くるみの小部屋
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ブーンさん
ブログタイトル
くるみの小部屋
ブログURL
https://kurukuruchanko.net
ブログ紹介文
犬猫飼っている・これから飼いたい人の役立つ情報を紹介 愛犬のパピヨンの日記やイラストも
自由文
-
更新頻度(1年)

90回 / 336日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2018/11/20

ブーンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 25,499位 24,321位 24,189位 21,228位 19,424位 18,110位 19,481位 975,502サイト
INポイント 0 10 10 0 10 20 10 60/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 2,146位 2,107位 2,096位 1,977位 1,885位 1,881位 1,898位 58,002サイト
犬情報 3位 3位 2位 1位 2位 2位 2位 431サイト
猫ブログ 1,560位 1,545位 1,558位 1,534位 1,491位 1,429位 1,486位 28,165サイト
猫情報 9位 9位 9位 9位 8位 8位 8位 356サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 63,358位 65,295位 65,408位 76,655位 圏外 圏外 圏外 975,502サイト
INポイント 0 10 10 0 10 20 10 60/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 4,964位 5,100位 5,141位 5,871位 圏外 圏外 圏外 58,002サイト
犬情報 13位 13位 14位 15位 圏外 圏外 圏外 431サイト
猫ブログ 2,740位 2,800位 2,782位 2,982位 圏外 圏外 圏外 28,165サイト
猫情報 22位 22位 23位 27位 圏外 圏外 圏外 356サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,502サイト
INポイント 0 10 10 0 10 20 10 60/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
犬ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 58,002サイト
犬情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 431サイト
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,165サイト
猫情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 356サイト

ブーンさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ブーンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ブーンさん
ブログタイトル
くるみの小部屋
更新頻度
90回 / 336日(平均1.9回/週)
読者になる
くるみの小部屋
  • 犬が甘える仕草をする時の気持ちとは?その意味と理由

    犬が甘える仕草を見せてくれると、とても愛おしく飼い主みょうりに尽きるというかすごく嬉しい気持ちになりますね。 その甘える仕草にも色々と違いがありますが、その違いには意味があるのでしょうか?犬はどんな気持ちを表しているのでしょうか? 今回はそんな犬の見せる仕草の違いから解る犬の気持ちについて考えていきたいと思います。 犬が甘える仕草をする時の気持ち 1・前足を乗せる 愛犬が片方の前足をチョイチョイと招くように私達の手や足に当ててきたり、両前足を乗せてくる時があります。こんな時のワンちゃんの気持ちはと云いますと、「私にもっと注意を向けて!」という感じの独占欲の現れた行動と云えますね。 甘えの強い犬に見られる行動です。 前足を乗せてくる行動というのは飼い主からすると可愛い仕草に感じますが、実は優位性を示す仕草だという事をご存知でしたでしょうか? 甘えの中にワガママな気持ちの傾向が強く出ていてる行動ですので、この時に、ワンちゃんの要求に安易に答えてあげると「自分は飼い主より立場が上なんだ」と勘違いする恐れがあります。 2・あごを乗せる 飼い主が座っている時などに、足や腕に体を預けたまま顎を乗せてきたりしませかんか?。犬がこんな行動をするのは、飼い主に対して信頼して安心しているからできる行動です。 スキンシップを大切に考えている犬にとって、体を預け顎を乗せる行為は貴方を頼れる存在と認識して安心感を得ているという事になります。 3・顔を舐めてくる 口の周りをぺろぺろと舐めてくる行為も犬にとっては大切な愛情鵜表現の一つです。 これは子犬の時の母親にご飯をねだる時にする行為の記憶からする行動で、あなたに対して親の様に安心して接することが出来る存在と認識していることになりますね。 この仕草には「大好き!」の他にも、「おなかすいたよ!」などの要求の気持ちも含まれる場合もありますので、ワガママに発展しない様に心掛けてください。 4・お腹を見せてくる

  • 犬の寿命はどの位?愛犬を長生きさせる方法とは?

    犬を飼う前、そして飼い始めてからも、いつも頭の片隅にあるあまり考えたくない問題。 それは、、、 自分より先に愛犬の方が先に旅立ってしまう事。 犬の寿命は、人間の寿命に比べたら短い。 こればっかりは、今の獣医学でもどんなにお金をかけても、犬の寿命が人間と同じ期間にはならないのです。 ですが、、、 かけがえのない家族の一員である愛犬。 「少しでも長く一緒に居たい」と、誰もが考える事でしょう。 犬の寿命はどの位? 犬の平均寿命は一般的に、 ・超小型犬の場合は15才位。 ・小型犬は14才位。 ・中型犬は13才~14才位。 ・大型犬は12才~13才位 ・超大型犬では、10才位 と云われます。 では、犬の寿命とはどの様にして決まってくるのでしょうか? 基礎代謝量 犬の寿命には代謝量が関係していると云われております。 代謝量とは、運動をせずに安定状態での、心臓の動き、呼吸、体温調節など、生命活動に必要な最小限のエネルギー量を基礎代謝量と云います。 そして、代謝量が低いと寿命が長く、代謝量が高いと寿命が短くなると云われます。 ネズミは代謝量が高く寿命は3年ほどであり、代謝量が低い象は寿命が長く数十年生きる様に犬も例外ではなく、代謝量に関係した寿命になります。 活性酸素 では何故、代謝量が高くなると寿命が短くなるのかというと、代謝により発生する活性酸素が影響するからなのです。 生物にとり酸素というものは猛毒なのです、、、生きるために必要な酸素が猛毒とはおかしいと思われるでしょうが、酸素はほかの物質と反応しやすく、その反応の結果出来る活性酸素による悪影響が全ての細胞に及ぼされる為、細胞には寿命があります。 その為、組織の細胞は絶えず細胞分裂を繰り返し新しくなっていくのです。 ですが、細胞も無限に分裂をできるわけではありません。細胞分裂できる回数は決められています。代謝の全体量は限られているので、個体にも寿命があるという事になってしまうのです。 心拍数

  • 犬に嫌われる人の特徴とは?

    「犬が大好きなのに何故か嫌われてしまう、、、。そばに寄って来てくれない。」そんな方、、、いますね。 犬好きの方なら、本人にとっては深刻な悩みでしょう。 その一方で逆に何もしていなくても、犬にすごく懐かれるって人もいますよね。 その人自身が犬好きか嫌いかは関係なくてもね。 この違いは、何なんでしょう? 何か犬に嫌われる行動があるのでしょうか? 今回はそんな疑問にこたえたいと思います。 犬に嫌われる人の特徴とは? 犬に避けられる人、、、それは、知らず知らずのうちに「犬に嫌われる行動をしてしまっている」という事になります。 つまり本人的には犬に対して好意をもって接していても、犬にとってその行動は不安にさせられたり、あるいは恐怖感を感じる事になっている場合があるという事です。 これはお互いにとって不幸な事ですよね。 出来れば避けたい。 では具体的にどのようなことが犬に避けられる事になるかを説明したいと思います。 大きい声 犬と接する上では「声」というのは大事な要素になります。 犬は優れた聴覚を持っているのもありますが、犬にとっては普通の人間の話す声ですらうるさいと感じることがある様なのです。 「キャー可愛い!」と犬好きな人が興奮して犬に近づこうとしても、警戒されて避けられる光景が見られる場合がありますね。 犬の側からすればその人の「犬が好き」の行動を好意的に受け止めるより、その甲高い声のトーンにビックリして恐怖心を抱いてしまい、攻撃的な態度を取らせます。 犬は高い声や騒々しい行動などが苦手なのです。犬と接する時には、大きな声を出す必要などないのですよ。 私たちの「話し声」には自分では意識していなくても様々な感情がこもっているものなのです。 そして人間の声に含まれている感情を犬はとても敏感に読み取っています。 穏やかに話しかけるだけで伝わるのですよ。 感情的になる

