searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

徳ちゃん先生さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tvo1206
ブログ紹介文
「喜べば、喜び事が、喜んで、喜び連れて、喜びに来る!」
更新頻度(1年)

181回 / 365日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/03/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、徳ちゃん先生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
徳ちゃん先生さん
ブログタイトル
徳永則幸の繁昌リポート
更新頻度
181回 / 365日(平均3.5回/週)
読者になる
徳永則幸の繁昌リポート

徳ちゃん先生さんの新着記事

1件〜30件

  • 【座学ネタ話】若い人達より優れていること

    シニア講習会2日目。経営にはSWOT分析なるものがあるが、講習の合間を利用して自分達のSW分析を考えてもらった。そんなの何の意味があるのかと半信半疑だったが、ホワイトボードに次々と書き出すと結構な数になった。因みにSとは強み(Strength)であり、Wは弱み(Weakness)でそれぞれの頭文字である。個人的な見解はさて置き、W(弱み)の面で同世代の共通項を出してもらったら、体力、物忘れ、頑固、持病など山ほど。それではS(強み)はと言うと誰からも答えが出ない?そこで三知の話し。知恵は生来のもの、知識は学問や書物で、知恵は長い経験から、とアドバイス。だから推察力、判断力、対応力が若い人より数段に優れている、それが強みと付け加えた。まだまだ元気なシニア世代、不要なものは過去の勲章と意固地な頭ぐらいで、一般の企業が...【座学ネタ話】若い人達より優れていること

  • 【世相に一言】元気な高齢者が活躍できる場所

    人生100年時代、平均寿命は益々延び続け、健康寿命も男性72.14歳に対し女性は80.98歳と「年寄り元気で家の番」という訳にはいかない。少子化の影響で労働人口は外国人労働者を受け入れても未だに6千万人も不足しているようで、そこで脚光を浴びているのが高齢者の継続雇用や再雇用ということだ。そのため明日から高齢者対象の講習会が始まり、偶々この分野の専門家で白羽の矢が立ったしだい。高齢者雇用は就業者総数のうち全体の13%を占め、900万人に到達、毎年37万人~55万人増え8年で1.5倍に増加している。そのうち8割は雇用の調整弁になりがちな非正規雇用、業績悪化で切られやすい立場という実態だ。因みに卸売業、小売業が127万人で最多。ただ、今年3月からの新型コロナの大流行で産業の業績は急激に悪化し雇用環境も最悪というのが現...【世相に一言】元気な高齢者が活躍できる場所

  • 【朝の元気印】「敬老の日」ホテルで労い独り酒

    世の中4連休も関係なく仕事、双方のスケジュールが噛み合わず偶々イレギュラーの出張となった。帰れば2日間の座学も待ち受けていて車中でカリキュラムの見直しに躍起!と言っても今日明日のクライアント案件も気掛かりで頭の中は二つのことが行ったり来たり、いつものことながらそうした方がひらめくのだ。『たとえ、歳月を重ねた奮闘努力が、少しも報われないと思える時でも、いつの日か、その努力にちょうど見合うだけの光が魂にみなぎるものだ。』(シモーヌ・ヴェイユ) 手早く策を打ったクライアント、今のところ順調な推移のようで今回は2つ目の施策を講じる計画。行動起こしてくれるか不安?上手く行けばいいのだがどんなことも山あり谷あり。最初から時間を甘く見てしまうと、全てのことが中途半端で台無しになってしまう、このことを一番懸念している。今晩は「...【朝の元気印】「敬老の日」ホテルで労い独り酒

