chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
弁護士 猪野亨のブログ http://inotoru.blog.fc2.com/

札幌より日々意見を発信。法科大学院廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度廃止に向け精力的に活動中。

猪野 亨
フォロー
住所
中央区
出身
鎌倉市
ブログ村参加

2013/05/09

arrow_drop_down
  • 殺意とは何か ゴルフクラブでの殴打 死を予見して当然の行為 殺意の立証を放棄する検察

    ゴルフクラブで殴打したことによって夫が死亡、殺人の疑いで逮捕された事件 これはもっぱら正当防衛の成否で論じられています。「ゴルフクラブで夫を殺害か…逮捕の妻「殴られたから殴り返した」 正当防衛は成立する?」(弁護士ドットコム) ゴルフクラブでどのような殴打の仕方だったのかは判然としないので、何とも言えませんが、大の大人が死亡するとまでは思わなかったということはそうなんでしょう。通常であれば傷害致...

  • 民主主義とは人の命よりも重いものなのか ウクライナ兵士の命

    軍隊からの「脱走」なのでしょうか、ウクライナ兵が隣国に逃れようとしたところを射殺されました。「隣国逃走の兵士撃たれ死亡 訓練キャンプから脱走」(共同通信2024年7月16日) 徴兵年齢も引き下げられ、ウクライナ国民は軍に徴兵され、前戦に送られます。そこでは死が強制されます。 誰が前戦などに行きたいものですか。行きたい者だけが行けばいい、それが不公平だというのであれば戦争自体を終結に向けなければなりませ...

  • NATOの拡大が招くかつての東西冷戦 平和に逆行しているのは米国を中心とした西側諸国

    これまでもNATOの拡大こそが世界の平和をぶっ壊してきたことを述べてきました。「NATOが軍拡正当化 ますます平和が遠のく」 その結果がロシア、北朝鮮の急接近です。至るところに波及することになります。 これも同様です。「中国・ロシアが海空の合同軍事演習 NATOを威圧か」(日経新聞2024年7月12日) そうなりますよね。中国にとってロシアの魅力は核兵器と天然資源。米国に対抗できる核兵器を保有しているのは西側以外...

  • グーグルマップの口コミ 普通は悪いことしか書かれないよね

    私も最近まで気づかなかったのですが、グーグルマップに私の事務所の口コミも書かれているんですね。 他の弁護士のも見てみましたが、たくさん褒める口コミがついているのを見ると本当かなと思ってしまいます。 自作で口コミをつけているのか、業者に頼んで口コミをつけているのか、よくわかりませんが、普通は、不快なことがあったときに批判、悪口として書き込まれるものです。 食べログとも違うと思います。 こういうこと...

  • NATOが軍拡正当化 ますます平和が遠のく

    NATOは、ウクライナの加盟を不可逆的道筋などと宣言しています。「NATO、ウクライナ加盟の「不可逆的な道筋」への支援を宣言」(BBC2024年7月11日) ロシアへの対抗をさらに鮮明にしたということになります。 もっともだからNATOとしてウクライナへの軍事支援が何がどこまでできるというのはグレーであり、実際にははったり感が満載ですが、しかし、NATOの拡大という誤った方針は従来のままであり、NATOの危険性は相変わらずで...

  • これは煽りなのか どっちもどっちに見える

    煽り運転は撲滅しなければなりません。 しかし、マスコミ報道を見ると、どうしても煽られている側にも問題があるものがあるのではないかという疑念と、これが何故というものも少なくありません。「【恐怖のドラレコ映像】幅寄せ・急停車・クラクション連発… 執拗な

  • 「助けて」と言われたとき、どう対応するのか 見殺しにされた17歳被害者

    旭川市で起きた17歳の女の子を橋の欄干から突き落とし、死亡させた事件が殺人罪で起訴されました。 この事件では殺意と殺人罪としての実行行為があったのかも争点になります。 もっとも報道内容を前提にすると欄干に座らせ、「落ちろ、死ね」というもので、しかも橋もかなりの高さがあります。殺人の実行行為と故意はあるということになります。「【旭川女子高生殺人事件】内田梨瑚被告「落ちろ、死ねや」橋の欄干に座る姿を...

  • NATOという軍事同盟は決してウクライナを守らない

    ロシアによるウクライナ軍事侵攻を招いた原因は何か。 NATOの東方拡大によるロシア包囲網にあったことは明らかであり、しかし、何故、そのような簡単なことがわからないのか、特にリベラル派という人たちがこの主張を否定するのか、全く理解に苦しみます。 こうした軍事同盟の拡大が世界各国を威嚇し、時にはNATO諸国がアフガニスタンやイラクのように軍事力を行使してきたのですから、NATOは世界最大の恫喝組織です。 それが...

  • ロシア・ウクライナ戦争で見えるリベラル派の思考

    ロシア・ウクライナ戦争のあり方はどうあるべきなのか。 私は従前より主張しているように即時停戦です。まずは即時停戦、その後の領土問題などはそれからの交渉事項です。 そうした主張にもっとも噛みついてくるのが停戦反対のリベラル派です。 お前はロシアの侵略を認めるのか!というお決まりの主張です。この主張の最大の欠点は、ウクライナ領内を占領しているロシア軍を駆逐することの見通しが全くないことです。より戦況...

  • 第59回中国人殉難者全道慰霊祭

    本日、第59回中国人殉難者全道慰霊祭が仁木町で行われました。 今回、初めて参加された方もいらっしゃいました。 この問題を風化させてはいけません。 遺族の方々もご存命です。 1人の方のご挨拶の中で、日清戦争から数えれば50年間、日本は中国と戦争状態にあったということは重要な指摘です。日本の戦争の歴史でもあります。 それをさらに続けていくことになるのでしょうか。 来年は第60回になります。ブログランキング...

  • 会社内で国籍を話題にヘイトとは

    このニュース記事は目を引きました。「“国籍”に基づく「レイシャルハラスメント」裁判で原告側が敗訴 “日韓関係”に関する発言、解雇理由や守秘義務が争点に」(弁護士JPニュース2024年6月27日) 組織ぐるみというわけではないのでしょうが、企業側も認めるこの発言は、一体……(以下、引用)・2012年、イ・ミョンバク大統領が天皇に対して謝罪を求める発言をした際に「天皇を侮辱するな」・2014年、田母神俊雄氏が都知事選に...

  • 女性がトップに立つことの意味 決して男女差別構造が変わったというわけではない

    検事総長に女性検事が就任しました。初です。 日本社会が変わったか、というわけではありません。あくまで男社会は変わりません。 どうやらご褒美人事だそうです。「新検事総長・畝本直美氏、女性初起用で注目も…自民党裏金事件では検察ナンバー2 「露骨なごほうび人事」「巨悪を助けて出世コース」の声」(中日スポーツ2024年6月29日) 自民党裏金問題では、東京地検は早々に幕引きを図っていましたから。 組織の中で出世...