  • 犬 くしゃみ 原因 病気 対処法

    犬のくしゃみ 1日に2~3回なら気にする必要はない。頻繁にするようだったら注意。 犬のくしゃみのメカニズム これは、鼻腔内に入った異物の刺激により引き起こされるものです。鼻の中に入った異物を体内に取り込まない為、反射的に息を吸い込みそして勢いよく吐く動作が「くしゃみ」の引き起こされるメカニズムです。 異物がそのまま体内に入れば病気を引き起こす恐れがあるので、それを防ぐ為の体の防御機能ですね。 犬のくしゃみの原因 犬の「くしゃみ」には大きく分けて、生理現象としての「くしゃみ」と、病気の症状として出る「くしゃみ」の2つになります。 ワンちゃん自身の毛、埃や塵など異物が鼻腔内に入り刺激を受けると生理的な反射、急な 生理現象の方は原因がはっきりしている分、犬の「くしゃみ」でも、安全な「くしゃみ」と云えます。 異物が外に出てしまえば収まるものなので、ことさら心配するようなことではありません。 ほこりなどの異物によるくしゃみ 散歩の最中はワンちゃんは夢中で嗅覚を使い探索中です。このようなときは異物を吸い込む危険性が高くなるのは必然ですので、飼い主の方はワンちゃんの匂いを嗅ぐ動作には注意を払う必要があります。 家の中でも埃による「くしゃみ」を引き起こす恐れがありますね。ハウスダストにはアレルギーを引きを超す場合があります、1度アレルギーを引き起こしてしまうと治療には長期間かかることにもなりますので、それを防ぐためにもお部屋の掃除は欠かさないようにしましょう。 刺激臭によるくしゃみ 刺激臭によっても「くしゃみ」は引き越されてしまいます。ワンちゃんは嗅覚がすぐれている為に、人間では問題ないレベルの刺激臭でも「くしゃみ」を起こしてしまいます。 アルコール臭や殺虫剤、柑橘系の芳香剤や香水、たばこなどはワンちゃんの鼻を刺激しやすいと云えますのでワンちゃんの側からは遠ざける様に気を配ってください。 他にも、光などにより神経が刺激されて出る「くしゃみ」もあります。 犬のくしゃみでも危険なくしゃみ 犬のくしゃみでも安全なくしゃみ 犬 くしゃみ 病気 犬 くしゃみ 対処法

  • 子犬の低血糖症には要注意!

    おうちに迎えたばかりの子犬。 容姿やしぐさの可愛さ、そして新しい家族を迎えた喜びでとても幸せな瞬間ですね。 そんな時程、気を付けないといけないのが子犬の健康です。 子犬は十分に体も免疫も出来上がっておりません。その為、成犬なら重篤にまでに至らないような事でも子犬の場合は一気に進んで体調を崩してしまう恐れが高いのです。 そして注意しなければならないのが、子犬の「低血糖症」です。気が付いてあげられず、放置していると短時間で死に至ってしまう可能性があるのです。 愛犬を守るためのも「低血糖症」について考えていきましょう。 子犬の低血糖症の危険性 血液中に含まれる糖分濃度(=血糖値)が低くなることで起きる病気が低血糖症です。 身体を動かす為に必要な燃料といえるものがブドウ糖(=血糖)です。ブドウ糖を燃やすことで動物は様々な活動を行うことが出来るのです。 その血糖値が下がると身体が正常に機能しなくなり様々な症状を引き起こす事になるのです。 そして生後3ヶ月頃までの子犬は低血糖症を発症しやすいと云われております。 子犬が低血糖症になり易い理由は? 何故、子犬の時期に低血糖症が発生しやすいのでしょうか? 身体を正常に機能させるためにはエネルギー源であるブドウ糖を一定保つことは必要でありとても重要です。 そしてその役割を担っているのが肝臓なのです。 肝臓は食事により分解され取り込まれたブドウ糖をグリコーゲンと呼ばれる物質に変換させ貯蔵の役割を果たしたおり、血液中の血糖値が低くなると、このグリコーゲンをブドウ糖に戻して血液中に放出し血糖値の調整しているのです。 この肝臓の 危険性 低血糖とは? 症状 原因 治療 子犬 低血糖 予防 子犬 低血糖 フード

  • 犬が拗ねてしまった時の対処法とは?

    愛犬が「拗ねて」しまった!との経験をされた飼い主の方も居るかと思います。 愛犬のそんな行動を見ていると微笑ましく見てしまいがちになってしまいますが、そのまま何も対処をせずにいると愛犬との信頼関係にひびが入る恐れがあるとしたら笑ってみていることもできないですよね。 今回はそんな行動をとってしまった愛犬に出来る事、してあげたいことなどを考えていきたいと思います。 犬が拗ねた時の対処法 前回は犬が「拗ねた」時の仕草や行動、理由についてお伝えしましたので、今回は「拗ねた」時の対策について考えていきたいと思います。 敢えて放っておく 拗ねてしまったワンちゃんを敢えて放っておく事も時には必要になります。 時間がたてばワンちゃんの機嫌も収まり解決する場合があるからです。 一時的な「拗ねる」行動なら、敢えてかまわない事が良い結果につながる時もありますよ。 焦って愛犬の機嫌を取ろうとかまいすぎてしまい、イライラさせて余計に機嫌を悪くさせ解決を長引かせることにもなりかねません。 ワンちゃんにも一人きりで過ごす時間を与えることも必要です。 運動によりストレス発散 ワンちゃんに溜まってしまっているストレスがある場合は、定期的な運動をする事により低減させることができると思われます。 ドックランなど広い場所で身体を大きく動かす運動をすれば、程よい疲労感から睡眠にもいい影響を与えるでしょう。 飼い主の方との一緒の運動ならば心と体の満足感からストレスの解消が期待できますね。 躾の大切さ 小さいころからの躾がちゃんと成されていないと、ワンちゃんは直ぐに拗ねてしまう行動に出てしまうでしょう。 叱られる事、自分の要求が通らない事、主従関係を確立させて飼い主に従う事、幼い頃からこれらの訓練や躾に慣れていれば、普段ワンちゃんも要らぬストレスを抱え込まないでいられるのです。 躾の過程では「褒めてあげる」事も含まれていますよね、そうすると躾られていてもワンちゃんもストレスを受けづらくなるのです。 スキンシップの大切さ

  • 犬が拗ねる事ってあるの?

