プロフィールPROFILE

fukuganjiroさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
コーヒーブレイクⅧ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fukuganjiro
ブログ紹介文
おもに、国際政治経済情勢を論じます。宗教論、音楽、歴史(古代史が主)についても論じます。
更新頻度(1年)

22回 / 43日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/10/06

fukuganjiroさんのプロフィール
読者になる

fukuganjiroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 30,488位 31,454位 45,295位 45,418位 45,439位 45,424位 45,476位 978,214サイト
INポイント 0 30 0 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 347位 346位 390位 391位 395位 396位 396位 4,573サイト
国政・政局 2位 2位 4位 4位 4位 4位 4位 119サイト
経済ブログ 31位 32位 60位 60位 60位 61位 63位 2,406サイト
世界経済 12位 11位 17位 17位 17位 17位 19位 484サイト
歴史ブログ 274位 282位 346位 348位 352位 358位 356位 4,198サイト
日本史 42位 42位 48位 49位 51位 53位 56位 591サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,565位 57,952位 64,381位 64,419位 64,551位 64,520位 64,509位 978,214サイト
INポイント 0 30 0 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 490位 481位 513位 503位 500位 502位 504位 4,573サイト
国政・政局 3位 3位 5位 5位 7位 7位 7位 119サイト
経済ブログ 69位 64位 80位 79位 77位 75位 76位 2,406サイト
世界経済 29位 27位 31位 31位 30位 30位 30位 484サイト
歴史ブログ 399位 402位 440位 443位 439位 449位 449位 4,198サイト
日本史 61位 61位 64位 65位 65位 67位 65位 591サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,214サイト
INポイント 0 30 0 0 0 0 10 40/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 10 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,573サイト
国政・政局 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 119サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,406サイト
世界経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 484サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 591サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fukuganjiroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
fukuganjiroさん
ブログタイトル
コーヒーブレイクⅧ
更新頻度
22回 / 43日(平均3.6回/週)
読者になる
コーヒーブレイクⅧ

fukuganjiroさんの新着記事

1件〜30件

  • チュチェ思想と中国

    篠原常一郎というフリージャーナリストが、youtubeでチュチェ思想について、現実の活動実態を含め詳細に説明しています。表のマスコミではなかなか聞けない話です。もともと、日本共産党の事務方、国会議員秘書の経験のある人ですから、北朝鮮の状況はイメージ的に推測しやすい面もあったのでしょうが、話は、ほとんど経験的なものです。ここで、気になった話題があります。「日本共産党は、中国共産党の助言があり、北朝鮮批判、チュテェ思想批判をしなくなった」というような話です。これは非常に警戒しなければない話で、中国の北朝鮮化というとんでもないリスクを感じました。かねてより、将来的には、北朝鮮の中国化を想定していましたが、逆の流れの可能性もあるということです。確かに、最近中国で、「核心」とかという言葉が援用されるようになり、そうした思...チュチェ思想と中国

  • 「資本主義の弱い環」論について

    トランプ政権による世界政治経済治秩序の切り崩しが世界的問題になっている中で、反体制経済学(ここではマルクス主義経済学、というより、レーニン経済学)における、「資本主義の弱い環」論について考えます。弱い環とは、資本主義は、帝国主義段階では、強者と弱者が区別され、資本主義経済循環という資本主義的鎖が切れるところが出てくるという考え方です。これは、レーニン革命論の基本であり、彼は、不均等発展の法則とこれを繋げ、ロシア革命論を位置付けたと考えられます。(私の理解)レーニンの論理には、飛躍が多く、この論自体も、対立物への転化という、実質的に権力の掌握によってすべての矛盾を解決するというような論理になっていますが、歴史的事実では、レーニンも、資本主義をやり直さなければならなかった。(ネップ)今の中国も同じ。結論的に言えば、...「資本主義の弱い環」論について

  • 中国とはどういう国か?

    香港デモに関する記事を読んだり、コメントを書いたりしていて、特に思うことは、中国=中共という認識の多さです。しかし、こういう認識には大きな誤りがあります。共産党=マルクス・レーニン主義、プロレタリア独裁という図式なのですが、当の中国が「中国的な特色ある社会主義路線」(用語は不正確)とかいうように、ソ連型の社会主義とは異なります。どちらかと言えば、中国的な資本主義の発展を目指していると考えた方がいいでしょう。ところで、天安門事件までの中国は、1胡耀邦・趙紫陽路線であり、国民経済発展を通じて経済発展を実現するというような路線でしたが、天安門以後、2江沢民による新自由主義路線。これについては、すでに論じました。3胡錦涛時代における華僑路線(私が想定するもの)で、これは、華僑の特質をうまく利用していると考えられます。こ...中国とはどういう国か?

