プロフィールPROFILE

やぎさんのプロフィール

住所
調布市
出身
新宿区

ゲーフラ職人と言われてますが、自称ではありません。質よりも数勝負の傾向が強いです(笑)

ブログタイトル
ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yagiblog_tokyo
ブログ紹介文
FC東京の試合を現地観戦した備忘録みたいなものです。 あとゲーフラもちょこちょこ作ってます。
更新頻度(1年)

1454回 / 365日(平均27.9回/週)

ブログ村参加:2014/10/20

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やぎさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やぎさん
ブログタイトル
ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記
更新頻度
1454回 / 365日(平均27.9回/週)
読者になる
ゲーフラ職人の青赤徒然観戦記

やぎさんの新着記事

1件〜30件

  • 「マスコット総選挙」不要論

    今年も開催されるらしいマスコット総選挙。正直言って、マスコット総選挙はやる意味が無いと思うんですが、じゃあどうするのがいいのか。意味があるものにする為にどうするのがいいのか。それをちょっと考えて3年前にパワポで資料を作りました(笑)ちなみにこれはあくまで「提案」です。「提案」と「要求」は意味が違いますので、そのあたりを誤認のなきよう。ではでは本題です。まずはこちらのスライドをご覧ください。マスコット総選挙のモデルであろう、AKB総選挙と比較をしました。一つ問題なのは、総投票数と各得票数が明らかではないと言うこと。これだと結果操作をしても全く分かりませんし、操作をしているだろうと言われても否定ができません。AKBと比較して投票期間も長く、投票のやり方も簡易なものであるにも関わらず、総投票数で0が一つ違うというのは...「マスコット総選挙」不要論

  • 相手を楽にさせてどうする

    もうたびたび出している話題です。特にPPVの時期、ひいては2008年頃からずっと言われていることですが、ただエリアの外でボールを回しているだけでは「怖さ」がありません。それでもツルッパゲやイタリア人は「ゲームは我々が支配していた」とかぬかしていましたが。相手にとって何が怖いかというと、もちろんゴールを奪われる事が怖いわけです。ただボールを保持しているだけでは怖さを見せる事はできません。怖さを見せるとどうなるかというと、精神面で圧迫させて心拍数を上げさせる事で、体力的にも精神的にも追い詰める状況になります。だから、ボールを持っている時にただ回してるだけでは「怖さがない=精神面で圧迫させられない=体力的にも消耗がない」という図式が成り立ってしまいます。そういう部分を相手からの目線でケンタ監督も感じるところがあったの...相手を楽にさせてどうする

  • 国頭村でのトレーニング打ち上げ

    チームは今日明日と南部で練習試合ですので国頭でのトレーニングは昨日で打ち上げとなりました。最後には試合を想定した紅白戦も。まあアレですね。キャンプを観ないで、Twitterとかで予想フォーメーションとか披露しても全然参考になりませんよ(笑)もちろん詳しいことは書きませんが、世に出回っているインディーズ評論家の予想とはポジティブな意味で全然違う。POに向けて小平では日曜から本格的に準備を始めるでしょうから、ルーティン上そこも非公開になって、試合当日メンバーが発表になるまで観てない人には全く読めないでしょう。それではファンサの様子。最後に裏にある砂浜に足を運ぶ。さあ今日は糸満で練習試合です。それ見てから東京に帰ります。いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カボ...国頭村でのトレーニング打ち上げ

