プロフィールPROFILE

不動産投資.comさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
不動産投資.com
ブログURL
https://hudousann-toushi.com/
ブログ紹介文
不動産投資.comは、国内及び海外不動産投資に準ずる会社が運営し、これから不動産投資をしたい初心者や、すでに不動産投資をしているけども、あまり知られていないお得な不動産物件を知りたい人などに紹介する不動産メディアです。
更新頻度(1年)

8回 / 1日(平均56.0回/週)

ブログ村参加:2019/12/03

読者になる

不動産投資.comさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,554サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,934サイト
不動産投資 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 753サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 79,565位 79,890位 980,554サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 531位 534位 4,934サイト
不動産投資 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 86位 84位 753サイト
今日 12/13 12/12 12/11 12/10 12/09 12/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,554サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,934サイト
不動産投資 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 753サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、不動産投資.comさんの読者になりませんか?

ハンドル名
不動産投資.comさん
ブログタイトル
不動産投資.com
更新頻度
8回 / 1日(平均56.0回/週)
読者になる
不動産投資.com

不動産投資.comさんの新着記事

1件〜30件

  • 不動産投資の勉強ができる漫画9選!!

    不動産投資をするために、本を読んで勉強したいけど、長々とした文を読むのはいや。 不動産投資の本ってなんだか難しそう… 不動産投資を学びたい方の中にもそのような方は多いのではないでしょうか。 その時点で不動産投資へ気持ちが遠のき諦めてしまう方も多い中、おすすめしたいのが不動産投資が学べる漫画です! 最近発売されている不動産関係の漫画には、難しいだけではなく、可愛く楽しくかっこよく、様々な角度で不動産と人間の関係が描かれています。 この記事では不動産投資が学べるおすすめ漫画を紹介します。 不動産投資が学べるおすすめ漫画 1.マンガでわかる!はじめての不動産投資 不動産投資を始めるにはという基礎知識から、不動産投資の投資技術まで、詳しい不動産投資に関するハウツー本をそのまま漫画にした本です。 漫画にはなっていますが、吹き出し部分に詳しい不動産投資についての説明が書かれているので、読みやすく、かつ濃い内容が書かれています。 読めば不動産投資への考え方が変わると話題の漫画です! 不動産投資についての堅苦しいイメージを払拭しましょう。 2.正直不動産 不動産エース営業マンの主人公・永瀬は嘘を厭わぬ口八丁で敏腕営業マンでしたが、ある事件以来嘘がつけなくなってしまいました。 そんな主人公が不動産業界の真実を暴いていく痛快喜劇マンガです。 国民的ドラマになった銀行暴露本のような痛快さで、不動産のタブーについて触れていきます。 不動産とお金の様々な秘密が解き明かされるので、読んだ後はスッキリとした気分になります。 不動産の裏事情が分かるので、これから不動産投資を始めようと思う人にもオススメです。 3.吉祥寺だけが住みたい街ですか? 住みたい町No.

  • 不動産投資に役立つ雑誌とその特徴とは?

    不動産投資と言えば、何はなくとも情報収集が重要です。 そんな不動産投資の情報収集には様々な手段があります。 その一つが不動産投資関連の雑誌です。 そこで、不動産投資の雑誌のうち、特に有名なものをピックアップして、それぞれの特徴を解説していきます。 さらに、雑誌以外にも書籍、新聞、メルマガ、そしてWebサイトから得られる不動産投資情報の特徴も紹介し、まとめました。 この記事を読めば不動産投資の情報収集の手段について詳細に知ることができますよ。 不動産投資をするなら読みたいおすすめ雑誌 不動産投資をするなら雑誌を読むことが一番おすすめです。 しかし、このジャンルは多くの雑誌が創刊されており、どれを読んでいいのか分からないということも少なくありません。 そんな不動産投資の雑誌のうち、特におすすめしたい6誌を紹介していきます。 その6誌が ・賃貸経営博士の月間大家倶楽部 ・日経不動産マーケット情報 ・SUUMOリフォーム ・月刊プロパティマネジメント ・月間不動産流通 ・不動産ソリューションBOOK です。 これらの雑誌について紹介し、特徴を解説していきます。 1.賃貸経営博士の月刊大家倶楽部 賃貸経営博士の月刊大家倶楽部は株式会社博士.comが運営する不動産投資情報のポータルサイト、不動産賃貸経営博士が発行している大家さん向けの月刊紙です。 大家さんにターゲットを絞った雑誌として知られており、大家さんが抱える悩みや問題、新しいアイデアについて特集が組まれ、専門家でなくとも読みやすい内容になっているのが特徴です。 例えば、管理会社から不動産会社への契約変更の方法、夜逃げした入居者や悪質な入居者の対応、アパートの建替え問題など、大家であれば誰しもが直面する問題に対して解説しており、非常に分かりやすいものとなっています。 不動産投資で一時的に大家さんになっている方にとっても、不動産投資の入門書として読める分かりやすい雑誌と言えるでしょう。 ただ、記事の中には広告をにおわせるような内容も入っている場合がありますから、ある程度割り切って読むのもおすすめです。 2.日経不動産マーケット情報 日本有数の経済紙である日経新聞の系列で日本最大級の事業用・投資用不動産取引の情報を提供している雑誌です。

  • 不動産投資をしているプロ野球選手を大特集!安定収入は可能?

