chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Kecofin
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/06/27

1件〜100件

  • FX必須情報 為替相場と金利差 2022/06/24

    為替相場を見ている人には必須の基本情報。相場は需給で決まるが、為替相場の需給を動かす大きな要素は金利差。為替相場と金利差の関係はFXにとって最も重要で基本である。常にその状況を把握する必要がある。その関係は恒久的なものではない。しばしば形を変える。定

  • 日銀が消費者物価上昇を放置する背景

    ・5月 消費者物価指数 前年同月を2.1%上回る 2%超は2か月連続 | NHK | 原油価格・消費者物価2.1%上昇 5月、エネルギー・食料品高騰: 日本経済新聞・他の主要先進国に比べると物価上昇はまだ鈍い。・今の物価上昇は賃金の上昇や需要の増加といった、経済の好循環を伴っ

  • 米 悲惨な景気後退確定?

    6月16日、米国で注目される経済指標が発表された。6月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数だ。どういうわけか、(たぶん)日経は報道しなかった。FOMCの翌日で忙しかったのだろう。6月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数は▲3.3となった。支払い価格指数は64.5と

  • こんなことって有りか? イオン激おこ

    2022年06月16日 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社が当社の秘密情報を漏洩した件によると、イオンとコンサルティング契約を締結していたデロイト トーマツ コンサルティング合同会社(DTC社)が7&iに、イオンの秘密情報を提供し、さらに、その情報の一部が週刊

  • スイス中銀の予想外の利上げ

    スイス中銀は6月16日、予想外の利上げを行った。・Swiss National Bank (SNB) - Current interest rates and exchange rates・中央銀行 政策金利 - Investing.comからSNBを選択政策金利を0.5%上げー0.25%とした。インフレが抑制不能になることを懸念し、2007年9月以来15

  • 後で読む FOMC 記事

    Federal Open Market CommitteeCountdown to FOMC: CME FedWatch Tool更新のタイミングに注意パウエル議長、景気後退招く可能性を実質的に認める-インフレ抑制で - Bloomberg◎FRB議長「予期せぬインフレ」機敏に対応 会見要旨: 日本経済新聞米FRB利上げ:識者

  • 米国5月小売売上高伸び鈍化

    6月15日、米国では、・小売売上高、5月は前月比0.3%減少-予想も下回る・NY連銀製造業景況指数、6月はマイナス1.2-予想はプラス2.3・米NAHB住宅市場指数、6月は67に低下-市場予想に一致が発表されている。いずれも重要な指標だが、数時間後にはFOMCの発表がある。市場は

  • 米国 株価は米国成長率がマイナスになることを示唆

    株価は経済変動に対する先行性があると言われる。見てみよう。米国では、株価の前年同期比上昇率は、実質GDP前年同期比成長率に半年先行する傾向がある。下図で見るように実質GDP前年同期比成長率はマイナスになることが示唆されている。ところで、これが投資家に使い

  • 米国 物価上昇に沈静化の様子無し

    新型コロナ: 米消費者物価、5月8.6%上昇 約40年ぶり水準更新: 日本経済新聞米労働省が2022年6月10日に発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比の伸び率が8.6%となった。3月の8.5%をさらに上回り、40年5カ月ぶりの水準となった。新型コロナウイルス禍で控えていた

  • 米国 今は物価バブル

    バブルとは、バリュエーション(妥当価格)またはnormからの乖離が(上方に)著しく大きくなった状態のことである。(1)2000年の株価バブル2000年に株価は、トレンドラインから明らかに大きく上方乖離している。ドットコムバブル、インターネットバブル、ITバブルなどと呼ば

  • 続 奇妙なことが日本経済に起きている。

    (1)値上げラッシュ update赤線が、4月にゼロに戻っているのは、携帯料金の値下げ効果がなくなったからだ。家計消費を基礎的支出と選択的支出に分けて、それぞれの物価上昇率を見ると、選択的支出の価格は上昇していないのに、基礎的支出の価格は大きく上昇している。 

  • 実は、奇妙なことが日本経済に起きている。

    政府は5月31日に「新しい資本主義」実行計画案と「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)」原案を公表した。当初の分配重視はどこかに消え、成長戦略になった。市場の見方・変容した背景には日本経済の現実があるのではないか。経済の効率性を高め、生産性の向上を

  • 値上げラッシュ

    値上げラッシュ、価格はどうなる?:日本経済新聞食品値上げ、年1万品目突破も 6月以降、規模が拡大:時事ドットコム統計局ホームページ/家計調査(家計収支編) 時系列データ(二人以上の世帯)に、基礎的支出・選択的支出 という項目がある。基礎的支出(必需品的