  • 【自適に実年】歳は「退化」でなく「進化」の過程

    歳取ると加齢や物忘れに体力の衰えなど「退化する」と言われる。だが、人生経験を積み重ね知識も知能も増えると知恵もバージョンアップする筈で、寿命のリミットはあるもののこれこそ自分なりの「進化」ではないだろうか。ただ、新型コロナやインフルエンザのリスクは仕方ないが今のところは健康人である。『死は人生の終末ではない、生涯の完成である。』(マルティン・ルター)生涯サラリーマンだったら退職後は悠々自適の生活、その内、葬式の順番を待つのが一般的だろう。だが生涯現役を続けられる自営業は違う。この歳になっても仕事に追われ、世の中から必要とされる喜び、お手伝いできる嬉しさを噛み締める毎日だ。どこまで「進化」できるかわからないが集大成の生涯といきたいものだ。【自適に実年】歳は「退化」でなく「進化」の過程

  • 【商魂逞しく】クライアントを探す一つの方法

    毎年秋口から座学の依頼が多く、今日も出張合間に時間割き辛いものがある。だが、営業できない商売には絶好のチャンス!?どんなノウハウ持って業績積み上げても他社の経営データを公表できず証拠も証明する訳にもいかない。そこでアイデアマンは考え抜き、その挙句に思い立ったのが指導報告を兼ねた座学の講師を引き受けることだった。理路整然とした講話の座学もいいが必ず支援先での指導実例などを取り交ぜている。もちろん笑って楽しんで体験しながら学んでいく・・・・参加型でワクワクするのは効果的だ。貴重な時間を有意義に充実してもらう一期一会の精神、長年講師を担当して身体に染みついている。カリキュラムに添った座学でも即興で途中に現場の話しを盛り込むことも度々。理想や成功話しばかりではなく失敗談や苦労話し赤恥かいた話しも、痛みを伴った内容の方が...【商魂逞しく】クライアントを探す一つの方法

  • 【賢者の伝言】人生の目的はカネでなく幸せ

    長期政権もコロナには勝てずやっとバトンタッチ、記念すべき日だ。大企業と富裕層へ恩恵の成果もアベノミクスは数合わせで貧富の差は益々広まりつつあるようだ。ホセ・ムヒカ大統領の熱弁「政治の目的はカネではなく国民の幸せ!」次のリーダーには継承はやめ疑惑を正し権力を私物化せず忖度ない正義の政治を貫いてほしいものだ。『人間がこの世に生まれてくるのは、金持ちになるためではなく、幸福になるためである。』(スタンダール)かのスタンダールは裕福な家庭に生まれ何不自由なく育ったが、母と死別、父と離別し大学もやめ単身イタリア移住、そこで金銭的な無力さを思い知ることになる。カネは間違いなく人生に必要不可欠だがカネを稼ぐことが人生の目的ではないと悟ったのだ。人よりカネや権力を持っているからと幸せになれる保証はどこにもないのである。七光りで...【賢者の伝言】人生の目的はカネでなく幸せ

  • 【自適に実年】支え合う生活スタイルが定着

    リタイアした同世代には悪いが、自営業は正に自由業で家族(夫婦)旅行は年に4~5回のペースで毎年出掛けていた。今さらリスク背負ってまで旅行の必要もないが、社会を助ける「GoToトラベル」なら参加しない訳にはいかないと思った次第。さしずめ九州の温泉で一泊ぐらい、新車のサポカーでドライブもいいかもと提案した。因みに決定権者は妻である。日本各地・海外などいろんな観光名所や名跡に足を運んだが、何度手繰り寄せても鮮明な記憶は蘇えらない。交通機関、ホテル、温泉、食事、空港や駅降りてのレンタカーの記憶も途切れ、唯一、PCの日程表と写真の記録だけが楽しい思い出を彷彿させてくれる。歳は取りたくないものだ。今は仕事以外に誰とコミュニケーション取る必要なく、息苦しい人間関係からも解放されてマイペースな日々を送っている。偶に夫婦の衝突も...【自適に実年】支え合う生活スタイルが定着