  • 片側二車線道路の真ん中のラインをまたいで走行する車の怪

    私が車で走行していて一番、不思議なのは二車線道路の真ん中をラインをまたぐ形で走行する車です。 モノレールのような走り方です。 その車がのんびり走行していると、左右どちらのレーンからも追い越しができないのです(本来、左からの「追い越し」はダメなんでしょうが、しかし、現実問題、右ラインを指定速度未満で走行する車が少なくありません)。 あまりに非常識。 左側の路駐が多く、左レーンをなかなか走行しづらい...

  • 検事長定年延長は「黒川氏のため」は誰もがそう思っている 真相が闇に埋もれる日本の政治

    2020年、閣議決定で特定個人のための定年延長を決めてしまった安倍晋三内閣。 それが裁判所の判決でも認定されたというものです。「検事長定年延長巡る文書、国に開示命じる判決 「黒川氏のため」言及」(朝日新聞2024年6月27日) これは誰もがそう思っていました。安倍政権による人事介入はあまりに露骨で、お友達人事と揶揄されましたが、それでも強固な支持率があり、岩盤支持層とも言われていました。 これを民主主義と...

  • 登院しない国会議員に歳費 それは民主主義のコスト

    古くて新しい問題なんでしょうが、逮捕、起訴された国会議員であっても、登院しない国会議員でも規定通りの歳費が支払われます。「秋本、池田両議員にボーナス 国会欠席でも319万円」(共同通信2024年6月27日) 釈然としないものがあるのは当然ですが、法改正すべきなんでしょうか。「識者からは法改正を求める声も上がる。」(前掲記事) 「識者」とはどなたなのでしょう。 国民感情からはかけ離れますが、私は有罪確定で失...

  • 徴兵が持つ意味 実際に戦場に行かされること

    ウクライナの徴兵が多くの国民に忌避されていることは周知の事実です。 ロシア軍を駆逐するまで戦え、などと外野で言うことは極めて無責任なことであり、自分が徴兵されることを考えたら停戦以外にはあり得ないことです。 イスラエルでも同じことがあったんですね。「イスラエル最高裁、超正統派の徴兵求める 極右反発必至」(日経新聞2024年6月26日)「イスラエルの最高裁判所は25日、ユダヤ教超正統派の兵役免除は不平等だ...

  • 黄色信号は当然に進行して良いと考える勘違いが招く事故

    黄色信号は当然に進んで良い、と考えるドライバーが少なくありません。 本来、停止しなければなりません。安全に停止できないときに限って進行することが許されます。 この事案は勘違いの最たるもの「【独自】信号を勘違い?右折可から黄色の瞬間に交差点進入し右直事故…急ブレーキ間に合わず 横浜」(FNN2024年6月26日) 青 → ①黄色 → 赤(→青) → ②黄色 → 赤 事案は②の黄色で直進車が突っ込んできたというものであ...

  • 国際刑事裁判所(ICC)が前ロシア国防省らに逮捕状 ネタニヤフ首相にはいつ発布するの?

    国際刑事裁判所(ICC)がまたまたロシアの要人に逮捕状を発布しました。「ロシア前国防相と参謀総長に逮捕状、ウクライナ攻撃で国際刑事裁」(ロイター2024年6月25日)「ロシアがウクライナ侵攻を開始した2022年2月以降、ICCがロシア当局者らに発行した逮捕状はこれで計8件となる。昨年3月には、ウクライナからの不法な子ども連れ去りなどに関与した疑いで、プーチン大統領に逮捕状が出された。」 ショイグ前国防相に...

  • 「つばさの党」の選挙妨害 道警ヤジ問題

    東京15区補選での「つばさの党」による選挙妨害は、また新しいやり方の現代社会の病みが現れました。 やっている人たちは一緒に寝起きというように宗教チックな人たちに見えます。 このような妨害が選挙期間中に行われ、取り締まりがされなかった(逮捕は選挙後)では、やはり選挙の公正さは確保できません。 これに対して公職選挙法を改正せよ、という人たちがいますが、それも誤りです。現実に捜査ができたのに、選挙期間中...

  • ロシア・ウクライナ戦争には終わりが見えないのは米国・NATOの介入によって戦争継続を煽っているから

    米国ではウクライナに対する軍事援助を「再開」しました。また限定的にロシア領内への自国武器での攻撃を容認しました。 今のところ劇的な変化はないようです。 ウクライナ国内での国民からの支持はあるのでしょうか。「ウクライナ軍 国民に支援呼びかけ ロシア軍東部で攻撃を強める」(NHK2024年6月18日)「地元の調査会社「キーウ国際社会学研究所」は17日、5月に施行された軍への動員をより厳格に行うための改正法につい...

  • ハマス壊滅は不可能 当然のこと述べたイスラエル軍報道官

    イスラエルのネタニヤフ政権は、停戦要請など無視、ひたすらにガザ地区において殺戮行為を繰り返しています。 安保理でも停戦が決議されましたが、これはむしろイスラエルに向けられたものです。停戦を拒否しているのはイスラエル、これを曖昧にしてはいけません。 決してハマス側が拒否しているわけでないのです。 さて、イスラエルのこの停戦拒否に米国はどうするのか。 ハマス壊滅は軍事力では絶対にできません。 この当...

  • カスハラ被害 1万円のところを2万円の請求 何かしっくりこない

    カスタマーハラスメント、店員などに無理難題をふっかけ、義務のないことを強要したり、精神的な苦痛を与えること、社会問題になっています。 カスハラ防止は当然に必要なことです。 正当なクレームとの区別がつきにくいとされています。店に落ち度がある場合であってもそれに対して必要以上に謝罪を求めるというのは、やはり違法となり、犯罪となる場合もあります。 この事案ではどうでしょうか。「天ぷら店で「会計間違われ...

  • 政治的圧力に屈しないという赤根智子ICC所長 イスラエル・ネタニヤフ首相には?

    ロシア・プーチン大統領には早々に逮捕状を発布して、正義だと言った赤根智子ICC所長ですが、イスラエルのネタニヤフ首相に対する逮捕状請求は、どうなっているのでしょう。「政治圧力に「裁判官は服さない」 赤根智子ICC所長が日本で会見」(朝日新聞2024年6月14日) 赤根氏は自身がいかにも正義だと言わんばかりの方ですが、プーチン大統領よりも明らかに酷いイスラエル・ネタニヤフ首相に対してまだ結論が出ていません。 ...

  • スマホ(ゲーム)依存は深刻 家庭だけの問題ではない

    もう家庭内だけではどうにもならないのではありませんか。「スマホでゲームしていたのを注意された17歳男子高校生、父親を殴り足で踏みつけ…殺人未遂容疑」(読売新聞2024年6月16日) どうしてもやめられない、異常を来すというのがゲーム(スマホ)依存症。 ギャンブル依存症と同じであり、これが野放しになっている状態のもとで、これを各家庭で話し合い、考えること、などというのはあまりに無責任ではないでしょうか。 ...

  • イスラエルの人質救出、多くの無抵抗のパレスチナ人を殺害

    イスラエルは先般、人質4名を解放したと発表しました。 しかし、そのために多くの無抵抗のパレスチナ人の命が奪われています。「イスラエル、人質救出で274人殺害か ガザ中部で「虐殺」―地元当局」(時事通信2024年6月9日) その人質ですが、別の報道によれば無傷だったといいます。「人質奪還作戦でガザ210人死亡 4人救出、イスラエル「続行」」(共同通信2024年6月8日)「イスラエル軍は8日、パレスチナ自治区ガザ中部...

