searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

おじさんKOPさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おじさんKOPのリバプール応援ブログ
ブログURL
https://www.oji3kop.work
ブログ紹介文
リバプールを応援しだして20有余年が経ちました。今まで読むばかりだったリバプールの記事を自分で書いて紹介したいと思いブログを始めました。リバプールのことをもっと多くの方に知ってもらえるよう頑張って書いていきますので、よろしくお願い致します。
更新頻度(1年)

84回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/11/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、おじさんKOPさんをフォローしませんか?

ハンドル名
おじさんKOPさん
ブログタイトル
おじさんKOPのリバプール応援ブログ
更新頻度
84回 / 365日(平均1.6回/週)
フォロー
おじさんKOPのリバプール応援ブログ

おじさんKOPさんの新着記事

1件〜30件

  • ホーム69戦目で屈辱の敗戦、如何に立ち直るか

    こんにちは、おじさんKOPです。 先程アンフィールドで行われたプレミアリーグ、バーンリー戦が終了し、69戦振りにアンフィールドで敗れてしまいました。 これで首位ユナイテッドから6ポイント差となり、いよいよ負けられない状況に追い込まれました。 引かれた相手にというフレーズは聞き飽きてしまいました。 それは何もリバプールにだけ起こっていることではなく、ユナイテッドやシティ、チェルシーやアーセナルにも起きていることであり、どのリーグでもビッグクラブには少なからず起こっていることです。 リバプールだけ打開出来ないということはなく、他チームはそこを打開して勝ってきていますので明らかに今絶不調です。 気に…

  • ワイナルドゥムインタビュー!

    こんにちは、おじさんKOPです。 移籍騒動の渦中にあるワイナルドゥムですが、使われ方を見ればクロップがいかに大事な選手と思っているかわかると思います。 その笑顔を見ればそんな悩みなどないように思いますがその結果はワイナルドゥム次第となっているのも事実。 週給が少ないとしてリバプールからのオファーを保留しているとのことですが、お金の問題だけではなさそうですので、何とかクラブには折り合って頂き、契約延長に向け努力を続けて欲しいと思います。 そんなワイナルドゥムのインタビューがLFC.comにアップされていましたので取り上げてみたいと思います。 「僕たちが今しなければならないことは、自信を持って今の…

  • チアゴアルカンタラ、ユナイテッド戦を振り返る

    こんにちは、おじさんKOPです。 クリスマスの時期には首位に立っていたリバプールですが、その後の3試合で勝ち点を取りこぼし、首位をユナイテッドに明け渡した後の首位攻防ユナイテッド戦でもスコアレスドローに終わり、首位浮上のチャンスを逃してしまいました。 現在リバプールは4位に位置しており、首位ユナイテッドとは3ポイント差となっていますが、気付けばシティが35の2位、しかも未消化試合が1試合あり、それに勝ったと仮定すれば38ポイントとなり、リバプールとは4ポイント差となります。 もうこれ以上差を広げられるのは避けなければなりません。 そのため、次節バーンリー戦が非常に重要な試合になります。 リバプ…

  • ユナイテッド戦を振り返る

    こんにちは、おじさんKOPです。 首位攻防の大一番がアンフィールドで行われましたが、スコアレスドローで勝ち点を分け合う形となりました。 スタメンは上のとおりです。 ほぼ予想どおりでしたが、シャキリスタメンには誰もが驚いたことでしょう。 ユナイテッド戦に強いことを示しました。 そのとおり前半のシャキリのプレーはキレがあり、何かを予感させるものでした。 試合はリバプールがボールを持ち、ユナイテッドが受ける構図が最後まで続きました。 いくつか良いシーンもありましたが、ボックス内での落ち着きがなくゴールに結びつかない時間が続きました。 時折見せるユナイテッドのカウンターもファビーニョ、ヘンダーソンの中…

