searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

koaitameiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
片手間の熱意
ブログURL
https://koaitamei.hatenablog.com/
ブログ紹介文
読んだ本の書評とランニングについて
更新頻度(1年)

2回 / 48日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、koaitameiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
koaitameiさん
ブログタイトル
片手間の熱意
更新頻度
2回 / 48日(平均0.3回/週)
読者になる
片手間の熱意

koaitameiさんの新着記事

1件〜30件

  • 【書評】遺伝子‐親密なる人類史–(上)

    シッダールタ・ムカジー(著)田中文(訳) ★★★★★ 学校で習う生物では「〇〇が西暦〇年に〇〇の実験をして〇〇であることを発見した」という事実をひたすら暗記させられた。ダーウィン、メンデル、ワトソン、クリック、グリフィス、エイブリー、ハーシー、チェイス、ビードル、テータムetc...教科書ではその人本人や大発見の背景ではなく、どちらかというと発見そのものに焦点を当てていると思う。教科書だから当たり前といえば当たり前だけど。 本書は教科書ではあまりスポットライトが当てられない点、つまり偉人たちがどのような背景で、どんな葛藤に苦しんで大発見をしたかを、数珠つなぎ的な物語にした歴史書。 福岡伸一さん…

  • 2019/20マラソンシーズンまとめ

    競技復活から15ヶ月間ひっそりと大本命にしていたマラソンが終わりました。 目標がなんだったかというと「入賞して活躍すること」でした。結果は入賞まであと1つ順位及ばず、タイムは2時間33分でベストは1分だけ更新しました。 ダメ元でタイムを狙おうと思ってた東京マラソンが新型肺炎により取りやめになった今、一応区切りなのでまとめておきます。 ■練習(11月末マラソン終了後から)12/04 1200m×5(3:08-10/km,r350m,1:45位内)12/08 1000m×5(3:00/km,R5分,3本で脛が張ってDNF)12/10 16kmPR(3:35/km)12/15 記録会5000m 15…

  • 【書評】若い読者のための『種の起源』

    チャールズ・ダーウィン(著)レベッカ・ステフォフ(編集)鳥見真生(訳) ★★★★☆ 大学生1年の冬、現代語訳の「種の起源」に挑戦した。マクドナルドに持ち込み満を辞して読み始めたが難解な文章に30ページほどで挫折し、あとはマックフライポテトを食べながら携帯をつついて家に帰った。 原作に挫折したあと解説書を見つけてそっちを読んだ。10年経った今、もう一回読み直そうかと思ってたら偶然本書を見つけ、気づいたらレジでお会計を済ませていた。いつか読み返そうと思って10年間解説書を取っておいた意味は果たしてあったのだろうか。 本書は解説本ではなく、原作のボリュームを必要最小限に圧縮し分かりやすくリライトした…

  • 2020年の目標

    あけましておめでとうございます。もう2020年も5%が終了してしまい今更感MAXですが今年の目標についてです。 5000m15分〇秒!とか〇〇マラソンで入賞!!とか具体的な数字を掲げたいところですが、自分の場合目標を掲げると必ず達成できないというジレンマを抱えています。大学2年の手帳には「まずは5000m15:10と10000m31:00!」とか書いてあって今考えれば大草原でした。これは読書や勉強でも同じで、同じ手帳に「読書100冊!」と書いてありましたが実際読んだのは1/3くらいでした。ただ単に目標の立て方が悪いだk(ry まあ、目標に縛られて趣味をやるのも僕みたいなゆとりにはしんどそうなの…

  • 【書評】銃・病原菌・鉄

    ジャレド・ダイアモンド(著),倉骨彰(訳)[草思社文庫]★★★★★ 世界には早い段階で狩猟社会から農耕社会に移行し、文字を持ち、数々の発明が生まれ産業が発達したいわゆる先進国といわれる地域がある。一方でこれらの「進歩」が遅れ、現代でも狩猟生活を営む民族や、そうでなくても未発達な農耕社会で暮らすいわゆる後進国という地域が未だに存在する。 前者と後者の違いは一体何から生じたのか。先進国を作り上げた民族の能力が遺伝的に優れていたのか、もしくは後進地域のままだった人々が先天的に怠け者だったのか。決してそうではなく、たまたま彼らが置かれた環境によってそういう運命を辿ることになってしまっただけだ。じゃあそ…

  • 2019年まとめ

    2018年暮、jogger卒業にあたり自分で100%練習メニューを組むのが初めてだった僕は「ダニエルズのランニングフォーミュラ」というベストセラーを購入しました。高校時代から参考書大好き人間だった僕ですが、なぜか陸上に関しては陸マガを何回か買ったことがあるという程度でした。長距離は理論よりメンタルだお!とか思ってたんでしょうかね。まじメンヘラ。 売れている本には大体いいことが書いてあるものです。大学時代を故障で棒に振った身&ゆとり世代の僕としましては、絶対に無理をさせないダニエルズ先生の姿勢に非常に感銘を受けました。そのあとリディアード本を買ってみたり、ネットでいろんな記事等を読んだりしました…

  • Prelude

    僕は全国中学駅伝を走りたいという理由だけで陸上を始めました。 中学入学当初の1500mは6分を少し切った程度、50m走も6秒後半くらいでした。走ることは得意でも好きでもありせんでした。いや、嫌いでした。入学した中学の陸上部が県駅伝連覇中で、もしかしたら自分も全国大会に出れて、周りに自慢できるかもと思い鼻の下を思い切り伸ばして陸上部へ入部しました。入部の意を伝えられた顧問も、なんて鼻の下の長いやつなんだと思ったことでしょう。よく入部させてくれました。 練習は地獄でした。ほぼ毎日2部練で週5日スピード練習、総距離は1日10-20km、年360日練習でした。朝練がキツくて毎朝起きるのがしんどかったし…

カテゴリー一覧
商用