searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

カエルさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カエルは知らない
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaerusea622
ブログ紹介文
50代主婦のちょっとしたつぶやき
更新頻度(1年)

110回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2018/10/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、カエルさんの読者になりませんか?

ハンドル名
カエルさん
ブログタイトル
カエルは知らない
更新頻度
110回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
カエルは知らない

カエルさんの新着記事

1件〜30件

  • 萎縮性膣炎

    別名は老人性膣炎。閉経後に起きる婦人科の病気です。いわゆる加齢や閉経のせいでホルモンの分泌が枯渇し、膣の中がカラカラになり炎症が起こりやすくなる・・・みたいな感じでしょうか。症状としてはいろいろあるようですが、私の場合は主に尿をした後に薄茶のおりもののような物が、微量に下着に付きました。過去にもごくたまにそのようなことがあり、検査を受けなきゃと思ったんだけど、悩んでいるうちにおりものが消えた。ですが今回は症状が長く続いたので、重い腰を上げて婦人科に行ってきました。ネットであれこれ調べて、女医さんがいる病院を選びました。私は子宮頚がんの検査でさえ、強い痛みを感じるタイプです。もし今回検査を受けるとしたら、その何倍も痛みを伴う子宮体がんでの確認となる。できるだけ優しく、最新の機器を持っての診察にして欲しかったんです...萎縮性膣炎

  • 恋は続くよどこまでも

    昨日、特別編とやらをたまたま見た。このドラマ、あまりに甘すぎて早速リタイアした作品。でもなんだかおもしろくて、結局最後までがっちり視聴。おばさんでもキュンキュンしました。佐藤健君、演じ切りましたね。上白石萌音さんも、とてもまっすぐで純粋な役どころがぴったりだった。甘すぎてあまりに非リアリティなのは変わらずだけど、今のご時世に潤いの一つになることは間違いないでしょう。そうそう、髭ダンの歌もすごく効いていて、ドラマを盛り上げていました。彼らの曲、いつも足を運ぶダイソーで必ずかかる。でも何回流れても飽きないなあ。「君はきれいだ~~~」とか、思わず一緒に口ずさんでしまいます。もちろん、マスクの中でもごもごと。(^^;)非日常的なドラマに感動し、好きな歌を有線に合わせて歌う。生活に少しだけ余裕が出てきましたかな。では今日...恋は続くよどこまでも

  • コロナに負けず

    何とか生きてます・・・。(^^;)長らくご無沙汰しておりますが、もう少し落ち着いたら、また以前のように長々と語らせてくださいませ。では。コロナに負けず

  • それでも動く

    コロナの脅威が我が県にもじわりとやってきました。昨日、街中にある大きな病院から感染者が出たんです。現在濃厚接触者の検査が行われているようですが、一気に患者数が増えないことを祈るばかり。最初に罹患した方には何の非もない。もうこれは仕方がない。コロナの脅威は今は誰にも止められない。ただただ自己防衛に勤しむしかありません。私は明日、夫と二人で生活するアパートの掃除に行かなくてはなりません。なんでこんな時に・・・って感じですよ、正直・・・。最寄りのJRの駅から40分かけて転居地近くの駅へ。そこから夫が車で連れて行ってくれます。夫の勤務時間に合わせていくので、ぼほほぼ始発の電車に乗っていきます。早朝の5時30分くらいだったかな。夫が調べて、この電車に乗ってきてほしいと連絡が入りました。彼はやるとなったら徹底的にやる男です...それでも動く

  • 性格の不一致

    コロナ感染が深刻になっていますね。首都封鎖がいよいよ現実的になってきた。オリンピックが延期になってから、急に次々とやってきた感じはあるけれどね。東京のイメージを少しでも良くする為に、それまでいろいろと情報操作をしていたんだろう・・・。小池さんが相変わらず流暢な言葉遣いで会見をしておりますが、国民は皆知っていますよ。そんな状況の中でも、夫の引っ越し作業は中断できないわけで・・・。今週末、電車で1時間半ほどかけて彼のアパートに行ってきます。私も夫も在住している県は同じ。東京に隣接しているわけではありません。でも夫が住んでいた市は、県内でも限りなく都寄り。電車に乗ること自体リスクが高い行為なんだけど、ほとんど東京に向かっている感じが更に怖い・・・。しかしながらこのミッションは遂行されなければならず・・・。感染するかも...性格の不一致