  • ユナイテッド戦直前のトレーニング風景

    こんにちは、おじさんKOPです。 大一番が近づいてきました。 今日25時30分から首位攻防のユナイテッド戦がアンフィールドで行われます。 これに勝って同勝ち点ながら得失点差の首位浮上といきたいですね。 金曜日のトレーニングでは本番さながらの激しさが伝わるものとなりましたが、その中にも笑顔があり、最近の低調なパフォーマンスを引きずることはないでしょう。 さぁ、笑顔をキーワードにお届けします。 どうぞ! ロバートソン ジョーンズ クロップ サラー サラー&ファビーニョ ファビーニョ シャキリ まもなくスタメンが発表となりますが、どんなメンバーで臨むのか、特にセンターバックに誰を起用するのか、南野の…

  • 冬の移籍市場について

    こんにちは、おじさんKOPです。 コロナの影響大きくあまり移籍市場は活発ではありませんね。 どのクラブも市場に投入できる資金が限られていることが原因でしょう。 それでもウィークポイントなっているポジションはどのクラブにもあることでしょう。 リバプールでいえば何を置いてもDFでしょう。 ファンダイクとジョーゴメスが長期離脱となっており、復帰出来たとしてもシーズン最終盤でしょう。 リバプールは今シーズン夏にロブレンを放出し補強はしませんでした。 そんな中での主力2人の離脱。 ファビーニョがスクランブルでディフェンスラインに入っていますがあくまでベストポジションはもう1列前。 それでもファビーニョの…

  • バーンリー戦に向けたトレーニング風景

    こんにちは、おじさんKOPです。 ここ3試合のリーグ戦は勝ち星から遠ざかり、とうとう首位の座を宿敵ユナイテッドに明け渡してしまいました。 しかしまだまだリーグ戦は中盤戦です。 これからが本当の強さが試される時ですのでしっかりと準備してライバル達を倒して欲しいと思います。 今日朝の試合でシティが勝利し暫定3位に浮上しました。勝ち点は32。 しかもまだ1試合未消化ですので、リバプールの上をいっていると思ったほうが良いです。 実質リバプールは3位。 まだまだいける位置。 マンチェスターの2チームがライバルとなりそうです。 そんな中、バーンリー戦に向けたトレーニングがアクサトレーニングセンターで行われ…

  • FAカップにかける思い

    こんにちは、おじさんKOPです。 FAカップはライバルマンチェスターユナイテッドとの対戦が決まりましたね。 一つ目の壁といえるでしょう。 なんといってもプレミア首位チームですから。 しかし、そんなことお構いなしにこのタイトルをワイナルドゥムは欲しているそうです。 ワイナルドゥムはこれまでプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブワールドカップ、UEFAスーパーカップのタイトルを獲得してきていますが、FAカップはまだそのコレクションの中にありません。 以下、ワイナルドゥム 「シーズンの初めに、すべてのタイトルのために戦いたいと言ったよ。」 「もちろん、シーズン中や特に今の時期は非常に多…

  • FAカップ4回戦でマンチェスターユナイテッドと激突!

    こんにちは、おじさんKOPです。 FAカップの4回戦の組み合わせ抽選が行われ、リバプールはマンチェスターユナイテッドと対戦することが決まりました。 今週末、アンフィールドでプレミアリーグの天王山であるマンチェスターユナイテッド戦がありますが、今現在の首位攻防戦になります。 勝ち点は同じ、得失点差でかろうじてリバプールが首位ですが、ユナイテッドは1試合少ない状況です。 7位のエバートンまで消化試合数の違いがありますが、勝ち点29と4差に7チームがひしめく混戦となっています。 そんな中でのユナイテッドとの再戦がFAカップで組まれました。 この試合はオールドトラフォードで行われ、1月23日か1月24…

