徳永則幸の繁昌リポート
読者になる
住所
出身
ハンドル名
徳ちゃん先生さん
ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tvo1206
ブログ紹介文
「喜べば、喜び事が、喜んで、喜び連れて、喜びに来る!」
自由文
-
更新頻度(1年)

102回 / 199日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

徳ちゃん先生さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,740サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,035サイト
夫婦旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 500サイト
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,625サイト
経営支援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 131サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,432サイト
がんばるシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 136サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 60,211位 57,423位 63,022位 53,300位 57,534位 57,869位 63,435位 974,740サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 4,624位 4,586位 4,827位 4,341位 4,600位 4,679位 4,929位 43,035サイト
夫婦旅行 85位 83位 91位 79位 83位 87位 92位 500サイト
経営ブログ 305位 285位 335位 263位 287位 286位 332位 9,625サイト
経営支援 2位 2位 2位 2位 2位 2位 3位 131サイト
シニア日記ブログ 724位 703位 740位 647位 694位 691位 727位 3,432サイト
がんばるシニア 33位 32位 33位 29位 32位 33位 32位 136サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,740サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 10 0 10 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,035サイト
夫婦旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 500サイト
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,625サイト
経営支援 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 131サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,432サイト
がんばるシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 136サイト

徳ちゃん先生さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、徳ちゃん先生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
徳ちゃん先生さん
ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
更新頻度
102回 / 199日(平均3.6回/週)
読者になる
徳永則幸の繁昌リポート
  • 【人生のツケ】加齢症状やわらげるネット通販

    五十肩に始まり盆前からは椎間板、痛みと痺れで眠れない日々が続いた。原因は日頃の姿勢と加齢らしいがこうも重なると辛い。仕事柄PCやスマホを覗くことが多く、今も首筋から両肩にかけて筋が張ったようで押さえると痛む。それに寝る時が大変で枕の種類を幾つ代えただろうか。近所の整形外科に合間通って理学療法を続けているが時間が経つと再発する。痛み止めの漢方薬と湿布薬をもらって治療に専念!といきたいが仕事の外出も多く上手いこと行かない。今どきのオフィスは立ったままPCを打つらしいが、事務処理ならまだしもデスクワークの殆どはクリエイティブ、椅子にゆっくり座りリラックスしないと浮かぶものも浮かばないのだ。そこで困ったらネット通販。エアーマットの空気をかなり抜いてベッドに敷いて寝たら痛みが軽減した。それにオムロンのネックマッサージャー...【人生のツケ】加齢症状やわらげるネット通販

  • 【出張独り言】負けないビジネスモデル 探し

    大分出張、昨晩はお世話になった方と待ち合わせ別府の炉端焼屋で一杯、話しも盛り上り歩いてすぐの温泉ホテルに泊まった。別府湾望みながら温泉三昧、朝食は和洋バイキングで食べ過ぎ気味?客室限定の超激安!偶々楽天トラベルでヒットしたのだった。そこで大手ホテルに挑む老舗の知恵というか頑張りを垣間見ることになった。「大きなマーケットは魅力的だが大企業やチェーンが乱立している。小さな会社はそんな激戦区では勝ち抜けずそれよりも小さなマーケットを目指すことになる。小さな会社が独占できる生存領域で、他社も真似できない独自のブランドをもってすればそこで十分に太刀打ちできる筈である。」(マーケティング持論)依頼先は地場のスーパーマーケット、ドラッグストアの出店で売上高も収益も減少傾向らしい。恐らくドライやディリー食品も品揃えのあの巨大ド...【出張独り言】負けないビジネスモデル探し

