searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

MSDSSphさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
組織横断統括部門 機械システム設計推進本部
ブログURL
https://mechanical-systems-sharing-ph.hatenablog.com/
ブログ紹介文
元有機化学理論実験系で人工衛星の設計・開発・管理をしていた人が、人工衛星の機械システムを思い出しながら、横道に反れたりして、それっぽい知識を残していく
更新頻度(1年)

78回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2019/11/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、MSDSSphさんをフォローしませんか?

ハンドル名
MSDSSphさん
ブログタイトル
組織横断統括部門 機械システム設計推進本部
更新頻度
78回 / 365日(平均1.5回/週)
フォロー
組織横断統括部門 機械システム設計推進本部

MSDSSphさんの新着記事

1件〜30件

  • サービス回復のパラドックス

    サービス回復のパラドックス(Service recovery paradox)とは? 本来、製品に対してトラブルが発生した場合、多くのユーザーは不満を募らせ、人によってはクレームを行います。 しかし、発生したトラブルをサービスによって補填、回復、修正を正しくすることで、(すべてではないが)トラブルの発生していない安定したサービスよりもユーザーに対して多くの満足感と信頼感を与えることができます。 言ってしまえば、トラブルはユーザーにさらなる満足感を与えることをサービス回復のパラドックスと呼ばれています。 しかし、残念なことに必ずしも再現性があるというわけではありません。 今回は、このサービス回復…

  • ラッセル・リンカーン・アコフのシステム思考【システムエンジニアリング】

    システムエンジニアリングとはなにか? この質問に回答するのは、とても困難です。 ウィキペディアによると Systems engineering is an interdisciplinary field of engineering and engineering management that focuses on how to design, integrate, and manage complex systems over their life cycles. Systems engineering - Wikipedia 「システムエンジニアリングは、大規模で複雑なシステムを開発及び…

  • 最近のJAXAは年収が分かるらしい

    JAXAの場合簡単に年収が出てきます。 だいたい690万ですって、本当?って感じですが。 案外知られていないようなんですよね、このページ。 いえ、今回はこれだけです。 www.jaxa.jp www.jaxa.jp

  • レーザー加工の誤解と6つ真実【筐体加工】

    レーザー加工の誤解を解く 原文 https://www.engineeredmechanicalsystems.com/truth-behind-laser-cutting-myths/ John Thom レーザーは間違いなく、私たちの知る技術の中でも実用的に進化してきた技術の一つです。光のエネルギーを集約したビームは、矯正眼科手術をはじめ、音の伝達に至るまで利用されています。 レーザー加工は、材料によって事前に加工プログラムを作成し、コンピューター制御によって、強力なレーザーを調整しています。 一般的な例として、カメラ内部に搭載される回路の加工やさまざまな素材で作られた装飾品で使われていま…

  • 宇宙環境試験に供するセラミックコンデンサの注意点 | Lessons Learned

    宇宙環境試験に供するセラミックコンデンサの注意点 コンデンサは、充電や放電を行うことで、電圧の変化を吸収したり、電気の通り道で余計なノイズを横道にそらしたり、直流はさえぎり周波数で信号をより分ける機能があります。 セラミックコンデンサは、誘電体に高誘電率のセラミックを用いたコンデンサで、次のような特長があります。 極性がない 高周波特性が良い(ESRが低い) 高耐熱 長寿命 印可電圧によって容量が変化する特性(DCバイアス特性)を持っている。DCバイアス特性は誘電率が大きいものほど顕著に現れる。 温度によって静電容量が大きく変化する 高周波による振動で音鳴りが発生する 温度/機械的衝撃によりク…

  • NASAのDC/DCコンバーターの適用に関するガイダンス(2008年) | Lessons Learned

    NASAの選択とDC/DCコンバータの適用に関するガイダンス DC/DCコンバータの不具合は、宇宙機に限らず多くの製品で発生する可能性が高いデバイスです。 現在、市販製品と言われるCOTS品が使用されていますが、DC/DCコンバータの場合はどうでしょうか? 今回は、宇宙品質のDC/DCコンバータの故障の一部を知っていただくことで、宇宙品質のDC/DCコンバータを使用しない場合に気を付けるべき部分として、設計に反映していただければと思います。 概要 ハイブリッド型DC/DCコンバータの入手性、品質、および信頼性の問題により、多くのNASAプロジェクトにおいて、コストとスケジュールに影響を及ぼして…