  • 夢よ もう一度 日本の高成長

    ■「資産所得倍増プラン」を年内にも策定の方針、貯蓄から投資へ-報道 - Bloomberg■貯蓄から投資へ、年内にも「資産所得倍増プラン」…「新しい資本主義」原案 : 読売新聞オンライン■骨太の方針 NISA拡充など「資産所得倍増プラン」盛り込みへ | NHK | 経済安全保障何

  • 税を取ることしか考えない岸田首相

    電気料金高騰「再エネ賦課金」に疑問の声高まる 岸田首相に「聞く力」はあるか再エネ賦課金はひどい税だ。上記記事に詳しい。消費税は安定財源、触ること考えていない=岸田首相 | ロイター金融所得課税見直し「決して終わったわけではない」-岸田首相 - Bloomberg日

  • どうしたの小田急? 東急vs小田急シリーズ#6

    前回 東急の逆襲東急vs小田急シリーズの6回目になる。このシリーズ、理由はわからないがPage Viewが多い。面白くてやめられない。2020年、コロナ禍で、渋谷に集中投資した東急を売って小田急に買い換えるという動きから、小田急は高値更新。ファンダメンタルズからは、

  • 日本 物価上昇で利上げ?

    食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合消費者物価指数は前年同月比+0.1%。携帯電話の通信料下げという物価を押し下げる特殊要因はほぼなくなった。(携帯大手各社は21年春に格安プランを導入していた。)日銀は2%の物価上昇を目標に掲げているが、いまの物価上

  • 米国株ネットカジノで破産 2022/05/18(Wed)

    https://twitter.com/Kamada3/status/1527008602866728963今日のマーケットで特筆すべき事はダウやナスダックの下げではありません。最も注目するべきことは、6%を超える下げとなっている生活必需品セクターです。ディフェンシブ銘柄の多いこのセクターは、資金の避難場所

  • 停滞続く日本のGDP

    日本の場合、コロナ前に戻るだけでは不十分。コロナ前に消費税増税で経済は落ち込んでいる。要は、消費税増税で落ち込み、コロナでさらに落ち込んだ。2段階下落。失われた25年雇用者報酬が増えているのに、消費が増えない。消費税増税で腰を折ったのは痛かった。先

  • お薬はないです。手にはいりません。

    「医師から処方されていた薬がない」。なにが起きているのか?NHK: クローズアップ現代 2022年5月16日 いつもの薬がない!?ジェネリック急拡大の影でなにが 2021年04月25日 日本の医薬品流通が壊滅しかけているという話 2021年11月29日 お薬はないです。手にはいり

  • よい円安、悪い円安?

    円安は、日本経済にとって、いいことなのか、悪いことなのか?計量的に、適当な物差しが見つからないので、答えもない。経済学者なら、円安で一人当たりの実質GDPがどうなるか、大きくなるのならいい円安、低くなるのなら悪い円安と定義するのだろうか?しかし、それでは

  • メモ 2022/05/14  包括利益他

    ■Apple is no longer the world’s most valuable companySaudi Aramco overtakes Apple as world's most valuable company - Nikkei AsiaCompanies ranked by Market Cap - CompaniesMarketCap.com■上場企業最終利益、計33兆円で4年ぶり最高更新の見通し2022年3月

  • 円高 前回の「驚きの国際収支」の続き

    「驚きの国際収支」とは、原油高⇒日本の貿易収支悪化⇒日本の経常赤字の懸念 があったが、3月の国際収支で、日本の所得収支は健在で、そう簡単には経常赤字にならなさそうなことが分かったことが驚きということ。今後は、グローバル景気悪化で日本の所得収支は減るかもしれ

  • 驚きの国際収支

    その前に、銀行、損保などが来週に残っているが、2021年度の決算発表が終わりに近づいた。曲者はソフトバンクグループ だ。今日15時に発表があった。22年3月期の連結最終損益は1兆7080億円の赤字(前の期は4兆9879億円の黒字)に転落した。23年3月期の業績見通しについて

  • 米国株と7%

    米国株を保有すると、長期的には年率7%のリターンが期待できる(た)。7%より上でも下でもない。7%である。そこに、1.5%~3%程度の配当がonされる。買うタイミングによって、リターンは変わってくるので、ドル平均的に買うことが勧められる。以上は、信奉者が多い

  • 約2000兆円の個人資産を投資に振り向ける

    岸田首相はロンドンでの講演で、「新しい資本主義」について説明した。約2000兆円の個人(金融)資産を投資に振り向けることで、「資産所得倍増プラン」を推進すると表明した。とにかく「新しい資本主義」とわけのわかないことを言って、一人悦に入るのは止めてほしい。そ