    不動産投資をすることによって、毎月安定した家賃収入などを獲得することができ、たくさんのお金を稼ぐことができます。 そのため、多くの人が不動産投資に挑戦しており、その中には驚くほど稼いでいる人もいるのが実態です。 プロ野球選手にも、安定した収入を目的に不動産投資に挑戦もしくは関係を持っている人がたくさんいます。 どのようなプロ野球選手が不動産投資に挑戦しているのか紹介していきます。 不動産投資に関係しているプロ野球選手 1.上原浩治 巨人の投手エースとして活躍した後、メジャーリーグでも目覚ましい活躍をしたのが上原浩治氏です。 プロ野球選手として稼いだお金は80億円以上と言われており、多額のお金を獲得することに成功した人物でもあります。 そんな上原浩治氏も、実は浪人生活を経験しており、その際に様々なアルバイトに挑戦しています。 かなり低い時給にも関わらず、生活するためにお金を稼いでいた時期もあるのが上原浩治氏なのです。 このように他のプロ野球選手とは違った人生を歩んでおり、プロ野球選手として活躍してからは不動産投資にも積極的に挑戦している人物です。 某テレビ番組で、どのくらいの不動産を所有しているのか質問された時、アメリカと日本で複数の不動産を所有していることを明言しています。 それだけ不動産投資に対してポジティブな考え方をしており、安定したお金を獲得できるように努力してきた人物です。 どのくらいの安定した収入を獲得しているのか具体的な発言はされていないのですが、1000万円以上のお金を不動産収入によって、獲得しているという噂もあります。 2.G.G.佐藤 西武ライオンズや千葉ロッテマリーンズに所属しており、主に外野手として活躍していたプロ野球選手です。 豪快なスイングが大きな特徴になっており、ホームランを量産していた選手でもあります。 そんなG.G.佐藤氏は、日本代表として活躍していた時期もあり、今でもエラーの場面は有名です。 このエラーによって失点してしまった日本は3位決定戦で勝利できず、残念ながらメダルを獲得できませんでした。 日本代表としてプレイした後、スランプがそのまま続いてしまい、約10年のプロ野球生活に幕を閉じた人物です。 現在は地盤調査を行う会社のサラリーマンとして仕事をしており、貴重な戦力として活躍しています。 G.G

  • 不動産投資が好きな芸能人を徹底解説!儲かっている?

    不動産投資は一般の人だけではなく、芸能人も積極的に実施しており、成功している人も多数存在しています。 その中には安定した利益を確保することに成功しており、豊かな生活を実現しているケースも少なくありません。 そこで不動産投資が好きなだけではなく、見事に成功している芸能人をご紹介していきます。 意外な有名人も積極的に不動産投資を行っており、安定した利益を確保しているようですよ。 不動産投資好きで成功している芸能人 不動産投資は成功することで、安定した収入を獲得できるので、興味を持っている芸能人がたくさんいます。 俳優やミュージシャンだけではなく、芸人など様々な芸能人が不動産投資に挑戦しており、成功してます。 1.壇蜜氏 元グラビアアイドルとして活躍していた壇蜜氏は、タレントや女優としても活躍している芸能人になります。 2019年11月には清野とおる氏と結婚しており、私生活も充実しているのが特徴です。 仕事だけではなく、私生活も充実している壇蜜氏ですが不動産投資によって、安定した利益を生み出しています。 壇蜜氏が挑戦している不動産投資は駐車場で、都内に3つほどの駐車場を管理しています。 どのくらいの利益を確保しているのか正確な金額は公表されていないのですが、約1000万円ほどの年収を不動産投資によって獲得しているという噂があります。 それだけ壇蜜氏は、駐車場の不動産投資に興味を持っており、積極的に実施している人物です。 都内は地方と比べても土地が足りず、駐車場が限られているため、車所有者は何としても駐車できるスペースを確保しなくてはいけません。 そこで壇蜜氏は、若い時から駐車場投資に注目していたようです。 2.山田たかお氏 山田たかお氏は、高い視聴率を獲得している笑点に長い間座布団運びとして活躍している芸能人です。 座布団運びのデビューをして約35年ほどの年月が経過しており、今も現役として活躍しています。 山田たかお氏は、積極的な不動産投資を行っている芸能人として有名な人物でもあります。 すでに所有している不動産は数億円単位になっており、高額なお金を不動産に投資している状況です。 安易に不動産投資をするのではなく、東京オリンピックやその他地域状況を把握した上で有望な不動産を導き出しています。

  • レオパレス問題とは?原因や現在の状況を分析!

