chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 水の電気分解による水素の製造

    現在市販されている水素ガスは、石油化学工場から副生されたものが大部分を占めています。この水素ガスは、石油資源を消費するので、「再生可能エネルギー」に該当しません。「水の電気分解による水素ガス」は、どのような電力を使用するかが問題です。「太陽光発電」や「風力発電」による余剰電力を活用すれば、「再生可能エネルギー」による「グリーン・水素ガス」であり、地球環境を汚染しない理想的なエネルギー・システムであり、将来の「水素社会」が実現します。 しかしながら、現在では、時期尚早であり、企画段階でしょう。 「水の電気分解による水素の製造装置」は、世界中で開発されていますが、最も知られているのは、イタリアの「…

  • 液体水素の話

    一般に、気体の温度を低くしていくと、臨界温度に達して液化します。臨界温度が最も低い気体は「ヘリウムガス」です。次に低い気体が「水素ガス」です。 「水素ガス」の臨界温度は-253℃です。液化した状態の水素を断熱性能の優れた容器に保存したものが「液体水素」です。 将来、「水素社会」となると、都市ガスが「水素ガス」に置き換わるでしょう。水素ガスの供給網は、現在の都市ガスでの「地中配管方式」に代わって、「空中配管方式」になると思われます。その理由は、水素ガスは、空気と比べて極端に軽いので、保安上と経済上から「空中配管方式」が有利であり、電力配電線の上部に配管を敷設する方法が考えられます。(これは私の発…

  • 水素ディスペンサーについて

    「水素燃料電池車」に水素ガスを充填する「水素ステーション」には、ガソリンスタンドに類似した「水素ディスペンサー」があります。ガソリン車の給油時間は1~2分ですが、水素ガスを充填する場合は、3分間を要します。 下図は、水素ディスペンサーの1例です。 70MPa(約700気圧)で短時間に充填するための特別な機能部品で構成されていますので、私が得た情報を整理して、以下に解説します。 1.充填用マニホールド詳細仕様が公開されていないので私の推察ですが、300リッターのものが2本並列接続されているでしょう。 2.プレクーラー短時間充填するために、-40℃まで充填用マニホールドの圧縮ガスを冷却する必要があ…

  • 水素ガス・ステーション

    資源エネルギー庁が補助金を出して、「燃料電池車」のための「水素ガス・ステーション」の全国配置が行われています。現在の設置数は170か所程ですが、2025年度末までに320ケ所を目標に計画が進められているようです。ステーションの建設費は1か所当たり4億円で、この内、国として2.5億円を補助しているので、170ケ所では合計補助額は425億円となります。今後は、地方都市に簡易型ステーションを配置する計画のようですが、それでも1億円の補助ですから、150ケ所では150億円必要です。このように、600億円近い補助金を投入して、「水素ガス・ステーション」を建設する理由は、何としても「燃料電池車」の普及を計…

  • 水素ガス社会に期待する

    地球温暖化対策として、「再生可能エネルギー」の普及が必須です。「再生可能エネルギー」には、「太陽光発電」と「風力発電」が主なものですが、自然エネルギーにはバラツキがあります。現在では、このバラツキは電力会社の需給調整で吸収されています。本来は、バッテリーで貯蔵すべきですが、経済的ではありません。そこで、水の電気分解による「クリーン・水素」で貯蔵するのが好ましいのです。 私は、高圧ガス製造技術者でもありますので、以下に、自説を述べます。 近い将来に、次の3点が実現すれば、「水素ガス社会」が実現できます。 1.太陽光発電パネルの受光センサーの電力変換効率が30%アップする。2.燃料電池の電力変換効…