  • 【社会との絆】生徒達への元気印が自分の励み

    知的障害者自立支援の職業能力開発校を昨年に続き5月から担当して漸く終わった。JRとバスの乗り継ぎだけでも草臥れるのに意思伝達に悪戦苦闘したのも事実、カリキュラム通りに進まない時は疲れもどっと?愚痴こぼす相手もなく一人落ち込んだこともあった。それでも引き受けたからには最後までやり遂げると決めていた。『自分を元気づける一番良い方法は、誰か他の人を元気づけてあげることだ。』(マーク・トウェイン)店舗の基本作業を口頭ではなく実習形式で手取り足取り教示。最終回はこれまでの復習とお楽しみハロウィンPOPの実習、傑作を見せ合い拍手喝采で盛り上がった。別れの時、涙する生徒達に檄を送ったら逆に励まされたような気がした。今から就職面談が始まるが、それぞれ働く現場で教わったことを是非とも活かしてほしいと締めた。【社会との絆】生徒達への元気印が自分の励み

  • 【朝の元気印】コンサルの信条!全うしたい

    今週も月曜から仕事、毎日ではないが週2~3日でも予定があるというのは気持ちいい。一応、年内までは飛び飛びだがスケジュールも入っている。その内に世の中から忘れ去られ暇人になるのも時間の問題なのだが。それでも培った経験と知恵を社会や企業、少しでも多くの人達に伝えたいというが信条なのだ。『まことに一事をこととせざれば、一智に達することなし。』即ち、何事も中途半端で終われば信条など生まれるはずもない。(道元禅師の教え)今月からある会社の顧問に就任。責任重大だが私の知恵やノウハウが活かせるのならば断る必要もない。逆に嬉しいことで万全を尽くし強い企業を目指すつもりだ。いよいよビジネスライフも最終章に突入か!?今まで通りコンサルは単発のお手伝いをしながら、依頼続けば座学はこれからも積極的に続けて行きこうと思っている。【朝の元気印】コンサルの信条!全うしたい

  • 【夫婦の時間】人生、元気な内に楽しまねば!

    待ちに待った行楽の秋、デスクでPCの写真画像を覗いては懐かしい旅先シーンを思い浮かべる。ただ、交通の足や宿、露天などの情景は薄らぎ?物忘れは増えるばかり、何とも情けない。あれほど終着点に固守していたのにこの歳になってどうでもいいような気になっていた。名言のように人生の価値はきっと歩いた距離ではなく道のりの深さなのだろう。『終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。』(スティーブ・ジョブズ)サラリーマン諸君には悪いが自営の気まま業、仕事半分であとはパーと気分転換!夫婦共通の趣味が旅ということで自営初めた頃からまとめて休暇を取り年3回~4回も旅行に出掛けている。合言葉は「元気な内に目いっぱい楽しもう!」。今年は孫出産が重なり遠出避け初のバス旅でもと思っている。消えて行く記憶よ...【夫婦の時間】人生、元気な内に楽しまねば!

  • 【百聞ばなし】失敗こそ貴重、恥じることなし

    台風18号で計画運休ならぬ計画休日!デスクワークしながらふと思い出す。商売も人生も失敗続きの男の話し、失敗の原因を訊ねると出るは出るは他責95%に自責僅か5%?最後に愚痴こぼし運がなかったと開き直る。誰だって失敗の経験は数えきれないくらいあるもので偶々の成功を自慢するより増し、勉強になると思うのだが。『どん底に落ちたことよりどうやって這い上がってきたのかを訊ねたい。落ちた時の失意、そこで何を見つけ何を学び何かを思い付き、何が何でも戻らねばと行動に出た!強い信念の底力を証明してくれたのだ。』(詠み人知らず)どん底は知らないが冷酷で孤独感と失望感が支配する世界。そんな暗闇で考えるは逃げることだけ!頼る者なく手掘りで始めた足場作り、何度も転げ落ち挫折繰り返し自力でやっとの思いでよじ登る。長い歳月もいつしか試練を乗り越...【百聞ばなし】失敗こそ貴重、恥じることなし

  • 《格言みち標》

    結果を焦りすぎる若者達に贈る言葉『行動起こしてもすぐ結果に繋がるとは限らない、だからと言って焦る必要はない。万端尽くし天命待てば直に結果が出るものだ。悪い結果はさておき、良い結果というものは計り知れない小さな積み重ね、想定するより時間が掛かるものだ。短いようで長いのが人生、そんなに急いでどこへ行く?どんなに焦っても行きつく先は一緒だろう。』(人生の少し前を歩く先輩より)《格言みち標》

  • 【心動かす話】生まれてきた「いのちの理由」!