  • 跡形もなくなった「FC東京観戦女子」

    数年前「FC東京観戦女子」なる企画がありました。ちなみに「FC東京観戦女子とは・・・FC東京を盛り上げようと立ち上がった女子大生です」という事で女子大生というくくりだったんですが、事務所に所属するタレントの卵みたいなのばっかで。やはりイマドキ女子はなかなかサッカー、ましてJリーグを観に来るきっかけなんてなかなか無いと思いますから、コンセプト自体はアリなんじゃないかなと思ったものですが。しかし、そのコンセプトの軸が「東京を応援すること」ではなく、「女子たちの自己アピール」になってしまったのかもしれませんね。別にかねてから応援をしている人たちの方がえらいとは全然言いませんが、東京を自分たちの為の踏み台にされたくはないな、というのが本音ですね。人間、誰しも自分が大事にしているものをテキトーに扱われたらいい気分はしない...跡形もなくなった「FC東京観戦女子」

  • 初ものに優しいいい人東京

    「いい人東京」の一環として、初ゴールをプレゼントすることがよくあります。そこで、2008年ごろまでの初ゴールがらみの失点を調べてみました。2018年12月1日:柴戸(浦和)⇒プロ初ゴール2018年8月19日:白井(札幌)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年7月22日:山田(横浜FM)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月8日:中原(長崎)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月8日:中村慶太(長崎)⇒J1リーグ戦初ゴール2018年4月4日:ジャーメイン(仙台)⇒プロ初ゴール2017年6月18日:天野(横浜FM)⇒J1リーグ戦初ゴール2017年4月1日:趙東建(鳥栖)⇒J1リーグ戦初ゴール2016年4月2日:竹内(名古屋)⇒J1リーグ戦初ゴール2015年9月19日:富樫(横浜FM)⇒プロ初ゴール2015年5月20日:松本(...初ものに優しいいい人東京

  • プロとアマチュアの違い

    ネットで興味深い記事を見つけたので掲載します。「プロフェッショナル」と「アマチュア」の10の違いうーん、すごくしっくりくる選手が何人かいます。「アマチュア」のほうで。アマチュアで終わる人は、すぐに諦めるか、基準を緩めて妥協するので目標を達成できずに終わってしまったり、何かを行って壁にぶつかったとき、これで十分と諦めて自分を慰め、あるいは、できるための方法を考えるのではなく、できない理由を見つけて、「そろそろという予感はある」などと言い訳を自分や他人に対して言うことで現実からすぐに逃避したり、目標があっても、その目標が明確になっておらず、娯楽や息抜きについつい貴重な時間を浪費したり、自信とプライドが持てていないので、挫折したときなど、早々に努力を諦めてしまったり、可能性を信じていないので、立ち止まるだけでなく十分...プロとアマチュアの違い

  • キャンプだ補遺ホイキャンプだホイキャンプだホイホイホイ

    というわけで、金曜日に沖縄入りして国頭にやってまいりました。なんせ那覇から二時間はかかるものですから、那覇に前乗りですよ(笑)内容はコンプライアンス的に伏せますが、オマリはかなり周囲とコミュニケーションをとるようにしていた印象。ザキオカを出して結果的に余りある補強になったのは間違いない。ちなみに音楽機材用の箱に入って出てきませんでした。にしてもあの練習生は誰なんだろう・・・もちろん写真は出しませんが。あ、ついでに柳プロは結構細かくケンタ監督からDFラインについて細かく言われてました。ではではファンサの戦利品。特に外国人選手のパフォーマンスを上げる秘訣なんですけど、早々にこういう目に見えるブツを作ることで、チームだけでなくファンからも歓迎されていると思ってもらうことが大事だと思うんですよね。嫁に胃袋を掴まれたじゃ...キャンプだ補遺ホイキャンプだホイキャンプだホイホイホイ

  • 元青赤のあの人は今~エル・マタドール~

    時は2005年、大きな連敗に苦しんでいた東京は、シーズン中に外国人を入れ替えるという大ナタをふるいます。この年、ケリーに代わって入団したダニーロは入団早々「将来は日本代表になりたい」という発言で実戦前から話題になったものの、日本のサッカーにフィットしきれず、リーグ戦出場は5試合のみ。そこで白羽の矢が立ったのが、今回取り上げる現役パラグアイ代表(当時)で2004-2005のリベルタドーレス杯得点王である・・・ササ・サルセード!もちろん真ん中です。リーグ戦初出場初先発となった埼スタでの浦和戦。いきなり開始5分で初ゴール!その後も記録よりも記憶に残るゴールを重ね、この年12試合出場で5得点。中でも東京ダービーでの試合終了間際の劇的なゴールは今でも語り継がれる東京のレジェンドゴールと言ってもいいでしょう。しかしそんなサ...元青赤のあの人は今~エル・マタドール~