    国内では多くの方が賃貸物件に住まれています。 その中の一つとして有名なのがレオパレス。 レオパレスは全国各地に賃貸物件を持ち、それによって安定した利益を確保しています。 そんなレオパレスなのですが近年大きな問題を起こしてしまい、多くの人に注目されています。 レオパレスはどのような問題を起こしたのか、そして現在どのような評判になっているのかを説明していきます。 レオパレスとは 東京都中野区に存在している大手不動産会社で、不動産に興味がない人でも知っていることが多い有名な会社です。 不動産建築や賃貸管理だけではなく、老人ホームの運営なども行っています。 1985年に敷金無料の賃貸マンションレオパレス21を展開して、一気に成長した実績を持ちます。 2019年時点では、連結グループも含めると約1万4千人ほどの社員が在籍している大手企業として成長しています。 レオパレス問題とは 不動産会社の大手として成長したレオパレスなのですが大きな問題を発生させてしまいました。 不動産業界に大きな衝撃を与え、今も少なからず業界に影響を及ぼしている状況です。 レオパレスが建築した物件に施工不良が発覚 レオパレスが建築した物件の多くが施工不良で、大きな問題を抱えていることがニュースになりました。 少しでも利益を確保するため、レオパレスは建築基準を満たさない施工を実施しており、それによってコストカットを行ってきました。 しかしそれでは多くの人が安心して生活できる物件として、利用することができなかったのです。 このような違法建築がずっと行われていたことが、テレビ報道や建築の調査進捗によって発覚し、大きな問題になりました。 特に界壁がない物件を多く建築しており、これによって騒音問題が発生しやすくなっていました。 また騒音だけではなく、火災が発生した時に火が広がりやすいなどの問題があり、大きな問題として注目されています。 経営陣は違法建築を知らなかったと一点張り レオパレス問題が大きな問題に発展した理由として、経営陣が違法建築を知らなかったと主張し続けている点もあります。 界壁がない物件は一つだけではなく、全国各地のあらゆる場所に存在しており、それにも関わらず経営陣は知らなかったと報告しています。

  • LINE@で不動産投資の情報を取得する方法とは?

    近年注目を集めているサービスがLINE@(ラインアット)配信です。 このサービスは、LINEとは異なる企業向けアプリで顧客向けに一斉配信を行ったり、管理ができるサービスになります。 ダイレクトメールやメールマガジンの新しい形として各企業が利用しています。 そんなLINE@配信は顧客と不動産の取引を行う不動産投資会社も利用しているケースが多いです。 そこで今回、不動産投資とLINE@配信というテーマで、不動産投資会社でLINE@配信を行っている9社についてその特徴やサービス内容を紹介していきます。 この記事を読めばきっと不動産投資会社とLINE@配信の関係を知ることができるのではないでしょうか。 LINE@配信をしているおすすめの不動産投資サイト LINE@配信を行っているそれぞれのサイトや会社の特徴を紹介していきます。 その企業は、 ・INVALANCE(インヴァランス) ・東京日商エステム ・楽待(らくまち) ・もふもふ不動産 ・RICHROAD(リッチロード) ・TRUST(トラスト) ・プロパティエージェント株式会社 ・REISM(リズム) ・不動産投資ユニバーシティ です。 今回紹介するこれら9社以外にもLINE@配信を行っていますが、特におすすめな不動産投資サイトとしてこれらを紹介していきます。 1.INVALANCE INVALANCEはInnovation(革新)、Value(価値)、Reliance(信頼)の3つの意思が込められた造語を社名とした会社です。 創業は平成16年5月と2019年12月現在15年もの実績を持っています。 不動産投資のセミナーを積極的に行っている企業としても知られており、オシャレなセミナールームでリラックスした雰囲気で不動産投資の話を受ける形式に定評があります。 主に単身者向けの新築不動産物件の販売や、賃貸・建物管理、ディベロップメント事業を単独で行っているという業務内容で、子会社にはIT関連部門の会社もあります。 そのため、IoTを組み込んだ物件も展開している点も特徴です。 このINVALANCEのLINE@は、アカウントに友だち登録すると、 マンション投資に役立つ最新情報や無料セミナー情報の配信を受けられます。

  • 不動産投資に失敗した芸能人まとめ!その理由とは?

    老後資金は年金以外に2000万円の貯蓄が必要だという2000万円問題が2019年に議論され、老後の生活資金に関心を寄せる人は増えてきています。 そんな中、不動産投資への注目度も高まってきています。 不動産投資では、建物や土地を購入して、家賃収入を得たり、不動産の価値が高騰した時にはそれを売ったりする投資です。 その不動産を利用する人さえいれば継続的に家賃収入を得ることができるので、年金のような感覚で投資する人も多いです。 しかし、不動産の価値の下落などによって不動産投資で大きな損失を出してしまう場合も多くあります。 不動産の場合は株式や為替取引と比較して流動性が低いため価値の変動が大きく起こる恐れも大いにあるのです。 そこでここではどのような芸能人が不動産投資に失敗してきたのか、その失敗内容も含めて紹介していきます。 不動産投資で失敗した芸能人 1.阿部寛 阿部寛さんは現在も連続ドラマで主演を務める程の息の長い人気俳優です。 俳優で演じている役柄のイメージからはあまり不動産投資をして失敗したなどというイメージが湧かないですが、過去に不動産投資で莫大な損失を出しています。 この莫大な損失の原因はバブルの崩壊でした。阿部寛さんは1980年代にメンズノンノの看板モデルとして活躍していました。 そんな絶頂期に不動産投資に手を出すことになります。きっかけは知人の紹介で投資用マンションを購入したことです。 それからは不動産投資にのめり込むようになり、借金をしてまで不動産投資をしていきました。 そんな時にバブルが崩壊してしまい、当然所有していた不動産の価値は下落してしまいます。 結局のところ、負債は総額3億円にものぼると言われています。 その後は、仕事も低迷期に入り、一時期はパチンコで生計を立て、借金を返済していったと言われています。 パチンコで生計を立てていたというのがまた今のイメージとはあまり結びつきません。 その後、俳優として再び人気者となり、2007年に公開された映画『バブルへGO!』の記者会見で「最近になって借金を返し終えた」と語っていることから、20年近く借金の返済に時間がかかったことになります。 2.千昌夫 千昌夫さんは演歌界の大御所で、1960年代から1980年代にかけて数多くのヒット曲を世に送り出しました。