  • 老人ホームに入居申し込み

    2日前に施設見学した際に、空き室があったので、本日入居申し込みをしました。「介護付きホーム」の「2人部屋」です。 老人ホームへの入居を決断するには、悩むところですが、タイミングが重要なのです。夫婦が自活できる状態で入居しておかないと、求める条件に合ったホームに入居できなくなります。特に、「最期まで暮らすことが可能なホーム」で「2人部屋」のあるホームは、僅かしかありません。私は、数年前から、他の2か所のホームに、入居希望の意思表示をしてきましたが、未だに良い返事がもらえませんでした。 今回申し込んだホームは、「大高緑地公園」の近くの台地にあり、景観・環境・規模・交通事情・現住所に近い、などの希望…

  • アクセス数増加対策

    ブログを作成することが目的か、記事の内容を伝達することが目的か、どちらに重点を置くかで、テーマや設定が異なります。 多くのブログでは、仲間作りが盛んで、「購読者数」の増加を競っています。そして、同じ趣味や範囲を絞った記事を、仲間同士で交換して楽しみます。 私の場合は、「依佐美送信所記念館」の長波通信設備に関する研究レポートを不特定多数の人に伝えたいのです。興味を抱いた方が、記念館を訪れていただくことを願っているからです。 更には、自分が学習して取り纏めた資料を、同年配の高齢者に伝えることで、ご意見やコメントをいただいて交流したいのです。 非営利の活動と趣味の記事ですから、ポケットマネーで実行し…

  • 死の5段階

    従前の社会では、「死」に関する言動を忌み嫌い、人間が死ぬ時の心理状態は話題にしないようにしてきました。現在では、多くの人が医療施設で死を迎えますので、子供は親族の死に際に立ち会うことも少ないでしょう。 「癌の告知」も、最近になって常識化しました。以前は、がん患者には、事実を隠して治療を続けました。従って、患者本人は、疑念を残して最期を迎えていました。これでは、心の整理ができません。 スイスの女性精神医学者「エリザベス・キューブラ―・ロス」が、1970年頃に「死の5段階」と称して、人が死ぬ最後の心理状況を発表されました。これ以降、世界中で「がん告知」の必要性が認識されたのです。そして、「緩和ケア…

  • 人生最期の迎え方

    平均寿命を超えた私は、お釣りの人生です。そこで、「人生最期の迎え方」について大いに関心があります。 選択肢を調べて、早めに意思決定しなければなりません。基本は、「老人ホーム」に入居して、「高度医療」を受けずに「自然治癒力」に任せたいです。長く生きることは望まずに、QOLを重視した自力生活を目指しています。 「日本財団」が実施した「人生の最期の迎え方に関する全国調査」(2021年3月)と題する報告書があります。 親世代と子世代に分けて、それぞれの意向を比較されています。 親の立場では「自宅で最期まで過ごしたい」人が60%で、「子の家」や「介護施設」で最期を迎えたくない人が70%でした。それに対し…

  • 親族との関係

    私たちは、助け合って生きています。高齢になると助けられる要素が増して「親族との関係」を良好に保つことが困難になりがちです。私には子供がいないので、妻との関係が中心です。友人や知人との関係は疎遠になりつつあります。 80歳を超えると、活動力が低下して、家の中に籠りがちです。ボランティア活動も縮小しました。今後、自分が生き残るか、妻が生き残るか、いずれになるかは予測できません。そこで、将来に対する2通りの対策を必要とします。最終的には、病気になって、誰かに看取ってもらわなければなりません。 一般には、夫婦のどちらかが生き残り「ひとり暮らし」の状態になると、「独居」「同居」「ホーム入居」の3通りの選…

  • 不名誉な転倒

    毎週火曜日の鍼灸院治療を終えて帰宅途中に、アスファルト舗装の歩道で転倒しました。この30年間で初めての転倒事故です。 幸いにも軽傷で、顔面に3か所の擦り傷、左手の甲打撲、眼鏡のレンズに擦り傷が入って破損しました。 偶然にも、40年前に私の会社の事務所であった建物の前でした。しかも、私が転倒する状況を、ここの会社の社長らしき人が目撃されたのでした。親切に救援していただき、事務所からティッシュペーパーを持ってこられました。 原因は、足がしっかり上がっていなくて、僅かな突起につまずいたのでした。革手袋と2本のウォーキング・ポールでしたが、靴が普段履きの平たいゴム底でした。今回は、自分の老化度を思い知…

