searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 妻のソレにも病名を

    もうめんどくさいのでアスペルガーとして生きていきます。

  • けんけんがくがく

    くだらないプライドを引きずっています。あ、「ひきづる」って書く人も多いですよね。「一人づつ」とか。気にならない人が羨ましいです(褒めてない)

  • 博多 「博多もつ鍋前田屋 博多駅前店」

    たまには気分を解放しないとね。

  • 愛は蜃気楼

    愛に飢えているのは良い状態じゃない。

  • 人を選ぶ側になってはじめてわかったこと

    「就職は結婚みたいなもんだ」と言われても、選ぶ側になってみないと納得できない理屈だよこれ。

  • ロスタイムが長すぎる

    今日も無駄な1日だった。

  • 追悼 上島竜兵

    ご冥福をお祈りします。

  • 2台持ちの片割れ

    家族の家計簿はお金の管理ではなく夫婦のコミュニケーションツールなんだなという発見。

  • 「いじめられる方が悪い」理論

    どうも自分はモラハラ人間を引き寄せる性質があるらしい。しょぼん。

  • 商機より大切なものが男にはあるんだってさ

    くだらないプライドで会社を潰す奴の典型例を観察している。

  • 「なんで私だけ」

    自分が親にやってもらいたかったことをやってあげるのが子育てなのかなと思っている。

  • 東比恵「中華そば かなで」

    舌が正常かどうかのリトマス紙。

  • 俗に言う「嫌われる勇気」というやつだね

    「和をもって貴しとなす」聖徳太子が聞いたら卒倒するでしょう。

  • リアル・シルバニアファミリー

    妻は私より高級取りですが、その分きっちり使い切ります。

  • ピアノレッスンは侮れない

    英語やプログラミングより、ピアノを必修にした方が良いと思います。

  • 平穏な日常

    私に責任転嫁しないのであれば、私は妻の体型に注文など一切ありません。健診だけは受けてください。

  • アレクサでも買ってくれ

    妻のコミュニケーションに原因があるという言説ってほんと少ないですよね。

  • 間違いとの向き合い方

    独裁者とは離縁するしかない気がしてる。

  • 結婚相手に求める唯一の条件

    見た目で選ぶと絶対後悔するよ。

  • こどもの日にこどくを覚える

    それを愛情と解釈するのは難しい。

  • 知床事故に見る北海道民の宿痾

    大地は引き続き試されています。

  • 青年期は人と比較しないことが大事

    若さというのは時に残酷だから、当事者のうちは直視しない方が良い場合もある。

  • 結婚生活の必要十分条件

    煩悩に塗れた私には、妻が単なる無神経な人間に見えます。

  • ホウレンソウがない理由

    ホウレンソウ「する」側ばかりに問題の原因を求めるのはフェアじゃない。

  • 精神的負担についての話を聞く精神的負担

    自ら矢面に立ち、恥をかき、評論されよ。

  • 春雨に濡れて

    別れの寂しさは成長の種。

  • ドラマが豊作ですね

    娯楽に興ずることのできるゆとりを寿ぐ。

  • 書評『NOISE(上・下)』

    久々に脳内で数学的な処理をして、頭から火が出そう。

  • 平尾「いい日とん勝」

    私の人生史上No.1のロースカツがここにある。

  • 空虚な悦び

    目指した山も、登頂してしまうと呆気ないもの。

  • 博多駅「鯛らーめん 穂と花.」

    日本の端と端に橋が掛かった。脳内で。

  • オッサンの支配欲はもういいぜ

    ロシアとウクライナの戦争を眺めての雑駁な感想。

  • 金持ち泥遊びせず

    2歳児をそこまで「調教」できることを恐ろしく思います。

  • セブンのカレーおにぎりがマジで美味い

    セブンのおにぎりは飲食店のテイクアウトを凌ぐ(言い過ぎ)

  • 怒りに負けるな

    理性的に怒りの感情を表現することはできるはず。

  • リアル風来のシレン

    毎回ダンジョンマップが変わって楽しいのは子どもの時だけですよ…

  • 「他言語を操れる」ということの意味するところ

    たとえTOEIC満点でも、英語話者と心が通じ合えるとは限らない。

  • 聳え立つ小1の壁の高さたるや

    育児は1人でやるもんじゃない(6年連続6回目)