  • 【夫婦の時間】どこにいてもスケジュール共有

    理想的なカレンダーアプリを探し当てた。「TimeTree」なるもので予定を入れると即座に相手のスマホに同期するという仕組み!妻は喜び、いちいち手帳に書き写す必要がなくなったと言う。始めて少し経って妻のプライベートが何ヵ月も先まで埋まるようになっていた。まだまだ機能あるようで暇な時にいろいろと進化中と言ったところ。日程変更も度々だが妻は最終決定の前日に「TimeTree」を見るからと涼し顔、自分の予定とぶつからず送迎日さえわかれば何ら問題ないらしい。妻の思惑は「亭主、元気で留守がいい!」。「妻、笑顔で口優しいがいい!」亭主の切なる願いである。通常は他のアプリを利用しているが、ほぼ決まった時点で「TimeTree」に記入して妻に伝えるようにしている。とは言え、この歳でも仕事のスケジュールがあるのは有り難いことだ。そ...【夫婦の時間】どこにいてもスケジュール共有

  • 【凡人の戯言】否定から始まる今時のビジネス

    モノ余りの中、一人十色の買い手は価値観も様々で自分化消費を好み無駄を嫌う、気付くと格差社会は広がりつつあるようだ。コロナ禍の弊害で立ち行かない経済、これまでのスタイルで通用するのか?ビジネス自体を大きく変える必要がある?脳裏で何かが囁く。無から絞り出す閃きの筈がいつものことだが点々が線に繋がらず浅い眠りが何日も続く。『手元にあり、消費者が欲しているモノを安く売るのは誰にもできる。手元や身の回りになく、しかも消費者が欲していないものを価格に関わらず売り切るのが今時のビジネス!?まるでトンチのようだが今どきは当たり前のセオリーなのかも知れない。』手元になく他人も欲しいと思っていないものを誰よりもいち早く探し創造する。さらにマーケットが欲する前に売り切ることが求められている。これまでのように安易なやり方で通用しないこ...【凡人の戯言】否定から始まる今時のビジネス

  • 【明日の警鐘】命を守る備え?判断は難しく

    過去に経験のない超大型台風10号が襲来した。中心から外れるが台風の東側は危険地帯。地震と違い進路は判るもどうしたらいいのか?暴風のハザードマップなく動くか行き過ごすか?命の判断は難しい。ぐずぐずして暴風域に突入すればマイカー避難は反って危険と言うものだ。住宅街で長年住み続ける木造家屋、雨戸を閉め切ったが南東方向の2階窓は雨戸なく発泡スチロール等で応急措置を施す。前回の9号は強風で屋根が音を立て飛ばされないかと心配、声を押し殺しながらクワバラクワバラと祈るしかなかったのだ。今回は命を守るためビジネスホテルへと思ったが、マンションに住む娘から連絡があり出張先で避難をお願いした。旦那が孫と迎えに来てくれて、昨晩は一夜世話になったのだった。今週の仕事は9日と10でどうにか台風は避けれたが、コロナ禍もあり台風の季節はおと...【明日の警鐘】命を守る備え?判断は難しく

  • 【出張独り言】予防と治療?どっちを選択する

    コロナ禍の合間をぬって出張中。冷感マスクに飛沫防御メガネ、マウスシールド、携帯洗浄液で完全防備、もちろん三密や濃厚接触も、COCOAの接触確認もない。この状況下で訪問回数を減らしものの経営立て直しのスケジュールが若干遅れ気味?取りあえず初期対応の効果は上がっているが真の課題はこれからで先行きのメドが立たない。人命か企業存続か?従業員を見捨てる訳にもいかず何とも難しい選択と言える。コロナは予防すればリスクは軽減、でも経営危機は治療しない以上重症化リスク。投薬や指導で改善できればいいが、時には手術も必要。但し、手術嫌う患者にメスを振るうことはない。それより直撃の恐れある台風10号、経験もない超最強らしく早く帰って命を守る備えをしなくてはならない。予防が通用するのか神のみぞ知る。コロナに熱中症、台風、秋口からインフル...【出張独り言】予防と治療?どっちを選択する