    ウォークマンやマイカーでもよく掛けるさだまさしのCD、聴く度に情景が浮かび癒されている。同じ世代に生まれ育ち、歌手の苦労はわからないが妙に親近感が湧き赤裸々な言葉が素直に入ってくるのだ。少し前になるが「いのちの理由」(さだまさし作詞作曲)という詩と出合い背中を強く押してくれるようだった。『私が生まれてきた訳は何処かの誰かを傷つけて。私が生まれてきた訳は何処かの誰かに傷ついて。私が生まれてきた訳は何処かの誰かに救われて。私が生まれてきた訳は何処かの誰かを救うため。夜が来て闇自ずから染みるよう、朝が来て光自ずから照らすよう。幸せになるために誰もが生きているんだよ。悲しみの海の向こうから喜びが満ちて来るように。私が生まれてきた訳は愛しいあなたに出会うため、私が生まれてきた訳は愛しいあなたを護るため。』一言一句間違いな...【心動かす話】生まれてきた「いのちの理由」!

  • 【現場奮闘記】思うより危機的状況でない場合

    行政機関や外郭団体などを通じ経営指導や支援の依頼が飛び込むことがある。当事者としてはどうにかできるつもりだったのだろうが知らず知らずに行くて阻まれ?あらゆる変化を見過ごしてしまう経営が落ち込む代表的なパターンの一つと言える。手遅れにならないためにももっと早めに相談してもらえればといつも思う。『どん底だと決めるのは自分。案外と自分がどん底と思っていても周りはそう見てない。周りがどん底だと思っても自分がそうではない思えばどん底ではない。何時だって限界はあるだろうが、挑戦してキャパを鍛え経験積めば限界は自ずと広がるもの、他力でも自力でもいいから前に進むことだ。』(詠み人知らず)現場把握と資料データなどを加工分析して経営診断書の作成。要するに改善の可能性を判断し百に一でも望みあれば提案しその道順までを示すことになる。た...【現場奮闘記】思うより危機的状況でない場合

  • 【頑固な体質】経営者が語る自己流の部下基準

    過去のクライアント先の経営者から部下の考え方や行動を評価して職場改善に生かしていると聞いたことがある。中にはYESも言えないヘソ曲がりもいるだろうが一般的な部下達の仕事ぶりに基準を設けて日常の動きを観察しているそうだ。部下の経験や知識や能力はいろいろだが、それを聞いて感心したものだ。『①進んでするのが人の「上」。②真似してするのが人の「中」。③言われてするのが人の「下」。④言われてもせぬのが人の「屑(くず)」。』(ある経営者の部下基準)簡単明瞭な基準だが、職場の様々な関係と状況下でどう受け取りどのように行動するかで部下の価値は決まるという。誰が指示したかはともかく、どう行動するかで決まるのが上・中・下・屑の領域!?部下全員が上か中のランクなら一々注意することもないらしい。経営者の気持ちがわかるような自己流マネジ...【頑固な体質】経営者が語る自己流の部下基準

  • 【人生処世術】ポジ版「はげみ七訓」に変えた!

