searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

りょうこさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
50代のダブルケア生活~ストレスフリーを目指して~
ブログURL
http://fanblogs.jp/daburukea/
ブログ紹介文
専業主婦で長男の嫁です アラフィフになって、もっと自由な時間が増えるかなって思っていました。ダブルケア生活が始まってしまいました~~!!
更新頻度(1年)

57回 / 251日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2021/01/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、りょうこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りょうこさん
ブログタイトル
50代のダブルケア生活~ストレスフリーを目指して~
更新頻度
57回 / 251日(平均1.6回/週)
フォロー
50代のダブルケア生活~ストレスフリーを目指して~

りょうこさんの新着記事

1件〜30件

  • 退院した日からフルスロットル!!&食べ物だらけ

    退院した日からフルスロットル!! こうなることはわかっていましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン 私の退院日、ビミョーな空気の中、旦那が迎えに来てくれました。 だって、遊びに行ってコロナになったこと、誤ってもらってませんから!! 家に帰る途中で、コロナで気持ち悪いので、私の敷布団も買い直しました。 家に帰ってきたのはお昼過ぎ・・・子供はまだ寝ていました。

  • 変わるか、力関係!

    変わるか、力関係! 誰と誰の力関係? それは、旦那と私の力関係。

  • みんな、ありがとう&情けは人の為ならず

    「情けは人の為ならず」 入院して、本当にそうだな・・・と思う私がいました。

  • カクテル療法万歳!!

    「カクテル療法万歳!!」 今でこそ、カクテル療法は当たり前のようになってきていますが、私が入院したころはまだ様子見でした。 とりあえず治療法了解にサインして、治療をはじめました。 で・・・1週間の入院で、治療はこのカクテル療法1回、点滴を30分ほどだけでした。 あとは、体力の回復を願ってひたすら隔離生活でした。 毎日の検温と、先生の「調子どうですか〜〜??」ぐらいでした。 もう、ホント、「ホテルで…

  • 割り箸と海苔佃煮

    私がコロナを発症・・・発熱したのは、晩でした。 その日のお昼、旦那のコロナ入院が長引きそうだったので、着替え10組を持って病院に行っていました。 代わりに洗濯物(10日分)を持って帰ってきて、コロナのついているであろうTシャツや下着を洗ったりしていました。 本当に気持ち悪かった。 ちなみに、後に先生に聞いたところ、コロナは洗濯でOKらしいです。

  • 帰るのが怖くなる&私にとっては恵みの雨

    コロナで入院して、抗体カクテルを打ってもらって隔離期間に入った私。 先生が「熱がでなくって調子が良ければ3日後に退院です」と言ってもらって・・・喜ぶはずが、家に帰るのが怖くなってきました。

  • ごめんなさいを言っておけばよかったのにね??

    コロナでの私の入院は、1週間でした。 ちなみに治療は抗体カクテルを点滴したのみ!! すぐに熱も下がった体はそこまでしんどくもなかったはずなのに、なんだかやる気がありません。 というか、退院するはずが入院したままの旦那、旦那の濃厚接触者となり私の濃厚接触者となりほぼ1カ月外出禁止・・・へそを曲げた子供、その子供を心配してくれる実家の親、姑、旦那の弟嫁ちゃん×2・・・ 色んな人とラインをしたり、な…

  • どうして「ごめんなさい」が言えない!

    どうして「ごめんなさい」が言えないのか!! それは、旦那の事です。 旦那がコロナとわかってから入院まで丸1日でした。 前日に熱を出して、翌日の朝には検査、夕方には入院していたからです。 本当にバタバタしていました。 陽性が判明した後、私は入院の用意を買いにドラッグストアや100均、スーパーをはしごしました。 電光石火の入院だったんですが、それでも「ごめん」を言える時間はあったと思います。 たとえ、…

