chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Salon de Astronomy https://tstudioastronomy.blog.fc2.com/

MacやRaspberryPi、ArduinoなどのSBCを活用した天体環境構築、撮影や観望への活用、INDIサーバ・ドライバの設定方法や使用方法、各種天体ソフト紹介、天体機器の自作や星空観望入門情報を掲載しています。

T-Studio
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/02

arrow_drop_down
  • 先端が欠けて折れてしまったペティナイフを修正する。

    以前購入してしばらく使っていなかった粉末ハイスのペティナイフ(名前入り)の先端部分が欠けて折れました。。。(名前入りなのに。。縁起が悪い)鋼材の焼き入れに問題があるような感じで、先端部分のように鋼材が薄く露出する部分が欠けてしまいます。。やむを得ないので、折れてしまった先端部分1cm位グラインダーで削り薄くし過ぎないように研いで整形しました。刃先の色が変わっている部分は研いだところになります。1cmも短...

  • 天文でも非常に便利なXnViewer MP

    エクスプローラータイプのマルチメディアビューアとして有名なXnViewer MPですが、以前から私は仕事、プライベートいずれにおいても非常に便利に使ってきました。便利だった点は以下です。・画像はもとより映像、サウンド(なんとMIDIファイルさえも)、PDFなど非常に幅広いフォーマットに対応・画像などはサムネイル化、プレビューウインドウで対応したファイルの視聴が可能・よく使うディレクトリをブックマーク可能・一括リネー...

  • SkySafari7(Plus)を使ってみる

    タブレットを新調したので、遅ればせながら長らくアップデートしていなかったSkySafariを最新版にしてみました。実はこのアプリ前身のPCアプリであるSkyChartIIIというアプリの頃からずっと使用しています。その頃から望遠鏡の制御が優秀でした。スマホ(とMac)用のSkySafariになってから、前身のSkyChartIIIゆずりの望遠鏡制御機能に加え、拡大すると天体写真が見えたりと昨今のプラネタリウムアプリで便利に使用できる機能が早...

  • 遠征用機材の追加

    手持ちの機材はベランダ利用のため昨年全てPOE、フルリモート化をしましたが遠征時にVNCリモート用としてiPadが大分古い機種のため、モニタの解像度が低く操作し辛いのが気になっていました。タブレット, タブレット10インチ Android 12、128 GB ROM 1 TB拡張8 GB RAM タブレット、7000 mahバッテリ、2.0GHz 8コアプロセッサ5 MP 13 MPカメラ2.4G/5G WiFi IPS 1920*1200 FHDタッチスクリーン新品価格¥17,999から(2022/11/28 20:38...

  • Fits(Raw)画像の注意点

    天体カメラで撮影やEAAを行う場合、ほとんどの方がFitsファイル(ヘッダに天体情報を付随したRaw画像)形式で保存して画像処理をされているかと思います。実はFitsファイル自体は画像としてJpegなども格納出来るのですが、撮影を行うアプリが対応しておらずカメラのRaw画像とヘッダに天体情報を付随してFitsファイルとして取り扱うような設計になっています。天体撮影においては雑誌・マニアの情報からデジカメでもRawファイルをす...

  • 北の空を見る

    この季節は北の空が賑やかです。高感度監視カメラ+Cマウンド電動ズームレンズの観望システムでリモート観望します。我が家のシステムは全てPOEに対応させていますので、このシステムもEAAのシステムも撮影システムもケーブル1本を繋げば準備完了です。当家は北側は非常に視界が狭いのですがこのようにズームで視野を変更すれば快適に観望できます。幅広い視野角をズームで変更しながら、それぞれの対象に合わせた視野角で観望しま...

  • 八ヶ岳 星と自然のフェスタ in こうみに行ってきました。

    コロナ禍で数年星祭りへの参加が出来ませんでしたが、久しぶりに八ヶ岳 星と自然のフェスタ in こうみに行ってきました。会場の小海リエックスホテルは初めてです。視界も広く星を見るのに良さそうです。最終日の午後(終了は15時)ということもあり、参加者の数も少なかったです。早速お昼です。ホテルで作られているチキンカレーをいただきました。一通り会場ブースを回りました。SVBONYのブースでは天体系Youtuberとして活動さ...

  • アマチュア電波観測その後の進捗

    以前RTL-SDRを用いた廉価な電波観測環境を自作し、一通りリモート操作出来るところまで漕ぎ着けましたが、この分野は全く知識がないため、ログ変化を見る流星観測を除いてどのように観測が出来るのかを掴めきれていませんでした。その後、美笹深宇宙探査用地上局の特別公開で話を聞いたり(美笹深宇宙探査用地上局は探査衛星と送受信する巨大なアンテナだと知りました。)空いた時間にネットに関連する記事が無いかと見たりしまし...

  • 絶望的な環境での月食観望

    今回の月食は冥王星食も重なるめずらしいものだったようです。当地は四方八方木に囲まれており、ご覧のような撮影には絶望的な環境です。。。昨年高感度カメラ+ズームレンズで観望したのですが、像の甘さが気に入らず、以前同様ビデオ雲台+8cm屈折+一眼デジカメで撮影の準備をしたのですが、木に邪魔されて絶望的な暗さになりました。。。(一眼デジカメなのに昨年のビデオカメラよりひどい画質でした。。。)露出稼ぐために赤...

  • 多段露光についての補足

    前回多段露光スタッキングで効率的に画像の情報量を稼ぐ方法を説明しました。この方法はEAAでも天体写真撮影でも有用ですが、混乱しないために補足情報を記載します。ポイント・ベースとなるデータは事前に試し撮りし、モニタ上できれいに見え、ヒストグラムの分布が全域にある状態の露出量を確認する。EAAなどでゲイン(ISO)を高くしていれば、短い露出時間で適正露出になりますが、シグナルが見やすい状態だと暗電流が増幅され...

  • 多段露光の活用

    EAA(電視観望)においても天体写真撮影においても多段露光が有用であると何回か記事で記載してきました。当家では木が邪魔して長時間露光が出来ない環境なので、EAAで実際どのように多段露光を行うのか記載します。EAAでの多段露光においても天体写真においてもポイントになるのはヒストグラムとモニタでの対象の見え方になります。今回はM42をサンプルにしていますが、どの対象でも同様です。ステップ1EAAの場合はゲインを高くし...

  • ゆる天☆スマホで星を見る

    スマホのカメラ機能が大分進化したからか、観光地などでもカメラを持つ方が減っているように感じます。星空を見るときもスマホのプラネタリウムアプリは非常に役立ちますし、暗いところを照らすライトにもなります。カメラ機能もそのままでは星を写すのは結構厳しいですが、別途長時間露光が可能なカメラアプリを用意したり、双眼鏡やフィールドスコープなどでコリメート撮影(接眼部にくっつけて撮影)すれば、月(惑星もなんとか...