  • memo 20220509 中国の輸入

    中国輸出、4月3.9%増に急減速 上海の都市封鎖響く中国の2022年4月の貿易統計(ドル建て)では、輸出は前年同月比3.9%増の2736億ドル、輸入は前年同月比横ばいの2225億ドルだった(3月に0.1%の減少)。4月のロシアとの貿易は輸出が3割近く減少したが、輸入は6割近く増えた

  • 東京都区部 消費者物価前年同月比(%)

    食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合は前年同月比+0.3%。米国では、パウエル議長は、「供給不安に対し需要が強すぎるので、利上げして需要を抑制することによって物価を下げる。需要抑制と物価抑制で賃金上昇も抑制される。」と言っている。日本とは事情が全く

  • メモ 米国金融政策 2022年3月4日FOMC

    FRBは2022年5月4日、FF金利の誘導目標を0.25~0.50%から0.75~1.00%に引き上げた。パウエル議長は記者会見で、「今後2回程度の会合でも0.5%の利上げを検討する」と述べた。保有資産を圧縮する量的引き締め(QT)」は6月から実施する。保有国債は市場では売却せず、償還を迎

  • ユーロ圏の消費者物価

    日本の物価については、以前に書いた。日本の物価指数 <悪い円安ではなく、悪い物価上昇>日本の物価が上昇しているのは、エネルギー(ガソリン、光熱費など)と食品(輸入穀物など)が主で、それらを除くと上昇していない。日銀の金融政策の目的は物価の安定である。利

  • 日本株 投資部門別需給  東証データより

    海外投資家に注目すると、3月11日の週から3週連続で、ヘッジファンドなどが先物で買い、年金などが現物を売っていたが、4月1日の週から反転。以後は、年金などが現物を買うとともに、ヘッジファンドなどは先物で売っている。本来は、ヘッジファンドが素早く入ってきて相

  • 米国住宅バブルか?

    米国で住宅価格が急騰している。2月は前年比で19.8%の上昇だった。2000年代半ばの住宅バブル期並み、あるいはそれ以上の高騰率だ。その結果、可処分所得に対する比率も同バブル期並みになっている。(注)新型コロナウイルスの救済プログラムによる社会給付(1人当たり6

  • ‎キングドル ボトム円 株価も反騰

    今、最も確かに、大きく儲けられるのは「円売り/ドル買い」と、多くの投資家は考えていよう。‎キングドル  ボトム円・日本の金融緩和の続行・米国の積極的な利上げ・中国の都市ロックダウン・ロシア/ウクライナ戦争皆が日銀金融政策決定会合での金融緩和据え置き決

  • 日本 為替相場と物価上昇率の関係

    物価が気になるのは、(1)所得が増えないのに、物価だけ上がるのは心配だ。(2)物価が上昇し始めると、金利が上がるのではないか? (A)住宅ローンを変動で借りている人は多い。将来の返済が不安になる。 (B)国の借金が多い。財政は大丈夫なのだろうか、と不安になる。(3

  • 日米中株価

    中国株は、米国から締め出され、景気減速(都市ロックダウン)で冴えない。米国株は、利上げで株価停滞。日本株は、先行き不透明感から停滞。ところが、円換算で見ると、日本株がビリ。中国株より下に来てしまう。そして、米国株は停滞ではなく、堅調に見えてしまう。

  • 実質円/ドル為替レート 購買力平価

    今さら、どうでもいい話だが、参考までに。円の購買力平価基準時点は1979年6月、物価は両方とも資本財物価指数。米国 PPI/Final Demand/Private Capital Equipment (1982=100, Not Seasonally Adjusted)日本 企業物価指数/需要段階別・用途別/国内需要/最終財/資本

  • 為替(ドル/円) 投機筋のポジション 円安の巻き返しを懸念

    相場については、別サイト(有料)に書いているが、今回、うっかりして非公開処理をし忘れた。表記について、公開されているので、興味があればご覧ください。2022/04/17 為替(ドル/円) 投機筋のポジション 円安の巻き返しを懸念なお、前にも書いたが、今日発売

  • 日本の物価指数

    見てもしようがないと、あまりwatchしていない指標なんだが、最近の物価高(特に加工食品)に閉口して、チョット見てみた。変なんだ。足許で総合物価はそれなりに上昇しいるが、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除くコアの物価はかなり下落している。総合物価の上昇率が

  • 日本の貿易収支は悲惨、ドイツの貿易収支は?

