searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

さびまりさんのプロフィール

住所
池田町
出身
福井県

初めまして、田舎で農業してます、さびまりです。野菜づくりを通じて、いろいろな野菜の魅力やそこにしかない宝をご紹介できればうれしいです。20年以上農業に携わった地元人間と今どきの農業女子の農業を始める方の道案内になればいいですね。よろしくお願いいたします。

ブログタイトル
さびまりの栽培ブログ
ブログURL
https://sabimariblog.com/
ブログ紹介文
小さなな菜園でもいろんな発見が沢山。種まきから食卓迄、家庭菜園だからこそ最高に幸せなひと時を味わいたい。そんな方にとっても簡単に説明していきます。 品種、栽培、レシピなど、農家とは違ったコツをお話しています。
更新頻度(1年)

29回 / 73日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/12/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さびまりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さびまりさん
ブログタイトル
さびまりの栽培ブログ
更新頻度
29回 / 73日(平均2.8回/週)
読者になる
さびまりの栽培ブログ

さびまりさんの新着記事

1件〜30件

  • モグラ(土竜)作物から野菜を守ろう【家庭菜園】

    春になると畑がモコモコ盛り上がった道が沢山出来ています。そう、もぐらがトンネルを掘り進みつけた跡です。 冬の期間は寒くておとなしくしているのかと思いきや、雪で地面が隠れていたため好き放題です。暖かくなるにつれモグラの活動が活発になってきます。特に春先の葉物野菜、夏野菜のトマトやキュウリの根を掘り起こし野菜がだめになってしまったことが。今回は もぐらの撃退法についてのお話です。 被害の一例を紹介しま

  • チェーンポット育苗方法 こんなやり方で試しました。【家庭菜園 種まき】

    なぜチェーンポットを使うのか?強い苗が植えれるのと労力の軽減が目的です。植える時には、できるだけ根を痛めたくありません。できるだけスムーズに移植できるのがベストです。従来の方法ではどうしても、ポットやプラグから取り出すには根を痛めます。ペーパーポットはそのまま植えれますし、分解して土になります。

  • 味噌づくり教室をしました。よくある質問のまとめ【大豆と味噌】

    おいしいお味噌になりますよ~!「味噌づくり教室」をしました。本物が見えにくい世の中ですが、お母さんが経験させてくれた「あの日の味噌づくり」大きくなったら[本物だったんだ!」ってわかってもれえるとうれしいです。

  • 失われた野菜の栄養 家庭菜園【BLOF理論 その2】

    野菜の栄養価はどんどん低くなっている!!昔の4分の1しかない野菜も。 おいしい野菜を食べていますか?おいしい野菜は栄養価があるというお話です。 ダイエットや健康、バランスの取れた食事。何となく栄養や食物繊維を取らなきゃいけないっていう使命!? 実は、野菜の自体の栄養価がどんどん減っているという現実があるってごぞんじでしょうか。もしそうだったらその栄養価は取り戻せるのでしょうか?取り戻すためにはどう

  • 冬の野菜は本当に甘いのか確かめてみました。だいこん・キャベツ【家庭菜園】

    雪下野菜とか、雪中野菜とか最近、直売所で見かけるようになりました。リンゴやキャベツなどわざと雪の下に貯蔵しておき、糖度をあげて出荷し提案す。これは寒さによって植物の細胞が凍結して枯れないように、体内養分の濃度をあげる仕組みを利用したものです。例えば、普通の水は0度で氷になりますが、

  • ネギの苗の作り方 わかると簡単【家庭菜園 ネギ栽培】

    ネギの発芽は暗闇を好みます。 よくある失敗が、昨年「苗床でネギ苗作ったのだけど、全然生えんかったわ~種2袋も撒いたのに~」と話してきました。「種が悪かったんかの~」って、バラマキして生えなかったって事があります。その場所を見ると、もみ殻が沢山上にのせてありました。理由を聞

  • 野菜の根は水を吸うだけじゃない【家庭菜園 酸素と養分】

    野菜のおいしさと健康は酸素と根っこでつながってる 野菜の呼吸と健康な生育についてのお話です。人間は何日か食事をしなくても、死ぬことはありません。 しかし、酸素はためておくことができません。 だから、いつも呼吸をして酸素を体に取り入れていないと、人間はすぐに死んでしまいます。酸素を使って

  • 秋に玉ねぎを植えるという鉄則は古い【家庭菜園 たまねぎ】

    玉ねぎは、本州でも春から作れる⁈「私の町では秋に苗を植えないと育たないという鉄則がありました。とう立ちという現象が起こり、花が咲いて玉にならない」ことを聞かされていました。その教えは農業をかじっている方には鉄則!!ということで、私も5年前までは

  • 美味しければ、正義なのかな?悩んでみました。【有機農業 BLOF理論】

    日本の耕地面積に対して有機農業の取り組み割合(有機JAS)は、0.2%(1万ha)に過ぎないそうである。実際、有機栽培を取り組んでみようと思って頑張ってやっては見るものも中々成果が上がらない。虫食い、収量が上がらない。コストがかかる。高くて売れない。けれどそれが自然だから仕方がない。○○農法やっている人の農業をとてもまねできない。この土地にあっていないんじゃないの? 土地や自然のせいにしてあきらめ

