searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

徳ちゃん先生さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tvo1206
ブログ紹介文
「喜べば、喜び事が、喜んで、喜び連れて、喜びに来る!」
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、徳ちゃん先生さんをフォローしませんか?

ハンドル名
徳ちゃん先生さん
ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
フォロー
徳永則幸の繁昌リポート

徳ちゃん先生さんの新着記事

1件〜30件

  • 【夏の元気印】go blogいいね&応援の皆様

    『暑中お見舞い申し上げます』ワクチン接種したものの今度は熱中症と夏バテが気に掛かる。若いつもりで現役続けているが寄る歳には勝てそうもない。コロナ禍中、猛暑にも負けないでくれぐれもご自愛ください。<令和3年盛夏>【夏の元気印】goblogいいね&応援の皆様

  • 【社会との絆】働く心構えの理解と決め事から

    これで4年目となる障害者教室が始まった。生徒さん達は中年から若者・女性もいて年齢もマチマチ、共通するのは知的障害者の軽度、いろいろな個人的病状や持病は触れてはいけない。とにかく接し方やその他センチメンタルな面に一番気を遣う。最初はオリエンテーションでそれぞれに自己紹介とやってみたい仕事などを発表。仕事に興味を持つ意味からゲーム感覚で近所の店や行ったことのある店を紙に書き出してもらう。周りに働ける職場がこんなにあるのかと気付いてほしいのだ。授業はまず働く心構え、権利(給料)と義務(仕事)のどちらを優先すべきか理解してもらうことから。続いて職場における決め事を基本的なロールプレイングで学ぶ。喋り方は新入研修とほぼ一緒、但し障害者と言えどプライドは人一倍、それと決して怒らず褒めに徹することは経験から得たもの。延べ10...【社会との絆】働く心構えの理解と決め事から

  • 【街角の風景】こんな時期に「天神ビッグバン」

    福岡市の中心部天神が大きく生まれ変わろうとしている。スローガンは魅力的で快適な温もり空間の創出、安全安心で未来に誇れる質の高い街づくり。民間活力を引き出し耐震性の高層ビルの建設ラッシュで新たな都市と雇用、街の活気も生み出すというものだが所詮は箱モノ、本質変えることが先決だろう。庶民の疑問、企業巻き込んでの巨額の投資、どれほどの税金が投入されているのか?何年も前の決定だろうが昨今のコロナ禍、臨機応変の予算配分は出来なかったのか?世の中が沈んでいるというのにここだけは別世界、超大型クレーン車や大型重機が我が物顔で天神を走り回り街にはビルを解体する音だけが鳴り響く。公共事業という名の下、大手ゼネコンはカネ垂れ流し下請けと孫請けに現場工事を委託、片やコロナ禍で休業を余儀なくされ営業したくてもできない?とりわけ中小零細は...【街角の風景】こんな時期に「天神ビッグバン」

  • 【文殊の知恵】寝苦しい夜は「ドライ」に限る?

    毎晩続く熱帯夜、エアコンを27℃に設定しタイマー3時間、後は扇風機で我慢している。つけっぱなしだと寒すぎたり温風だったり?寝汗もかき眠りは浅い。因みにつけっぱなしの人は23.5%、タイマー設定が53.1%。その中で暑くて寝付けず、途中で起きてしまう人が5割以上いるとか??スマホで知恵を探す。<世界的な空調メーカーのダイキン工業によれば>熱帯夜のエアコン設定は「ドライ」(除湿)で26~28℃ぐらい、つけっぱなしがいい!快適な睡眠には温度と湿度も下げることが肝要。天候にもよるが湿度が高くなると体内の熱放出の調整がうまくいかず汗かいたり寝つきも悪くなる。このため湿度を50%以下に保つ「ドライ設定」がお勧めだとか。早速、ドライ運転を試すも室温冷えず?寝る前の短時間「冷房」にしてから「除湿」に切り換え温度設定を1度下げ2...【文殊の知恵】寝苦しい夜は「ドライ」に限る?