  • ヘンダーソン、サウサンプトン戦を分析、そして復活へ

    こんにちは、おじさんKOPです。 サウサンプトン戦は残念な結果となってしまいましたね。 直近3試合はプレーは決して悪いとは思いませんが、どこかにちぐはぐさがあるのか、フィニッシュまでいけない、いけてもなかなか難しい場面が多くリズムにのれませんね。 そうこうするうちに下位との差が縮まり混戦模様です。 もともと楽に勝てるリーグではありませんので当たり前と言えばそうなのですが、昨シーズンが圧倒的でしたので今シーズンも期待値が大きいのも事実です。 でも最後はリバプールが勝つと私は信じています、当たり前ですが。 さて、先日のサウサンプトン戦についてキャプテン、ヘンダーソンがLFC.comに語っていました…

  • ジェリー・マースデン死去

    こんにちは、おじさんKOPです。 この方、皆さんはご存知でしょうか。 私はお恥ずかながらあまり知りませんでした。 上の写真を見て、アンフィールドで歌う姿を微かに記憶しているくらいです。 実はこの方、リバプールFCやファンにとってきっても切り離すことのできない「You'll Never Walk Alone」を歌う方です。 「You'll Never Walk Alone」はこの方の歌といっても過言ではありません。 そんなクラブのレジェンドと言っても良い方が亡くなられました。 リバプールの出身で、生涯リバプールファンでもあるマースデンは、1960年代にジェリー&ザ・ペースメイカーズのリードボーカ…

  • 波に乗れないリバプール、苦しい年末年始

    こんにちは、おじさんKOPです。 うーんどうにも上手く回らなくなりましたね。 攻撃や守備にほころびはあまり見受けられません。 ただ引かれた状況をここ3戦打開できずにいます。 私もその打開策としてチアゴの復帰は大きいと書きましたが、今日そのチアゴがスタメンに入りましたが、無得点に終わってしまいました。 そのスタメンは上のとおり。 ヘンダーソンがCBに入ったのはきになります。 フィリップスはもう厳しいと以前書きましたが、ウィリアムズには可能性を感じていますのでぜひまたスタメンで見たいですね。 試合はいきなり古巣対戦のイングスの得点で動きました。 サウサンプトン良いですね。 前からのプレスがはまって…

  • 新年明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます、おじさんKOPです。 昨年は沢山の方にブログを拝見頂きありがとうございました。 今年も宜しくお願い致します。 昨年は新型コロナウイルスの影響が全世界に広がり、普段の生活ができない日々が続きました。 依然、新型コロナウイルスの猛威は止まることを知らず、先行きが全くわからない状況で、不安しかありません。 上の写真のようにコップスタンドが満員になるのはいつになるのでしょう。 今は皆が皆のことを慮り、行動を厳しく律する必要があると思います。 その中でリバプールの試合を見る幸せ、リバプールの成功が何よりの活力となっています。 また出来る限りブログを更新し、様々な情報を…

  • 今年の最終戦を不完全燃焼のスコアレスドローで終える

    こんにちは、おじさんKOPです。 今年の最終戦であるニューカッスル戦がセントジェームスパークで行われ、0-0のスコアレスドローに終わり何とも不完全燃焼な年越しとなりました。 前節のWBAと違い、ニューカッスルは前に出てきたため、上手くいなせばスペースが作れることは見てすぐわかりました。 実際スペースを見つけて決定機をたくさん作りましたが最後までゴールを決めることができませんでした。 以前のブログで攻撃の停滞にはチアゴアルカンタラの復帰が大きいとコメントしましたが、今日後半途中から戦列に復帰したチアゴのプレーはこの先の試合に大きな期待を抱かせるプレーだったと思います。 実際チアゴが入った時間から…

  • WBA戦、ニューカッスル戦、チアゴについてクロップ語る

    こんにちは、おじさんKOPです。 今年も後2日になりましたね。 私は今日も仕事です。 今日で終わりですが。 年始は4日から仕事始めで、なかなか短い休みとなります。 しかし、サッカー選手特にプレミアの選手たちは休みがありませんね。 今日(日本時間では明日の早朝)はニューカッスル戦が行われます。 これが年内最終戦となり、前節のWBA戦のフラストレーションを払拭するような快勝を期待したいですね。 さて、そのWBA戦、ニューカッスル戦そしてチアゴについてクロップのコメントがLFC.comにアップされていましたので取り上げてみたいと思います。 WBAとのドローについて 「前節の結果については全く問題ない…

  • ロバートソン反省、そしてニューカッスル戦へ!