  • 任意後見契約

    高齢者の不安要素「認知症」に対する対策を検討しました。 最近になって「認知症」の発症や進行を遅らす薬が開発されましたが、年間の薬剤費が500万円という高額のようです。現在では、治療薬はありません。 私は、「認知症」になる確率が40%の年代に達したので、気になっているのです。「認知症」になると、自分名義の不動産の売却や動産の移動ができなくなります。そこで、「認知症」になることを予想した対応策が必要です。 先ずは、「成年後見制度(昔の禁治産制度を作り替えたもの)」を学習しました。複雑で問題点もありますが、契約社会では必須の認知症対策です。 「成年後見精度」には、「法定後見」と「任意後見」があります…

  • 余生の生活費計画

    私は、高齢者の立場で不安要素を洗い出して、その解決策を検討しています。私の潜在不安要素は「病気」「認知症」「財産の目減り」「親族との関係」です。 現在は「契約社会」であり、昔の村社会での「互助精神」は期待できません。「人生100年時代」と言われても、長生きするほどに、病気や認知症になる確率が高まります。そして、親族との関係も、自己の立場が弱くなります。 そこで、現状の財産を正確に評定して、今後の収入見込みと合わせて、余生を生きる収支計画を建てることが、重要な課題です。 ここで、見落としやすいのが「不動産の評価額」です。古い家屋は評価額0円です。逆に、取り壊して整地する費用が200~300万円必…

  • 大高緑地公園

    私の定番散策コースです。 昨日、一周してきましたので、展望台からの写真を提供します。 1.遊具広場 2.恐竜アドベンチャー入口 3.名古屋市緑区の旧・鳴海町 4.名古屋市の南区と名古屋駅遠望 5.芝生広場

  • 廃車を決断

    車検の有効期限が近づいたので、廃車を決断しました。延べ走行距離は7万キロですが、まだ車体はしっかりしていますし、私の運転能力も人並みです。老いぼれを自覚して、正月まで思案した結果の決断です。1月26日に、業者に引き渡します。 ところで、昨日のことですが、散歩中に、偶々3件の配車例に出くわしました。気に懸ったので、スナップ・ショットを撮りました。人によって、廃車する方法が違いますね!

  • 居住地域の散策を楽しむ

    私は、軽い糖尿病を治療中です。HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が 7.0%ですので、この値を 6.5%まで下げることが当面の目標です。 雨の日以外は、毎日1~2時間の散策歩行を励行しています。同じ場所では続かないので、興味ある地区を選んで、市バスや地下鉄も利用しながら、実行しています。 昨年までは、午後の睡眠時間として、マッサージ機を使って休息していた時間帯です。ところが、運動不足となって、糖尿病になってしまったのです。 ハイシニアになって、社会から期待されることもなく、家事と趣味で時間を潰すことになりました。 私の望みは、健康寿命を延ばすことです。現在の状態は、健康ではなくて癌にも罹患…

  • 名古屋市緑区はベッドタウンで発展中

    私の住む街の変遷を紹介します。 古くは「東海道53次」の宿場「鳴海宿」で栄えました。地場産業として「有松・鳴海絞り」の生産地でした。しかし、人が住む土地は限られており、東海道筋と知多街道筋だけでした。殆どが山林で、耕地は天白川と扇川の周辺地帯でした。 大正末期になって、愛知電鉄が鳴海駅を開設する際に「善照寺砦」とその周辺の丘陵地帯を買い占めて、昭和2年に「鳴海球場」を開設し、「善照寺砦」を公園に整備して、周辺を宅地開発して「名古屋市の高級住宅地」として分譲しました。その地域が、現在の薬師山地区と南荘地区です。 名古屋市緑区は、昭和35年頃に、隣接3町(愛知郡鳴海町、知多郡有松町、知多郡大高町)…

