プロフィールPROFILE

ネギさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
クウネルスム
ブログURL
https://knsumu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
3人暮らしのミニマルライフ
更新頻度(1年)

25回 / 47日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/12/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ネギさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ネギさん
ブログタイトル
クウネルスム
更新頻度
25回 / 47日(平均3.7回/週)
読者になる
クウネルスム

ネギさんの新着記事

1件〜30件

  • 馬と椿

    私のスキンケアとヘアケア用品 馬油と椿油 何しても調子の乗らない肌に、春頃から思いきって始めた肌断食もどき。 なんとなくネットでみた情報の通りに、少しずつケア用品を減らしていって、今は馬油のみ。ワセリンがあまり好きじゃないので。 すっぴんは仕事のマナーに反するかと思って、メイクはしています。 劇的にきれいになったとか透明感が増したとかではないけれど、肌がいつも軽い気がします。 ヘアケアの方は、職場の60代の女性がいつも髪が美しいので秘訣を聞いてみたら、椿油を使っているとのこと。 使いだして数ヶ月。ワックス代わりに使っているのですが、髪に潤いが増して広がることがなくなりました。 昔からあるものっ…

  • 動画を見ながらゲラゲラ笑う子供がいつもより愛しくなる日

    関西に生まれ育った者としては、1月17日はとても大切な日。 まだ高校生だったあの朝、京都はいつも通り学校もありました。 生徒玄関は倒れた靴箱で散乱していました。 隣のクラスの初めて話す子と一緒に、倒れた靴箱を起こして、自分達の上履きを探しました。 仕事が休みだった今日、いつも通りに子供に「いってらっしゃい」を言いました。 そして仕事の日は言ってあげられない「おかえり」を言えました。 わかってるのに、当たり前の幸せを忘れちゃうんですよね。 今日という1日に感謝と、備える気持ちを忘れないこと。

  • かわいいから、は捨てられない立派な理由だ

    ヨシタケシンスケさんが好きです。 一昨年、それだけの理由で買ったノート。 収納ケースを買うときは入れるものをイメージして!と言われるのと同じように、ノートを買うなら書くことをイメージして買いましたよ。 手放したものを記録しようと思って買ったんです。 ちゃんと記録もとってきて、かわいいから手に取るたびに嬉しいし、それで良かったはずなのに。 燃え尽き症候群なのか、1000個を越えてからというもの、記録をとること自体が面倒になってきました。 いらないものは増やさない、処分することが習慣になったんだと思います。 今1800個くらいになってきて、「記録はもう意味ないかも」という思いが沸々と沸いています。…

  • 親切なレシピ

    レシピ検索をしていた時。 たまたま見つけた煮込み系料理のレシピ。 【煮込みの待ち時間はYouTubeでも見て待ちましょう】 【SNSに必要なら写真を撮ってから、食べましょう】 なんか、すごく自由で素敵。 たこさんウィンナーによるフォーメーションダンスのイメージ

  • 服だけミニマリスト気質な子供

    小学校の我が子、たくさん物を持っていて、片付けもあまり好きではありません。 いつも机はこんな感じ。まだマシな方。 時々思い立って片付けを延々としている様子は、たぶん右脳タイプなんだろうなぁと思います。私とそっくりだ。 ただ、服に関してはミニマリスト気質です。 小学校にあがる頃、(親が)張り切っておしゃれな服を買ったのですが、やっぱり選んで着るのは元々持ってた保育園時代の服。 着やすい、動きやすい。それが理由。 授業参観や子供の友達を見るたびに、 「もっとオシャレしたい気持ちはないの?」と聞いてみますが、「今のままでいい」とブレません。 トップス3着 パーカー1着 パンツ3本 コート1着 ダウン…

