searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ゆきたろさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
花園に雪が舞う・α
ブログURL
https://hanazono.info/
ブログ紹介文
宝塚歌劇の観劇記録、人事への雑感など。 2007年からやってます。
更新頻度(1年)

507回 / 343日(平均10.3回/週)

ブログ村参加:2020/10/11

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ゆきたろさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ゆきたろさん
ブログタイトル
花園に雪が舞う・α
更新頻度
507回 / 343日(平均10.3回/週)
フォロー
花園に雪が舞う・α

ゆきたろさんの新着記事

1件〜30件

  • 『元禄バロックロック』『The Fascination』制作発表記事

    昨日、花組大劇場公演『元禄バロックロック』『The Fascination(ザ ファシネイション)!』の製作発表が行われたようで、各社記事が出てます。ステージナタリーさんの写真の多さに感謝……!登壇したのは、柚香・星風・水美・永久輝の4人(敬称略)。制作発表ではショーから2曲披露(「The Fascination!」と「心の翼」)、会見では芝居の役どころなどの話もしたらしい。花組の雰囲気や、宙組から異動してきた新花組トップ娘役・まどかの話も。https:/

  • 花全ツ『哀しみのコルドバ』感想・1

    花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』金沢公演、9月7日(火)13:30と18:00の昼夜2回を観てきました。かれーちゃんが演じるのは花形闘牛士のエリオ・サルバドール。花形といわれるにふさわしい華があり、名ダンサーなだけあって動きの美しさも堪能させてもらいました。真飛エリオや早霧エリオと比べて、柚香エリオはクールな印象が強い。闘牛士の座を捨てて不倫の愛に走ったビセント(ほのか)を理解できない。理性的で、信仰心篤く、秩序を大切にして生きてきた人なのだと

  • 金沢行き・2

    尾山神社の横には金沢城公演があります。時間があまりありませんが、ちょっとだけ足を延ばしてみます。広々として気持ちいいですよ。門のところでほぼノーメイクにサングラス、髪をきゅっとまとめたスタイルの良い女性を見かけ「まさかジェンヌさんでは……」と思いましたがどうだろう。ちなみにコロナ禍のまんぼう中だったので、金沢城ライトアップ含めていろんなところが入園・入館禁止になってました。兼六園もダメだったような。私のお気に入りの美術館や博物館もね……。

  • 金沢行き・1

    花組全国ツアーのついでに金沢の街を歩いてきました。久しぶりね金沢。尾山神社です。和漢洋の3つの建築様式が用いられた「神門」は全国的にも珍しいものだそうで。たしかに珍しいし美しかったわ。ステンドグラスが入った神社って見たことない。なお、上にあがれる階段は封鎖されてました。尾山神社は、加賀藩祖前田利家公と正室お松の方を祀っている神社。お2人の像などもあります。おみくじを引いたら大吉だったのは嬉しかったなぁ。

  • ぴあ・愛ちゃんインタビュー

    ぴあのサイトに、星組愛ちゃんのインタビュー記事が出てます。内容は今週末に初日の幕を開ける『柳生忍法帖』『モアー・ダンディズム』の話、自身の退団の話や宝塚人生についてなどです。“品格”を大事に男役を追求、 宝塚歌劇団星組男役スター・愛月ひかる退団への思い | ぴあエンタメ情報 (pia.jp)宝塚歌劇で初の舞台化となる本作で愛月に配された役は、トップスター・礼真琴演じる天才剣士・柳生十兵衛の敵役・芦名銅伯だ。「滅びてしまった芦名一族を復活させたいという思いに執

  • 『CITY HUNTER』感想・2

    ・伊集院隼人、海坊主、ファルコン。呼び名は違えど、1人の人物、あがちんの役です。本名と「海坊主」呼びの紹介のあとに、なんの説明もなく恋人の美樹が「ファルコン」と呼んでるのは、元の作品を知らない人には不親切すぎやしないか。ガタイのいい男っぽい人物は『ひかりふる路』でも演じていたけど、経験を重ねて歩き方などが上手くなりましたね。衣装などの力も大きいかもしれないけど、無理がなかった。原作やアニメほどじゃなくても「海坊主がいる!!」って思えたもの。バズーカぶ

  • 『CITY HUNTER』感想・1

    雪組宝塚大劇場公演『CITY HUNTER』-盗まれたXYZ- 9月12日(日)11時と15時半の回を観てきました。ムラ前楽とその1回前の回です。滑り込みセーーーーフ。だいたい生観劇なら初日近くに観ることが多いので、公演終盤での観劇は新鮮っちゃ新鮮。『シティーハンター』の原作は未読。子どものときにアニメは見てましたが、ぼんやりと楽しんでたので槇村秀幸とか覚えてないです。人物関係もうっすらとはわかるかな……くらいの記憶です。なんせ30年くらい前の話だし。