    あなたの愛犬は「拗ねる」時がありますか? 飼い主からしたら、愛犬が「拗ねて」いる姿も可愛いと思ってしまいますよね。 ですが、軽く考えて対応をなおざりにしていると、愛犬との信頼関係にひびが入る事にもあるのです。 今回はそんな犬の「拗ねる」時の行動や理由について考えていきたいと思います。 犬が拗ねる事はあるの? 犬は拗ねます。 犬はとても感情の豊かな動物です。我々人間に対しても喜怒哀楽の感情を表情も含めてはっきりと見せてくれます。 仲間意識も強く一緒に暮らしてい信頼関係のある人間を家族として意識してくれますね。そして感受性も強い為、環境や些細な飼い主の行動により喜んだりストレスを受けたりと繊細な動物でもあります。 その為自分が感じた気持ちをアピールするため「拗ねる」という行動をそるのですね。 これは重要なサインとも言えます。 犬が拗ねている時の行動とは? この重要なサインを見過ごしてしまわない為のも、犬の「拗ねる」時の行動からご紹介していきたいと思います。 無視をする 一番分かり易い行動とも言えますね。 いつもだったら名前を読んだら嬉しそうな顔をして飛んできて頭や体を擦りつけてくるのに、こちらを「チラッ」と見てそのまま無視。 何度呼んでも反応が無い,これは相当機嫌が悪いですね。 呼ぶたんびに何所かしら「ピクッ」と動いて、反応するのを我慢して様子が窺えるので耳が聞こえなくなってるわけではなさそう。 イライラや嫌な気持ちを飼い主の方に伝えるために、犬はこの様な行動に出ることがあります。 ふて寝をする 「無視」と似ている行動ですが、こちらは犬がご主人に対してがっかりした時や気分の後込んだ時などに見せる行動です。 こちらに背を向けだらりと寝そべって飼い主の言葉にも反応しなかったり、自分の寝床に入り寝たふりをして目だけ動かして様子をうかがって居たり、そのまま眠りこけてしまう事もありますね。 あくびをする 暇そうにあくびをしていると普通はリラックスしていると考えてしまいますよね?

  • 犬が外を見ている時は何を考えているのか?

    家の中で犬を飼っている飼い主の方ならよく目にする光景として、窓から外を眺めている愛犬の後ろ姿。 「何を考えているんだろう?」 犬が外を眺めている時は、やはりいろいろ考えているのです。 それは、表情やしぐさによって表現されています。 今回は、そんな外を眺めている犬の心理をご紹介したいと思います。 犬が外を眺める心理1鼻をクンクンしている時 窓辺の周りや外の空気の匂いをクンクン、、。犬の嗅覚はとても優れていますので、外の天気や様子の情報収集をしているのですね。 「この後はお散歩に行くのかな?」「今日の日差しは暖かいな」などと考えているのかもしれません。 犬が外を眺める心理2小首をかしげている時 ワンちゃんはこちら側で何かをしている時や話しかけた時に、小首をかしげる仕草をする時がありますね。 この仕草はワンちゃんが疑問に思ったことや興味を持った事を理解しようとしている時にするものです。飼い主には愛犬がとても可愛く見える仕草です。 そんな仕草で外を見ている場合は、愛犬が外の動きや音などに興味を持って理解しようとしているのかもしれません。 犬が外を眺める心理3

  • 愛犬の為に!駄目な叱り方と正しいり方

    犬の駄目な叱り方1叩く 一昔前でしたら犬を叩いてると云うのは、当たり前に行われていた事でした。その為、高齢な方たちの中にはいまだその価値観をもって犬に接している方もおられます。 確かに叩いて云う事を聞くようになる事もありますが、でもこれは恐怖心から云う事を聞くというだけで、その一面において効果があっただけです。 愛犬に与える恐怖心やストレスを与え続けていると怯えから飼い主の方に対して、委縮した態度を取りようになるか防衛本能から攻撃的な行動を取る場合もあります。 この様な叱り方は、愛犬との信頼関係を壊す壊す行為になり、メリットよりデメリットの方が大きくさけたほうが良いと云えます。 犬の駄目な叱り方2怒鳴る 犬の駄目な叱り方3時間が経ってから叱る その瞬間、その場で叱らないと犬には効果がありません。 何故ならば 犬の駄目な叱り方4毎回叱り方が異なる 人間相手にする時も同じですが、感情的になってることはいけない事です。 感情的になってしまうと論理的な一貫性が無くなってしまい相手も理解できない事になります。 同じことをしていても、叱られる時と叱られない時があったりすれば、これは犬の側からしたら、とても混乱すると思うんですよ。 感情的になる人は、普段から犬に対する接し方も違ってきていると思います。これでは躾が上手くいかなくなることが多くなります。 るときは、感情に任せず一貫性をもって犬に接するようにしましょう。

  • 犬が誤飲をしてしまう理由とは?

    犬が誤飲をして時はどんな時でしょうか? 人間の食べ残しを食べられてしまう、散歩中に外での拾い食い、床に落ちていた食べ物以外の物を食べられてしまう等、色々な場合があります。 対処療法だけではなく根本原因を解決すれば、犬の誤飲を防ぐことにつながる事になると思われます。 今回は、犬が誤飲をしてしまう理由から考えていきたいと思います。 ・犬が誤飲をしてしまう理由 犬の本能に起因する? 理由その1「ご褒美」と捕えてしまう おもちゃとして与えたものを犬が噛んで遊んでいても、飼い主としては犬用のおもちゃなので安心感がある為特に犬に対して注意を向けていないですよね。 犬としては飼い主の関心が自分に向いていないことに不満を持っていたとします。 このときに犬が故意にしろ偶然にしろ飼い主が想定していないものを口にしたら飼い主の方は慌てて犬からその物を取り上げようとしますよね。 この飼い主の行動を犬は自分に注意を向けてくれた、構ってくれたと感じたとしたら、それは犬にとって「嬉しい」「ご褒美」という記憶になってしまうことになります。 その為、その行為を飼い主の関心を引くために繰り返してしまう事になってしまいます。 理由その2本能 大昔の犬が人間との関わりを持つ前の時代には野生の動物として当たり前に自分で食べ物を探していたことを考えると、犬が嗅覚により食べ物を見つけてそれを口にして食べる行為はごく自然な行為です。 飼い主の側からしたら毎日食事を与えているのにと思いますが、人間もそうですが最低限の必要量を食べていても食欲が満たされるとは限りませんし、人間は理性で抑えられますが犬は生き物の本能としていつ食べられるかわからない食べ物を摂取できる時には可能な限り取ろうとするのは当たり前なのです。 それに犬が口の中に物を入れる行為には食欲以外でも物を調べる時やモノを運ぶ時にもする事があるそうなので、必ず飲み込むとは限らないのです。 犬は食べるためだけに物を口に入れるわけではない。 野生時代の本能。 ・何故繰り返すのか?

  • 犬の誤飲で一番危険なのは?ひもで死に至る?

    犬と一緒に生活する中で気を付けなければならない事の一つに誤飲があります。 家の中には犬が間違って飲んでしまうと危険なものがいっぱいあり、室内犬の場合は生活空間が一緒のため誤飲の可能性が高まることになります。 ペットの誤飲には大きく分けて2つのタイプがあります。 それは「異物」と「毒物(中毒)」です。 「毒物(中毒)」の方が危険度が高く思われますが、「異物」の場合でも死に至るケースがあるのです。 死に至る可能性のある「異物」とは? 今回は「異物」の誤飲について考えていきたいと思います。 犬の誤飲「異物」 犬は様々なものを飲み込む可能性があります。ティシュ、ペットシーツ、キーホルダー等々口に入る大きさならば何でも考えられます。 誤飲をしてしまったのを見つけた場合は慌ててしまいますが、消化できるものならば、経過観察により問題が出ない場合もあります。しかし「異物」の種類によっては時間の経過とともに状態が悪くなり重篤な症状から命にかかわることにもなりかねません。 そんな「異物」のケースで、1番の曲者は意外にも、、、。 犬の誤飲「異物」で一番危険なのは「ひも」 「異物」の中で一番死亡例が多いものが「ひも」なのだそうです。 「線状異物」という言葉もあるくらい発生するケースが多く、死亡例も出ています。 「線状異物」とは、紐や糸などの直線的な形状の物体を指し、これを誤飲してしまった時に使われます。 ではなぜ「ひも」で死亡にまで至ってしまうのでしょう? 肛門から「ひも」が出ている! 腸の形状を見ると、くびれていますよね? ですので、線状のものが腸の中に入りますと、腸の螺旋運動の動きに伴って下流(肛門に向かって)に流れていく時に引っかかることになり、線状のものが長ければ長い程引っかかる箇所が増える可能性があるのです。 そして引っかかった状態と腸の動きの結果として、アコーディオンカーテンを引き絞る様に腸が巻き上げられることになります。