  • 【二人で三脚】縁と妻の支えの26年目始まる

    苦難の時ほど明るく振る舞う妻、陰ながら励ましてくれていたのだった。そんな頃に部長時代(前職)に仲人した部下とバッタリ、転職して他企業の中堅ドラッグストアの店長になっていた。その彼の紹介で会社の社長に面会、食品強化に乗り出していてトントン拍子に採用が決まったのだった。本業のコンサルタンと兼務ということで社外役員の重責を引き受けた。縁の有り難さを思い知ったのだ。そのドラッグストアで某監査法人によるWindowsの勉強会が3日間あり死に物狂いでマスター。早速、同じ機種のWindows95買うのだが、30万円?なけなしの最後の貯金だったと後日妻に聞かされた。これがきっかけで驚異の閃きと持ち前の有言実行で快進撃が始まった。大手アパレル卸のリテイルサポートを発案、経営革新や経営再建の指導、受講者年間1万人超える座学始めいろ...【二人で三脚】縁と妻の支えの26年目始まる

  • 【一年の一日】事業独立時に言い聞かせた言葉

    脱サラした25年前当時、何もかも初めの体験でやることなすこと失敗続き、何度赤恥を搔いたことか。仕事なく苦汁噛み締めるも今さら引き返すこともできなかった。ただいつ何時もこのくらいで負けて堪るか!ポジな気持ちを持ち続けたものだ。40歳の部長職、思い切って自営業に転身したのだから必死なのは言うまでもない。『人生で一番後悔することは失敗を恐れチャンス逃してしまうことだ。失敗は回り道、行き止まりではなく次への道標なのだ。精一杯やって流した汗と涙は、必ずや今から生きていく上でのバネに変わる筈だ。』自営始め2年で退職金・失業保険も底をつき収入は殆どなかった。一番の悩みはクライアント探し、営業経験なく、資料貼り付けコンビニでコピーしてプレゼンを送ったものだ。当然ながらどこからも相手されず惨めな日が続いた。唯一、地元の商店街で専...【一年の一日】事業独立時に言い聞かせた言葉

  • 【仕事の王道】見えないウィルスより経営改革 

    コロナ禍の中、福岡から出張というだけで白い目で見られシカト、肩身の狭い思いをしている。コロナに感染しないよう気を付けているが罹らない保証は誰にもわからない。地方では差別や誹謗中傷も多いらしく、感染家族は家を引っ越さないと?今どき信じれない話しだが真剣に悩む従業員の嘆きを耳にした。そんな感染少ない地方の顧問先でのこと、従業員の不安を考慮して出張の頻度を減らす進言をしたところ、「経営改革が遅れては一大事!今まで通りでお願いしたい。」見えないウィルスより現実に起きている100%の経営危機!?経営者の本気度を今さらながら思い知ったのだった。facebook情報をゲットし接触確認アプリ(COCOA)に登録。家に帰って自慢したら誰とも接触ない筈の妻も興味あると言うことでアプリをコピーしてやった。COCOAの登録者数はまだま...【仕事の王道】見えないウィルスより経営改革

  • 【本番の前に】猛暑にも負けない障害者教室

    汗かき寝苦しさ続く夜、気力だけが負けてたまるかと闘っていた。台風8号の影響で大気不安定?それでもフェーン現象で気温急上昇の時は太陽光線の屈折で陽炎現象も見られた。目を何度かパチパチ、擦ってみたがまるで街中の蜃気楼のようだった。台風明けも厳しい残暑がぶり返すらしい、辛い予報のようだ。今日は障害者教室の指導日、食品スーパーの現場指導できる講師がいないということで引き受けたのだった。障害者個々の目標は健常者に負けず一般企業で働くこと、ほぼカリキュラムも半分が過ぎ指導にも熱がこもる。遊びを織り交ぜながらの実技に興味も湧いてきたみたいで、声出し身体を動かす姿は楽しそう。やはり主役が乗らないことには盛り上がらない実習の現場だった。毎年の指導で大筋のカリキュラムは決めているが、いつも1時間余りのJRの中で独り作戦会議、スマホ...【本番の前に】猛暑にも負けない障害者教室

