searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

T-Studioさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Macで天体
ブログURL
https://tstudioastronomy.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
MacやRaspberryPi、ArduinoなどのSBCを活用した天体環境構築、撮影や観望への活用、INDIサーバ・ドライバの設定方法や使用方法、各種天体ソフト紹介、天体機器の自作や星空観望入門情報を掲載しています。
更新頻度(1年)

14回 / 18日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、T-Studioさんの読者になりませんか?

ハンドル名
T-Studioさん
ブログタイトル
Macで天体
更新頻度
14回 / 18日(平均5.4回/週)
読者になる
Macで天体

T-Studioさんの新着記事

1件〜30件

  • Astroberry-J-その6 その他の機能

    提案した組み合わせでの使用方法などはだいたい記載できたと思いますので、他に組み込まれている機能などをご紹介しておきます。●天体機器制御関連・SiriL多機能な画像処理ソフト、スタッキング処理などが優秀。簡単な使い方はこちら・ASTAP多機能な画像処理、高速なPlate Solvingが特徴。簡単な使い方はこちら・CCDCielINDI環境に対応した多機能な撮影統合環境。使い方はこちら・Ciel Skychartマルチプラットフォームの多機能なプ...

  • Astroberry-J-その5 qDslrDashBoardで一眼デジカメのリモート操作

    KStars・Ekosを使用しての望遠鏡制御や電子ファインダーを用いた天体位置解析(PlateSolver)の使い方は記載しましたのでこれからは私もよく使うqDslrDashBoardで一眼デジカメのリモート操作を紹介します。KStars・Ekosでも一眼デジカメを操作出来るのですが、固定撮影やポータブル赤道儀、タイムラプスなどでの撮影をしたいとき統合制御環境だと操作箇所が多くなるので一眼デジカメだけリモート操作したいときなどに便利です。お...

  • Astroberry-Jを使う上での注意点

    もうすでに何名かの方が、ダウンロードしてご使用いただいているようです。(ありがとうございます。)ご報告いただく中から、いくつか注意する事項が見えて来ましたので記載します。ご確認の上、有効にご活用いただけると幸いです。●Astroberry-Jはこちらの機器構成で観望支援、撮影補助などに有効に使用できるようにカスタマイズされたディストリビューションです。ドライバに関しては、INDIが対応したものすべてをインストール...

  • Astroberry-J-その4 観望での操作手順

    今までに記載した準備が完了したら、いよいよこの環境で観望を行いたいと思います。設定にかかった手間と比較すると使い方は拍子抜けするほど簡単です。いくつか留意点もありますので記載します。●マウントドライバに既知のバグがあります。・パーク機能※の設定が反映されない、マウントコントローラーでパークオフしないと架台の操作ができないが、オフにすると動き出す。→マウントコントローラーのストップボタンを押すことで回...

  • Astroberry-J-その3 天体機材の準備2

    本当は前回の記事でまとめたかったのですが、記事量が多すぎると読みづらいと思いますので分けました。今回はドライバの動作確認と電子ファインダーの調節などを記載します。ここまで準備できれば便利な環境で観望できますのでしばしお付き合いください。前回接続までできていますので機器確認を行います。機器の電源を入れてリモートデスクトップでラズパイ4のデスクトップを表示しましょう。・デスクトップ右上の時計表示が正確...

  • Astroberry-J-その2 天体機材の準備1

    その1でAstroberry-Jの動作確認、リモートデスクトップでの操作、RTCの設定などが完了したら、次はいよいよ用意した機器との接続、観望準備の設定になります。私の機材構成は以下になります。・RaspberryPi4(32GBMicroSDにAstroberry-J、GPSモジュールをGPIDに組み込み)・Kenko スカイエクスプローラーSE−AT100N(各部名称などはリンクの取説で確認してください。私の機材は自作電動フォーカサーをつけていますが、今回は使用...

  • Astroberry-J-その1 インストール、動作チェック

    こちらからイメージファイルをダウンロードしたら、まずはMicroSDカードに書き込みを行いましょう。書き込みはご自宅のPCから行います。書き込みソフトのためのソフトとして以下を用意します。・SDメモリカードフォーマッターまずはこのソフトでSDカードをフォーマットします。(Mac、Windows対応)書き込みソフトはWindowsの場合・Eetcher(書き込み専用)・win32diskimager(バックアップ用)Windowsの場合は更に・iTunesをイン...