  • じゃがいもの旬は変化する?!【家庭菜園 福井県秘伝の保存と食べ方】

    「ジャガイモのちんころ煮」昔は、しょうゆを大鍋で煮る時、上に出るアクをすくい取り、そのアクで小さいジャガイモを囲炉の火で気長に煮た。誰がつけたのかあの味が忘れられずいつの間にか

  • じゃがいもの旬は変化する?!【家庭菜園 福井県秘伝の保存と食べ方】

    「ジャガイモのちんころ煮」昔は、しょうゆを大鍋で煮る時、上に出るアクをすくい取り、そのアクで小さいジャガイモを囲炉の火で気長に煮た。誰がつけたのかあの味が忘れられずいつの間にか

  • キャベツの形・枚数で美味しさが変わる?②【家庭菜園】

    植物には決まった規則があります。その規則に合わせて農家は管理をしています。ではキャベツはどんな規則性があるのでしょうか? 【家庭菜園キャベツの作り方 手っ取り早く作るコツ①【家庭菜園】】で紹介しました内容ですが キャベツの形・枚数で美味しさが変わるのか? モノはためし、実際調査してみました。 キャベツは外葉が大事と前回お話しました、その外葉が何枚なのか?キャベツの玉の枚数は何枚あるのか? どのキャ

  • 雑草と付き合い方① 【家庭菜園 ハコベ】

    肥料のはかり方について前回お話しました。その中で草というものが貴重な資源として、農産物の生産に使われていました。今は大変便利になって、とても運びやすく撒きやすくなっています。ですが環境破壊となっている現状を知ってもっと上手に使わないといけないと思っています。 って思ってますが、現実は"(-""-)" 雑草との付き合い方 簡単に解説します。 とは言っても除草剤

  • 肥料の量の簡単な計り方【家庭菜園】

    野菜の生育をよくするため土づくりに使う肥料ですが、何をどんだけやったらいいのか? 2000年以上の農耕の歴史の中での中で完全な農業といえるのは地力を維持するためにヨーロッパでは輪作、日本では水田が始まった頃です。また、肥料の起源は、江戸時代のら刈草敷が行なわれてきた「草を肥料とした土づく

  • 失敗から学んだこと 原因【家庭菜園 土づくり】

    有機肥料は使い方が難しいから、徐々に変えていく。 失敗してわっかったこと【家庭菜園】その結果! 土壌分析とほうれん草の野菜の健康診断から窒素が多すぎるとの残念な結果がありました。 そのことについて、肥料がなぜ多くなってしまったのか。説明していきたいと思います。有機栽培するのに注意点が見えてきました。 残念な結果になることは予想していた。 そうなんです。ある程度はこのような結果になることは予想してい

  • トウモロコシは絶対つくるべき 食べ頃【家庭菜園 収穫】②

    トウモロコシは絶対つくるべき なぜ甘い【家庭菜園】①でお話させて頂いた続きです。 栽培については、下の方に書いていきます。ちょっとその前に食べ頃が大事です、というお話の続きをします。 新鮮、新鮮、鮮度がいいよ~朝もぎ野菜って重要ですか。直売所では普通 なぜ鮮度が大事なのでしょう。当たり前ですが、瑞々しくて、シャキシャキして、甘くて、絶対鮮度がいい方が良いに決まってる。 収穫してからどんどん落ちてい

  • トウモロコシは絶対つくるべき 甘い理由【家庭菜園】

    美味しい、美味しくないのは鮮度のみといっても過言ではありません。また、初心者でも簡単に作ることができるからです。当然無農薬、有機栽培がしやすいからです。それでは、鮮度が命の野菜について

  • 失敗して分かった事【家庭菜園】その結果!

    私はこのブログで結構偉そうに色々書いてきましたが、結構やらかしています。( ;∀;) 虫に食われてしまったり、野菜が育たなかったり、売れなかったりと…。そのエピソードを恥

  • 農薬をできるだけ使わない。その理由は何ですか③【知るのは大事】

    食事は「オワコン」している? 食卓を囲むとか調理するとか食の安全性は時代に合わない、古臭い文化で、今の時代に合わない流行遅れなのだろうか?これはオワコンなのか?」と思いながら書いています。 東京で開催されているコミックマーケット通称「コミケ」の近くにある日本一売り上げのあるコンビニの映像見たとき思ったんです。「栄養ゼリーとおにぎり」でコーナーすべて埋めつくされている。1分1秒でも食事に時間を割くた

  • 新年、明けましておめでとうございます。【穏やかな冬の風景⁉】

    町の直売所と加工場との契約出荷、水田で米や大豆なんかも作っていますし、自社の加工施設や直売所がありますので、追々、皆さんにご紹介したいと思っていますので楽しみにして下さい。農業は毎年1年生といわれるくらい、自然に同じ年はありません。勉強しながら書いていきますので、皆様温かく見ていただけると嬉しいです