  • 年賀状やめました宣言の記録

    年賀状はここ数年、出したり出さなかったり色々でしたが、ずっとやめたかったんです。 外注した年もあったけど、一言は書かなくちゃいけない幻想で、特に楽したとは思えませんでした。 そして昨年、自宅のプリンターを捨てました。 ここだ!やめるきっかけ来た!と思いました。 毎年デザインは楽しみ まず最初にしたことは、夫の会社の後輩にもう出さないと伝えてと、夫に話したこと。 会ったこともない後輩の奥様が、毎年「旧年中はお世話になりました」と書いて送ってくださっていたのですが、ずっとモヤモヤしていたんです。 なんで嫁同士で面倒なやりとりせなあかんねん、と。 今年は送ってこなかったので、後輩の奥様の手間がひとつ…

  • ながらできる人は神

    VERY読者ではないのですが、以前にタキマキさんの自宅訪問をテレビで拝見しました。 台所で作業しながらゴルフボールで足裏をゴリゴリ。洗濯物を干しに行く途中でストレッチ。掃除機かけながら、なんやかや。 ながら、が神レベルなのです。 テレビ用に多少の盛りもあるだろうし、ジムもエステも行ってらっしゃるとは思います。 それでも、メディアに出られる美しい人は、きっと努力をしてるはず。 そう思って、筋膜リリースというワードにもひっかかって、買ったのがこちら。 テニスボールです。明日、捨てます。 ながら、はできない。 テレビもスマホもそれに集中することしかできません。 皿洗いながら、横で煮物するとは別次元の…

  • ミニマリストの冬の窓辺

    洗剤置くのに棚がいる! おしゃれな詰め替え容器がいる!と躍起になっていた頃もありました。 あかん、それはマメに掃除や手入れができる人だけがしていいことやで! 天の声か、内なる声かはわかりませんが、その声が聞こえてからは、窓辺イコール既製の棚として使うようになりました。 冬以外は洗濯洗剤のみですが、冬には保湿剤(夫と子供用)と入浴剤が加わります。 生活感溢れてますが、動線に無駄がなくてお気に入りです。 入浴剤は、温泉の素系が家族みんな好きで、冬場はこれだけで家庭円満です。 トイレットペーパー、洗濯洗剤はなくなっても近所のコンビニで買えますが、入浴剤はドラッグストアまで行かないと買えないので、残り…

  • 一番って、たぶん大事

    箱根駅伝、今年も見てました。 ゴールする姿に涙する私の横で、子供がつぶやいたこと。 「一番やったら何かあるん?」 蓮舫か!とツッコミたくなる疑問です。 もちろん一位だったからと言って、この先の将来を確約される訳でもない。 大きな賞金が貰える訳でもない。 それでも、一番って、やっぱりすごいと思います。 二位以下の大学も、箱根駅伝予選で破れた大学の選手たちも、もちろん素晴らしいことに間違いありません。 血の滲む努力をしてきたことは、どの大学の選手だって違いはないのですから。 だからこそ、その中の一番って本当にすごいと思うのです。 バランス良く何でもできたら、子を持つ親としても安心かもしれません。 …

  • 小さな財布に添う生活をしてみよう

    家族3人で初詣に行きました。 自宅から徒歩20分ほどなのに、行ったことのない神社を参拝しました。 歴史ある神社ですが、あまり人もいなくて、ゆっくり拝むことができました。 小さな財布から出したお賽銭を入れて、ふと感じたこと。 今年は小さい方へ自分から寄り添って生活するのもいいなぁ。 去年買った小さな財布には、小銭と1000円一枚とクレカと免許証と保険証をいれています。 仕事の日は定期とこの財布があれば事足ります。 食料品と日用品は基本的に現金払いにしていて、長財布に持ち変えて買い物に行っていますが、クレカで支払いしてもいいかもしれない。 食料品日用品の月平均はだいたい決まっているので、こちらもク…

  • いつもと変わること変わらぬこと

    明けましておめでとうございます。 いつものスーパーで迎春用の花を買って、子供に生けてもらいました。 迎春用といっても、床の間もないので、いつものキッチンカウンターに飾っています。 お正月の挨拶をすませたら、おせちを食べて、テレビとか読書とか好きなことをそれぞれしています。 家族揃ってお正月を迎えられること。 それが変わらぬことが、一番の福なんだろうなぁと思います。 今年も家族それぞれが、それぞれのことに頑張れる一年でありますように。