    日本の1月の貿易収支は、2014年1月に次ぐ記録的な赤字になった。で、ロシアからの燃料輸入に大きく依存するドイツの貿易収支はどうなっていうるのだろう?ドイツは、黒字を続けている。輸入原油の価格は、スポット市場の価格より遅れるので、これから厳しくなっていくのだ

  • 原油130ドルで経常赤字16兆円、42年ぶり転落 日経試算

    原油130ドルで経常赤字16兆円、42年ぶり転落 日経試算: 日本経済新聞資源価格の高騰で2022年度の経常収支が42年ぶりに赤字に転じる可能性が出てきた。日本経済新聞の試算では、為替が1ドル=120円、原油が1バレル130ドルなら、22年度は16兆円の経常赤字になる。経常収支が

  • ロシア経済の崩壊と金融危機

    転載 ロシア経済の崩壊が「ドミノ倒し」のように次の世界的な経済危機につながる可能性 - GIGAZINE ロシアが、2022年2月からのウクライナ侵攻に対する制裁などで破綻した場合に発生しうる事態について、経済学者が解説しています。Could the Ukraine invasion spark a

  • 中国と日本の米国債保有額

    前回、TICをチェックしたので、ついでに、中国の米国債保有も見た。だからと言って、何か言いたいことがあるわけではない。参考まで。中国の貿易収支からみて、もう少し外貨準備が増えていてもいいような気がするが?これは改めてチェックしよう。中国から資金流出があ

  • 原油価格上昇でオイルマネー復活か?

    米国のTICデータ(対内対外証券投資)で、サウジを見てみる。フロー・データは2015年からしかない。(それ以前は、OPECで一括りになっていた)米国のシェールオイル開発の影響で2014年6月から翌年にかけて、原油価格は暴落。原油収入が減少し、保有株を売却。日本株も

  • ロシアは、現在恐ろしいほど効率的に駒を進めています

    私は、テレビは朝食時と夕食時のNHKのニュースと羽鳥さんの番組の途中までしか見ない。そこにでてくる解説者で、この人の話はもっと聞きたいなと思う人は、2度と出てこない。当たり障りのない退屈な解説者は何度も出てくる。番組が話してもらいたいことを言う人だけを選択

  • 配当利回り10%

    【商船三井】[9104]株価/株式 日経会社情報DIGITAL(株)商船三井【9104】:詳細情報 - Yahoo!ファイナンス(株)商船三井【9104】:連結決算推移 - Yahoo!ファイナンス全然気が付かなかったが、商船三井の配当利回りが10%を越えている。郵船も同様だ。今の株価は3,250円。

  • スリランカで非常事態宣言 経済危機めぐり混乱広がる

    ■スリランカで非常事態宣言 経済危機めぐり混乱広がる:時事ドットコム■スリランカで非常事態宣言、経済危機めぐり混乱広がる : 日本経済新聞経済危機(生活必需品が不足、物価は高騰、外貨不足で燃料輸入ができず、1日13時間の計画停電など)で市民の暴力的な抗議

  • 円暴落の悪夢??

    国家は通貨下落で破綻するー日銀の容認で現実化する円暴落の悪夢https://news.yahoo.co.jp/articles/5055ed9ffcb5da8314b9c35e7ace226564f5d5c1この記事の要約は次の通り。なが~い記事なのに、最後は超飛躍して短絡的な結論だ。人の目を引くためのタイトルにしたので、

  • 困惑 ルーブル急回復

    対円で見れば、1ルーブルは軍事侵攻前の2022年2月23日:1.417円軍事侵攻後の3月9日:0.845円 (侵攻前に比べ40%安)そして、4月1日:1.460円 (侵攻前より強い)参考 ロシア株価 ロシアRTS指数どうなっているんだ?外貨準備高6300億ドルのうち半分ほどは米日

  • 米国雇用統計(2022年3月)

    米3月雇用統計:NFPは堅調で平均時給は加速、Fedに大幅利上げを促す | My Big Apple NY | 米3月雇用43.1万人増、堅調に推移 失業率3.6%に改善 | Reuters米3月雇用43.1万人増、底堅さ目立つ 失業率3.6%と2年ぶり低水準 | ロイター米FRB特集3月は専門職・企業サー

  • 円安の先に危惧される「株式の死」

    円安の先に危惧される「株式の死」、数十年に一度の長期低迷シナリオを覚悟せよダイヤモンド・オンラインに寄稿しました。ウクライナ危機の収束が見えてきたこと、FRBの利上げの見通しが明確になったことから株価は上昇している(市場は不透明を嫌がる)が、利上げの影響

