searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Kecofinさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Kecofinの投資情報
ブログURL
http://kecofin.blog.jp/
ブログ紹介文
市場歴約40年の元ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。
更新頻度(1年)

12回 / 10日(平均8.4回/週)

ブログ村参加:2020/06/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Kecofinさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Kecofinさん
ブログタイトル
Kecofinの投資情報
更新頻度
12回 / 10日(平均8.4回/週)
読者になる
Kecofinの投資情報

Kecofinさんの新着記事

1件〜30件

  • 中国の力の源泉

    中国パワーの源泉は金(カネ)である。対米貿易黒字で稼いだ金で、各国からの輸入を増やし、アフリカなどの新興国やフィジーなどに金を貸したり、インフラ投資をして影響力を高めたのである。オーストラリアなどは狙い撃ちにされた感がある。対中輸出を増やして景気を支え

  • 米株 最も重要な統計

    株価が企業収益と連動するなら、今の株価は大きく下落していいはずだ。ストラテジストにとって最も重要な経済指標の一つはISM製造業景況感指数だ。ISM製造業景況感指数は企業収益と連動しているからである。ISM製造業景況感指数が概ね50.5を超えると、企業収益は増加す

  • 部門別上場株式保有

    参考日経記事 日本企業の株保有比率、日銀の伸びが最大以下のデータ出所は日銀資金循環統計

  • 米 6月ISM指数はGDP1.7%成長に相当

    6月のISM指数が急回復した。既に発表になっているニューヨーク連銀製造業景気指数やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は急回復を示していたので、驚きはない。今回発表になった値は52.6%。実質GDP成長率で1.7%に相当する。このままの回復が続けば、Fedは金融緩和の方

  • 金価格上昇。背景は期待インフレ率上昇と低金利の同居。

    金価格上昇。COMEXの金先物8月限は1オンス=1800.50ドルで終了。背景は、低金利に加え、先行きのインフレ懸念。まずは、金利との連動。金の価値はその信用力だ。しかし、金利がない。金利が低下すれば、相対的に金の魅力が増す。しかし、ここにきて金利の低下がない

  • 株式 投機筋のポジション

    投資家は、年金やソブリンウェルスファンドなどのlong onlyの長期投資ファンドと、ヘッジファンド、CTAなどの短期の投機筋に分かれる。日本株で相場を決める最大の投資部門は海外投資家である。海外投資家のうち、短期の投機筋は主に先物を利用する。そのフローの動向は

  • 2020年6月29日の米国株式市場 高騰

    今の株式市場を支えているのは、FEDの「超金融緩和政策」と「信用力の低い企業への資金繰り支援」.。(1)この政策の下で、経済が回復に向かっていると、株価は堅調になる。心配なのは、(2)Fedの超金融緩和があっても、新コロ第2波でeconomic collapseが起きる場合。

  • 日本株 米国株 豪ドル 売りシグナル継続

    私は、投資判断ではMACDを重視しています。ただし、MACDはシグナルが出るのが遅れること、ダマシもあることなどから、ファンダメンタルズ分析と併用しています。そして、シグナルが出る前にアクションを取るようにしています。ファンダメンタルズ分析では相場の方向性も考え

  • Test

    これはTestです。

  • 日本株 需給の異変

    日本株相場は、なが~い間(1994年頃から)海外投資家が支配してきた。海外投資家が買えば上がるし、売れば下がるというわけだ。それが、4月の中旬から、海外投資家が売り越していても株価は上昇するようになった。何が起きたかって?やはり、日銀のETF買入上限引き上げ

  • 定点観測 2020年6月28日

    金利は、Fedがゼロ金利政策をとってから、ほぼ止まっている。ドル円為替レートは、短期的な米金利との連動を繰り返している。2019年8月15日から年末までの連動のあと、今年年始から乖離し(米軍がイラン革命防衛隊の司令官らを空爆によって殺害する事件があった)、3月中

  • もう無茶苦茶!米国雇用統計 予想

    雇用統計(6月)が7月2日(木)に発表される(独立記念日の関係で今回は金曜日の発表でない)。前月比+3,000千人程度が予想されているようだ。非農業部門雇用者数前月比増減は、基本は新規失業保険申請件数から推計される。失業保険請求件数は週次データで、既に発表になっ

  • 商品価格指数は世界経済成長率のプロキシのはず?

    商品価格指数(特にLMEXのようなベースメタル指数)は、世界経済成長率と高い相関があります。ところが、今回は世界の経済成長率が大きく鈍化する中で、商品各指数の下落は僅かにとどまっています。勿論▲100%より大きなマイナスにはなりませんが、それでも前年比▲50%に

  • 日本株 業績と株価の乖離

    日本では、TOPIX(又は日経平均)のEPSを集計・算出して、一般に公表しているのは日経だけだ。・東証は、実績を集計しているが、発表が遅く、後で確認のために見るだけだ。昨年度(2020年3月期)のデータもまだ発表になっていない。・購読ということであれば、IBES、Factset

  • どうしたの東急?

    東急(株)(9005)が弱い。業績見通しが不振なのでやむを得ないかもしれないが、同様の状態の小田急は堅調だ。2015年以降、東急と小田急電鉄(株)(9007)は似たような動きをしてきた。しかし、ここにきて両者の動きは股裂きのようだ。たぶん、特定の株主(たぶん、海外投資家)

  • 米国大統領選賭け市場

    もっとも有名な情報サイトは、(1)予想サイトの「プレディクト・イット  (日本からアクセス不可)    (Wiki)」と(2)オッズ情報サイトの「オッズ・ウオッチ」 Odds Watch は、世界最大のオンライン賭博取引所Betfairのデータをもとにしている。<br>(1)のPredictItは、

カテゴリー一覧
商用