プロフィールPROFILE

猪野 亨さんのプロフィール

住所
中央区
出身
鎌倉市

自由文未設定

ブログタイトル
弁護士 猪野亨のブログ
ブログURL
http://inotoru.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
札幌より日々意見を発信。法科大学院廃止、弁護士人口激増の阻止、裁判員制度廃止に向け精力的に活動中。
更新頻度(1年)

509回 / 365日(平均9.8回/週)

ブログ村参加:2013/05/09

猪野 亨さんのプロフィール
読者になる

猪野 亨さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 2,470位 2,549位 2,527位 2,570位 2,672位 2,662位 2,921位 980,062サイト
INポイント 20 90 140 140 130 190 150 860/週
OUTポイント 10 120 110 120 120 150 170 800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 22位 23位 24位 24位 25位 24位 29位 4,575サイト
政治・社会問題 10位 11位 11位 11位 12位 12位 14位 1,098サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,667位 10,783位 10,954位 10,886位 10,880位 10,485位 10,799位 980,062サイト
INポイント 20 90 140 140 130 190 150 860/週
OUTポイント 10 120 110 120 120 150 170 800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 35位 36位 38位 38位 40位 34位 38位 4,575サイト
政治・社会問題 15位 15位 17位 17位 17位 16位 16位 1,098サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,062サイト
INポイント 20 90 140 140 130 190 150 860/週
OUTポイント 10 120 110 120 120 150 170 800/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,575サイト
政治・社会問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,098サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、猪野 亨さんの読者になりませんか?

ハンドル名
猪野 亨さん
ブログタイトル
弁護士 猪野亨のブログ
更新頻度
509回 / 365日(平均9.8回/週)
読者になる
弁護士 猪野亨のブログ

猪野 亨さんの新着記事

1件〜30件

  • 12/06のツイートまとめ

    inotoru 家裁の運用は別居時の「連れ去り」勝ちではないのに、未だに誤った概念がさも真実であるかのように蔓延しているのは、弁護士の中にも間違ったことを流布している人たちがいるのもそうだし、親権者になれなかった側が別居時の「連れ去り」以外の自分に不利な判断要素を認めることができずにいるからです 12-06 02:45 妻側がDV被害者なのに追い出され、子をとられた事例があるではないか、だから離婚後の共同親権が必要な...

  • 12/05のツイートまとめ

    inotoru 家裁は「面会交流原則実施論」から弊害を客観証拠による「立証」を迫り、それができなければ面会交流を強要する運用です。別居したら「改心」なんて遅すぎるんです。それまでどれだけ傷つけてきたかを踏まえるべきです。 https://t.co/71RvdrQ5Bn 12-05 23:42 この串田氏がいう「継続性の原則」は別居時に連れて出た以降のことを指しいていますが、家裁がそのような運用をしていないことは、自身が国会で最高裁に質問を...

  • 12/04のツイートまとめ

    inotoru モラハラ概念を全く認めていない人たちこそが離婚後の共同親権を推進している中では、確かに経済DV、精神的DVをどこまで斟酌するのかという範囲によっては差がなくなるのかもしれません。しかし、制度化は面会交流に関する現在のルールを根底から覆してしまう危険が大きく弊害のみであり、反対です。 https://t.co/dQlE8J2ihC 12-04 01:26 これは②をどのように考えるのかです。当事者に証明(立証)を求めることは背理で...

  • 表現の自由とヤジ 挑発行為に共感は絶対に得られない

     2019年7月、参議院選挙の最中、自民党候補の応援のために安倍総裁(総理)が来札しました。 安倍総裁が演説しているとき、別々にですが、男性、女性がヤジを飛ばしました。 これに対して過剰反応を示したのが道警で、直ちに取り囲むようにその場から排除しました。 別の会場ではただプラカードをぶら下げていただけの女性までもが排除されました。 道警の反応は過剰であり、あまりに過敏すぎます。排除を合法化するための法...

  • 12/03のツイートまとめ

    inotoru まさにその通りで、自分の危険は自分で判断するよりありません。話し合いが重要などというのは加害者側の決まり文句です。「話し合いをさせてくれ」。しかも逮捕だ、厳罰だと言われれば、目的は子の福祉じゃないよねということがはっきりわかります。 https://t.co/xw5tSD3Faw 12-03 13:52 DV加害者から守るための制度的保障も大事なのですが、DV支配を受けている人をどう救出するのかという問題を考えたとき、やはり限...