  • たまちゃん東京楽退団ご挨拶など・3

    ライブ配信で見た『桜嵐記』千秋楽のご挨拶などについて。カーテンコール緞帳が上がりカーテンコール。「あー、ペンライト、本当にきれいでした」とたまちゃんが感慨深そうに。舞台から観る客席の光はさぞきれいでしょうね。出演者の一言退団者が並び、それぞれが最後の一言を告げます。それらにたまちゃんが短いコメントを。あまりきちんとしてはいませんが、書き取れたぶんだけ残しておきます。・摩耶「なにげなく過ごしてきた日々が愛おしいです。皆さ

  • 『めぐり会いは再び』がふたたび続演

    来年春からの星組大劇場公演の演目が出ました。2022年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<2022年4月~7月・星組『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人-』『Gran Cantante!!』>2021/09/102022年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】の上演作品が決定しましたのでお知らせいたします。   星組公演■主演・・・礼 真琴、舞空 瞳◆宝塚大劇場:2022年4月~5月(予定

  • 水美版『銀ちゃんの恋』感想・2

    ・ほってぃーの橘、すごくよかったです。橘にはスターとしての華と映画への情熱もありつつ、銀ちゃんへの嫉妬などの小ささも見せる。そしてまた男気のあるところも。コミカルなところ、かっこいいところのメリハリがあって、とても素敵でした。ほってぃーはあれだけ美しくて華もあって、でも舞台での立ち位置をきちんと弁えてる感じが好きだ。舞台のために身を捧げている感じ。芝居では自分を見せるのではなく、役を見せている。マイティーのDSや華ちゃんのMSのときにも思ったけど、頭の良さを

  • 全ツ版『Cool Beast!!』感想・2

    ・プロローグの妖精みたいな女の子2人はあわちゃんと初音さん。あわちゃんは女の子らしく、初音さんは少年みがあるので、姉弟のような雰囲気でした。初音さんは全ツの最下なのでいろいろと大変だろうけど、こういう抜擢も楽しんでほしい。幕開きがびっくさんの歌というのも贅沢で良いです。・花組新トップ娘役にまどか、全ツ2番手にひとこ。トップのかれーちゃんとの並びが新鮮。でもまどかは宙組でのトップ娘役歴が長いだけあって安心して観ていられる。・本公演でマイ

  • 全ツ版『Cool Beast!!』感想・1

    花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』金沢公演を観てきました。9月7日(火)13:30と18:00の昼夜2回です。直前に観劇を決めて、どうにかチケット見つかってよかったよ!※ちょっとだけ腐った話注意※芝居・ショー共に楽しかったのですが、目を瞠ったのは公演3番手・ほのかちゃんの存在。ギラギラしてる以上の、存在の重みというか、心理的な芯がすごくしっかりしたような印象を受けました。ほのかちゃん何があったの…って思いました

  • 水美版『銀ちゃんの恋』感想・1

    シアター・ドラマシティ公演『銀ちゃんの恋』9月5日(日)11:30公演を観てきました。大阪梅田、久しぶりだーーーー!!『銀ちゃんの恋』、原作は見たことがなくて、記憶のベースはゆうひさん版のものです。花組時代と宙組時代にいちおう観た。ただ、あまり細かいところは覚えてません……。10年以上前だし。でもゆうひさんバージョンとは「変わったなぁ」とちょこちょこ思いました。わかりやすいのは最初の専務(キョンさん)と秘書(あおいちゃん)の最初のやりとりね。今回は『

  • 聖地・ムラ行き

    わたくしごとですが最近仕事が忙しくてですね。残業があるのは仕方ないとして、休みが飛ぶんですよ、今の職場。ほぼ社長のわがままで。はあ??って感じです。ヅカファン、ある程度保証された休みあっての趣味じゃないですか。チケット確保とかの観点で。お盆あたりにムラに行こうかと思ってたのも飛びました。チケットも持ってなかったし、こんなことになりかねないと思って電車も宿も取ってなかったのが救いなのかもしれない。が、やってらんねえええええ!!!!というわけで、雪組のチケットも

  • 『Cool Beast!!』東京楽を見たんだ

    今さらですが、ライブ配信で見た『Cool Beast!!』大劇千秋楽公演(7月4日)の感想や、アドリブメモです。日にちが経ちすぎてすでに絶賛全ツ中ですが、いちおう残しておきます。・結婚式の銀橋。動きでケモノたちの結婚式なんだよ、というのがよりわかりやすくなってた気がします。こりのちゃんとすみなちゃんがラストに銀橋にちょっと戻って花組ポーズ。・クラブのシーンのバカバカしさとかっこよさが最高です。どんなにキザっても持ってるマイクはお肉っていうね。