  • 学童弁当bootcamp

    自分がせいせいするためだけに、世の中の男親全員に弁当作りさせたい気分。

  • 午前1時の素麺

    これが子育ての醍醐味ってやつですよ。

  • 持病の直視

    「寄る年波には勝てない」と三十路で呟く。

  • 薬院「ぎょらん亭 薬院店」

    北九州からの黒船は福岡で勝負できるか。

  • 博多「石田一龍 博多店」

    北九州から殴り込みの有名店。果たしてその実力は。

  • 私は痰壺じゃない

    あなたの望むものはあなたが自ら遠ざけている。

  • 理想とする上司との邂逅

    人事評価が抱えるジレンマの、最も単純で困難な解消方法。

  • 桜満開の春に

    試練を乗り越える次女

  • 2022年日本の旅

    出不精なだけのお為ごかしですけどね。

  • シフト組み地獄

    2人の子どもを別々の保育園に通わせている都心の親御さんには頭が上がりません。

  • あえて事務所に出勤する時

    同僚とは意地でも顔を合わせないようにしているはぐれメタルは私です。

  • 藤井聡太 実生活ver.

    家庭の運営と仕事の遂行の両立はなかなかに高度な知的格闘技である。

  • 保育士は「第二の親」である

    保育士という仕事の尊さについて。

  • 脊髄反射で乗り切る

    沈思黙考する脳細胞が死んでる気がする。

  • 晴れ男でござい

    夫婦互いに「自分の望まない評価」をくだされることを避けたいがあまりにギクシャクしているという話。

  • マシュー・サイド「多様性の科学」

    「多様性」の世界に驚くほど「多様性」があることを知らしめる一冊。

  • 異文化を接触させる

    いつの時代も子どもは地域社会で育てるもの、であってほしい。

  • 健康のありがたみ

    幸福というのは失って初めて気づくもの。

  • ミル「自由論」

    自由を容易く他者に明け渡してしまう現代にこそ、自由の価値と保持のための不断の努力の大切さを見つめ直して欲しいものです。

  • 福岡は「焼き鳥県」を名乗るべき

    福岡に遊びに来たら、ちゃんと焼き鳥食べてから帰ってる?

  • 経験は他人の利益のために

    この辛い痛みが誰かのためになるなら。

  • 美醜と良縁の因果関係のなさ

    男女のマッチングのブラインドスポットをみつめる。

  • 犬も食わぬ矜持

    意地とプライドを捨てては続けてはゆけぬ。

  • 3月→4月の激動

    の内輪で勝手に盛り上がってイベントの質量を水増ししてくる一部の保護者に穏やかならざる感情を抱いています。

  • 克服すべき壁

    妻の指摘全文。備忘録として。

  • キャパオーバー

    忙しいということはありがたいことです。

  • The・日曜日の深夜

    これが子育ての醍醐味ってやつですよ(死)

  • Yahoo!デビューしました

    おそらく最初で最後の思い出。変な犯罪したら2回目があるかもだけどそういう出方をしないよう慎ましやかに暮らしていきたい。

  • 24時間の感情労働

    甘えた寝言は全てブログに。

  • 親の責務は待ってくれない

    いつだって一軍スタメンなのです。

  • 世界大戦の終わりはすぐそこに

    ロシアのウクライナ侵攻を観察して戦争の姿は様変わりしてしまったなぁという話。それが幸せかどうかはわからない。

  • 自力では辿り着けない秘宝

    プロに話を聞いてもらうということな侮れなさについて。

  • 「賃貸vs持ち家」論争の終焉

    「賃貸・持ち家論争」にてあっさりと賃貸派→マイホーム派に寝返った話。

  • 最近の夫婦関係の進捗報告(誰に)

  • 【書評】ちきりん「自分の意見で生きていこう」

    久々のちきりん本。彼女のブログでの主張に意見の相違はあれど、思考プロセスや洞察そのものは大いに参考になるので書籍は素直に読んでる。はてなブログやってるのも彼女の影響。すでに自分の意見で生きていっているつもりになっている私が、わざわざ読む価値あるか?とも思ったがやはり読んで良かった。一つには、自分の意見だと思っているものが意見の「要素」を満たしているか、それを再確認する手段として。もう一つには、自分の意見で生きていき続けることの応援歌として。まだ自分の意見で生きていけていない人には新たな学びを得る丁寧な参考書になるだろう。すでに自分の意見で生きている人は、そのことで生じる摩擦とその痛みは極めて健…

