searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

私のPC自作部屋さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
私のPC自作部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hiros-pc
ブログ紹介文
これまで作ったPCの苦労や失敗談、今取り組んでいるアイテム等を綴っていく予定です。
更新頻度(1年)

538回 / 365日(平均10.3回/週)

ブログ村参加:2018/10/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、私のPC自作部屋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
私のPC自作部屋さん
ブログタイトル
私のPC自作部屋
更新頻度
538回 / 365日(平均10.3回/週)
読者になる
私のPC自作部屋

私のPC自作部屋さんの新着記事

1件〜30件

  • foobar2000 v1.6.3 がリリースされました。

    以下、アップデートの様子です。foobar2000を起動し、”Help”から"Checkfornewfoobar2000versions"をクリック。以下のダウンロードサイトに飛びますので、”downloadfoobar2000v1.6.3"をクリック。数秒でセットアップファイルのダウンロードが完了、以下最近のアップデート履歴です。昨年10月からほぼ3カ月振りのアップデートになります。早速、セットアップファイルを実行。10秒ほどでアップデート完了。問題なくアップデートできました。v1.6.3のリリースノートは以下(抜粋)です。WASAPIの互換性改善の他、主に不具合改善のようです。foobar2000v1.6.3がリリースされました。

  • "Adobe Type Manager" とは?

    Autorunsを実行したところです。実行ファイルは見つからないが、HKLM¥Software¥Microsoft以下のレジストリに記述がある、という意味と思われます。そこで、"AdobeTypeManager"とは何か?調べてみると、JPCERTのサイトに以下の注意喚起が見つかりました。(以下抜粋です)昨年3月に見つかったWindows10における脆弱性とあります。Filenotfoundとあるので、既に削除されており(恐らく、昨年のWindows10のアップデートにより)実害はなさそうですが、レジストリに痕跡が残っているようなので、削除することにしました。”Autoruns”上で"AdobeTypeManager"を右クリック。(管理者権限で実行している必要があります。)ここで”Delete"をクリック。再..."AdobeTypeManager"とは?

  • WD製 HDD ”WD10EADS“ の一部データが読み取れなくなりました。原因は代替処理保留中のセクタ数の急増のようです。

    以下、CrystalDiskInfoのデータです。代替処理保留中のセクタス数が”16"、回復不可能セクタ数が"15"となっていました。代替処理保留中のセクタス数の最近の推移をみてみたのが以下です。昨年の9月から増え始め、12月頃から急増していることが判明。使用時間が11500時間ですがまだ寿命とは思えないですが、このまま使い続けるのはリスクが高いので、手持ちのHDDWD20EARSと交換することにしました。尚、このWD20EARSも使用時間が2万時間を超えていますが、以下のように健康状態は全く問題ありません。。。データはWindowsServer2012にRichCopyでバックアップしてあるので、そのデータをWD20EARSにコピーし、問題のWD10EADSと交換しました。WD製HDD”WD10EADS“の一部データが読み取れなくなりました。原因は代替処理保留中のセクタ数の急増のようです。

  • 液晶モニタ ”I-O DATA KH220V” を2台買っちゃいました。

    買ってきたのは、以下です。価格は9580円(税抜き)ですが、税込みですと10538円と1万円を超えてしまいます。やはり10%の消費税は大きいですね。。。中身です。ケーブルも1式付属(電源ケーブル、D-SUBアナログブル、HDMIケーブル、Soundケーブル)しています。これらのケーブルは、これまで使ってきた三菱RDT222WLM-Aのものがそっくり流用できるので、余ってしまいます。これをオプションにすれば、あと1~2千円は安くできるような気がしますね。。。スタンドは本体をパチンと音がするまで差し込むだけです。あとは配線を行い、10分ほどでセッティング完了。初期設定のままで、以下のように問題なくデュアルモニターで使用できました。デバイスマネジャーでドライバーをみてみたのですが、、、Microsoftの汎用ドライバ...液晶モニタ”I-ODATAKH220V”を2台買っちゃいました。

  • 三菱液晶モニタ RDT222WLM-A に縦線が入るようになり、だんだん太くなってきます!!!