  • 【賢者の伝言】逆夢?東京オリンピック開会式

    不安・不信・不満の中で東京五輪が今夜いよいよ始まる。急増する新型コロナ感染者、何千・何万人に膨れ上がろうと無視続けるのだろうか。エビデンス説明なくこの非常事態でも強行開催!国民の犠牲やむなしと政治決断?怖ろしいエピローグが現実味を帯びる。『オリンピックで最も重要なことは、勝つことではなく参加することである。同様に、人生において最も重要なことは、勝つことではなく自己を知る、自己を律する、自己に打ち克つ、奮励努力することである。肝要なのは、勝利者になったということではなく健気に戦ったということである。』(ピエール・ド・クーベルタン)水際対策やバブル方式など遣ることなすこと穴だらけ?コロナに叩かれ打ち負かされるオリパラ五輪の危機、世界のアスリート達には最高の環境で参加してもらいたかった。IOCのカネ儲けイベント、それ...【賢者の伝言】逆夢?東京オリンピック開会式

  • 【朝の元気印】「熱中症警戒アラート」に戸惑い

    暑い日の出張は実に辛いものがある。今朝も元気もりもりで出掛けるが「行きはヨイヨイ帰りはコワイ」の喩え?帰宅ラッシュの駅の階段をゆっくり下りるも立ちくらみとかふらつきを感じたり。手すりを伝おうとすると階段上がってくる人に遮られちょっと立ち止まってしまう。他の症状は朝方に大量の発汗、足のこむらがえり、出張となればなぜか下痢気味で気にはなっていた。もしかしたら初期の熱中症?症状がどれも当てはまるのだ。但し全身の倦怠感や頭痛、吐き気、嘔吐などはない。家にこもる年寄りの罹る病気だと思っていた。メタボの腹、身体を鍛えていないのが最大の要因、黒ニンニクやQPゴールドや栄養ドリンクなど出掛ける前に飲んではいるが今さらどうすることもできない、日頃からの鍛練が足りないのだ。その内にまっすぐ歩けない、意識障害や高体温でも引き起こした...【朝の元気印】「熱中症警戒アラート」に戸惑い

  • 【百聞ばなし】欲張り白髪老人も赤ん坊から

    夏と言えば海、海辺で虐められていた亀を助けてお礼にと海の底深く竜宮城へと連れて行かれた浦島太郎。鯛や平目が踊り山ほどのご馳走で大歓迎、気付くとあっという間に時(年月)が流れて辛い乙姫様との別れ、亀に送ってもらい帰り着いたという昔話だ。乙女様の土産物は百年の年月が詰め込まれた玉手箱、蓋を開けると真っ白な煙で浦島太郎は白髪の老人になってしまう。このことを子供の頃に亀を虐めた悪友達らに話し、亀を騙し竜宮城にある山ほどの財宝を持ち帰る企てをした。海辺で亀を待ちわびる浦島太郎、見つけると友達も一緒に竜宮城へもう一度連れて行ってと頼み込む。沢山の亀を従え竜宮城にウハウハと向かうのだった。竜宮城に着くと乙姫様が歓迎、唄や踊りご馳走とお酒を戴き、みんな酔って我を忘れてしまう。目的を思い出した浦島太郎らは乙姫様に相談して大きな箱...【百聞ばなし】欲張り白髪老人も赤ん坊から

  • 2回目ワクチン接種完了で納得

    仕事の建前上コールセンターで予約を取り直し、前回同様の整形外科でワクチン2回目を打つ。1回目の副反応は腕の痛みと少し発熱、2回目の方が強いらしく神経も鈍感な筈の高齢者も俎板の鯉の心境で覚悟して挑んだ。因みに妻は当初のネット予約した集団接種で今月中に間に合うようだ。ワクチン接種も済みこれでひと安心と待合室でブログ書きスマホを覗く、「重症化リスクは軽減するものの依然と感染の恐れ(無症状も含め)あり、それに抗体できるのは2週間後から」だとか。納得。仕方ないがワクチンの優先接種できただけでも有難い。マスクと三密の生活がさらに続くなら今からは感染するより感染させることに気をつけねばならない。恐らくコロナ禍は終息せず新たな変異株で来年か半年後に再び接種?次は予約の混乱やトラブルない仕組みづくりで円滑な接種を願いたい。それと...2回目ワクチン接種完了で納得