  • ラズパイ4の天体機器用ディストリビューションAstroberry-J

    ラズパイ4用の天体機器用ディストリビューションとしてAstroberry-Jをまとめました。ダウンロードはこちら基となるのはrkaczorek氏がまとめたAstroberry-Serverです。(詳細は上記リンクをご確認ください。)ID:astroberryPASS:astroberryすべての操作で共通して使用できます。こちらの記事で紹介した機材構成ですぐに使えるようドライバ、KStars、Ekosなどの設定を行っています。今回ダウンロード出来るディストリビューション...

  • 入門用の理想の天体観望・撮影支援環境を考える。ーその3

    その2の記事に記載した機材構成でどのようなことが出来るのかをまとめます。見た目玩具風ですが(笑)驚くほど簡単に自由な方法で目的の天体を導入できる環境が整います。●面倒なアライメント操作が非常に簡単になる(天体導入が非常に容易)通常自動導入架台はアライメントと呼ばれる操作が必要になります。架台をホームポジション(初期設定となる方向)に向けて、ハンドルコントローラに緯度、軽度、時刻を入力し、ハンドルコ...

  • 入門用の理想の天体観望・撮影支援環境を考える。ーその2

    前回のその1で実現してほしい要望をきさいしましたが、現状では市販品にその要件を満たす製品は現れていません。。。今回は市販されている製品を組み合わせた現実的な落とし所を探りたいと思います。まずは予算→すべて合わせて5〜6万円程度入門用の予算として5〜6万円を設定しました。大人が趣味としてちょっと頑張ってみよう、子供と一緒に取り組んでみようと考えるとき、都合がつけやすい金額として想定しました。デジカメ...

  • 理想の天体観望・撮影支援環境を考える。ーその1

    廉価なエンコーダ付き自動導入架台や、SBCなどで自動導入、スケジュール撮影、PlateSolverなどが実用的に実現できるようになってきて、この話も単なる夢見がちなヲタ話ではなくなってきているように感じます。実際に市販品の組み合わせだけでもかなり(と、いうかほとんど)の環境を整えることができるのですが、この記事をみて頂いてもわかるように、いくつか改善できる要素があります。・鏡筒側に制御要素(カメラ、フォーカサー...

  • EAAをしながら理想の天体観望・撮影支援環境を考える。

    月は出ていますが、貴重な晴天の夜なのでいつものセット(ZWO120MC、Cマウント102mmズーム(F2)、自作伝統フォーカサ、スカイエクスプローラーSE-AT100N架台)に戻しEAA観望をしました。(手抜き写真で汚くて申し訳ありません。。。)お手軽セットとはいえ、架台電源ケーブル、カメラのUSBケーブル、電動フォーカサーのUSBケーブル、架台につなぐ自作シリアルUSBケーブルの計4本のケーブルを接続しますのでスマートさには欠けま...

  • 最大の難関、目では見えない天体の導入に関して

    私のブログでも何回か扱ったテーマになります。・見たい対象の探し方・星空で迷子にならない3つの方法・見たい対象で適した機材が異なる(その1)・見たい対象で適した機材が異なる(その2)・観望支援機器の必要性・可動式目盛環とデジタル角度計を用いた導入支援装置・Ardiunoを使用したDigital Setting Circlesその1・Ardiunoを使用したDigital Setting Circlesその2なかなかの記事数です(笑なんでこんなに記載しているのかと...

  • 星空で迷子にならない3つの方法

    星や宇宙に興味があって、これから少し観望などを始めようという方にとって難関になるのは以下になります。・都会にお住まいの方は星座すら見えないことが多い。・実際の空では空が広すぎて星図で見たときのように位置を把握できない。・観望するための機材(望遠鏡など)を何を選んだらいいのかわからない。など、わからないことや、目的の星や対象を探すのが困難で尻込みしてしまう状況が多いかもしれません。しかし、簡単な方法...