    こんにちは、おじさんKOPです。 LFC.comにアンディロバートソンが先日のWBA戦を深く反省してすぐに持ち直して見せると強い意志を語っていましたので取り上げてみたいと思います。 アンディロバートソン 「明らかに僕たちは追加点を望んでいたので、ボールを保持したかったんだ。」 「彼らがボールを持っていない時は彼らはゴールを奪えない、簡単な理論だよ。」 「でも僕たちは後半は思ったようにボールを持てなかった。」 「そうしたら、彼らは自信を持ち始めた。」 「彼らは反撃して僕たちを苦しめたけど、アリがビッグセーブをしてくれたね。」 「僕たちはボールを持っている時にもっと上手くやらなければいけなかった。…

  • プレミアリーグ第15節、WBA戦は奇妙な結果に

    こんにちは、おじさんKOPです。 プレミアリーグ第15節はアンフィールドでWBA戦が行われ、1-1のドローで終えました。 スタメンは上の通り。 今のベストメンバーですね。 南野にはなんとか短い出場時間をものにしていってほしいですが、なかなか難しいですね。 次の試合は30日のアウェイ、ニューカッスル戦ですが、中2日と厳しい日程ですので、どこかスタメンの入れ替えがあるかもしれませんね。 さて試合ですが、何故ドローと感じる試合でした。 前半の早い時間にマティプからの高速パスをいとも簡単に胸トラップし、適切な場所にボールを置き、右足一閃したマネのゴールで全員が引いて守るWBAに強烈なインパクトを与えま…

  • 南野インタビュー、第二弾!

    こんにちは、おじさんKOPです。 今日土曜日はリバプールは試合はありません。 明日日曜日にホームアンフィールドでのWBA戦が組まれています。 ここから年末年始の過密日程が始まりますが、クラブによってその日程に大きな違いがあります。 リバプールは明日日曜日12月27日にWBAと戦ったあとは12月30日にニューカッスル、1月4日にサウサンプトンと続きます。 ファンとしては続けてリバプールの試合を見ることができ楽しみでしかありませんが、選手たちには過酷ですよね。 とにかく怪我なく乗り切って欲しいと思います。 さて、先日プレミア初ゴールを決めた南野のロングインタビューがLFC.comにアップされていま…

  • 南野インタビュー!

    こんにちは、おじさんKOPです。 しばしの休暇の後、厳しい日程に差し掛かります。 クリスマスを挟みトレーニング、そしてWBAとのリーグ戦へと向かいます。 他のリーグと違い、年末年始も楽しめるプレミアリーグは嬉しいですね。 でも反面、プレイヤーに過度な負担がかかっていることも理解していなきゃとも思います。 話が代わって先日プレミア初ゴールを決めた南野のインタビューがLFC.comにアップされていましたので、ご紹介したいと思います。 ゴール後のセレブレーションからは、プレミアリーグの舞台でやっとネットを揺らせたことによる喜びと安堵の気持ちが伝わってきましたね。 「サディオがボールをくれたとき、相手…

  • 水曜日のトレーニング風景、チアゴ、ミリー、シャキリ復帰!

    こんにちは、おじさんKOPです。 今週はミッドウィークにカラバオカップがくまれているため、リーグ戦はお休みとなっています。 リバプールは不本意ながら敗退してしまっているため、1週間のインターバルがありました。 結果として、今シーズンはほぼ最初から週2試合のペースで試合をこなしてきましたので、この小休止はこれからの過密日程に非常に大きな意味があるのではないかと思っています。 負けてよしと考える選手は誰一人いないと思いますが、プレミア連覇、チャンピオンズ奪還、FAカップ制覇を目指すチームに良い流れをつくるのではないでしょうか。 良い流れと言えば、チアゴ、ミルナー、シャキリが全体トレーニングに復帰し…