  • 太陽電池パドルの展開信号の不通 | Lessons Learned

    惑星探査人工衛星マゼランのソーラーアレイの展開の兆候 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-s30-72-046 太陽電池が必要な人工衛星は、電力消費が多く、使用頻度の高いミッションを行う場合に搭載されます。 展開パドルが働かなければ、人工衛星の電力が足らずに、緩やかに人工衛星が喪失するか、多くの機能が制限されることになります。 太陽電池パドルで最も心配する点は、展開機構が正常に稼働するのか確認できるのかという点です。 軌道上は、他に観測できるものがないため、展開パドルが駆動するのか、目視することができません。 大型衛星であろうと、地上から…

  • 火星探査用のローバーのタイヤがパンクした事例(火星探査プロジェクトMSL) | Lessons Learned

    火星探査プロジェクトであるMSLのローバーホイールの早期摩耗 2021年現在、火星や月をローバーと呼ばれる車両が走行する計画が上がっています。 現在も多くの車両が研究開発されています。 今回の教訓は、想定していた最悪ケース以上のケースが発生し、ローバーの寿命が著しく短くなってしまったところにあります。 概要 マーズサイエンスラボラトリー(Mars Science Laboratory、MSL)は、NASAが火星探査ミッションで用いる宇宙船の名称です。 MSLに使用されるローバーホイールの設計は、火星の特定の種類の地形でパンクしやすいことが証明されています。 ホイールのパンクは、動作の負荷のシミ…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途100/100選ー天候ー

    リモートセンシングと天候 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-GSFC_20171208_Archive_e002108 ※CGではなく実際の国際宇宙ステーションから撮影された写真 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかも…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途94/100選ー交通ー

    リモートセンシングと交通 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-KSC-2009-3153 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途87/100選ー社会ー

    リモートセンシングと社会 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-S73-34295 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われて…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途75/100選ー海洋学ー

    リモートセンシングと海洋学 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-sts046-74-094 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのよう…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途69/100選ー鉱業/ナビゲーションー

    リモートセンシングと鉱業/ナビゲーション 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われているか、知らない情報があれば幸いです。 リモートセンシングと鉱業/ナビゲーション 鉱業 【061…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途60/100選ー保険/軍事ー

    リモートセンシングと保険/軍事 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われているか、知らない情報があれば幸いです。 リモートセンシングと保険/軍事 保険 【052】洪水が発生しやすい…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途51/100選の最近のー林業/政府/水文学ー

    人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われているか、知らない情報があれば幸いです。 林業 【041】山火事の早期発見 【042】ブラジルでの違法な熱帯雨林伐採の逆転 【043】樹木病…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途40/100選ー標高/エンジニアリング・建設/環境ー

    コペルニクス 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われているか、知らない情報があれば幸いです。 標高 【032】光の検知及び測位技術を利用した精密レーダマッピング 【033】SRT…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途31/100選ー災害/エコロジーー

    Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-GSFC_20171208_Archive_e000220 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどの…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途21/100選ービジネス/気象変動/犯罪編ー

    Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-iss025e008532 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどのように使われているか、知らない情…

  • 人工衛星などのリモートセンシングによるデータの最近の使用用途100選ー農業/考古学/北極・南極編ー

    Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-GSFC_20171208_Archive_e000502 人工衛星のデータは、農業や林業、天気といった様々なことを使用されています。 人工衛星データの中で地球表面を観測装置を用いて、観測することをリモートセンシングと呼びます。リモートセンシングは人工衛星だけではなく、飛行機や気球などで観測することも言います。 リモートセンシングという表現は、そのうちに地球表面に限らず、惑星表面を観測する技術のことを指すことになるかもしれませんが。 リモートセンシングの用途は年々広がっています。 人工衛星のデータがどの…

