コーヒーブレイクⅧ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
fukuganjiroさん
ブログタイトル
コーヒーブレイクⅧ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/fukuganjiro
ブログ紹介文
おもに、国際政治経済情勢を論じます。宗教論、音楽、歴史(古代史が主)についても論じます。
自由文
-
更新頻度(1年)

10回 / 17日(平均4.1回/週)

ブログ村参加:2019/10/06

fukuganjiroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(IN) 33,620位 34,194位 31,225位 31,237位 28,739位 28,738位 28,856位 975,639サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 20 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 369位 366位 332位 333位 313位 316位 313位 4,562サイト
国政・政局 2位 2位 2位 3位 2位 3位 3位 118サイト
経済ブログ 33位 36位 33位 31位 27位 28位 27位 2,396サイト
世界経済 13位 14位 12位 11位 10位 9位 7位 486サイト
歴史ブログ 291位 298位 282位 278位 270位 269位 272位 4,194サイト
日本史 43位 42位 41位 42位 43位 42位 42位 586サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 53,902位 55,078位 51,119位 50,977位 54,497位 51,093位 59,317位 975,639サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 20 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 440位 442位 393位 394位 436位 395位 464位 4,562サイト
国政・政局 5位 5位 4位 3位 4位 4位 5位 118サイト
経済ブログ 57位 58位 51位 53位 60位 56位 66位 2,396サイト
世界経済 24位 26位 22位 22位 25位 24位 28位 486サイト
歴史ブログ 359位 366位 355位 358位 369位 363位 389位 4,194サイト
日本史 48位 49位 48位 48位 49位 46位 50位 586サイト
今日 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,639サイト
INポイント 0 0 10 0 10 10 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 10 10 20 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,562サイト
国政・政局 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 118サイト
経済ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,396サイト
世界経済 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 486サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,194サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 586サイト

fukuganjiroさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fukuganjiroさんの読者になりませんか?

ハンドル名
fukuganjiroさん
ブログタイトル
コーヒーブレイクⅧ
更新頻度
10回 / 17日(平均4.1回/週)
読者になる
コーヒーブレイクⅧ
  • 災害ごみ問題が問いかける経済構造の転換

    台風19号で発生した災害ごみの処理には、2年かかるという記事があり、復旧活動のニュースを見ても、頷けることです。問題は、こうした災害が頻発する時代になったということです。もともと、ごみ対策は、20年ほど前から、リサイクル運動、ごみ減量化なんどの掛け声とともに、推進されましたが、大きくは、地球環境問題、とくに、地球温暖化対策とまとめて考えられてきは節があります。ごみ問題は、末端行政問題ということになり、環境問題では、海洋プラスチック問題を除いては、対策順位は低いものという印象があります。経済というのは、生産から消費までのことを言い、経済学も基本的にこの2者による拡大・調和の問題のようにとらえらえがちです。ごみ処理問題は、こうした経済の基本論理からは外れるため、付随的議論になるのですが、生産消費経済学は、生産・富の...災害ごみ問題が問いかける経済構造の転換

  • 北陸新幹線水没事故はなぜ起きた?

    台風19号の被害が甚大であることは言うまでもありませんが、なぜ、未然に防げなかったかについて、マスコミは何も報道しません。政府も動いていないような気がします。なお、論述の詳細は未確定。ここでは、次の2点を問題点として挙げることができるしょう。1立地が適正であったかどうか。2史上最強台風と言われたのに対し、何も対策が検討されていなかったのか。3堤防決壊がさしせまるなかで、別の安全な地域に避難させられなかったか。ということが挙げられるでしょう。原発事故と同じ構図が推測されます。1については、河川から1キロ離れており、そこまで来ることは想像できなかったというのは、嘘で、長野県のハザードマップでは、最大10メートル(?)の浸水が見込まれるという要注意箇所に設置されていた。2については、特に何も考えていなかったとも見受け...北陸新幹線水没事故はなぜ起きた?

  • 富裕税の経済的効果

    アメリカ大統領選挙で、左派の主張の特徴として、富裕税が挙げられており、一部有力資産家からも、この提案に同調する意見も出されており、超富裕層への一定の広がりを感じるものがあります。まず、富裕税については、一定の金額以上の純資産(資産ー負債)に対して、毎年数%の課税を行うというものです。例えば、5000万ドル以上の資産に対して3%というようなことと考えます。私は、富裕税を、こうした資産課税、つまり、固定資産税の拡大版としてとらえるのは問題があると考えます。なぜなら、こうした税制で狙われるのは、保守的な資産家であり、投資に貢献しない資産家のタンス貯金に課税するものにすぎないと考えられるからです。現に、著名な投資家は、賛成しています。ファンドマネーにとっては追い風になる可能性が大きいでしょう。本末転倒の話になります。だ...富裕税の経済的効果

  • トルコとシリアは戦争をするのか

    トルコのシリア北部進攻で、大きな動きが2つあり、ネット記事のコメントも多く寄せられています。1クルド勢力がアサド政権軍に支援要請と政府軍の北部への部隊派遣2アメリカ軍の北部からの撤収というのがそれです。問題は、ここで、派遣された政府軍と、トルコ軍が戦うかということでしょう。トルコにとっては、クルド問題は国内問題であり、今回の進攻は内政の延長と考えられます。ネットのコメントの8割ほどは、アサド=悪という構図の下に語られています。もともと、内乱は、アメリカの関与が引き起こしたもので、反アサド勢力が増大したのは、アメリカ経由の武器がいつのまんか、過激派にわたってしまったのが、大混乱の原因。トランプは、このことをよく理解していると考えられます。コメントのなかに中東調査会の高岡氏のものがあり、彼も混乱の拡大という視点に立...トルコとシリアは戦争をするのか

  • ウォーレンはアメリカ民主主義を復活させるか?