  • 『ODYSSEY-The Age of Discovery-』『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』出演者と主な配役発表

    今年冬の雪組小公演2つの出演者と主な配役が出ました。咲ちゃんの『ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-』の主な配役は、ブルーム咲ちゃん、セレネひらめちゃん、アポロンあーさと順当。出演者にはそら、あやなちゃん、すわっち、ひまりちゃん、かせきょー、そして美穂姐様まで!美穂姐も格の高い女神様やってくれそう。あがちんの『Sweet Little Rock ‘n’ Roll』のヒロイン・シンディーは夢白ちゃん。バウヒロ、2度目

  • 『婆娑羅の玄孫』を見たんだ・2

    専科の轟さん主演作、星組シアター・ドラマシティ公演『婆娑羅(ばさら)の玄孫(やしゃご)』をライブ配信の感想の続きです。7月14日(水)16:00~の配信だったので2ヶ月近く経ってしまいました。・轟さんとゆうちゃんさん(小久保彦左)とのやり取りがひたすら可愛い。一生やってろ!!と思う感じで、でも一生はできないのよね……(轟さんが退団しちゃうから)とメタ的に悲しくなる。切腹プレイ(?)はベタな笑いだけど、お約束はお約束って感じでいいよね。イシさんにとって

  • 月組ロミジュリ東京新公を見たんだ

    月組東京宝塚劇場公演『ロミオとジュリエット』新人公演を配信で見ました。主役・ロミオがたまちゃん、ヒロイン・ジュリエットがゆうみちゃんのやつです。・ムラの新公は現地で観たのですが、あのときも感じたとおりちなつの死は絶品ですね。体格は本役のたまちゃんと大差ないと思うけど、ちなつ自身が強く持つ「陰」の色気が役にとても合ってる。耽美さが凄い。そして表現力が素晴らしい。手の動き、表情のつけ方など、ちゃんと観客を誘導するように動いていて、「死」の手の内に我らもいるかのようだった

  • 2022年春雪組『夢介千両みやげ』『Sensational!』上演決定

    来年春の雪組大劇場公演の演目が出ました。演出家はダーイシ&中村B。何回目だ雪組の中村B! けっこう好きだけどね中村B。芝居は 『夢介千両みやげ』 、主人公は原作によれば「図体は大きいが、底抜けのお人好し」だそうで、咲ちゃんに合いそう。押しかけ女房・お銀のひらめちゃんといちゃいちゃしていておくれ。2022年 公演ラインアップ【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】<2022年3月~6月・雪組『夢介千両みやげ』『Sensational!』>2021/08

  • 『マノン』を見たんだ・3

    7月11日に見た星組公演『マノン』の感想の続きです。・第2幕も「お金がないの」「僕が稼ぐ、カジノで」と言い合う2人。あかんやつらや……。だからカジノは稼ぐ場じゃないっつうの。・くらっちは女衒の宿屋の女将で稼いでほしい。きっと似合う。頭弱そうには見えないので、本人の意志で考えて悪いことやっててほしい。でもプレゼントをもらったときのマノンの嬉しそうな顔に男たちがやられるのもわかる。あの顔見ちゃったらね、貢ぎたくなるのね! 下心もあるけど!

  • たまちゃん東京楽退団ご挨拶など・2

    階段降りと退団者ご挨拶学年順で退団者たちが階段降りとご挨拶をします。『桜嵐記』退団者の最下は102期生の麻耶裕さん。研6なので、きちんと大階段を降りてご挨拶できるんですね。また、月組特有の風習で、お花渡しの際に組の同期全員が退団者のまわりに集まります。温かくていい風習ですよね。みなさん黒紋付きに緑の袴で大階段を降り、皆さん立派にご挨拶をします。ブーケは大劇場公演と(たぶん)同じデザインの人も、季節のお花を考えてか変えた人もいます。つ

  • 『柳生忍法帖』新公主な配役発表

    おとついですが、星組大劇場公演『柳生忍法帖』新人公演の一部の配役が出ました。柳生十兵衛 (礼 真琴) 天飛 華音ゆら (舞空 瞳) 瑠璃 花夏芦名銅伯 (愛月 ひかる) 碧海 さりお天飛くんは新公主演2度目ですね。おめでたい!運動神経よさそうだしキレのあるダンスをするので、立ち回り(あるよね?)も凄そう~~~!先日は愛ちゃん主演の『マノン』で実質2番手の役を演じてたし、着実に上げてきてるなぁ。ヒロインのるりはなは103期生、研5。初ヒロインか