  • 【四季は交々】梅雨明け猛暑の予感!蝉の穴

    蛙の合唱を聞かない内に梅雨が明け気づけば朝から蝉の声、この先の暑さが長くなるのは確かのようだ。気象台によればピークは7月下旬と8月下旬の2回?夕立あっても茹だるような真夏日・猛暑日と寝つかれぬ(超)熱帯夜は続くのだろう。新型コロナに加え熱中症にも気を付けたいものだ。長い時間を土の中で過ごし地上では成虫として長く生きられない蝉の一生。その姿は日本人の無常観「もののあはれ」という観念の象徴とされてきた。厳しい暑さの中、力の限り鳴き続け、最後にはそのままポトンと落ちて死んでいく、どこか儚ささえ感じる。庭の至るところ穴の正体は?地中にもぐり幼虫期に5~6年過ごす、成虫になり穴を開け周りの安全確認、外敵が居なくなる暗い時間帯を選び外に出て羽化を始めるそうだ。成虫になってからの蝉は長くて1ヶ月の寿命、よく言われる1週間より...【四季は交々】梅雨明け猛暑の予感!蝉の穴

  • 【現場奮闘記】情報やアイディアが小売を救う

    客の利益を真っ先に考えるベネフィット精神が営業マンにも浸透してきたようだ。ただ、ベテラン営業マンほど人間関係を重んじ未だコネやツテが切り札、売るために口八丁でエンディングまで間を置かない。本人はセールスの極意と云いたいが得意先担当にとっては買わされたという疑念が残るものだ。①上手くいっている店舗には!➡(成功事例)聞き上手、好調の要因、当社商品の売り方など。②やり方わからず悩んでいるには?➡(顕在ニーズ)悩み共有、課題抽出、他店情報、支援の提案など。③問題意識もない店舗には?➡(潜在ニーズ)データを示す、危機意識、競合の動向、目標との差など。④その他の課題の店舗には?持ち帰り状況を把握して個々のアクションを講じる。今日の営業会議の主題はソリューション営業の仕組みづくり、客が抱える問題を聞き出しニーズをつかみ問題...【現場奮闘記】情報やアイディアが小売を救う

  • 【自適に実年】この一杯のためのステイホーム

    寝苦しい夜、クーラーを28℃に設定し自動運転するもいつも未明に足先が冷え起きてしまう。Tシャツもパンツも汗びっしょり!水分補給多く代謝いい方だがおそらく肥満で体脂肪に熱が留まりカラダを冷やそうとして汗をたくさん掻くのだろう。スマホのGoogleで調べ納得する。『生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならない。』(ソクラテス)~快適に生きるために呑むのは構わないようだが呑んで生きてると実感するのは如何なものだろう~ステイホームは運動不足?午前中はどうにか事務所に籠っているものの昼から目的なく熱中症用心と家で一日ゴロゴロ。夕方やっとヒーリングルームでCD流し1時間ほどエアロバイク漕ぐ。これが土日と暇な平日も続く訳でワクチン接種終えればスポーツジム復帰も考えている。働く人には悪いが年金受給者にも一日の締めくく...【自適に実年】この一杯のためのステイホーム