  • 【文殊の知恵】新たな新型コロナ自己防衛策

    福岡もクラスター発生で爆発的な感染?家に籠れば人と接触なく気にすることないが、仕事となればそうもいかない。まずは交通機関の往復、濃厚接触は考えられないがひとつの不安要素、それにクライアント先に行けば会議やミーティング付け、座学では人前で喋りまくる、これが最大の課題だった。今まではマスクと三密を避けることが唯一の防衛策。ここにきて新たにマウスシールドと眼鏡の花粉用グッズ、携帯アルコール洗浄液、1秒で測れる電子体温計(ネット注文中)を追加した。室内ではマスクの上にマウスシールドを重ね飛沫シャットダウン、さらに幸いにも眼鏡人、花粉用グッズを眼鏡に仕込むことで粘膜への飛沫感染も無いという目論見だ。フェースシールドも1枚買い求めたが今のところ様子見と言ったところ。心構えとしては、仕事も極力2m以上間隔を取り、無駄話しせず...【文殊の知恵】新たな新型コロナ自己防衛策

  • 【明日の警鐘】国民の痛み届かぬ政府の無策

    知り合いの店が閉めて4ヶ月余、新型コロナウィルス関連の廃業倒産が急増している。飲食店やホテル・旅館が群を抜き、建設・アパレル・冠婚葬祭・タクシー・バス運行・印刷業・旅行代理店など危機的状況は続く。休業中のテナントにも家賃請求するデベロッパー?とは言え消費マインドが回復しない以上この先もっと難しいだろう。僅かな収入では仕入代金どころか家賃や人件費も払えず経営は八方塞がり。途方に暮れる経営者も辛いが職を追われた労働者はどこで稼げばいいのだろうか?生活守る雇用対策こそ最優先にやるべきことで、何もせず動こうとしない政府に腹が立つ。国会召集!713議員数の大幅削減と無駄な税金、身を切る姿勢を見せてほしいものだ。回復も望めない日本経済、貧富の格差は益々広がり犯罪の多発も危惧されている。政府の無策なコロナ対策、一斉の休校とア...【明日の警鐘】国民の痛み届かぬ政府の無策

  • 【格言みち標】負けが気になる意気地なしの人に捧げる言葉

    「戦わず何もしないで負けるよりそりゃ戦って敗北した方が価値あるというものだ。結果よりそれまでの戦ったプロセスが比べものにならないくらい重要なのだ。負けたら意味がないとは言わせない、負けた原因をしっかり分析してあらゆる工夫とありったけの知恵を振り絞れば次こそ勝てる可能性はあるものだ!そう信じて本気で目の前の敵に挑み続け勝ち残ることだ。」(人生の少し前を歩く先輩より)【格言みち標】負けが気になる意気地なしの人に捧げる言葉

  • 【出張独り言】座学に欠かさない講師グッズ

    マウスシールドなるコロナ禍グッズ!出張先で昼食取ったレストランで偶々装着したスタッフを見掛けた。興味本位に訊ねてみると少し躊躇いながら感想を云ってくれた。マスクしていないから呼吸も楽で息苦しさなし、客の顔も見えて接客に失礼ないと言うことだった。スタッフの顔を見上げながらこれだと閃いた。探していたのは人前で話す上での感染対策で、講師には欠かさないグッズはこれだと思った。マウスシールドする講習会をイメトレ!飛沫も防げて飛ばさない、マスクないから声もしっかり通る筈。仕入先を訊ねると業者からで1個余分にあればと聞いたが販売はできないと言うことだった。諦めるしかなくスマホで情報を集めることにした。出張から戻り早速通販サイトを覗くと色々あるのに驚いた。ただ、帰りしな顎止めが少し痛みを伴うと付け加えていたのを思い出す。まあ、...【出張独り言】座学に欠かさない講師グッズ