    現在、以下のように2台マルチモニターで使っています。左側モニターに青い縦線が出るようになりました。だんだん太くなり、現時点以下のように幅7~8ミリほどになってしまいました。接続端子をアナログのD-SUB15pin,HDMI、DVI端子に変更しても縦線の状況は全く変わらないことから、液晶そのものに問題が発生していると思われます。このモニタは、2012年に購入したもので(以下記事参照方)、8年以上経過しており、保証期間も過ぎていることから、修理はあきらめ新しいモニタを購入しするしかなさそうです。。。三菱液晶モニタRDT222WLM-A買いました。-私のPC自作部屋Getしたのは、これです。中身は以下。ケーブルはたくさん付属しているのですが、肝心のHDMIケーブルが付属していないのは、ちょっと残念でした...三菱液晶...三菱液晶モニタRDT222WLM-Aに縦線が入るようになり、だんだん太くなってきます!!!

  • Windows 10 Insider Preview Build 21292 に累積更新(KB4601937) が配信されてきました。

    アップデートの様子です。15分ほどで再起動を求められます。トータル20分ほどでアップデート完了。更新履歴をチェック。問題なくアップデート完了しています。OSビルドをチェック。OSビルド21292.1000から21292.1010になりました。まだほとんど使っていませんが、現時点特に不具合は認められません。Windows10InsiderPreviewBuild21292に累積更新(KB4601937)が配信されてきました。

  • Windows 10 バージョン 20H2 に累積更新(KB4598242) をインストールしたら、ビデオキャプチャー "ピクセラ PIX-DT012" でBDへの書出しが出来なくなりました。

    Windows10バージョン20H2に累積更新(KB4598242)をインストールしたのは、以下のように1月13日です。使用しているビデオキャプチャーカード"PIX-DT012"のドライバーは、最終バージョン9.12.45.91をインストールしてあります。ところが、このアップデート後、ビデオキャプチャー"ピクセラPIX-DT012"でBDへの書出しを行おうとすると、以下のエラーメッセージが出て、書出しが出来なくなりました。StationTVそのものは、問題なく動作しており、HDDへの録画などは問題なく出来ています。HDDへ録画したデータです。再生も問題なく出来ています。念のため、StationTVを一旦アンインストールし、再度インストールしてみたのですが、改善しませんでした。原因を探るため、ピクセラのサイトで何...Windows10バージョン20H2に累積更新(KB4598242)をインストールしたら、ビデオキャプチャー"ピクセラPIX-DT012"でBDへの書出しが出来なくなりました。

  • Windows 10 Insider Preview 21292.1000 がリリースされました。

    WindowsUpdateをチェックすると、以下がヒットしました。10分ほどでNETFramework累積更新(KB4597245)のインストールが完了し、再起動を求められます。Windows10InsiderPreview21292.1000のダウンロードが開始していますが、ここで”今すぐ再起動する”をクリック。再起動すると、引き続きWindows10InsiderPreview21292.1000のダウンロードが開始されました。現在、5分ほどダウンロード完了し、現在インストール中です。まだしばらくかかりそうですので、アップデート完了次第、続きを紹介します。Windows10InsiderPreview21292.1000がリリースされました。

  • Thunderbird バージョン 78.6.1 がリリースされました。

    アップデートの様子です。"MozillaThunderbirdについて"を開くと、”バージョン78.6.1に更新”ボタンが現れたので、それをクリック。10秒ほどで再起動を求められます。再起動すると、バージョン78.6.1になりました。ここで”リリースノート”をクリックすると、以下のサイトに飛びます。1月11日にリリースされたことが分かります。内容は以下(抜粋)です。メール拡張機能の変更が1件、バグ修正が14件織り込まれたようです。アップデート後、私の環境では現時点、特に問題は見られません。Thunderbirdバージョン78.6.1がリリースされました。