  • 不動産投資のリスクを種類ごとに徹底解説!

    投資にはリスクがつきものです。 ただ、成功している人は、しっかりリスクを理解した上で対処法を講じ不動産に投資をしています。 リスクを恐れて実行できないままでいるか、前向きに捉えてより良い選択ができるか。その差は大きいといえると思います。 まずはリスクをネガティブに捉える前に、どんなリスクがあるのかを徹底的に知ってみることが大事です。そうすれば、頭も気持ちも整理されて、リスク回避をするには具体的にどうしたら良いかがわかると思います。 これから不動産投資を始めるのであれば、絶対に外すことのできないリスクについてまとめてみることにします。 不動産購入時のリスク 不動産投資で最初にすることは、収益物件の購入です。今後の賃貸経営が成功するかしないかは、どんな物件を得られるかでほぼ決まりますので、購入時にどんなリスクがあるかまず知っておきましょう。 費用リスク 不動産投資では、収益物件を購入する費用がまず最大のリスクといえるのではないでしょうか。この物件購入費には物件価格だけでなく、様々な手数料や税金がかることも最初に知っておきたい点です。 まず物件を仲介してくれた不動産会社へ払う仲介手数料があります。400万円以上の不動産物件を売買した場合、その売買価格の3%プラス6万円という費用がかかります。 そして融資を受けて購入する場合には、金融機関へのローン保証料や事務手数料、印紙代がかかります。また不動産登記や抵当権登記の費用、ほかに売り手側への固定資産税や都市計画税の残額の清算も生じます。 例えば、1000万円の物件をローンで購入した場合、実に諸費用が約95万円かかってきますから、事前の資金計画にこの諸経費は組み込んでおきたいものです。 欠陥・瑕疵物件購入リスク 物件を購入したあとで、欠陥がある物件だったことが分かることがあります。欠陥のある物件を購入する確率は、けして高いわけではありませんが、マンションが傾いたというニュースもあったことですので注意が必要です。 欠陥のある瑕疵物件は不動産の価値を下げてしまいます。入居率の悪化や家賃収入を得られなくなることも十分考えられます。 このリスクを避けるには、契約時の書類に「物件状況確認書」をよくチェックしてみることです。もし瑕疵物件の場合には、この書類に書かかなくてならない決まりがあります。

  • ウチノカチは不動産投資家にとって必見のサービス!?評判(口コミ)含めてまとめ

    不動産投資家であれば、知っておきたいマンションや住宅、そして土地などの価格相場。 価格相場を知ることで、物件を購入する際の一つの目安となりますからね。 しかし、多くの不動産情報サイトで掲載されている物件価格はその物件の価格が分かっても、価格相場までは知ることができませんでした。 ですが、本記事で紹介する『ウチノカチ』は、そんな物件の価格相場を含めて、家賃相場や近隣情報などを全て無料で知ることができる不動産投資家にとってとてつもなくありがたいサービスです。 もちろん、使い方も非常に簡単! 本記事では不動産投資家なら知っておきたいサービスであるウチノカチについて紹介しますから、ぜひウチノカチについて知って、今後の物件探しに生かしてくださいね。 ウチノカチのwiki的会社概要 サービス名 ウチノカチ 運営会社 おうち研究所 サイト公開年月 2014年11月 サイトURL 取扱い物件 中古マンション 中古住宅 土地 賃貸マンション 賃貸アパート 賃貸住宅 対応言語 日本語 英語 Twitter - Facebook - Instagram - YouTube - 不動産比較サイト『ウチノカチ』とは ウチノカチとは、マンションや住宅、土地を含めた賃貸物件の、 価格相場 価格推移 家賃相場 家賃推移 を簡単に調べることができる、不動産投資家専門のwebサービスです。 そして、ウチノカチに掲載されている物件情報は、国土交通省の過去10年間で取引された約210万件ものデータに基づいてされています。 しかも! 全国12万地点、2万以上の沿線・駅周辺の、中古マンション、中古住宅、土地の相場をクリック1つで調べることができますから、気になる情報を調べ尽くしたい時に非常に便利ですね。 ウチノカチの特徴 ウチノカチの特徴についてですが、不動産投資家でYouTuberの「ふくろう不動産」が、とても分かりやすく説明されていますので、まずは上記の動画を見て頂きたいと思いますが、実際に私が使用した感想も含めて特徴を紹介していきますね。(動画内で説明されている内容と一部被るところもありますのでご了承下さい。) 会員登録が不要で無料で使用できる

  • 不動産投資の基礎知識を一気におさらい!注意点や勉強方法もチェック!