  • 12/02のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権がないから面会が実現できていないかのような論調はミスリードが酷すぎる。面会が実現できないのは相応の事情があるからで共同親権がないからではない。(記者解説)離婚後の子、どう守る 大阪社会部・長富由希子、専門記者・杉原里美:朝日新聞デジタル https://t.co/JIVMnSEvOu 12-02 20:13 すべてをご自身に向けれたものとして意見を述べるのはおやめになった方がよいかと思います。私は特定個人に...

  • 鈴木直道知事のIR(カジノ)誘致断念を歓迎するが、これでは終わらない

     これまで北海道ではIR(カジノ)誘致には前のめりでしたが、11月29日の定例道議会で鈴木直道知事は、今回の誘致は断念すると表明しました。 これについては、IR誘致に反対していた私としてはもちろん歓迎するところです。 鈴木知事は、ウトナイ湖の自然環境保護を理由にしていますが、それは建前であって、本当は道議会自民党が表明してくれなかったからということは周知の事実となっています。 結局のところ、鈴木知事は、本...

  • 12/01のツイートまとめ

    inotoru 暴力を伴うDV案件でも家裁は子に暴力を振るっていなければ面会交流させよと言います。しかし、そのような元夫に子を一時的にでも渡せるでしょうか。幼児であれば、その元夫と顔を合わせることは不可避です。それでも家裁は面会を強要します。犯罪被害者であれば受けられる保護が吹っ飛んでいるのです。 https://t.co/dP8y6W5dpz 12-01 23:52 離婚後の共同親権は、離婚した夫婦に原則、共同親権としてしまうために、虐待...

  • 11/28のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権が制度化されたらどうなるのか、格好の例だと思います。「親権」という名の「権利」が暴走するということです。 https://t.co/2kE8bW6O6Z 11-28 12:12 実務に関われば、当たり前のごとく実感するものです。それを一部の弁護士までもが「連れ去り勝ち」などとデマを流しているのは非常に問題です。 https://t.co/sYM1UyLa5b 11-28 02:41 離婚後の共同親権推進論者たちにとってはまさに「魔法の杖」。今...

  • 11/27のツイートまとめ

    inotoru この学者の発想は恐ろしすぎます。 https://t.co/jvqhF2yfNC 11-27 09:36 私は、この「懲役20年」とみたとき、成人年齢はこれからは18歳にこそなりますが、「お前は、その子が20歳になるまで、オレから離れられると思うな」という意味に解釈しました。実質離婚が不可能…、こんな結婚して出産などしたら人生後悔してもしきれなくなります。毎日が地獄です。 https://t.co/oVx1aKE0vR 11-27 00:38 私もそう思いま...

  • 11/26のツイートまとめ

    inotoru 逃げざるを得なかった案件ばかりではありません。一応、ルールに従った面会交流案件であっても、離婚後の共同親権導入によってルールが一気にぶち壊される危険が大きくなります。 https://t.co/mhgLVrAOJp 11-26 13:13 「結愛ちゃん法」と呼ぶことに怒りを持つのは、離婚後の共同親権が導入されればこの虐待死はなかったという前提に立っているからです。それも到底、命を救えるような事案でないにかかわらず、このよう...

  • 11/25のツイートまとめ

    inotoru 保守派であろうと、離婚後の共同親権の危険性、弊害を知れば多くの人たちは反対してくれると思います。危険な実態を知らせることこそ、重要なことです。 https://t.co/hvh7Go9MGJ 11-25 07:11 公民権停止はさすがに憲法の問題があり無理でしょうが、共同親権を原則としたら単独廃止も同じです。共同養育支援法を推進する議連はDVを狭義、しかも有罪立証できるものに限定し、それ以外は虚偽DVとして処罰せよ、親権者とす...

  • 11/24のツイートまとめ

    inotoru 逆です。共同養育支援法の推進は保守派であり、失墜した父権の復活の企みです。こうした逆行に反対する動きに反対することこそ、立憲民主党や共産党のとるべき道です。現状で、離婚後の共同親権など導入したら、DVやモラハラ被害をさらに拡大させます。 https://t.co/7r5YtVlqtG 11-24 23:59 ケースバイケースという場合には注意が必要で、離婚後の共同親権制度が導入されると家裁の運用は「原則」扱いになり、例外とす...

