searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

aka_koushiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
「行動と見識」KOUSHIのブログ
ブログURL
https://koushi-blog.hatenablog.com/
ブログ紹介文
行動と見識で人生を豊かにするをモットーに、読んでいただいた皆さんがパワーアップできるようなブログを目指しています。
更新頻度(1年)

316回 / 314日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2020/03/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、aka_koushiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
aka_koushiさん
ブログタイトル
「行動と見識」KOUSHIのブログ
更新頻度
316回 / 314日(平均7.0回/週)
読者になる
「行動と見識」KOUSHIのブログ

aka_koushiさんの新着記事

1件〜30件

  • 断食と宗教の関連 偉人の断食習慣も見逃せない

    こんばんは。本日もお立ち寄りください誠にありがとうございます。 あっという間に週末がやってきましたね。今週は充実した時間を過ごされましたでしょうか。 断食についてのお話を今日も続けますね。 「断食」と言えば、忘れてはならないのが「宗教」との関連性。 世界の宗教の多くは断食と深い関係を有しています。 ・釈迦やキリストも断食を行っていた。 ・イスラム教ではラマダン、ユダヤ教でもヨム・キプールという断食への取り組みがある。ヒンドゥー教でも、エカダシ、プニマといった特定の日に断食を行う慣習がある。 ・仏教では、断食が代表的な苦行の1つである。 修行の1つとして「断食修行」「断食行」という言葉を聞いたこ…

  • 断食の精神面への影響 心と体は一体

    こんばんは。 昨日から「断食」についてお伝えしています。健康面での好影響に興味が湧いた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 健康面の好影響については、昨日お伝えした以外にも「免疫力が高まる」という研究結果もあります。 食べない→栄養不足→免疫力が低下する と考えがちですが、そうではないのです。 特に過食の環境にいる現代の私たちにとっては、見逃せないポイントです。 精神面にも好影響があります。私としては、こちらのほうをより重要視しています。 私が記録しているメモからお伝えしますね。 ・精神が爽快となり、不安感・ストレスが減少する。 ・感覚が研ぎ澄まされる。 ・集中力がアップする ・波動が変わる…

  • 「断食」について考える

    こんばんは。本日もお立ち寄りくださりありがとうございます。 昨日の記事では、久しぶりの炭酸飲料摂取から再認識した「体の反応にもっと敏感」になること、そして「その反応の教えに従う」ことの大切さについて考えてみました。 実は、年末年始の休みの後にそう感じたのは、炭酸飲料からだけではありません。 食べ物の摂取回数と摂取量からも、このことを考えさせられました。 休み中と休み明けでの食生活の違いに、私の体はすぐに反応を示してくれたのです。 具体的にいえば、休み明けに摂取量が増えた、ということなのですが…。 突然ですが、あなたは「断食」に興味がありますか? もしかしたら、実践されているかもしれません。 私…

  • 体の反応を感じ取る

    こんばんは。本日もお立ち寄りくださり誠にありがとうございます。 1月ももうすでに下旬を迎えますね。 すっかり日常の生活に戻られていることと思います。年末年始に食べ過ぎ(飲み過ぎ)をしてしまった方も、通常のペースに戻られていることでしょう。 私の場合は逆のパターンで、年末年始はヘルシーな食生活を送っていたのが、ここ2週間ほどで従来の少し不健康な状態に戻ってしまっています…。 といってもそれほど荒れた生活ではありません。少しお酒を飲み過ぎでいるくらいです(笑)。 年末年始のお休み明けに「本当に体は正直だな」と気づいた出来事がありました。 大のお酒好きの私にとって、毎日の酒代はバカになりません。それ…