    前に紹介した「ひがみ七訓」の教えは示唆深い面もあるが、なぜか自分を否定されているみたいでネガティブ思考に陥ってしまうのだ。そこでこの七訓をポジティブに捉えると逆説もまた理なり、否定形を肯定形に変えただけで意味が通じるものに。何箇所か扱ってみると成るほど!納得の文句になったような気がする。①辛いことが多いのは感謝を知っている証。②苦しいことが多いのは自分に厳しい証。③悲しいことが多いのは暗い面ばかり気にしている証。④怒ることが多いのは自分の事ばかり考えている証。⑤心配することが多いのは今を懸命に生きている証。⑥行きづまりが多いのは自分が裸になっている証。⑦焦ることが多いのは目的もって行動している証。こんなのでどうだろうか。悩んだ時、迷った時、落ち込んだ時などにネガとポジの両面からいいとこ取り、たまには図々しさと柔...【人生処世術】ポジ版「はげみ七訓」に変えた!

  • 【未来へ警鐘】もしものリスク想定した研修会

    昨日4時間半の事業継続力に関する研修会(中小企業庁主催)が開かれ、経営診断士や経営指導員、行政関係者ら応募資格80人から40名が選ばれ九州経済産業局の会議室に集った。この研修会の関心度は高く全国の各地で開催されていてどこも定員を超える反響らしい。自然災害の事後を想定した中身ある対策が漸く始まった格好だ。災害後の事業継続を専門家の立場で助言するもので、今までのBCP計画を完全に否定し、現場の中で可能なことではなく遣れる認定をするという奇抜な内容、要は机上の申請ではなくより現場に即した認定申請に変えようというものだった。近年は地震や豪雨水害などの災害が過去の経験則では計り知れないほど悲惨極まりない、もちろん人命優先だがライフラインや暮らしなどの救援や援助もいつまでも期待できず早かれ遅かれ自立して職場で働くことになる...【未来へ警鐘】もしものリスク想定した研修会

  • 【雑踏の閃き】幸せに感謝すれば運の方から

    「運は万人に等しく与えられている。いつ運が巡り、それに乗り、活かせるかの違いがあるだけ!」(蒼天航路より)どんな金持ちも凡人や貧乏人であろうと運だけは同じように巡ってくるものだ。ただ一見、平等に見えても実は公平、それに気付くか気付かないか、捉まえるか逃すかは本人しだい。運の方から声掛けやアクションもないし見逃すことも多いようだ。凡人どもが声上げる貧富格差?などない、きっと運を掴めない者のやっかみだろう。気付かない沢山の運がそこら中に転がっている。欲を捨て状況を見極める訓練を積めば意外と見えない小さな運と出合えるらしい。一人で不幸を背負っているなんて思わず、生きている!明日がある!そう感じるだけでも幸せじゃないか。ついつい見過ごしてしまう幸せに感謝すれば運の方からやってくる筈。そう信じて今日は障害者の職業訓練の教...【雑踏の閃き】幸せに感謝すれば運の方から

  • 【朝の元気印】「コト消費」に困惑するセールス

    「コト消費」が叫ばれ久しいが依然とモノ売りに固守する営業マン、発想の乏しさ?工夫や努力のなさ?それとも単に伝え方がわからないのか!?そろそろスタンス変えないとこの先の営業は難しくなると思うのだが。とりわけ手っ取り早いのは身近な家族内のそれぞれの視点で考えればコト消費の意味は理解できる筈だ。「モノ消費」は所有に重きを置き消費者が物品を買う行動で、「コト消費」とは所有で得られない体験や思い出、繋がりなどに価値を見出し、時間、旅行、文化、習い事、情報など形のないものにカネを出すことだ。若者達はろくに食べずメールやSNSに没頭する!通信費の増大傾向もまさに「コト消費」の歪みと言えよう。要は従来型モノセールスでなく、「コト消費」に対応はできないのだ。キーワードはベネフィット&ソリューション!商品ブランドを強調しながらユー...【朝の元気印】「コト消費」に困惑するセールス