  • 反共しかない連合芳野友子会長 自民党の方が親和性がある

    東京都知事選挙が近くなり、立憲民主党の蓮舫氏が立候補を表明、現職の小池百合子都知事との争いなります。 蓮舫氏は、「反自民党政治、非小池都政」を掲げています。 これに賛同する人たちであれば、誰でも加わればいいんです。 もっとも「極」のつく勢力は論外ですが、ただそれでも個人的に賛同するんだったらいいんだと思います。 「極」がつく勢力はそもそも選挙を否定もしたりしていますから、賛同自体がないでしょうけ...

  • 群馬県みなかみ町の校医による児童の性器への触診は言語道断 同教育委員会も文科省のコメントも異常

    群馬県みなかみ町の校医が小学校の健康診断で児童の男女を問わず、性器を触ったというのですから言語道断です。「なぜ?小学校の健康診断で医師が女子児童の下半身をのぞく 群馬県みなかみ町 下半身触診も…「本当に必要なのか」保護者からは不安の声相次ぐ」(日テレ2024年6月7日) 学校で行われる健康診断で、なぜ性器を見たり触診したりする必要があるのか、全くもって理由がありません。刑事責任も考えなければならない事...

  • 北海道札幌聾学校訴訟 控訴しました

    北海道札幌聾学校の日本手話訴訟ですが、先般、札幌地裁で敗訴判決がありましたが、先日、控訴しました。 地裁判決は、母語である日本手話で授業を受けることを憲法上の権利とも認めず、また日本手話を独自の言語とも認めない酷いものでした。 実際に北海道札幌聾学校でなされた授業がどの程度のものなのかの認定もありませんでした。「北海道札幌聾学校 日本手話訴訟 札幌地裁による不当判決」 評価できるところが1つもな...

  • 米国が自国供与の武器でロシア領内攻撃を容認がもたらす不透明な今後

    米国がいよいよ、自国供与の武器でロシア国内に対する攻撃を容認しました。「バイデン米大統領、ウクライナに供与した武器使うロシア領攻撃を限定容認=米高官」(BBC2024年5月31日)「アメリカのジョー・バイデン大統領は30日、アメリカが供与した兵器でウクライナがロシア国内の標的を攻撃することを限定的に認めた。複数の米高官が明らかにした。ただし、標的は北東部ハルキウ州周辺に限るという。ロシア軍はここ数週間、ロシ...

  • タクシー行きと帰りで倍、違った話 タクシー会社の受難

    この記事は私にも覚えがあります。「タクシーで...運転手「3000円です」「あっちでは1900円なのに」→その後、運転手の“衝撃の一言”に「気をつけないと」」 とある地下鉄の駅からとある病院までタクシーを利用しました。仕事です。 2000円近く掛かりました。 帰りも同じタクシー会社に電話をして配車してもらいました。 1000円ちょっとで駅に戻りました。 行きはそんなもんと思っていましたが、帰りが安かったのでびっくりし...

  • 停戦に応じないイスラエル いつまで米国は軍事支援を続けるのか 黙りの日本政府

    イスラエルはラファ制圧に向けて軍事侵攻を続け、パレスチナ人への虐殺を続けています。 米国、エジプト、カタールによる停戦仲介にもイスラエルは全く聞く耳を持ちません。「「ハマス壊滅前の停戦あり得ない」新提案うけネタニヤフ首相が声明発表」(TBS2024年6月2日) 人質解放など停戦なくしてできるわけがありません。イスラエル・ネタニヤフ政権はもはや人質の命などどうでも良いのでしょう。本来、人質解放を本気でいう...

  • 米国の大統領選挙は、一握りのカネを持つ人たちによって左右される 日本は財界

    米国のトランプ前大統領は陪審裁判によって「有罪」の評決となりました。 ゲームのような裁判のやり方には違和感を覚えますし、結論に理由がいらないというのは判決の正当性がなくていいのかと思います。陪審員が裁けばそれだけで正当なんだという発想ですから、それはゲームとしか見えないわけです。 それはともかく、有罪の評決に対してトランプ氏に対して大口献金が集まっているというのです。「トランプ氏に大口献金相次ぐ...

  • 企業・団体献金の禁止は当然のこと 自民、公明、維新はお仲間

    自民党によるパーティー券による収益は、自民党の集金構造の中核にあるそうです。 10万円以上でなければ公開の義務なしとしてしまうのでは当然にザルです。 公明党はその自民党のザル改正に賛成するという姿勢でしたが、世論に押されて5万円に引き下げるよう、方針を転換、どん底にあえぐ岸田総理に飲ませました。 今国会で自民党案が廃案になれば、いよいよ岸田政権は持たないというだけでなく、自民党の下落も不可避、公明...

  • ランプ前大統領に有罪の評決 陪審員の評決が政治を左右する

    不倫口止め料をめぐる事件で業務記録を改ざんした罪に問われたトランプ前大統領ですが、陪審員の評決は有罪だそうです。「【速報】トランプ米前大統領に「有罪評決」 不倫口止め事件で 大統領経験者で初めて トランプ氏は「戦い続ける」と強調」(TBS2024年5月31日) この陪審員の有罪判決に対して、上訴ができるんですね。https://news.yahoo.co.jp/profile/commentator/watanaberyoji/comments/bc277d0c-8346-4015-9b1b-930...

  • 時速30キロ… 狭い道、車がすれ違うのがやっとの道路を30キロで走られてもね

    ようやくの規制強化です。「道幅狭い「生活道路」 法定速度一律時速30キロに引き下げへ」(NHK2024年5月30日)「生活道路にスピードを緩めず進入する車による交通事故が依然、各地で発生している一方、標識を設置するなどの対策には財政上の負担も伴うことから、警察庁は生活道路の法定速度を、一律で時速30キロまで引き下げる方針を固めました。」 なるほどというか、やっぱりというか、きめ細かい規制ができなかったのは...

  • 高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故を未だに放置する日本社会

    もう珍しくなくなりました。 高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故 やっぱり高齢者による踏み間違いは多いんですね。「わずか4秒で人生が一変 後を絶たない高齢者の「踏み間違い」、19歳の2人が死傷した福島県の事故」(福島中央テレビ2024年5月30日)「昨年度の踏み間違いによる事故は3110件、38人が死亡、4343人が重軽傷を負った(交通事故総合分析センター調べ)。2018年から3年間の統計だと、事故を起こしたド...

  • スポーツカーによる暴走 それはスポーツカーだからだ

    スポーツカーを街中で時速120キロで走行して右折車両に気づくのが遅れ、追突させた死亡事故「9歳の女の子死亡 なぜ精神科医は「観賞用」スポーツカーを時速120キロで走行させたのか 自らを「せっかちな性格」と分析 これまでに速度違反は3度も…」(広島家族RCC2024年5月28日) 被告は精神科医師だそうです。 街中でこのような速度を出すこと自体、狂気の沙汰。 勤務先に「殺人」という電話が入ったそうですが、やっている...

  • ロシア・ウクライナ戦争にまともに向き合えないから戦争をしたがる 英国で徴兵制?