  • ハイシニアのウォーキング

    NHK「どうする家康」が、昨日から放映開始されて、第1回「どうする桶狭間」では、「丸根砦」から「大高城」へ食糧補給の役目を命じられた家康の場面がありました。 この土地は、私が散歩するエリアです。 私は、寝ていて足がつる状況となり、体力の低下が気になっています。そこで、昨年12月から「ウォーキング・ポール」の2本杖で、1~2時間の散歩を実行しています。 足腰を強化することが主目的ですが、生まれ育った我が町の現状認識を兼ねて実行しています。40日を経過した現在で、地域の半分以上が走行済みです。今年に入ってからは、市バスで目的地に移動してから、走行開始しています。後1ヶ月も続ければ、「旧・鳴海町」の…

  • 超長波による無線通信は、現在でも使われている!?

    「依佐美送信所」の開設は、商用の「国際無線電信」が目的でした。ここの送信設備は、ドイツのテレフンケン社で製作されたもので、人海戦術で延べ1万人を動員して2年間で完成しました。 ところが、既に「短波通信」が実用化されており、数年間の運用後に予備役となり、隣接地に「短波送信所」が建設されました。 暫くして、太平洋戦争が始まり、今度は「潜水艦向けの送信所」となりました。終戦後は、アメリカ海軍の「潜水艦向けの送信所」でした。 アンテナが複調式に改造されて、太平洋と日本海をカバーしていました。 超長波による無線通信は、波長が長いので減衰損失が少ないうえに、海面に沿って電波が伝わるので、潜水艦向けの一方通…

  • 世界遺産の長波送信所がある!?

    それは、スウェーデンの「グリメトン無線局」です。 1950 年代から 1996 年の間は、潜水艦への送信も行われました。そのため1968 年にはトランジスタや真空管を採用した2台目の送信機が導入されて、 現在もまだスウェーデン海軍が運用しているようです。 従来の発電機式送信機の 17.2kHz と同じアンテナを使っているが、2台目の送信機は 40kHz 付近で設計されているようです。 1996 年に、旧式の発電機式送信機は運用を停止しました。 しかし、送信機の状態が良かったので、「世界遺産」に登録されました。 「世界遺産」の発電機式送信機は、「アレキサンダーソン・デイ」と「クリスマス・イブ 」…

  • 我が国の国際通信は明治30年代中期から始まった!?

    「インターネット回線」で、情報が世界中に、しかも、瞬時に伝わる現代では、私たちは、電気・水道と同様に、身近なものとして「国際通信」を意識しています。しかし、実際には、「国際通信」と「インターネット回線」は別物です。 我が国の通信事情の近代史をたどると、興味深い現実がありました。 「国際通信」を「国家間にまたがる情報伝達」と位置づけますと、1850年に、ドーバー海峡に海底ケーブルが敷設されて、英仏間で「モールス信号による有線通信」が発端でした。そして、大陸内の各国で電信路を敷設して、主要な各国に電信路が完備しました。 日本では、明治30年代中期になって、デンマークの会社「大北電信会社」が日本海に…

  • 依佐美送信所と類似の施設がアルゼンチンにあった!?

    「依佐美送信所」は、500KWのテレフンケン式超長波送信所として、昭和4年に完成しましたが、それよりも4年前に、アルゼンチン国のブエノスアイレスに500KWの類似施設がありました。この送信所では、高周波発電機の出力は6,000Hz であったと報告されており、「周波数逓倍器」で目標とする周波数に変換していました。 従って、この送信所が「依佐美送信所」の原型になったと推察できます。 アルゼンチンはスペイン語圏であり、ヨーロッパからの移民が多数いて、ヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国、南アフリカなどとの通信回線が必要でした。 当時は、アメリカのゼネラルエレクトリック社がアレキサンダーソン式高周波発電機に…

  • 依佐美送信所には無かった幻の運転マニュアル!?

