searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
空気時計を見詰めながら
ブログURL
http://jinojin.at.webry.info/
ブログ紹介文
見えないけれど 見落としてはならない何かを 追い求めています
更新頻度(1年)

25回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2006/06/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、空気時計さんの読者になりませんか?

ハンドル名
空気時計さん
ブログタイトル
空気時計を見詰めながら
更新頻度
25回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
空気時計を見詰めながら

空気時計さんの新着記事

1件〜30件

  • 安寧の日記(8/3)作品No.1430

    ■此岸 少し前に進みたい でも どちらが前か ボク わからないよ ボク 見詰めている所 前? 過去 それは 以前 前だけれど 前方じゃない これが現実だと認識した刹那 現実は過去となり 過去を見詰めることになる 未来を見詰めていても それは同じさ やはり過去となる ボク 向いている方向に 一歩 踏み出す 一歩 違ったものが見える 人から…

  • 安寧の日記(7/5)空気時計書庫

    yahooのブログサービスが終了したので livedoorに移設。 空気時計の自作詩を作品No.順に格納するためのブログです。 「空気時計書庫」 http://blog.livedoor.jp/jinojin/ 現在、作品No.1429まで公開中。 (作品No.700~)

  • 安寧の日記(6/25)石の種子

    ■石の種子 過ぎ去りし人よ すれ違いし人よ 「違い」と書いて「たがう」と読んで 出会いも別れも 序章も終章もなく 群衆の中の孤独 孤独同士の共鳴だけ 原因もなく生じてしまった結果は 罰のない罪のように 罪のない罰を下す 形容詞のない名詞 すべからく指示代名詞 それはそれ以上に それをあれに変えながら 「これ」となることのない それ やがては「どれ?」となり 意識の奥底に 沈殿しスカムとなり…

  • 安寧の日記(5/29)眇める

    先日 作品No.1427を公開 https://jinojin.at.webry.info/202004/article_1.html 妥協ではなくて 寛容として 作品No.をつけている 今回は作品No.1428 ■タケシのあか鉛筆 君は存在しないのでなく 君は不在なだけだと 懐中時計の裏蓋 見詰め すがめ そして そうして 過行く時を 過去に変えながら ああ 過(あやま)ちが去ると書いて 過去なのだと言い訳しつつ タケシは赤鉛筆…

  • 安寧の日記(5/26)言霊

    コロナで安寧の日々ではないけれど 安寧でない日々の後にしか 安寧の日々はやってこない。 ■言霊 言葉はおもいをこえられない…と ハルジオンが囁く ボクは なぜだか 空を見上げ 空に見下げられ ボクは つたない詩だけれど 何度も 何度も おもいをこえたよ 言葉がおもいをこえ おもいが言葉をこえる そんな 繰り返しがあったから ボク …

  • 安寧の日記(5/23)顧みる

    詩が書けない時期は 自らの作品分の編集者になることにしています。 過去の作品を読み返してみたり 未完のシリーズを探してみたり。 そんな中から公開。 作品No.447 ■トランプになるよ バスルームで声がする  俺はビールの栓を抜く 「さっき、言い忘れたんだけどさ・・・」 「何を。」 またバスルームで声がする  俺はコップにビールを満たす 「若いパパの話よ。」 「ノブが…

  • 安寧の日記(4/25)氷河期

    詩が書けぬ日々が続く。 日々ではなく年月と表記すべきか。 14歳から25歳まで詩を書いて 二十数年の氷河期。 46歳からまた書いて また氷河期らしい。 考えようでは間氷期? ■なりわい 世間の乾風 風車まわり 本支給までの日々 やりすごす ああ もう 終息しても いい 頃・・・な のに 隔絶の時は続く マスクで閉ざ…