  • 農薬をできるだけ使わない?その理由は何ですか。解り易く解説②【家庭菜園】

    農薬をできるだけ使わない?その理由は何ですか。解り易く解説②します。 農薬は安全という視点で、その続き②を書きたいと思います。 消費者の農薬のイメージはこんな感じです。 「虫を殺し,草を枯らす農薬が残留している食べ物が人の体にいいわけがない」「ごくわずかな量でも長期間摂取してると蓄積していつか影響がでる」 「ずっと使っていると土がダメになり健康な植物が育たない」「不健康な作物を食べてると不健康な体

  • 農薬をできるだけ使わない?その理由は何ですか。解り易く解説①【家庭菜園】

    101匠の会」という家庭菜園をしている80代女性の集まりの憲章です。直売所に野菜を出しているですが、皆さんとても元気で何より、明るい(^_-)-☆その憲章にあるように自然の営みを邪魔しないで、後世に先祖から引き継いだ故郷をちゃんと引き継いでいけたらいいなあって。

  • キャベツの作り方 手っ取り早く作るコツ【家庭菜園】

    加工用や契約栽培によってもう少なくなりましたが、キャベツは暴騰暴落しやすい農産物です。この変動が大きいのはその作り易さにあるのではないでしょうか。私が栽培していて結球しないキャベツはほとんどありませんでしたから。

  • 農薬を使わず、野菜に虫を寄せ付けない方法 その2 不織布【家庭菜園】

    普通はビニール資材で保温のためトンネル栽培が一般的です。ですが、害虫を侵入させないために、このようにした技術があります。防虫ネットや不織布を使って害虫から野菜を守りましょう。虫がつくのが本当です。虫がつかない方が不自然です。

  • 野菜作りの基本的なこと 光合成ってなに?【家庭菜園 初心者】

    植物は光合成をしています。それが作物体内ではごく普通の温度で、しかも高速で行われています。とても不思議で驚くべき「いきもの」の姿であることのを知ると作物の味方が変わってくるのではないでしょうか。家庭菜園を始めるにはまず、基本的なことを知っていた方が良いと思います。私なりにできるだけ、簡単に説明したいと思います。

  • 農薬を使わず、野菜に害虫を寄せ付けない方法。その1 ニーム【家庭菜園】

    農業の害虫は生かすの?殺すの? 野菜作りは、できるだけ農薬は使いたくないですね。家庭菜園ならなおさらです。しかし害虫がついてしまう事が多々あると思います。いや、まず付きます。どこで見ていたのか。どこに住み着いていたのか。その行動力・機動力はすさまじく、あれやこれやと、穴だらけ「マシンガン」で射抜かれたようになります。(*_*)せっかく植えたのにすると へこみます。 ほったらかします。 とどめに野菜

  • ナスの栽培 まとめ【家庭菜園】

    光沢のあるナスは誰でも簡単に作れます。ポイントは長く作る ピッカピカの光沢がある大きなナスが成るのか。まとめてみました。 ①活力のあるがっちり苗を植える事。 ②大畝で疎植する事。 ③割り肥で追肥はなるべくしなくて済むようにする事。 ④こまめな整枝・選定と土を乾かさない事。 ⑤品種選定を間違えない事。 順に説明していきます。 ①大苗を植えるのがナスの鉄則といっても過言ではありません。ナスは、苗の良し

  • マクワ瓜・漬瓜を作ってみよう。【家庭菜園 昔懐かしい】

    まくわ瓜・漬け瓜は夏の風物詩であり、日本的な伝統! まくわ瓜と漬け瓜の違い分かりますか?まくわ瓜は(もともと岐阜県真桑村で作られていたことから来た由来です)瑞々しい、あっさりした甘みとすごく良い香りが特徴的な夏の暑い日にはとっても、美味しい。漬け瓜は漬物でこれまた、夏バテ防止の塩分補給に最適ちょっとつまみ食いです。ですよね~。でも、熟した漬け瓜もずっと置いておけばすご~く甘い、、、香りがしてきます

  • ツヤツヤのずっしりナスの作り方 【家庭菜園 動画あり】

    ナスはトマトと同じナス科だからトマトと同じ作り方で大丈夫!? 確かに共通点は多いと思います。花の色は違いますが、花の形はそっくり、また、枝葉の付く順番もトマトと一緒で、一番最初につく花は、葉が7~9枚目で突きます。その後葉が2枚で1花咲いて実がなります。これを主にして、葉2枚で次々と着果していきます。また、花が咲いたすぐ下の脇の葉の間からでる「わき芽」がもっとも強い「わき芽」なのでこれを仕立ててい

  • 野菜作りのまとめ①【家庭菜園 初心者】

    おさえておくべきポイントはココ! 美味しい野菜を上手に作る為に、私が今「やっている事」を中心に、勝手に書いてきました。そこで一旦整理したいと思います。 まだ、ブログを始めたばかりなので、自分中心になってしまって、上手く伝えられないと思っています。 そこで、今まで書いた記事でどこの何を伝えたいのか、どこを私が見ているのかを書いて見ます。ここでは、具体的な野菜については触れません。でも、どの野菜にも通

カテゴリー一覧
商用