  • 新調するのは下着とスリッパ

    なんとなく、新年は新しいもので迎えたい。 我が家が新年にむけて用意したものは、スリッパと下着。 スリッパはだいたい年二回、消耗品として買い替えています。 だいたいニトリ 下着は、今年から夫を真似て、朝にも履き替えることにしています。 数はそれなりに持つことになるけれど、朝新しいものに履き替えることで、なんだか気分が変わります。 2020年も続けていきたい習慣のひとつです。 大晦日は3年A組の再放送と戦国武将総選挙の録画を見ながら年越しそばを食べる予定です。 皆様、よいお年をお迎えください。

  • ミニマリストのマキシマムな年末の冷蔵庫

    去年買い替えた冷蔵庫。 330Lを選んで大正解。 踏み台に乗れば、冷蔵庫の上もさっと掃除できるサイズが最高です。 冷蔵庫の整理整頓ができないので、中身は見晴らしよくするように心がけていますが、年末年始に向けてかなりマキシマムな状態です。 年末年始は、やたらと肉類の値段がはねあがりますよね。 それに備えて、少しずつ買いだめして冷凍保存しています。 普段は週二回の買い物で、肉の冷凍はあまりしないので、死蔵品を出さないように気を付けなければ。 4日までは買い物に行かないことを目標にしよう。 おせちの材料もかなり入っています。 夫の好きな伊達巻きは2本。 チルド室には大好きな棒ダラも。 30日に母と一…

  • 占いの後押しを受けて

    占いが好きです。 特にこの時期って、来年の占いがじゃんじゃん出てくるので、ついつい見てしまいます。 山羊座の私は来年は運気のよい飛躍の一年だそうです。やったね。 とある占いの中に気になる文言を発見。 【これでもかと言うくらい、ライフスタイルをスリム化してみましょう】 なんですと! ミニマリストのまま邁進しろってことやん。 その言葉を真に受けて、気になりながらもやり残していることを少しずつこなしていってます。 もう使っていないスマートフォンを携帯ショップに返却。 本棚の整理をして、売るもの・捨てるもの・譲るものに分別。 丈を直して着たい服をリフォームショップへ出す。 新しい眼鏡を作る。 似合わせ…

  • 雑誌をためない方法

    紙媒体が好きなので、ちょこちょこファッション雑誌は買います。 でも、何冊か溜まってくると処分したくてウズウズします。 スクラップブックに挑戦したこともありますが、スクラップブック自体を捨てたくなるので、向いてないとやめました。 今は、残したいページは写真に撮って、専用フォルダにまとめています。 時々思い出して眺めるのが、ちょうどいいです。 制服化はしていませんが、数が少なくなると、自然とお気に入りの組み合わせができるもんですね。

  • クリスマスに関するプレゼント契約書

    お友達の家はサンタがゲームをくれる、子供がそう言ったのはまだ保育園児の頃でした。 あまり早い時期からゲームをさせたくなかったので、その時でっちあげたのが 「クリスマス契約書」 我が家の契約内容は1.ゲーム類はもらえない (もらえるのは誕生日のみで、もらうのは親から)2.持ってくる日は23日から25日の間 (できるだけ休みの前の夜に届けます) そのように、サンタクロース協会と契約を結んでいることになっています。 その後、ヨシタケシンスケの本で、サンタクロース調査員が出てきて、なんとなく後押ししてくれていました。 あれから数年。 サンタクロースの存在をかなり疑っている様子の我が子。 こちらも敢えて…

  • 愛しの隙間ちゃん

    隙間の美しさを教えてくれたのは、ゆるりまいさん。 衝撃やったなぁ。 徐々に物を減らして、ほんの少しずつですが、我が家にも隙間ができてきました。 愛しの隙間ちゃん。 もういなくならんといて。