  • 最悪の物件

    新しい住まいはJR線の最寄り駅からは徒歩で30分かかるが、私鉄の駅からは15分程で行ける場所でした。ちなみに築35年の物件でした。でもまあ、田舎には違いなく、近隣のコンビニは私鉄の駅付近にセブンイレブンの一件のみ。スーパーは地元ではそこそこ有名な店舗が、辛うじて徒歩圏内に一件のみ。JR線の最寄り駅まで出ていけば、県内外でも有名な神社があったりお街があったりでかなり開けます。(とあるドラマのロケ地としても注目されました。ちなみに主役はジャニーズの方)私鉄に乗って何分で行けるかはまだ分からないけれど、3駅で到達するのでさほど時間はかからないでしょう。が、最悪なのは夫の実家が近くなったことです・・・。義母から早速電話がありました。私が報告する前に夫から連絡がいったようです。「○○さん、私、お掃除の応援に行くわ。ここだ...最悪の物件

  • 夫が求めたもの

    夫の転勤先が決まった。ついでに住居も。会社からすぐ近くの社宅に住むことになりました。私の意見に耳を傾けることなく、彼の独断で決められてしまった。勤務先から近いのはいいが、最寄りの駅からはとても遠い。歩いては到底行けない距離でした。近くに商業施設があるのかどうかもわからない。とにかく利便性は良くないことは確かです。不安しかありませんね・・・。夫は4月からそこに住む。私は少しだけ遅れて住むことになると思う。通い慣れた病院での診察を終えてからにしたいと、彼には言っておいた。新しい土地に、しかもなるべく近い場所で頼りになるドクターを見つけられるだろうか。大いに不安しかありません。夫は少し不機嫌な顔をしたが、そこは譲りたくなかった。そもそも彼はつい最近まで私との会話はもちろん、会うことさえ避けてきた男だ。それが急にしんみ...夫が求めたもの

  • 夫の転勤

    ほぼほぼ決まりです。どこに行くかは今週の初めにはわかるでしょう。もし今私が住んでいるエリアになれば、彼が越してきて一緒に生活します。それ以外なら勤務先の近くの賃貸を借り、私も一緒に暮らすことになりました。できれば今住んでいる場所になってほしいけれど、どうやらその可能性は低そうです。候補に挙がっている地域は三か所。東の果てから中部、やや西部よりといずれも未知の土地です。(在住している地域は中部ですが、夫が赴任するかもしれない所の中部は少し東寄り。横に長い県なのでそれでもかなり距離があるんです)これまで夫がどこに行こうが、共に暮らすことはないと思っていました。いわゆる、私たちは卒婚夫婦。しかもいつ離婚してもいいような、歪な関係でした。が・・・。転勤話が持ち上がったこの二週間、二人でしっかり向き合い話し合いました。そ...夫の転勤

  • 暫しの休憩

    ちょっと最近、ばたばたと忙しくなってきました。ブログで書きたい話もいろいろあるのですが、そういう時間も当分見つけられそうにありません。1~2週間程になるけれど、記事のアップをお休みすると思います。まあ、元々不定期な更新の仕方をしていますけどね。とりあえずは暫しの休憩と言うことで。復活する時には、コロナ騒動が少しでもいいから落ち着いていてほしい。心の底から願います。では。暫しの休憩

  • 普段通りの生活

    昨日、応募したボランティア団体から電話がありました。今週末に予定していた面接ですが、コロナのことを配慮して中止にしたとのこと。そして書類選考のみでの審査になり、私は合格したとの連絡でした。緊張が一気にほどけました。どんな人たちが集まるのか、どんな質問をされるのか。期待と不安が入り混じって新しい週を迎えたわけですが、これはコロナの恩恵?なんだか「棚から牡丹餅的」にそこを一気に飛び越え、晴れて4月から受講生となりました。でも全過程を終えたら1人前になれるのではなく、そこで再び振るいにかけられ最終的に残るのは数人。厳しい道のりです。が、頑張ろう。精一杯頑張ろう。前回記事にしたが、私は肺に爆弾を抱えてしまった。見なければいいのにとても気になり、ネットで検索をかけた。ドクターの言っていたことは間違ってない。怖いのは、半年...普段通りの生活

  • 行ってよかった

    結局、昨日は病院に行ってきました。前日に担当医の予約状況を聞いた所、これを逃すと5月からの診察になってしまうと言われました。ドクターが来院するのは、昨年から週に1度になってしまったんです。それまでは2回の診察だったんですけどね。案内の電話を聞いて、病院に行く決心をしました。電車は満員でした。都会ではテレワークを勧めていて大手の企業では実践されているようだけど、私が住んでいる地域ではそのような働き方はまだまだ夢みたいな話。ごく普通に、皆さん電車に揺られ勤務先まで赴く。いたって通常の風景でした。病院もそうでした。朝は「やっぱり少ないなあ」と感じたけれど、時間を追うごとに人が増えてきた。マスクをしてない患者もたまに見かけたが、さすがに今回の騒動です。9割の人がマスクをしており、スタッフたちもとても忙しそうでした。感じ...行ってよかった