  • 2020年の読書量 2021年は読書に逃げない

    こんばんは。 私の趣味の1つは読書です。時間さえあれば本を読んでいます。 昨年の5月頃に、ここ数年の読書量を振り返っていました。 koushi-blog.hatenablog.com 2015年: 136冊 2016年: 120冊 2017年: 121冊 2018年: 170冊 2019年: 172冊 そして、2020年はこの記事を書いた5月25日時点で83冊という実績でした。この勢いだと年間200冊を超えるか! と期待されましたね(期待していたのは私だけでしょうね…)。 そして、その結果は 206冊 でした! まさか本当に200冊を超えるとは驚きです。 やはり、コロナの影響による外出自粛がプ…

  • 禍を転じて福となす

    こんばんは。本日もお立ち寄りくださりありがとうございます。 昨日の記事で、外出中にAGPTEKのプレイヤーのバッテリーが切れたことをお話しました。今日も続けます。 既に遅い時間に帰宅した私は、すぐさまPCの電源をONにします。そして、AGPTEKを接続し充電を開始。 充電が終わるまでの時間を無駄にすることはできません。すでに数時間ヒアリング時間をロスしているのですから、これ以上の損失は許されない。 そこで私が開いたページはYouTube。英語の題材も豊富に揃っていますからね。 事務作業をしながら、BGMとして英語を聞く。これは毎日のルーティン。 ただ、聞く英語は洋書の音声や、気になるPodca…

  • 改めて感じた「記録を続けること」の効用

    こんばんは。 先日立て続けに「しでかしてしまった」ことがあります。 それは 「デバイスの電池切れ」 です。 図書館での予約本受け取りとスーパーでの買い物のために外出。数時間で戻ってくる予定のある夕方。 移動中に2つのデバイスのバッテリーが切れました。 1つ目はポータブルオーディオプレーヤー 私は常に英語を聞いています。家に居る時も外出するときも1人で居る時は常にです。人と会う時以外は聞きっぱなしの状態です。 私はAGPTEKのプレイヤーを長きに渡り使っていますが、バッテリー残は数値では表されないタイプ。しかも目盛りは5段階くらいしかありません…。 家を出る前にチェックした時はバッテリーはあと数…

  • やはり「記録」は偉大だ

    こんばんは。 遅い時間の更新になってしまいました。昨晩も遅くまで時間に追われており、何とか自分のブログ記事はアップしたものの、楽しみにしているお気に入りののブログを拝読することができておりません…。 この週末でリズムを取り戻したいと思っています。 長きに渡り、睡眠についての記事をお伝えしてきました。睡眠は私たち人間にとって欠かせない存在。そして、忙しく生きる現代人だからこそ、真剣に考えないといけいないテーマです。 何事を為すにも「健康」が土台。健康こそがすべての源泉。健康が私たちにとって最も価値のある「時間」を生み出す。そしてその健康を支える要素が「食」と「睡眠」と「運動」。 ここ最近、年を取…

  • 睡眠改善は一朝一夕で身につかない アクションとレビューを続けよう

    こんばんは。 「睡眠スコア75以上」を目標に据え、達成のために「睡眠の質」向上をはかる。 その検討において役立つのが、スコアと睡眠ステージの関連性です。 以前お伝えしたように、私が使っているデバイスでは、睡眠を4つのステージに分類しています。 目覚めた状態 レム睡眠 浅い睡眠 深い睡眠 そして、何時何分にどのステージにいて、各ステージにどれだけいるかが示されます。 これは本当に驚きでした。ここまで睡眠が可視化できることに。 当初気づいたのは、 ・睡眠時間が思っていた以上にずっと少ない ・眠りに入るまでだいぶ時間がかかっている ・夜に何度も目覚めている ・深い眠りが少ない といった点。特に睡眠時…

  • 目標睡眠スコアを設定する 睡眠の質でスコアをあげる試み

    こんばんは。 今日は、睡眠について掲げたターゲットの2つ目 ②睡眠スコア75以上 についてお伝えします。 以前の記事でお伝えしましたが、私は昨年後半から「睡眠トラッカー」を利用し始めました。リストバンド型のウェアラブルデバイスです。 これは本当に優れものです。このデバイスがなかったら、睡眠について真剣に向き合い直すことはなかったでしょうし、チェックリストにタスクとしてあげることもなかったのは確かです。 睡眠スコアは、そのデバイスで示される睡眠ついてのスコア。 睡眠時間、睡眠の質、回復のレベルを100点満点で評価してくれます。 非常に良い:90-100 良い:80-89 やや低い:60-79 低…