    英国では、総選挙が近くなっていますが、敗北が必死の政権与党保守党。 その保守党が徴兵制復活を公約にするそうです。「英首相、18歳対象に徴兵制復活を表明 総選挙勝利なら」(日経新聞2024年5月26日) さらに余計に議席を減らしそう。 今や誰もが軍隊になんて行きたいとは思わなくなった時代です。特権階級でもありません。 英国は米国と並んで対ロシア強行姿勢の国でしたが、全く先も見通せない状態です。自国民のこと...

  • 生活保護と自動車保有 問題は資産というより維持費 保有を認めるかどうかだけの問題ではない

    以前も問題提起しましたが、生活保護世帯の自動車保有の問題は、それが資産に当たるのかというよりも維持費の問題です。「「車はぜいたく品?」 自治体が生活保護受給者に認めない“車の保有” 「車に乗ったら生活保護止められた」当事者が語る現実」(CBCテレビ2024年5月26日) 地方に行けば行くほど公共交通機関はないに等しいですから、自動車がないと移動そのものが厳しくなります。 日常の買い物さえ徒歩では厳しい、となれ...

  • 政治資金パーティーの禁止と立憲民主党の姿勢

    自民党の政治資金パーティーが酷い、あまりに酷い、どうにもならないくらい酷い、モラルのかけらもないカネに汚い人たちの集まり。カネがあれば何でもできる、自分は偉い勘違いするだけの集まり。 これに対して、立憲民主党が政治資金パーティーの禁止のルールを提唱したわけです。 ところで、その提案をしながら立憲民主党の議員が政治資金パーティーを開催することに対する難癖がつけられています。 国民(有権者)にわかり...

  • 北海道札幌聾学校 日本手話訴訟 札幌地裁による不当判決

    本日、北海道札幌聾学校での日本手話訴訟、判決が出ました。 児童ら原告の請求を棄却、しかもその理由があまりに酷いものでした。 憲法26条は、母語による授業を受ける権利を保障しているか 判決は、抽象的権利としても認めませんでした。具体化する法律がなければ具体的権利と認められないとし、しかし、そうした法律などは一切ないからと権利性を一切、否定しました。憲法の議論をする意味を全く認めなかったわけです。 さ...

  • 国際刑事裁判所(ICC)へのネタニヤフ首相の逮捕状の請求 フランス、スペインが素晴らしい

    ガザ地区でパレスチナ人に対する虐殺を押し進めるイスラエルのネタニヤフ首相ですが、そのネタニヤフ首相に対して、国際刑事裁判所(ICC)に逮捕状が請求されました。 これに対する米国の半狂乱な対応は異常です。「ブリンケン米国務長官、ICCへの制裁を示唆 イスラエル首脳への逮捕状請求めぐり」(BBC2024年5月22日) ロシアのプーチン大統領に対する逮捕状の発布には絶賛していた米国ですが、あまりの二重基準が酷すぎ...

  • 未だに裁判員制度を持ち上げるマスコミ 「市民」の声を反映させるための制度ではなく国家と一体となって裁くための制度

    裁判員制度が始まって15年となりました。未だに惰性で続いています。 しかし、マスコミは未だにこの裁判員制度を絶賛しています。 北海道新聞の1面です。「裁判員「良い経験」96% 制度開始15年 北海道内の辞退率70%で全国上回る」(北海道新聞2024年5月19日) これだけみると裁判員になった人たちはほぼ100%が良い体験だというのに70%もの人たちが辞退してしまっているというところでしょうか。 そしてコメントをして...

  • 東京のタワーマンションで起きた殺人 警察の対応に誤りはなかったのか

    東京のタワーマンションで起きた殺人事件の続編です。「東京タワマンで起きた殺人はストーカーなのか 詐欺による被害のダメージ」 被害者が、警察で述べたことが報じられています。「殺害された平沢俊乃さん「金は勤務する店の料金の前払い金」で受け取ったと説明 開店時に和久井学容疑者が贈ったとみられる花も」(FNN2024年5月10日)「平沢さんがこの金について、警視庁にストーカー行為の相談をした際、「店の料金の前払い...

  • 消費者金融からもクレームが入る面談なしの弁護士による債務整理 日弁連執行部のやる気が問われる

    大手4社の消費者金融からもクレームが入っていました。「借金減らす債務整理で弁護士が「義務違反」 消費者金融が連名で批判」(朝日新聞2024年5月16日) 本来、弁護士は債務整理の依頼を受けるためには、その多重債務者と面談することが義務づけられています。 しかもオンラインではダメだということにもなっています。 そうなると、ネットで集客している東京、大阪の法律事務所はそれだけでアウトということになります。...

  • これ以上、自然環境を壊さないでくれ リニア、北海道新幹線

    自然環境を破壊するだけのリニア、北海道新幹線は今からでも建設を中止すべきです。「リニア工事原因か、岐阜・瑞浪で水位低下 JR東海、14カ所で確認」(朝日新聞2024年5月15日) リニアはほとんどがトンネルであり、それは北海道新幹線も同様です。 そうなると乗ってみたいとも思いません。 特にリニアは安全性もどうだか、わかりませんし。 これだけ自然環境を、この時代になってなお、破壊していくことって何なのでしょ...

  • 米国のイスラエルへの武器供与は汚いカネでまみれてる

    米国・バイデン大統領は、イスラエルがラファへの侵攻を行うのであれば武器供与を停止などと言っていました。 しかし、イスラエル・ネタニヤフ政権は全く聞く耳を持つことなく、ラファ侵攻が始まったとも報じられています。「イスラエル ラファ東部市街地に進軍か」(テレ東2024年5月15日) 米国は結局は、イスラエルへの軍事供与を続ける意向です。「米政府、イスラエルに10億ドル相当の武器供与を計画」(CNN2024年5月15日...

  • イスラエルによるラファへの軍事侵攻 米国が世界から孤立する

    イスラエルの狂気が止まりません。 宗教国家だからでしょうか。復讐だそうです。怨念と言えます。「ネタニヤフ首相「最後の一人まで復讐」 米国は「集団殺害」と見ず」(朝日新聞2024年5月14日)「イスラエルのネタニヤフ首相は13日、エルサレムで演説し、昨年10月に同国を越境攻撃したイスラム組織ハマスについて「攻撃を行った者に対し、最後の一人まで復讐(ふくしゅう)を果たす」と述べ、パレスチナ自治区ガザ地区での軍...

  • 『妖怪たちからのお手紙』(つなたねこ著)

    こちらの絵本ですが、知人の著作です『妖怪たちからのお手紙』(つなたねこ著) カッパさんが身を呈して子どもたちを守ろる姿、さらにそれを応援する妖怪たちの物語です 是非、お読みくださいブログランキングに登録しています。 クリックをお願いいたします。 にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 東京タワマンで起きた殺人はストーカーなのか 詐欺による被害のダメージ

    先般51歳の男が25歳の女性を刺殺するという事件がありました。 当初、聞いたときは逆恨みによるストーカー犯罪だと想像しましたが、事件の概要からは全く違うものとなりました。 その女性はガールズバーを経営、男はそこに1000万円以上(サラ金から借りた分も入れれば2000万円以上)もつぎ込んだということですが、そこには結婚の約束があったとされています。 誰がどうみてもその女性がこの男と結婚などするはずもなく、つぎ...