  • 【世相に一言】新語より仕事や暮らしリセット

    コロナ禍が始まって次々と初めて聞く新語の連発。今度はワーケーション?いつもながら翻訳に困るカタカナ英語、日本語で端的に言えばいいのにわざと難しく表現する。庶民の実態も知らない頭でっかちどもが作った造語、庶民はもう惑わされることはない。そんなことよりコロナ終息のエピローグを描き、仕事や暮らしをリセットする方法を提案してくれないだろうか。ワーケーションという言葉を調べると2000年代に米国で生まれた「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。概ねリゾートなどの環境のよい場所で休暇を兼ねてリモートワークを行う労働形態だそうだ。つまり、余暇を楽しみながら仕事する?それで出勤扱いになるのだろうか。バケーションで長期に休みテレワークが進んでいる欧米ならまだしも日本では到底無理、いくら号令掛けても思惑通りに動く人はいない...【世相に一言】新語より仕事や暮らしリセット

  • 【人生忘れ物】意の如し!父母に一年の報告

    父が名も無き人に頂いた『万事意如(ばんじいのごとし)』、父の生前、色紙に描いてもらっていたのだった。仏壇の横と事務所の天井(コピー)に掲げ、盆がくる度に有り難く眺めている。サラリーマンと違って自営業はいつ何時も意の如く「自力本願」でなくてはならない。戒めのようでいつしか「座右の銘」になっていた。『万事意如』とは、あらゆることに自ら意(意志・意思・意欲・意向)を持ち、如くなりたいという強い願いを込めること、当然ながら本意なくば願いなど叶う筈もない。因みに「座右」は昔の中国の皇帝が自分の右手側の席に信頼できる補佐役を座らせたことから「重要な席」。「銘」は「大事なことを忘れないように刻み込む」こと。つまり「座右の銘」とは「常に自分の心に留め置き、教訓や励ましとする」ことだとか。盆の仏壇には例年通り菊の生花を飾り、精霊...【人生忘れ物】意の如し!父母に一年の報告

  • 【四季は交々】ゴーヤもエアコンも爆発寸前

    真夏真っ只中、歳のせいか例年以上の猛暑を体感する。寝苦しい夜が明けると蝉しぐれの合唱に叩き起される毎日だが、ここにきて寝室のエアコンが故障?辛抱どころではない。こんなに一日が長いのかと時計と温度表示を眺めてため息を吐く。昼飯と3時のおやつ、シャワー後の缶ビールが愉しみといったところ。仕事のストレスないものの喰っちゃ寝の毎日では太る筈だ。趣味の家庭菜園、土づくりの畑は近所から貰ったシソの葉を植えて半分以上は放置状態、秋口に何を植えるかは農産物直売所しだいと言うことだ。4個のプランターのゴーヤはグリーンカーテンを広げ次々実って隣近所にお裾分けもした。豊作とぬか喜び?8月に入りなぜか生長せず黄色に熟した実が目立って爆発寸前に出くわす。原因をネットで探索中だが高温か栄養分か水の量か?よく分からない。コロナ感染に続き熱中...【四季は交々】ゴーヤもエアコンも爆発寸前

  • 【自適に実年】叩けば埃?俎板の鯉と開き直り

    主治医に紹介状と予約までお願いし総合病院にやってきた。仕事オフの盆休みに胃や大腸を始め身体の精密検査をするためだ。実はコロナの院内感染が怖く躊躇っていたが、患者はきっと少ない筈?妻のひと言で優柔不断な夫は勇気をもらう、仕事以外は妻の手のひらで踊らされている世間一般のオヤジである。強めの鎮静剤で眠ったままの内視鏡検査、健康診断は夫婦でもう20年以上続けている。大腸は3~4年置き、それ以外は毎年、血液検査は3ヶ月毎、女性特有疾患の検査も妻は欠かさない。少し前までは一緒に出掛けていたが今はそれぞれ病院に予約入れて検診、互いのスケジュールで送迎したりされたり、いい時間潰しになっている。いつも驚くほどの患者の多さだが妻の予想が的中、ソーシャルディスタンスが保たれた待合室はまるでホテルのロビーのよう。先週は胃の内視鏡とCT...【自適に実年】叩けば埃?俎板の鯉と開き直り