  • Office 2010、Word 2010、Excel 2010 にセキュリティ更新プログラムが配信されてきました。

    アップデートの様子です。配信されてきたのは、Office2010には2本(KB4493143,KB4493181)、Word2010に(KB4493145)、Excel2010に(KB4493186)計4本です。数分でアップデート完了、特に再起動は求められませんでした。Microsofのアップデートカタログのサイトから、Office2010(KB4493181)について検索してみたとろこ、以下(抜粋)が見つかりましたので、Microsoftとしても、まだ正式にOffice2010のサポートを継続しているようです。Office2010、Word2010、Excel2010にセキュリティ更新プログラムが配信されてきました。

  • Windows Server 2012、2012R2 に今月のセキュリティマンスリー品質ロールアップが配信されてきました。

    アップデートの様子です。<WindowsServer2012>WindowsUpdateをチェックすると、4本の重要な更新プログラムがヒット。4本のプログラムは以下です。セキュリティマンスリー品質ロールアップ(KB4598278)、セキュリティ更新(KB4535680)、悪意のあるソフトウエアの削除ツールx64-v5.85(KB890830)、及びNETFrameworkのセキュリティ更新プログラムです。7分ほどで再起動を求められます。更新履歴をチェック。特に問題なくアップデート完了しました。<WindowsServer2012R2>WindowsUpdateをチェックすると、3本の重要な更新プログラムがヒット。3本のプログラムは以下です。セキュリティマンスリー品質ロールアップ(KB4598285)、悪意のある...WindowsServer2012、2012R2に今月のセキュリティマンスリー品質ロールアップが配信されてきました。

  • Office 2013、Excel 2013、Word 2013 にセキュリティ更新プログラム(KB4486759、他計4本)が降りてきました。

    アップデートの様子です。特に再起動を求められず、5分ほどでアップデート完了しました。今朝、Windows10バージョン20H2に配信されてきた累積更新(KB4598242)となんで同時に配信されてこなかったのか、理由ははっきりしませんが、配信元サーバーの混雑具合が関係しているのかもしれません。。。Office2013、Excel2013、Word2013にセキュリティ更新プログラム(KB4486759、他計4本)が降りてきました。

  • Windows 10 バージョン 20H2 に今月の累積更新(KB4598242)が配信されてきました。

    アップデートの様子です。WindowsUpdateを開くと、以下の画面になります。累積更新(KB4598242)と同時に悪意のあるソフトウエア削除ツール(KB890830)X64-v5.85が配信されています。”今すぐインストール”をクリック。10分ほどで再起動を求められます。トータル15分ほどでアップデート完了、再起動後に更新履歴をチェック。問題なくインストール完了しています。続いて、OSビルドをチェック。OSビルド19042.746になりました。Microsoftのサイトでレビュー記事をチェックすると、以下がありました。(以下、抜粋です)改善と修正内容です。HTTPS関連のセキュリティ対策、等が織り込まれたようです。既知の不具合もありました。以前からあったシステム証明書・ユーザー証明書が失われる、という不具...Windows10バージョン20H2に今月の累積更新(KB4598242)が配信されてきました。

  • AdwCleaner 8.0.9 がリリースされました。

    AdwCleanerを起動すると、以下のポップアップがでてきました。”ダウンロード”をクリック。数秒でダウンロード完了し、以下の画面になります。”場所を開く”をクリック。以下の画面になります。(過去にダウンロードしたプログラムを削除していないので、過去の履歴が分かりますが、前回のアップデートは2020年10月10日でしたので、3カ月振りのアップデートになります。このアプリはインストールする必要がないので、最新の"adwcleaner_8.0.9.exe"のショートカットをデスクトップに作成しておきました。アップデート後、AdwCleaner8.0.9を起動、特に問題は見られません。AdwCleaner8.0.9がリリースされました。

