンバインを操縦していて、稲藁が詰まったり…籾が詰まったり…悪戦苦闘。水口で土が柔らかく、コンバインがハマりそうな箇所は、予め鎌で手刈りをしていたら、長靴がズブズブハマり、靴の丈を越えて泥だらけ…。コンバインのチェーンが外れたり、刈り取り不能になり、圃場で修理…。どうしてこうなったか?失敗すると心が落ち込み、折れそうになりますが、失敗する度に解決方法を学び、いろいろな技術を習得していると考えたりもしています。スマートにきれいに仕事をするには程遠いです。蕎麦畑、真っ白なかわいらしい花が咲き誇りました✨成功の可能性を高められるよう、経験を積んでいけたらいいな。たくさん失敗して、たくさん学ぶ。

  • 稲刈り→乾燥→籾摺り→稲刈りの繰り返し。

    娘、綴ります。稲の登熟が進み、穂が黄金色に輝いています。収穫の適期です。稲刈りをして、乾燥→籾摺りをして、袋詰→出荷をして、また稲刈りをする日々を過ごしています。私は今まで、刈りやすい圃場を年に何度か刈る程度だったり、鎌を使ってヒエ刈りをしたり、籾運搬をしたり、コンバインが刈りやすい様にサポートする担当でしたが、今年は、倒伏した圃場や、変形窪の圃場も、両親に教わりながら刈っています。機械の整備や、油差し等のメンテナンス、分厚い取扱説明書を読み解きながら、苦手な分野も、少しずつ習って経験を積みながら、収穫作業と、収穫後の調整作業を一連の流れで行っています。刈取り・・・稲を刈り取る脱穀・・・穂からもみを外す乾燥・・・もみを乾燥させるもみすり・・・もみ殻を除いて玄米にする選別・・・いい玄米とくず米に分けるコンバインで...稲刈り→乾燥→籾摺り→稲刈りの繰り返し。

  • 強風の中で稲刈り。

    娘、綴ります。松江市で午後0時半すぎに27.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。強風の中で稲刈り。

  • 笑顔を運ぶなすび 

    孫娘綴ります。みんなが笑顔になった出来事がありました。それは、なすびです。私も、なすびの形を見てびっくり。顔の形になっていました。みんなもこれを見て、笑顔でとても笑っていました。そして、夜ご飯として食べました。私は、なすびが嫌いだけれど、とても美味しかったです。思い出に残る出来事でした。笑顔を運ぶなすび

  • 猛暑日続く。

    娘、綴ります。27日も気温が上がり、松江市で37.3度と今年一番の暑さとなりました。4日連続の猛暑日。28日も猛暑日になる見込みです。今日は、蕎麦の種蒔き。抜けるような真っ青な夏空。それから、コンバイン・乗用茶摘機の機械整備。屋内での作業ですが、汗が止まらない程の暑さでした。夕方、少しずつ日が陰るようになってから、山へ上り、茶畑の夏製枝を続けています。猛暑日続く。

  • 蕎麦の種蒔き。

    娘、綴ります。蕎麦の種蒔きをしました。島根県産の蕎麦種。青いバケツに蕎麦種を入れて、手蒔きでまいて歩く方法です。炎天下での作業。何度も耕して、肥料を撒いて、ようやく種蒔きができるようになった…と、喜びの気持ちが溢れてきました。炎天下ですが、種蒔き作業は楽しいです。きれいに生え揃うといいな〜蕎麦の種蒔き。

  • 四方を山に囲まれた圃場。

    娘、綴ります。こんな風に山に囲まれた田んぼに電気柵を設置しました。山からイノシシが降りてきて、周りに足跡をつけている事から、急務となりました。まずは、畦草刈りを念入りにします。その後、50mの巻き尺を畦道に引き、長さを測りながら、支柱を印の所にハンマーを使って打ち込み、電気線を金具に通しながら、下の段から順に張り巡らせ、折り返して、上の段を張り巡らせます。エリアシステム本体を木棒に付けて、アース線を伸ばし、通電チェックをして…。汗を滲ませながら、電気柵を設置完了です。稲が守られますように…。四方を山に囲まれた圃場。

  • 田んぼの様子。

    娘、綴ります。田んぼから、私達の作業場を望み、写真を撮ってみました。風が吹き渡ると、まるでネコバスが通ったかのように、田んぼが波打ちます。田んぼの上を、トンボがたくさん飛んでいます。うまく写りませんでしたが、スイスイと無数に飛んでいます。『我が家"錦峰園”のホームページです♪』←お茶とお米を販売中!↓島根県ブログランキングに参加しています。お帰りの際はポチッとお願いします。応援、ありがとうございます。←島根県人気ブログランキングへの投票はコチラ。田んぼの様子。