  • 2020年アンケート結果・22《専科-理由》

    専科に行ってほしいジェンヌさんの理由を挙げてくださった方もいるので公開します。ご贔屓さんや大好きなジェンヌさんへの愛を感じる理由ばかりでした。***************************・ちなつさん ご贔屓様ですが、様々な組でご活躍されるちなつさんを拝見してみたいです。・水美舞斗さん、鳳月杏さん。2人共、実力、男役スキル、人望に秀でているため、各組に出演して舞台の質を高めると共に後輩指導をしてほしいから。・鳳月杏さん、天寿光希さん

  • 2020年アンケート結果・21《専科》

    久しぶりにアンケート結果を出してみます。ご回答くださった方、待ってた方すみません……。15.この人は専科に行ってほしいと思うジェンヌさんがいたら教えて下さいご回答では反応が分かれました。「ぜひこの方に行って各組で活躍していただきたい!」という方、「とにかく長く見ていたいジェンヌさんだから」という方から、現在の専科制度(主に結婚できないこと)への反発や疑問をお持ちの方までさまざまでした。・専科って組がないってことですから、残酷ですよね。新専科と

  • 『紫子-とりかえばや異聞-』を見たんだ・2

    テレビで見た月組公演『紫子-とりかえばや異聞-』の感想。・和物なので、扇を翻したりして踊るのがきれいです。ショーアップされた演出もたくさんあって楽しいです。「鬼」の場面なども迫力満点でした。脚本は柴田侑宏先生、演出は大野拓史先生。大野くんは日本物大好きな人だからな、さぞ気合いが入ったことでありましょう。・主人公・紫子のきりやん。はきはきぱっきりした話し方が懐かしい。滑舌が良すぎてちょっと妙な感じすらするところがとってもきりやんだわ~。この、しっとりと

  • 『紫子-とりかえばや異聞-』を見たんだ・1

    時代劇専門チャンネルで放送された月組中日劇場公演『紫子-とりかえばや異聞-』を見ました。主演がきりやん、2番手(実質相手役)がもりえ、ヒロインがまりもちゃんです。若き日のみりおが3番手をやってます。上演は2010年2月なので、およそ干支が一周するくらい前の作品ですね。原作は読んでいて、宝塚版を見るのは映像も含めて初めてです。作品についてで、めちゃくちゃびっくりしたんですが、ラスト思いっきり違うね!?なんとまぁきれいな悲劇になっちゃって……主役

  • たまちゃん東京楽退団ご挨拶など・1

    昨日8月15日(日)が月組東京宝塚劇場公演『桜嵐記(おうらんき)』『Dream Chaser』の千秋楽で、月組トップスター珠城りょうサヨナラショーも行われました。東京は雨が降っていたとのこと。門出の日の雨はめでたく、神様の祝福とも言われます。たまちゃんたち退団者への寿ぎだったのかもしれません。私は例によってLIVE配信で鑑賞しました。コロナ禍はまだ収まりを見せず、それどころか拡大傾向にあり心配は尽きませんが、そんな中で途中休演もなく無事に千秋楽まで完走できた

  • カレンダー2022

    昨日ですが、2022年版の宝塚カレンダーの発売が発表されました。スターカレンダーにより、2022年の花組の2番手(2番目?)がマイティー、月組がちなつにほぼ確定。愛ちゃん退団によりそのまま上がりそうなせおっちはスタカレには入らず……。東上付の公演をやってないからかなー。若手枠の卓上カレンダーに変動がないのはちょっとつまらない(笑)。2021年は新公とかもほぼできなかったから、やむなしか。ステージカレンダーには、新トップ娘役の海ちゃん、じゅんはなのほか

  • 宙組『バロンの末裔』『プロミセス、プロミセス』主な配役と出演者発表

    昨日ですが、真風主演の宙組全ツ『バロンの末裔』『アクアヴィーテ(aquavitae)!!』、キキちゃん主演の宙組DC /ブリリア公演『プロミセス、プロミセス』の、主な配役と出演者が発表されました。宙組全ツ 『バロンの末裔』の主な出演者は真風とじゅんはなちゃんのみ発表。うん、知ってた(笑)。出演者には、専科異動後のりんきらが入ってる。専科だけどまだ宙組生みたいな感じかなぁ。ご本人の意識はちょっと違うかもしれないけど。『プロミセス、プロミセス』 のヒロイ

  • 『Gracias!!』を見たんだ・5

    「メタモルフォーゼ」~「My Dear」・『マスカレード・ホテル』から「メタモルフォーゼ」を瀬戸くんとつかさのデュエットで。さっきはつかさの歌がなかったから嬉しい。つかさの頼もしさはすごいよね。・『アイラブアインシュタイン』の「花はキレイ」は瀬戸くんのソロ。懐かしいです。バウ主演でした。・さらに瀬戸くんのソロで『はいからさんが通る』の「My Dear」。冬星さんの歌ですね。「明日に向かって歩き出す それが君への愛だから マイディア」と

カテゴリー一覧
商用