  • 目標睡眠時間を設定する

    こんばんは。 昨日は、睡眠生活向上に役立つ「チェックリスト」についてお伝えしました。 このリストは、睡眠向上だけでなく、生活のあらゆる側面に使えるリストです。 ぜひ試してあなたの生活に取り入れていただきたい、その効果を感じていただきたいものです。 睡眠についてリストにアップしたのはこの2つでした。 ①睡眠時間6時間以上 ②睡眠スコア75以上 1つ目は、睡眠の時間について。「できるだけ長い睡眠時間をとる」ことを目指すアプローチ。 2つ目は、睡眠の質について。「長時間取れない睡眠時間を補う」ことをターゲット。 「できるだけ長い睡眠時間をとる」ことにはトライする価値があります。 具体的に私が実践して…

  • 「毎朝早起きする」ために活用したいリスト

    こんばんは。 「週末の寝だめ」の悪影響についてお伝えしてきました。 心身へのマイナス作用に加えて、「自尊心を傷つけてしまう」。自分を傷つけてしまう行動なのです。このことを軽く考えてはいけませんよ。 では、 「毎朝早起きする」「毎朝同じ時間に起きる」ために何をすればよいのか? について考えてみます。 それは当然「気合い」ではありません。意志の力に頼ることこそ避けるべき。 答えは 「毎日7~9時間の睡眠をとること」 です。 すみません、これは答えになっていませんね…。 毎日それだけの時間を取れれば何の苦労もありません。 「忙しくて8時間も睡眠時間がとれない。それができないからこそどうするか?」とい…

  • 週末の朝寝坊をお勧めできない最大の理由

    こんばんは。 この3連休あなたは平日と同じ時間に起床していますか? 「週末の朝寝坊は絶対にしない」 「土日も平日と同じ時間に起きる」 早起き生活を志す人はこのことを肝に銘じていただきたい。昨日はそのことをお伝えして筆を置きました。 これまでお伝えしてきましたように「週末寝だめの悪影響」は科学的に説明されています。 でも、それらを確認するまでもなく「良くない」ということを自覚している人が多いのではないか、と感じます。 ここで質問です。 週末の寝だめで「寝不足が解消できた」と思えた日はどれほどありますか? この質問に対しては「それほど多くない」、さらには「まだ寝足りないと感じる」と答える人が実は多…

  • 睡眠の負債は借金とは異なる 土日の朝寝坊は失うものが大きい

    こんばんは。本日もお立ち寄りくださりありがとうございます。 年始の仕事の後の3連休は嬉しいですよね。初日の今日はいかが過ごされましたでしょうか。 昨日は「睡眠負債」についてお伝えしました。 「十分な睡眠時間をとることが重要なのはわかった。平日は無理だから、土日に寝だめしよう。そうすれば負債を返済できる。」 これは一見よさそうなアイデアですよね。この言葉、コンセプトを聞いた時に私もそう思いました。 こう考えてしまうのは「負債」という言葉の影響も大きいでしょう。「借金と同じように返済すればいいんでしょ」と思ってしまうのですね。 「たまたま平日に2、3日寝不足が続いたから、土日で余分に寝る」というこ…