  • 順位は気にしない、自分たちのパフォーマンスに集中していると語るアリソン

    こんにちは、おじさんKOPです。 今リバプールは短いクリスマス休暇に入っています。 今週はミッドウィークにカラバオカップが組まれており、リバプールは既に敗退してしまっているため、1週間のインターバルができました。 選手たちはこの短い休暇を利用してフィジカルコンディションを整えたり、心と体をリフレッシュすることでしょう。 その後は厳しい過密日程となりますが、この1週間がリバプールには追い風になると感じています。 この中でアリソンがLFC.comに今の気持ちを語っていましたのでお届け致します。 ランチタイムのキックオフであったクリスタルパレスに勝利したことにアリソンは 「それは良いことだったよ。」…

  • ヘンダーソン、チェンバレンの復帰を喜ぶ

    こんにちは、おじさんKOPです。 昨日も少し取り上げましたが、チームキャプテンであるヘンダーソンもチェンバレンの復帰を喜ぶコメントがLFC.comにアップされていましたのでご紹介致します。 ヘンダーソン 「オックスが戻ってきてとても嬉しいよ。 「彼は以前の調子に戻るために非常に一生懸命トレーニングに取り組んでいるね。」 「再びその鋭さが戻り、彼がゲームに復帰した時はリハビリ、トレーニングが報われたと思ったね。」 「彼の出場時間が長くなればなるほどチームにとって大きな後押しとなるため、本当に良いことだよ。」 「次の試合には少し時間があるけど、その後は試合が目白押しだね。」 「そのための準備をしっ…

  • リバプールがBBCスポーツチームオブザイヤーに選ばれる!

    こんにちは、おじさんKOPです。 30年振りのトップリーグ優勝を成し遂げたリバプールが今年の最高のチームという勲章をまたひとつ手に入れました。 昨年はチャンピオンズリーグ制覇、世界王者、今年はプレミアリーグ制覇と着実にタイトルを獲得してきたリバプール。 今もプレミア首位、チャンピオンズリーグではベスト16とタイトルを十分狙える位置にいます。 しかし、クロップ就任後ファイナルに進んだことはありましたが、いまだ獲得できていないタイトルはFAカップとリーグカップ。 プライオリティはどうしても低くなりますが、いらないとは誰も思っていないと思いますので、是非チャンスがあれば狙って欲しいですね。 今年もリ…

  • プレミアリーグ第14節、クリスタルパレス戦を快勝で飾り首位キープ!

    こんにちは、おじさんKOPです。 リバプールはロンドンのセルハーストパークでクリスタルパレスとのアウェイ戦を戦い7-0の圧勝で首位キープに成功しました。 スタメンは上のとおり。 サラーに代わり南野が久しぶりにスタメンに名を連ねました。 また、カーティスジョーンズに代わってナビケイタが、リースウィリアムズに代わってマティプがスタメンに戻ってきました。 サラーやジョーンズは怪我などではなく、ターンオーバーの一環で、確かに後半途中から2人とも出てきました。 ジョーンズはまさにスタメンの座を勝ち取ったかのように感じますね。 風格も出てきました。 さて、試合に話を移すと、日本人としてはとても嬉しく興奮す…

  • 首位攻防!トッテナム戦

    こんにちは、おじさんKOPです。 プレミアリーグ第13節、トッテナム戦がアンフィールド行われ、劇的ゴールでリバプールが勝利し、首位攻防を制して一歩前にでました。 今日のスタメンは上の通り。 リースウィリアムズがプレミアデビューを果たしました。 いつもはウィリアムズがチャンピオンズリーグ、フィリップスがプレミアリーグに出場していましたが、マティプが間に合わない場合はフィリップスかなと思いましたが、ウィリアムズが先発してきました。 好調トッテナムの自慢の攻撃陣、特にケインを良く抑えていたように見えました。 攻撃への参加も積極的であり、大きく飛躍していく予感がありますね。 試合はかなりの時間リバプー…