  • 【うんちく話】「外食」・「中食」より盛んな「内食」

    「外食」は言うまでもないが家庭で料理して食べるのが「内食」。一方、「中食」は惣菜や弁当などを持ち帰り家で食べることを云う。因みに中食は①スーパー、コンビニ、弁当チェーン、デバ地下などで買う弁当・調理済み食品・惣菜の「テイクアウト」、②宅配の「デリバリー」、③出張調理の「ケータリング」など。仕事の視点から、単身世帯や女性の社会進出と高齢化で中食及び外食の需要は年々高まり、特に中食は少家族、個食化、単身、簡便の「チン!」、コストも掛らないことから売上も順調に伸ばしていた。だがこのコロナ禍になって食事スタイルに変化?不要不急の自粛やテレワークの影響で外出行動が減り途端に家で料理を作る内食志向が拡大、営業休止の飲食店ほどではないが中食の売上も急カーブを描いている。我が家は総て妻の手料理、毎日の献立考えて作り、完璧な後片...【うんちく話】「外食」・「中食」より盛んな「内食」

  • 【思いで刻む】今日は七夕、明日は今日の夢

    鷲(わし)座の牽牛(けんぎゅう)と琴(こと)座の織姫が旧暦の7月7日の夜(七夕)、年に一度出会うという伝説。中国で生まれたものだが日本にも棚機つ女(たなばたつめ)の乙棚機(おとたなばた)の信仰があったらしく、古典劇「ロミオとジュリエット」を連想してしまう。ただ今晩は曇空のようで星は見えないだろう。『昨日は今日の記憶。明日は今日の夢。』(ハリール・ジブラーン)~過去に起きたことを自分の中で受け入れ次に進むためには頭を切り替えなければならない~七夕と言えば思い出すのは仙台、夏の盛大な七夕祭は青森ねぶた、秋田竿灯とともに東北三大祭りの一つとして知られる。仙台駅構内は色鮮やかな和紙の七夕飾りで埋め尽くされ夫婦でデジカメを撮りあったものだ。それから8ヶ月後に東日本震災の大惨事、遭遇していたらと思うと背筋が凍りついた。復興...【思いで刻む】今日は七夕、明日は今日の夢

  • 【世相に一言】自力無理なら他力で五輪中止?

    国民の声や専門家の警告、陛下の懸念まで無視し開催強行?都議選も予想外れ?デルタ株&第5波が直撃間近というのに「安全安心」と「ワクチン接種」を繰り返す政府、民主主義の根底を覆す由々しき大問題なのだ。去年の1年延期でIOCとの密約?マインドコントロールされているのか?疑いたくもなる。万が一、国連の世界保健機関WHOが最大警戒レベル「フェーズ6」を発令すれば国際オリンピック委員会IOCも従わざるを得ない。事前の根回しや何らか駆引きが存在してもシミュレーションが示す世界の危機なら大逆転!如何なる抵抗もできない筈だ。最後は他力本願にすがる他ない。このまま強行すれば東京どころか日本中が感染爆発!世界あちこちにばらまき正にパンデミックを起こしかねない。責任逃れで雲隠れするIOC幹部、開催国日本は全世界に対し歴史上の大罪、どう...【世相に一言】自力無理なら他力で五輪中止?

  • 【常識非常識】やっと間に合ったワクチン接種

    予約時は電話繋がらずどうにかネット予約できた福岡市の集団接種、今日は妻を会場の南区体育館に送り届ける。通院していれば掛かりつけ医で打てるのだが、健康体なら集団接種会場に集まり順番待って分担作業に身を委ねるという流れのようだ。駐車場も接種もスムーズだが1時間近く待たされブログタイムとなっている。ワクチン接種者にとっては特別な日、集団接種会場、設営に手順、接種する医療従事者も案内スタッフも準備万端!なのにまたしても政府の失態、スマホニュースによればある自治体で接種できないトラブルが発生?聞きたくもない理由が明らかになった。偉そうにワクチンは潤沢!と豪語していた政府、ここにきてワクチン接種を予約済みも新規予約受け付けも停止・制限する自治体が出始めた。理由は国の供給が不足しているもので必要なワクチンが供給されない自治体...【常識非常識】やっと間に合ったワクチン接種