  • 【文殊の知恵】GoToDeribariなら

    全国的に感染爆発してGoToTravelどころではない。盆の里帰りもきっと周囲から白い眼で見られるのは明らか、のんびり骨休めもできないだろう。我が家も延期と決めたがこの分なら正月も無理かも知れない。孫の顔にも逢いたいが重篤の危険増す高齢者となれば、我慢するしかしょうがない。福岡から出張というだけでシカト?邪魔者扱いされ仕事どころではない。PCR検査で陰性の認証が欲しいが、いつ陽性に変わるか分からないのなら意味もなし。それで出張回数を減らすことにしたが、この際、リモートでのデータ分析やオンラインのアドバイスに徹するしかなさそうだ。以前、遠方のクライアントとSkype使ってPC会議をしていたが、会話どころか意思疎通も途切れ途切れで結局は長続きしなかった。今はじっと我慢のStayHome、プラス思考で考えると充電期間...【文殊の知恵】GoToDeribariなら

  • 【常識非常識】通販A派R派それとも店で購入

    あなたはアマゾン派?一瞬戸惑いジャングルは苦手と答えると通販サイトのAmazonの話題だった。通販でアパレルやアウトレットなど買うことはないが必要なものはYahooや価格.comで比較しながら専ら楽天市場での買い物、つまりプロ野球はYahooでもRakuten派ということだ。Amazonは世界規模でレビューの信用度は高い。返品もワンクリックで簡単、但しカードもないしポイントも貯まらず、プライム会員の年会費4,900円で会員になれば送料無料は高すぎる。一年間にそんなに買うモノもなく無駄な出費と言える。楽天なら送料無料も多く、やっぱり一番はポイントが雪だるま式に貯まるという大きなメリット、出張など楽天トラベルを利用することが殆どで、ホテルからレンタカーまで、勿論支払いは楽天カードという訳だ。値段の比較はそれぞれ得意...【常識非常識】通販A派R派それとも店で購入

  • 【昨今でき事】感染拡大の中も経営アドバイス 

    明日のクライアントで一応10日間の盆休み、とは言ってもコロナ禍で誰にも逢わないいつもの夫婦二人の生活に戻る。出張に出ると家でのんびりと思うが一旦家に籠ると次の出張日を楽しみに待つ二面性の自分と出くわす。このまま完全リタイアとなれば毎日をどう過ごそうか?一抹の不安が募る。爆発的に感染が増える福岡市、第2波の恐れは紛いもない事実のようだ。再燃の一因は、呑み屋街での感染拡大!7月の感染者のうち、接待を伴う店の客や従業員、その同僚や家族などが全体の4割を占めた。年代別では30歳代以下が7割近く、無症状や軽症も多いそうだ。夜の街や若者から感染が広がり、家族内感染や病院・高齢者施設で再びクラスターが多発すると危惧されている。素人でも判る感染拡大の縮図、生命と経済の板挟みに未だ発言ないリーダー、痛み知らず二転三転の意味ない愚...【昨今でき事】感染拡大の中も経営アドバイス