  • リクライニングの利用意識が変わり、それに追いついていないJRや航空会社

    狭い車内や機内で我が物顔でリクライニングを倒す人 正直、迷惑です。 特に航空機の場合には極めて狭い空間を共有しているのですから、そもそもリクライニングできるようになっている方がおかしいのです。 利用許可がおかしい、でも良いです。 以前、航空会社に質問したときは、お客様のご協力をお願いしてますという趣旨の回答しかありませんでした。それだと図々しいだけの人は、全くそのような「お願い」など意に介さず、...

  • 原爆投下を未だに正当化する米国 核兵器で威嚇するロシア

    米国は、太平洋戦争中、広島、長崎に原爆を投下し、無抵抗の市民を大量殺戮を行いました。 原爆使用はいかなる意味においても正当化されることがありません。 しかし、当の米国は未だにその過ちを認めません。「原爆投下「戦争止めた」 米国防長官、議会で見解」(時事通信2024年5月9日)「このやりとりは、米政府がパレスチナ自治区ガザ最南部ラファへの本格侵攻に対する懸念から、イスラエルへの大型爆弾輸出を停止したこと...

  • みどりの窓口の削減は問題 ネットだけでは不十分 JR北海道の全車指定席は問題

    JR東日本はみどりの窓口を削減していますが、昨年、東京に行ったとき、行列になっているところに自分も並んで実感しました。 窓口はたくさんあるのに、とにかく1つの窓口しか開いていない状態でしたが、いずれこの窓口を閉めてしまって廃止という段取りだったのでしょう。「JR東日本「みどりの窓口」削減方針を凍結 当面は数を維持」(NHK2024年5月8日) 減らすことを凍結ということですが、不便を感じている人たちがいかに...

  • 憲法記念日にあたっての会長声明

    本日、憲法記念日を迎えました。日本国憲法が施行されて77年になります。 現在世界では、多くの戦争・軍事衝突が起こっています。2022年2月に始まったロシア連邦によるウクライナに対する軍事侵攻は、2年以上が経過しました。昨年10月には、ハマスによる襲撃をきっかけにイスラエルによるパレスチナ・ガザ地区への苛烈な攻撃が始まりました。いずれも、終息を見通すことのできない状況です。その他に内戦が続いている...

  • 戦争と徴兵 領土のために死を強要することが正当化されるはずがない 憲法9条こそが世界に誇るべきもの

    ロシア・ウクライナ戦争では米国による資金援助の開始が決まりました。 この間、東部での劣勢となっていたウクライナ側にとっては朗報ということになるのでしょう。 しかし、それはゼレンスキー政権にとっての話であって、国民にとっては全く別問題です。 現在、ウクライナで一番、不足しているのは兵力だとされています。 2年間に及ぶ戦闘の中で多くの兵士の命が奪われました。ロシア・ウクライナ両国とも戦死者数を公表し...

  • 口座凍結のための手続費用が1万円でできるのか 二次被害の回復も重要

    先日、国際ロマンス詐欺の被害に遭った人たちの二次被害についての記事を掲載しました。「国際ロマンス詐欺と弁護士による二次被害 費用はせいぜい1万円 それ以上は無駄ガネ」 そこでは回収見込みがないため、20万円は当然、10万円でも5万円でも高額、せいぜい1万円だろうと述べました。 本当に1万円なのかという意見も見ました。 というより実際にそうした費用で当事務所では対応しています。 道内限定ですが、弁...

  • 国際ロマンス詐欺と弁護士による二次被害 費用はせいぜい1万円 それ以上は無駄ガネ

    昨今、問題になっている弁護士による二次被害です。 国際ロマンス詐欺というのは、一種の振り込め詐欺であり、ほぼ回収の見込みはありません。 その口座を凍結し、預金がなければそこまででです。 振り込め詐欺ですから、常に預金は引き出されています。そうなると口座凍結によって預金を押さえられる場合というのは、たまたま偶然に別の被害者が振込をしたときです。 口座凍結ができた場合には所定の手続を経て、配当を受け...

  • どこまで連合は醜態をさらすのか 補選東京15区での「苦言」

    衆議院の補選が始まりました。 自民党岸田政権に対し、どのような評価になるのか。支持率が低迷し、公認候補を立てたのが島根1区のみというが与党自民党です。無責任政党です。 東京15区は、立憲民主党が公認候補を立て、共産党が候補を下げるという典型的な選挙協力となっています。 それが気に入らないのが反共だけが旗印の連合です。「連合会長、立民候補への共産支援「容認できぬ」 東京15区補選巡り苦言、自主投票に...

  • ロシア・ウクライナ戦争 未だに停戦に反対する人たちがいるのが不思議だ 人が死んでいくのを何とも思わないのだろう

    ロシア・ウクライナ戦争は既にウクライナ側の勝利の見込みはなくなり、消耗だけが強いられる状況です。 また大量動員が決定されました。「ウクライナ議会、兵士動員に関する改正法案を可決 兵力の増強狙う」(BBC2024年4月12日)「法案に当初盛り込まれていた、動員された兵士は3年後に動員を解除されるとの条項は、軍の要請により削除された。」「軍事侵攻続くウクライナの前線「花びら地雷」の被害深刻に」(NHK2024年4月...

  • イランに対する制裁を言い出すG7 世界の恥さらし

    イランがイスラエル本土に向けて弾道弾ミサイルを発射しました。 シリアにあるイラン大使館を爆撃したイスラエルに対する報復です。「【速報】イランがイスラエルに大規模報復 弾道ミサイルを発射」(共同通信2024年4月14日) イスラエルのやったことはいかなる意味においても正当化の余地のないものであり、それに対してイランが報復を行うというのは当然に予測されることでした。 もちろん、これは負の連鎖でしかないので...

  • 北海道から西友が撤退

    北海道、といっても札幌にしかないそうですが、西友が撤退することになりました。「イオン北海道、西友の道内9店買収 170億円で 10月以降店名変更」(北海道新聞2024年4月2日) 正直、びっくりだし、残念です。 西友はイオンと同じくらい利用していました。 印象としては西友の方が食材は安かったと思います。 撤退の背景には流通のコスト問題があるとされます。 2024年問題であり、輸送のための人件費が上がります。 そ...

  • 大使館に対する攻撃 イスラエルに正当化の余地はない 米国の姿勢が問われる

    イスラエルはシリアにあるイラン大使館を攻撃しました。そこにどのような理由があれ、全く正当化されません。大使館を隠れ蓑にしていたとしてもです。 それを攻撃した場合には大使館制度が成り立ちません。行ってみれば本国を攻撃したのと全く同じです。 イスラエルの蛮行はとどまるところを知りません。宗教的発想があるのか、やっていることが酷すぎます。無抵抗のパレスチナ人の殺害さえためらいが全くありません。 これに...