  • DWARF II Smart Telescope?

    ここ数年電子デバイスを利用した天体観望システムをいくつか自作してきました。その結果自分なりに感じたことは以下です。・小型で高感度な撮像素子であればCマウントレンズのような非常に小さなシステムで結構楽しめる。・既存製品の組み合わせだと操作アプリに問題がある。(観望用に特化したアプリがない)・電子デバイスを観望目的で利用することをコンセプトにした廉価な市販品が無い(から作った、evScopeとかべらぼうに高額...

  • 秋空を楽しむ

    ここのところ結構好天に恵まれています。但し、体調を崩してしまっているため短期勝負で楽しみます。夜中まで待てば南の空に冬の天体が登ってきますが、双眼鏡を一脚につけて北天を楽しみます。Celestron Skymaster 15x70 ポロプリズム望遠鏡 71009 並行輸入品新品価格¥19,749から(2022/6/27 00:30時点)この機種星像などはそこそこですが、軽く口径も大きいのでこのようなお手軽観望にはぴったりです。観望したのは以前”秋の空を...

  • 驚きの二夜連続快晴、本日はEAA機器のテスト

    なんと驚いたことに今晩も快晴です。(ここ数ヶ月の悪天候が嘘のよう)昨日高感度カメラ+ズームレンズでのリモート観望を行いましたが、長らく機材を使用していなかったからか、接続不良など不具合が出たため今晩はEAA機器のチェックも兼ねて観望します。こちらのシステムはMINIPCで制御しています。安定したバージョンで運用していますので、昨日のような接続不良などがない限り問題が起きないと思いますが。。。機材の自動接続→...

  • 約4ヶ月ぶりのまともな観望

    ブログで確認したところ6/25以降まともに晴天がありませんでした。本当に久しぶりの晴れです。しかし、外気温予想は今季最低の1度。。。。(冬並み。。)外では辛そうだったので、高感度カメラ+ズームレンズのリモート観望にしました。このシステムAstRPi6配布後初の稼働です。(2ヶ月半ぶり)久々に動かすと、LANケーブルの接触不良やら、電動ズーム機構の接触不良やら一通り不具合が出ました。(苦笑)(ズーム機構の接触不良は...

  • 天文イベントなどで感じたこと

    当地は相変わらずの天気が続いています。。。(星見えませんね。。。)都市部から当地に移り住んでから距離が近いこともあり、天文系のイベントにいくつか参加してきました。どのイベントも結構な人数が集まっており、長野県阿智村などは星空を観光イベントとして非常に多くの観光客を動員しているようです。ここでふと疑問に思ったことがあります。「星空に興味がありそうな人が結構いそうなのになぜ天文趣味はマイナーなのか」私...

  • 美笹深宇宙探査用地上局の特別公開に行ってきました。

    昨年から運用が開始された美笹深宇宙探査用地上局の特別公開に行ってきました。54mの巨大アンテナ(電波望遠鏡ではなく、衛星をリモートコントロールするための巨大送受信アンテナのようです。)抽選で応募しましたが、沢山の見学者がいてびっくり。はやぶさ2プロジェクトマネージャーの津田さんの講演で、この施設がどのように運用されているか、はやぶさ2のプロジェクトの概要を知ることができました。はやぶさ2は水や炭素が含...

  • 今年の夏は10分の観望が1回

    梅雨時期に夏に向けてあれこれ機材の準備をしたのですが、梅雨明け後、夜になると曇りまたは雨という天候が続き、タイトル通り10分双眼鏡で観望することが出来ただけ(それすらも途中で曇り)でお手上げ状態でした。久しぶりの記事ですが、残念な結果報告のみで終了です。いつになったら晴れるやら。。。。...

  • AstRPi6を配布しました。

    前回お知らせしました、更新に伴ういくつかの不具合に対処したAstRPi6を配布しました。ダウンロードはこちらから更新箇所・etc/network/interfece の記述で192.168.1.100を固定、eth0との間にbr0のネットワークブリッジを設定(ネットワークマネージャーでのIP管理問題の回避、ブリッジはVPNサーバ用)・アクセスポイントに関してはWebインターフェイスで確実にオンオフ可能(オフにした場合のみNetwork ManagerのGUIでWIFIを選択...

  • ラズパイ用新ディストリビューション AstRPi ←使い方や設定などはこちらから(改訂版)

    AstRPiダウンロード・操作法ページです。(現在配布しているのはネットワーク設定の調整、一部のINDIドライバの設定の問題に対処したバージョン6です。)前回同様7Zipで圧縮しました。解凍ソフトをご用意ください。お願い事項:初回の設定などに関しては不具合を避けるためLANケーブルを接続して操作してください。SDカードに焼きこみ前にハッシュ値の確認、マイクロカード焼きこみ後にSSHでアクセスしファイル領域の拡張を必ず行...

  • 近日中にAstRPi6を配布します。

    ここの所ろんろんさんとAstRPiのVPN設定についていろいろとやり取りをしている際、AstRPiのネットワーク設定、INDIドライバも含めいろいろチェックした所以下の問題が確認できました。・後からインストールしたNetwork Managerが設定した様々なスクリプトに悪影響を与える(インターフェイスをMacアドレスで固定してしまうため)・INDIドライバ1.9.4以降、SkyWatcher ALT-AZドライバ(他にもあるかも)でシリアル接続が出来ない→...

  • 入門:天体写真を撮るためにおぼえておくこと-まとめ

    3回にわたって天体写真を撮るためにおぼえておくことを記載しました。天体写真の場合は対象が非常に暗く、昨今では光害などの影響もあり撮影する環境としてはかなり難易度が高い状態になります。対象が暗いので露出時間が長くなる、地球の自転に合わせて精密に追尾しないと星が点に写らない、光害などで対象が適正露出になる前に飽和してしまうなど困難な条件をクリアする必要があります。それでも昔と比べたら圧倒的にできること...

  • 入門:天体写真を撮るためにおぼえておくこと-その3

    前回の記事までで、撮像素子に最も多く情報を取り込むためには露出時間が非常に重要であることを記載しました。天体のような情報量の少ない対象の場合は・撮影時に不要な情報をカットする(フィルターを利用する)・ヒストグラム上欠けが出ないくらい充分に露出をかけることが何よりも重要になります。当たり前のことのようですが、このことがしっかりと明記されている記事がほとんどありません。。。(とくにカラーカメラの場合は...