  • 「楽しむ」と「ふざける」は違う

    個人的な志向ではありますが、応援を「楽しむ」ように心がけています。でも中には「楽しむ」のではなく、「ふざける」残念な輩もいます。では「楽しむ」と「ふざける」の違いってなんなんだろうか。基本的には当人が決める事ではなく、周りが判断する事なのではないかと思います。「楽しむ」とは、当人はもちろん、周りの人たちも楽しい気持ち、笑顔になること。対して「ふざける」とは、楽しんでいるのは当人だけで、周りの人たちが嫌な気持ちになったり、腹を立てたりすること。例えばこういうのは「ふざける」典型です。だから、応援が目的なのではなく、トンチンカンな事を叫んだり、存在証明欲求丸出しだったりするのは総じて「ふざけに来ている」とみなしていいと思っています。ピッチでもそう。チームのために、自分のためにプレーする事で前の試合よりもいいプレーを...「楽しむ」と「ふざける」は違う

  • 若手~中堅~ベテランの融合

    昨年から引き続き、トレーニングのコンセプトとして、「J3に至るまで結果が出るようにトレーニングを積む」という事になっているかと思います。思えば2017年は、選手起用の思い切りに欠ける篠田のせいで、全然U-23から選手は抜擢されず、レギュレーションが無い限り、若手を使う事も殆ど無い。使うにしても既にJ1で実績を積んでいる選手たちだけ。どうせ負けるのであれば、若い選手を使って負けた方がはるかに清々しかったです。未来を感じる事ができましたし。繰り返しますけど、J3の為のU-23じゃ参戦している意味がないんです。トップで主力となる為のU-23でなければ。そして、おっさんの調整の為のJ3でもありません。ゲーム感覚が不安なら無理やりにでも練習試合を組めばいい。コンディション調整を公式戦でやるなら入場料は無料にするべき。結局...若手~中堅~ベテランの融合

  • ひとり観戦のススメ

    いますよねえ、一人じゃなにもできない人。そういう人は大抵ネット弁慶です。実際、現在ひとり観戦をしているワタシからすれば、特にここ最近の教訓で「一人じゃ何もできないのは人としてヤバイ」という事をひしひしと感じています。結局一人で何もできないから、誰かの金魚の糞になって、ヘコヘコして自我ゼロで過ごす。ワタシの場合、かなりの事が一人でできちゃうので、集団の中にいると、それが逆に居心地の悪さや違和感をいつもどこかで感じていました。なんだろうな、なんか利用されているだけというか。で、そういう「自我が無い人」は、依存する、寄生する、流される、頼る、けん制する、監視する、といった事が発生するわけです。結局元々がひとり観戦でしたので、この辺は本当に違和感や嫌悪感を感じています。ひとり観戦がかっこいいわけでもないし、えらい事でも...ひとり観戦のススメ

  • 元青赤のあの人は今~パラナ州最高のフットボーラー~

    今シーズン、ブラジルからアルが完全移籍加入しました。無名、というか謎外人に近い存在は近年なかなかいなかったので、非常に新鮮に感じます。しかし、そんな謎外人のはしりといえば・・・時は2001年、3月に新外国人の入団がリリースされます。そのわずか4日後、シーズン開幕戦でいきなり途中出場!(笑)東京のオフィシャルをして、「このまだ見ぬプレーヤーはフィールドに入った直後、ゴール前の混戦からこぼれたボールにすぐさま反応。ボールはネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドに。ファーストタッチのシュートは幻のゴールに終わったものの、何かを期待させずにはいられないプレーの片鱗を見せてくれた」と。その選手の名は、ケリー!写真は2002年開幕戦のものです。初出場以来、ケリーは卓越した個人技と抜群のキープ力でチームの攻撃を操りトッ...元青赤のあの人は今~パラナ州最高のフットボーラー~