  • 《人生忘れ物》敬老の日前に気心知れた仲間達

    『友情は喜びを二倍にし、悲しみを半分にする。』(シラー)毎年恒例の集まりも10年が過ぎその間に病で天国に旅立った後輩、顔見せなくなった旧友など、口に出さずとも集った仲間達の寂しさは言うまでもない。全国各地に散らばって所在探しするものの、連絡付けようと参加意思がなければは強制する訳にもいかず。今回は薬院の洒落た隠れ家、新しもの好きとしては店づくり、料理、こだわりなどどれを取っても興味津々!旅行や趣味に盛り上り、当時の写真も持参して懐かしさに浸る、反面、切実な再雇用や年金・老後から持病の悩みまで話題は尽きない。とはいえ幾度も祝杯上げ互いの元気を認識、先の事までわからぬ?と今晩は駆け引き抜きで楽しむことにした。敬老の日だが、されど集まった仲間は皆若々しく、それこそ半世紀近く前の高校時代にタイムスリップしたようだった。...《人生忘れ物》敬老の日前に気心知れた仲間達

  • 《格言みち標》

    格言みち標迷える子羊達に贈る励ましの言葉『辛いだろうがきっとこの階段は幸せに繋がる。ここで負けては辛さと悔いだけが残る、それでもいいのか?登りきって「辛」の頂上に一を重ねれば「幸」の完成だ。その時まで一歩、一歩階段をよじ登り幸せを手に入れようじゃないか、あなたにはそれができる筈だ!』(人生の少し前を歩く一人の先輩より)《格言みち標》

  • 【笑売漫歩記】リスクと上手く付き合って低減

    信じられない経営者の嘆き、挑戦したから失敗した?何もしなかったら失敗もなかった?今まで無難にやってきたからこれ以上の挑戦は必要なしと言い切るのだ。笑っては失礼だが経営者の資格を疑いたくもなる。人それぞれに何がしらリスクを背負っている筈、リスクないビジネスや人生など聞いたことがない。『リスクから逃げるのではなく、リスクを最小限に抑える工夫をすること。』(リチャード・ブランソン)企業ではリスク・マネジメント、人生ではリスク・コントロールとでも言おうか、リスクを乗り越えるから進歩できると言うもの。恐ろしく厳しいリスクもあるが決して逃げるのではなく、上手く付き合ってリスクの低減を図ることを考えるべきだろう。世知辛い世の中、危機管理だけは怠ってはいけないことのようだ。【笑売漫歩記】リスクと上手く付き合って低減

  • 【人生処世術】心配事を解す目から鱗の名言

    一見、仕事バリバリで自信家に見えるが実は典型的なA型。二面性の弱気が顔出すと極端に心配性となり、他人の顔色や悪い評判や駄目出しなどが気になり耳までふさぐ。見た目とは全く違うナイーブな男、昨晩もベッドの中で仕事上の些細なことが気になり結局は寝付かれない朝を迎えた。眠い?されど行かねば。『人生に向かい合うコツはね。一つの心配事を別の心配事にすり替えることだよ。』(スヌービー)そんなひ弱な男がこの名言を目にして一つの呪縛から解き放された。特定の心配事に固守し悩み続けるのではなく、山積みの案件を次々にひも解いていくといろんな解決策が頭に浮かんできたのだ。これこそがブレーンストーミング、ただ忘れない内に記録しなければ単なる閃きに終わる。目から鱗!呪縛から解放され気がした。【人生処世術】心配事を解す目から鱗の名言

  • 【社会との絆】少しでも社会に役に立てる喜び

    『人に生かされ自分が生きる。今度は、自分が生きて人を生かす。』(詠み人知らず)脱サラして事業始め、今までに大勢の人達に生かされ支えられてきた。その中でも壁にぶち当たった時などお世話になった大恩人、名は明かせないが足を向けて寝られないほどだ。この方々と出会うことがなければ恐らく今の自分はあり得なかっただろう。苦楽を共にしてきた妻も同様で感謝している。60歳になり自分のためでなく、社会や人のためにお手伝いできればと思った矢先、高齢者や障害者など弱者の職業訓練が舞い込み現在も担当している。昨日は福岡市水産業振興審議会が開催され流通の専門の立場から意見や提案を述べてきた。培った本業を活用できるのは何よりも嬉しいことで、少しでも社会に役に立てることが支えにもなっている。本心、経営コンサルタントの道を選んで正解だったと今さ...【社会との絆】少しでも社会に役に立てる喜び