  • 晴れたので一眼デジカメEAAのリベンジ→Solver研究に

    今年に入って初めての快晴、いつもは夜に雲が出ますが(笑)本日は晴れています。と、いうわけで前回消化不良で終わった一眼デジカメを用いたEAA(電視観望)に再挑戦しました。いつもの広場設置して、前回の設定でSolverを試みますが、なかなか成功しません。そうするうちに、画面の星が見えなくなっています。。。部屋から出て空を確認すると快晴。???しょうがないので機材を設置した広場まで行くと。。。凍ってます。。レン...

  • Mac版KStars3.3.9不具合情報

    遅ればせながらMac版KStars3.3.9をチェックしてみましたが、いくつか不具合が出ているようです。チェックできたところを備忘録として記載しておきます。(いくつかは回避方法も見つけましたのでご確認ください。)1.言語環境の切替ができない→β版で対応(正式版までしばし待ち)2.Astrometry.netローカルサーバが正常に起動しない→Homebrewをインストール→Python3をインストール→Ekosアライメントモジュールオプション→Astrometry...

  • あなたは何座?(黄道12星座について)

    星占いの好きな方であれば、占いで使用される黄道12星座を全てご存知かもしれません。生まれ月に応じて星座があり、占いの内容が記載されています。この12星座ってどのような基準で選ばれたのでしょうか。私はサソリ座の男ですが、サソリ座を夜空で綺麗に眺めることができるのは夏(7〜8月)です。しかし、星座占いではサソリ座は10/24~11/21生まれの方になっていますよね。7〜8月に見える星座なのになぜ?と感じる方もいる...

  • このブログで思うこと

    ブログをはじめてから早一年三ヶ月ほどが経過しました。当初は星空観望、撮影などの補助にMacやシングルボードコンピュータなどを活用する記事や、天体機器の操作を便利にする自作記事、初心者のための入門記事、そしてMacの天体ソフト一覧情報(とても少ない)、INDIの概要(これも少ない)、撮影や観望の雑談や自作記事(これをメインに)などで構成する予定でした。(数少ないMacの天体ソフト情報、入門情報(固定情報として掲...

  • Mac版KStars3.3.9言語切替にバグ

    数名の方からご報告いただき、検証などのご協力を頂いたことでMac版KStars3.3.9の言語環境切り替えにバグがあることがわかりました。OSのバージョンにより言語環境が切り替わらない症状が出るようです。10.12.6→OK10.13.6→NG10.15.2→NG上記検証結果を一昨日フォーラムに報告しており、すでにβ版では対処されているようです。日本語環境でご使用になりたい方は近日中にアップデートされると思いますのでしばらくお待ちください。Mac...

  • INDI対応機器一覧(2020年1月現在)

    INDI対応ソフト同様、INDI対応機器の一覧表も無いことに気づきました。INDI対応ソフト同様本家のリンクを貼り付けようかと思いましたが、なんと本家サイトの情報も歯抜け。。。。ネットで調べてもキチンと一覧が記載されているサイトがありません。。。。参考用としてドライバリストを項目ごとに貼り付けておきます。名前が略されているものもありますが、無いよりはマシ。。。●マウントドライバマウント用のドライバリストです。...

  • INDI対応ソフト一覧

    このサイトはINDIサーバ・ドライバを活用した天体環境の構築について多数記載しましたが、INDIに対応したソフトの一覧が無いことに気づきました。。(Macの天体アプリ一覧にいくつか記載がありますが、INDI対応としてはまとまっていません。)有名所ではSetllariumやPHD2、Ciel SkyChartなどが対応していますが、他にも多数対応したソフトがあります。ほとんどの情報は本家サイトに記載されています。しかし、以前は記載されていた...

  • 天体用途でおすすめの環境設定(Mac版)

    これからMacで天体を始めようとする方に向けての情報です。そもそもMacでなにができるのか?という方はこちら天体用のおすすめアプリはこちらとこちら天体用アプリのインストール方法などはこちらをご確認ください。天体用のアプリ、サーバの導入は非常に簡単に行なえますが、天体用途の場合、リモート制御したり、長時間オートガイドや、撮影を繰り返すことになるのでMacの環境設定で天体向けに設定を変更しておくと快適です。1....