  • 特別指定の制度が変わった

    一昨年は輝一、2017年は山田と、特別指定でプレーをしていた選手がそのまま入団を果たしています。そして昨シーズンは特別指定で在籍していたつよぽんが加入しました。さらに今シーズンには「新コンちゃん」こと紺野と明治大経由で東京に戻ってきた柊斗、そして同じく明治から帆高が特別指定→入団となっています。もはや柊斗は主力級の扱いですねwところで、この「特別指定選手」とは一体何なのか。正式名称は「JFA・Jリーグ特別指定選手制度」といい、対象は大学生、高校生となります。そしてこの制度にはちゃんと指定期間が設けられていました。その期間が・・・なんと1ヶ月単位(笑)そして、一昨年までは「特別指定として入ったはいいが、全然試合に出られないから指定された意味がないよ!」とか「全然練習に参加させてないじゃないか」という事になれば、受...特別指定の制度が変わった

  • やるかやらされるか

    何かをやらされたり、自らの意思に反する事を指示されてやらされるのは誰でもいい気持ちはしないものです。サッカーに限らず、人間というものは自らの意思で行動するか、自らの意思に反して行動させられるかでフィジカル的にもメンタル的にも消耗度が格段に違います。一番わかりやすいのは走る事ですね。チームのコンセプトに沿って走るのとコンセプトから外れて走らされるのでは消耗度は異なります。走らされているプレーに手ごたえなんて生まれるわけはありませんし、もちろん終わっても達成感は無い。走らされてばかりだと、疲弊は半端なく、いくら「つるまでやれ」と言ってもそのつるタイミングがコンセプトに沿って走るのと比べて時系列にしても格段に早くなるはずです。ならばどうすればやらされるのではなく、やる側になる事ができるのか。攻撃にしても守備にしてもそ...やるかやらされるか

  • ジャエル選手 松本山雅FCへ期限付き移籍

    そうきたか!ジャエル選手松本山雅FCへ期限付き移籍のお知らせたぶん山雅の外国人史上最も大物。ここで山雅のみなさんに取説。・トップ下か1.5列目が適任だよ・思うようなパスが来ないとガンギレするけどすぐ改善するとめちゃくちゃ良くしてくれるよ・マテ茶が好きだよ・氷風呂に入るのがルーティンだよ・練習や試合が終わった後は香水のいい香りがするよたぶん年俸の一部を東京が肩代わりしてるんだろうなあ・・・果たして来年戻ってくるのか。nomoreエバウド。そういやエバウドもグレミオからだった。いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開中。http://soccer.blogmura.com/rpc/trackb...ジャエル選手松本山雅FCへ期限付き移籍

  • 練習試合がありました

    今日は今シーズン初の対外試合が行われたとの事です。練習試合結果沖縄SV戦練習試合結果名桜大学戦フォトニュースを見る限りはメンバーは分散させたようですね。その上で日曜と月曜にある練習試合でAチームとBチームという見え方ができてくるかもしれません。何とか月曜の糸満での練習試合は観る!いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開中。http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma練習試合がありました