  • memo20220324

    (1)◇ESG投資への逆襲? 防衛関連株の上昇に映る潮流変化(日本株ストラテジー) 地政学リスクの高まりがESG投資に変化をもたらしています。今年に入り、グローバル株式に対してESG投資の運用成績が振るわない中、ESG分野では長らく物議を醸してきた防衛関連株に対する見直

  • 株価急反騰

    各国の株価が急回復している。背景は、(1)ショートしていた筋の買戻し、一部は踏みあげられている。きっかけは、(A)ウクライナ紛争の停戦の可能性が出てきたこと。(B)FOMCが予定どおり通過したこと。(2)年金等のリバランス買い以上だけなら、上げはほぼ終わり、ま

  • 独り言20220316

    (1)ゼレンスキー大統領が日本の国会でオンライン演説をするようだ。質問できるなら、尋ねてもらいたいことがある。ロシアの軍事侵攻は予想していたと思うが(バイデン大統領は、ロシアの侵攻があっても派兵しないと言っていた)、(A)国民がここまでひどい状況になることは

  • 戦後最大の危機とは

    首相「展開次第で戦後最大の危機」 ウクライナ侵攻巡り: 日本経済新聞首相の考えていることと、私小考えていることは違うかもしれないが、・・・

  • 独り言20220312

    橋下徹や玉川徹には理解不能…ウクライナ人が無条件降伏は絶対しない理由 | デイリー新潮上記記事、丁寧には読んでいない。橋下さんの言っていることは知らない。ロシアのウクライナ侵攻に関して、一時的にロシアに譲歩してでも市民の犠牲を最小限にすべきだ、という考え

  • 独り言

    首相「展開次第で戦後最大の危機」 ウクライナ侵攻巡り: 日本経済新聞2014年のウクライナ危機の時も、きっかけはウクライナがEUに入りたいと強硬になったからだ。2022年のウクライナ危機も同じだ。今回、ゼレンスキー大統領は、「ロシアと戦い、ウクライナが戦火にまみ

  • 今、何に投資すべきか 何を避けるべきか

    投資環境が大きく変わった。80年から続いたディスインフレーションが終わった。新型コロナ感染拡大に対する経済・金融政策、ウクライナ危機が世界経済を大きく変えた。今、何に投資すべきか 何を避けるべきか。

  • 米国CPIとFFレート 思っている通り

    米消費者物価、2月7.9%上昇に加速 40年ぶり高水準続く: 日本経済新聞日経の記事がやたら詳しいので、内容はそれを見るのがいい。利上げは必至で、そのスピードの問題。CMEの FedWatch ツールにも注目。参照 揺れ動く金融市場蛇足だが、参照先で、『日本株にしろ、米

  • For myself

    (0)ウクライナ停戦の可能性3月19日、株価、商品価格など大きく戻した。ショートスクイーズが起きた。停戦の可能性が出てきた。(1)ユニクロがロシアでの事業継続を表明したことについて、ウクライナ駐日大使は「ユニクロは、ウクライナの人々の基本的な生きる権利よりも

  • やみくもにロシア制裁するのは、問題を泥沼化するだけ

    私は、自分の見方が外れてきたので、多少意地になっているところはあるが、・・・「どんな理由があるにせよ武力での解決はよくない。」は絶対の真なので、ロシアが責められるべきなのは当然だ。だからと言って、真の理由もわからず、やみくもにロシア制裁するのは、問題を

  • For myself

    (1)米国では、ロシア産エネルギー輸入禁止法を求める声があるそうだ。これはつまり、SWIFTから排除しても、輸入できるということか?それでは、SWIFTからのロシアの銀行の排除の意味は何か?(2)EUは最大手ズベルバンクを除いて、ロシア7行をSWIFTから排除した。日本も追

  • やっぱりと思うのだが

    ウクライナ問題私は、もっと早い段階でゼレンスキーは多少の譲歩(要は、先延ばし)をして、ロシアと折り合うと見ていたので、今の事態について、全面的にゼレンスキーを支持する気にはなれない。(それに、こんなに世論が一方的になると疑う性質だ。戦争なんて、片方だけ

  • ウクライナ問題 金融市場は驚くほど静か

    ロシアの主要な銀行をSWIFTから排除することが決まった。*その昔、私は外国証券事務をしていたことがあり、SWIFTは知っている。しかし、銀行の除外は誰がどのように決めるか知らない。米国が決めるなら、日本はそれに賛成するというだけのことか?日本もロシアの一部銀行

  • ふと思うのだが・・

    ロシア、ウクライナの混乱で、メリットを受けるのは米国ではないか?ロシアとウクライナはともに、小麦の最大級の輸出国だ。ウクライナはトウモロコシの最大級の輸出国である。ウクライナは既に輸出が止まっている。ロシアも止まれば、小麦、トウモロコシの価格は更に上

  • ウクライナ問題 ひょっとしてゼレンスキーの陰謀?