  • 【自適に実年】いい経験!今回のステイホーム

    還暦過ぎから本業の整理を始めていたがコロナ禍中で一気に区切り、遠方のクライアントや毎年定例だった講師、行政機関の専門家なども断った。ただ必要としてくれる継続中の案件は手を抜かず最後までやり抜くつもり。暇になった一日も与えられたステイホームでの休息と思って受け入れることだ。仕事以外の付き合いは苦手の方、強いて言うと親友と子供達(孫)、旧友達とのOB会ぐらい。普段から呑み会の習慣なく盆正月にでも会えればそれでよし。感染リスクで外食やジムとかスーパー銭湯に行けず、一番ショックは毎年四季に出掛けていた夫婦旅行を中断せざるを得なかったことかな!?いつまで続くかわからないが2年越しのステイホームは逆にいい経験。仕事減らし夫婦で互いの身体を案じ、毎日3食を共にし、外出も買い出しぐらいだが常に一緒、別々の部屋で気ままな時間を過...【自適に実年】いい経験!今回のステイホーム

  • 【経営の現場】「見える化」で利益改善を模索

    先週土曜に1回目のワクチン接種、副反応で腕痛く微熱もあったが今朝は回復、お陰でリスクがかなり軽減された。さすがに今月最後の出張もマスクだけは手放せず不織布の冷感用でいざ出陣!そう言えば明日のWeb会議の資料の読み込み、てっきり忘れていたことに気づく。コロナ禍中、昨年並みの好調など当てにならない流通業、消費者も長期戦とわかってきたらしくまとめ買いや買い溜めもなくなった。「柳の下のどじょう」?強気の予算を組んだもののやはり苦戦、計画倒れに終る訳にも行かず予算修正をせざるを得ない。目指すは企業収益!売上高と利益率の積で求められる売上総利益から経費(販売費及び一般管理費)を引くと営業利益。だが、売上頭打ちで経費圧縮も限界なら利益率を上げるしか方法はない。ここで独自戦略の「見える化」が効果を発揮、データ解析で利益改善を模...【経営の現場】「見える化」で利益改善を模索

  • 【我菜園便り】着々伸びるグリーンカーテン

    先月8日に苗植えしたプランターのゴーヤ、2度の摘芯で競うように孫弦を伸ばしネットの高さも越えそうな勢い。でも雌花の数は僅かで赤ちゃんゴーヤが数えるぐらい?過去のブログやFBと比べても仕方ないが少々焦る。今日は追肥と培養土を追加することにした。因みにグリーンカーテンの効果は日射エネルギーを約80%カット!!スダレは50~60%、高性能の遮蔽ガラスで55%、一般的ガラスで15%のカット率らしい。涼しさはスダレのなんと1.5倍というデータ、緑々のグリーンカーテンは目によく心も落ち着く。毎年のこと今年は豊作の予感!?太陽光線の南向きで夜の寒さ対策、それと一日二回の散水欠かさず。あとは黄色い花に虫が集まってくれば御の字?皮算用は膨れ上がって行く。この分では7月中旬にはグリーンカーテン完成、ゴーヤもたわわに実る筈。プランタ...【我菜園便り】着々伸びるグリーンカーテン

  • 【明日の警鐘】待ちに待ったワクチン接種の番

    福岡市のワクチンコールセンターに何度か電話して早めの接種先を見つけてもらう。5日前にネット予約を取り消し明日1回目のワクチンを打つことになった。自己防衛で不安だった出張、散髪や歯石取りも気兼ねなく出かけられる。因みに2回目は7月中旬、どうにか五輪時の感染爆発には間に合うようだ。「捨てる神あれば拾う神あり」、予期せぬ不幸や悪い出来事に遭遇しても、くよくよせず新たな別の運命を信じることだ。辛いことや困ったことで悲観することはない、いつも前向きに考えていれば自ずと道は開けるものだ。高齢者に付き纏う感染や重症化リスクの恐怖!?ワクチン接種は光明だった。ただ、日本人に欠けている点はどんな災難も対策ありきで喉元過ぎれば?その後の原因追及や解明はない。これまでの結果オーライの体質から、ワクチン接種の流れやトラブルを徹底的に検...【明日の警鐘】待ちに待ったワクチン接種の番