  • 応援「される」ためには

    まー負けるとブーイングがどうだとか劣勢の時こそ声出せよとか答えが出ない不毛な論調がちょいちょい出てきますね。応援される事で選手の運動量がアップするのは紛れもなく事実ですし、人によって応援の仕方やスタンスは違いますから強要するような言動もお門違いなのも事実です。しかし、逆の見方をしてみると、果たしてチームが応援されるに値する熱意や姿勢を見せているかという事も見逃してはいけないのではないかなと思います。例えば昨年7月の川崎戦。0-3どころか0-2の時点で声を出すのを止めたり帰り始める姿がちらほら見受けられました。0-2になったところで、全員が下を向いた。そこに熱意や諦めない姿勢は正直言って全く感じられませんでした。要するにその時点で声を出さなくなったり帰ったりするというのはピッチから伝わってくるものが無い、応援する...応援「される」ためには

  • 永井に見る武藤との共通点

    スプリントとチームに溶け込むスピードが驚異的な永井。ただ、昨年の後半はなかなかゴールという結果に結びつかず、2017年はリーグ、ルヴァン各1点。一昨年はリーグで5得点でした。この原因はなんなんだろうと考えてみた結果、一つの仮説にたどり着きました。それは、「斜めの動きが少ない」という事。直線的な動きが多いという事は、それだけ直線的な前へのフィードで走りこむことしかできない。DFの裏のスペースに斜めに入っていく事があまりできていないのです。斜めの動きが無いと言えば武藤を思い出します。武藤は斜めの動きができなくても、一人で決めきる力がありましたから、特に問題は起きませんでしたが。でも斜めの動きを会得してからドイツに行っていたらもっとすごいことになっていたと思います。なので永井も斜めに入ってくる動きが多くなったからこそ...永井に見る武藤との共通点

  • 代表戦

    いやー、非常に微妙な印象。わかったことは・・・・上田はJに専念できますね・小川はJ2でいいのか?・4バックできるんなら最初からやれさあオマリも国頭に入りましたし、早急にキャンプへ。いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開中。http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma代表戦

  • 代表戦はじまるよー

    カタールはここまでで一番試合に対するモチベーションが高いぜ。さあ何点差で負けるんだ?あと遠藤使わないなら呼ぶなよwwwE-1でてんでダメだったから呼ばれないと思ったけどさ(笑)とりあえずぽんつよを使わなかった事は最低限評価する。でもだったら返してくれ。いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カボレもいいね!を押している(笑)インスタでブログに出さない画像も公開中。http://soccer.blogmura.com/rpc/trackback/40321/95yumo8qghma代表戦はじまるよー

  • 一点差よりも二点差以上

    サッカーの世界ではよく「2-0は危険なスコア」と言われます。それは、いわゆる「2-0」の場合にはまだ失点をしていないという事で緊張感が逆にプレッシャーとなり、1点返されようものならあれよあれよという間に同点に追いつかれるかも、というピンチを誘発するもので、ともすれば一点返した相手の勢いに呑み込まれ、一気にひっくり返される事もしばしばです。そういえば東京でも前半2-0で勝っていたのが終わってみたら2-3で負けていた、なんて事がつい最近もありましたね(笑)この現象は相手が勢いを増したということだけではなく、自軍も2-0から追いつかれたら、その後に改めて攻めの陣形を整えるのが非常に難しいという事にも起因します。そりゃそうです。2点差あれば守りを固めるのが通常のところ。意識も後ろになって、あわよくばカウンターで・・・と...一点差よりも二点差以上

  • 「育成型クラブ」?

    権田奈良ブラダ松田陸サンダサ志有人駒野ハデソン高橋平山ムリキエノタツさんはにゅーさん林容平圍ノザー秋元水沼バーンズアベタク河野中島石川様トクゴリさんウタカさんワタル吉本マルちゃん変態(褒め言葉)たすくリッピまえださんジャキットリンス草民タクオ廣末山田米本柳建英太田ヒョンス怜インスナッタウット45人。これは2015年のオフ以降に期限付き移籍を含めてチームを離れた選手の一覧です。多すぎです。これだけで1.5クラブ分あるじゃないですか。これで育成型クラブとして、下部組織からの生え抜きを重用しているのならまだ話はわかります。でもトップだけがその育成型クラブという方向性から外れた事をやっているように見えてしまう。これでは移籍獲得や外部からの新卒選手を獲得するアピールポイントにはできない。育成型クラブというのは選手を育成し...「育成型クラブ」?