    ロシアが軍事侵攻したので、「プーチンが悪い」一色になった。本田圭佑が「最初から(ゼレンスキー大統領が)協議を申し出てたら余計な犠牲者は出なかったかもしれない」とツイートしたら、・戦争より、それ以上に(協議により)侵略され蹂躙され祖国を失うという事の方が恐

  • ウクライナ問題 楽観的

    ウクライナ問題は楽観的だが、台湾問題にとって、痛い事例になりそうだ。外交協議でNATOがロシアの要求を受け入れなかったことから、ロシア軍の侵攻が始まった。今回の問題は、本来ウクライナとロシアの問題であるのに、米国がしゃしゃりでてきていることだ。(1)米国は

  • 日本のGDP 2021年10‐12月期

    日本のGDPは停滞している。コロナ禍前(19年10-12月期)の水準も回復せず、増してや消費税増税前の水準ははるかに遠い。名目GDPの停滞が続いて困るのは、(1)世界の中での日本のプレゼンスが落ちる(国連分担金の低下や、農産品等の買負け、防衛費を増やしにくいなどなど

  • ウクライナ問題

    今回は、2014年3月発信のレポートの転載続き(つまり、今回のウクライナ問題)は、別サイト(ウクライナ情勢 - Kecofinの投資情報 - GogoJungle)に。私は、ロシアにとってのウクライナは、中国にとっての台湾に似ていると思う。台湾が米国と同盟を結ぶと言えば、中国は武

  • 岸田首相のブレーン 原丈人氏

    不思議に思っていたこと。「新しい資本主義」って、そんな言葉、どこから来たのだろう?岸田首相は、経済政策に関して信頼できるブレーンを持った方がいいと、思っていた。実は、ブレーンはいたようだ。原丈人氏。「新しい資本主義」もその人のコンセプトらしい。問題は

  • プーチンはどうやってウクライナで戦争することができるのか?

    How Can Putin Afford War In Ukraine? His $130 Billion Gold Horde Helps Jan 31, 2022,「原油・天然ガス価格の高騰で、ロシアは毎日約10億ドル(約1150億円)の収入を得ている。以前は収入のほとんどを米ドルで受け取っていたが、ドル依存を軽減するため最近は金(gold

  • 定点観測 各国5年国債利回り 為替レートと金利差

    定点観測 各国5年国債利回り 為替レートと金利差 は別サイトで定点観測 各国5年国債利回り定点観測 為替レートと金利差びっくりするのは、独米金利差の動きだ。為替レートと金利差の関係が壊れたと見ていたが復活したのだろうか? これにはびっくりした為替アナ

  • 1月米国雇用統計 全くの想定外

    コメントは、別サイトに1月米国雇用統計 全くの想定外 - Kecofinの投資情報 - GogoJungle全くの想定外。ISM統計などから、雇用がそそこ堅調なのはわかっていたが、今回は特殊事情により弱く出るはずだった。それと、今回は、過去に遡って修正がなされている。かな

  • 世界的インフレの背景

    今の投資環境の最大のテーマ「世界的インフレ」の背景についてまとめておく。オーバーラップしている項目もあるが、一応、次の通り。なお、地政学的リスク(中国、ロシア、台湾、ウクライナ)も大きくなっている。新型コロナは、もはやリスクではなく、顕在化している。

  • 岸田文雄は動かない

    岸田文雄は動かない私も激しくそう思うので、コピペ。岸田首相、緊急事態宣言に慎重姿勢 衆院予算委で与野党から発令検討求める意見ガソリン税一時的軽減、「今現在は検討せず」=岸田首相岸田首相、国会論戦で「検討」多発 野党は批判「ぬかにクギだ」25日の

  • 7&iHD急騰 これ、どう思う?

    昨夜、日経が「セブン&アイ・ホールディングスが、傘下の百貨店事業会社、そごう・西武を売却する方向で最終調整に入った。」と報道。で、今日、株価が急伸している。それはそれでいいのだが、勘のいい投資家もいるようだ。他の小売株の株価はどうだったのだろう?