  • 土日も同じ時間に起きるのか? 「睡眠負債」との関連を考える

    こんばんは。本日もこのブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。 本日も更新が遅くなってしまいました。年初は何かと忙しいですよね。 早起きを試してみること、そして具体的な方法についてお伝えしてきました。 睡眠を考えた時にいろいろな疑問が浮かんできますよね。何が正しくて何がそうでないのか。睡眠を真剣に捉えてる人こそこういった知識に貪欲になります。 早起き習慣を志す人の数ある疑問の中の1つが「土日も同じ時間に起きるのかどうか?」ということではないでしょうか。 私にとっても興味のあるテーマであり、いろいろな書籍や記事を読みました。 「睡眠負債」という言葉はご存じでしょうか? 今や一般的な言葉と…

  • 早起きのための6つの方法まとめ 早起きと幸福感を結びつけよう

    こんばんは。 もう木曜日が終わろうとしていますね。2021年の最初の1週間はあっという間に過ぎてしまいました…。あなたはいかがでしたでしょうか。 これまで早起きのための6つの方法についてお伝えしてきました。 ①夜にお酒を飲みすぎないこと。 ②早く寝床に入る。 ③夕方にカフェインを摂らない ④目覚まし時計を寝床から遠くに置いておく ⑤前日夜に瞑想してから寝床に入る。 ⑥朝に自分がやりたいことを持つ。 これらの方法の中で一番重きを置きたいのは6番目です。 自分がやりたいことがあるからこそ、朝早くから活動するというモチベーションが湧くのです。 早起きを実践するにあたり、「なぜ早起きするか?、早起きし…

  • 早起きに効果的な6つ目の方法 やはりこれが一番

    こんばんは。記事アップが遅くなってしまいました。 それでも、このブログにお立ち寄りいただきありがとうございます! 今日は、早起き生活定着のために効果的な最後の方法をお伝えします。 ⑥朝に自分がやりたいことを持つ。 「早起き」を目標にするのではなく、早起きをして「何をするか」を目標にすること。 特にやりたいことがないと、わざわざ早起きしたいとも思いません。 理想はワクワクするような対象を持つこと。起きるのが楽しみでたまらないような。 そうでなくても、自分が少しでも楽しみを感じる事柄がないと、朝早く起きるモチベーションが湧いてきません。 嫌々ながら義務的な課題に取り組もうとしても、睡魔に負けてしま…

  • 完璧を求めない ゆるーく考える

    こんばんは。本日もお越しくださりありがとうございます。 昨日は瞑想についてお話しました。 したり顔で説明したのですが、瞑想が習慣として根付いたのはここ2カ月くらいです(笑)。 と言いつつ、実は瞑想とは付き合いが長くもあります。つまり、瞑想が習慣として根付かず、瞑想をしない期間のほうが長い、ということです…。 瞑想は本当に奥が深くて、完璧を欲した私はいろいろと手を出してきました。マインドフル瞑想やマントラ瞑想、その他にも多くの種類を試してみました。 だけど長続きせず。まあ、試してたといってもほとんどが自己流で、瞑想会などで学んだわけではありません。しっかりとした教えを受ければ続いたのかもしれませ…

  • 瞑想は自己流でいい とりあえずやってみる

    こんばんは。今日もこのブログにお越しくださりありがとうございます。 昨日は早起き達成のための施策として、瞑想についての話を始めました。 ただ、瞑想というと難しく感じることも確かです。 私もその質で、何冊も瞑想に関する書籍を読み、「正しい」瞑想をしようと試みてきました。完璧な瞑想でないと効果が得られない、と感じてしまったのです。 また、瞑想についての情報が多すぎて、どの方法が正しく効果的なのかが分かりにくい。調べて読んで、というだけで時間ばかりかかり、それでいて自分なりの最適解が見つけられない。さらには混乱してしまったり。 そうなると、なかなか実践できない、初めても続かない、という状況に陥りがち…