  • コロナの本当の恐怖

    前回も書きましたが、私がコロナになって、一番怖かったのは、お友達にうつしてしまっていないか?ということでした。

  • やりたいのはそれじゃない

    旦那は自分の考え方を変えない! それは、わかっています。 旦那の怒りのスイッチが入ると瞬間湯沸かし器のように起こります。 それは、男のプライドの部分が大きいと思うんですが・・・ 「僕はこういう男やから、ちゃんと怒らせないように考えてから説明しろ」って言われます。 よく考えると、これって忖度ですよね( ̄▽ ̄;)?? 私がコロナで入院中、旦那も入院が伸びて帰れず・・・子供が一人でお留守番な日が何…

  • コロナの一番怖いところ

    コロナで入院した私ですが、熱が下がって普通になると、心配事が出てきました。 そのことで、かなり悩むことになります。 それは、私の濃厚接触者のことです。

  • お腹が空かない

    私のコロナの症状は、咳、熱・・・そしてお腹が空かないでした。 PCR検査で陽性と判明し、発熱してから病院に入院するまでの2日間、ポカリばかり飲んでいたからかもしれませんが、ほとんど口にしませんでした。 入院してからも、お腹が空かないんです。

  • 何もしない子供

    私が入院するとき、子供の一人自粛は1晩だけの予定でした。 でも、旦那の治りがことのほか悪く、5日間、ひとり暮らし+犬となりました。

  • 金子みすゞを想う

    カクテル療法がきいたのか、熱も下がり、しっかりしてきました。 でも、身体がしっかりしてきて頭がはっきりするほど、かなりメンタルがやられてきていました。

  • 早く注射してくれ〜!

    「早く注射してくれ〜!」

  • 大変な入院

    大変な入院、それは私の入院の時。 前回も書きましたが、旦那の入院の用意は私が全部しました。 そして、仕事では心配はあっただろうけど、仕事以外は何も心配なく即入院!! でも、私の入院は、誰もしてくれません。 なので、家にあるもので自分で用意をしました。

  • やはり実家の親は味方だ

    「実家の親は味方だ」 そう言ったのは、旦那の弟(姑の三男)の嫁ちゃんの言葉です。 随分まえ、三男が精神的にしんどかった頃、実家に帰った事がありました。 しっかりした三男嫁ちゃんが実家に帰るなんて、よっぽどの事でした。 今はふたり仲良しですよ? で、実家に帰ったとき、 お母さんがとてもありがたかった。 何も聞かずに実家に置いてくれて、生活費も一切とらずに置いてくれた。 なんだかんだ言っても、…

  • 入院の用意

    入院の用意・・・誰もしてくれません。 旦那が入院する時、Tシャツやパンツなど10枚ぐらい持って行っていました。 そして、足りなくなったので私が10枚持っていきました。 この時に、多分コロナ菌でいっぱいの着替えを1週間分回収・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン 旦那はブランドのTシャツが多く、持っていくときも、何も考えていなかったのか、わざわざそうしたのか、ブランドのTシャツばかりでした。 なので、追加で持っ…

  • 至れり尽くせりの病院

    保健所の車に乗せてもらって私の入院する病院に到着しました。 少し待ったんですが、看護師さんが迎えに来てくれました。 ここからは、病院の方にお世話になりました。

  • 最悪の目覚め~警報でてるよ~

    最悪だ、警報がでてるよ・・・ それは入院の日のことでした。 8月の、あの、警報が出まくった週の始まりでした。 コロナとなって、38℃の熱が出ていました。 そこまでしんどくなかったものの、濃厚接触者がいないかとか、ボーっとしながら一晩が過ぎていたんです。 朝・・・大雨で、警報が出ていました。 最悪だ・・・

  • 保健所は完璧でした

    コロナは保健所が動いてくれないと、まったく動きが取れません。 自分で病院に行けるわけではなく、保健所が全部指定してくるのです。 旦那がコロナになって私たちがの濃厚接触者となりました。 なので、私が発熱した際も、まず保健所に連絡。 2回目のPCR検査は、旦那がした病院でも、私が1回目のPCR検査をした病院でもありませんでした。 とにかく検査をして陽性になった後、 �@入院の日時 �Aどの病院に入院するのか…