  • 犬のうんちの回数は?増えた時と減った時

    愛犬の普段のうんちの回数が増えたり減ったりした時は、飼い主のとしては気になりますよね。 犬のうんちの回数は何回が普通なの? 正常なうんちの回数という決まりは存在しません。 1日に与えている食事の回数が1日の便の回数の目安ともいわれますが、個体差もあるため一概には言えません。 1日1回のワンちゃんも居れば、1日3回のワンちゃんも居ます。ですので、そのワンちゃんの正常な回数といえば普段の平均回数を指すのではないでしょうか? 犬のうんちの回数の増減には注意を払って ご自分の愛犬のうんちの平均回数が把握できたなら、ウンチの増減にも注意を払うようにしましょう。何故ならば、回数の変化には愛犬の健康に関わる原因が潜んでいる可能性があるからです。 うんちの回数が増えた時は? ウンチがの回数が増えるという事は、口から入れたものが正常に消化吸収されずに早いスピードで肛門から出てくるという事ですよね。 どういう原因が考えられるのでしょうか?病気の可能性は? ドックフード ドックフードにも消化の良い悪いの違いが出るものがあるのをご存知でしょうか? 犬が元々は肉食の動物なのは皆さんご存知だと思います。 しかし現在売られているドックフードの多くは、値段を下げる為や内容量を増やす為、日持ちを良くするために小麦粉やトウモロコシ等々穀物類が多く入っています。 元来肉食の犬にとって、穀物類の消化は得意ではありません。 食物繊維の多く含まれているドックフードの場合は、消化不良を起こしやすく便の回数が多くなりがちです。この場合は、消化の良いドックフードに変えることにより便の回数を減らすことが出来ます。 掛かりつけの獣医さんに普段与えているドックフード持っていき、アドバイスを受けてみるのも良いかもしれませんね。 下痢 他に回数が増える原因として考えられるのは、大腸性の下痢の場合があります。 散歩時にしかうんちをしなくならない様に散歩の時間を変えてみる。散歩に行かなかったりする。家でウンチをしたときに褒めてあげる。

  • 犬にも笑顔はあるの?

    犬は暑いときなど体温調整のためにパンティングをしますよね。 人によっては、その様子が笑顔に見えるだけで犬は笑顔を作っている訳では無いと云います。 本当でしょうか? 今回は、犬の表情について考えていきたいと思います。 犬の笑顔は後天的な能力 犬に感情があることについては、犬が笑顔を作ることに否定的な人でも異論は無いと思います。 では、笑顔を作る行為は人間だけなのでしょうか? 笑顔を作るのは類人猿 笑顔を作る動物といわれて思い浮かぶのはチンパンジーがいます。「○○動物園」などのテレビ番組で見ていればそう感じますよね。 実は人間以外で先天的な能力として笑顔を作るのは、類人猿だけと云われているようです。そしてチンパンジーは人間と共通の祖先が比較的に近いので笑顔を作る能力があるのですね。 犬も笑顔を作る 飼い主氏が帰宅した時や、散歩の準備をしている時には犬が尻尾を振ったり飛び跳ねたりしながら喜びを表現しますよね。 その時の表情も明らかに笑顔に見えます。 では何故笑顔は類人猿だけだと云うのでしょうか? それは、犬が笑顔を作る行為は後天的に身に着けた能力だからという事になるからです。 どういうことかといいますと、犬が笑顔を見せるのは本来の習性ではなく人間との生活の中での身に着けた

  • 犬に桃を与えても良いの?

    夏の代表的な果物の桃、皆様の食卓に上る機会も多いと思います。 そんな時は愛犬にもちょいとおすそ分けと思うものですが、「犬に桃を与えてはいけない」と云う話を聞いた事がありませんか? 逆に「大丈夫」と云う話もあり、どっちが本当なんだろうと思った方もいらっしゃると思います。 今回はそのことについて考えていきたいとおもいます。 犬に桃を与えても良いの?駄目だとも聞くけど本当のところは? 桃は犬に与えても問題の無い食材なのです。 では、「犬に桃を与えては駄目」という意見があるのはどうしてなのでしょうか?根拠とは何なのでしょうか? それは、「アミグダリン」と云う桃に含まれている毒性のある成分のせいだと思われます。 しかし、この「アミグダリン」と云う成分は、熟した桃の果実には含まれてはいないと云われます。含まれているのは種と熟していない実の部分、それと皮と葉の部分なのです。 「アミグダリン」の毒性について説明しますと、体内に取り込まれて消化分解すると青酸化水素が生成され中毒症状をおこし、最悪の場合は死に至ると云われます。 ですが、これは大量に摂取した時の話です。 人間の青酸化水素による致死量は60mgといわれ、梅の実を100から300個を体内に入れた時に発生する青酸化水素の量になりますので、過度な心配は不要と思われます。 ですので、熟した桃の種と皮を取り除いて犬に与える分には何も問題はありません。 むしろ、桃を与えた時のメリットの方が大きいと思われます。 犬に桃を与えても良いの?桃の効能 桃にはカテキンやカリウム、ペクチンが含まれています。 この、 仮に犬が種を一個、飲み込んでしまって発生する毒性よりも、それによって引き起こされる腸閉塞の可能性の方が心配になりますね。 犬に桃を与える時に気を付けること まとめ

  • 犬には霊感があるの?その不可解な行動の理由は?

    何もない場所を見つめながらジッと動かない。 または激しく吠えたてる。 何かがいる様に、威嚇して唸っている。 など、犬には何かが見えているんじゃないか?と思わせる行動をする事がありますね。 何も見えていないこちらとしては、ドキッとさせられてしまいます。 よく言われるように霊が見えているのでしょうか? それとも、他に理由があるのでしょうか? 今回はそんな犬の不思議な行動について考えていきたいと思います。 犬には霊感があるのか? 私たちには見えないのに、まるで誰かがそこに居るような対応を犬が取ることがありますよね。 いきなり二匹の犬が、何も居ない同じ個所を見つめながら吠え出したとか。何かの動きを目で追っているなど。 普段霊の存在になど関心を持たない自分でも、「犬は霊感を持っているんじゃないかと?」考えてしまいます。 何故そう思ってしまうかといえば、犬は人間より優れた感覚を持っている事を知っているので、自分では感知できない何かを感じ取っているんではないかと、期待半分思ってしまうんですね。 何が見えているのか? 身もふたもない事を云うことになりますが、科学的には犬に霊が見えているという事は証明されていません。 まあ、霊そのものの定義がはっきりしていないので何とも言えないのもわかりますが。 無くなった人の姿や匂い意思などがこちらに伝わる状態全般を指すのが霊と呼ばれる存在だとすれば、人には感じられなくても犬には感じ取れているのではないかと言えるかもしれません。 犬はUV波を視覚している 人間には見えないモノで犬には見えると云うことで言えば、イギリスの研究者から「犬や猫などの動物は、人間が思っているよりもUV波を視覚化している」との発表があったそうです。 UV波=紫外線とは、太陽から放出される光の中で、人間の目に見える「可視光線」と見えない「不可視光線」に分かれる「不可視光線」に属するものです。 犬と人では見えている色彩が違うと云うことになり、霊の存在が紫外線と同じ波長を持っている存在だとの説に従えば犬には霊が見えていると言えなくもないことになりますね。

  • 犬の記憶力ってどのくらいなの?