    自分の保有している預貯金などの資産を少しでも増やす方法として株式投資や投資信託といったものがありますが、上手く運用すれば大きな利益を得ることができる「不動産投資」も現在注目を集めています。 ただ、不動産投資は株式投資や投資信託よりもハイリスクハイリターンの性質を持っているため、見返りは大きいですがその分リスクも高い資産運用と言われています。 そのため、資産を増やしたくて不動産投資に興味があったとしても、むやみに手を出してしまうと大きく損をしてしまうことも。 そこでこちらでは不動産投資の基礎知識として、 ・不動産投資と他の投資との違い ・不動産投資の種類 ・不動産投資をする際の注意点 ・不動産投資の勉強方法 などを紹介していきます。 不動産投資の基礎知識 まずは、不動産投資の基礎知識を紹介していきます。 不動産投資という言葉自体はよく聞くものですが、そもそも不動産投資とは一体どのようなものなのでしょうか? また、投資の用語としてよく出てくる「インカムゲイン」や「キャピタルゲイン」といった言葉の意味も理解しておきましょう。 不動産投資とはそもそも何? 不動産投資とは、土地やマンション、アパートなどの不動産に自分の資産を投資して利益を上げることを言います。 具体的には、安い土地を購入してその土地の地価が上がった段階で売却して利益を上げたり、マンションを購入して家賃収入を得るなど、不動産を利用して利益をあげることを全般的に不動産投資と呼びます。 以前までは多額の資産を保有している投資家などが主に不動産投資を行っていましたが、近年では一般の会社員なども手軽に行える状況となっています。 インカムゲインとは 不動産投資を実際に行う前には、「インカムゲイン」「キャピタルゲイン」という用語はそれぞれ覚えておいた方がいいでしょう。 インカムゲインとは、株式や債券といった資産を保有しているだけで得られる利益のことを言い、不動産投資のインカムゲインは家賃収入で得られる利益を指します。 そもそも、インカムゲインの「インカム」とは英語の「income」のことで、直訳すると「所得」や「収入」といった意味になります。 また、ゲインとは英語の「gain」のことで直訳すると「儲け」や「利得」といった意味になり、投資の中でも一定の収入を利得しやすいものはインカムゲインに分類されます。

  • 不動産投資の営業がうざい?そんなときの対処法!

    不動産投資をすることによって、安定した利益を確保でき、生活や今後の人生に良い影響を与えられる可能性が出てきます。 しかし不動産投資は高額な金額の投資なため、慎重に実施しなくてはいけません。 少しでも失敗しないように不動産投資を実施するには、優良な業者の不動産に対して投資を行うことが求められてきます。 しかし不動産投資業者によっては、しつこく電話勧誘をしてくる場合も。 そのため、 「不動産投資の電話勧誘がうざい!」 そんな声も多く聞かれます。 そこで今回は、 ・何故不動産投資業者がしつこく電話勧誘をするのか ・その断り方 なども色々とまとめてみました。 不動産投資業者がしつこく電話勧誘してくるのはなぜ? 基本的に優良な不動産投資業者は、しつこい電話勧誘をしない場合がほとんどです。 過度な電話勧誘は会社の評価を下げると知っていますし、無理に勧めなくとも良い物件を扱っていれば自然と買い手がつくためです。 ただし悪質な不動産投資業者は、様々な理由によってしつこい電話勧誘を実施してくる可能性が高いです。 現在しつこい電話勧誘に悩まされている人は、様々な要因が重なっている恐れがあるので注意しなくてはいけません。 一般的な営業よりも効率よく営業を実施できる 一般的な営業の場合、直接訪問するケースがほとんどです。 成功すれば契約してもらえるので、それだけ利益が増えます。 しかし失敗した時は、再び違う人のところに訪問しないといけないので、面倒な手間が発生してしまいます。 しかし電話勧誘の場合、電話で断られた場合でも速やかに別の電話番号に電話すればいいので、面倒な手間が発生しません。 これによって不動産投資業者は、効率よく勧誘を実施することができ、安定した利益を生み出せるようになります。 簡単に実施できる電話勧誘を選択するケースが多く、それによって悩まされている人がたくさんいます。 コストにも優れているのが電話勧誘 DMや直接訪問の場合はコストが高額になってしまうことも少なくありません。 しかし電話勧誘ならば、電話を所持することで簡単に実施できるためコスト削減を期待できます。 複数台所持した場合でも数万単位のお金で済ませられるので、経済的な余裕がない不動産投資業者でも簡単に勧誘を行うことができます。 また予めマニュアルなどを準備しておけば、それに沿って話をすればいいので簡単です。