  • 早起き習慣のために効果的な5つ目の方法 これは外せない

    こんばんは。本日もお立ち寄りいただきありがとうございます。 早くも正月三が日が終わりを迎えますね。休日は本当にあっという間に時間が過ぎていきますね。 さて、本題に入ります。今日も睡眠・早起きについて話を進めますね。 昨日までスヌーズ機能の負の側面についてお伝えしてきました。 便利なようで、私たちの心身に悪影響を与える存在でもあるスヌーズ機能。この機能を使わなくても、いや使わないほうが、早起き習慣が定着していきます。ぜひ距離を置くことを考えてみてください。まず試してみていただきたいですね。 さあ、今日は早起き生活のための5つ目の方法をお話しします。 ⑤前日夜に瞑想してから寝床に入る。 「お酒の飲…

  • アラームの絶え間ない攻撃を進んで受けることの愚

    こんばんは。 新年2日目の今日はいかがお過ごしになりましたでしょうか? のんびりされている方も多いかもしれませんね。 私は正月気分にどっぷり浸らないために通常モードで生活しています。 今日から睡眠についての話に戻ります。 便利で欠かせない「スヌーズ機能」。 その負の側面についてお伝えしてきました。 12/29のブログでは、スヌーズ機能と眠りの関係を生物学的な面からお話しました。 これだけでも、スヌーズを避ける十分な理由となります。 koushi-blog.hatenablog.com ですが、まだ終わりません…。他にも悪影響があるのです。 以前「アラームに頼らずに自然に起きたほうが良い」ことは…

  • 20201年の目標 行動目標を他人に伝えよう

    新年あけましておめでとうございます。 本年も初日から私のブログに訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 今年初めての記事を書くにあたり、1年前の記事を見なおしてみました。 koushi-blog.hatenablog.com この中に「今年はお酒の話の頻度は落とそうと思っています」と書いてありました…。 新年の誓いは達成できないことが多い、というデータを裏付ける行動を自ら取っていたのです…。とはいえ、2019年に比べればかなり少ないのですが。 この反省をもとに、今年はお酒についての誓いはしないことにしています(笑)。好きなモノは仕方がありませんからね(と開き直り)。 年末の時間を利用し…

  • 「始める」前に「止める」ことを考える

    こんばんは。 2020年ともあと数時間でお別れですね。 本当にあっという間の1年でした。 年末年始の時間を利用して、2020年の振り返りと、2021年の活動について考えを巡らせています。 昨日の記事にも書きましたように、「考える」と「行動」がセットになってないといけません。目標が絵に描いた餅になってしまっては、本末転倒ですからね。 以前の記事にも書きましたが、私には「長きに渡り続けていること」が多くあります。 「継続は力なり」という言葉を信じて疑いません。 長い間こういう生活を続けていると「継続」することへの苦手意識もそれほどありません。続けることが得意な方だとすら思っています(自画自賛…)。…

  • 新年の抱負に挫けないためには「行動」が鍵

    こんばんは。 2020年もそろそろ終わりを迎えます。あなたにとってこの1年はどのような年でしたでしょうか。 2020年はコロナウィルス一色でしたね。今年の初めに、まさか年末まで状況が良化しないとはだれも想像できなかったのではないでしょうか。私たちの生活も大きく変わりましたね。 私にとっていつもと変わらないのが、「もう1年終わり⁉ 早すぎる‼」という感覚です。歳を重ねると本当に時間の感覚が早くなっていきます(笑) 年末年始は、1年の振り返りと新年の目標・抱負を考えるには絶好のタイミングですよね。 ですが、多くの人が新年の目標を立てながら、実際には1年に渡り行動を続けられません。それどころか1月中…

  • スヌーズ機能の悪影響はまだまだある

    こんばんは。 昨日はスヌーズ機能に頼っていた時期におかした過ちについてお話しました。 3つお伝えしたのですが、まだまだあります(笑)。 ・余分に睡眠をとったはずなのに、疲労感が残っている。頭がボッーとしている。 余分に睡眠時間をとることで気分よく目覚められればまだ良いですよね。残念ながら、現実はその逆。頭が重く気分も盛り上がらない。そして疲労感が抜けていない。というよりは、より疲労感が増している。精神面でも身体面でもデメリットしか感じられない。 (正確に言うと、疲労ではなく疲労感が残っている・増えている状況。感情の問題です。) ・「時間を無駄にしてしまった」という罪悪感を持つ。 私にとって、こ…