    躾関連の話の中では、犬は一分前の事も覚えていないので起こるときは必ずいけないことをした直後にしなければいけないと云われます。 一方で、離ればなれになっていた飼い主の事を、何年も後に再開した時に覚えていたというエピソードもあります。 どちらが正しいのでしょうか? そんな犬の記憶について今回は少し考えていきたいと思います。 犬の記憶力 記憶には種類があります。ご存知でしたか? 「感覚記憶」 「短期記憶」 「中期記憶」 「長期記憶(連想記憶)」 があり、そしてそれぞれの記憶している保存期間が異なってくるのです。 短期記憶 犬の記憶にも「短期記憶」と「長期記憶(連想記憶)」があるそうです。 一分前の記憶も覚えていない、、というのは短期記憶になりますね。 犬の「短期記憶」は10秒程度しか持たないそうで、人間の「短期記憶」の数十秒から数十分に比べるととても短い様です。 そしてこの違いが、人間と犬との意思の疎通についてズレが生じてしまう原因になってしまうのです。 一分前に「トイレ以外でおしっこ」をしてしまった事で叱られても、犬には「トイレ以外でおしっこ」と「られた」ことが繋がらない為また同じことを繰り返してしまうのです。 飼い主の方は、「った理由が犬に伝わっているはずなのに、何故繰り返すのか?」と思い、こちらも同じことを繰り返す悪循環に陥ってしまうます。 連想記憶 しかし、「トイレ以外でおしっこ」の短期記憶が残っている間に叱ることが出来れば、犬は「トイレ以外でおしっこ」と「られた」が連想記憶として残ることになります。 連想記憶とは、物事を関連させて記憶する事を指し、犬はこの連想記憶が得意といわれております。 犬の記憶力は悪くないのです。一度怒られたことを繰り返すのは良い事と悪い事の判断が出来ない為なので、「トイレ以外でおしっこ」で「飼い主にられて嫌な思いをした」が関連付けられたら連想記憶として長期記憶されることになります。

  • 犬同士の喧嘩!回避の方法は?止めるには?

    散歩の途中に他の犬と出会い喧嘩になってしまった。または、自分の愛犬より体の大きな犬に追いかけられて怖い思いをした。 そのような経験をされた方も居らっしゃると思います。 幸いにもまだそのような経験はしていないけどという方も、できるなら避けたいと思いますよね。 では、未然に喧嘩を避ける為にはどうしたらよいのでしょうか? そしてけんかに発展した場合の対処方法は? 今回は、そのことについて考えていきたいとおもいます。 犬同士の喧嘩!その理由 まずは犬が喧嘩をする理由は何だと思いますか? 一つは犬同士の序列を決める行為。 犬は元来群れを作って生活をしてきましたが、その中で序列を決めていなければ群れの統率が取れなくなりバラバラになってしまいますよね。 その為本能的に主従関係を決めようとするのです。 それに関係してテリトリーの防衛。自分たち又は自分を守るための防衛行動ですね。 その他にも、遊びの中で興奮が高じて喧嘩に発展してしまう場合もあります。 犬同士の喧嘩!回避するには? 喧嘩になる理由には状況も関係してきます。 散歩の最中に気を付ける事 散歩の中でほかの犬との接触により喧嘩になってしまうことが考えられますね。 犬の社交性を育むことを考えれば、他の犬とのかかわりを持つことは良い事なのでしょうが、それも相手によりけりです。 向こうから犬を連れた人が来た時、先ずは犬の種類と大きさ、それに連れている人を観察してみましょう。 自分の連れている犬よりも相手の犬が大きく、(例えば年配の女性のような)連れている人が犬の突発行動を制御できるのかが不安に思える場合は注意が必要ですね。 その犬が吠えてきたり興奮しているそぶりを見せてきた時は、出来るだけ距離を置いてすれ違うようにするか、別方向にコースを変更するのが無難です。 愛犬が小型犬の場合は、抱きかかえてその場を離れるのも危険回避に必要かもしれません。 ドックランでの注意点

  • 愛犬の口臭が気になる!原因と対策

    「愛犬に口臭が出て来た」「臭いが強くて来たかも」と感じた時がありませんか? 「今まで臭わなかったのになぜ?」、やはり一番に気になるのは「原因は何か?」ですよね。 そして、臭いの原因が体調によるものなのか、病気なのかも気になります。 臭いにも、「生臭い臭い」「酸っぱい臭い」と色々あります。 そのどんな臭いがするかによって、原因の目安がたてられるって事をご存知でしたか? 今回は原因の見分け方とその対策の仕方について考えていきたいと思います。 愛犬の口臭の原因は? 先ずは「どんな臭いがするか?」を確認してみましょう。「魚臭い」「生臭い」などのにおいがした場合は、口の中が乾燥している事が考えられます。 口腔内の乾燥 犬は体温調整のため「ハァハァ」と口で呼吸をしますね、暑い時期や運動の後には尚更頻繁にするようになります。 それに、鼻炎など鼻詰まりにより常時口を開けている状態が続いたり、水分の摂取量が足りない時は口腔内の水分が多く失われてしまう為、乾燥して唾液が濃縮してしまい口臭の原因になってしまうことがあります。 夏場に「生臭い」と感じる時があったならば、口腔内の乾燥を疑ってみてください。 口腔内の疾患・歯周病 愛犬の口臭対策

  • 雨の日の犬の散歩は必要なの?

    「愛犬の散歩は毎日言ってますよ」と言われる飼い主の方はたくさんいらっしゃると思います。 朝晩2回の方も居れば、もっと連れていく方も居ます。 では、雨の日にはどうしていらっしゃいますか? 犬の散歩の必要性 犬は一日に多くの運動量が必要とされる生き物ですので、その運動量に達しなければ必然的にストレスを感じるようになります。 小型犬の場合は、室内での遊びなどでいくらかは運動量を満たすことが出来るでしょうが中型犬以上にもなればそれだけでは足りないことにもなります。 運動量が満たされれば、食欲の増進にもつながり筋力の維持や新陳代謝の異常も回避できますね。 それに散歩により広い空間での気分転換、他の人や犬との接触による社会性の獲得などメリットも多く、犬の散歩は愛犬の肉体的にも精神衛生的にも健康管理のためには必要な事とだと云えます。 雨の日の散歩は必要なのか? 雨の日の散歩は飼い主さんの都合ですが、正直行くのが面倒だなと考えがちになります。 特に毛の長い犬種を買って居らっしゃる飼い主の方の場合は、どうしても足やお腹の部分の毛が汚れてしまうので散歩から帰って来てから洗うことを考えると億劫になってしまいます。 散歩の重要性は分かりますが、必ず雨の日や毎日行かなくてはならないものなのでしょうか? そんなことはないと思いますよ。 「雨の日の昨日は行けなかったけど今日は行けるね」でも良いと思われます。 強迫観念に取りつかれたように「どんなことがあっても毎日散歩に行かなければ」とは考えなくてよいと思います。毎日散歩に行けなくてもそんなに直ぐにワンちゃんに異常が出るモノではないのですから。 むしろ毎日同じ回数、決まった時間と決めていたり犬に催促されたりで出かける事に依る弊害もあります。 お散歩が犬主導のものになっていて、犬と人間の立場が逆転していてはいけませんしね。散歩は人間主導で、時間も回数もそして天候によっても人間の都合で決めてよいのです。 「うちのワンちゃんは外でしか排泄が出来ないから」という場合もありますが、それはまた躾の問題になりますね。