  • 夏の夕暮れ。

    娘、綴ります。最近は、畑で蕎麦を栽培する為の外仕事をしています。蕎麦を蒔く前に、三反田の畑を草刈りして、2度トラクターで耕し、背負式肥料散布袋に肥やしを15キロ入れて、撒きながら畑を歩き回り、もうトラクターで一度耕し、蕎麦の種を蒔いて、仕上げにトラクターで耕します。猛暑下での作業…続く暑さに凹みそうです…一日の働きを終えて、保育園へ子供を迎えに行き、帰ったら炊事等の家事仕事…。ひとしきり終えて、「ご飯ができたよ〜」と子供達を呼びに、家の周りを探して歩くと、夕暮れの景色が広がっていました。中海の向こうには、大山が霞んで見えます。子供達が走って帰っできました。やらなければならないことが山盛りで、夜考えだすとなかなか眠れなくなる事もありますが、ひとつずつやっていくしかないもんな〜と思ったりしています。夏の夕暮れ。

  • 夏休みの思い出ができました。

    孫娘綴ります。夏休みもあと少しです〜そして、夏休みに思い出ができました。今年は、水郷祭がなく妹達はがっかりなので、家で花火をすることにしました。妹達は、大喜び。早速、先に誰がやるかけんかをしていました。こわくて最初は出来なかったけれど、お母さんと一緒にやって出来ました。花火を写真で取るのは、難しいですねみんな笑顔で楽しい思い出ができました。夏休みの思い出ができました。

  • お盆の準備をしました。

    娘、綴ります。最近、猛暑日を記録する日もありますが、在来種の蕎麦の種蒔きの時期になり、蕎麦畑を草刈りしたり、耕したりしています。並行して、茶畑の刈り落とし作業や裾刈り、草刈りもしていて、蜂の脅威に怯えながらも、滝の様な汗を流しながら、農作業に励んでいます。こまめな水分補給が欠かせません。お盆のお墓掃除をする為、夕方になってから、草刈り機を肩に掛け、水桶・供花・線香ロウソクを持ち、お墓の草刈り&掃除に上がりました。我が家のお墓は、山の中腹辺りにあって、お墓の後ろの山際〜墓へと続く階段〜お墓の周りの草刈りが、草刈機で刈らないといけない程です。山にあるので、管理が大変…。草刈機で大まかに刈った後、熊手で草を集め、草置き場へ持っていき、鎌で小さな草や笹等を刈ります。お墓は蚊がよく出るので、長袖長ズボン、蚊取り線香をぶら...お盆の準備をしました。

  • 猪対策の電柵設置。

    娘、綴ります。稲の花が咲き始めました。アップで撮ってみました。白い小さな花。田んぼの畔は、シーズン中に何度も刈っています。山合いの米作りは、猪の被害が多く、電柵を張り巡らさなければならない状態になっています。念入りに畔草刈りをして、長さを計測しながらハンマーでポールを打ち込み、電線を上下に2本張り巡らせます。気温32℃超えの下、汗だくで作業しました。何百メートルもの電気柵。通電チェックを終えて、無事完了。草が伸びて電線に当たると漏電してしまうので、これからの管理も重要です。猪対策の電柵設置。

  • 田んぼの追肥。

    娘、綴ります。田んぼの追肥の時期になりました。背負式噴霧機を背負って、長靴を履いて、田んぼの中を、グル〜っと歩きます。この機械自体も結構重たくて、その上に肥やしを入れて、ぬかるむ田んぼを歩いて散布するので、負荷が多く、体力のいる作業なんです…。順番に1圃場ずつ、何十箇所も周っています。田んぼの追肥。

  • 御中元やお盆用のご贈答用。

    娘、綴ります。今年は雨が多いので、茶畑の草の伸びが早い気がします。引っこ抜いて、刈って敷いて、「きれいになったわ〜」とスッキリした気持ちになったのも束の間…また生えてきとる…。その繰り返しです。外仕事も蒸し暑くて、合羽を着ての草刈りは、サウナスーツ状態。「草取りは、お金が入らないけれど、良いお茶を作るには大切な仕事ですものね。」と、お客様にお声掛けいただきました。人知れず、山合いの茶畑で草取りをしている日々ですが、頑張れる力をいただいた思いです。そんな中、御中元やお盆のご贈答用のご注文をいただき、有り難くご用意させていただいたりしています。御中元やお盆用のご贈答用。

  • 夏の茶畑管理と、田んぼの草刈り。

    娘、綴ります。一番茶の製造が一段落し、6月〜は、お茶の発送や配達をしながら、茶畑や田んぼの草刈りに汗を流しています。茶畑の周りは、肩掛け式草刈機で刈り、茶の木の畝間や茶の木の間から生えた雑草は、手作業で一本ずつ、根気よく草を引っこ抜いています。今年は雨が多く、雑草も勢いが凄いです。蔓性の雑草は、下から蔓が上がってきて、茶の木の上で蔓延るので、合羽を着て草取りする日も多かったです。茶の木の中から生えた雑草は取りづらくて、本当に厄介ですが、元気な茶の木を育てる為には欠かせない作業。茶畑があちこちに点在しているので、こっちが終わったらあっちといった感じで、エンドレスな草との闘いを続けています。茶畑に殺虫剤を使わないので、多様な虫が多く、蜻蛉や蜘蛛や、蚯蚓、蚊に刺されたり、時に、蜂にも刺されます。夕方、家に帰ったら、庭...夏の茶畑管理と、田んぼの草刈り。