  • 液晶モニター画面がちらつくので、対策してみました。

    2台の自作PC(1台は、上部ガラス板の上にベニヤ板を使ったマザーボード台に構成、もう1台は下部のDVDプレイヤーケースに収めたもの)を以下ようにKVM切替器で1台の液晶モニターに接続しています。右上にある液晶モニター(中古で入手した15インチの液晶モニターのプラスチックケースを取り外し、可能な限りコンパクトにしたもので、縦置きで使用しています。)が、最近ちらつくようになりました。古いモニターであるため、液晶の寿命か?とも思ったのですが、2台のPCの内1台だけ(上部のPC)だけで発生しているため、液晶ではなく。PC側の問題の可能性も考え、グラボを変えてみたりしたのですが、改善しませんでした。そこで、以下KVM切替器に接続してあるD-Sub15の接続端子部を清掃・接点復活剤によるメンテを行った結果、改善しました。使...液晶モニター画面がちらつくので、対策してみました。

  • foobar2000 用 コンポーネント "WASAPI output support version 3.4” がリリースされていました。

    foobar2000の”Help”から"Checkforupdatecomponents"を開くと、"WASAPIoutputsupportversion3.4”がリリースされたというポップアップが出てきました。リリースノートには、"Playbackpositionnolongermovesslightlyforwardwhenpaused"とあります。マイナーバグ修正と思われます。このポップアップ画面の”OK”をクリックすると、以下の画面になります。この画面で"WASAPIoutputsupport”を選択し、右下の"Apply"をクリック。更に上記画面にある”OK”をクリックすると、アプデート完了です。現時点、特に問題は感じられません。foobar2000用コンポーネント"WASAPIoutputsupportversion3.4”がリリースされていました。

  • Google から”Googleをご利用のお客様” というタイトルのメールが来ていました。

    以下届いたメールです。Google,Gmailのアカウントは取得済なんですが、普段はほとんど使っていないので、今後定期的に使用するように注意していこうと思います。Googleから”Googleをご利用のお客様”というタイトルのメールが来ていました。

  • ”<重要>エポスカード株式会社から緊急のご連絡” という怪しいメールが来ました。

    以下、届いたメールです。発信元アドレスは、丸井とかエポスカードとは全く無関係であることは、一目でわかります。エポスカードとは何かすら知らない人に送ってくるとは、ふざけていますね。。。異常なログインがあったと驚かせ、貼ってあるリンクをクリックさせようという魂胆だと思われます。インターネットヘッダーでどのIPアドレスを経由しているか調べると、134.73.93.116でした。更にこのIPアドレスはどこか?調べてみると、カリフォルニアのロスでした。。。丸井がロスを経由してくるとは思えませんね!<おまけ>今日の富士山、きれいでした。”<重要>エポスカード株式会社から緊急のご連絡”という怪しいメールが来ました。

  • Geforce Driver バージョン 461.09 がリリースされました。

    Nvidiaのサイトでバージョンチェックすると、以下がヒット。早速、セットアップファイルをダウンロード。以下、最近の更新履歴です。ほぼ半月ぶりのアップデートになります。続いて、セットアップファイルを実行しました。ここではグラフィックスドライバーのみにチェックを入れました。インストールオプションではカスタムを選択。グラフィックスドライバーとHDオーディオドライバーにチェックを入れ、クリーンインストールを選択し、インストール開始。2~3分でアップデート完了。念のため、デバイスマネジャーからドライバーバージョンをチェック。問題なくアップデート完了していました。ただ日付が、2020年12月31日とリリース日より1週間ほど前になっていました。。。GeforceDriverバージョン461.09がリリースされました。

  • Microsoft Edge バージョン 87.0.664.75 がリリースされました。

    MicrosoftEdgeで「設定」から”バージョン情報”を開くと、アプデートが開始されました。30秒弱で再起動を求められます。再起動すると"バージョン87.0.664.75"になりました。今後のリリーススケジュールをみると、1月21日にバージョン"88"がStableチャンネルにリリースされる予定になっています。あと2週間を切っているので、これがバージョン"87"の最後のアップデートかもしれません。MicrosoftEdgeバージョン87.0.664.75がリリースされました。