  • ロシア・プーチン大統領が2年前の停戦合意案に同意? むしろ西側こそ積極的に動くべきときだ

    果たして本当なのでしょうか。「プーチン大統領、2年前の停戦交渉合意案に同意の意向示す ロシアメディア報道」(日テレ2024年4月12日)「イスタンブールでの合意案は、ロシア軍が侵攻前の地点まで兵を撤退することや、ウクライナがNATO加盟を放棄し、代わりとして、関係国によるウクライナの安全を保障すること、クリミア半島の軍事的解決の15年間放棄などがウクライナ側から提案され、ロシア側も前向きに評価していました。」...

  • 国連人権理事会のイスラエルへの兵器の輸出や提供をやめるよう求める決議案決議に棄権の日本は最低の選択をした

    国連人権理事会では、イスラエルに対する武器輸出をやめるよう決議しました。 当然のことでしょう。無抵抗のパレスチナ人たちが日々、逆説されているジェノサイドが行われているんですから。「国連人権理事会、イスラエルに「重大な懸念」表明 戦争犯罪の可能性」(朝日新聞2024年4月5日) これに対して米国、ドイツが反対 フランス、日本が棄権です。 日本政府は世界の恥さらしです。2022年8月13日撮影(野付) 結局、イ...

  • 岡口基一裁判官に対する罷免 表現の自由に対する萎縮、国会の機能低下

    岡口基一裁判官が罷免されました。極めて残念というか懸念のある判決です。 遺族感情に配慮してということになると、この遺族が罷免を求める、求めないによって裁判官の地位が不安定なものになりかねません。https://satsuben.or.jp/statement/2021/10/28/370/ 今回は、最高裁は訴追請求はしていません。最高裁としての結論は分限裁判で岡口さんに対する戒告とする決定を出しています。最高裁としては身分を失わせるまでは考え...

  • 米国によるイスラエルの軍事支援 ウクライナも同じこと 米国による戦争

    ようやく米国は安保理における拒否権を発動することなく棄権することによって即時停戦決議案が採択されました。「国連安保理、ガザ即時停戦決議案を採択 米は棄権」(ロイター2024年3月26日)「イスラエルのネタニヤフ首相は、米国が拒否権を行使しなかったことは立場の「明らかな後退」であり、人質解放に向けた取り組みなどに打撃を与えると非難。イスラエルは予定していたワシントンへの代表団派遣を取りやめると発表した。...

  • 裏金問題 安倍派幹部に離党勧告という茶番 その選挙区に自民党公認候補を擁立しますか

    裏金問題は、検察は安倍派幹部を不起訴処分にして免罪し、しかし、世論は当然のことながら安倍派幹部が裏金問題を知らないはずがないという目でしか見ない この当たり前の状況下で岸田総理は全くリーダーシップを発揮できない、というより発揮するつもりもありません。 こんな人間が一国の総理であることが日本の民主主義のレベルです。 岸田総理は安倍派幹部に離党を促すことで決着をつけようとしています。「安倍派幹部に「...

  • モスクワでのテロ行為

    モスクワ郊外のコンサートホールで銃乱射事件があり、140人の死者が出ました。 ISが犯行声明を出しています。 これを卑劣なテロということになるのか。無抵抗の人を殺すこと自体は許されない行為です。 もっとも何故、IS(イスラム国)のような組織が生まれたのは何故か、という問題を抜きにして語れないのはハマスのイスラエルでの野外コンサート襲撃事件と全く同じことです。 イスラム原理主義を名乗る人たちが何故、...

  • 旧司法試験には重大な欠陥があった 資質に問題があった 法科大学院制度で人間教育なんかできるのか 図々しい

    法科大学院制度ができたことを合理化するために言われてきたことが、とにかく旧司法試験で合格してきた法曹は質が低いというものです。 私も旧司法試験時代です。 その代表格は須網隆夫教授ではないでしょうか。「司法試験は暗記だそうです 佐藤大和氏の「ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法」」 改めてその一節を紹介すると、第一に、法科大学院制度は、これまでの旧司法試験と司法修習によって構...

  • 法科大学院制度 曽我部真裕教授の「それでも良い影響があった」と語る詭弁

    弁護士ドットコムでは法科大学院制度について識者の見解を掲載していますが、伊藤誠先生以外のものではこれと言って中身のないものばかりで、失敗したとはいいながら、その本質のところではその誤りを絶対に認めようとしない、厚かましい態度ばかりが目立ちます。 曽我部教授の見解も同様です。「噴出するロースクール失敗論、京大・曽我部教授が「それでも良い影響があった」と語る理由」(弁護士ドットコム)「旧司法試験の時...

  • 最近また感じるノロノロ運転 その正体はスマホのながら運転

    最近、何故かスタートが遅れる、スタートしてもノロノロ、法定速度、指定速度以下で走る車が目立つようになりました。 札幌でも雪解けが進み、路面は乾いているので普通に速度を出せます。 なのに何故、遅い?と思って追い越すときにみると、やっぱりというか視線は下向き、スマホを見ているのです。 歩行者で街中を走る車を見ていてもスマホを操作しながら運転している人たちが決して少なくないのはおわかりでしょう。 未だ...

  • 【日本手話】札幌聾学校訴訟の判決が5月26日(金)午前11時と指定されました

    これまで長期に渡って審理が続き、昨年12月に結審した日本手話を巡る訴訟ですが、判決期日が指定されました。 2024年5月24日(金)午前11時 805号法廷(8階) ろう児たちの訴えが届くのかどうか問われていますブログランキングに登録しています。 クリックをお願いいたします。 にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 裁判所速記官制度の維持と裁判における審理の充実を求める会長声明

    1 民事、刑事を問わず裁判手続において当事者や証人などの尋問、陳述を詳細かつ正確に録取し、記録化されることは公正な裁判(憲法31条)を実現する上で必要不可欠である。 裁判では、文書や画像等の物的証拠だけでなく、当事者や証人等の証言が重要であることは論を待たない。とりわけ刑事裁判では、証人による証言が犯罪事実の立証を左右することがあり、特に重要である。 この証言の記録化を担ってきたのが速記官であり、...

  • ポーランドのドゥダ大統領のウクライナ支援すれば安くつくは大ウソ ロシアを含めた安全保障こそ負担が減る

    ポーランドのドゥダ大統領がウクライナ支援を経済効果で発言しています。「ウクライナ支援すれば、ロシア阻止の負担は安くつく-ポーランド大統領」(Bloomberg2024年3月13日)「ウクライナを支援すれば、ロシアを止める費用負担は安くつくだろうと述べ、ウクライナで勝利すれば、プーチン大統領は他の諸国を攻撃するとの認識を示した。」 ウクライナを征服したらさらに西進するという発想、あまりに無脳レベルです。 欧州に極...

  • ウクライナに白旗をあげる勇気 ローマ教皇

    ロシア・ウクライナ戦争はウクライナにとって勝算のない闘いが続けられています。 ローマ教皇がウクライナに白旗をあげる勇気と発言しています。「「白旗あげる勇気もって交渉を」 ローマ教皇がウクライナに停戦促す」(朝日新聞2024年3月10日)「最も強いのは、状況を見て、国民のことを考え、白旗をあげる勇気を持って交渉する人だと思う」「交渉という言葉は勇気のある言葉だ。自分が敗北し、物事がうまくいかないと分かっ...