    当時の送信所は、大型の回転機械が並び、高電圧の高周波機器や大型の高周波コイルと多数の高圧コンデンサーで構成されていました。 操作パネルは開放型で、空調設備もありませんでした。騒音と発熱で、耐え難い職場環境であったと推察します。 僅かな計測器だけで運転しなければならず、積み重ねた経験が頼りでした。高価な設備であり、昼夜に亘って、重要な通信情報を扱うことで、多大なストレスを生じたであろうと推察できます。 筆者は、嘗て高圧ガス製造業で働き、高圧プラント、大型圧縮機、高圧電気回路などの操作を経験しました。従って、当時の作業員の運転操作状況や困難さを推察できます。 当時の「運転操作マニュアル」は見当たり…

  • 送信所の電気回路解析は、1枚の稼働データシートから始まった!?

    「依佐美送信所記念館」には、約100年前の設備機器が陳列されています。しかし、動力配線や制御配線がありませんので、稼働できません。「産業遺産」としての博物館ですから、稼働の必要はありませんし、これで良いのです。 しかし、技術者の立場では、機器類の内部構造や動作原理を知りたいところです。更には、どの様な状態でヨーロッパ諸国との通信が実施されていたのか、詳しい内容も知りたいところです。 そこで、入手できる資料に目を通して概要は掌握できたのですが、電波が放射された理論的根拠が不明のままでした。アメリカ海軍で使用時の「1枚の稼働データシート」が唯一の実測値となって、設備の動作解析が始まりました。「ガイ…

  • 依佐美送信所は、ヨーロッパ諸国方向を見通せる位置にあった!?

    ヨーロッパ諸国との無線通信施設の建設が計画されたのは、大正時代の世界通信勃興期でした。 最適地として愛知県の「依佐美村」に決定された事情については、確かな記録がありません。日本の中央部に位置して、名古屋に近く、ヨーロッパ方向に対して、山岳地帯から外れていて、電波の通りが良好な場所でした。電波の減衰度からは、日本海側の地方が有利ですが、積雪によるアンテナ線の破断が危惧されます。 実際に、どの様な検討が為されたかは定かでありませんが、テレフンケン社では過去の実績から得たノウハウが提示されて選定されたものと推察します。それは、中央電信所と送信所と受信所の相対的な位置関係です。受信所は、送信所の送信電…

  • 大電力アンテナを無接点方式でON-OFF制御した!?

    「モールス信号」は、最も単純な情報伝達方式でした。 長点と短点の組合せで文字を表して、文字を連ねて単語として、単語を区切って送信しました。つい最近まで、船舶の「SOS信号」に使われていましたが、現在では廃止されています。 初期の無線通信では、一定の高周波を発生させた状態で、「モールス符号」に同期させて、アンテナ給電をON-OFF制御していました。ところが、大電力のアンテナ給電では、切り替え時の電力変動ショックが前段の機器に悪影響を及ぼします。更に、切り替え時に、大型のリレー接点からノイズが発生します。 そこで、500KW 給電の「依佐美送信所」では、無接点方式を採用していました。 切り替え時に…

  • 高周波発電機の出力周波数を更に3倍周波数に変換していた!?

    「依佐美送信所」のアンテナ給電は500KW であり、これには700KVA の高周波を発生する必要がありました。ところが、目的の周波数の発電機を製作することが技術的に困難でした。 そこで、高周波発電機の出力周波数を必要周波数の1/3として、後段で3倍周波数に変換して、目的の周波数の電波を放射していました。 この3倍周波数に変換するのは、「トリプラー」と「フィルター回路」の組合せで実現していました。原理は、単巻トランスの鉄芯を過飽和状態に保って、大きく歪んだ磁力線に含まれる第3高調波成分だけを利用するものです。 これは、「トリプラー」単独では実現できませんが、後段に設置された「フィルター回路」で第…

  • 高周波発電機システムのたすき掛け運転が可能であった!?