  • Windows10 Insider Preview 21286.1000 がリリースされました。

    アップデートの様子です。WindowsUpdateをチェックすると以下がヒット、30分ほどで再起動を求められました。数回再起動を繰り返し、トータル1時間ほどでアップデート完了しました。更新履歴をチェック。問題なくアップデート完了しています。続いて、OSビルドをチェック。OSビルド21286.1000になりましたが、バージョンは年が明けても"2004"のままでした。InsiderBlogでリリースノートをチェック。(以下抜粋です)タスクバーに新機能が追加されたようです。バグ修正です。沢山の不具合が修正されたようです。KnownIssuesです。こちらもまだ沢山ありますね。。。Windows10InsiderPreview21286.1000がリリースされました。

  • XMedia Recode 3.5.2.7 がリリースされました。

    アップデートの様子です。XMediaRecodeを起動すると、以下のポップアップがでてきました。Latestnews31.12.2020となっており、リリースノートの日付は昨年末でした。ffmpegの更新、マイナーバグ修正等が織り込まれたようです。ここで上段の""Download"をクリックし、64bit版をダウンロードしました。最近のアップデート履歴です。ほぼ一カ月振りのアップデートになります。早速、セットアップファイルを実行。30秒ほどでアップデート完了しました。XMediaRecode3.5.2.7がリリースされました。

  • Glary Utilities バージョン 5.158.0.184 がリリースされました。

    GlaryUtilitiesを起動すると、以下のポップアップが出てきました。”DownloadNow”をクリックすると、以下のダウンロードサイトへ移動します。ここで再度"DownloadNow"をクリックし、セットアップファイルをダウンロードしました。以下、最近の更新履歴です。前回のアップデートからほぼ2週間ぶりの更新になります。早速、セットアップファイルを実行。以下の画面では、”Creatadesktopicon”のみにチェックを入れ、インストールしました。トータル1分ほどでアップデート完了、現時点、特に問題は感じられません。GlaryUtilitiesバージョン5.158.0.184がリリースされました。

  • Windows 10 の起動時間を測定できるアプリ "BootRacer バージョン7.97" を使ってみました。(その2/ 測定値について)

    今回、"BootRacerバージョン7.97"をインストールしたWindows10マシンのスペックは、以下のようにCPUが数世代前のCore2QuadQ6600、メモリはDDR22GBというもので、かなりロースペックです。但し、不要なサービスは極力停止しています。(以下参照)また、使用目的も音楽再生に特化しており、インストールしたアプリもかなり絞ってあります。(以下参照)更に、自動ログイン設定にしてあるので、PINコードの入力も不要にしてあります。このスペック・条件で起動時間を"BootRacerバージョン7.97"で測定すると、ほぼ32秒~34秒になりました。極力、マシンへの負荷を減らしてあるので、古いスペックのマシンとしては結構早い方かな、と思っています。一方、GlaryUtilitiesでも起動時間が測定...Windows10の起動時間を測定できるアプリ"BootRacerバージョン7.97"を使ってみました。(その2/測定値について)

  • Windows 10 の起動時間を測定できるアプリ "BootRacer バージョン7.97" を使ってみました。

    インストール後、再起動すると"BootRacer”が自動起動してきます。上記のように、残り10秒からカウントダウンが始まり、Windows10全ての準備が完了すると、起動時間が表示されます。下段中央の"History"をクリックすると、これまでの起動時間の履歴がグラフ表示されます。一方、毎回"BootRacer”が自動起動するのも煩わしいので、これを止めるようにしようとしたのですが、、、分かってしまえば簡単なのですが、そこにたどり着くまで結構手間取りました。(ご存じの方は、以下は読み飛ばしてくだい。)以下、失敗の様子です。最初に、タスクマネジャーのスタートアップが有効になっているので、それを無効にすれば済むはず、と思ったのですが、以下のように、そもそもスタートアップに”BootRacer"が存在しませんでした。...Windows10の起動時間を測定できるアプリ"BootRacerバージョン7.97"を使ってみました。