  • 停戦の意思のないイスラエルにどのように向き合うのか

    イスラエルは全く停戦の意思はないようです。「ガザ全土で作戦継続宣言 イスラエル強硬姿勢崩さず」(共同通信2024年3月8日) 何故、ハマスという武装組織が生まれたのか、という観点は全くありません。 自分たちが被害者だという意識だけです。 繰り返しますが、ハマスがやったことの問題は全く関係がありません。 自分たちが、ガザ地区のパレスチナ人たちをいたぶった、そうしたら反撃をされた、それに逆ギレをして殲滅だ...

  • イスラエルによるガザ侵攻 どっちもどっち論 ハマスが~はイスラエルの免罪

    イスラエルによるガザ地区への軍事侵攻は正当化の余地は全くありません。 自衛権に名を借りただけの殺戮行為、ジェノサイドです。 イスラエルの蛮行を非難するにあたってハマスの行ったことなど持ち出すのは、それだけで非常識です。 問われているのは、イスラエルの蛮行を認めるのか否か、それだけです。 早稲田大学文学学術院教授・京都大学名誉教授の岡真理先生の論考を読んで目から鱗が落ちる思いです。「「どっちもどっ...

  • 即時停戦論=ウクライナ降伏論という戦争の煽り ウクライナが惨状になったのは即時停戦論を否定したから

    ロシア・ウクライナ戦争は即時停戦すべきです。 誰がどうみてもウクライナがロシア軍に占領された領土を奪還できる見込みはなくなりました。 NATOが軍事介入する以外はあり得ませんが、それとて第三次世界大戦、核戦争をになる可能性が大きく、それ故に米国・NATOが軍事介入を控えてきた経緯を考えればそのような選択肢はあり得ません。 私自身、こう言っては何ですが、ウクライナの領土のために世界が核戦争に巻き込まれるな...

  • 給食にふりかけ持参の当否 やはり問題が多い

    今では学校給食で白米が出るようになりました。 私の子供の頃は、白米が出たことはありません。ピラフなど調理したものがたまに出る程度、それ以外はパンなど小麦を主体にしたものだけでした。米占領軍による押しつけの結果であり、日本の農業を壊滅させた原因でもあります。 白米が給食に出るようになったこと自体は良いことだと思います。 しかし、遅すぎたということでしょうか。今の子供たちにとっては白いご飯はおいしく...

  • ウクライナの中に生じた変化 それでも部外者が徹底抗戦を煽るのだろうか

    ウクライナ国内では以前から厭世的な状況が生まれていると言われていました。 白井邦彦先生の論考です。「「1日も早い停戦を」平和首長会議ロシア政権による侵略2年で共同アピール、ウクライナ・ガザとも即時停戦を!」 その中でもこの報告はかなり衝撃的です。「『どこかで決断する時が来ている』 ウクライナ国民に「領土を諦めてもよい」が増加 キーウから発信続ける“ボグダンさん”緊急来日で「今後」語る」(FNN2024年2...

  • 離婚後の共同親権の問題点を徹底検証

    札幌弁護士会主催で行います。 是非、多くの方々に視聴して頂き、離婚後の共同親権が決してDV被害者だけの問題でないことがおわかり頂けると思います。ブログランキングに登録しています。 クリックをお願いいたします。 にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • バイデン大統領の「ろくでなし」が虚しく安保理での拒否権発動

    イスラエルの蛮行は止まるところを知りません。ラファへの軍事侵攻により多くの無抵抗のパレスチナ人を虐殺しています。 バイデン大統領がネタニヤフ首相のことを陰で「ろくでなし」と述べていたということですが、実際には、イスラエルの蛮行を止める気がありません。 またも停戦決議に拒否権発動です。「国連、ガザ停戦案を否決 米拒否権も「一時停戦」案示す」(日経新聞2024年2月21日) 英国は棄権、そのためまた米国一...

  • 自民党の支持率が過去最低を更新 裏金問題は甘くはなかった

    自民党の支持率が毎日新聞でも朝日新聞でも過去最低を更新しています。「内閣支持21%、政権復帰後で最低 自民支持も21% 朝日世論調査」(朝日新聞2024年2月18日)「自民支持率16%、自公政権下最低に 裏金問題など直撃 世論調査」(毎日新聞2024年2月18日) 従来であれば政権(内閣)支持率は下落しても自民党の支持率は一定、維持してきたというのが今までした。 自民党内での派閥抗争、権力闘争というところですが、不祥...

  • 負け犬の遠吠え バイデン大統領 ラファへの侵攻に何もできない哀れな姿 日本の岸田首相も同罪

    イスラエルの蛮行は非道の限りを尽くし、南部ラファへの攻撃を始めました。 北から南に避難していたパレスチナ人たちが最後の行き場を失い、逃げ延びたところです。 当初、イスラエルは北部に侵攻するにあたって南へ行けなどと言って自らの北部侵攻を正当化していました。 今、ラファには140万人のパレスチナ人がいると言われています。そして完全包囲されている中でそこを空爆するというのですから、ネタニヤフ政権のやって...

  • ウクライナは劣勢という報道 結局、支援を増やせという意味合いもの

    ロシア・ウクライナ戦争では既にウクライナによる反転攻勢は失敗、戦線は膠着し、ウクライナでは総司令官を更迭という状況です。理由は確執のようですが。「ウクライナ「攻勢から防衛」に 反転失速、総司令官が表明」(共同通信2024年2月15日) それはともかく最近、ウクライナが劣勢という分析が増えてきたという指摘があります。「ロシア、対ウクライナで優勢に ノルウェー情報機関」(AFP2024年2月13日)白鳥浩教授のコメン...

  • 心と身体の性が別、という以上に身体まで一緒にしてしまってはダメだということ

    身体の性と心の性の不一致がある、それをそのまま自身の性として認める、これ自体はまさにその人の問題であって、それを周囲がとやかく言うことではありません。ましてやそれを誹謗中傷するなどは許されるものではありません。「

  • トランプ氏が大統領になったらNATO脱退? その方が平和です

    トランプ氏は、NATO諸国に対して軍事費負担の少なさをやり玉に上げ、ロシアの侵攻を煽るような発言をしています。 西側の同盟にヒビが入るかのように大騒ぎになっていますが、何故、そんなにお騒ぎをするのかわかりません。「トランプ氏のNATO発言、内外に波紋-同盟への影響巡り新たな議論」(Bloomberg2024年2月12日)「トランプ前米大統領が10日、国防費のコミットメントを満たさない北大西洋条約機構(NATO)加盟国...

  • 今般、家族法制の見直しではDV被害者に対する配慮はなされているのか 【備忘録】森めぐみ氏のツイート

    今回の家族法制の見直し、つまり離婚後共同親権制度導入案は徹底したDV被害軽視にあります。 それは離婚後共同親権制度導入にこそ目的があるからです。 離婚後共同親権は当事者の選択制などとマスコミ記事になっていますが、調整がつかない場合には家裁が判断するとあり、強制制度そのものです。 実際に対立の激しい案件ほど当事者の合意によってまとまることはないからです。 さて、そうなると一番問題になるのはこの部分...