  • 私が小型株を買わないわけ その2

    小型株投資に興味がないので、よくは知らずに書いているが、まず、小型株指数はあてにならない。特定の銘柄に左右され、小型株指数は指数として体をなさない。マザーズ指数などは、かつてはミクシィ、今はメルカリか?仮に、TOPIXがトヨタに左右されるなら、そもそもト

  • Kecofinの投資情報 - GogoJungle

    基本的に、相場のことは同タイトルのKecofinの投資情報 - GogoJungle に書いています。有料サイトなのですが、誰でも見られるところもありますので、興味があればご覧ください。最近の記事は、定点観測 各国5年国債利回り 2022年1月29日 16:35公開定点観測 為替

  • 私が小型株を買わないわけ

    私は、基本的に個別株は買わないことにしている。二つ理由がある。一つは、時として値動きが激しすぎることだ。東京電力の株価は、大震災の時、あっという間に六分の一になった。不測の事態とはいえ、激しすぎる。東芝もリーマンショックの時は五分の一になった。もう一

  • 米国 量的緩和の縮小・引き締めの株価への影響

    FRB、3月利上げ示唆 「まもなく引き上げるのが適切」: 日本経済新聞今回のFOMCで、利上げ幅や、スケジュール、ペース、FRBのバランスシートの縮小、その開始タイミングなどなど、柔軟性は残されているが、とにかく、利上げは行われ、バランスシートの縮小も行われることは

  • 日本株は(下げるとすれば)どこまで下げるか?

    ・日本株価は、業績に比べ割高な時代が続いたが、2008年ごろからそれはようやく修正された。・株価はEPSとPERの積である。EPSは業績である。PERは通常、金融状況を反映して上下するが、日本では硬直的で、概ね14倍程度に固定されている。つまり、株価はEPS×14 ということに

  • 米国株の調整 危険な信用残の急増の反落

    2021年4月13日に、ダイヤモンド・オンラインで、「市場を揺るがす「アルケゴス事件」とは?」という記事の中で、「信用残の急増は株価暴落の危険な兆候」と書いた。再掲すると、2000年のITバブルや2007年のサブプライムバブル時に、米国では信用買い残の前年同月比増加率

  • 円/ドル、米債、米株 投機筋のポジション

    (1)円/ドル投機筋の円買いポジションは2週に渡って急減した。円高に賭けるのは危険だということだろう。しかし、円売りも減少しているし、円安にバリバリに賭けているわけでもない。投機筋の動きが読みにくい。ここまで円買いポジションが縮小すると(歴史的にも最低レベ

  • フィラデルフィア連銀景気指数

    米国で最も代表的な景気指数はISM製造業指数である。(前月データを当月1日に発表)すると、知らない間に、ISM製造業指数を占う指数としてフィラデルフィア景気指数ができた。(当月データを当月に発表)そしたら、ニューヨーク連銀も、もっと早く同じような指標を発表し始

  • 米国株相場(S&P500)の見方 (1)

    米国株相場を見るには、(1)米国株相場とEPSの関係(1a)EPSの予想  ISM  金利の変化(先行指標)(2)PERと金利の変化(2a)PERと金利(3)PERとマネーサプライ伸び率 本当は、MZMがいいが、発表がなくなったので、M2で代行。(4)株価=PER×EPS (2)と(1a) (3)と(1a)

  • リスク回避 risk-averse

    米日金利差が更に開く中で、円高が起きている。flight to quality(質への逃避(市場が不安定な時期に,損失回避のため資金をできるだけ安全な投資対象に移すこと)) ではない。円が安全資産ということではない。これまで米日金利差からドルロングでポジションを採ってい

  • 岸田首相 “新しい資本主義”推進 世界経済フォーラムで演説

    チョッと、メモしておく。岸田首相 “新しい資本主義”推進 世界経済フォーラムで演説 | NHKニュース2022年1月18日岸田総理大臣は、2022年1月18日夜、世界経済フォーラムが開いたオンライン会合で演説しました。日本が来年、G7議長国を務めることを踏まえ、みずからが掲げ

  • 予想外のニューヨーク連銀製造業景気指数の悪化

    冗談のようなことが起こったかもしれない。次のレポートの最後ををもう一度見てほしい。米国経済 小売売上高 鉱工業生産 : Kecofinの投資情報転載すると、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^ISM指数を占うニューヨーク連銀製造業景気指数(Empire

  • 日本株下落 米株下落 ドル高 金利上昇

    一斉に動いた。背景はよくわからない。朝から米金利が上昇していた。理由はこれ?日銀の金融政策決定会合の結果(物価上昇率見通しを従来の0.9%から1.1%へと引き上げたなど)を見て動いた感がある。タイミングはこれ?他に何かあったのか?10年金利がコロナ前の1.9%