  • 不動産投資で陥りがちな罠とは?初心者が守るべき注意点

    昨今様々な投資案件が巷をにぎわせています。 株式をはじめ、債券や地金などの資源、時に仮想通貨と言ったものまで投資の対象となっています。 そんな中、投資の対象として古くからあるのが、不動産です。 不動産は大きなお金が動くことから、様々な人物が集まっており、時に違法すれすれの手法で利益を上げるような人物すらいます。 そして、そういった流れで詐欺まがいの手法によって財産を奪う人間も少なくありません。 今回、この不動産投資をテーマにそれにまつわる様々な罠、とくに初心者を狙った巧妙な罠についてお話しします。 この記事を読めばきっと、初心者を食い物にする不動産投資の罠について多くのことを知ることができるのではないでしょうか。 不動産投資の世界は怖い?初心者を陥れる罠とは? 不動産投資の世界は怖いです。 初心者を陥れる罠が数多くあるからです。 そんな怖さを象徴する事例を6つ紹介します。 それは ①悪徳業者の口車に乗せられた ②売りっぱなしで逃げられた ③リスクの大きい不動産会社を選んでしまった ④投資対象の物件と家賃収入の物件を混同してしまった ⑤手数料に目がくらんだ ⑥入居募集がうまくいかなかった というものです。 一つ一つ見ていきましょう。 ①悪徳業者の口車に乗せられた Aさんは職場にかかってきた電話でマンション経営について興味を持ち、実際に電話してきた会社に連絡を取りました。 そして、営業マンと会って話をしたところ非常にテンポよく話が進んでしまい、いつの間にか銀行の事前審査まで通されていたのです。 進むところまで進んでしまったので後には引けないといわれ、しかもキャンセルは違約金がかかるといわれたのです。 当然そんな違約金を払うこともできない状況だったのですが、紹介された中古物件は空室の保証がなく、修繕計画(不動産と言う資産の価値を維持するうえで重要な計画)もなされていないというひどい物件でした。 資産ではなく負債となってしまう状態だったため、泣くなく違約金を払ってキャンセルしたのでした。 しかし、実際はこのような場合に違約金を支払う必要はありません。 知識があれば避けられた事例なのですが、初心者はそういった知識がありませんから、上手く騙されてしまい、払う必要のない高額な違約金を払ってしまうということになります。 ②売りっぱなしで逃げられた これも初心者がよく陥る罠です。

  • 不動産投資におけるスキームとは?詐欺を避けるための方法も解説!

    スキームと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、計画や体系、枠組みと言う表向きの意味意外に、謀略や陰謀と言ったネガティブな意味も含んでいます。 不動産投資は動く金額も大きいため、様々な人物がお互いにそういった謀略を仕掛け、騙し騙されと言った側面もあるのです。 基本的には公正な取引が行われていますが、一歩違った道を歩むとそういったものが多数ある世界とも言えます。 そんな不動産投資におけるスキームを知っておくことで被害に遭うことを避けることができるのです。 この記事では、この不動産投資におけるスキームについて、またそれらの種類についてお話しします。 この記事を読めば、不動産投資におけるスキームはどんなものがあり、被害に遭わないためにはどうすればいいのかということを知る一助になるのではないでしょうか。 不動産投資におけるスキームとはそもそも何? 不動産投資におけるスキームとはそもそも計画的な不動産投資を行うために仕組みのことです。 冒頭では詐欺の手段のような表現を行いましたが、本来の目的として効率よく利益を上げるための不動産投資における投資の仕組みと言う意味があります。 このスキームという言葉は様々な投資に用いられる言葉であり、資産運用形態の一つである不動産投資においても用いられるようになったという経緯があります。 これは複雑な収益を上げるための仕組みを一言で表す言葉として頻繁に使用され、例えばあるビジネスモデルを表現するために○○スキームと呼んだりします。 そんな便利な言葉、スキームですが、不動産投資では大きなものとして、TMKスキーム、GK-TKスキーム、REITスキームと言ったものがあります。 これらは冒頭で触れた詐欺のための仕組みではなく、一般的な不動産投資における「スキーム(仕組み)」として認知されているものです。 次の項目ではこのTMKスキーム、GK-TKスキーム、REITスキームについてお話をしていきます。 不動産投資におけるスキームの種類 不動産投資におけるスキームとして先ほど紹介したTMKスキーム、GK-TKスキーム、REITスキームについてここでは項目ごとに解説していきます。 これらは基本的に詐欺のためのスキームではなく、効率の良い不動産投資を行うための善良なスキームであることが多いです。