  • 【仕事の王道】褒めと注意の両面で人は育つ

    部下を育てるマネジメントの鉄則は厳しさと優しさを使いこなすこと。叱りも褒めもできない上司はその任にあらず。部下を単なる道具と考えているなら残念極まりないが、部下のことを心から思うなら間違いを指摘し失敗を繰り返さないよう厳しく注意することだ。但し決して感情あらわに腹の底から怒ってはいけない。『部下と接する時は笑みを浮かべること、優しくすること、話を聞いてやり、駆引き抜きで何か一点でも褒めること、こんなちょっとした気遣いぐらいできることだ。これら接し方が部下の心を180度変える可能性も持っていることを上司は忘れてはならない。』(詠み人知らず)まずは話し合いの場を持ち、意見にも耳を傾け、わかったと承認し、任せて、やらせてみる、やる姿を目で追って、途中で口を挟まず信頼し報告を待ち、終了したらひとまず感謝、間違いや修正あ...【仕事の王道】褒めと注意の両面で人は育つ

  • 【朝の元気印】ポジな選択で殆ど間違いなし

    仕事の性質上、山積みの案件との凌ぎ合い、厳しい時ほど立ち止まって頭を整理することがある。マイナス思考で良くなった試しなく、出きるだけプラス思考で前向きに考えようと試みる。だが、ついつい心配が過り潜んでいたよからぬ思考が顔を持ち上げる。そうそう新たな案件の打診が入りプラス思考で引き受けることにした。『ポジな選択!悩む時は明るい方を選び、迷う時は楽しい方を選ぶ、いよいよ困り果てたら好きな方を選ぶことにしている。』(詠み人知らず)選択肢も二択・三択ぐらいならまだしも多択もあったりして考え込んでしまうことも度々。でもどんな時も「解決のためのお手伝い!」と原点思い出すと勇気が湧いてくるのだ。選択ミス?あったかも知れないが終わったことをくよくよ振り返っても始まらない。常にポジに選択すれば道は開けるもの、そう信じている。【朝の元気印】ポジな選択で殆ど間違いなし

  • 【一年の一日】創業25年目!人生に悔いなし

    一度きりの人生、一社奉公では満足できないと決意したのは現役絶頂期の時だった。現場で培った実力と天性の発想力を思う存分に活かせる場、それを求めてサラリーマンの安定組織を飛び出したのだ。今日9月1日は25年目のスタート日、全国各地を駆け回る中で経営コンサルタントとしての使命を再認識することも怠りない。『教授せねばならぬは失敗しない方法?ではなく躓き叩かれても幾度と起き上がる方法。自力つけば向かうところ敵なし。挫折や失望から立ち上がる力を伝授すれど自分の足で歩き始め戦いに挑むは自力以外にはない。あらゆる試練を乗り越えるため共に戦うのである。』(noriyuki)本分は自力への支援!出来ないことにジレンマ踏むこともあったがそこは我慢の一文字?立塞がる企業体質を打ち破り業績回復の仕組みを作り上げれば一先ず安心。見届けるは...【一年の一日】創業25年目!人生に悔いなし

