建築YA髭のCOLUMN
住所
城南区
出身
伊方町
ハンドル名
建築YA髭さん
ブログタイトル
建築YA髭のCOLUMN
ブログURL
http://archstudioten.jugem.jp/
ブログ紹介文
福岡を中心に住まいづくりをする建築YA髭が、建築デザイン・時事・歴史・音楽・旅などを語ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

381回 / 293日(平均9.1回/週)

ブログ村参加:2006/05/30

建築YA髭さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 6,839位 6,681位 6,586位 6,677位 6,740位 6,532位 6,341位 969,530サイト
INポイント 40 50 60 60 40 40 50 340/週
OUTポイント 30 70 50 20 60 40 30 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 84位 91位 88位 88位 89位 83位 81位 23,305サイト
エコ住宅 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 402サイト
デザインブログ 16位 12位 13位 15位 16位 15位 14位 5,107サイト
建築デザイン 3位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 376サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 23,087位 22,474位 21,995位 23,022位 22,065位 21,914位 22,176位 969,530サイト
INポイント 40 50 60 60 40 40 50 340/週
OUTポイント 30 70 50 20 60 40 30 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 440位 426位 418位 418位 400位 396位 411位 23,305サイト
エコ住宅 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 402サイト
デザインブログ 19位 18位 18位 22位 20位 19位 19位 5,107サイト
建築デザイン 5位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 376サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,530サイト
INポイント 40 50 60 60 40 40 50 340/週
OUTポイント 30 70 50 20 60 40 30 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,305サイト
エコ住宅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 402サイト
デザインブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,107サイト
建築デザイン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 376サイト

建築YA髭さんのブログ記事

  • 混沌の中での住まいづくりの「ものさし」3

     さて、税制の事を少し書きましたが、個人が一生をかけて創り上げる住まいに対して10%の「消費」税を課すと言う事に大いなる疑念を持っています。国はどうやら私たちが建てる住まいを消費するものと思っているようです。あるいは経済の循環からしてそうあ

  • 混沌の中での住まいづくりの「ものさし」2

     軽々に取り壊してスクラップアンドビルド。20年程度でガタが来て建て直さなければならない安普請の住まいを、何となく誘導して建てさせておいて、あなたからも、子どもの代も、孫の代も毎回消費税を10%課すと言うのは、全くもって世界の潮流とは逆行し

  • 混沌の中での住まいづくりの「ものさし」

     良くしたもので、暦もお盆を過ぎれば、肌に刺すような暑さは幾分緩み、福岡は昨晩降った雨で少し凌ぎやすい朝を迎えました。日々どうやったら、住まい手にとっての一番良い住まいづくりが出来るだろうかと考えつづけているのですが、混沌とした業界全体の中

  • 「夏の快適」…がつくれる住まいかどうか。5

     さて、この稿の最後です。近年の夏の厳しさは、誰もが認める特筆すべき急激な変化で、私たちの日常に健康被害を及ぼすほどに厳しいものとなってきています。ところが概念として、冬は暖をとるもの、夏は自然通風でしのぐものだと言うイメージが未だつきまと

  • 「夏の快適」…がつくれる住まいかどうか。4

     エアコンは贅沢品だと言う気持が抜けきれないお年寄りほど、宅内の熱中症で命を落とされている事実が、辛くて仕方ありません。すでに、近年の夏はエアコンなしではいられないレベルの厳しい暑さだと言わざるを得ません。エアコンを使う事を前提とした住まい

  • 「夏の快適」…がつくれる住まいかどうか。3

     断熱材の性能に、冬用、夏用の区別はありません。室内外の温度の「差」を保つために断熱してくれるのですから、その効果は同じです。ただ、冬はそもそも内部発熱や日射による温度流入と言う暖房の味方があるのに反し、夏はこの内部発熱や日射による温度流入

  • 「夏の快適」…がつくれる住まいかどうか。2

     昨年末から、国交省はこの国の住まいの省エネに関する進め方を変えました。近年の計画では、2020年4月に、何処かのメーカーが「国内省エネ基準準拠の最高レベルの断熱性能」などと唄っている基準をもれなく全棟義務化する方針で進んでいたのです。とこ