  • 「習主席の国賓来日」の意味について

    「日中首脳会談“習主席の国賓来日”協力確認」という記事がyahooニュースにあり、コメントも多く出されていますが、多くは否定的な意見です。金曜日のBSフジ、プライムニュースなどでも、識者2人とも、時期尚早という意見でした。この2人の意見には、多くの点で納得のいくものがあるのですが、この点については異なりました。そおため、今回は、自分の意見をまとめることとします。まず、安倍総理が外相に価値観多様化を志向する(と私が想定する)茂木氏を充てたのは、これがあるからだと思います。世界は複雑で、正しい国と不正な国があるという単純思考はおろか、信頼できる国とそうでない国に2分することは不可能な国際社会になっています。つまり、世界は確実に多軸世界になっており、それも栄枯盛衰が早い世界になりつつあります。記事のコメントの中には、...「習主席の国賓来日」の意味について

  • 北朝鮮は動くのか?

    朝鮮半島をめぐる最近の情勢には、極めて重大な懸念をもつべきではないのだろうか?主なものを挙げると、1ロケット・ミサイル技術の飛躍的向上は、日韓の防衛レベルを超えていると言われる。2金委員長による韓国批判が強まっている。3韓国では、国内世論分裂状況が見られるようになっている。4文政権は、南北平和経済を主張し、北朝鮮はもはや脅威ではないと考えている。5北朝鮮では、経済困難に反比例して、批判は封殺され個人崇拝が高まっている。ここで、トランプが在韓米軍を撤退させれば、戦意高揚している北朝鮮の動きが気になるところでしょう。かと言って、すぐ戦争勃発となる可能性は低いでしょう。韓国の混乱が懸念の核心。文大統領が、4の思考をする背景には、韓国軍の世界的ランクの高さにあるのかもしれない。しかし、ミサイル戦争と人海戦術に、どれくら...北朝鮮は動くのか?

  • 「角隠し」の深い意味

    和装の結婚式などで新婦が頭に被る角隠し、以前から不思議に思っていましたが、普通ではない解釈を書くことも意味があると思いますので、私なりの解釈を披露します。結論からすると、角隠しは、神聖なものであることを象徴するものであるということになります。ところが、一般的には、女性は、嫉妬、欲望に翻弄されやすいから、その素性を隠しているのだというものですが、これほど、女性を侮辱したものであるなら、習慣として引き継がれないでしょう。王冠は、神から授かるものというのが、王権神授説ですが、角隠しも同じ種類のものであると考えられます。それが、現在の解釈になったのは、全く、儒教的思想により、神性が否定されているからだと考えられます。儒教は宗教を嫌い、否定する。儒教国家は、無神論国家であると一般に考えられます。三国一の花嫁が授かったのだ...「角隠し」の深い意味

  • ソフトバンクの節税は牽制できるだろうか?

    NEWSPOSTセブンが、「孫正義氏「純利益1兆円で法人税ゼロ」に国税庁が反撃の狼煙」という記事を出しています。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191029-00000011-pseven-bus_al詳細については知る由もありませんが、記事に、「買収した海外子会社の株の一部をグループ内で譲渡するといったやり方で「欠損金」を生じさせ」という説明がありました。現行法では抜け穴になっている事案について、法改正で対応していこうということなのですが、賛成すべき動きではないかと考えます。ここでは、2つの問題があります。1国内事業で得た所得を、海外の損失にあてることは、所得の国外移転であり、現行制度は、これに無策であるということ。2事業所得は、株取引などによる所得(金融所...ソフトバンクの節税は牽制できるだろうか?

  • アルゼンチン経済の行方

    アルゼンチン大統領選挙の結果、野党候補が勝利したというニュースが流れています。南米では、反米から親米新自由主義政権の勝利(ブラジル)とともに、自立志向のポピュリズム的な政権のの登場などが同時進行しているようですが、久しく表に出なくなったベネズエラ危機などとともに、周辺国でもさまざな動きが出ています。しかし、今回のアルゼンチンの政権交代の背景に、これまでの政権のIMFに従順な施策が、国民に支持されなくなり、デフォルト前歴国であるこの国に、リスクを想定したアルゼンチン通貨売りから、経済崩壊の危機まで想定されているのかもしれません。ネットで調べると、アルゼンチン経済の歴史の研究は、経済学の格好の対象ではないかと書かれているのですが、農業経済の繁栄から、一転して、デフォルトを繰り返す不良国のなっています。それで、経済学...アルゼンチン経済の行方

  • モーゼにはなぜ角があるのか?