  • アラームを捨てられなくても絶対に避けること

    こんばんは。 今日も睡眠について話を続けます。 アラームなしで目覚めることで私たちは気分良く朝を迎えられる。疲労感も少なく、健康維持にもつながる。アラームにしばられない一日の始まり。まさにいいこと尽くしです。 とはいえ、私はアラームなしの生活を採用するつもりはありません。 寝過ごしてしまう可能性が否定できない、より正確にいえば、自分の能力を信用していないからです(笑) あくまで保険としてアラームをセットしておく。マストではなくサブの位置づけとして利用していきます。 一方で、アラームのセッティングで絶対に避けるべきことがあります。 それは「スヌーズ機能」。 私たちの生活にいつのまにかしっかりと定…

  • アラームを捨てられなくても絶対に避けること

    こんばんは。 今日も睡眠について話を続けます。 アラームなしで目覚めることで私たちは気分良く朝を迎えられる。疲労感も少なく、健康維持にもつながる。アラームにしばられない一日の始まり。まさにいいこと尽くしです。 とはいえ、私はアラームなしの生活を採用するつもりはありません。 寝過ごしてしまう可能性が否定できない、より正確にいえば、自分の能力を信用していないからです(笑) あくまで保険としてアラームをセットしておく。マストではなくサブの位置づけとして利用していきます。 一方で、アラームのセッティングで絶対に避けるべきことがあります。 それは「スヌーズ機能」。 私たちの生活にいつのまにかしっかりと定…

  • アラームなしで自然に目覚める その重要性を知っていますか?

    こんばんは。 今日も睡眠についての話を続けます。 年末年始のお休みの期間に自分の睡眠を見直していただきたいと覆っています。 昨日は最後に「アラームが鳴る前に目が覚める」ことの大切さについて触れました。 「自己覚醒」という言葉はご存じでしょうか? 目覚まし時計などの外からの刺激を使わずにあらかじめ決めた起床時間に目覚めることを言います。 私たち人間には「自己覚醒能力」が備わっていると言われています。なぜ、自己覚醒ができるのかについては研究途上で確かなことは分かっていません。 嬉しいのは、自己覚醒はある特別の能力を持った人だけのものではないという点。 誰にでもできる方法があります。 それは 寝る前…

  • 早起き習慣のための4つ目の方法 単純でも効果抜群

    こんばんは。本日もこのブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。 今日から年末年始の長期休暇に入られる方もいらっしゃるかもしれませんね。 昨日まで、早起きのための3番目の方法「夕方にカフェインを摂らない」について筆を進めてきました。。 今日は4つ目の方法をお話しします。 ④目覚まし時計を寝床から遠くに置いておく またまた、ありきたりの方法ですみません。 私はスマホのアラーム機能を目覚まし時計代わりに使っています。 寝床の近くに置いておくと、無意識に手を伸ばして止めてしまう。それを防ぐために遠くに置いておくのですね。何の工夫もない方法ですが、その効果は抜群です。 手の届くところに目覚ましが…

  • カフェインの持続時間と効果開始時間を活用する

    こんばんは。本日もこのブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。 あなたは早起き生活を実践されていますでしょうか? カフェインを味方につけて、この素晴らしい習慣を身につけていただきたいと思います。 昨日はカフェインの負の側面を見てみました。 今日は睡眠の話に戻りましょう。 早起きのための3番目の方法「夕方にカフェインを摂らない」。 これは、夕方に摂ったカフェインが夜までその効力を持続する、ということです。 では、カフェインはどのくらいその機能が続くのでしょうか? カフェインの効果は飲んでから2時間~4時間ほど継続すると言われています。 想像以上に効果が長続きすると思いませんか? この事実…

カテゴリー一覧
商用