  • 入門:天体写真を撮るためにおぼえておくこと-その2

    前回の記事で天体写真は難しいこと、提灯記事が多く情報が錯綜していること、必要となる知識の概要、失敗写真ができる原因は露出不足であることを記載しました。今回はなぜ露出不足になるのかの原因と対処法を記載します。デジタル環境になってから撮影した画像のチェックがすぐに行えるようになりました。天体カメラの場合はゲインを、デジタルカメラの場合はISOを上げると見えていなかった対象が簡単に見えるようになります。し...

  • 入門:天体写真を撮るためにおぼえておくこと-その1

    ブログを始めてから自身の環境に合わせて環境を構築した結果、現在はリモートや眼視の観望が多くなりましたが、この趣味を行う方でもっとも人口が多いのは天体写真を撮影する方だと認識しています。ただ、天体写真というのはかなり特殊な領域なのでありとあらゆる情報が錯綜しているように感じます。私はメインではありませんが、写真や印刷、画像処理など業務でも20年ほど携わっており、フィルムからデジタルに移行する際、画像の...

  • INDIドライバ更新時のトラブル解消法(1.8.9以降)

    楽しみにしていた星空観望も、雲に邪魔されてダメになりましたので重い腰を上げてINDIドライバの更新を行います。一昨年あたりからボランティアの開発メンバーが増え、一時期は潜在的なバグが解消されるなど良い方向に進んでいたINDI環境ですが、最近は残念ながらアップデートするとトラブルが出る可能性が非常に高くなっています。。。トラブルを回避する方法が最近のバージョンでは若干増えてしまいましたので、まとめて...

  • 梅雨明け初めての晴れ、観望できるかと思ったが。。。

    タイトルの通りですが、当地は梅雨明け宣言を受けてから、今まで一度も夜、空が晴れたことはありませんでした。。。(梅雨明け宣言は誤報だったと感じています。)昨日ようやくはれたので、観望しようと思い、機材をベランダに出しました。毎度おなじみの高感度監視カメラ+電動ズームレンズの観望システムです。今日はリモートで室内から操作します。準備が終わり、映像を確認すると雲が。。。。その後も続けましたが雲が消えるこ...

  • 高感度監視カメラを利用した流星撮影の準備

    雨の日が続いています。。。夏の流星群に向け流星撮影環境の準備をしました。と、言っても以下のレンズを追加しただけです。以前はアナログ接続の防犯カメラを使用していましたが、すでに購入してあるデジタル接続が可能なIMX385を搭載した高感度防犯カメラに上記のレンズを追加して画質向上を図ります。以前に紹介した12mm~120mmのCマウントレンズと同じメーカーの広角Cマウントレンズです。(2.8mm~12mm)流星のビデオ撮影は広...

  • 見守りカメラで星は見えるか?

    以前の記事で紹介した見守りカメラを購入してみました。購入したのは記事で紹介したSwichbotの首振り機能付きの見守りカメラです。スマホから方位、高度をコントロール出来るので超小型経緯台付きカメラのように使用できます。暗所性能、防水機能をPRしているATOM Cam Swingと迷いましたが、セールで通常より900円くらい安かったのでこの機種にしました。使用されている撮像素子がなんであるのか不明なので、感度どのくらいあるの...

  • スマート家電の天文利用

    スマート家電は名前の通り、室内を便利にするための機器ですが、使い方によっては天文利用でも有用ではないかと感じています。私が興味を持ったものが2つSwitchBot プラグミニ スマートプラグ Alexa タイマー付き - コンセント Bluetooth&Wi-Fi スイッチボット タイマー 遠隔操作 消費電力統計 音声コントロール スマートホーム Alexa Google Home IFTTT Siriに対応新品価格¥1,980から(2022/6/19 11:03時点)コンセントのオンオフ...

  • 霞空の下高感度監視カメラ+Zoomレンズと双眼鏡の見比べ観望

    久しぶりに晴れたので(霞んでますが)双眼鏡と高感度監視カメラ+Zoomレンズと双眼鏡の見比べ観望を行いました。暖かく天気も良いので、リモートではなくモニターを付けて手動操作で観望します。双眼鏡は32mm(7倍)と70mm(15倍)の大小お気軽セットです。霞んでいるのわかるでしょうか。。夏の対象が見える時間に観望しましたが、双眼鏡では全く歯が立ちません。高感度監視カメラ+ズームレンズの方はカメラの画像処理もありか...

  • 屋外での安定動作の要、電源について まとめ

    途中でAstRPiのアップデート記事を挟みましたので途切れましたが、電源の話をまとめようと思います。(この記事から読み始めたかたは以下の記事もご確認ください。)その1で安定利用するための留意事項その2で使用電力に毎の構成を記載しています。最後の今回はまとめや注意事項などを記載します。電源についてのまとめと注意事項・電源を選定する前に使用する機材のACアダプタ(ACアダプタが無い機器は本体)の消費電力(ワット)...

  • AstRPi改訂版(2022.6.14ファームアップ(ブートローダー更新)版)

    前回の記事で記載しましたファームウェア(ブートローダー更新)版のイメージが完成しました。ダウンロードページはこちら(説明ページのリンクです。ダウンロードリンクがページ中頃にあります。)注意事項新しいハードが登場したことにより、ファームウェアの変更があり、配布のイメージが使用できなくなるご報告を受けての更新になります。当初はファームウェア(ブートローダー)の更新のみに留める予定でしたが、新しいハード...

  • AstRPiでのラズパイ4のチップセット変更の影響について

    コメントから最近のラズパイ4がチップセット変更されたことを伺いました。現在配布しているAstRPiは8GB版が発表された頃のもので、その当時最新のファームウェアに変更したものでした。コメントにて8GB版を購入された方がAstRPiが動作しないという情報を頂きましたが、今回同様にチップセットが変更されたラズパイ4(4GB版含む)でも動作しなくなったとご報告いただきました。8GB版の時もチップセットの変更がありましたので、以下...

  • 屋外での安定動作の要、電源について その2

    前回の記事で天体機器を安定して運用するための記事を記載しました。今回は使用する電力量毎にどのような電源が必要かを記載します。前提条件・使用時間6~8時間程度(大体一晩)・車やパイクなど緊急時に電源を確保できる状態にある・天体機器以外には使用しない車やバイクは緊急時の補助電源になります。徒歩や、キャンプなど車やバイクの補助が見込めない環境の場合は、安全をみて以下に記載する構成のワンランク上の構成を準備...

  • 屋外での安定動作の要、電源について

    天体機材を自宅外で使用する場合、最も注意しなくてはならないものの一つに電源があります。過去にも何度も記事にしましたが、備忘録として安定して使うための方法などまとめて記載しておきます。まず初めに行うこと●使用する機器のACアダプタ(ACアダプタを使わない機器の場合は本体)に記載された電圧、電流をもとにその機器の最大消費電力を計算する。例)12V、1Aの場合は12☓1=12Wそれぞれの機器の電源の入り口にあたるACアダ...