  • 【世相に一言】安全安心?オリパラ不安の国民

    オリパラ開幕1ヶ月の秒読み!?専門家の警鐘や国民の声も聞かず、強行開催!誰に決定権、誰が詰め腹を切るのだろう。どうも感染は自己責任で国は知らんぷり?それなのに開催費用は血税で賄いIOC幹部と政治家の懐は潤うのだとか、腸(はらわた)が煮え返る。どこが復興五輪?穴だらけの水際対策?最後の詰め甘い遅すぎ判断?一体誰のための五輪なのか??未だに理由は語られない。とりわけ6月9日の党首討論、攻めきれず期待したのが大間違い。政治家は政治生命どころか命を懸け本気で闘ってもらいたいものだ。保守も野党も一蓮托生と疑いたくもなる。何が安全安心か?国民の大半が不安に怯えている。民主政治も存在しない独裁政権?ここに来て政府による感染データ改ざん、いくら何でもなかろうがモリカケ以来ずっと政治不信は続いている。唯一の切り札のワクチン接種は...【世相に一言】安全安心?オリパラ不安の国民

  • 【仕事の王道】目標と期限!2つで大きな力

    仕事や人生には意志が必要、つまりどうしたいのかという目標を持つこと。特段の目標などない??困ったものだが漠然とした夢や幻でもいい、あるべき姿に落とし込んで行動を起こすのだ。そうでないとずっと立ち止まったまま、一日があっと言う間に過ぎてしまうことになる。『ゴールだけでは十分ではない。ゴールに加えて期限が必要。やる気がわく大きなゴールと、自分が走り続けるための期限。どちらか一つではだめだが、2つ合わせると大きな力となる。』(ベン・フェルドマン)マネジメントサイクルで言うPは「計画」、作成にあたっては全体像のフローと実行へのプランニングシートが欠かせず、5Wと2Hを描かないことには「計画」は完成しない。いつまでという期限(When)が定まって目標を目指せる訳で、タイムリミットすらないゴールは「絵に描いた餅」と同じ?仕...【仕事の王道】目標と期限!2つで大きな力

  • 【百聞ばなし】「裸の王様」だけはなりたくない

    仕立て屋と称する詐欺師に騙された「裸の王様」、祀り上げられ王様に聞く耳などなく自分の主張を強引に通すだけ。周囲は顔色覗き的確な進言もしないYesマンばかり、自分を見失い透明な衣装を身にまといパレードに出てしまう。そう言えば保身の忖度?聞き慣れた言葉だ。これはデンマークのハンス・クリスチャン・アンデルセンが1837年に発表した童話。教訓として、どんなに偉い人でも身近に本音で助言してくれる人がいない、また国民の声に耳を傾けようせずいずれ大事な何かを失う、見誤るという喩え。周りに囃し立てられ自らおごり、批判や反対意見や現実を受け入れないと「裸の王様」と陰口を叩かれてしまう破目になる。説明責任果たさず穴だらけの対策、筋通らぬ発言の繰り返し、我こそが国民の安全安心を守ると開き直りふんずり返る。真実が見えなくなっていく「裸...【百聞ばなし】「裸の王様」だけはなりたくない

  • 【よもやま話】夏場の新兵器?接触冷感マスク

    コロナ対策に欠かせないマスク、ただ夏場は通常のマスクでは汗と息苦しさ堪ったものではない。すぐさま夏用の不織布マスクをネットで検索、そこで知ったのは接触冷感なるもので最大熱吸収速度0.2少しひんやり、0.3ならひんやり感触、0.4以上は明確な冷たさ!購買心駆られる殺し文句だった。たまたまディスカウントストアで接触冷感マスク発見、0.332ということで慌てて50枚入り1箱を買い求め早速装着してみると正に冷たさ実感!これかと思った。比較のためアパレルショップで同じ0.332の30枚入りを購入、欲が出てネット通販で0.350クラスの色もの30枚を注文した。いずれも使い捨ての三層構造の不織布、出張もあるが夫婦二人で110枚もあればこの夏は越せると思った次第。ところが、アパレルは冷感心地なく?ネットのはゴム部分を勢い引っ張...【よもやま話】夏場の新兵器?接触冷感マスク