  • 綱渡りの引越し保活

    4月以降の生活が路頭に迷わずにすみ安堵したものの、そもそもこんな簡単に生活基盤が揺らぐ社会ってどうかと思う。

  • ディズニーなめてた

    ディズニーは女の子のためのみにあらず。

  • 印刷会社を退職しました(代筆)

    この退職エントリはフィクションであり、登場人物、団体名等は全て架空のものです。

  • 桃の節句に腰をいわす

    何でもないような日常が一番幸せって事です。

  • 保育園難民になりまして

    子どもを持つと生活環境を変えることにペナルティが生じる社会です。

  • 脳みそまではネコババできない

    近しい他人の活躍が妬ましくて妨害せずにはおられない哀れな男の末路の一歩手前。

  • 黙らない権利

    平社員とは失うもののない無敵の人である。

  • 健康資産の運用こそ計画的に

    投資の利回りの考え方は心身の健康にも丸ごと当てはまるのだけれど、理論をきちんと援用している人は随分少ないな、という話。

  • 俺なりのドラゴン桜、あるいは金八先生

    生育環境のビハインドを、学歴でロンダリングしようとした話。

  • 成人男子の雪遊び

    スポーツはやるものでも見るものでもなく、作るものだ。

  • 営業×育休のレクイエム

    営業職の男性特有の、育児休業取得に伴う葛藤と乗り越え方について。

  • エロからの卒業

    純粋な性欲だけで駆動できる人間をある種羨ましく思う。しかしそれは危険なことかもしれない、という話。

  • イソップ童話の「キツネとぶどう」とは少し違うと思ってる

    幸福な人生は、実は思い描くビジョンに到達する「少し手前」にあるのではないか、という仮説。

  • イソップ童話の「キツネとぶどう」とは少し違うと思ってる

    幸福な人生は、実は思い描くビジョンに到達する「少し手前」にあるのではないか、という仮説。

  • 妻の主夫育成計画

    妻が男女共同参画担当大臣に任命されたら日本を救うと思う。

  • 物分かり良くいる意味の無さ

    仕事の評価に対する矛盾の暴露を突きつける

  • 非情になるにはまだ早い

    新規事業立ち上げメンバーの中に脱落ぎみな人が出たとき、リーダーはどうたち振る舞うべきか。

  • 女性は十分活躍している

    「女性活躍推進」という手垢のついた風潮の欺瞞について。

  • お金で買えない価値にお金を払ってください

    今日は顧客向けに配布している業界誌の原稿執筆日。昨日の経営方針発表会に対する怒りに任せてスパイスの効いた文面が出来上がる。おおむね完成したところで終業時間中のランニングに興ずる。走りながら先ほどの原稿の文末のアイディアとら年度末の評価面談のシナリオの整理ができる。アイディアをまとめながらだとついラン自体が疎かになってペースが落ちてしまうのだけれど、思考を効率良くまとめるのには単純な運動がなぜか効果的で、最近は思考が詰まった時にランニングを多用している。脳に適度に揺さぶりをかけると余計な枝葉が落ちて伝えたいメッセージの起承転結がクリアになるのかもしれない。 閑職であるために自由に時間を使い、健康…

  • 流行りのビジネス用語に御用心

    「カスタマーサクセス」のあまりに未熟な誤用について。

  • 村山昇「キャリア・ウェルネス」

    キャリア論の本は玉石混交だが、私の問題意識にばっちりフィットした内容。ビジネス書籍は最初の勢いだけ良くて後半がページ稼ぎの尻すぼみになることが多いが、本書は尻上がりに面白くなってゆく。セミナーで使用されているスライドも惜しみなく掲載されており、このまま社内研修に使わせていただけるものばかり。お人好しすぎるだろ作者…プロフィールに「概念工作家」とあるが、その名乗りに相応しい物事の定義、整理、解釈で満ち溢れていた。それゆえ一読ではとてもじゃないけれど処理しきれない情報量。一語ずつ意味を噛み締めるのに時間がかかるが、むしろそうしてでも血肉としなければならない、安易に丸呑みしてはいけない、という重たい…