  • 高感度監視カメラの友、カメラテスター

    昨年からテクノロジーを気軽に利用する観望システムとして高感度監視カメラ+ズームレンズの組み合わせをご紹介してきましたが、更に簡単に使うための機材をがアマゾンでも廉価に購入できるようになったのでご紹介します。カメラテスターIP 同軸HD(TVI/CVI/AHD/SDI)監視検出器5-in-1多機能カメラテスター 5200PLUS新品価格¥30,999から(2022/6/8 20:43時点)カメラテスターと呼ばれる機材ですが、これ一台でSDI、アナログ、IPカメ...

  • 天文趣味における気軽の定義

    梅雨に入ってしまいました。きれいな星空を想像しながら久々の入門記事です。タイトルを見て???と思われる方も多いと思いますが、これからこの趣味を始めたいと考えている方、初心者の方が楽しみながら知識や技術を向上させるために記載します。天文系のブログやYoutube、書籍もそうですが、タイトルにある「気軽」の定義がかなり一般的な感覚からかけ離れているように感じています。。。興味を持ち、気軽にできそうなところか...

  • INDIサーバ・ドライバが1.9.6にアップデートしました。(5月21日付け)

    旧聞になりますが、INDIサーバ・ドライバが1.9.6にアップデートしました。詳しくはこちら(バグフィックスメインのようですが、Githubの記事番号ばかりです。。。)以下のリンクに問題が報告されています。コアドライバ:https://github.com/indilib/indi/issuesサードパーティドライバ:https://github.com/indilib/indi-3rdparty/issuesフォーラムでもトラブルの報告がされていますので時間があるときに目を通しましょう。https:...

  • 天体用電子工作環境をコンパクトに構築

    ラズパイやArduinoなどを利用するようになり、結構天体機器用に電子工作を行うことが多くなりました。都度買い足しながら作業を行ってきましたが、作業しやすいようにコンパクトに環境をまとめました。Kuman オシロスコープ USB 2CH 二重チャンネル PCベース Oscilloscope 20Mhz帯域幅 S/Wとドライバー クリッププローブ 波形発生器 データレコーダ新品価格¥8,699から(2022/5/30 22:47時点)以前所有していた度重なる引っ越しでア...

  • ようやく晴れました、久々のEAA

    久しぶりに晴れました(一体いつぶりだろう。。。)週頭ですが、EAAで観望します。(笑)以前ラズパイ用に配布した際、EAA環境の方にも楽が出来るようにマクロスクリプトを作成しておきました。ファイルをダブルクリックすれば、自動的にKStarsが立ち上がり、EkosとASIAirをを別ウィンドウに展開します。後はいつもどおり、マウントコントローラーで移動→オートフォーカス(その後微調整)→PlateSolvingで位置合わせして観望です。...

  • 天候が悪い日が続くので天体以外の与太話(OSの歴史)

    天候がさっぱりです。ここ数回天体関係から少し外れた与太話がつづいていますが、今回も趣向を変えた与太話記事を記載しようと思います。4月あたりから第十二世代インテルチップセットやらM1Ultraやら久しぶりにCPUの新作ラッシュが続いています。(まあ、スペックに依存する作業をすることも無くなりましたので導入する予定はないです。)8K映像が編集できるような恐ろしいスペックになって驚くばかりですが、PCの制御を司るOSに...

  • 天体機器制御用に適した機材は?

    ここ数年可能な限りコンパクト、省電力で天体機器を制御できる環境を考えてきました。複数台のPC、SBC、MINIPCなどを天体用に使ってみての感想を記載したいと思います。これから天体機器の制御を行いたい方は一例としてご参考にしてください。環境を構築する上で重要なポイント・USBなどの接続端子の数・消費電力・電力の安定性・所有する天体機材を接続した際の安定性(ドライバの良否)個人的には上の四要素が最も重要だと感じて...

  • マイクロデバイスの天体利用

    以前制御の話でも触れましたが、現在私は天体機器をほとんどPCで制御しながら使用していることが多いです。写真派の方はASCOMやINDI、INDIGOといった汎用ドライバと複数の天体アプリを利用していることがほとんどだと思います。これらを利用している方は痛感していると思いますが、ほとんどPCに張り付き状態になります。PC操作となるとマウスやキーボードに頼らざるをえませんので直感的な操作がし辛いように感じています。シング...

  • AstRPi用設定マクロスクリプト

    AstRPiをタブレットなどで使用する際、KStarsを起動した後、What's interesting機能の表示、星図を北に移動、Ekosを別ウインドウに配置と煩わしい操作が多数あります。毎回手動で設定するのが面倒なので、マクロを作りました。ダウンロードはこちらxdotoolツールを使用しましたので、最初にインストールが必要です。ターミナルから以下入力sudo apt install xdotoolダウンロードしたファイルを右クリック→パーミッションで実行権限...

  • さまざまな制御規格から天体機器の制御の未来を考察する-その2

    前回長々と他の業界の制御規格について記載しましたが、まだ続きます。(笑)今回は規格ではなく制御部分や制御に関わる機構部分についてです。自動導入機能をもったアマチュア用のマウントの殆どはサーボモーター、もしくはステッピングモーターを利用したオープンループ制御になります。オープンルーブ制御というのは軸側の回転数をフィードバック制御する機構が無い制御方法になるのですが、実はオープンルーブ制御にすることで...

  • さまざまな制御規格から天体機器の制御の未来を考察する-その1

    このブログでは天体機器の制御に関して多く触れています。私はエンジニアではありませんが、過去業務でコンテンツ(グラフィック、サウンド、映像、Webなど)の企画制作や研究・教育を通じて複数の業界の制御規格に触れることがありました。(メインは芸術系です)業界は違えど機器を制御するというところでは共通項があります。まとめ方として業界別に記載しながら、天体機器の制御にも活用できそうな部分にも触れていきたいと思...

  • Macのシステム移行方法(便利なアプリなど)-その2

    さて、それでは前回の続きです。私は複数台Macを所有していますので、今回はメインマシン(MacPro)の環境を一式MacBookProに移したいと思います。(Macの場合ハードによって対応しているシステムバージョンが異なります。両者が対応しているOSバージョンであればクローンから起動できます。)まずは”アプリケーション”→”ユティリティ”→”ディスクユティリティ”でMacのディスクユティリティアプリを開きます。左側のHDD欄からク...

