プロフィールPROFILE

はりもぐさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
乳がん患者の妊活絵日記
ブログURL
https://www.harimogu.com/
ブログ紹介文
私は乳がん患者ですが赤ちゃんが欲しいです。若年性乳がんを発症した乳がんサバイバー『はりもぐ』が乳がん患者の妊活のリアルをマンガにしています。妊娠を希望するすべての乳がんサバイバーの参考になりますように。
更新頻度(1年)

13回 / 55日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2019/11/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、はりもぐさんの読者になりませんか?

ハンドル名
はりもぐさん
ブログタイトル
乳がん患者の妊活絵日記
更新頻度
13回 / 55日(平均1.7回/週)
読者になる
乳がん患者の妊活絵日記

はりもぐさんの新着記事

1件〜30件

  • 第13話 休薬スケジュール

    リュープリンは、体から薬が抜けるまで何ヶ月かかるの? リュープリンは、1ヶ月剤、3ヶ月剤、6ヶ月剤ってあって、それぞれの期間しか効き目がないんだよ。 私の場合、9月に3ヶ月剤を打っているから、12月以降は薬が切れている状態。だからそこからさらに数ヶ月待つ必要はないんだよ。

  • 第12話 脂肪肝を相談

    乳がんサバイバー『はりもぐ』の妊活・不妊治療マンガ第12話。人間ドックで診断された脂肪肝を主治医に相談しました。

  • 第11話 しみじみ

    この診察だった日は、私の誕生日の次の日だったんだよね。 30歳なりたてだったって事だね。 そうなんだよ。それに9月でちょうど術後5年が経過したし、特別な日だったなぁ。 おめでとう、はりもぐ。 ありがとう。

  • 第10話 病院選び

    決めた○○病院だけどさ、貰った候補の中では一番家から近いんだけど、通院に1時間かかるんだよね・・・。 さすがに1時間以上かかると、けっこう負担になりそうだよ。体調が良い日ばかりではないだろうし。 まあでも、電車で乗り換えなしで行けるから良かったよ。

  • 第9話 想定外の結果

    乳がんサバイバー『はりもぐ』の妊活・不妊治療マンガ第9話。人間ドックの結果が届き脂肪肝と診断されました。

  • 第9話 想定外の結果

    乳がんサバイバー『はりもぐ』の妊活・不妊治療マンガ第9話。人間ドックの結果が届き脂肪肝と診断されました。

  • 第8話 人間ドック

    人生初の人間ドックだったよね。 クリニックに併設されてるカフェの軽食が食べられる券も貰ったね。 そうそう。焼きおにぎりが食べられたね。 でもまさか、脂肪肝だなんて想定外だったね。 びっくりしたよ。あと報告書に貧血も書かれていたけど、それは昔から指摘されてた事で、体質っぽいからどうしようもないんだよね。1度主治医にも相談した事があったけど「立ちくらみで歩けない程じゃなければ、問題なし」って言われたなぁ・・・。

  • 第7話 スクリーニング結果

    このスクリーニング検査がまず最初に超えなきゃいけない壁だったから、何ともなくて本当に良かったよ〜。 脳MRIの結果も大丈夫ってわかってからは気がラクになったでしょ?未だに物忘れは激しいけど。 もう何年も薬を飲みつづけているから、きっとケモブレインなんだろうね。忘れっぽい自分を受け入れたらもう開き直って全然気に病まなくなったよ。 開き直っちゃダメでしょ。忘れちゃうのは仕方ないけど、なるべく気をつけるんだよ。

  • 第6話 つきない不安

    乳がんサバイバー『はりもぐ』の妊活・不妊治療マンガ第6話。スクリーニング検査を期に乳がん以外の病気がないか人間ドックで検査することにしました。

  • 第5話 スクリーニング検査

    今回は再発スクリーニング目的の検査についてのお話でした。 通常術後の経過観察では症状がないときに色んな検査を「念の為に」と受けることはあまり推奨されていません。でも今回は「休薬して妊活をする」という目的があるから骨シンチなどの検査をすることにしました。だってもし再発が分かったら妊活どころではないから。 はりもぐは、ここ数ヶ月の間に急に物忘れが激しくなっていたから不安がっていたよね。一緒に脳MRIもやってくれてよかったね。 家のカギが閉まってないかも!って玄関まで戻った日が何回もあるよね。戻ってもちゃんとカギはかかっているんだけど・・・ そういえば、先生が言ってたPET検査ってなに? PET検査…

  • 第4話 主治医に伝える

    現段階の研究では、エストロゲンレセプターが陽性の患者であっても、適切な術後治療を行っている場合は、妊娠によって予後が悪くなることはないと報告されています。 1970〜2009年に発表された論文を対象として、1244人の乳がん術後妊娠患者と、18145人の乳がん術後非妊娠患者の比較検討を行われた事が2011年に報告されました。 妊娠した患者のうち、自然妊娠なのか生殖医療の妊娠なのか内訳は明記されていませんが、乳がん術後に妊娠した患者は、妊娠しなかった患者と比べて、死亡リスクが41%減少したという結果でした。 しかしこの研究では、対象者の約80%はHER2発現状況が不明なことと、時代的に乳がん治療…

  • 第3話 選ぶ道

    結構弱音も吐いてたよね。休薬のせいでがんが再発したらどうしようとか、赤ちゃんが来てくれても、病気のママじゃ苦労をかけるとか... そうだねえ。はりもぐは夜ベットに入るとだいたい弱気になるよね。でも翌朝になるとケロッとしている(笑) だって色々考えても、結局の所は赤ちゃんが来てほしいっていう気持ちは変わらないから...やってみるしかないなって。 まあ、どんな結果になっても、僕がそばにいるから、大丈夫だよ。

  • 第2話 私の乳がんについて

    乳がんの手術が終わったあとから、先を見据えて妊娠について本で勉強をしていました。 それは「乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療に関する診療の手引き」という本です。 この本は医療者向けの内容ですが「乳がん患者がどうすれば妊娠することができるか」がとても詳しく書いてあるのでわたしは頑張って読みました。 日本がん・生殖医療学会が編集をしているので内容も信頼できます。 なので病院に相談する前から自分にはどんな選択肢があるのか、なんとなく分かっていました。 事前の情報収集はとても重要だと思うので興味のある方にはおすすめの本です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffil…

  • 第1話 はじめまして

    はじめまして。当ブログにお越しくださりありがとうございます。 このブログは、乳がんサバイバーである『はりもぐ』が不妊治療に挑む過程をマンガで描いたものです。 今後の治療内容はリアルタイムに更新をしていく予定です。 「乳がん患者でも赤ちゃんがほしい」 同じ気持ちでこのブログを訪れたあなたに、少しでも役に立てれば幸いです。

カテゴリー一覧
商用