  • 特集:Macで天体を始める方にーその4 最終(注意するポイント)

    Macで天体を始める方に向けて、その1では使い方やソフトのインストールなど、その2〜3では主としてシステム関連の便利機能などをケーススタディで記載しました。最終回は他環境との連携、周辺機器など注意する点を記載します。MacはOS10以降の機種は全てインテルチップセットを使用しているので、Windowsマシンの周辺機器などをかなり転用できるのですが、発売された年代によりOSのバージョン、Mac独自の端子類(Thunderboltな...

  • 特集:Macで天体を始める方にーその3(天体環境で便利に使える機能など)

    天体環境で便利に使える機能の続編です。●起動時にアプリや書類を立ち上げたいcloudmakersから提供されているindigoサーバ・ドライバや、Astromtry.netサーバ、INDIWebManagerAppなど天体用のサーバなどは起動時に立ち上がっていてほしいと思うことがあると思います。以下に設定を記載します。1.アップルメニューをクリック→2.システム環境設定を選択3.ユーザーとグループをクリック4.ログイン項目をクリック→5.+ボタンをクリック...

  • 特集:Macで天体を始める方にーその2(天体環境で便利に使える標準機能など)

    Macを使用しているというと、スタバでコーヒー飲みながらキーボードをたたいているようないけ好かない(笑)イメージを持っている方も多いかと思いますが、実はOS9以前は、アメリカでは教育系(ファイル共有、リモート操作)、日本では音楽系(電子楽器制御)、メディア情報端末(キオスクなど)、ニッチな制御系でかなりのシェアをもっていた時期があります。(他には医療系(スライド作成)、デザイン系(印刷原稿作成、画像処理...

  • 特集:Macで天体を始める方にーその1(基本的な概念や操作法など)

    このサイトはMacを使用している方を対象に、天体用に拡張するための情報を記載していました。(ソフトや周辺機器として扱えるSBCの活用法など)しかし、中にはWindowsやLinuxを使用していてMacを天体に使おうと考える方もいらっしゃると思います。それぞれのOSには文化があり、概念などが異なるため操作の初期部分での混乱があると思いますのでMacの基本的な概念や天体環境を構築するために知っておくと良い情報を記載しておきます...

  • 晴れたので一眼デジカメEAAのテスト

    昨日は昼から快晴が続き、天気予報も終日晴れの予報。以前記事にした一眼デジカメを使用したEAA環境を使用してみることにした。まずは室内で動作チェック機材構成は以下・スカイエクスプローラーSE-AT架台(自作シリアルUSBケーブルで接続)・EOSKissX5+28〜300mmズームレンズ(タムロン製)・自作昇圧デジカメバッテリー(USBからデジカメの電源補給)HiLetgo 5個セット 2A DC-DC ブーストステップアップ 転換モジュール Micro U...

  • Adobe® Director® 12販売終了

    私が仕事を始めた頃、ちょうど世間ではマルチメディアブームと称して様々な媒体でCD-ROMが制作され、配布されていました。Directorというソフトはキオスク(タッチパネルを用いたインタラクティブ端末)やCD-ROM制作のためのオーサリングソフトとして唯一の存在で、いくつが業務でも制作を行いました。(MacがOS標準で自動起動、シャットダウンのスケジューリングが可能なのもこの当時キオスク端末として使用されたことが大きいと...

  • ブログがなかなか進まない。。

    年が開けてからずっと曇天、もしくは雪。。。トピックスとなるような新機能も出てこないためなかなかブログが進みません。リアルな引っ越しとブログの引っ越しが重なった昨年の3月〜4月のペースに近くなっています。前回お知らせした一眼デジカメを使用したEAAのテストもずっとチェックできません。まあ、晴れたとしても外は氷点下、そう長時間の観望やチェックは寒くて行なえません。冬眠期間があけるまでじっと我慢の日が続き...

  • デジタル一眼レフカメラを用いた観望環境の考察

    今年に入ってから当地は天候が優れません。(去年と変わらないような。。。)タイトルに記載した件は、いつか試したいと考えることですがなかなか実行できませんので備忘録として記載しておきます。私は当地に引っ越してから手軽に設置できるEAA(電子観望)をよく利用しています。小型の天体カメラ(ASI120MC)、Cマウントレンズ(17〜102mmのズーム!)、自作フォーカサー(Moonlite互換)、自動導入経緯台(スカイエクスプロー...

カテゴリー一覧
商用