  • 【現場奮闘記】プラス営業「買い手期待の発想」

    今日は顧問先の営業会議。コロナ禍中でも業績維持は当然のことだが営業スタイルにメス入れねばと常々思っていた。因みに営業マンの日々努力で前年売上は達成するも予算比では苦しい状況。見える化対策で差益率は改善傾向で今回は売上面に重点を絞ることにした。『ほとんどの人が売ることは話すことと同じだと思っている。しかし最も有能な営業マンたちは聞くことが自分たちの仕事の中で最も大切な部分だとわかっている。』(ロイ・バーテル)営業スタイルの棚卸では本部と各店廻りのワンパターン、棚割づくり、定番発注、本部商談、インプロ・催事提案、新商品紹介と改廃など「売り手都合の発想」。これでは今以上の営業力アップは望めず「買い手期待の発想」に変えていく必要がある。そのためには一方的な売り込みではなく相手の話しを聴いてまずは現状を把握することが不可...【現場奮闘記】プラス営業「買い手期待の発想」

  • 【うんちく話】6月の花嫁「ジューンブライド」

    脳の研究が始まったのは今から半世紀前のベトナム戦争にさかのぼる。米軍の野戦病院に大勢の負傷兵が運び込まれ、そこで軍医は左の脳と右の脳の損傷状態で認識が違うことに気付いたのだった。脳の仕組みや左脳右脳の働きを学ぶのは実に興味深い。若い人は右脳が進化、年長者になればなるほど左脳ばかりを使う。右脳は感性の脳と称され愛・美・音楽・芸術・味覚などに優れ、対して左脳は頭の固い理屈の脳と呼ばれている。今どきのモバイルコミュニケーションは右脳人間が絶対有利でアナログ人間は肩身の狭い世の中ということだ。6月の花嫁に愛を告白するならどちらの耳??感性の右脳に届けたいが、実は脳と耳のコードが交差して正解は左の耳からだそうだ。もし右の耳からアクション起こすと左脳に届き計算と理性が働き現実直視、愛は成就しない恐れもある。最近はお呼びもな...【うんちく話】6月の花嫁「ジューンブライド」

  • 【自分応援歌】模擬のオリエンテーリング!?

    入梅の時期、深い山中で道を探す。帰る道の選択肢は6つ!?①雨雲が流れていく道を選ぶ?②人の気配感じる道を選ぶ?③先人が板に描き示した道を選ぶ?④直感!自分で決めた道を選ぶ?⑤サイコロで出た目の道を選ぶ?⑥その場で動かず助けを待つ?さあどうする。『幾通りかの道にぶち当たり、迷ってしまったら雑念捨て自分が正しいと信じる道を選ぶことだ。間違っても意思に反する道を選んではいけない。自分で決めた選択肢なら後悔などしないからだ。』(詠み人知らず)人生の中では何度か道に迷い悩みそれでも決めた筈。石橋を叩き?安全な遠回り?一気に駆け抜け?人に訊ね?ケセラセラ?いずれらせよ、結果は別として後悔があっただろうか。恐らく納得して決めた道なら悔やみ後戻りなどしない。なぜなら一度の人生、進む道を決めたのは自分自身だからだ。【自分応援歌】模擬のオリエンテーリング!?

  • 【明日の警鐘】変異株の祭典がリアルになる?