  • 米国連邦最高裁がトランプ氏の立候補資格を認めるか ロシアの選挙管理委員会と同レベルになってしまう

    米国の大統領選挙の予備選では共和党はトランプ氏が独走ですが、反トランプの動きとして立候補資格がないということで裁判所に提訴する動きがあります。 3年前の連邦議会の乱入事件の関与があったのか、その関与があれば合衆国憲法には欠格条項が規定されています。合衆国憲法修正第14条3項連邦議会の議員、合衆国の公務員(officer)、州議会の議員、もしくは州の執行府または司法府の職員として、合衆国憲法を支持する宣誓を...

  • 煽る非常識運転 雪道に速度違反に狭いに左から追い越そうとして煽られた?

    煽り運転に逢いました。 問題なのは、煽った側が自分は、幅寄せされて煽られた! と憤っていることです。 片側二車線50キロ規制の道路で昨晩からの雪で道路幅は一車線半になっていて実質一車線です。 雪道ですが、時速50キロ前後で流れていました。 するとふと気づくと後方にジープ型の車がものすごい接近しているのです。要は先に行きたいということなのでしょうが、道路幅からいえば、無理な走行。 そうすると仕舞い...

  • 大川原化工機事件 保釈請求を却下した牧野賢裁判官が依願退職 権力を振りかざすのは家裁も同じ

    大川原化工機事件では公安警察によるでっち上げ事件を検察がそれに追随するまではいつものパターンですが、それに止まらず、裁判所がそのチェック機能を果たせなかったことこそ一番の問題です。 ここが重大です。 公安警察が事件化したときだって、逮捕令状、捜索差押令状と発布しているのは裁判官です。「大川原化工機事件 一番の問題は安易に勾留を認めた裁判官にある 実名で報じるべき」 保釈請求を却下した牧野賢裁判官...

  • ロシア・ウクライナ戦争について改めて即時停戦こそがあるべき姿であると訴える

    EUでは最後まで反対していたハンガリーを落とし、そしてウクライナへの資金供与を決めました。 他方で米国は、予算の承認がなされずウクライナの援助は宙に浮いたままです。「超党派のウクライナ支援案が頓挫 国境問題で共和が反対 米下院」(毎日新聞2024年2月7日) ゼレンスキー大統領は、ザルジニー総司令官を解任だそうです。「ゼレンスキー大統領 軍総司令官の解任検討を認める」(NHK2024年2月5日) これで軍隊...

  • パレスチナから見た国際司法裁判所はやはりイスラエルの味方

    国際司法裁判所(ICJ)がイスラエルのパレスチナでの軍事行動について予防処置を執るよう命じるだけでジェノサイドとは認定しませんでした。 イスラエル側が激怒していますが、はっきり言って今のイスラエルはちょっと何か言われただけですぐに怒り狂う状態です。手のつけられない異様さがあります。 この国際司法裁判所の判断は、やはり弱腰です。 パレスチナから見れば、というよりイスラエルと米国バイデン政権以外の人た...

  • ウクライナに勝つ見込みがないから停戦?

    ロシアの軍事侵攻に対して、ウクライナはもはやロシア軍をウクライナ領から駆逐することは絶望的な情勢になってきました。 すでに停戦ということが欧米諸国から聞こえてきているのは偶然ではありません。 日本の岸田政権から聞こえてこないのは主体性がないからに過ぎません。米国に従う、それ以外の選択肢がないのが岸田政権です。 私は当初より停戦を主張してきました。今ではこの停戦主張こそが正しかったと確信できます。...

  • UNRWA資金拠出停止はまちがっている ここぞとばかりに停止した米国、ドイツ、追随する日本

    UNRWAは国連の期間であり、その職員は国連の職員ということになります。 その職員がハマス襲撃に関わっていたというのですから問題です。国連の信用を失墜させます。だからこそ関わること自体は論外なのです。 それでも現地で関わっていた職員の中にはイスラエルの仕打ちを目の当たりにしているわけだから、ハマスに共感してしまう人たちだって出てくること自体は不思議ではないです。 良いかどうかではなく、必然性があると...

  • 米国がウクライナ方針転換か 侵攻抑止とは?

    米国バイデン政権がウクライナ支援について方針転換かと報じられています。「米、ウクライナ戦略転換 領土奪還よりも侵攻抑止に注力」(東京新聞2024年1月28日)「27日付米紙ワシントン・ポストは、バイデン米政権がウクライナ支援を巡り、ロシアが占領した領土の奪還よりも、新たな侵攻を抑止することに注力する戦略を策定していると報じた。ウクライナによる昨年の反転攻勢で期待した戦果を得られなかったことで方針を転換...

  • 反差別に対して罵倒することの是非 平等を実現してこそ。右翼が差別を肯定するのは何故?

    反差別の言動に対してどのように対応するのか、それは言論をもって闘う、というのが私の信念です。 何故、それが差別なのかということ、それが許されている土壌は何なのかということこそ問題にしなければなりません。 杉田水脈氏の差別観満載の発言は当人がどんなに取り繕ってみてもそのにじみ出る差別観は健在です。 どうしたらここまで差別観を持てるのか不思議です。 さて、やはり重要なのは、何故、このような杉田水脈氏...

  • 申惠丰青山学院大学教授と東大作上智大学教授の対談の内容が素晴らしい ロシア・ウクライナ戦争は停戦こそが必要だ

    出典がどこかはわからないのですが、徳岡宏一朗弁護士のブログに掲載されているのですが、申惠丰青山学院大学法学部長と東大作上智大学教授の対談の内容が素晴らしいです。「【#ウクライナに平和を】市民連合主催、国際人権法専門の申惠丰青山学院大学法学部長と東大作上智大学教授の対談「他国の領土保全を武力で侵すことは禁止されているという国連の大原則にまずは立ち返るべき」」(Everyone says I love you !) 徳岡弁護...

  • 国会議員の任期延長を可能とするための憲法改正に反対する会長声明

    1 現在、衆議院憲法審査会では、緊急事態下における国会議員の任期延長について憲法改正の論議がなされている。昨年11月にはこれに賛成する自由民主党、日本維新の会、公明党、国民民主党、有志の会の5つの会派案の整理が行われた。それらの内容は概ね次のように集約できる。 すなわち、大規模自然災害事態、テロ・内乱事態、感染症のまん延事態又は国家有事・安全保障事態等が発生することにより、適正な選挙の実施が困難な...

  • 「祖国のために」が「愛する家族」にすり替わる論法 自分たちの家族だけを連れて逃げ出した関東軍

    櫻井よしこ氏が祖国のために闘わない若者に難癖をつけ、そしてそれを批判したラサール石井さんを罵倒する竹田恒泰氏「櫻井よしこ氏の暴走「あなたは祖国のために戦えますか」 若者は国のために死ね」石井氏のような花畑思考が、戦争に直結するという単純な事実に、石井氏はまだ気付いていない模様。彼は愛する家族が何者かに陵辱されても、眺めるだけなのか。もはや人間ではない。ラサール石井、櫻井よしこ氏の戦争関連発言「同...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、猪野 亨さんをフォローしませんか?

ハンドル名
猪野 亨さん
ブログタイトル
弁護士 猪野亨のブログ
フォロー
弁護士 猪野亨のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用