    ミケランジェロのモーゼ像には角があります。日本人からすれば奇妙なことのようですが、多くの旧約聖書日本語訳では、シナイ山から下りてきたモーゼの「顔が光り輝く」とされており、「角のある」とは書かれていないようです。そうする理由は、角が生えたとするのは、1000年以上続いた誤訳であるという認識に立っているようです。(詳細の表現には誤りがあるかもしれません。参考ウィキペディア「モーゼ、モーゼトと芸術作品)日本語訳のように解釈すると、何百年も、現在も、旧約の誤った解釈(誤訳)に、ローマの人々が感化されているという笑い話になります。やはり、角でしょう。これまで書いてきたことを背景にすると、モーゼに角があるというのは、モーゼに神の証が与えられたということになります。それは、どういうことでしょうか?モーゼは、バアルの化身(権現...モーゼにはなぜ角があるのか?

  • ノジマの野望は功を奏するか

    東洋経済オンラインが「ノジマ、スルガ銀「創業家全株」を買い取る思惑」という記事のなかで、ノジマが、スルガ銀行を傘下に収めると思惑を持っているいうことを伝えています。そんなに、注目すべきことがらではないようですが、キャッシュレス社会のなかで、サービス業種(本業は家電販売)が、金融を変革するという構図は、今後の金融市場構造の変革のなかで、大きな流れとなるでしょう。日本経済が、長く低成長にあえぐ原因は、いろいろ考えられますが、金融の居場所のなさというのが大きなネックになっていることがあります。これは、金融機関的な発想では、現状には対応できないということの証でしょう。ここで、留意すべきは、アメリカの自動車会社、GM的な発想の克服でしょう。製造業ではなく、金融業(ローン会社)だと評された事情です。つまり、製造業が、製造業...ノジマの野望は功を奏するか

  • キリストはなぜ現れなければならなかったのか?

    前回は、古代オリエント(ここでは、メソポタミア、エジプト、カナン、つまり、旧約聖書の地)で、農耕民と遊牧民の思想が混在し、お互いが感化しあい、それぞれが発展した状況を想定しました。いわゆるユダヤ教が、古来から一神教だったというのではなく、多神教から一神教へ純化したというのが、大方の宗教歴史家の捉え方あではないかと考えますが、それは、批判すべきものがあってはじめてそういうものが可能になるのであり、対立物は、ここではよい存在であったと考えられます。ところが、ユダヤ統一国家(ここでは、アジア的共同体)の出現により、遊牧民の戦闘集団が農耕民に対するヘゲモニーを確立すると、遊牧民的な一神教が無批判な独善になっていったと考えられます。話を簡略化すると、ユダヤの世界では、その歴史過程のなかで、農耕民は、彼らの思想を持ち、ユダ...キリストはなぜ現れなければならなかったのか?

  • ヤハヴェとバアルの系譜

    家の近くに「牛頭天王社」と称されるものがあり、その系譜を調べていくと、古代メソポタミアの宗教事情と現在の思想・宗教状況が縮図化されているように考えますので、私の意見をまとめます。まず、牛頭天王というのは、日本では、神仏習合の神とし捉えられています。仏教の生誕地の祇園精舎の守護神、薬師如来の垂迹、権現ということで、スサノオと同じと解釈されています。天王という呼称は、四天王に見られるように、普通名詞であり、「牛頭」という言葉が主意であるとすると、非常に奇妙な神ということになります。蘇民将来説話、武塔神説話がありますが、矮小化した物語であり、宗教的本質が浮かび上がってきません。ウィキペディアでは、仏教本来の教説に出てくるものではなく、古来から日本に伝わっている独自のものであると解されています。そこで、もっと広くとらえ...ヤハヴェとバアルの系譜

  • 災害ごみ問題が問いかける経済構造の転換

    台風19号で発生した災害ごみの処理には、2年かかるという記事があり、復旧活動のニュースを見ても、頷けることです。問題は、こうした災害が頻発する時代になったということです。もともと、ごみ対策は、20年ほど前から、リサイクル運動、ごみ減量化なんどの掛け声とともに、推進されましたが、大きくは、地球環境問題、とくに、地球温暖化対策とまとめて考えられてきは節があります。ごみ問題は、末端行政問題ということになり、環境問題では、海洋プラスチック問題を除いては、対策順位は低いものという印象があります。経済というのは、生産から消費までのことを言い、経済学も基本的にこの2者による拡大・調和の問題のようにとらえらえがちです。ごみ処理問題は、こうした経済の基本論理からは外れるため、付随的議論になるのですが、生産消費経済学は、生産・富の...災害ごみ問題が問いかける経済構造の転換

  • 北陸新幹線水没事故はなぜ起きた?

