chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
独身投資家の資産運用ブログ IPO当選へ全資金投入! https://dokusinsisan.blog.jp/

落選ばかりのIPO抽選配分に見切りを付け、店頭裁量配分での当選を目指します。ご参考になれば幸いです。

独身投資家のもうひとつのブログもどうぞ宜しくお願い申し上げます。 「独身投資家の株式配当金と投資信託分配金でセミリタイア生活」 https://dokusintousika.blog.jp/

独身投資家
フォロー
住所
浦安市
出身
習志野市
ブログ村参加

2011/07/28

1件〜100件

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年9月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年9月22日の直近更新値先月よりも「8P」の増加で、602Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年9月)

    2022年9月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年9月

    2022年9月8日時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。以下、テキストベースでの「べた書き」になりますこと、何卒ご容赦下さい。・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年8月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年8月26日の直近更新値先月よりも「2P」の増加で、594Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年8月)

    2022年8月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 【株と現金とポイントがもらえました】CONNECTとStockPointForCONNECTの口座開設

    今更ながらではありますが、スマホ証券の「CONNECT」と、ポイント運用サイトの「STOCK POINT for CONNECT」に口座開設をしてみたところ、「株」、「現金」、「dポイント」をプレゼントしてもらいました。まずは、「CONNECT」の口座開設に伴って、・ 「株」 :

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年8月

    2022年8月5日時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。以下、テキストベースでの「べた書き」になりますこと、何卒ご容赦下さい。・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  

  • 【ウネリー(unerry・5034)売却】IPO利益総額と推移(2022年7月分)

    7月28日(木)に東証グロース市場に新規上場・公開となった「ウネリー(unerry・5034)」を売却して利益を確定させました。公開価格 : 1,290円    売却価格 : 2,838円 ( 100株 )上記の差分 :  ( 2,838円 - 1,290円 ) × 100株 = 154,

  • 【当選!IPO店頭配分】ウネリー「unerry」(5034)SMBC日興証券

    今年2022年で初めてとなる店頭配分でのIPO当選がありました。銘柄は7月28日(木)に東証グロース市場に新規上場・公開となる「unerry・ウネリー(5034)」になります。当選を頂いた証券会社は主幹事である「SMBC日興証券」になります。2021年7月に頂いた「ブレイン

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年7月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年7月22日の直近更新値先月よりも「4P」の増加で、592Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年7月)

    2022年7月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年7月

    2022年7月4日時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。上記以外にも、「みずほフィナンシャルグループ」をauカブコム証券で100株保有しています。以下、テキストベースでの「べた書き」になります

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年6月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年6月24日の直近更新値先月よりも「12P」の増加で、588Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年6月)

    2022年6月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年6月

    2022年6月8日時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。上記以外にも、「みずほフィナンシャルグループ」をauカブコム証券で100株保有しています。以下、テキストベースでの「べた書き」になります

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年5月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年5月27日の直近更新値先月よりも「1P」の増加で、576Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年5月)

    2022年5月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年5月

    2022年5月時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。上記以外にも、「みずほフィナンシャルグループ」をauカブコム証券で100株保有しています。以下、テキストベースでの「べた書き」になりますこと

  • 【クリアル(2998)売却】IPO利益総額と推移(2022年4月分まで)

    4月28日(木)に東証グロース市場に新規上場・公開となった「クリアル(2998)」を売却して利益を確定させました。公開価格 : 930円    売却価格 : 1,600円 ( 100株 )上記の差分 :  ( 1,600円 - 930円 ) × 100株 = 67,000円手数

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年4月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年4月28日の直近更新値先月よりも「8P」の増加で、575Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【当選!IPO抽選配分】クリアル(2998)SBI証券

    今年2022年で初めてとなる抽選配分でのIPO当選がありました。銘柄は4月28日(木)に東証グロース市場に新規上場・公開となる「クリアル(2998)」になります。当選を頂いた証券会社は主幹事である「SBI証券」になります。2018年6月に当選した「ライトアップ(6580)

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年4月)

    2022年4月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ 4月15日から

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年4月

    2022年4月時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。上記以外にも、「みずほフィナンシャルグループ」をauカブコム証券で100株保有しています。以下、テキストベースでの「べた書き」になりますこと

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年3月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年3月24日の直近更新値先月よりも「6P」の増加で、567Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年3月)