    エイリアンの侵略に打ち勝つのはバーチャル世界?一月余りに迫ったオリパラ、ここまで来ても強行姿勢VS大半の国民は反対?リーダーの覚悟見えず決断力の無さに呆れてしまう。「ウィルスに打ち勝って国民の安心安全を守る!希望と勇気を世界中に届ける!」思いつきの発想?誰かの助言だろう。穴だらけの水際作戦、入国管理の不備、形だけの緊急事態宣言、ワクチン外交も出遅れ、それなのにパブリックビューイング?ちゃんちゃら可笑しい。ワクチン接種ではネット使えぬ高齢者が大パニック?オリパラに合せ急遽1日1万人接種宣言?開会式の日までに国民全員が間に合うというのか?都合が悪くなると専門家の警告を無視、感染症のパンデミックと並び世界史上に残る汚点にもなりかねない。ワクチンは一時しのぎ?ウィルスが死滅すれば喜べるが、変異は続き感染リスクは高まるば...【明日の警鐘】変異株の祭典がリアルになる?

  • 【社会との絆】今年も障害者教室の講師依頼

    7月から10月までの教室の日程表(案)が届いたがスケジュール重なり調整が必要なようだ。殆どボランティアの域だが社会貢献の一環として常に強い気持ちで引き受けている。これで4年目、卒業生の働く職場も気になるが、いつまでも外部講師に頼らずそろそろ指導テクニックを盗んでもらいたいものだ。コミュニケーションが困難な知的障害者相手にスーパーマーケットの接客・販売姿勢から陳列技術や補充・メンテナンスなど基本作業を体験して就職に役立ててもらうもの。教室にはゴンドラ什器や数々の商品が置かれ口頭でなく手取り足取りの実技指導、ビジネスゲームも取り入れ楽しく学んでもらうのだ。どんな生徒が何人かは聞いていないが、落ちこぼれなく全員が足並み揃うような気配りはやはり一苦労、でも遣り甲斐はある。何といっても一番草臥れるのは交通機関の乗り換え?...【社会との絆】今年も障害者教室の講師依頼

  • 【自適に実年】水彩画!まずは道具の準備から

    ステイホーム続きで正に引きこり中?たまたま昔の子供部屋で絵画セット発見。「そうだ!水彩画でもやってみよう!?」基本も知らないド素人、自分で愉しむならいいだろうと、早速、デスクワークも減った狭い事務所の一角にアトリエ・スペースを作ってみた。ルノアールやモネなどの画風を思い浮かべ空想の彼方にはまり込んでいく。画家なら構図からと目を瞑ったが発想どころか図案すら浮かばない。学生時代に油絵を描いたことがあったが自我流?それでは通信教育でデッサンの勉強と考えはしたが踏み出す勇気あるはずもない。されど好きなことをするのに時を待つ必要なし、始めたい時がベストタイミング!誰に見せる訳でなく守破離の模写でも構わない。ただ、おそらく三日坊主?だろうが、まずは形からとデッサン道具を買い足して、すると画家になったようで無性に絵心がうずき...【自適に実年】水彩画!まずは道具の準備から

  • 【社会との絆】エッセンシャルワーカーに感謝

    エッセンシャルとは欠かせないという意味、新型コロナウィルスの危機的状況の中、通常の日常生活を送るために絶対に必要な仕事で、それに携わる職業人のことをいつからか感謝と尊敬の念を込めて「エッセンシャルワーカー」と呼んでいる。花王のヘアケアのブランド名とは関係ないようだ。『感謝する技術とは、あなたの感謝の気持ちに手や腕や脚をつけ声を加えることで感謝することである。他人も幸福にしようと努力することで自分の幸福も感謝することである。』(W・A・ピーターソン)朝ドラ「おかえりモネ」ではないが人や社会に役立つ仕事、暮らしの中でなくてはならないライフライン・インフラ・ロジスティック・セキュリティ・ヘルスケアなど・・・注目されている職業、とりわけ生命の危険と直面しながら第一線で昼夜問わず闘い続ける医療従事者の方々には尚更のこと頭...【社会との絆】エッセンシャルワーカーに感謝

カテゴリー一覧
商用