  • 【自適に実年】感動減った分、感謝する思い

    目を奪われるものは派手で見栄えもいいが、心奪われるものは結構地味で泥臭いものだったりする。目の場合はたいてい頭で喜びを感じ、心の場合は体の奥底で湧き出る何かを感じることが多い。見た目じゃなく中身が大事、そんなことわかりきっているがついつい五感の輝きに惑わされるのだ。『目を奪われるものがたくさんあるだろう。しかし、心奪われるものだけを追い求めなさい。』(ネイティブアメリカン・先住民族インディアンの教え)7月に孫誕生!名古屋に駆け付け感動対面も直ぐに消え失せ気付けば平々凡々な妻との二人生活に戻っていた。近頃は何を見てもどこに出掛けようと心ここにあらず?もしかして感動の心が消え失せて行くのではと不安さえ感じる。減りつつある感動は仕方ないとしても、その分いろんなことに感謝しようと思い始めた。【自適に実年】感動減った分、感謝する思い

  • 【座学ネタ話】言葉を変えると認識も変わる

    線状降水帯が流れ込み土砂災害や氾濫危険水位で大雨特別警報発令とか?昨日の伊万里・唐津の集中豪雨も凄まじくやっとの思いで逃げ帰った。障害者教室の方は実技の段階に入りピッキングや店出し、前出し、陳列、先入れ先出しなど作業工程をロールプレイングしながら学んでもらっている。しっかりと基本を身に着け、スピードは健常者に敵わなくとも正確さを養うのが目的、都度の復習も欠かさない。教室での合言葉。①「すいません」を「ありがとう」と言う感謝の気持ち。②「この程度?」を「おめでとう」と言う賞賛の気持ち。③「もういいや」を「まだまだ」と言う忍耐の気持ち。④「もう、ダメ」を「これからだ」と言う希望の気持ち。⑤「なりたいな」を「なってやる」と言う決意の気持ち。仕事で使う言葉遣い、言い方を変えるだけでも認識は変わるものでそういう訓練も欠か...【座学ネタ話】言葉を変えると認識も変わる

  • 【よもやま話】加齢と仲良くマイペースな仕事

    8月もラストウイーク。何でも福岡市の小中学校の夏休みも今日までで明日から2学期が始まるらしい。いつからか知らないが可哀想なのは子供達、さしずめ最終日は夏休みの宿題に大わらわで短すぎると感じる余裕もなし。企業によっては8月が上期決算、下期に宿題を残さないためにもしっかり締めて良い結果で終わりたいものだ。『病気を不運と考えると治療効果を妨げる。自分自身の成長のため病気を贈り物と捉えることが治す最高の手段である。』(アンドルー・ワイル)椎間板その後:激痛走って20日が経ち漸く痛みも和らぐ。未だ両腕の痺れは続くが以前ほどの痛みはない。長年の蓄積疲労がキャパを越えたのか?あらゆる箇所をチェック、ケアしながら加齢と仲良く付き合っていくしかなさそうだ。今週は明日から仕事、そこまで忙しくはないが有り難いことに年内まで予定が入っ...【よもやま話】加齢と仲良くマイペースな仕事

  • 【賢者の伝言】背中を強く押してくれる語録

    いろんな名言と出合ってきたがこれほど簡潔明瞭に生き方を教えてくれたものはない。時として迷い後ろ向きになり振り返ることも、もちろん前に進みたい時も同じ様に心を引き締めてくれる語録。出掛ける前に読み返すと背中を強く押してくれそうで事務所のドアに貼ることにした。『実力の差は努力の差。実績の差は責任感の差。人格の差は苦労の差。判断力の差は情報の差。一生懸命だと智恵が出る。中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出るばかり、本気でするから大抵のことはできる。本気でするから何でも面白い、本気でしているから誰かが助けてくれる。』(正範語録)専門分野の流通・小売業であれば経営者の意欲しだいで全国各地どこへでも飛んで行く。仕事は絶好のチャンスと考え決して手抜きなどしない、持てる力を最大限に発揮し改善に繋げるのだ。いつも本気の...【賢者の伝言】背中を強く押してくれる語録