  • 敗戦の日

     原爆の日からお盆を抜けて、本日は、この国が戦争に負けて戦時下から平穏に戻った日てです。政府主催の式典や、各メディアは「終戦記念日」と書いていますが、そのことに何の疑問も感じなくなってきている事と、取り上げられるヴォリウムの小ささに少なから

  • 「夏の快適」…がつくれる住まいかどうか。1

     先日お客様達とお話ししていて、近年の夏の厳しい暑さに関して、やはり皆さんも急激に変化して厳しくなったと言う感覚をお持ちだと言う事がわかりました。こんな仕事をしていると、何だか自分ばかりが過剰な反応をしているのではないかと、たまに皆さんに色

  • 断熱性能に「冬」も「夏」もないばずなのに…。5

     さてこの稿の最後です。断熱性能に物理的には、夏も冬もないことをご説明しました。暖かさを保つ性能は、そのまま涼しさを保つ性能でもあります。ただ、住まいの場合、魔法瓶と違い簡単にそうならないのは、内部の空気は常に温度上昇していると言う事です。

  • 断熱性能に「冬」も「夏」もないばずなのに…。4

     ウールのセーターとウインドブレーカーのお話は、冬に聴くとすごく説得力のあるお話しです。セーターの繊維が断熱材となって、ウインドブレーカーで風の侵入を防ぎ、セーターの繊維の中の空気を動かさなければ保温をしてくれて防寒すると言うわかりやすい説

  • 断熱性能に「冬」も「夏」もないばずなのに…。3

     「断熱」と言う設えと性能は、内外の温度のどちらが高いとか低いとかは関係なく、その温度差をキープする性能だと言いました。みなさん魔法瓶に、冬は熱いお湯を入れて冷めないようにキープしますが、別の使い方も出来る事を知っていますよね。夏、氷水を入

  • 断熱性能に「冬」も「夏」もないばずなのに…。2

     では少し整理していきたいと思います。「断熱」するってどういうことでしょうか。例えば、同じところに二つの温度がある時、放っておけばこの二つの温度は平均化してひとつの温度へと向かっていきます。暖かいスープが冷めたり、氷が溶けたりしていくのはそ

  • 断熱性能に「冬」も「夏」もないばずなのに…。1

     酷暑の夏が続いています。ともすれば、体温よりも高い温度の空気に取り囲まれてしまうと言う過酷な環境のなかで、私たちは何とかそれを凌いで暮らしています。窓を開けて、「涼」を取り入れるなどという言葉は、もういささか非現実的になってしまいました。

  • 長崎原爆の日

     本日は6日に続き長崎に原爆が投下された日です。投下から本日までの長き時間の中で、原爆の犠牲になられ、苦しみ、命を落とされた方たちへ、心から追悼の意を表します。 ここ数日、テレビは将来を嘱望される坊ちゃん議員の出来ちゃった婚の話題が持ちきり

  • 四匹目の子豚をめざして。「ヒートショックのない住まいの性能」5

     三匹の子豚と言うおとぎ話を題材に、これからの住まいづくりは三匹目の子豚がつくった頑強な家に、室内環境を維持する熱性能が必要で、安定した暮らしをキープするには、狼と言う外圧以外に、室内の温熱環境を整える性能が必要になって来ると言うお話しをし

  • 四匹目の子豚をめざして。「ヒートショックのない住まいの性能」4

     この過激な気候と年々激化する夏の暑さは、まさに環境汚染、地球温暖化の影響に他なりません。 ただ、これを力任せに、ねじ伏せていくようなやり方で安全な暮らしを確保するような手法を私はあまりお奨めしません。結局は、過激になって人が暮らすには不向

  • 四匹目の子豚をめざして。「ヒートショックのない住まいの性能」3

     近年のこの国の夏の険しい暑さは、どなたでも実感している事ではないでしょうか。梅雨明けとともに連日、真夏日を記録して、ともすると人間の体温にせまる気温の日も度々記録しています。集中的なゲリラ豪雨などを見ても、気候変動や地球温暖化の影響が急速

  • 広島原爆の日

     例年この時期になると、6日の広島、9日の長崎原爆の日、15日の敗戦の日が続いて、「平和」と言う、本来空気のように当り前であるべきものが、多大な先人たちの犠牲と教訓の末に辛うじて続いている貴重な幸福である事を思い知らされます。 年々報道の取