    複雑な「ワードレオナード方式」を採用した高周波発電機システムでは、故障頻度が高いと予想されます。建設時には、「高周波発電機システム」を2セット並べて設置されました。 故障が発生すると、短時間で予備機システムへ切り替えることが出来ました。 ところが、高周波発電機自体の故障や修理困難な故障が発生すると、修復に時間を要します。予備システムが修復されるまでは、運転員や管理者の精神的負担が増大します。 そこで、戦後に、アメリカ軍が使用した際には、機器単独で予備機と切替使用できるように改造されました。それが「たすき掛け運転方式」でした。切り替え用の接続配線とピン挿入式マトリックス盤が追加されました。 この…

  • 大理石の大きな運転操作盤が実在する!?

    最近では、見かけなくなりましたが、昭和初期の「電力配電盤」には天然の大理石パネルに電流計や開閉器、表示灯などがはめ込まれていました。強度があって、電気的特性が優れていたからです。 時代が変わり、ベークライト板に代わり、現在では、焼付塗装の鉄板となりました。 「依佐美送信所」の運転操作盤は「天然の大理石」です。回転機械は2セット据え付けられていましたので、左右対称に、各5面で構成されていました。全体では、高さが2.5m、全幅で12mとなり、厚さ30mmの大理石に計器類と表示灯、抵抗器の操作ハンドルが取り付けられています。 下図は、昔懐かしい立派な運転操作盤です。

  • 高周波発電機の定速度運転を必要とした!?

    高周波発電機の回転数が変動すると、発信電波の周波数の変動につながります。発信電波の周波数が変動すると、相手の受信所では、受信信号が不安定になり、受信不能にさえなります。 そこで、高周波発電機の回転数を正確に制御するために「ワードレオナード方式」が採用されていました。「依佐美送信所」では、回転数の変動率が ±0.02%で制御されていました。 回転数が変動する要因は、モールス信号のMARK とSPACE に合わせてアンテナ入力が100%と50%の2値変動することでした。その他の要因として、電力会社からの高圧電気の電圧降下や周波数低下もありました。当時の電力事情は、現在とは大違いであり、家庭向けの電…

  • アース抵抗値をゼロに近づける必要性!?

    一般に、「アース抵抗値」の低減は、電気保安上から必要があって規制されています。 家庭用のアース抵抗値は100Ω以下です。 工場の高圧電気設備では10Ω以下です。「逆L型アンテナ」に於いては、別の観点から重要な要素です。 アンテナへ給電された電力は、アースを経由する電気回路に電流が流れて、電力が消費されます。「依佐美送信所」の場合は、アース抵抗値が0.9Ωでした。土地自体の土壌抵抗値と網の目状に配置されたマルチアース極で決まる値ですが、最良の条件でも0.7Ω以下にはならないでしょう。 アンテナ回路に600KW給電すると、アンテナ電流が700A程となり、アース抵抗で440KW程が無駄に消費されてし…

  • 80KWの電波出力のために1,000KWの電力を使った!?

    ヨーロッパ諸国までの直線距離は約1万 Kmあります。この間を、地表面に沿って長波の電波を送信しました。その電波の強さは80KWが必要でした。大変効率の悪い「逆L型アンテナ」でしたので、アンテナ入力は最低500KWの給電でした。従って、”500KW送信所”と称されて、世界最大級でした。 「依佐美送信所」では、複雑な方法で高周波を発生させていましたので、送信所では1,000KWの電力を消費していました。当時としては、大工場並みの電力需要家でした。 当時は、水力発電が主要な電力源でしたから、電力会社に稼働予定を連絡して、矢作川水系の水力発電所をフル稼働する状態でした。 数年後には「短波による無線通信…

  • アンテナ鉄塔への落雷が頻発した!?