  • 九州の豪雨が気になりました②

    父綴ります。鹿児島の「熊田君」との話で、岐阜の「鈴村君」が怪我をしたとか、長野の「栗田君」が入院したとか。なので、午後8時を過ぎてたけど「鈴村君の家」に電話しました。電話に出た「鈴村君の奥さん」と話しして状況を知ることができました。(乗用茶摘み機で”中刈り作業中”に、右手のひらを大ケガしてしまったとのこと)その後、「栗田君の家」に電話しました。電話に出たのは本人。元気そうな声でした。(胸が苦しくなって”肺炎症状”で約10日間、入院治療をしたのち、自宅でおとなしくしてるとのこと)そんな同級生の二人には、『日にちが薬』と思って、ぼちぼちと治しなよって伝えました。ところが次の日の6日(月)は、宮崎県でも”豪雨”とのニュース。夜に、「川南町の井尻君の家」に電話してみました。(心配する状況にはない状況のようでしたが、よも...九州の豪雨が気になりました②

  • 九州の豪雨が心配になりました

    父、数か月ぶりに綴ります。今年の6月の天気も、例年のごとく少雨で”代かき作業”に支障が出ました。水が無くては、全然「稲作農耕」はできません。エンジンポンプを急遽新規に2台購入して、今までの3台・水中ポンプ3台との8台を駆使。でも、6月13日の豪雨で、残ってた6町歩の代かき・田植え作業を始めることが出来て。6月30日に、今年の春作業を終えることが出来ました。(農業は、”お天道様の気分次第”ってことが、身に沁みます、、。)今年の田植えが、6月中に終わられた要因には、『新型コロナウイルス』のお陰?も、あったと思ってます。学校休みの6人の孫たち、職場が休業になって来てくれた”次女の婿さん“と、”ホテルマンのIさん”。とっても助かりました。ありがたかったです。ホッとして、トラクターや作業機の水洗いや、油吹付をやることが出...九州の豪雨が心配になりました

  • 九州の豪雨が心配になりました①

    父、数か月ぶりに綴ります。今年の6月の天気も、例年のごとく少雨で”代かき作業”に支障が出ました。水が無くては、全然「稲作農耕」はできません。エンジンポンプを急遽新規に2台購入して、今までの3台・水中ポンプ3台との8台を駆使。でも、6月13日の豪雨で、残ってた6町歩の代かき・田植え作業を始めることが出来て。6月30日に、今年の春作業を終えることが出来ました。(農業は、”お天道様の気分次第”ってことが、身に沁みます、、。)今年の田植えが、6月中に終わられた要因には、『新型コロナウイルス』のお陰?も、あったと思ってます。学校休みの6人の孫たち、職場が休業になって来てくれた”次女の婿さん“と、”ホテルマンのIさん”。とっても助かりました。ありがたかったです。ホッとして、トラクターや作業機の水洗いや、油吹付をやることが出...九州の豪雨が心配になりました①

  • 選別機〜火入れの作業。

    娘、綴ります。早朝から、市内の産直各所へ約2時間かけて椎茸とお茶を納品して回り…家に帰り次第、荒茶を選別機にかける作業と、荒茶の火入れの作業をしています。荒茶を投入した直後、途中、排出直前と、香りが徐々に変化していきます。 新茶の清々しい、良い香りでいっぱいですよ。  『 我が家"錦峰園”のホームページです♪』← お茶とお米を販売中!↓島根県ブログランキングに参加しています。お帰りの際はポチッとお願いします。応援、ありがとうございます。←島根県人気ブログランキングへの投票はコチラ。 選別機〜火入れの作業。

  • かぶせ茶作り。

    娘、綴ります。茶畑に寒冷紗を掛けると、遮光された茶葉は、深い深い緑色になります。これは、品種「さえみどり」。『我が家"錦峰園”のホームページです♪』←お茶とお米を販売中!↓島根県ブログランキングに参加しています。お帰りの際はポチッとお願いします。応援、ありがとうございます。←島根県人気ブログランキングへの投票はコチラ。かぶせ茶作り。

  • 子供達、茶工場にて。

    娘、綴ります。子供達が、茶工場で製茶の手伝いをしてくれています。長女は、精揉機の方もちょこっと。作業の合間、次女は、おじいちゃんに算数を教えてもらったり…。夜、外が深い蒼色に染まる頃、あまりにもその景色がきれいだったので、子供達は茶工場の外へ駆け出して行きました。早朝から夜遅くまで、動きっぱなしで足が棒になりそうですが、力を振り絞りたいと思います。子供達、茶工場にて。

カテゴリー一覧
商用