    2022年3月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年3月

    2022年3月時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )上記以外に、「みずほフィナンシャルグループ」を100株保有・ 「国内

  • 【IPO(新規公開株式)店頭配分への政策投資】SMBC日興証券で投資信託購入(2022年1月)

    引続き「IPO(新規公開株式)」について、店頭からの配分を目指して取り組んでいます。ご報告が遅くなってしまいましたが、「SMBC日興証券」で、初めてMRF以外の投資信託を購入してみました。本心では、投資信託はコストが掛かるので、大きな金額ではあまり購入したく

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年2月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年2月25日の直近更新値先月よりも「6P」の増加で、561Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年2月)

    2022年2月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • 保有ポートフォリオ(株式・ETF・REIT・インフラファンド)2022年2月

    2022年2月時点での保有している株式、ETF、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )上記以外に、「みずほフィナンシャルグループ」を100株保有・ 「国内

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2022年1月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2022年1月28日の直近更新値先月よりも「2P」の増加で、555Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2022年1月)

    2022年1月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • 持ち株チェック(2022年1月)

    2022年1月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  500

  • IPO(新規公開株式)当選による年間利益の推移

    これまでに当選した「IPO(新規公開株式)」の売却取引に伴う実現利益を、「年別」にまとめています。以下のリンク先の記事に、各年毎の「詳細」と「サマリー」を記載しています。2021年2020年2019年2018年以上、少しでもご参考になりましたら

  • IPO(新規公開株式)店頭配分への政策投資(2021年版)

    引続き「IPO(新規公開株式)」について、店頭からの配分を目指して取り組んでいます。2021年については、以下のようになりました。全て「SMBC日興証券」での取引になります。これで「三井住友フィナンシャルグループ(8316)」の保有株数が500株になりました。500

  • IPO(新規公開株式)当選による利益と損失の金額公表(2021年)

    2021年における、IPO(新規公開株式)当選での「利益」と「損失」の金額になります。( 利益 )ジーネクスト(4179) 100株  :  SMBC日興証券 (店頭裁量)  +16.4万円  NISA全研本社(7371) 100株  :  みずほ証券 (ネット抽選)  +1.0万円

  • 【IGS(4265)売却】IPO利益総額と推移(2021年12月分まで)

    本日、12月29日(水)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となった「Institution for a Global Society(4265)」を売却して利益を確定させました。公開価格 : 1,720円    売却価格 : 2,120円 ( 100株 )上記の差分 :  ( 2,120円 - 1,720円 

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年12月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年12月24日の直近更新値先月よりも「29P」の増加で、553Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント

  • 【IPO当選~14年ぶりの奇跡がまた!】IGS(4265)野村証券

    ちょうど一年前、昨年2020年の12月は、「マネックス証券」で実に14年ぶりとなるIPOの当選がありましたが(詳細は以下のリンク先の記事にあります)、なんと今年2021年の12月は、あの「野村證券」から14年ぶりとなるネット口座でのIPO当選がありました!銘柄は12月29

  • 【悲劇!8●●P到達】IPOチャレンジポイント~家族分

    SBI証券における「IPOチャレンジポイント」について、自分の「保有分」に関しては毎月記事にまとめてオープンにして来ていますが、家族(=親)の「保有分」が800Pを超えてしまったようですので、「IPOチャレンジポイント」を見せてもらいました。今回もキャプチャー

  • 持ち株チェック(2021年12月)

    2021年12月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  50

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年12月)

    2021年12月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年11月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年11月23日の直近更新値先月よりも「7P」の増加で、524Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント

  • 持ち株チェック(2021年11月)

    2021年11月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  50

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年11月)

    2021年11月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年10月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年10月29日の直近更新値先月よりも「6P」の増加で、517Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント

  • 持ち株チェック(2021年10月)

    2021年10月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  50

  • 【IPO当選?はめ込み店頭配分なので辞退】PHCホールディングス(6523)

    2021年10月14日(木)に、東証一部市場に新規上場となりました「PHCホールディングス(6523)」について、主幹事証券の女性担当者さんより、ブックビルディングの申込みを促す電話を頂きました。10月1日(金)の午後のことです。電話では、「検討してみます!」との

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年10月)