  • 犬の嫌がる音!ストレスを与えない為には

    犬と私たち人間との生活の中での避けられないものの中に、生活音の問題がありますね。 犬は人間に比べ聴覚が発達している為、人間には何でもない音でも犬にとっては大変なストレスを与えている恐れがあります。 犬にとっての苦手な音とは、どの様なものなのでしょうか。 愛犬に嫌な思いをさせない為にも、生活の中での避けたい音や方法などを考えていきたいと思います。 犬の嫌がる音を知る必要性とは? 何故、犬が嫌がる音を知らなければならないのかと言いますと、無用なストレスを与えない為です。 犬の嫌がる音 犬が嫌いな音にはどんな特徴があるのでしょうか? ・掃除機 ・ドライヤー ・雷 ・花火 ・工事の金属音 ・車や電車、飛行機などのエンジン音 ・チャイムやブザー音 等々生活の中で聞こえる、嫌がる音を挙げてみましたが。 犬が本能的に嫌がる音と後天的に嫌がるようになった音に分けられと思います。 本能的に嫌がる音 本能的に嫌がる音の特徴は「突発的(予想できない)な音」「大きな音」「普段耳にしない音」などで、「恐怖心」を煽る音になります。 私達も雷や花火など予測していない時に聞こえたらは、びっくりしますし大きい音なら本能的に恐怖心を抱いて心臓の鼓動が勝手に早くなったりしますよね。 ドライヤーや掃除機の音は私たちには予測できる音ですし、恐怖心を抱く程大きい音ではありませんが。 聴力の敏感な犬には人間よりも大きく聞こえるため、尚更恐怖心を掻き立てられることになります。 後天的に嫌いになる音 嫌な思いをしたor怖い思いをした時に聞こえた音などがあります。 シャンプーの嫌いな犬の場合必ず最後に耳の側で大きな音を立てるドライヤーの音などは嫌いになりますし。一人でお留守番してい居て心細い状態の時にいきなり聞こえてきたチャイムの音など当てはまると思います。

  • 犬の目にゴミが入ってる!正しい対処の方法

    犬の目は人間に比べると顔の比率から考えると大きいですよね。 そのせいではないでしょうが、目にゴミが入っていることが多々あります。 私たちだとゴミが入っているとすごく気になりますが、犬は意外と平気にしている事が多いです。 そのままにしていて大丈夫なんでしょうか?それともごみを直ぐに取ってあげた方が良いのでしょうか? 正しい対処の仕方をお伝えしたいと思います。 犬の目のゴミが入っている!取っても良いの? 結論から申し上げて、愛犬の目にゴミや毛が入っているのを見つけても、慌てて取る事はしない方が良いです。 何故ならば、そのままにしていても自然に取れてしまうことが多いからです。 犬の目を見て頂ければ目の表面には涙が覆っているのが解ると思いますが、異物が入り込むと更に涙が分泌され、瞬きと共に目の際に流され落ちてしまいます。 無理に取る方が危険 あなたが犬の目のゴミを取ってあげようとする時、何を使おうと思い浮かべますか? ティッシュペーパー?指?タオル?綿棒? どれもNGです。 目に入ったゴミよりも、上記にあげた物の方が刺激が強いので犬の目を傷つける恐れが大きいですね。 直接目のゴミを取り除こうとして目を傷つけるリスクを冒すくらいなら、何もしないで自然に涙で流れ落ちることを待った方が何倍もましです。 犬の目にゴミが入っている時の対処方法とは? でも愛犬がしきりに気にしている様子。 そんな姿を見てしまったら、やはり何とかしてあげたいと思われるでしょう。 そのようなときに一番安全な方法は、洗い流すということです。犬用の目薬などを使い、ごみを洗い流すのです。 自然に涙で流れるのを待てない場合も、目薬で涙の働きを補ってあげることが出来ます。 他にも、精製水を使う方法もあります。 清潔な入れ物に精製水を入れて目薬の様に使う事や、コットンに精製水を含ませ犬の目の上で絞り目に精製水を垂らしてあげ、

  • 愛犬は分離不安症?予防と対策

    犬を飼い始め、愛情をこめて接する。そして注いだ愛情にこたえてくれる愛犬。 自分が移動すればちょこちょこと付いて回り、飼い主の姿が見え無くなれば吠えて探し回り。 そんな愛犬の姿を見て、さらに愛おしくなり要求されるまま愛犬の元に。 甘えられて嬉しく思っていたら、いつしか愛犬があなたにベッタリな関係になってしまう。 そのようなことを繰り返しているうちに、愛犬の異常行動が増えてきて…。 「犬の分離不安症」をご存知ですか? そのまま放っておくと愛犬も飼い主もお互いに不幸な事になってしまうかもしれません。 犬の分離不安症とは? 飼い主さんと離れることに過度な不安を覚えて精神的なストレスから体調を崩したり、問題行動を起こしてしまうことを「分離不安症」、「分離不安障害」と言います。 犬はもともと群れを作って生活をして来た動物なのは皆さんご存知と思います、それが現在の人間との生活の中では一人っきりでの「お留守番」を強いられてる事もあるのですからなおの事心細い状況に置かれているわけです。 普通は人間との生活の中で暮らしていくうちに少しずつ一人でいる状態にも慣れていくのですが、そこに何かのきっかけで不安感が高まってしまった時に問題行動を起こしてしまう状態を「分離不安症」と言います。 犬の分離不安症状 どんな行動が見られるのか? ・飼い主が居ないと、下痢や嘔吐、食欲低下を起こしてしまう。 ・飼い主が居ない状態の時に、部屋の中の物を壊したりグチャグチャに散らかしたりしている。 ・飼い主が出かける支度をし始めるのを察知して落ち着かないそぶりを見せ始め、後ろをついて回る。 ・飼い主が出かけようとすると吠え始め、出かけた後も吠え続けている。 ・飼い主が居ない時、手足を舐め続けたり噛んでしまう自傷行為をしてしまう。 ・飼い主の姿が見えない時に、トイレ以外で排泄をしてしまう。 ・飼い主が返ってきた時に、「うれしょん」をしてしまう。 ・飼い主さんがトイレやお風呂に入って姿を消しただけで、パニックを起こしてしまう。 犬の分離不安症の原因は? どんな原因が考えられるのでしょうか?

  • 犬の肉球を怪我した時の対処法とケア

    ワンちゃんの肉球ぷにぷにと柔らかくつい触ってしまいたくなる所です。 ですが、ここは犬にとって重要な器官ですのであまり触らない方がよいと云えます。 更に、ワンちゃんの自身がしきりに肉球を舐めている場合も注意が必要になってきます。 そのあたりも含め、肉球に関するトラブルについてお伝えしたいと思います。 犬の肉球の怪我の可能性 犬が肉球を舐める行為自体は珍しいことではございません。 室内で飼われている犬の場合など本来犬が生活する上での必要な行動をせずに済んでいる為、簡単に言えば暇な時間の退屈しのぎに舐める行為をしている事もあります。 ですが、長時間その状態が続く時は肉球の異常を疑う必要があります。 そんな時は、肉球をチェックしてください。 疑われる肉球の状態 肉球の表面は角質に覆われていますが中は脂肪と線維構成されクッション材としての役割と、血管や汗腺、神経などと感覚器官も集まる重要な部分が同居しているとてもデリケート部分です。 そこに違和感があれば、舐めるという行為に繋がります。 怪我をしている 犬にとって肉球は靴底の役目をしているので、散歩の途中で怪我の恐れが多分にあります。 肉球の擦れ 飼い主さんの不注意によりリードを引っ張り過ぎてしまい擦り傷を負ってしまっている可能性があります。 軽い擦れの場合は、日毎に良くなっていくので過度に心配する必要はないと思いますが、ワンちゃんが舐めることにより細菌が入り腫れてくるようなことがあればお医者さんに診てもらった方がよいと思います。 肉球の皮がめくれている・切り傷 肉球の皮の再生には1月ほどかかるので気長に待つしかありません。 赤くなっていたり傷ついている場合ワンちゃんが舐めると化膿する恐れがあるので、舐めることが出来ないように靴下をはかせるなどして物理的に遠ざけ、病院で化膿止めを処方してもらうと良いと思います。 ワセリン・オロナインなど勝手に塗らないでください。赤くなっている場合など細菌の感染の恐れがあるので病院の診断を受けること。