  • 四匹目の子豚をめざして。「ヒートショックのない住まいの性能」2

     さて、レンガ積みの頑強な家を建てた三匹目の子豚は、狼の起こす風にもびくともせず、煙突から侵入した狼も竃のお湯で撃退する事が出来ました。知恵の勝利と言うわけで、物語はそこまでですが、実際の私たちが暮らすべき住まいでは、問題はそこからなのです

  • 四匹目の子豚をめざして。「ヒートショックのない住まいの性能」1

     三匹の子豚というおとぎ話をご存知でしょうか。母親豚が三匹の子豚に自立を即し、自分の家をつくりなさいと即します。子豚たちは思い思いの家を建て、一匹はそうそうに藁の家をつくりますが狼が来て、風で簡単に吹き飛ばされて食べられてしまう。もう一匹は

  • 熱中症へ注意!「安全装置としての住まい」5

     「夏」目線の「断熱」がまだまだなされていないこと、ある意味手加減した「断熱」が夏不利になる事をお話してきしました。つまり、夏の酷暑を凌ぎ、宅内での「熱中症」などを防止するためには、皆さんが一般的にイメージしているの外間逆に、冬以上の「気密

  • 熱中症へ注意!「安全装置としての住まい」4

     たまに「高気密高断熱住宅は夏蒸れする」というお話しを聴きます。現実に高気密断熱住宅に暮らした方の実感としての声ですが、これはまさに私が先に述べた「気密・断熱」がまずグレードによって冬のほうが先に効果が出て、その後にもっと性能を向上させると

  • 人のご縁 突き動かす力を頂いて...。

      人の付き合いも、5年10年と言う時間は序の口である。 近頃のこの國の拝金主義の極みは、ひとの心もカサカサにしてしまって、日々の人付き合いも何だか難しい。兎角何事にも全力を注ぐ「癖」の私には、想いの込め方の加減がわからずに戸惑う

  • 熱中症へ注意!「安全装置としての住まい」3

     良く例にとられる「住まいは夏を旨とすべし」は鎌倉末期に夏、酷暑を迎える京都盆地に暮らしていた吉田兼好が「徒然草」に示した一説です。ここだけをとらえて「日本の家はスカスカで良いんだ」って主張するプロもまだまだ少なくありません。少なくとも、か

  • 熱中症へ注意!「安全装置としての住まい」2

     日本列島をいくつかの区分にわけて、南西に下るほどに暖色カラーで塗られている省エネ等級の地図を見られた方も少なくないと思います。少なからず、例えば福岡であればこれくらいというふうに、断熱の程度を南西に下るほどに軽減しても良いよという元凶にな

  • 熱中症へ注意!「安全装置としての住まい」1

     梅雨の時期が随分短くて、あけたと思ったらいきなりの熱帯夜です。いよいよ「熱中症」という言葉が連日記事に踊る季節になりましたが、実はこの熱中症が案外「宅内」つまり家の中で起きている事をご存知でしょうか。「我が家はスカスカで冬寒い」という実感

  • 住まいづくりに込めていくもの。5

     おじいちゃんたちにご用意したお部屋はベッド暮らしに相応して以前の畳間でなくフローリングの洋間です。全く別の設えですが、床柱を採用したお仏壇の入る場所は、向きも位置も旧宅になぞらえてあります。そして、お仏壇に向かう時に正座が厳しくなってきて

  • 住まいづくりに込めていくもの。4

     さて、このようにして、沢山の思いを住まいづくりに込めていきます。自ら旧宅を建てて、この土地に根付き、ご家族を守ってきたおじいちゃんの思いを、旧宅の床柱を移植する事で時系列が繋がるように企画し、またそれに答えるように現代の職人魂が自分の技を

  • 住まいづくりに込めていくもの。3

     この床柱に関しては、もうひとつ、エピソードが加わりました。おじいちゃんがその再生を大変喜んでくださった事は前述の通りですが、その再生までにはもっと沢山の人の思いが反映されています。私の指令に従って、旧宅の解体時にこの床柱をレスキューしてく