    2021年10月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年9月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年9月26日の直近更新値先月よりも「12P」の増加で、511Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント

  • 持ち株チェック(2021年9月)

    2021年9月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  500

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年9月)

    2021年9月時点での保有している「金融資産」の商品別金額と保有株数・口数になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万   下限利率が0.05%~ リターンがあまりにも低過ぎ・・・・ 

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年8月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年8月27日の直近更新値先月よりも「6P」の増加で499Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 持ち株チェック(2021年8月)

    2021年8月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  500

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年8月)

    2021年8月時点での保有している「金融資産」の商品別金額になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万・ 「みずほフィナンシャルグループ劣後債」  :  ¥100万・ 「キャッシュ」

  • 【ブレインズテクノロジー(4075)売却】IPO利益総額と推移(2021年7月分まで)

    7月28日(水)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となった「ブレインズテクノロジー(4075)」を売却して利益を確定させました。公開価格 : 1,780円    売却価格 : 4,400円 ( 100株 )上記の差分 :  ( 4,400円 - 1,780円 ) × 100株 =

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年7月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年7月23日の直近更新値先月よりも「8P」の増加で493Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【当選!IPO店頭配分】ブレインズテクノロジー(4075)SMBC日興証券

    今年2021年で2回目となる店頭配分でのIPO当選がありました。銘柄は7月28日(水)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となる「ブレインズテクノロジー(4075)」になります。当選を頂いた証券会社は主幹事である「SMBC日興証券」になります。2021年3月に頂いた「ジー

  • 持ち株チェック(2021年7月)

    2021年7月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  400

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年7月)

    2021年7月時点での保有している「金融資産」の商品別金額になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万・ 「みずほフィナンシャルグループ劣後債」  :  ¥100万・ 「キャッシュ」

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年6月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年6月26日の直近更新値先月よりも「22P」の増加で485Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【IPO利益総額と推移】2021年6月分まで

    独身投資家の「IPO利益総額」に関する「推移」をまとめてみました。( 現時点における最新の利益総額は、記事の最後に記載しています。 )1993年からスタートして、2017年までの「24年間」に渡って、「EXCEL」を利用してデータを蓄積してきましたので、「グラフ化

  • 持ち株チェック(2021年6月)

    2021年6月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  300

  • 【IPO当選~みずほ証券のネット抽選枠で初めて!】全研本社(7371)

    今年2021年で初めてとなる抽選配分でのIPO当選がありました。銘柄は6月16日(水)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となる「全研本社(7371)」になります。当選を頂いた証券会社は「みずほ証券」になります。「みずほ証券」では、これまでに「店頭裁量配分」を7

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年6月)

    2021年6月時点での保有している「金融資産」の商品別金額になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万・ 「みずほフィナンシャルグループ劣後債」  :  ¥100万・ 「キャッシュ」

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年5月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年5月28日の直近更新値先月よりも「1P」の増加で463Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 持ち株チェック(2021年5月)

    2021年5月時点での保有している株式、REIT、インフラファンドの「銘柄別数量」と「概算評価金額」になります。( テキストベースでの「べた書き」になりますこと、ご容赦下さい。 )・ 「国内株式」  三井住友フィナンシャルグループ(8316)  :  300

  • 【極秘?三井住友銀行の富裕層向けサービス】SMBC GRANDEのインビテーション!

    ネットで検索をしても全くヒットしないようですが、三井住友銀行にも富裕層向けのメンバーシップサービスがあります。その名は、「SMBC GRANDE」この度、インビテーションを頂くことが出来ました。パンフレット等には、無断禁転載の表示もありませんでしたので、

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年4月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年4月20日の直近更新値先月よりも「23P」の増加で462Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【ピタリ賞!7●●P到達】IPOチャレンジポイント~家族分

    SBI証券における「IPOチャレンジポイント」について、自分の「保有分」に関しては毎月記事にまとめてオープンにして来ていますが、家族(=親)の「保有分」が切りの良い数字になったようですので、「IPOチャレンジポイント」を見せてもらいました。今回もキャプチャ

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年3月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年3月31日の直近更新値先月よりも「26P」の増加で439Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【IPO利益総額と推移】2021年3月分まで