  • 豊かさを持て余す

    私は18歳まで北海道の寂れた寒村で過ごした。暮らし向きが貧しいわけではなかったが、ただでさえ人口が少ない町の、中心部からさらに離れたところに実家があったもんで、小、中と同年代の子どもたちと気軽に遊ぶ機会が容易に得られなかった。当時はゲームボーイ全盛期。中でもポケモンは誰しもがやっていて、通信ケーブルを買ってもらえる少し裕福な家庭の子どもは周囲から羨望の的だった。もちろん私も通信ケーブルは持っていなかったが、たとえ買ってもらえたとしても交換する相手が近所にいなかった。徒歩圏内に駄菓子屋なし、雑貨屋なし、おもちゃ屋なんてもってのほか。年に一回、クリスマスの時期に車で1時間半かけて大都会の旭川(!)…

  • 睡眠崩壊

    最近は深夜に目が覚めてしまう。昨日は午前3時半。トイレに行きたくなるわけでもないのに目が覚める。これで眠くなければショートスリーパー完成なのだけどめちゃ眠い。でも起きちゃう。老化なのかな…休みの日は子どもが室内キャンプをしたがり、私の寝室を使うのでわたしが子ども部屋に追い出される。冬の寒さ故に夜中に子どもが起き出して私の布団に潜ってくる。妻が深夜3時ごろまで新居の図面や設備の吟味をしていて多少の生活音がある。などなど些細な特殊条件が重なり安眠を妨げられているのだろう。子どもが産まれて6年。添い寝はずっと私の仕事なので、まともに安眠できていない身体が経年劣化している感覚。午前9時半。妻はまだまだ…

  • 英傑、中空に舞う

    北京オリンピック、スノーボード男子ハーフパイプで、平野歩夢選手が金メダルを獲得した。決勝しか見ておらず、技の名前もルールも得点の基準も知らなければ、なんなら回転数を目視できる肌の動体視力を持ち合わせていない、完全なにわか野郎であるにも関わらず、思わず感動してしまった。まず、シンプルにジャンプがべらぼうに高い。圧倒的に滞空時間が長く、回転も一生懸命回ってます、という力みが全くない。まさに次元が違う、という感じ。何回巻き戻して見てもその都度陶酔してしまう美しさだった。そしてこのドラマチックな展開。2大会連続銀メダル、という仕込みがあって、素人目には、あーもうこれで金いったわ、と確信させられた2回目…

  • くたばれSPIN

    新入社員時代、営業トークの効果的な質問技法としてSPINなるものを叩き込まれた。SPINとはSituation Questions(状況質問)Problem Questions(問題質問)Implication Questions(示唆質問)Need-Payoff Questions(解決質問)の頭文字を取ったもので、いきなり課題を聞いたり、解決策を提示するのではなく、近況を伺い、課題のありかをやんわりと探り、それを放置するとどうなるかを想像させてから、解決手法の提示を行う、というステップを踏むことで成約の確率が高まる、というやつだ。正しくはよく知らない。所詮どこぞのコンサルがやってることの孫…

  • 贈与も返礼もできるだけない方がいい

    ランニング後のシャワー時に、長女が「汚れが気になる」と言っていた風呂の細部の掃除を始める。なるほどよくよく目を凝らせば黄ばみや赤カビなど視力の良い子どもなら不快に感じる箇所が散見される。歯ブラシでゴシゴシと擦りながら、「子ども達に普段片付けしろとか綺麗にしなさいとか言ってるけど、模範がこれでは『綺麗の基準』もあったものではないな」と反省した。妻が私に、「言われたからやるのは子ども。そもそも言われる前に自分でも嫌だな、と思う感性を磨いて欲しい」ということを頻繁に言う。それを私は「妻の快適基準を身に染み込ませろ」という意味に捉えていたが、もしかしたらもっと高尚な意味かもしれない、と思い始めた。緊密…

  • 大野城市「ロビンソンスパイス」

    かつて、札幌にvoyageというスープカレー屋さんがあった。学生時代、最も通い詰めたスープカレー屋だ。その店はスープが常時味わえる「曼荼羅」と、コッテリ系の「日替わり」を選べたのだが、「曼荼羅」というスープが日本で最も美味いスープカレーだと今でも思っている。あっさりサラサラ系の「出汁」に近い口当たりで、スパイスの風味が最大限味わえた。当時もコッテリトロトロ系のスープが主流で、友人と行けば皆「日替わり」を注文し、いつも私だけ「曼荼羅」だったのだが、構わず我が道を貫いていた。その店は今は閉店してしまったらしく、営業しているのは系列店のピカンティだけのようで、そのピカンティの系列店として福岡に乗り込…

ブログリーダー」を活用して、あんどうなおさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あんどうなおさん
ブログタイトル
un deux droit
フォロー
un deux droit

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用