    「依佐美送信所」の地元に住む人の話では、鉄塔への落雷が多かったと言われます。 鉄塔はアースされておらず、碍子で地面から浮かせてありました。また、支線には碍子が挿入されていました。稼働時には、鉄塔も高電圧となるので、避雷針設備の設置は不可能でした。 実際の落雷状態は、落雷した鉄塔頂部に雷光が繋がり、一部の支線が赤く染まって雷の通路となったようです。体験した人しか表現できませんが、凄まじい閃光と張り裂ける爆音だったそうです。 一般に、雷雲が近ずくと、地表面が雷雲の電位(プラスまたはマイナスの高電位に帯電状態)に対して、逆極性になります。 雷雲が近ずくとノイズが激しくなって通信できませんので、送信所…

  • アンテナ鉄塔に触れて感電死した!?

    電波を出すためには、アンテナ線が給電高調波の周波数に共振する状態を保つ必要があります。 「依佐美送信所」の「逆L型アンテナ」では、端末が電圧最大となり、12万ボルトに達しました。アンテナ素子と鉄塔との絶縁は困難であるので、鉄塔の底部に碍子を並べて大地と絶縁していました。従って、鉄塔にも高電圧が印加されて、推定値で2万ボルト程になっていました。 この為、、鉄塔基部の周囲を柵で囲い「高電圧注意、立入禁止」の表示がありました。それなのに、子供が感電死した痛ましい事故があったと記録されています。

  • 竹かごに乗ってアンテナ線を張った!?

    ヘリコプターもクレーン車もない時代の高所作業の話です。 「依佐美送信所」のアンテナ設備は高さが250mでした。最初に、8本の鉄塔に対して、横に4本の吊架線を張りました。次いで、16本のアンテナ線を吊架線に1本ずつ結束しました。最後に、両端を8本ずつ束ねて、2系統の給電としました。 この作業が、どの様に実施されたかは記録にありません。しかし、竹かごの写真が残っていました。全て、人力で行ったのですから、大変な危険作業であったことが推察できます。 戦後、昭和22年にアメリカ軍が使用する際に、アンテナ線を更新しました。 この時の工事方法は、記録に残っています。地上でアンテナ素子を組み立てて置いて、吊架…

  • 広大な土地を使った大アンテナがあった!?

    昔のことですが、愛知県刈谷市(昔は依佐美村)に、高さ250mの鉄塔が8本建っていて、頂部に細い銅線のアンテナ素子が長手方向に16本並列に展張されていました。そして、アンテナ線の真下には、地下60cmの位置に銅のアース線が網目状態に埋設されていました。その広さは、横幅700mで長手方向に1,800mでした。(東京ドームの27倍の面積) これが、長波送信所「依佐美送信所」の「逆L型アンテナ」でした。 この用地は借用されていたので、地主は耕作が許されていました。太平洋戦争中と戦後の食糧難の時には、地主は賃貸料と合わせて潤ったことでしょう。 地上からはアンテナ線が見えないので、何を目的とした鉄塔か知ら…

  • 大型高周波発電機が現存!?

    現在では、「高周波の発生」は半導体回路によって容易に実現します。無線通信の媒体である「電波」は、アンテナを「高周波で共振」させて、飽和した電界から磁力線の波が空中に放射される現象です。従って、高周波を発生させることが必須条件です。 短波通信に使う高い周波数であれば、真空管やトランジスタ回路で、容易に高周波を発生することができます。しかし、長波通信では、低い周波数であるので、回路が複雑になります。 無線通信の始まりは、マルコーニによって発明された「超長波」による方法です。アンテナからの電波をON-OFFさせて、「モールス符号」で情報を送受信しました。この方式では、「高周波発電機」で高周波を発生し…

  • ヨーロッパ諸国との国際電信は名古屋から発信!?