    独身投資家の「IPO利益総額」に関する「推移」をまとめてみました。( 現時点における最新の利益総額は、記事の最後に記載しています。 )1993年からスタートして、2017年までの「24年間」に渡って、「EXCEL」を利用してデータを蓄積してきましたので、「グラフ化

  • 【IPO店頭配分・当選目的】債券投資の状況(2021年3月分まで)

    「IPO」に店頭配分・当選することを目的とした「債券投資」について、実績を時系列に表示しています。2017年2月よりスタートしまして、今回の記事では、2021年3月分までの状況になります。2017年2月 : 第83回個人向け国債購入 ( 大和・5,500万  日興・5,200

  • 【当選!IPO店頭配分】ジーネクスト(4179)SMBC日興証券

    今年2021年で初めてとなる店頭配分でのIPO当選がありました。銘柄は3月25日(木)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となる「ジーネクスト(4179)」になります。当選を頂いた証券会社は主幹事である「SMBC日興証券」になります。2020年9月に頂いた「アクシス(4012

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2021年4月)

    2020年11月以来、4ヵ月ぶりとなる現状の確認として、2021年3月時点での保有している「金融資産」の商品別金額になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万・ 「みずほフィナンシャルグ

  • 【PO補欠当選繰上り!SBI証券】カナディアン・ソーラー・インフラ(2021年3月)

    今回もSBI証券での「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになりますが、なんと「補欠当選」が繰上ってしまいました!ディスカウント率は、お約束通りの「2.5%」

  • 【死屍累々】みずほ証券IPO

    2021年のIPOの傾向として、「みずほ証券」が主幹事のケースが増加しているような印象を持っています。数年前であれば、「大和証券」や「SMBC日興証券」よりも少ない3番手、或いは「野村證券」にも劣後して4番手が定位置だったように思われますが、「みずほ銀行」の取引

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年2月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年2月19日の直近更新値先月よりも「10P」の増加で413Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【PO補欠~SBI証券】日本プロロジスリート(2021年1月)

    今回もSBI証券での「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束通りの2%ではなく、弱含みの2.5%で決定しています。主幹事ブッ

  • 【PO補欠~SBI証券】日本再生可能エネルギーインフラ(2021年1月)

    今回も「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束の「2.5%」で決定しています!売出価格 : 101,497円「1/7月末」の決算

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2021年1月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2021年1月23日の直近更新値先月よりも「23P」の増加で403Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント :

  • 【PO補欠~SBI証券】コンフォリア・レジデンシャル(2021年1月)

    今回も「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束の「2.5%」で決定しています!売出価格 : 282,623円「1/7月」の決算銘

  • 【証券会社のお姉さんから年賀状】SMBC日興証券(2021年)

    昨年2020年に引続いて、今年2021年も証券会社から年賀状が届きました。ほとんど全資産を投入している「SMBC日興証券」の女性担当者さんからになります。一昨日には、電話でも「年始のご挨拶」をして頂きました!他に付き合いがあるところですと、証券会社では「み

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2020年12月)

     本年も何卒宜しくお願いを申し上げます。 SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2020年12月31日の直近更新値先月よりも「30P」の増加で380Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下

  • IPO当選による利益と損失の金額公表(2020年)

    2020年における、IPO当選での「利益」と「損失」の金額になります。( 利益 )フィーチャ(4052) 100株  :  SMBC日興証券 (店頭裁量)  +42.5万円  NISAアクシス(4012) 100株  :  SMBC日興証券 (店頭裁量)  +47万円  NISAスタメン

  • 【PO補欠~SBI証券】ジャパン・インフラ(2020年12月)

    今回もSBI証券での「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束通りの「2.5%」で決定しています。「5/11月」の決算銘柄ですので

  • 【IPO利益総額と推移】2020年12月分まで

    独身投資家の「IPO利益総額」に関する「推移」をまとめてみました。( 現時点における最新の利益総額は、記事の最後に記載しています。 )1993年からスタートして、2017年までの「24年間」に渡って、「EXCEL」を利用してデータを蓄積してきましたので、「グラフ化

  • 【ついに1000P達成!】IPOチャレンジポイント~スタートから何年?