  • 【朝の元気印】出張の意味!顧客満足の達成

    8月のスタートは今日明日の出張から、JRの特急に揺られ片道2時間、今では慣れたものでいつも1号車両の隣の居ない窓側、ソーシャルディスタンスを意識した指定席を予約。偶にはWi-Fiフリーの車両に出くわしたいと願う。駅からの送迎で1時間、寂しい地方でも温かい笑顔が向い入れてくれる。『いかなるビジネスでも3W、つまり3つのWinを考えなければならない。1つ目は顧客のWin。いかなることがあっても、まずは顧客にメリットがなければならない。2つ目はパートナーのメリット、3つ目は自分自身のメリット。3Wのうちどれか1つでも欠けたらビジネスは続かない。もちろん自分も顧客も一緒に成功できればベストであるが、どちらか一方を選ばなければならない場合は自らの利益は放棄して、顧客を先に成功させるべきである。』(アリババグループ創業者ジ...【朝の元気印】出張の意味!顧客満足の達成

  • 【休日の呟き】こんな時にGoToトラベル?

    朝から庭木の手入れで汗びっしょり、梅雨明けの猛暑だった。コロナ禍で子供や孫の盆の里帰りと恒例の焼肉食べ放題も延期しなければならない。因みに毎年の高校の倶楽部の同窓会も延期との知らせを受け取っていた。盆準備も寺からの連絡なし、高齢者が大半で集まりできない理由もわかるような気がする。経済対策のGoToキャンペーン企画、ToではなくOneではダメなのか?ソーシャルディスタンスが叫ばれる中、旅行に誘い合って行かせようなどめちゃくちゃ支離滅裂?出掛けるなら独り、人も少ない地方のできるなら閑散とした町とか山沿いや海辺がベスト。そういつもの地方出張のコースだった。旅のトラベルはトラブルの原因?食のイートなら周りサイトのクラスター?三密を逃れOneToで心ゆくまで愉しむのもまたよし。今月のスケジュールも盆以外は出張と会議と講習...【休日の呟き】こんな時にGoToトラベル?

  • 【よもやま話】ネアカ若者に爺さんの苛立ち

    コロナ禍でうつ病発症?外出控え家に籠り続けると値明(ネアカ)な人でも値暗(ネクラ)な状態になる恐れがある。若者に無症状が多いそうで街中で周囲振り向いても誰が感染者か疑心暗鬼?何はともあれ特効薬のワクチン開発が待たれるところ。中でも持病の高齢者は重篤化の恐れ、クワバラクワバラと祈るばかりだ。ネクラとネアカという言葉はタモリ(森田一義)がパーソナリティを務めた『オールナイトニッポン』で生まれた。タモリ自身も根からのネクラでネアカの性格に憧れていたらしい。『笑っていいとも』のひょうきんな司会を32年、その他にもミュージックステーション、世にも奇妙な物語、ブラタモリ等々。今では性格に関係なく我が道を行く。因みに色眼鏡を変えればネアカの印象と思うのだが、要らぬお節介だった。元来ネクラほどタチの悪いものはない。ネクラ病から...【よもやま話】ネアカ若者に爺さんの苛立ち

  • 【商魂逞しく】生きてきた証を後世に残せたら

    出張から帰ると講習会テキスト「店舗スタッフの教科書」の追加分が届いていた。4年前に見つけた地元の製版会社は早く安く丁寧が謳い文句!数を増やせば単価下がるのは当然ながら追加は紙代ぐらいだった。最初は出向き説明受けたがそれからはネットでのやり取り、年一回でも原稿データを保管してもらっているのは有り難い。製本の流れは、当然に原稿書くことからでこれが一苦労、それだけに専念しても1ヶ月は軽く要する。書き上げればこの会社の自動見積りで算定し注文、エクセルやワードも構わないがPDFに落とし込むと幾分か安い。今回は手直し程度で概ね変更なく昨年送っていた原稿データを増刷してもらったのだ。注文からテキストとしてゆうパックで配達されるまで僅か2週間、支払いはクレジット、超スピードの製本印刷は印刷業界の経営革新と言ったところか。因みに...【商魂逞しく】生きてきた証を後世に残せたら

カテゴリー一覧
商用