  • Macのシステム移行方法(便利なアプリなど)-その1

    注文していたSSDが到着したので修理したMacBookProのシステムHDDをSSDに載せ替えます。Macをお使いの方ならご存知かと思いますが、初心者の方もいらっしゃると思いますので便利なアプリやMacならではの機能をつかった効率的な復旧方法をご紹介します。注意する点・購入したままのHDDやSSDはMacで書類の読み書きはできますが、起動ディスクになりません。アプリケーション→ユティリティ→ディスクユーティリティを使ってパーテーショ...

  • 重い腰を上げてMacbookProを開腹手術

    一昨年グラフィックカードのトラブルが出て騙し騙し使っていましたが、いよいよ完全に立ち上がらなくなってしまったので重い腰を上げて開腹手術です。(ノートブックは面倒なのでできればやりたくなかった。。。)開腹、慎重に配線を外し基板を取り出します。基板を取り出したら、ヒートシンクなども外し、作業できるように準備します。ネットで不具合を調べた所、この機種は2017年にリコールになっていたようです。(その頃非常に...

  • 週末今年初のベランダBBQ(簡単な火熾し方法も紹介)

    ようやく当地も暖かくなってきました。(家の周りは桜が咲いています。)と、いうことでベランダでBBQです。(その後双眼鏡で星も)当家は林の中にありますので(笑)、暖かくなったらベランダBBQが恒例行事です。キャンプ場や、BBQができる施設に行くこともありますが見てみると結構皆さん炭の火熾しに苦労されているようなので私のやり方をご紹介します。(天体記事同様実用主義です)焚付けとなる針葉樹の枝や松ぼっくりを集め...

  • Star Adventurer GTi

    海外で発売されていますね。チップサイズの小さい撮像素子でEAAなどを行うのであれば明るく焦点距離の短い鏡筒(またはカメラレンズやCマウントレンズなど)の方が適した対象が多いので、このような小型の架台は需要があるかもしれません。個人的には鏡筒側にももっと着目してほしいなと感じています。以前にも記事に記載しましたが、EAAにしろ撮影にしろ鏡筒周りが電子デバイスだらけになりますので(カメラ、オートガイダー、フ...

  • CCDCielの便利機能-その2

    前回の続きです。前回の記事をお読みになっていない方はこちらからご確認ください。実は今回ご紹介する機能が最も重宝しています。(数字は前回の続き連番です。)3.強力な画像読み込み・書き出し機能(アプリ連携)タイトルだけ見ると?な機能ですが、CCDCielはメインウィンドウがビューアになっているので非常に使いやすく、数ある天体ビューアの中でもトップクラスに多数の画像ファイル形式に対応しています。そして特筆なのは...

  • 電波観測まとめ(環境、アプリなど)

    以前の記事でそれぞれの対象の観測方法などに触れましたが、この領域に関しては私自身手探りなので調べながら得られた情報をまとめていきます。調べていくと非常にざっくりとですが、観測機器の準備(アンテナ、受信機、マウントなどのセットアップ)、観測データの処理環境の準備に分かれます。観測機器の準備に関しては以前の記事で触れましたが、現状アマチュアではソフトウェアラジオ+アンテナ+自動導入マウント(これは可能で...

  • CCDCielの便利機能-その1

    CCDCielはマルチプラットフォーム、マルチドライバ(ASCOM、INDI、Alpca)、(簡易的な)ライブスタッキング対応と非常に多機能な統合撮影環境ですが、国内ではなぜかマイナーな存在です。(Windows環境下では後発のN.I.N.Aより知名度が低い)しかし、このアプリにしかない便利機能もありますのでご紹介します。1.Cartes du Ciel Sky chartsとの連携機能多機能なプラネタリウムアプリCartes du Ciel Sky chartsはCCDCielと同じ開発...

  • ようやく桜が咲きました。

    ここ数日急に暖かくなり、一気に満開になりました。(その後また寒くなるようですが。。。)週明けから天候が悪化しそうなので土、日と場所を変え花見してきました。実は先週末も花見してました(笑)当地付近は標高により開花時期が異なるので隣町に足を伸ばして花見をして、その後当地付近で花見という具合にうまくすれば複数箇所で花見を楽しめます。一転してまた気温が下がってしまうようですが、早く暖かくなって欲しいです。...

  • LinuxでRTL-SDRドングルを利用する方法

    以前の記事でも触れましたがLinux環境でRTL-SDRドングルを使用するための設定方法を備忘録としてまとめておきます。(自分用)RTL-SDR Blog V3 R820T2 RTL2832U 1PPM TCXO HF バイアスティー SMAソフトウェア定義無線 ダイポールアンテナキット付き新品価格¥4,997から(2022/3/5 14:23時点)●インストールコマンド●ドライバsudo apt install rtl-sdr●ソフトウェアラジオアプリsudo apt install gqrx-sdr天体用としてはこれだけで利...

  • 当地はEAA(電視観望)向きかも

    春の割にはめずらしく好天です。平日なのでお気軽EAAです。Lanケーブルを1本接続したら家に入ります。電子ファインダーで木の無い所を探します。レンズを少しいじったのでオートフォーカスで大まかにピント出し(追い込みはリモートで手動操作)その後、PlateSolvingで位置合わせ。ASILiveスタッキングしたら保存してKStarsのFitsビューアで確認。スタートが遅かったので夏の対象をほんの少し見て切り上げました。今年はこの季節に...

  • ベランダ撮影二回目も。。。

    天気が良かったので早めに撮影機材を準備しました。数対象撮影しましたが、相変わらす木の妨害にあいます。。。このように木の隙間を狙って撮影することになりますのでとても難しいです。。。。(特に真ん中のやつは切りたくなります。。。。)モニタで見るだけだったらKStarsのFitsビューアで充分ですね。枚数が稼げない(途中で木の妨害にあう)のでスタッキングしてもたいして変化ありません。夏の対象まで粘りましたが、ことご...

  • 晴れたので短時間EAA

    もうタイトルどおりです。(笑)冬の間にベランダ観望環境作っておいて良かったです。(すごく楽)広角電子ファインダーはとても役立ちますね。ベランダからだと木の間を縫って観望するような環境ですが、見たい対象の状態が非常にわかりやすいです。PlateSolvingも快調、ラズパイはアップデートして調子悪くなったので古いバージョンに戻しましたがそちらでも若干バグが出ますが、MiniPCは安定バージョンで固定しているのですこぶ...

  • 押印文化

    天体とは全く関係ない話ですが、今年息子が社会人になるので実印を作ることになり、諸々調べていました。判子や朱肉などのモノとしての文化(伝統、近代工業)から日本社会の仕組みまで非常に広範な影響を与える存在で、調べるほどにある意味日本そのものを透かし見ることが出来るなかなかおもしろい存在であると感じました。判子自体は実は5000年ほど前からあり、日本では奈良時代に仏教と共に伝来したようです。(その頃は官印や...