  • 不動産投資のおすすめ比較サイト10選!特徴や魅力で使い分けよう

    不動産投資を適当に進めると、気が付かないうちに大きな損をしてしまうこともありますよね。 そこで不動産投資に関する情報を一つでも多く集め、満足できる不動産に投資することが求められてきます。 効率よく情報を集めるために有用なのが、不動産投資の比較サイトです。 この不動産投資比較サイトをチェックしておけば、少しずつ不動産投資に関する有力な情報を入手できるので、満足できる投資が可能になるでしょう。 ここでは、各比較サイトがどのような特徴や魅力を持っているのかについて、紹介していきます。 不動産投資のおすすめ比較サイト ネット上には多くの不動産投資の比較サイトがあり、日々たくさんの人がアクセスしています。 ただ人によって最適な不動産投資比較サイトは異なりますので、しっかりと見極める必要があります。 最適な不動産投資サイトにアクセスし、ご自分の不動産投資を充実させていきましょう。 不動産投資会社完全比較ガイド とても分かりやすく説明している比較サイトで、不動産投資に関する様々な情報を入手できることが特徴です。 どのような不動産投資会社が存在しているのかランキング形式で紹介されており、知名度やセミナーの有無なども分かりやすく表示されています。 あまり不動産投資に関する知識がなくとも、不動産投資会社の特徴がよく分かるため、多くの人がアクセスしています。 また検索条件も充実しており、知名度やセミナーなどで検索できるだけではなく、入居率が高いもしくは企業規模の大きさなどで検索することも可能です。 人によってどのような不動産投資会社を求めているのか異なりますが、この比較サイトを利用すれば、最適な不動産投資会社を見つけやすくなりますよ。 その他にも、初心者向けの不動産投資情報やコラムなども掲載されているので、貴重な情報をすぐに入手できます。 少しでも不動産投資に活用できるように多くの情報が掲載されており、たくさんのアクセス数を誇っている比較サイトとしておすすめです。 ウチノカチ このサイトの大きな特徴は、不動産相場に加えて家賃相場も調べることができるため、不動産の利益率を判断することができるところです。 地域によって不動産相場や家賃が異なりますから、適当に不動産投資を進めると損を生じる恐れがあります。

  • 不動産投資はいくらから始められるのか?ローンを賢く使うコツ!

    不動産投資を始めたいと思っている人の中には、自己資金がいくらから不動産投資を始める事ができるのかと気になっている人も多いのではないでしょうか。 不動産投資では不動産投資ローンを利用する事ができますが、ローンの仕組みについても知っておきたいですよね。 今回は、いくらから不動産投資を始める事ができるのかという事や不動産投資ローンの仕組み等について解説していきます。 不動産投資はいくらから始められる? 不動産投資は、いくらから始める事ができるのでしょうか。 不動産投資と一言で言っても様々な種類があります。 また、どのような物件に投資をしていくかによっても変わってきます。 今回は代表的な不動産投資である ・アパート ・マンション ・一戸建て の場合に分けて、それぞれ解説していきます。 アパート経営の場合 一棟アパートを経営する場合は購入金額が高くなる事が多いため、ローンを組むケースが多くなります。 一棟アパート経営では、一般的に初期費用と頭金を合わせて物件総額の10パーセントから20パーセントの自己資金がある方が望ましいと言われています。 しかし、諸経費も含めてすべてローンで賄うオーバーローンを利用すれば、自己資金ゼロからでも始める事も可能です。 とはいえ、オーバーローンは金利等のリスクが高くなる傾向にありますので注意が必要です。 マンションの場合 中古の区分マンションには300万円以下の物件も多く、そのような物件ではすべて自己資金で賄っているという人も多いです。 ローンを利用しない事で金利コストを削減する事ができるでしょう。 また、新築の区分マンションの場合は、資産価値が高いためローンの審査が通りやすく、自己資金ゼロから始められるケースが多くなります。 一戸建ての場合 中古の一戸建て物件に投資をする場合、リノベーション等が必要なケースが多くなります。 一戸建てに投資をする際には、不動産価格と諸経費に加えて、リノベーションの価格を想定しておく必要があるでしょう。 リノベーションの費用は内容によって変わってきますが、100万円程度は覚悟しておきましょう。 また、一戸建て投資は、融資が受けにくくなる傾向がありますので、注意が必要です。 初期費用の目安はいくら?

  • 不動産投資に関するおすすめの本とは?セミナーや現地視察との違いも解説

    不動産投資を始める前に、勉強をして知識を身に付けることはとても重要です。 勉強方法としては、不動産投資に関する本を読む事が一番おすすめですが、どのような本を読めばいいか分からないという人もいるかもしれません。 今回は、不動産投資を検討している人におすすめの本を紹介していきます。 また、本からだけでは得られない情報を得る手段も併せてお伝えしていきますよ。 不動産投資の勉強をするのにおすすめの本 初めて不動産投資の勉強をする人は、まず下から自分に合った本を1冊読んでみる事をおすすめします。 また、不動産投資に関する基礎知識がある程度ついている人も、自分に足りない部分をカバーできる本を読んで勉強を続けていきましょう。 世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生:浅井佐知子(著) この本は、初めて不動産投資の勉強をしていきたいという人におすすめの本です。 著者の浅井佐知子氏は、不動産会社で営業の仕事を10年続けた後に、不動産鑑定士として独立された方です。 この本には、不動産投資の概要や全体像、不動産投資で儲けるコツ、税務や手続きまで網羅されています。 不動産投資に関する知識が全く無い人でも、徐々にステップを踏んでいきながら知識を身に付けられる構成になっています。 この本を読めば、不動産投資に着手する準備はできるでしょう。 初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書――投資家100人に聞いた!不動産投資をはじめる前に知りたかった100の疑問と答え:鈴木宏史(著) こちらも不動産投資の初心者向けの本です。 著者の鈴木宏史氏は、不動産投資情報サイトの「楽待」で人気のコラムニストです。 自身もRC一棟マンション投資をしており、不動産投資家として成功されています。 著者の実体験や多数の不動産投資家の意見を基に書かれており、よりリアルな不動産投資の実態を知る事ができます。 内容も全編がQ&A方式で読みやすく、分かりやすいと評判の一冊です。 不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え:玉川陽介(著) こちらも不動産投資の初心者向けの本です。 初心者の方が抱きやすい疑問を80個厳選し、分かりやすい回答を示していくスタイルになっています。