  • 一枚岩

    やはりクラブとファン・サポーターが一枚岩にならないと、クラブがいい方向に向かうのは難しいです。これまでクラブが、ファン・サポーターが築き上げてきたものを否定するような事をしてしまうと悲劇を迎えるという例は複数あります。チームカラー、エンブレムをガラリと変えた年にダントツ最下位で降格したヴィッセル神戸。ファン・サポーターを無視してクラブ名を変え、クラブをGMの私物化した結果、J3降格となったザスパクサツ群馬。JR派と古河派に分裂してしまい、強化策も迷走し続けJ2降格して未だに戻ってこないジェフ千葉。歴史は繰り返されるのか。いや、もはや繰り返さなければそれに気付きすらしないのでしょう。心無きビジネスライクは必ず崩壊する。いいね!と感じていただけたら下記バナーのクリックをお願い致します。ブログを書く励みになります。カ...一枚岩

  • 真の暗黒世代

    調子乗り世代U-20代表林彰洋→東京内田篤人→鹿島安田理大→千葉福元洋平→引退槙野智章→浦和森重真人→東京梅崎司→湘南田中亜土夢→?河原和寿→?柏木陽介→浦和ハーフナー・マイク→?森島康仁→藤枝柳川雅樹→引退青木孝太→引退青山隼→俳優藤田征也→徳島太田宏介→名古屋武田洋平→名古屋平繁龍一→引退香川真司→サラゴサ桐畑和繁→柏飛び級の香川以外、現代表での主力は一人もいません。ちなみにこの世代以降、次にU-20W杯に出場したのは一昨年まで時を進めねばなりません。調子乗りが調子乗りのまま年を重ねてしまった結果、この選手たちがロクでもないままだけではなく、下の世代の育成を停滞させることになってしまった。W杯でやらかしまくった槇野。ちょっとアシスト決めたくらいで「いいキッカーいますよ」と軽口をたたく太田。こんなのが本当の世...真の暗黒世代

  • 建英とある選手との共通点

    昨シーズンの悲しい現実。建英が期限付き移籍をしてから、明らかにJ3の調子が上向きになりました。建英がJ3に定着してからの12試合が2勝4分6敗だったのに対して、中断明け、つまり建英が移籍してからの14試合で7勝2分5敗と、数字上も向上しました。これはたすくの大ブレイクやOAの質向上など、他の要因もありますが、チームとして建英に頼ってしまうといういわゆる「ヨロシク状態」に陥っていたという事も言えると思います。「ヨロシク」で東京でくすぶってしまった選手と言えば中島を思い出します。中島も結局のところ、周りの選手によるところが要素として非常に強いと思うんですよね。これには中島のプレースタイルが関係しています。キレのあるドリブルで独力突破をしていくイメージがありますが、実は味方に活かされるという要素が非常に強い。リオ五輪...建英とある選手との共通点

  • 一流選手はファンサも一流

    たまにネットオークションにサイン入りグッズを出品する輩が出てきますね。欲しい人に譲るならともかく、無作為に売るのはハナからそのつもりだったのでしょうね。ただ、ファンサは基本的にファンを選べません。転売屋は論外として、大多数は本当のファンなわけです。一流の選手はファンサも一流ですね。石川様とかルーカスとか。ファンサも一流なのは、「誰のおかげ」でプロとしてやっていけているかが分かっているからですね。選手のサラリーの0.何%でもファンの懐から出ている事を考えれば、サラリーを出してくれている相手に邪険な対応はできないですね。これはプロ選手に限らず一般の会社員も同じことです。それが分かっていない選手はプロ以前に社会人としてだめだと思います。その点東京は交歓会とか株主激励会とかスポンサー回りとか商店会訪問とか、「誰のおかげ...一流選手はファンサも一流