  • 春の対象を高感度監視Zoomカメラで観望

    週末金曜日がそこそこ天気が良かったのでお気軽観望をしました。高感度監視カメラにズームレンズを設置してフルリモート操作しています。(メインの一つになりました)冬の対象はもうほとんどベランダからは見えませんので春の対象を見ましたが、やはり銀河とかはこのシステムではつまらない(笑)ですね。(見えるには見えますが地味)早く夏の対象が見たいなあ。。。...

  • 記事の電子書籍化

    FC2ブログの機能として電子書籍化する機能があったので、幾つかの記事を電子書籍としてまとめました。自動処理なので記事がいくつか抜けてしまいましたが、一応オフラインで参照は出来るかと思います。epub3なのでブックリーダーが必要になります。https://www.adobe.com/jp/solutions/ebook/digital-editions/download.html書籍化した記事は以下・天体環境INDI入門INDIに関する記事をまとめたものです。・星空観望入門初心者向け...

  • 春なのに(だから?)

    昨年の秋冬で観望~撮影環境、さらには電波観測という未知の分野まで環境を作りましたがここにきて全く稼働していません。。。昨年末~2月くらいまで例年以上の寒さだったり、降雪が例年以上だったりと障害は多かったのですがリモート化された観望環境で年末年始はそこそこ楽しむことはできました。しかし3月は。。。。今年は驚くことに3月にも降雪があり、ようやく気候が落ち着いてきたら曇天つづきです。。。当地は結構まだ寒く...

  • INDIサーバ・ドライバが1.9.5にアップデートしました。(2022年3月8日)

    INDIライブラリv1.9.52022年3月8日リリース新しいドライバーとバグ修正を含む隔月のINDIライブラリがリリースされました。変更点#1598の@fdesvalleesによるスルーレートの更新を修正しました#1599の@paolostivaninによるQt5Coreの欠落しているfind_packageを追加しますspec-195:#1601の@xsnrgによる1.9.5ビルドの仕様ファイルを更新しますPyindi-#1602で@abecadelによる実際のテストを実行します#1605の@ d33pskyによる問題...

  • 電波観測のテストと久々のEAA

    平日なのにオフになってしまったのでこれまでチェックしていた電波観測機器のテストをしてみました。太陽を自動導入電波は出ているかな?ログをグラフ化。。。うーん何も変化していないですね。ラズパイからLANでWindowsに飛ばし、SDR#でログを取りましたが使い方などまだわからない所もあるので使いながらブラッシュアップしていきましょう。夜になりEAA環境に変更です。冬の対象から春の対象へ霞空で見づらかったのですが、一通...

  • 電波観測の方法を調べる

    RTL-SDRのセットアップや怪しい自作アンテナの制作、INDIを使った自動導入との連動くらいまでは前回できたのですが、電波観測に関しては観測方法自体が私にとっては全くの未知数で、ネットで手探りしながら観測方法を確認しています。電波の場合は目で確認もできませんし、何をもって観測できたかということも把握しておかないと単にノイズを聞きつづけることになります。。。(ラジオ放送みたいに変調かけて音声になりませんし(...

  • 電波観測用の自作アンテナ(1.42GHz帯)の制作と取り付け

    以前の記事でチューナー部の準備はできました。ダイポールアンテナ付きのチューナーを購入したのでこれだけでも観測出来るのですが、水素線1.42GHzをより効率よく受信できるようにアンテナを自作してみます。電波観測というと巨大なパラボラアンテナがイメージされますが、正確に言うと反射部分(パラボラ部分)とアンテナ部分に分けることができます。アンテナ部分は受信したい電波の波長で計算します。電波の波長が短ければ短い...

  • RTL-SDRを味見

    以前の記事で天体の電波観測について触れました。かなり未知なる世界ですが、道具だけは気軽に揃えられるので試しに買ってみました。私が購入したのはこの3つです。RTL-SDR Blog V3 R820T2 RTL2832U 1PPM TCXO HF バイアスティー SMAソフトウェア定義無線 ダイポールアンテナキット付き新品価格¥4,997から(2022/3/5 14:23時点)KKHMF 0.1-2000MHz RF 広帯域アンプ 30dB増幅器(デシベル) 高利得モジュール ノイズLNA新品価格¥999か...

  • Celestron架台のUSBダイレクト接続について

    以前まとめ記事を記載しましたが、AUX端子やHC端子からのUSBダイレクト接続に関しても試しましたので記載します。・以前の記事で記載した通り、Celestron架台のAUX端子やHC端子はUARTシリアルモジュールでは接続出来ません。(インターフェイスを作らないとダメ)・2022.3.3現在ではINDIのCelestron AUXドライバはインターフェイスを作成すればWIFI接続は可能、USB接続は不可(設定はあるが機能していない)、ドイツ式赤道儀はNG(...

  • アマチュア電波天体観測について

    やまぎりさんのブログでコメントしたとき、私自身も興味が出てきていろいろ調べてみました。電波天体観測なんてアマチュアには縁がないものだと思っていましたが、現在ではかなり敷居が低くなっているようです。以下リストにまとめます。●電波観測機器RTL-SDR.COM V3 RTL2832U R820T2 TCXO/1PPM SMA-J(HF Direct Sampling Mode Q-branch)Software Defined Radio [チューナー単品/アルミダイキャストケース][RTL-SDR.COM正規品]新品...

  • AdvancedーVX(セレストロン架台全て)のダイレクト制御まとめ

    需要はありそうなのですが、まとまった情報をあまり見かけませんのでインターフェイスを作ったときに調べた情報をまとめておきます。●セレストロン架台のHC、AUX端子について(ダイレクト制御する際、接続する端子)・HC端子もAUX端子もピン端子配列、信号の取り扱いは同じ(RJ12 6ピン)・信号線は3.3VTTLシリアル、vccは12V・ピン配列は上図の番号の場合1.使わない2.RX(3.3VTTL)3.Vcc(12V)4.TX(3.3VTTL)5.GND6.RTS(3.3VTTL...

  • 撮影システムの実践チェック

    まだ外に雪が残っていますが天気が良かったので撮影システムの実践チェックを強行しました。室内でPOEインジェクターを接続ベランダ手前に鏡筒とマウントを運搬(マウント上部に今回作成したボックスとカメラをセットしてケーブル配線まで済ませてあります。)外に出てLanケーブルを接続し、ピラー脚を北に向けて設置。マウント取り付け。鏡筒を取り付け、ボックスとカメラを取り付けます。(配線などは移動時に室内で完了していま...