  • いつも私が貧乏くじだ

    そうして、濃厚接触者から8日後・・・発熱・・・ついに、私がコロナになってしまいました。 実家×2とスーパー・・・とほとんど外出しない引きこもり主婦なのに。 誰もつれて行ってくれないので、自分一人で病院に検査に行って、今回は脱脂綿を噛んで唾液で検査しました。 結果は6時間後・・・翌日には出ました。 陽性の結果が・・・!! 初めにコロナになったのは旦那でした。 ひとりで2泊3日の旅行でもらってきたので…

  • 少し関わるから腹が立つ

    旦那がコロナになって、私と子供は濃厚接触者。 2週間は自宅待機となりました。 いろいろと予定が潰れてしまいました。 ま、私は引きこもり主婦なのでよかったですが、子供はバイトも断り、お友達との楽しい行事も全て断りました。

  • 私のPCR検査

    旦那がコロナになったとわかって、私と子供は濃厚接触者となりました。 そして、濃厚接触者としてPCR検査をすることになったのです。 保健所に指定された病院は、家から車で40分ほどかかりました。

  • マスクもしない男

    コロナな時期、マスクは欠かせないですよね。 ちなみに、「マスクをしない男」は、旦那のことです。 もちろん外ではしてますよ。 今回、旦那がコロナとわかる前。 「喉が痛い」と、葛根湯を飲んだりしていました。 で、熱が出た日のこと。 旦那は食卓の前にあるソファに座っていました。 熱があると、病院に電話をしたりしていたんです。 かかりつけ医は、発熱は受け入れてくれなかった&保健所から熱中症かもし…

  • 久しぶりにクソババアと思う

    それは姑のこと。 旦那がコロナになったと電話した時のこと。 旦那はコロナで入院しましたが、私と子供は濃厚接触者として2週間自粛生活が求められました。 なので、実家×2にも買い出しには連れて出かけられなくなったことを電話で伝えました。 濃厚接触者として、80歳を越えた年寄りとは会えなかったからです。 ちなみに、濃厚接触者の生活を保健所で聞いてみたら・・・隔離な感じではなく、近所の人とあいさつ程度の少…

  • 旦那、コロナになる

    最悪でした。 三連休にひとりで旅行に行ってきた旦那が、コロナにかかりました。 旅行から帰ってすぐに仕事に行ったけど、でもタイミング的に、どう考えても旅行でもらって帰ってきたと、誰もが思ったでしょう。 だって、我が県では、当時20人ほどしか出てなかったし、遊びに行ったのは間違いないんだから、その時もらってきたと思われても仕方がないというか、タイミング的に自然でした。

  • ここ10年で1番の最悪!!

    ご無沙汰していました。 前回のブログ更新が7月23日・・・あれからちょうど1か月たってしまいました。 それは、ここ10年で1番の最悪があったからです。 1か月ほど前、厄日が続いている・・・みたいなブログ更新を何回か書きました。 でも、その後、ここ10年で1番の最悪が待っていたんです。

  • 地域の奉仕は幾つまででもいいけれど・・・??

    そう・・・厄日が1週間続いたというお話の中に、もうひとつありました。 私たちの地域のある団体に寄付しているお話です。 地元を応援するために、その団体に毎年寄付をしていました。 その寄付の方法・・・本当は振り込みなんですが・・・ 83歳になる母の同級生が役員をしているので、その同級生に支払っていました。 そして今年もその時期がやってきました。 その振込用紙でボランティアを募っていたので、家族で登録…

  • 旦那さんとのお買い物に憧れていたけれど・・・

    旦那さんとのお買い物に憧れていたけれど・・・ 私は基本的に買い物は、ひとりで行きます。 買い物ついでのスーパーで買う事がほとんど。 子供がアウトレットに行きたいというと、アウトレットに行くけれど、買うのは子供と旦那。 私のものは買いません。 旦那さんと一緒に服を選んでいる女性を見ると羨ましいなあ・・・なんて思ったりもします。 ま、その女性はたいてい綺麗ですけど・・・( ̄▽ ̄;)

カテゴリー一覧
商用