  • 11/23のツイートまとめ

    inotoru 現状でも面会交流自体は強制を伴う運用となっているのに、離婚後に養育に関われないのが問題という主張は共同親権が得られれば監護までできるようになるとでも思っているなら恐怖ですらある。「民法の単独親権制度は違憲」子どもと別居中の父母12人が国家賠償求め提訴 https://t.co/KnSJfaXOqH 11-23 10:58...

  • 11/22のツイートまとめ

    inotoru 私が離婚前なんて言いましたか。離婚後に子にかかわってもいなかった、離婚後の共同親権があれば情報が来る、それって何の意味があるんですかということです。現実に何をすべきかどうかという問題をすべて離婚後の共同親権にすり替える悪質さです。 https://t.co/osYn4yzD6e 11-22 14:35...

  • 11/21のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権を要求している人たちにとって遡及適用がなければ意味を持たないし、今の議連のような「親子断絶防止」なんて強制的に子や監護親に別居親を押し付けるという発想(こんな強制からは円満な親子関係は生まれないんですけれどね)からは、遡及させることをまず最初に考えていると思います https://t.co/eMwIWqUS7w 11-21 23:34 離婚後の共同親権という以前にそれまでに何ら関与もして来なかった、だから何...

  • 11/20のツイートまとめ

    inotoru 滝本説には何の興味もありません。離婚後の共同親権がないことの弊害と、あった方が便利というのは意味が全く違います。保育園の迎えも普通ならトラブルにはなりません。別の事情があるのでしょう。緊急手術は特異な例。風俗など18歳未満は不可。まもなく18歳成人になり解決しますが、やはり特異な例。 https://t.co/s9SXBfj578 11-20 15:35 聞く気の問題ではありません。離婚後の共同親権がないために具体的にどのよう...

  • 11/15のツイートまとめ

    inotoru 滝本太郎弁護士は、家裁の運用である「面会交流原則実施論」が??だったということでした。家裁はこうした運用を否定していますが、実際にはこの判断枠組みになっている現実があり、これを知らずして面会交流を語っているから法曹としての共通言語がなく意味不明なことばかりツイートされていたわけです https://t.co/QUMezITHdF 11-15 16:11 それから、多くの離婚後の共同親権を推進している別居親の方々は、自由に面会...

  • 11/14のツイートまとめ

    inotoru その例は間違ってはいません。偽りかどうかの立証責任を主張した側に押し付けてしまっていること、それは有罪立証の場面とは異なるにも拘わらず、立証できない限りはDVそのものが存在しないどころか虚偽とのレッテルを貼るすり替えなのです。 https://t.co/MAcysLG4eV 11-14 23:27 妻側か夫側かは全く関連性がありません。離婚後の共同親権推進論者たちは、DVについては暴力を伴い、しかも有罪立証十分な案件に限定...

  • 11/11のツイートまとめ

    inotoru この見解を見るとモラハラなどは存在していないかのようです。モラハラ系にすべて物的証拠、証人がいるという思い込みが、モラハラ主張を虚偽だ、ねつ造だと理解しているのであれば理解が足りません。夫婦、親子関係の中で、物証等が揃っているものの方が少ないのは当然です。 https://t.co/VahYGcWNHu 11-11 08:46 家裁の調査能力と単独親権は関連性がありません。面会交流原則実施論の中で弊害が顕著に出ます。同居時...

  • 11/10のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権論は、この原則と例外をひっくり返してしまうものです。裁判所が「安心できる父」と判断するだけの調査力はありません。そうすると原則、離婚後の共同親権ということになりかねなくなるわけです。その危険性の指摘を全く理解して頂けないのが同じ法曹として残念です。 https://t.co/M06hPVZ3fB 11-10 23:21 ご自身の見解と違うと、私に偽りだ、デマだと言っていますが、それは筋違いです。むしろ、離婚...

  • 11/09のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権問題に異議を述べると、決まってお前は妻側しか念頭にないのか、差別だと騒ぐ人たちがいるのですが、圧倒的に多いパターンは夫の支配からどのように保護されるべきかという問題です。この違いがわからないのは女性専用車両を差別だと言っている人たちと同じ臭いを感じます。 11-09 16:02 「連れ去り」論者は今まで監護もしていなかった父親が子を連れて出れば家裁は親権者に指定してくれると思い込んで...