  • 【人生処世術】自分の実力?丸ごと本物を知れ

    本気出せばこんなもんじゃない!と言いながら一度もまともに勝負したことのない男。手を抜いている訳ではないがいよいよとなるとキザな言葉を吐き捨ていつも雲隠れ。手の内を見せたくないのか?それとも単に臆病なのか?このままなら早かれ遅かれ本当の自分の実力を知るのは時間の問題なのに。「30、40になろうと奴らは言い続ける・・・自分の人生の本番はまだ先なんだと。本当のオレを使っていないから、今はこの程度なのだと・・・そう飽きず言い続け、結局は老い・・・死ぬ。その間際、いやでも気が付くだろう・・・今まで生きてきた全てが、丸ごと本物だったことを。」(賭博黙示録カイジより)男は考えた挙句、仕事を自分人生のシミュレーションと置き換え逃げ道をなくして本気でぶつかることを覚えた。その度に叩きのめされたがどうにか這い上がりそこそこの底力を...【人生処世術】自分の実力?丸ごと本物を知れ

  • 【朝の元気印】今どきはベネフィットが王道

    ビジネスは収益を上げるのが目的ではなくそれは単に達成時の結果に他ならない。目的は何かというと、それはマーケティングでいうベネフィット、つまり顧客の利益・恩恵、そう自社の収益でないことだけは確か。今どきこの思考を履き違えるとビジネスは方向性を逸脱し成果どころか今後の商売にも影響を与えかねない。『幸福や富や成功は目標設定の副産物であり、それ自体では目標にはなりえないものだ。』(デニス・ウェイトリー)ひたすら利潤求めサクセス願うのは目に見えないものを探し求めることに似て、自己満足の何者でもない。本気で顧客の利益のために結集し頭を使い、見事達成できたとしたらその時こそ成果として利潤を手に入れることができるのだ。仕事の王道はベネフィット!未だにアクション起こさないジレンマ噛み締めクライアント先に向う。【朝の元気印】今どきはベネフィットが王道

  • 【人生のツケ】加齢と上手な付き合い方思案中

    夏休みの宿題、セミナーのカリキュラムづくりに大わらわ、いつものことだが最後に凄い閃きでも浮かぶというのか?午前中が勝負とPCと睨めっこ、昼からは猛暑で頭も動かなくなる。そうそう盆前に、整形外科で首の椎間板という診断!湿布と飲み薬を貰ったが肩と両腕の激痛は一向に治らず。原因は加齢?医者にこれ以上は訊けなかった。『書籍は青年には食物となり、老人には娯楽となる。病める時は装飾となり、苦しい時には慰めとなる。内にあっては楽しみとなり、外に持って出ても邪魔にはならない。特に夜と旅行と田舎においては、良い伴侶となる。』(古代ローマの哲学者キケロ)午後から2階のヒーリングルームは安静室に早変わり、軽音楽聴きながら書棚の本を次々と手に取る。題名と作者は憶えていても昔読んだ筈のストーリーが出てこない。そう言えば映画ビデオも再録画...【人生のツケ】加齢と上手な付き合い方思案中

  • 【日々是好日】波乱万丈も奇跡に生かされて

    順風満帆のサラリーマン時代と違い、脱サラしての自営は波乱万丈の日々、経験も実力もないのだから仕方ないことだった。人に云えぬ苦悩に孤軍奮闘!全国各地を駆け回りひとつひとつ実績を積み重ね、気づけば押しも押されもせぬ経営コンサルタントになっていた。沢山の人達に支えてもらったことを決して忘れはしない。『人生には二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。』(アインシュタイン)奇跡は存在するというのが実感。山あり谷ありでも何時だって見えない何かが導いてくれた。一つの案件に成果出るとオファーが殺到し気付くと複数企業の個別案件の山、逃げる訳にもいかず果敢に立ち向かって行ったものだ。あれから24年、生かされたことに感謝しながら現在は自分にできる...【日々是好日】波乱万丈も奇跡に生かされて

カテゴリー一覧
商用