  • Acvanced-VXのダイレクト制御に挑む

    今年は例年になく雪がぱらついてしまい、せっかくベランダでの撮影環境を整えたのですが室内チェックで休止状態です。。。そのような状態でこの記事の情報を見つけてしまい、天気も残念な状態なので試しに作ってみることにしました。部品は以下74HC125 2.54mmピッチ 2個入<icd-008>新品価格¥180から(2022/2/21 18:26時点)ミヨシ MCO 電話機コード 6極6芯 1m 白 DC-601/WH DC-601/WH新品価格¥313から(2022/2/21 18:29時点)VKLSV...

  • Celestron Advanced-VXの無線ダイレクト制御?

    撮影環境を構築した際、ハンドコントローラーから直接電源を取り、シリアル信号をWIFIで送信する改造(良い子は真似しない方が良い)を行いました。この方法はハンドコントローラーを介して接続するため、ハンドコントローラーに緯度経度日時情報とアライメント商法を取得させる必要があります。緯度経度日時情報に関してはドライバから送信できますし、アライメントに関しては”ラストアライメント”を選択すれば以前のアライメント...

  • 今回の撮影システム、DSC制作で購入したもの(備忘録)

    自分の備忘録として記載します。VKLSVAN ESP32 ESP-32S NodeMCUマイクロUSBデュアルコア開発ボードモジュール 2.4GHz ワイヤレスWiFi Bluetoothデュアルモード ESP-WROOM-32モジュール内臓 マイクロコントローラ新品価格¥798から(2022/2/14 21:40時点)DSC用に購入、ESP32はTTL3.3Vですが、このボードは5Vにも対応しているのでエンコーダーを利用するDSCに便利です。HiLetgo UNO R3 D1 R32 ESP32 ESP-32 CH340G開発ボードWiFi Bl...

  • ベランダ撮影システム完成

    中国からの部品(POEのインジェクター、スプリッター、シリアルTTL変換端子)がようやく届いたので組み上げました。上の黒い箱部分にラズパイ、FCUSB、POEスプリッタ、12Vシガレット端子2つ、そこにPD・QC3アダプタをはめ、一眼デジカメ用電源とラズパイを接続、シガレット部分にはAcvanced-VXの電源端子をはめてあります。この箱の中で電源もデータケーブルも接続が完結します。箱はいつもの100均まな板で作りましたので軽いです...

  • Ardiunoを使用したDigital Setting Circlesその3

    撮影環境の部品が届かないため先にこちらを記事にします。Ardiunoを使用したDigital Setting Circlesは以前に2つ紹介していますが、これは決定版と言ってもいいかもしれません。その1で紹介したESP8266と高度センサーを用いたDigital Setting Circlesを公開してくれたAdun(クラウディナイトのハンドルネーム)が以前メールでESP32を用いた両軸エンコーダー用のプログラムを公開したと連絡をくれました。週末の件や他諸々ありまし...

  • 妻の実家の犬とお別れしてきました。

    週末の散歩の共だったキング(妻の実家の犬)が本日星になりました。。。柴犬なのに全く神経質なところが無く、超マイペースなB型気質の犬でした。(なぜか私は友人もB型が多いです。)当地に引っ越してから週末の行事(実家に寄って散歩)になっていたのですが、年が開けてから様態が悪化して散歩といっても庭を歩かせるのがやっとでしたが、今週いよいよ歩くことができなくなり眠るように息を引き取りました。今年息子が大学を卒...

  • 隙間時間に高感度ズームカメラ観望

    打ち合わせ後、実家にも寄り戻るのが遅くなりましたが空を見上げると晴れています。食後手早く高感度ズームカメラを設置してベランダリモート観望しました。LANケーブルをつないでレンズの蓋を外せば準備完了です。設置は2~3分。木の隙間からM42(静止画は指定した秒数が自動的に加算平均合成されるようになっています。)ストリーム映像(ライブビュー)でも感度は良いですね。このシステムは広角状態で空の状態を見ながら星が見...

  • 制御信号無線化の問題

    現在ベランダで撮影環境を作るために中国からの部品待ちの日々が続いています。。。私の赤道儀(初期型のセレストロンAdvancedーVX)はハンドコントローラー下部からシリアル端子(現在のものはUART変換されたMINIUSB端子)が出ているのでこの部分に改造を加えて無線化する予定ですが、天体機器の制御信号を無線化する障壁の多さに辟易としています。環境整備の一助にもなるかと思いますのでそれぞれの問題を記載していきましょう...

  • 週末のお楽しみ

    赤道儀での撮影環境も中国から部品が届くまでお預けです。(それ以外の部分は大体準備できました。)天気も良かったのでリモートEAAを楽しみました。M42馬頭星雲バラ星雲M47M46冬の観望だとカメラレンズくらいの画角が楽しいですね。(ズームを180mm程度に調整しています。)いつもどおりINDI環境でKStas・Ekosで制御、ASILiveでライブスタッキング、そしてKStasのFitsビューアで開いて調整した画像です。(スクリーンショットとい...

  • INDIドライバ・サーバが1.9.4にアップデートしました。

    今回のアップデートはトラブルで知りました。。。初期設定やカスタムドライバが消えるアップデートなのでアップデートする方は必ずバックアップを取ってから行ってください。ドライバの初期設定→/home/ユーザー名/.indi(不可視ファイル)カスタムドライバ設定→/usr/share/indiご自身が所有している機器のドライバやカスタムドライバを利用している方は保存しないと消えます。(何度目でしょうか。。。いい加減学習してほしいです...

  • ベランダ撮影計画 その2

    前回の記事から、現在の居住地のベランダで撮影も出来るようにあれこれ計画していますが、AC電源が物理的に引くことが困難な状況なので以前ベランダでしていたような箱の中に必要なものをぶち込み、撮影後も放置出来るお気軽状態では無理が生じます。。。(AC引けると楽ですよね。。)リモートEAAや高感度ズーム観望用にPOEを準備しましたが、さすがに赤道儀を使った撮影環境では電力が足りません。前回の検証でシステムを極力シン...

  • ベランダ撮影計画 その1

    昨年末から少しずつ手を加えEAA、高感度カメラのズーム観望の使い勝手やリモート化がほぼ満足できる状態になりました。現在住んでいるマンションではベランダにACを引くことが困難(寒冷地仕様の二重窓、コンセントが出入りする窓から遠いなど)なため、ケーブル1本でデータ転送と電源を確保出来るPOEを利用しました。そのため、視界は狭くなりますがベランダであればある程度撮影もできる環境になりました。以前撮影していた時は...

  • リモートEAA環境の拡張

    AZ-GTi架台は鏡筒の長さの成約を受けないので以前のカメラレンズを使用したEAA環境を望遠鏡も使えるように調整しました。リモートEAA観望で使用しているMiniPCをアリミゾ仕様にして、お手軽撮影用のブランカ80EDTにフォーカサーを取り付けました。カメラがZWO224MCなのでレデューサを使用して384mmF4.8仕様にして使います。(ちょうど月が画面いっぱいになる画角です。)組み上げるとこんな感じです、運良く夜晴れたのでテスト観望...