  • 東証再編 大山鳴動して鼠一匹

    殆どの投資家は東証再編に興味がないだろう。私もない。なぜなら、「プライム市場」に現在の「東証1部」の大部分が横滑りし、構成銘柄数も1800を超えそうだからだ。何のために、6年近い歳月をかけて準備してきたのか?どうして、このようなばかげたことが起きたのか?そ

  • 中国経済成長減速も、まだ息切れしていない

    中国経済データの入手は難しい。データベースとしての発表が遅いからだ。まずは、プレスリリースの文章の中で発表される。というわけで、新聞記事(今回は日経)から拾った数値でグラフを作った。過去データが曖昧なので、完全に正確ではないと思うが、概ね傾向には間違い

  • パウエル議長のタカ派への転換

    FRBはインフレ抑制の対応に楽観的過ぎる、FRBのインフレ対応は後手に回っている と、FRBはサマーズ元米財務長官などから激しく責められている。つまり、パウエル議長が「インフレは一時的」と頑なに言い張ったことを責められている。しかし、パウエル議長はそうせざるを

  • 昨年の国別株式パフォーマンス

    間延びしたが、正月に、昨年の各国のパフォーマンスを見ていたら、昨年は、概して、①原油価格の上昇を背景に湾岸諸国のパフォーマンスが良かった。②中国経済の減速の影響を受けた市場は苦戦した。日本株も後者に含まれる。欧州の中ではドイツが該当しよう。ベトナム

  • 米国経済 小売売上高 鉱工業生産

    12月の米鉱工業生産、0.1%低下 3カ月ぶりマイナス: 日本経済新聞新型コロナ: 米小売売上高、12月1.9%減 オミクロン拡大で集客低下: 日本経済新聞小売売上高は、現金支給、失業給付の継続の打ち切りなどで減少に転じている。物価が上昇しているので、実質小売売上高(量)

  • 米物価高も、金利は低下、大幅ドル安の不思議

    今回は、別Blogに書いた。タイトルに不思議と書いたように、為替相場の動きの現状把握ができていない。米12月CPI前年比7.0%上昇、約39年ぶりの高い伸び 利上げ圧力高まる | ロイターエネルギーを除くサービス業(消費者物価に占める割合57.7%)から更に住宅(同32.

  • 銀行株と米国金利

    銀行株は長期金利と連動しがちだ。金利が上昇すると、預貸利ザヤが拡大しがちだからだ。しかし、日本の金利は全く動かない。心理的に米国金利動向に左右されているようだ。これから米国長期金利が上昇すれば、日本の銀行株は上昇するのだろうか?そういう気はする。

  • 長期に見た日本株のパフォーマンス

    特に意味はないのだが、長期に見た日本株のパフォーマンス。まずは、配当込、ドルベース。70~80年代の日本株のパフォーマンスは凄まじかった。ワラントも大流行で、朝買って午後に売れば1割儲かると、打ち出の小槌と言われた時代である。そして、日本では、90年代に不

  • 米国雇用統計(2021年12月)回復継続

    事業所調査による非農業部門雇用者の前月比増加数は+199千人。家計調査による非農業部門就業者の前月比増加数は+476千人。(グラフの赤線)事業所調査による非農業部門雇用者の前月比増加数はやや鈍ったが、伸びは続いている。家計調査による非農業部門就業者の前月比

  • 米国金融政策が株価に与える影響は?

    昨年12月14、15日のFOMCの議事録で、(1)FRBは、高インフレと完全雇用に近い経済の過熱予防のため、速いペースの政策金利正常化が妥当となるかもしれないとの見方を示した。3月以降、3か月ごとに0.25%ずつの利上げというシナリオが予想されるが、1回で0.5%利上げというこ

  • いろいろ

    (1)民主主義の反意語は?テレビでやっていた。「権威主義」らしい。ただ、ケースバイケースのようだ。参考 民主主義の対義語 : 対義語辞典 - WORDDROW.net(2)介護老人保健施設で入所者が、施設職員(36)に空気を注射されて死亡した事件私の古くからの友人の医師は、「

  • ドル/円相場と投機筋ポジション 異変

    相場関連は別Blog(Kecofin - GogoJungle)に書いているが、今回は、こちらに転載。ドル/円市場において、投機筋のポジションに異変が起きている。投機筋のネット(=円買いー円売り)ポジションとドル円相場の動きが乖離している。円ショートだったのを巻き戻し(円買

ブログリーダー」を活用して、Kecofinさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Kecofinさん
ブログタイトル
Kecofinの投資情報
フォロー
Kecofinの投資情報

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用