  • 犬の寂しさ表現

    犬が「寂しい」と感じた時にはどんな行動をとるのでしょうか? 放っておくと後々大変なことになるかもしれません。 その表現のいくつかをご紹介してみたいと思います。 犬の寂しさ表現1感情の爆発したお出迎え 帰宅時や別の部屋で寝ていた飼い主さんが起きて来たときなどに見られる、愛犬の「お出迎え」の激しい行動。 多くの飼い主の方も経験されていると思いますが、あんなにストレートに感情表現されるのは本当にうれしいですね。 「どこに行ってたの?」「早く来て!」ってな感じで飛び跳ねたり、吠えたりと。 まさに「寂しかった」の表現ですね。 帰宅時など時間が長く開いてしまった時など、「嬉しょん」と呼ばれるお漏らしをしてしまうワンちゃんも居ますね。 私の愛犬の場合は、「うれしょん」は最近見られませんが。 朝の起床時と帰宅時のお出迎えは本当に激しくて、怪我をするからそんなに跳ねないでって位飛び跳ねるので困りものです。 犬の寂しさ表現2頭や体を擦り付けてくる 上記の時にも一緒に見られる行動ですが、「撫でて~」」「側にいて」のような感じですよね。 愛犬にこんなことされたらデレデレになります。 犬の寂しさ表現3鳴く 「クゥ~ン、クゥ~ン」と鳴くこともよくあります。飼い主の方も姿が見えなくなった時などに多くみられる行動です。 このくらいなら良いですが、この状態でスキンシップを回復してあげないと「要求吠え」に繋がらる恐れがあるので気を付けたいところです。 うちの子の場合は、朝一人で寝ている部屋から聞こえて来て、起こされる感じですね。 犬の寂しさ表現4そばを離れない 長時間一人でいた後の場合は、飼い主さんが行くところ行くところついてくることがあります。「寂しい」表現の一つです。 この場合は仕方ありませんが、普段日常的にずっと側に居る様では「分離不安症」の可能性もあります。 その兆候が見えたならば、掛かりつけのお医者さんにご相談することも考えた方がよいかもしれませんね。 犬の寂しさ表現5じっと見つめてくる

  • 犬に与えるおやつの量と回数は?

    犬に与えるおやつの適切な量 愛犬の喜ぶ顔を見ると、つい与え過ぎになってしまいがちになりますよね。 ですが愛犬のことを考えれば、それではいけません。 おやつの注意点はカロリーオーバーになりやすい点です。 基本的には犬に与える1日の総カロリー量で考えなければならないのですね。 たとえば、1日600calが適正なワンちゃんの場合は、100calおやつで与えてしまった場合はフードでのカロリーを500calに抑えるという風に調整しなければなりません。 それと、おやつは食いつきをよくするため嗜好性を優先しており、栄養のバランスが悪いモノです。 必ず20%以内に収めるようにしてください。 おやつをメインにしないでくださいよ。 おやつはあくまでもご褒美やしつけのために与えるもので、栄養補給はあくまでも栄養バランスの取れた食事(ドックフードなど)を中心に考えてあげてください。 理想を言えばドックフードをおやつ代わりに与えるのが1番なんですけど、たまには違うものもあげたいですよね。 なので与えても20%以内を守りましょう。 犬に与えるおやつの回数は? 犬にとってはもらったおやつの量は覚えていませんが、回数は覚えている物なんですよ。 ご存知でしたか?面白いですよね。 なので、1度にたくさんあげても無駄ですね。数回に分けて与えた方が効果的になります。 1回にあげる量も少なくて良いのです、小指の先の半分程度で良いのです。 犬の健康から考えても、回数が増えて犬も喜ぶしで一石二鳥になりますね。 犬に与えるおやつはどんなものが良いのか? 云うまでもないことですが、安心・安全を第一に考えておやつ選びをする必要があります。 そこで、先ずは避けた方が良いと思われる点から考えていきたいと思います 石油由来成分の物を避ける 犬のおやつだけではありませんが、中には石油由来成分の物もあります。 プロピレングリコールPGやグリセリンなどで、低コスト、品質安定、日持ちがするなどの理由により、食品、日用品、ドックフードにもつかわれています。発がん性も疑われているので避けたいですね。

  • スイカを犬に与えて夏バテ防止⁈

    人間と一緒で犬も夏バテをして、食欲をなくしたりしてしまう子も居ますね。 そんな状態をほっておいても良いことはありませんので、何とかしてご飯を食べてもらいたいとお悩みの飼い主さんも多いと思います。 私たちにとり夏場の時期にポピュラーな食べ物のスイカ。 食欲が落ちた時によく食べる冷や麦ににも添えられていて食欲増進の手助けをしてくれるスイカですが、「犬に与えても問題ないのかな?」「糖分もあるし、、」と考えますよね。 スイカを犬に与えても良いの? 結論から申し上げてスイカを犬に与えても問題ありません。 しかもスイカには犬にとっても有効な成分が多く含まれていますし、夏バテによって食欲がなくなったり水分が足りなくなった犬の水分補給にも好都合なのです。 スイカを犬に与えるメリットは? やはり水分の補給に最適というのがありますね。 スイカの水分の割合をご存知でしょうか?全体の90%を水分が占めるのです。 そして犬に果物を与える時に気になる糖分ですが、ほかの果物に比べて少ないのでカロリーも低く肥満の心配もなくミネラルやカリウムも豊富なので最適ですね。 スイカを犬に与える量は? 水分の多い果物なのでやはり量には気を付けなければなりませんよね。 人間でもスイカを食べ過ぎればお腹を壊します。 それとスイカはウリ科の植物ですので、合わないワンちゃんにはアレルギーの心配もあります。 なので、与えるときは少ない量を与えて様子を観察して問題ない様なら、量を増やしていった方がよいと思います。 後は、ワンちゃんの体の大きさを考えて15~30グラムを目安に与えるようにしてください。 人間の感覚からしたら少ないように感じるかもしれませんが、犬の体の大きさから自分の体の大きさにスイカの比率を考えれば結構な量になると思いますよ。 スイカを犬に与える時の注意点 糖分に関してですが、スイカ100グラムに対してのカロリーは37だそうですので大量に与えなければ問題ないでしょうが、 それでも気になる方は、中心部分から皮に近づくにつれて糖分は減っていくので、少し皮に近い部分を与えても良いと思いますよ。

  • 犬にトマトを与えても良いの?