  • オートガイド不要、失敗しない画像撮影方法(ZWOカメラ限定)

    前回ブログ記事で触れましたがASILiveを撮影に活用するとオートガイド不要で微恒星まで点像の、情報量の多い画像を得ることができます。もともと観望用に使用していましたが、ZWOのDSOカメラをお持ちであれば撮影画像としても利用できると思います。特徴は以下1.オートガイド不要(使えばトレミングが少なくなる)2.経緯台でも撮影可能(視野回転するので、周辺部分はトレミングが必要)3.観望しながらそのまま撮影が出来る。簡単...

  • Linux、INDI環境で嬉しい二つの追加機能とEAAで有効な使い方

    いつ追加されたのか不明ですが、以前からフォーラムで要望があった機能が追加されていました。1.マウントコントローラーでのカーソルキー操作2.シリアル機器の固有名管理機能の追加地味ですがいずれも非常にありがたい機能追加です。上記のマウントコントローラーを表示してウィンドウがアクティブになっている時、キーボードのカーソルキーでマウントの操作ができます。以前は細かい移動などが煩わしかったのですが、カーソルキー...

  • SkySafari7(Plus or Pro)でINDI、Alpacaドライバをサポート

    スマホ、タブレット用のプラネタリウムアプリとして完成度の高いSkySafari(Plus or Pro)がバージョンアップでINDI、Alpacaドライバに対応したようです。https://skysafariastronomy.com/今まではINDI側のブリッジドライバで使用可能でしたが、ネイティブ対応になったので色々便利になりそうです。このアプリは定期的に割引などがありますので、安くなった時にアップデートして試してみたいですね。...

  • 極寒の中高感度ズームカメラでのリモート観望

    最近ものぐさをしてベランダばかりでしたが、もう少し広い視野で観望したくなり、夕食前に久しぶりに敷地内の広場に高感度ズームカメラを設置してきました。高感度ズームカメラは暖かくなったら手動で操作もしたいのでSE-AT架台に常設することにしました。AZ-GTiはいろいろな鏡筒を付け替えられるのでEAA環境や、望遠鏡で多目的に使用します。かなり久しぶりの広場設置の観望でしたが、ケーブルの断線やら架台のスイッチの入れ忘れ...

  • 今年の初陣は新環境でEAA

    新年初の晴れた夜になりました。今年の初陣は昨年末作った環境でEAAをしました。室内で配線を接続してあるのであっという間に準備完了です。ウインドウの配置が若干面倒ですが観望準備完了。嬉しいことにいつの間にかマウントコントローラーがカーソルキーで操作できるようになっていました。(いつの間に?)定番のM42これまた定番の馬頭バラは写りませんね。。季節外れのクリスマスツリーM35NGC2174(だったかな?)M47M46M93他...

  • 新年のごあいさつ

    一日遅れになりましたが、新年のご挨拶です。拙いブログですが、今年もよろしくおねがいします。昨年までは2年前に引っ越した当地で、この趣味を継続するための環境つくりに取り組んできました。環境も整いましたので今年は観望や活用事例などを記事にできればと思っています。結構力を入れていたのですが目立っていなかった(笑)入門記事なども追加していけたらなと考えています。昨年種まきした観望会なども記事になる実りがあ...

  • AZ-GTiの小改造完成

    今日はオフです。お昼を家族で食べていたら、AZ-GTi改造のための部品が届きました。早速作業に取り掛かります。改造のコンセプトは『観望準備をとにかく楽にする』です。AT-100N架台も同様のコンセプトですが、架台が小さいので細かな工作で同様の環境を作ります。届いた部品は1品、9V電池用の接続端子です。このような改造の際良く使用する万能部品、アストロショップダ○ソーの桐のまな板も使います。9V電池用の接続端子をはんだ...

  • 高感度ズームカメラ制御ボックスの追加作業とAZ-GTiの試運転

    ようやく中国から部品が届いたので高感度ズームカメラ制御ボックスの追加作業を行いました。届いたのはボックスに取り付けが出来るヒューズボックスです。以前も突入電流でトラブル(AdvancedーVX赤道儀はファームウェアが飛ぶトラブルに。。)があったので、ヒューズを取り付けてあるのですが、以前の制御ボックスでもヒューズが飛び取り替えた記憶があります。。。都度開腹手術は大変なのでボックスを開けずにヒューズ交換出来る...

  • 感謝

    ブログでご交流いただいているKさん(万が一にもご迷惑かかると申し訳ないのでお名前は伏せます。)よりAZ-GTI及び三脚など一式をお譲りいただきました。AT100N架台だと鏡筒の長さに制約があるのでヤフオクで物色していましたが敗戦続きだったのでとても嬉しいです。心より感謝します。ありがとうございました。昨日日曜日に届いたのですが、沢山のオプションまで送っていただいたので我が家でどのように活用しようか考えぬき、方...

  • 高感度ズームカメラリモート対応完成

    昨日チェックしたINDIDUINOスイッチャーも制御ボックスになんとか組み込み、動作確認が全て完了しました。(INDIDUINOスイッチャーまで組み込むと配線も多く、ボックス内の配置もギリギリ。。なかなか大変でした。)写真では接続してありますが、リモートで使用する場合はモニタが不要なので外し、レンズ下部分に設置してあるSDI→HDMI変換ボックスからUVCキャプチャボードを介してラズパイに接続します。HDMI分岐ボックスも接続し...

  • INDIDUINO、Basic switcherを試す。

    過去から存在だけは知っていたINDIDUINOですが、今まで試す機会も無く、発表されてから長い月日が経過しました。今回着手しようと思ったきっかけは私が現在使用している高感度ズームカメラのズームレンズの制御でリレーが有効に利用できることがわかったからです。リモートで高感度ズームカメラを使用できるように動作確認が取れたネットワークリレーを使用しましたが、現在ではリレー部品もAmazonなどで廉価に利用できるのでINDID...

  • 高感度ズームカメラリモート観望での検証

    前回不安定な状態だったので、どのあたりが問題なのかを検証するために再度ベランダに機材を出し検証してみました。いろいろ試してみたところ原因はこのシステムではPOEで供給する30Wの電力では電力不足になり、不安定になっていたようです。電源をいつも利用しているポータブル電源に接続すると不安定な状態は解消しました。(リレーが大分電力消費するようです)Platesolvingに関しては、ドライバに一部設定漏れがあり設定それを...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、T-Studioさんをフォローしませんか?

ハンドル名
T-Studioさん
ブログタイトル
Salon de Astronomy
フォロー
Salon de Astronomy

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用