  • パチモンを買ってもクラブの為になりません

    ご存知の通り、ユーロスポーツを運営する株式会社プロ・フィットスポーティング様が東京のスポンサーになりました。新体制発表会での堀田社長のご発言通り、グッズやレプリカを売り上げた利益をスポンサーとして還元したいというご意向です。ちなみに今まで「グッズ売上は大人の事情でクラブにはそんなにお金は入らない」と聞いていました。だけれども、ユーロがスポンサーになった事でそれが完全に否定された事になります。ユーロでグッズを買えば、クラブのサポートに直結する事になる。これはクラブによるパチモンとビジネスサポーター排除へのメッセージと捉えていいでしょう。パチモンという名の非公式グッズを売る、そしてそれを買う行為はスポンサー様の邪魔をしているのと一緒。応援とは名ばかりのふざける行為をした上に、クラブの妨害をするパチモン業者。矛盾して...パチモンを買ってもクラブの為になりません

  • 何事も節度をもって

    2015年、権田がオーバートレーニング症候群にかかりました。オーバートレーニング症候群とは、日頃の鍛錬によって、大きな過負荷が続いた上、疲労回復に必要な栄養と休養が不十分な場合に、かえって競技の成績やトレーニングの効果が低下してしまう状態の事です。特徴として、競技成績の低下の他に、疲れやすくなる、全身の倦怠感や睡眠障害、食欲不振、体重の減少、集中力の欠如、また、安静時の心拍数や血圧の上昇、運動後に安静時の血圧に戻るのが遅くなる、などの症状がみられます。要するに、トレーニングのしすぎで疲労回復がしきれていないのにまた負荷の高いトレーニングをしてしまう事で、肉体的・精神的ストレスが増大して、重篤になると競技続行が不可能になる、という事です。まあ、ストイックにトレーニングをするとは言っても、やりすぎは良くないというこ...何事も節度をもって

  • 外国人選手枠

    昨シーズンからJリーグの外国人契約枠が撤廃されました。それまでは「外国人は1チーム5名まで」でしたが、契約については国籍関係なくかつ人数関係なくエントリーが可能という事に。そして試合出場に関してはJ1は5名まで、J2・J3は4名まで可能という事になります。また、提携国枠という例外があり、Jリーグ提携国である、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール以上8ヵ国の選手については、契約枠、出場枠ともに外国人にはカウントしない、つまり日本人選手と同様という事になります。さらに、『日本生まれ』かつ『日本で義務教育中であるか日本の義務教育を終了したか日本の高校・大学を卒業した』選手については、「外国籍扱いしない選手」として1チームにつき1名登録できます。この枠は「在日枠」とも...外国人選手枠

  • ポジション別2020シーズンの展望その2~DF編~

    ポジション別今シーズンの展望。今回はDF編です。GK編はこちらから。昨シーズンからは、INはU-18から誠二とかしーふが加入。そして明治大学から帆高が加入。そしてオマリが神戸から加入。さらに柳が山形から復帰。OUTはマコが清水へ期限付き移籍。現状CBがおでん、つよぽん、オマリ、丹羽、誠二。SBが室屋、小川、柳、拓海、帆高、かしーふと、人数的には揃っている状況。昨年はSBが不足する事態でしたが、今年は今度はCBが足りない。当然ACLも含めて考えての事です。SBについては室屋、小川以外はU-23という事で、OAにすることなくJ3に回る事もできます。おそらく今年は、U-18の二種登録からはなかなかSBは出番が無いのでは。CBは難題です。トップはおでんさん、つよぽん、オマリで回していけるでしょうが、つよぽんが昨夜のU-...ポジション別2020シーズンの展望その2~DF編~

カテゴリー一覧
商用