    SBI証券における「IPOチャレンジポイント」に関して、通算ではありますが、ついに1000Pに到達しました!昨日2020年12月16日(水)に抽選があったIPO銘柄の「東和ハイシステム(4172)」の落選で、現在の保有ポイントが375Pになりました。一方、これまでの「ポ

  • 【IPO当選~14年ぶりの奇跡!】スタメン(4019)マネックス証券

    今年2020年で初めてとなる抽選配分でのIPO当選がありました。銘柄は12月15日(火)に東証マザーズ市場に新規上場・公開となる「スタメン(4019)」になります。当選を頂いた証券会社は「マネックス証券」になります。「マネックス証券」での当選は、2006年12月の「マ

  • 【PO補欠~SBI証券】GLP投資法人(2020年12月)

    今回もSBI証券での「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束通りの2%で決定しています。2/8月の決算銘柄ですので、予想分配

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2020年11月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2020年11月27日の直近更新値先月よりも「13P」の増加で350Pになりました。増加したポイント数の内訳については、以下の通りになります。・通常のIPO落選ポイント 

  • 【PO補欠~SBI証券】エネクス・インフラ(2020年11月)

    今回も「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。11月末の年1回のみの決算銘柄で、受渡日が決算日を超えるため「予想分配金」が控除されます。また決算期

  • 【PO補欠~SBI証券】タカラレーベン・インフラ(2020年11月)

    今回も「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、お約束の2.5%で決定しています!5/11月の決算銘柄で、受渡日が決算日を超えるため

  • 【PO補欠~SBI証券】伊藤忠アドバンス・ロジスティクス(2020年11月)

    「補欠当選 ⇒ 繰上ならず」に伴うIPOチャレンジポイントの獲得を目的とした「PO」の申込みになりますので、1口だけのブックビルディングになります。ディスカウントは、4%で決定しています。あれっ???  お約束の2.5%じゃないです!1/7月の決算銘柄で

  • 【祝?6●●P到達!】IPOチャレンジポイント~家族分

    SBI証券における「IPOチャレンジポイント」について、自分の保有分に関しては毎月記事にまとめてオープンにして来ていますが、久しぶりに家族(=親)の「IPOチャレンジポイント」を見せてもらいました。今回もキャプチャーをサイトにアップして良いとのことでしたので

  • 【JALのPO】対象期間延長!IPOチャレンジポイント狙い?

    JAL(9201)のPO、ほとんど「末期症状(?)」のような印象ですね~ちっぽけな企業なら「第3者割当増資」か、腹黒い証券会社が勧めて来る「ライツ・オファリング」で延命工作も可能でしょうが、これだけ図体がデカイとそれも無理ですし~デカイといっても時価総額で5,0

  • 【IPO店頭配分狙い】金融資産の保有状況(2020年11月)

    2020年11月時点において、保有している「金融資産」の商品別金額になります。絶対防衛資産  ( = 老後に向けて確保している安全資産 )・ 「個人向け国債」  :  ¥17,000万・ 「みずほフィナンシャルグループ劣後債」  :  ¥100万・ 「キャ

  • 【もらえました1万円】みずほFGの株式をauカブコム証券へ移管

    今年2020年8月にも記事に致しましたが、ネット証券の「auカブコム証券」に他の証券会社から株式を移管したことに伴って、現金1万円をプレゼントして頂きました。移管した銘柄は、「みずほフィナンシャルグループ(8411)」になります。10月の株式併合の前で、1,000

  • IPOチャレンジポイントの現在残高と獲得累計(2020年10月)

    SBI証券での「IPOチャレンジポイント」に関する自身の状況になります。( 現在の残高 )   2020年10月23日の直近更新値先月よりも「16P」の増加で337Pになりました。POの申込みに伴う「IPO落選2倍ポイント」によって、+10Pが付与されたようですね。まだま

  • 【IPO店頭配分・当選目的】債券投資の状況(2020年10月分まで)

    「IPO」に店頭配分・当選することを目的とした「債券投資」について、実績を時系列に表示しています。2017年2月 : 第83回個人向け国債購入 ( 大和・5,500万  日興・5,200万  みずほ・5,200万 ) 3月 : ファイズ(9325) IPO店頭配分・当選 ( 大

ブログリーダー」を活用して、独身投資家さんをフォローしませんか?

ハンドル名
独身投資家さん
ブログタイトル
独身投資家の資産運用ブログ IPO当選へ全資金投入!
フォロー
独身投資家の資産運用ブログ IPO当選へ全資金投入!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用