  • 作品No.1425

    ■C-Lover(minim) もう 何かが違う 何かが違ってくるから それは そうなる もう道は交わらない そこに見落としが 一本の柿木 枝分かれ 違った方向に延びてゆく 見渡せば 見えてくる 毎朝 軽い朝食後 眺める一本の古木 苔を帯び 風景に溶ける 抽象と具象のひと時 必然の複合された現状 まるで偶然と見せながら 進化の多様性を葉が隠…

  • 安寧の日記(1/31)腸炎

    先週の25日(土) 遅めの新年会。 会席料理とビールに焼酎。 会席の一人用鍋の鶏肉を食べた途端に イヤーな味がして その場で口から出せばよかったのに 思わず飲み込んでしまいました。 日曜日はなんともなく過ごし 月曜日は仕事。 午後から寒気がしてきて 加えて激しい下痢を何度も。 1時間早退して医者へ。 「腸炎」との診断。 熱は38.8度。 火曜日、水曜日と自宅で療養。 熱は下がったけれど下…

  • 安寧の日記(1/22)大中小ノート術

    OJT(On-The-Job Training) 実務を通じて業務を教える方法は 体系的に教えるのではなく 場面場面で教えることが多いですよね。 つまり断片的に教わることになります。 積み重ねていけば、自然と体系的なものになります。 私は、そんな場面ではメモを取ります。

  • 安寧の日記(1/19)心理学概論

    放送大学の「心理学概論」 全15回をやっと視聴終了。 心理学概論シラバス 第1回 心理学とは 第2回 心理学の研究方法 第3回 知覚心理学 第4回 学習心理学 第5回 生理心理学 第6回 比較心理学 第7回 教育心理学 第8回 発達心理学 第9回 臨床心理学 第10回 パーソナリティ心理学 第11回 社会心理学 第12回 産業・組織心理学 第13回 文化心理学 第14回 心理統計学の役割 第15回 心理学を学ぶとい…

  • 安寧の日記(1/18)細工物

    作品No.700からNo.1425までをリストアップ終了。 詩を書かない(詩を書けない)時期は 編集者となるのが常です。

  • 安寧の日記(1/10)心理学

    父の仕事の関係で 中学時代に新書版の心理学の本を読みあさった。 宮城音弥氏の著作だと 『心理学入門』岩波新書, 1952 『精神分析入門』岩波新書 1959 『性格』岩波新書 1960 『天才』岩波新書 1967 『新・心理学入門』岩波新書, 1981 『岩波小辞典心理学』 岩波書店, 1956 最近、放送大学の番組を録画することが多く Amzonでテキストを購入しました。

  • C-lover(Träumerei)

    夢中の夢 …

  • 詩の部屋「ぱれあな」サークルへご参加お願いします

    Biglobeのニコットタウンのサークルで 自由に詩を公開するサークルのメンバーを募集中です。 約束事 (1)人の詩のよいところをコメントすること (2)人の詩の悪口をコメントしないこと (3)プライバシーを尊重すること。 「ぱれあな」=パレアナイズム(よかったさがし) 1913年にエレナ・ホグマン・ポーターが書いた『少女パレアナ』『パレアナの青春』の 主人公パレアナにちなんでいます。 テレビアニメ…

  • 安寧の日記(1/5)作品No.整理

    やっと ブログで公開した自作の詩 作品No.700から1425のリストアップが終了しました。 約15年分の700余の作品です。 平均すれば一週間に一作ぺーすですね。 ただ、11カ所 No.とばし?がありました。 タグの立て損ない? 元のリストは「空気時計書庫」。 このブログで裏付けを取るつもりです。 問題は、まだ山積みですね。

  • 安寧の日記(1/2)事始め

    事始め-このブログで公開した詩の整理 具体的には作品No.を正しくつけること。 作品No.700から1420位の700作品。 Yahooのブログで「空気時計書庫」と称して 作品No.をつけて公開していたのですが なんとYahooブログはサービス終了。 Livedoorへと移動しました。