  • 人工衛星と地上局との機能配分における衛星サービスの総合システムの役割

    人工衛星と地上局の機能配分の一例を考えてみる 人工衛星を制御するのに、必要なものがいくつかありますが、アンテナのある地上局が必須となるでしょう。 データを受信するだけであれば、地上局の必要はないのですが、人工衛星を制御するために電波を送信するには必要になります。 そんな地上局ですが、人工衛星の地上局には、人工衛星の制御をするだけではなく、人工衛星から送られてくるデータを補完する機能を持っている場合があります。 今回は、人工衛星と地上局の機能分配についてまとめていきます。 前提として高頻度観測について考えてみる 光学観測衛星の高頻度の観測といわれると、どの程度の回数を想像されるでしょうか? 観測…

  • 防衛白書 令和2年版を振り返り読み解く宇宙領域

    産業面から見る防衛白書 令和2年版 技術だけではなく、国の政策からも宇宙領域をみたことはあるでしょうか? 利用者からすれば、注意している方は少ないかもしれませんが、開発者や事業者からすれば政策にまつわる補助金や、業務委託という形でお客様になります。 国防とか技術面は横に置いておいて、今回はなるべく、産業面から防衛白書を読み解いていきます。 ただ、防衛面での宇宙事業関係の場合は、既知の技術や製品を使い、安全や信頼性が高いものを使用しているイメージがあります。 これは新規の研究開発や実証実験レベルがとても少ないということです。 防衛を見据えた宇宙用製品を開発する場合は、すでに他の製品などで関わりが…

  • 1994年、木星に衝突した彗星が地球と同じ大きさの衝突跡を残した

    Comet Shoemaker–Levy 9 (D/1993 F2)を知っていますか? Category:天体衝突を題材とした映画 隕石あるいは彗星が衝突した光景を見ることができる人はどれだけいるでしょうか? 地球には年間数個の隕石が落下してくるといいます。 そんな隕石が落ちてくる様子と、落下したクレーターを観測できる人はほとんどいないでしょう。 四半世紀ほど前にそれを地球上全世界で観測できるチャンスがありました。 1993年3月に、シューメーカー夫妻とデイヴィッド・レヴィによって発見された彗星はComet Shoemaker–Levy 9 (D/1993 F2)、シューメーカー・レヴィ第9彗…

  • 極軌道衛星のSバンドアンテナの故障 | Lessons Learned

    気象衛星NOAA-15(NOAA-K)のSバンドアンテナの故障 Credits: NASA GOES-L https://images.nasa.gov/details-KSC-99pp0489 極軌道気象衛星は、南北の極付近を通り赤道を大きな角度で横切る軌道を持っています。 これは、低高度(NOAA の場合は約850km)を短い周期(NOAAの場合は約100 分)で地球を南北方向に周回する軌道です。この軌道を持つ衛星は、地球上のある地点からみると、1日2回程度その地点の近傍上空を通ります。 静止気象衛星に比べ低高度を飛行するため、高解像度の画像が得られますが、観測範囲は狭くなります(NOAA…

  • 宇宙機搭載イメージングカメラの汚染への対応(1999) | Lessons Learned

    宇宙機搭載イメージングカメラの汚染への対応(1999) 人工衛星において光学観測は、その結果が見た目でも分かりやすく、直観的にも出来を判断されてしまいます。 地上のカメラにおいても、保管方法を間違えてしまえば、レンズにカビが生えたり、汚れが付着してしまいます。 洗浄方法はいくつかあるのですが、人の手がない宇宙空間ではその対応が難しいのです。 今回は宇宙空間でのカメラの洗浄方法とロケットで打ち上がるまでの管理についての教訓です。 概要 カメラに汚染物が付着した場合、その分析は汚染源や複雑な付着経路を必ずしも特定できるとは限りません。 設計・製造では、カメラシステムと熱制御面をわずかな侵入口から遠…