  • Windows 10 の起動時間を測定できるアプリ "BootRacer バージョン7.97" をインストールしてみました。

    以下のサイトからダウンロードしました。以下、ダウンロードしたセットアップファイルです。(ZIPファイルがダウンロードされますので、解凍してあります)セットアップファイルをダブルクリック・実行します。インストール最後の画面に、以下の選択項目が出てきます。デフォルトでは、赤枠部サービスがインストール&実行されるようになっています。無駄なサービスはインストールしたくないのですが、サービスをインストールしないと、動作しない可能性もあるので、ここはデフォルトのまま(全てにチェックが入っている)で"Finish"をクリックし、インストール完了。。。すると、”BootRacer”の設定画面が起動します。ここで"FullBootTest"をクリックすると、以下の画面になります。”StartTest"をクリック。ここで”Yes"...Windows10の起動時間を測定できるアプリ"BootRacerバージョン7.97"をインストールしてみました。

  • 先月(2020年12月) の迷惑メール着信件数がまとまりました。76件 と先々月に続き減少傾向です。

    日別の着信データです。10月に比べると、半分近くに減りましたが、それでも前年同月の46件に比べるとまだまだ多いです。内訳をグラフ化したのが以下です。amazonが際立って多いですが、amazonを使っている人が多く、詐欺も比例して多いのではないか、と思われます。一方、appleと楽天を騙るフィッシングが減っている傾向です。反面、キャッシュカード(SMBC,アメリカンエクスプレス、UCS、三菱UFJ等)を騙るフィッシングが急増している感じでです。。。先月(2020年12月)の迷惑メール着信件数がまとまりました。76件と先々月に続き減少傾向です。

  • 差出人 "div@blogcarlossantos.com.br" から意味不明のメールが来ました。

    以下、iPadminiで見たメールです。リンクに添付されている画像がゲームアプリの様に見え、安く買えるぞ、というネタで添付URLに誘っているように見えます。URLもセキュリティに低りhttpであり、怪しさ満載ですね。。。これを、PCのOutlookで開き、どこのIPアドレスを経由しているか、インターネットヘッダーを見てみますと、157.230.8.158でした。これは、以下のようにアメリカのニュージャージー州でした。ゲームは全くやらないのに、何でこんなメールが来るのか?同じようなメールを受け取られた方は、注意した方が良いと思います。差出人"div@blogcarlossantos.com.br"から意味不明のメールが来ました。

  • Windows Server 2012 に搭載してある HDD 東芝 MD03ACA300 で "代替処理保留中のセクタ数" が発生して1年経過

    このWindowsServer2012には東芝MD03ACA300(3TB)を5台搭載し、1つの記憶域プールを作成してあります。更に、5台をParityで1つの仮想ディスクに構成してあります。1年ほど前、この5台の内、1台のHDDで代替処理保留中のセクタ数が"4"となってしまいました。Parityなので、1台のHDDが死んでもデータは復元できるので、様子を見ることにしたのですが、その後保留中のセクタ数が増えることもなく、安定しているので、警告がでないよう閾値を変更することにしました。CrystalDiskInfoで「機能」→「上級者向け」→「健康状態設定」を開きます。以下の画面になります。ここで、”代替処理保留中のセクタ数”を右側にある数値"1"をクリックし、現在の値"4"より1つ大きい"5"にします。ここで「...WindowsServer2012に搭載してあるHDD東芝MD03ACA300で"代替処理保留中のセクタ数"が発生して1年経過

  • ベニヤ板で作ったマザーボード台に乗せた Windows10 テストマシンが、突然起動できなくなりましたが、原因判明しました。

    CMOSバッテリーには、いつ交換したかわかるように、シールを貼ってあり、2016年1月8日であることが分かりました。ベニヤ板で作ったマザーボード台に乗せたWindows10テストマシンの全景です。CMOSバッテリー部を拡大してみたところです。そこで、ダメモトで、バッテリーを交換してみることにしました。手順ですが、①電源コードを抜き、②古いバッテリー(CR2032)を取り外し、新しいバッテリーに交換③この画面の左側赤枠部のクリアCMOSジャンパでリセット。その後、電源を入れたところ、なんと!!正常にBIOSが起動してきました。。。その後、BIOSを再設定したところ、Windows10も従来通り問題なく起動できました。ベニヤ板で作ったマザーボード台に乗せたWindows10テストマシンが、突然起動できなくなりましたが、原因判明しました。

カテゴリー一覧
商用