    アメリカ大統領選の民主党候補者選びで、エリザベス・ウォーレン上院議員が、支持率でバイデン候補をわずかに上回ったという報道があります。例えば、現代ビジネスの記事(以下「記事」と書きます。)記事では、1彼女の社会主義的政策は、アメリカ経済に否定的な影響を与える2資金力、総合力などで、ウォーレン対トランプとなれば、トランプ優位となるというような内容になっています。1の批判は、公的国民皆保険が社会主義制度、富裕層・企業増税は極左主義政策ということになるのかなとも思いますが、言葉の使用例としては無知と妄言にすぎません。トランプが勝ったのは、保守の国民回帰の潮流に乗ったからです。ウォーレンが行おうとしているのは、民主党の国民回帰と考えられます。アメリカ民主党は、すでに、アメリカ金融党と言える状況と考えられます。人権至上主義...ウォーレンはアメリカ民主主義を復活させるか?

  • シリア内戦を終わらせるトルコの侵攻

    シリア内戦の背景に一つである、トルコVSクルドの戦いは、トルコが、クルド支配地へ進攻したことにより、表面に出てきました。これについて、マスコミは、トランプの裏切り(黙認している)と評し、ISの台頭を促すことになると批判しています。まず、マスコミが言わない背景を確認することとします。1クルド支配地は、内戦前より大きく拡大しており、元の住民(多くはスンニー派、すなわち、ISに参加せず、戦わずに難民となった人々)を追い出して、支配地を確保した。つまり、民族浄化を行った。2ISは、米軍との共存(戦闘的共存)関係にあり、それは、反アサドでは、目的が一致しているから。だから、米軍がいる限り、ロシアもアサドも、東部への進攻は限定的であり、損害も大きい。という事情を挙げなければいけないでしょう。つまり、米軍から見れば、永久に、...シリア内戦を終わらせるトルコの侵攻

  • ファーウェイをどう見るか

    ファーウェイについては、起業者が、元軍人の共産党員だから、共産党の手先だという決めつけがなされることが多いのですが、5Gのハード、スマホにスパイウェアが組み込まれているというよくわからない話がされたことがありました。実際のところ、ファーウェイは、同業の国営企業から敵視されて耐えて成長してきた企業であり、これまでの国営企業中心の経済発展とは全然異なると考えていいでしょう。つまり、技術と売上で成功を積み重ねてきた企業であるわけです。そうした企業を、共産党の手先というような捉え方をするのは不自然ですが、最近、アメリカもこの事情が分かってきたのではないかと考えられます。もし、私の推測どうりであるなら、ファーウェイは、中国型資本主義の手先ではなく、脅威であることになるのです。陰謀論的に見れば、中国の軍門に下すために、米国...ファーウェイをどう見るか

  • 天安門事件後の中国発展の捉え方

    9月の朝から生テレビで、天安門事件後の中国の発展をどうみるかというような話題がありました。私の把握と異なるので、意見をまとめます。天安門事件は、周恩来の系譜を汲む思潮とみることがで切るのですが、それ以後との変化では1胡耀邦・趙紫陽路線から2江沢民路線への変化と見ることができます。1は、改革開放路線を、共産党の基本路線を原則として維持し、中国的な斬新なやり方をしようとする考え方で、言葉の上では、2の時代も同じなのですが、大きく異なります。どのように違うかと言えば、A1では、農村における競争原理の導入で、農村では一定の成果を得られる基礎ができたと考えられます。しかし、肝心の国有企業改革は進まなかったのではないでしょうか。B2では、都市住民、知識層の活動の自由を促進するということになります。鄧小平氏の南方講和は、これ...天安門事件後の中国発展の捉え方

  • 香港デモの背景に中国の新自由主義

    ライブドアブログ(コーヒーブレイクⅦの記事(再掲)PRESIDENTOnlineというサイトに、「香港デモに油を注ぐ「習近平」vs「上海閥」の暗闘「市民vs権力」の単純な図式ではない(丸谷元人、危機管理コンサルタント)」という記事があります。ネットで調べた香港の状況と把握が同じなので参考になります。記事では、習近平路線と江沢民派の暗闘が推測されているのですが、私流に捉えれば、中国経済路線=国家資本主義という捉え方と、中国の資本主義の新自由主義的側面の存在が、権力闘争の形となっているということになるのですが、財閥型国営企業が後者の基盤にもなっているのではないかと推測されます。江沢民路線は、天安門事件の結果を受けて登場しました。これ以後、中国の発展方式は変化したと推測されます。それまでは、農業の発展から進んだのです...香港デモの背景に中国の新自由主義

  • 香港デモの歴史的位置

    香港デモの過激な現状について、テレビでは、デモに肯定的な見方。同情的な見方が頻出していますが、そのなかで、香港の若者は、資本主義を守る、自由を守るために戦っているのだというコメントをよく見かけます。しかし、中国は資本主義であるから、前半は、意味不明です。また、中国は香港を手放さないし、香港なしでは中国の金融が立ち行かなくなるという意見もあります。しかし、実際のところは、アメリカ経済(ドル経済)にとって、中国の資本主義が脅威であるため、中国つぶしの一環であると考えることが適当でしょう。香港デモの発生時に言われていたことは、アメリカは、香港への優遇措置を、将来無くすというニュアンスのものでした。香港が中国の経済発展に果たした役割は大きいのですが、その金融的役割は、中国にとっても、小さくなってきています。極論すれば、...香港デモの歴史的位置

カテゴリー一覧
商用