  • 投資用にブランドマンションは向いているか?その強みに迫る!

    ブランドマンションのウリは、そこに住むことでステータスを感じられる高級感だけではありません。生活に潤いや安心感なども提供してくれます。そして不動産投資家にとっても、高い資産価値を与えてくれます。 特に首都圏や東京の新築マンションは、資産価値が落ちにくいため融資を受けやすく、ある程度の頭金さえ用意できれば購入はそれほど難しくありません。 「ブランドマンションは敷居も価格も高くて手が届かない」とあきらめるのは実に惜しいことです。 これからブランドマンションとは何か、どんなメリットあるのかを解説していきたいと思います。 ブランドマンションとは? 野村不動産の「PROUD」や三井不動産の「パークマンション」などのブランドマンションをCMで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。 ブランドマンションとは信頼性や知名度のある大手の不動産会社が土地所有から建設まで手掛け、分譲するマンションです。 現在、ブランドマンションを手掛ける会社には、財閥系の会社から一部上場一部の大企業、そして電鉄系まで様々です。 ブランドマンションは希少な立地にある上、建設やデザイン、設備も選び抜かれており、購入希望者が殺到するほどです。 その理由はなぜか。 ブランドマンションは一般のマンションよりワンランク上の判断水準を設け、各社がそれぞれ独自のコンセプトでハイクオリティに仕上げるためです。 そのため、ブランドマンションは資産価値が下がらないことが保証されている、とまでいわれています。 ブランドマンションの中には、すでに中古でも値が上がることを見越して強気の価格設定で売り出し、それでも完売してしまうマンションもあります。こうした資産価値が保証されているような物件は、投資家にとっても大きな魅力がありますから、今後投資用マンションを探したいと考えている方にも参考になるでしょう。 ブランドマンションの特徴は? ここからは、ブランドマンションがどのような特徴を持っているのかを具体的に見ていきたいと思います。 1)利便性の高い立地に建設される 東京23区内や横浜・川崎・大宮など首都圏でも利便性の高いエリアで、さらに駅から徒歩圏内にあるという条件に優れているのが、ブランドマンションの特徴です。

  • 海外不動産への投資を考えている人におすすめのサイト7選

    昨今、海外不動産が不動産投資家たちから注目を集めています。 海外不動産は国内の不動産と比較して高い利回りが期待できるものなどがあり、日本国内で少子高齢化が進行する中で市場の縮小なども心配される中、投資先として魅力的な物件が多くあります。 国内の不動産市場が成熟してくると、国内から海外の不動産投資に切り替える投資家も増えているのです。 不動産を見つける時には、できるだけ不動産に関する情報を集めてからそのメリットを比較する必要があります。 そのような場合に、よりよい海外不動産を探すためにおすすめのサイトがあります。 ここでは、海外不動産を探す時におすすめのサイトについてご紹介してみたいと思います。 海外不動産おすすめサイト SEKAI PROPERTY 海外不動産投資に興味があるものの何から始めたらいいのかよくわからない、どの国の不動産が将来的に価格上昇が期待できるのかを知りたいという人も多いのではないでしょうか。 SEKAI PROPERTYは世界30カ国をこえる物件情報がチェックできる海外不動産サイトで、これからの発展が期待できる東南アジアなどの不動産投資について調べることができます。 グローバルなポータルサイトのSEKAI PROPERTYは、国内を含めた世界30か国、5000もの物件を日本語で見られるという特徴や、物件購入から管理や売却まで対応、 海外不動産投資を行う際のリスクや注意点などが掲載されているといった特徴があります。 またセミナーや、不動産視察ツアーに格安で申し込むことも可能です。 海外不動産について知りたいけどどうやったらいいかわからないという場合にはSEKAI PROPERTYがおすすめです。 Trulia アメリカで不動産投資を行いたいという人はアメリカの不動産情報サイトTruliaはとても便利です。 Truliaは不動産データサービスを提供する企業で、2014年にZillowに買収され他のですが、独自のオリジナリティのある不動産サイト運営が行われています。 このTruliaの最大の特徴として挙げられているのが、生活に重要な情報を網羅的にチェックすることができるという点になります。

カテゴリー一覧
商用