  • 子供のインフルで、まずは3日間の大掃除

    子供がインフルエンザにかかり、思いがけなく長期連休中です。 どこに行けるはずもないので、片付けと大掃除。そしてあと諸々の後まわしにしていたことを。 Day1 ○換気扇掃除 ○食器棚・シンク下・コンロ下・吊り戸棚掃除 ○洗面脱衣所・床下収納掃除 ○お風呂パッキンのカビ取り ○洗濯機の洗濯パン掃除・ほこりよけ作り どこかのブログで見て、いつかやろうと思っていた、ほこりよけ。 100均のPP板で作りました。 Day2 ○玄関掃除 ○窓拭き ○洗濯槽洗浄 ○リビング収納整理 ○排水溝洗浄 Day3 ○メルカリ出品 ○防災持ち出し袋の見直し 賞味期限切れ、サイズアウト、携帯ラジオはスマホ対応のものを買い…

  • 雷神さまのラベルはがし

    我が家のいつかやろう、の心のベストテン第一位 それは、「台所扉のチャイルドロックはずし」 台所の観音開き扉につけたそれは、不要になってからもう何年経つだろう? 気づけば子供はもうすぐ10歳やのに。 思い立ったが吉日。 雷神さまのおかげで、きれいにはがせました。 これからは、風神雷神図屏風を見るときも、風神さまより、贔屓目になること間違いなし。 今となっては何故黄色を選んだのかわからない扉も、我が家の歴史。

  • ティッシュケースなしで家庭円満

    いつの間にかティッシュケースを使わなくなりました。 インテリアショップで買ったものや、頂き物など数種類を各部屋でずっと使ってきました。 あー、いちいち面倒くさっと思ったのが、きっかけだと思います。たぶん。 ティッシュケースなしの一番いいところは、家族が箱を潰すのも、新しい箱を用意するのもやってくれるところ。 神経質でエコ意識の高い夫が、箱は古紙ボックスへ、ビニールはプラゴミ入れへ、きちんと分別。 洗面所から新しい箱を取ってきて、取り出し口をベリベリするのが子供。 名もなき家事、ひとつクリア。 色に対するストレスが低いからできるのかもしれません。 緑でも、ピンクでも、どんとこい。 むき出しティッ…

  • 3ないごはん

    ある日の我が家の晩ごはん。 映えない品数少ないお金あんまりかかってない3ないごはんです。 映えるごはん、尊敬します。 すごいーって私も言われたい。 でも、こういうごはんの日は、家族がやたらと喜ぶので、まぁええか。

  • お金のたまりそうなパジャマ

    春先に、ヨレヨレだった寝間着(スウェットタイプ)を処分しました。 今年はしっかりパジャマを着ようと、肌寒くなった頃に買いに出かけました。 パジャマくらい明るい色でもいいかもしれないと、黄色ベースのものを選びました。 案の定、夫にはCOWCOW意識してんの?と言われ、↓のポーズを強要されました。 〈画像お借りしました〉 でも子供は、「なんかお金たまりそうなパジャマやな」と言ってくれたのです。 そうあってほしい。 そうであれ。

  • エコと怠慢の間で悩ましいおにぎり問題

    我が家は夫と私と小学生の3人家族。 朝ごはんはだいたいおにぎり 時々パン、時々肉まん プラス果物やヨーグルト おにぎりは、ラップで巻いて出します。 衛生的だし、洗い物も少ないし。 けれど、エコじゃないなと罪悪感もあるんです。 衛生的で環境にもいいおにぎりの握り方って何でしょう。 きっちり手を洗うしかないんかな?

  • 花という、ささやかな贅沢

    しおれたら、捨て時。 そのわかりやすさもいい。 199円で得られる癒し。 にほんブログ村

  • いつの間にかのミニマリスト

    家を片付け始めて3年くらい。去年の今頃から、捨てたものをメモし始めて1000個を越えました。 減らせるところはスッキリと。 減らせないところはそれなりに。 スチールラックで埋め尽くされてた壁。 ザルの影だって愛しい。 一番大事なのは、人と比べないこと。 自分の軸をしっかり持つこと。 ・・・ってまだまだその境地には到っておりませんが。 それでも、家事も育児も仕事も対人関係も、ぐっと円滑に回るようになってきました。 気持ちだけはいつの間にかミニマリストなのです。

カテゴリー一覧
商用