  • ジェラールウリエを悼む声、ジェイミーキャラガー

    こんにちは、おじさんKOPです。 ウリエの死を悼み数多くのプレイヤー、監督、レジェンドなどがコメントを発しています。 ジェラードのコメントをご紹介しましたが、次はやはりこの人でしょう。 ジェイミーキャラガー。 ジェラードと共にウリエに見出されトップチームに定着したキャラガー。 出始めの頃は右サイドバックでしたね。 センターバックにコンバートしたのは確かベニテス。 そこからのキャラガーの闘将ぶりはご存知の方も多いのではないでしょうか。 「私にとって、彼は私のキャリアに最も大きな影響を与えた人物の1人であり、リバプールでキャリア全体をプレーした最大の理由の1つとして記憶されています。 「彼が最初に…

  • ジェラールウリエを悼む声、スティーブンジェラード

    こんにちは、おじさんKOPです。 少し前、私がリバプールを見始めた頃に監督を務めていたウリエが亡くなったと記事にさせて頂きました。 ここから私のリバプール人生が始まりました。 よく分からないまま追いかけていましたが、ウリエの死を悼む声の数々を読むと敵味方関わらず親しまれていたことがわかります。 そんな声を少しずつ取り上げてみたいと思います。 まずはこの人。 その後のリバプールに大きな影響を与えたプレイヤー。 そんなジェラードを引き上げたのはウリエであり、リバプール史上最高のキャプテンの最初を指名したのもウリエでした。 そういった意味でウリエの功績は計り知れないものと言えます。 「ジェラールに敬…

  • チャンピオンズリーグラウンド16組み合わせ決定!

    こんにちは、おじさんKOPです。 ジェラール・ウリエが逝去したこの時にとは思いましたが、やはり今取り上げるべきと思い書きたいと思います。 チャンピオンズリーグラウンド16の組み合わせが決定しました。 リバプールはドイツの新鋭RBライプツィヒとの対戦が決まりました。 ドイツのチーム、スペインのチームとの対戦が想定される中、どちらかというと与し易い相手ではないかと思います。 可能性のあった相手ではバルセロナ、アトレティコマドリード、セビージャなどの過去に苦渋や苦戦したチームもあり、それらのチームを避けられたのは良かったと思います。 ライプツィヒはドイツのチームであり、ドイツ人のクロップは情報が得や…

  • ジェラール・ウリエ逝去

    こんにちは、おじさんKOPです。 悲しいニュースが入ってきました。 私がリバプールを見るようになった時の監督がウリエでした。 今ほどネットが普及していない時代で、リバプールのことを知るには動画ではなく静止画がほとんどでした。 後は雑誌。 途中で心臓の緊急手術となった時はサッカークラブの監督をやっている場合ではないと思ったほどです。 それでもウリエはリバプールに戻ってきた。 スティーブン・ジェラード、ジェイミー・キャラガーをトップチームに引き上げ、定着させたのは他ならぬウリエでした。 さらに言えば、若いジェラードにキャプテンマークを渡したのもウリエ。 すなわち、リバプール最高のプレイヤーを作った…

  • プレミアリーグ、VSフラムは残念ながらドローに終わる

    こんにちは、おじさんKOPです。 プレミアリーグ第12節、フラム戦は残念な結果となってしまいました。 何とか後半のサラーのPKで1-1のドローに持ち込むのがやっとでした。 スタメンは下の通り。 ここ最近の試合ではこのメンバーが主力となってきていますね。 カーティスジョーンズがスタメンの座を確保しつつあることは非常に嬉しいことです。 逆に南野やケイタ、チェンバレンなどはチャンスを活かさなくてはいけない立場にあることでしょう。 そのチェンバレンは今シーズン初めてベンチに戻ってきたことはポジティブなことですね。 しかし、チアゴはどうなっているのやら。 そんなに長引く怪我のようには思いませんでしたが。…

カテゴリー一覧
商用