    台風19号の被害が甚大であることは言うまでもありませんが、なぜ、未然に防げなかったかについて、マスコミは何も報道しません。政府も動いていないような気がします。なお、論述の詳細は未確定。ここでは、次の2点を問題点として挙げることができるしょう。1立地が適正であったかどうか。2史上最強台風と言われたのに対し、何も対策が検討されていなかったのか。3堤防決壊がさしせまるなかで、別の安全な地域に避難させられなかったか。ということが挙げられるでしょう。原発事故と同じ構図が推測されます。1については、河川から1キロ離れており、そこまで来ることは想像できなかったというのは、嘘で、長野県のハザードマップでは、最大10メートル(?)の浸水が見込まれるという要注意箇所に設置されていた。2については、特に何も考えていなかったとも見受け...北陸新幹線水没事故はなぜ起きた?

  • 富裕税の経済的効果

    アメリカ大統領選挙で、左派の主張の特徴として、富裕税が挙げられており、一部有力資産家からも、この提案に同調する意見も出されており、超富裕層への一定の広がりを感じるものがあります。まず、富裕税については、一定の金額以上の純資産(資産ー負債)に対して、毎年数%の課税を行うというものです。例えば、5000万ドル以上の資産に対して3%というようなことと考えます。私は、富裕税を、こうした資産課税、つまり、固定資産税の拡大版としてとらえるのは問題があると考えます。なぜなら、こうした税制で狙われるのは、保守的な資産家であり、投資に貢献しない資産家のタンス貯金に課税するものにすぎないと考えられるからです。現に、著名な投資家は、賛成しています。ファンドマネーにとっては追い風になる可能性が大きいでしょう。本末転倒の話になります。だ...富裕税の経済的効果

  • トルコとシリアは戦争をするのか

    トルコのシリア北部進攻で、大きな動きが2つあり、ネット記事のコメントも多く寄せられています。1クルド勢力がアサド政権軍に支援要請と政府軍の北部への部隊派遣2アメリカ軍の北部からの撤収というのがそれです。問題は、ここで、派遣された政府軍と、トルコ軍が戦うかということでしょう。トルコにとっては、クルド問題は国内問題であり、今回の進攻は内政の延長と考えられます。ネットのコメントの8割ほどは、アサド=悪という構図の下に語られています。もともと、内乱は、アメリカの関与が引き起こしたもので、反アサド勢力が増大したのは、アメリカ経由の武器がいつのまんか、過激派にわたってしまったのが、大混乱の原因。トランプは、このことをよく理解していると考えられます。コメントのなかに中東調査会の高岡氏のものがあり、彼も混乱の拡大という視点に立...トルコとシリアは戦争をするのか

  • ウォーレンはアメリカ民主主義を復活させるか?

    アメリカ大統領選の民主党候補者選びで、エリザベス・ウォーレン上院議員が、支持率でバイデン候補をわずかに上回ったという報道があります。例えば、現代ビジネスの記事(以下「記事」と書きます。)記事では、1彼女の社会主義的政策は、アメリカ経済に否定的な影響を与える2資金力、総合力などで、ウォーレン対トランプとなれば、トランプ優位となるというような内容になっています。1の批判は、公的国民皆保険が社会主義制度、富裕層・企業増税は極左主義政策ということになるのかなとも思いますが、言葉の使用例としては無知と妄言にすぎません。トランプが勝ったのは、保守の国民回帰の潮流に乗ったからです。ウォーレンが行おうとしているのは、民主党の国民回帰と考えられます。アメリカ民主党は、すでに、アメリカ金融党と言える状況と考えられます。人権至上主義...ウォーレンはアメリカ民主主義を復活させるか?