    「トマトにはアルカロイドが含まれているから犬に与えてはいけない!」ということをよく聞きますが、本当のところはどうなのでしょうか? 結論から申し上げれば、 犬にトマトを与えてもOKです。 生でも、火を通しても。 犬にトマトを与えても危険では無い理由 アルカロイドは人間にとっても有毒です。 色々な野菜に含まれていて、トマトにはアルカロイド配糖体のトマチンが含まれています。 トマチンにより人間が中毒症を発症した場合は、赤血球が破壊され下痢や嘔吐、頭痛などの症状を表します。 ですが、濃縮されたトマトソースを使うパスタやピザなどの料理を日常的に食べているイタリア人などがアルカロイド によって被害を受けているなんて聞いた事がありますでしょうか? ないですよね。 マウスの実験によると半致死量が32mg/kgで、これは50kgの人間に単純に換算すると半致死量が1600mg(1.6 g)になり 完熟したトマト果実では4000kg(4トンです) 熟した青いトマト果実で33kg 未熟なトマトの果実では3,4kg を食べないと、その量に達しないことになります。 トマトの未熟果実でも、標準的な大きさのトマト(約100g)だと34個も食べないと半致死量にならない事になるのですね。 「トマトにはアルカロイドが含まれて危険だから犬に与えてはいけない」と云う意見は、「事故で死ぬから飛行機に乗ってはいけない」と同じくらい乱暴な意見ではないでしょうか。 現実的にはそんな量を食べることは出来ないのですし摂取後体外に排出されるので、神経質にならなくてもよいと思います。 それでも気になる人は避けて下さい。 犬にトマトを与えるときに注意すること その毒性のあるトマチンですが、果実の部分にはそれ程含まれてはおりません。 トマトの茎や花、葉、へたの部分に多く含まれているのです。 この部分のトマチンは、青い果実のトマチンの200倍といわれますので絶対に与えてはいけないです。 トマチンには殺虫成分が含まれています。

  • 犬の歯磨きの頻度は?

    犬の歯磨き 必要なことは解っているけど、どのくらいの頻度ですれば良いのだろう。 毎日必要なの? 正しいデンタルケアをしないとワンちゃんのみならず、飼い主の方も不幸になってしまいます。 そうならない為にも、考えていきたいと思います。 犬の歯磨きの頻度 理想を言えば2日に1回になります。 何故なら犬の場合、歯垢が歯石に代わるのに2日かかると云われているからなのです。 では歯石になる前の歯垢のうちに取らなければいけない理由はというと、歯垢の場合はブラッシングや歯磨きシートなどで容易に取ることができますが。 歯石になってしまうと、文字どおり歯垢が石の様に固まってしまい歯と一体化してしまうからなんですね。 こうなってしまうとブラッシングでは絶対に落ちなくなってしまい、取るには針の様な物で引っ掛ける様にこそげ落とさないと取れないわけです。 歯石を放置すると 歯と歯肉の間には隙間があり、どうしてもここには磨き残しにより歯垢が溜ってしまい歯石になってしまいます。 さらにそこに歯垢が付いて放置するとますます歯石が大きくなりと悪循環に陥り、隙間が深く広くなりそこに細菌が入り込み歯肉炎や歯周炎になる恐れが出てきてしまいます。 そうなると愛犬にこんな症状が・・・ ・口の中が臭う ・歯肉から出血、膿が溜まる ・細菌が入り全身に回る ・歯が抜けてしまう、食事が出来なくなってしまう ・歯肉の痛みからストレスが溜まり、問題行動が見られるようになり攻撃的になってしまう 等々、 愛犬にこんな思いをさせたくないです。 全身麻酔のリスク 歯石を取らなければならない時に、人でしたら口を開けて歯医者さんが歯石を取ってくれる間ジッとしていることが出来ますが犬がそのようなことが出来るでしょうか? 出来ませんよね。 暴れて大変なことになります。 犬の歯垢を取ることになったら、全身麻酔が必要になってきます。 大前提として全身麻酔はやらない方が良いと言えるのです。

  • 犬の脱水症状の原因と対策

    夏の暑い時期に起こしやすい「脱水症状」。 気を付けなければなりません。 どんな時に起こしやすいのでしょうか? 犬が脱水症状を起こすと、どんな症状になるか? 私たち人間でも、気が付かずなってしまう恐れのあるものです。言葉のしゃべれない愛犬には尚更、犬のSOSを見逃さない為にも注意を払って変化には気を付けなければなりませんね。 犬の脱水症状を起こす原因とは? 人間が激しい運動をして上がった体温を下げるために汗をかきますね。犬の場合はパンディングと呼ばれるハアハアと舌を出して口で呼吸をして体温を下げます。 この体温を放出する過程で体内の水分は失われていきます。 熱い環境に置かれた時にも体温を下げるためにパンディングを行い水分が失われ、水が飲めない状態だと更に悪化していくことになります。 そして水分が失われていくと、パンディングに必要な水分が無くなり体温を下げれなくなり熱中症になってしまうのです。 水分が減れば体液も減り血液も減ることにつながり、酸素や栄養を運ぶ機能が低下すれば臓器の動きが悪くなり最悪の場合は死に至ることにつながります。 犬の脱水を起こしたときの症状 ・元気がなくなる ・食欲が無くなる ・口内の変化 脱水症状により口の中は水分が減り粘っこくなってきます。歯ぐきにも影響が出て、水分が減ると弾力が無くなってきます。 普段は歯ぐきを押すと白くなり放すと直ぐにピンク色に戻るが、水分が足りない状態だと直ぐにはピンク色に戻らなくなります。 ・嘔吐、下痢 胃腸の調子が悪くなり水分の減っている状態で嘔吐、下痢を繰り返すとさらに水分を失い最悪な展開になります。 ・尿が匂う、色が濃くなる ・血尿、血便、痙攣 脱水症状が進むと血尿、血便、痙攣を起こす。ここまでくるといよいよまずい状態。障害が残ったり、死に至る恐れが出て来ますので直ぐに病院へ行って下さい。 犬が脱水症状を起こしたときの対処法 脱水症状を起こしてしまったときは熱中症と同じように時間との勝負になってきますので、直ぐに病院に連れていき適切な処置をしてもらうことが大事になります。

  • 犬がうれしょんするのは何故?

    おトイレのしつけは終わっているのに、うれしょんをしてしまう。 何故なのでしょう? 飼い主さんにとっては、頭の痛い問題の一つです。 犬がうれしょんをしてしまう理由と対処法 うれしょんと云われるものは、喜びのあまり興奮して尿を漏らしてしまう行為を言いますね。 尿道の周りにある尿を溜めておく為の膀胱括約筋が未発達の子犬の時期に多く、成長の過程により収まっていくと言われますが成犬になってもしてしまう個体も居ます。 うれしょんをするをする理由は様々で、それに伴い対応も異なってきます。 興奮して 一つは、飼い主さんが帰宅した時など興奮状態の時にしてしまうパターン。 この場合は、相手をしない、無視をする、つまり興奮状態が落ち着くまで待つということです。 帰宅時に喜んで興奮している姿を見ると、直ぐに愛犬の元に行きたいのはやまやまですが。ここはグッと我慢。 先ずは、荷物を置いたり手を洗ったりしてうれしょんをしても直ぐには飼い主は来てくれる訳では無いということを教えてあげるのです。 落ち着いたら思いっきり愛情を注いで触れてあげて下さい。そうすれば、「催促しなくても飼い主は必ず来てくれる」と安心してくれます。 服従のサイン 犬には元々「服従を表すため尿を漏らす」と云う習性があります。 依存心の強いワンちゃんの場合は、尚更服従をアピールする為に漏らすことがあります。 この場合も、直ぐに反応をせずに りつけてはダメ! 犬がうれしょんをする行為はある種の服従です。これを怒って躾けるのは間違った行動と思いませんか? 犬にとっては「嬉しい、大好き」と好意をもって接触していっているのに、大きな声で怖がらす事は、犬の気持ちを裏切る行為になりませんか? それに興奮状態の犬に、りつけても何の効果もありません。大きい声の場合は、怖がらすだけです。 犬がうれしょんをしてしまうという行為は、興奮にしろ服従にしろその原因は飼い主に対する愛情表現なのだということを忘れないでくださいね。

カテゴリー一覧
商用