  • 安寧の日記(12/29)寡作

    今年も押し詰まりました。 今年、公開した自作詩は 作品No.1418 ■砂時計 作品No.1419 ■ベクトル 作品No.1420 ■無知の道

  • 安寧の日記(12/20)夢中の夢

    夢中の夢 一度 夢から覚めても まだ 夢の中 覚めやらぬ夢 ああ これは夢なのだと 気付いて その夢から覚める夢 あの日々が ボクに与えてくれた あの日々が ボクの夢だったのか 君は生き 君は苦悩し 悪夢から 覚めても また悪夢 なぐさめる言葉もなく 君は峠を越えてしまった

  • 安寧の日記(11/3)書くも書けぬも

    書くも 業 書けぬも業 延べ約20年間ほどで1400編の詩を書いてきました。 14歳から25歳で700編 46歳から56歳で700編 だいたい、10年くらい書ける時期があり その後、書けない時期が続くパターンです。 仲一月 おもいは二月 三月の逢瀬に 胸四月 書けなくなる…

  • 安寧の日記(9/12)パソコン購入(中古)

    富士通のパソコンを使い続けてきたのですが そろそろ買い替えようと模索。 使い続けた富士通のパソコンはCPUを i3からi5へとメーカーのホームページで 調べながら差し替えてきたのです。 (メーカーの保証外となりますが) i7のCPUもネットで中古を購入し 差し替えてみたのですが起動せず。 そこで新規購入をしようとしました。 予算の関係で中古を探してみました。 CPUはi7以上、メモリ4G…

  • 安寧の日記(8/29)昇華

    始まってもいないこと 終わらせることできない 何かを終わらせるためには 始まっていなければならない 始まってもいない これを それを あれを 終わらせるために ボクは始めるしかなかった こそあど言葉の距離感 手近な「これ」 少し離れて「それ」 遠くの「あれ」 距離不確定の「どれ」 でも「どれ?」と問う時 手近な状態ではあるのか 認知できうる範疇ではある 一日を終わらせるため…

  • 安寧の日記(8/5)色

    空気時計の詩には、あまり色が出てこない。 白・黒・蒼・紅・・・が多少。 それは、ブログの趣旨に沿ったものです。 「見えないからと言って見落としてはならない何か」 ある日、私は思ったのです。 例えばリンゴは「赤」。 なぜ、リンゴは赤いのか。 赤以外の色をリンゴが吸収したから。 赤を吸収せず反射するから。 吸収=許容 反射=拒絶 だとすれば リンゴは自らは拒絶した色「赤」なのだと。

  • 安寧の日記(8/2)そもそも・・・

    このブログ「空気時計を見詰めながら」 そもそも・・・14歳から25歳までに699編の詩を書いたのですが 25歳から46歳までの20年間は詩を書かず、社会に埋没していました。 その間、この699編の詩群をコツコツと煮詰め続け エッセンスを5編の詩に集約しました。 ■小詩集■ 「空気時計を見詰めながら」 1.プロローグ(天空の砂時計) http://jinojin.at.webry.info/200406/article_6.…

  • 安寧の日記(7/21)Yahoo!ブログ

    Yahoo!ブログは2019年12月15日でサービスを終了。 Yahoo!ブログでは、「空気時計書庫」として 公開した詩を作品No.順に整理して利用していたので 代わりのブログをLIve Doorに移設。 http://blog.livedoor.jp/jinojin/ 作品No.700~1420 を収録。 作品リストを作成したいのですが このBiglobeのブログで公開した 自作の詩をYahooで作品No.をつけることで 整理するつもりが番号の振り間違い…

  • C-lover(Basso continuo)

    4月から障がい者支援施設で働いています。と言っても、何の資格も経験もないので直接的に介護行為はできませんが。

  • 安寧の日記(5/30)公開

    35年務めた会社を定年退職。

カテゴリー一覧
商用
読者になる
clear この画面を閉じる

読者登録してブログ村リーダーで
このブログをチェック!

空気時計を見詰めながら

見えないけれど 見落としてはならない何かを 追い求めています

読者になる