    約100年前の話ですが、ヨーロッパ諸国との直通無線回線が確立して、「名古屋電信所」が担当していました。 「欧文モールス符号」を使って、「依佐美送信所」と「海蔵受信所」を専用回線で結んで、自動送信と自動受信を実現していました。「テレックス方式」による世界最先端技術であって、「鑽孔テープ装置」や「カーボン式自動記録機」などが使われました。 それまでの国際電報は、海底ケーブルや有線接続回線を複数利用して送受信されていました。長時間を要した上に、通過国に情報が漏れる状態でした。これが、無線による直接通信になったのですから、官公庁や商社には、画期的な進展でした。

  • 四日市に長波の無線受信所があった!?

    三重県の四日市市には、昔、「海蔵受信所」がありました。 愛知県刈谷市の「依佐美送信所」と対の関係でした。 昭和3年に開設されて、約10年間、ヨーロッパ諸国からの長波の無線電波を受信していました。 当時の最新鋭無線機を4台設置して、自動受信した情報を名古屋の国際電信局へ専用回線で伝送していました。 1辺が50mの菱型ループアンテナを2基連携させて、特殊な方法で微小電波を受信していました。依佐美送信所と同時に着工されたのですが、依佐美送信所より1年早く昭和3年3月に竣工しました。短波通信の時代になったので、昭和13年11月に廃止されましたが、アンテナの一部はそのまま残されていましたが、昭和34年9…

  • 世界最大の長波送信所があった!?

    愛知県の刈谷市に、世界最大級の送信所があったのですが、地元住民以外には知られていません。世界の無線通信が実現したのは、大正時代から昭和初期に、大出力の長波を使って、モールス信号による方式でした。第1次世界大戦が終わって、日本国が先進国の仲間入りを果たした時期でした。 昭和4年に、日本とヨーロッパ諸国との通信のために「依佐美送信所」が開設されました。しかし、長波による通信は数年間で終わり、短波通信に代わりました。その後、使途が変更されて、潜水艦向けの送信所として、戦時中は日本海軍が使用し、戦後はアメリカ海軍が使用していました。軍事施設のため一般人は入場禁止でしたから、知られていなくて当然です。 …

  • ハイシニアである私の生活モットー

    私は、83歳の男性です。前立腺がん、悪性リンパ腫、糖尿病に罹患しています。 罹患して2年経過しましたが、何とか標準的な生活をしています。特別な高度医療は敬遠して、体に負担がかからない程度の治療をしています。生きる目標は、妻よりも少しだけ長生きすることです。その為に、毎日下記のことを心がけています。 1.足腰の強化 朝のテレビ体操(10分間)と1.5時間の歩行 2.認知症予防 パソコンの操作と読書、家事手伝い 3.癌との共生 免疫力の維持と規則正しい生活 老いて体力は低下するばかりですが、自然の流れに逆らわずに、自由気ままに生活しています。健康でトラブルもなく1日を終えると、生きてる幸せを実感し…

  • スマホとSNSについて私の感想

    私は、パソコン派なのです。スマホは、5年前に、遅ればせながら「らくらくホン F-04J」を使い出しましたが、活用頻度は極低いです。RAMの容量が8GBであるので、アプリを最小限にして、25%の空き容量を保つようにしています。スマホを使わない理由は・・・1.外出が少ないこと。2.文字が読みづらくて、操作が面倒で、目が疲れること。3.必要とするアプリが少ないこと。 従来のガラケーで充分ですが、今後は人並みに必要かと思っています。 今や、スマホ全盛ですので、高齢者の立場から、スマホでSNSを利用した私の感想を以下に記します。(あくまでも私の個人的見解です) << Twitter >>使いやすいのです…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、senior-hikoichiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
senior-hikoichiさん
ブログタイトル
ハイシニアからの発信
フォロー
ハイシニアからの発信

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用