  • シリア内戦を終わらせるトルコの侵攻

    シリア内戦の背景に一つである、トルコVSクルドの戦いは、トルコが、クルド支配地へ進攻したことにより、表面に出てきました。これについて、マスコミは、トランプの裏切り(黙認している)と評し、ISの台頭を促すことになると批判しています。まず、マスコミが言わない背景を確認することとします。1クルド支配地は、内戦前より大きく拡大しており、元の住民(多くはスンニー派、すなわち、ISに参加せず、戦わずに難民となった人々)を追い出して、支配地を確保した。つまり、民族浄化を行った。2ISは、米軍との共存(戦闘的共存)関係にあり、それは、反アサドでは、目的が一致しているから。だから、米軍がいる限り、ロシアもアサドも、東部への進攻は限定的であり、損害も大きい。という事情を挙げなければいけないでしょう。つまり、米軍から見れば、永久に、...シリア内戦を終わらせるトルコの侵攻

  • ファーウェイをどう見るか

    ファーウェイについては、起業者が、元軍人の共産党員だから、共産党の手先だという決めつけがなされることが多いのですが、5Gのハード、スマホにスパイウェアが組み込まれているというよくわからない話がされたことがありました。実際のところ、ファーウェイは、同業の国営企業から敵視されて耐えて成長してきた企業であり、これまでの国営企業中心の経済発展とは全然異なると考えていいでしょう。つまり、技術と売上で成功を積み重ねてきた企業であるわけです。そうした企業を、共産党の手先というような捉え方をするのは不自然ですが、最近、アメリカもこの事情が分かってきたのではないかと考えられます。もし、私の推測どうりであるなら、ファーウェイは、中国型資本主義の手先ではなく、脅威であることになるのです。陰謀論的に見れば、中国の軍門に下すために、米国...ファーウェイをどう見るか

  • 天安門事件後の中国発展の捉え方

    9月の朝から生テレビで、天安門事件後の中国の発展をどうみるかというような話題がありました。私の把握と異なるので、意見をまとめます。天安門事件は、周恩来の系譜を汲む思潮とみることがで切るのですが、それ以後との変化では1胡耀邦・趙紫陽路線から2江沢民路線への変化と見ることができます。1は、改革開放路線を、共産党の基本路線を原則として維持し、中国的な斬新なやり方をしようとする考え方で、言葉の上では、2の時代も同じなのですが、大きく異なります。どのように違うかと言えば、A1では、農村における競争原理の導入で、農村では一定の成果を得られる基礎ができたと考えられます。しかし、肝心の国有企業改革は進まなかったのではないでしょうか。B2では、都市住民、知識層の活動の自由を促進するということになります。鄧小平氏の南方講和は、これ...天安門事件後の中国発展の捉え方

  • 香港デモの背景に中国の新自由主義

    ライブドアブログ(コーヒーブレイクⅦの記事(再掲)PRESIDENTOnlineというサイトに、「香港デモに油を注ぐ「習近平」vs「上海閥」の暗闘「市民vs権力」の単純な図式ではない(丸谷元人、危機管理コンサルタント)」という記事があります。ネットで調べた香港の状況と把握が同じなので参考になります。記事では、習近平路線と江沢民派の暗闘が推測されているのですが、私流に捉えれば、中国経済路線=国家資本主義という捉え方と、中国の資本主義の新自由主義的側面の存在が、権力闘争の形となっているということになるのですが、財閥型国営企業が後者の基盤にもなっているのではないかと推測されます。江沢民路線は、天安門事件の結果を受けて登場しました。これ以後、中国の発展方式は変化したと推測されます。それまでは、農業の発展から進んだのです...香港デモの背景に中国の新自由主義

  • 香港デモの歴史的位置

    香港デモの過激な現状について、テレビでは、デモに肯定的な見方。同情的な見方が頻出していますが、そのなかで、香港の若者は、資本主義を守る、自由を守るために戦っているのだというコメントをよく見かけます。しかし、中国は資本主義であるから、前半は、意味不明です。また、中国は香港を手放さないし、香港なしでは中国の金融が立ち行かなくなるという意見もあります。しかし、実際のところは、アメリカ経済(ドル経済)にとって、中国の資本主義が脅威であるため、中国つぶしの一環であると考えることが適当でしょう。香港デモの発生時に言われていたことは、アメリカは、香港への優遇措置を、将来無くすというニュアンスのものでした。香港が中国の経済発展に果たした役割は大きいのですが、その金融的役割は、中国にとっても、小さくなってきています。極論すれば、...香港デモの歴史的位置

カテゴリー一覧
商用