  • 振動音響などの応答を考慮した構造設計荷重を導出するための組み合わせ方法 | Lessons Learned

    振動音響などの応答を考慮した構造設計荷重を導出するための組み合わせ方法 振動試験より音響試験は物理的に難しい。 試験コンフィギュレーション上は、それほどと思うかもしれないが、小型衛星の場合はその限りでないかもしれないが、数メートル級の音響設備 を用意するなど、難しい。 それでも、ロケットは発射時などの衝撃波が加わることは明らかで、試験の必要性を迫られる。 もしかすると、小型衛星の場合は、ランダム振動条件の方が、人工衛星の負荷が大きいこともあるので、そちらで代用しているかもしれませんね。 さて、今回は専門用語が多いため、いつもより誤訳している可能性があります。 原文やJAXAの振動試験あるいは音…

  • 振動試験の動画をあつめてみました【宇宙機、人工衛星と振動試験】

    以前、展開機構のYOUTUBEをまとめていたのですが、今回は振動試験物の動画を集めてみました。 mechanical-systems-sharing-ph.hatenablog.com 振動試験をはじめて実施することになった方へ何かしら参考になればと思います。 動画紹介なので、ちょっと重い。 人工衛星の試験 小型衛星の振動試験 輸送梱包試験の様子 飛行機の振動試験 自動車振動試験 振動試験実験例 振動試験治具一例 ボルトの緩み試験 振動試験実例 地震再現振動試験 色々な振動の世界 人工衛星の試験 BepiColombo horizontal vibration test BepiColombo…

  • NASA施設内でのリチウムイオン電池の火災 | Lessons Learned

    リチウムイオン電池の火災 リチウムイオン電池の爆発事故は、世界各地で発生していますが、宇宙船のエネルギー貯蔵システムとしてリチウムイオン電池を使用しているNASAでも発生しています。 今回は地上設備で発生したリチウムイオン電池の火災についてまとめたLessons Learnedを紹介します。 ついでに、YOUTUBEに発火の様子と、危険行動も記載されていたので載せておきます。 最初の破裂音注意ですね。 www.youtube.com 概要 NASAのジェット推進研究所の地下室で特性試験を行っているリチウムイオン電池は、過熱、発火、爆発し、有毒ガスがビルの上層階2階にまで吹き込み、数日間の避難を…

  • 広域赤外線探査衛星WISEプロジェクトから得たロケット打上げまでの1年以上におよぶ準備計画の重要性 | Lessons Learned

    プロジェクトから得たロケット打上げまでの1年以上におよぶ準備計画の重要性 Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-KSC-2009-4762 2020年の3月に制定されたJAXA共通技術文書の存在を知っているでしょうか? JERG-2-701 運用準備標準のことです。 (JAXA内ではJERGのことをジェルグと呼んでいるところもあります) JAXA衛星の運用準備の流れが書かれています。 一方で、ここまで準備をしている組織がJAXA衛星以外に日本にあるかといえば微妙なところです。 というのも、長らく日本では打上げ・運用はJAXAがほとんど実施し…

  • リアクションホイールの使用管理の重要性 | Lessons Learned

    限られた宇宙船リソースとしてリアクションホイールを管理する(2002) 宇宙船と言えば国際宇宙ステーション(ISS)が有名です。 ISSの大きさは大人用サッカー場と同じ広さです。 ただ、居住空間となると地上のように面積では出せず、体積で表すと935m2程度で、だいたいジャンボジェットの客席部分と同じ体積と言われています。 ジャンボジェットじゃあ、飛行機をよく使う人か航空業界の人しか分かり難いので、だいたい中学高校の教室の5教室分より少し大きいぐらいです。 https://www.sekisuihouse.com/nattoku/koubou/seminar_event/public/back_…

  • Maxarの解像度30cm級地球観測衛星WorldviewLegionとRGTシステム

    Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-PIA23878 Maxar Technologies社(旧DigitalGlobe社)は、現在商業衛星で最も解像度の高い30㎝級の地球観測衛星WorldViewシリーズの製造・運用を行う企業です。 WorldViewシリーズは、日本の防衛省でも使用されている人工衛星です。 このWorldViewシリーズに新たなラインナップが追加されるということで少し調べてみました。 WorldView LegionはNRO Credits: NASA https://images.nasa.gov/details-G…

カテゴリー一覧
商用