  • 11/08のツイートまとめ

    inotoru 相手に対する束縛を愛情と思っている一がいたとしたら、その感覚はずれ過ぎです。実態は支配であり、程度の問題でもありません。蓄積され、早晩、限界は超えます和泉元彌さん「束縛愛」が話題…妻・羽野晶紀さんが苦痛を感じれば「モラハラ」?|弁護士ドットコムニュース https://t.co/Xt2pYCQ85v 11-08 21:35 匿名だからやっているなら下品と言うだけで済むのですが、仮に黙りになったからといって、こういったことがで...

  • 11/07のツイートまとめ

    inotoru 【大量懲戒請求】『北海道訴訟対策ミーテング案内』弁護士自治を考える会 https://t.co/u86RXtTl0X 11-07 23:28 だから離婚という逃げ道が制度として保証されているから結婚もできるのです。相変わらず意味不明の文章ですが、それはさておき、その逃げ道を塞ごうといのが、離婚後の共同親権であり、共同養育支援法です。反対の声を上げましょう。 https://t.co/eeYrzWiHzL 11-07 13:57 これが離婚後の共同親権を推進す...

  • 11/06のツイートまとめ

    inotoru 既存の離婚者の多くは利用することはないと思います。現状に問題がないからです。特定の人たちが、離婚後の共同親権を求めているのですが、自分たちの思い通りになていないからなのですが、こうした人たちこそ弊害を体現しています。離婚後の共同親権が認められてはならない人たちです。 https://t.co/QWdHMozPO2 11-06 23:15 弁護士が双方で金儲けのために離婚後の共同親権を否定しているとの主張ですが、発想が卑しす...

  • 裁判官訴追委員会に対して適正な判断を求める会長声明

    裁判官訴追委員会に対して適正な判断を求める会長声明1 裁判官訴追委員会は、2019年3月4日、東京高等裁判所裁判官(当時)の岡口基一氏(以下,「岡口氏」といいます。)に対する訴追審査事案について,岡口氏のツイッターへの次の2つの投稿等について、岡口氏を呼び出して事情聴取を行いました。 ①「首を絞められて苦しむ女性の姿に性的興奮を覚える性癖を持った男 そんな男に、無惨にも殺されてしまった17才の女性...

  • 11/05のツイートまとめ

    inotoru 離婚後の共同親権の問題は、保守的な議員ほど執着されています。父権の回復と言わんばかりのもので、別居時の「連れ去り」の禁止も意味するところは「離婚阻止」と同じで、これでは夫(父)による妻、子への支配の貫徹です。怖ろしすぎます。 https://t.co/iIzPhYbRNv 11-05 21:26 権利という場合、国家に対して不当な制約、侵害から排除するための原理であることは当然で、それと他方配偶者、子に対する位置づけは、私...

  • 11/04のツイートまとめ

    inotoru 問われているのは出産前の別居、離婚で、平等に乳児に対する監護などできるはずがないということ、乳児の面会は夫と顔を合わせることが妻(母)の精神状態が育児にも影響を及ぼすものであり、子の福祉に反するため面会が制約を受けるのは当然ということなのですが、全体として趣旨不明のご意見です。 https://t.co/6WFD7ciJ02 11-04 23:11 ここで重要なのは、離婚後の共同親権推進論者たちは、厳格名立証、つまり有罪判...

  • 11/03のツイートまとめ

    inotoru 子どもにとって大事なのは血縁以上にどのように自分を監護、養育してくれるのかかです。それを抜きに血縁の強調は父方からの視点だけになりますが、子は親の所有物でありません。乳児との面会交流に制約を伴うことは常識でしょう。別居後の乳児の平等の監護などありえません。 https://t.co/zdLbThB7PF 11-03 23:42 全てではありませんが、乳児の面会を拒む理由は母抜きでの実現が不可能だからであり、父側に会わなけれ...

  • 11/02のツイートまとめ

    inotoru やぐらにイタズラしている幼稚園児を見つけ大声で怒鳴ってやぐらから離したことでその子がショックで不眠症になったという事案。回答は子の安全のため違法とは言えないというが、安全確保のために怒鳴る必要はなく、身の安全であればやぐらから離せば足ります。https://t.co/qzV2tMWzcj 11-02 23:31 理由不明なのは離婚を切り出された側に原因がある場合もあるし、離婚を切り出した側が未熟な場合もありますが、これを離...

カテゴリー一覧
商用