  • 不要不急の外出

    もはやパンデミックなのでしょうか。それともマスコミが騒ぎ過ぎなのか。全て自己責任の名の元で・・・と言う意味合いにしかとれなかった国からのお達しには呆れるしかなかったな。最初から期待もなかったけれどね。かくなるワタクシ、今非常に悩んでいるのですよ。明日は血液検査の日。前回急に上がった肝機能の値。原因と見られる薬を抜いての経過観察日に当たります。気になるんですよね・・・。薬も微妙に切れるし・・・。しかしながら・・・。普段滅多に乗らない朝の通勤ラッシュ帯の電車に乗り、コロナに限らずあらゆる病原菌の巣窟であろう総合病院に赴き、更に考えてしまったのは、担当医が東京から診察に来ているということでした。とてもいい先生なんですよ。そのことはブログでも何回か書いています。病院名までは知らないけれど、花の都からわざわざ地方の医院ま...不要不急の外出

  • 言いたいことは山ほどあるが

    今日は夫がやってくる。おとといメールで、「なんだか風邪っぽい。コロナか?」と脅しにも似たことを書いてきた。とても心配したけれど、どうやら治ったみたいです。夫が住んでいる地域は少し前、「コロナ患者が出た!」とデマの情報が飛び交った所。ちょうど県境の地域にある為、そのような嘘が出たと思う。隣に位置する県ではコロナ感染者が多く出ている。夫が住んでいるエリアから発症者が出ても、うなずける。気を付けて欲しいです。で・・・。今日はいつもの買い物の他に、どこかの店でランチをする予定。それこそコロナが怖いけれど、そんなことを言っていたら本当にどこにも出かけられない。一緒に食事をしながら、以前義母に説教された「これからのこと」を真面目に話し合いたいと思っている。まあ、「話し合う」なんてちょっと大げさかもしれない。でもお互いに、「...言いたいことは山ほどあるが

  • 自分を信じて

    先日応募したボランティアの話。今日郵便で面接の案内が届きました。来月早々に行われます。あまり詳しくは書けないけれど、結構な長い時間を要しての面接です。(予め所要時間が明記されていました)清掃のパートの時は15分くらいで終了、その場で採用が決まりその場でシフトを組まれました。それよりずっと丁寧に、尚且つ慎重に人選する姿勢は好感が持てます。なんでもかんでもウエルカムではない。ボランティアでも振るいがあると言うのは、通った後のモチベーションのアップにも繋がると思うし。「認められた」と言う小さな自信になりますよね。頑張ってみようと思う。ポスティングも順調に仕事が来る。丸1年経ったけれど、父が亡くなった後の1か月以外は、依頼があれば全て受けた。その依頼も毎週途切れることがありませんでした。面接の時は、仕事がある週とない週...自分を信じて

  • 父の夢

    夢なんてめったに見ないんだけど・・・。今日の明け方、父の夢を見ました。とてもリアルで、途中で目が覚めた。すごく嫌な夢だった。認知症が進み、暴言や暴力がひどくなってきた頃。その当時のことが夢の中で再び繰り広げられました。「ばかやろー!お前なんてどっか行っちまえ!!」「殺してやる!あんな所に連れていくなら殺してやる!!」「金返せーーー!!ドロボーーー!!!」あの頃父がよく叫んでいた言葉。ちなみにあんな所と言うのは、施設のこと。でも施設からお迎えのスタッフが来ると、先ほどまでの鬼みたいな顔から一転。優しい笑顔を見せて車に乗る。何だかんだ言いつつ、施設に行ってくれたのはありがたい。しかしながら私との接し方の差に呆れ、失望した。「身内にだけ辛く当たる」って、認知症あるあるなんだけどね。あと、取っ組み合いのけんかもよくしま...父の夢

  • 得体の知れない怖さ

    コロナ感染、いよいよ危ない気がします。パンデミックと言う言葉が、現実味を帯びてきたような・・・。私が住んでいる県ではまだ発症者はいませんが、時間の問題だと思う・・・。今日はポスティングを1時間程で終えた後、街中まで出かけなくてはならない用事がありました。車を運転できない私は、電車でGOです。電車・・・。あんまり乗りたくない・・・。コロナに躍らせている己に活を入れ、ささっと身支度を済ませ出かけました。もちろん、マスクは付けていきましたよ。私鉄だし、お昼前の中途半端な時間だったので車内は空いていました。空いている席に腰をおろし、うとうととしかかった時に聞こえてきたのがお客さんの「咳」でした・・・。しかもコホンと言う上品な感じの咳ではなく、ゴホッ、ゴホッと濁りのあるかなりやばそうな感じの咳・・・。発していたのは、お年...得体の知れない怖さ

  • お願いだからほっといて

    そう言う方が無理なのは重々わかってはいるけれど・・・。昨日また義母から電話がかかってきました。コロナを気にしてのことだったが、実際は違った。コロナの話など最初の数秒。一番言いたかったのは、4月からの夫との同居の勧めだった。「また来たか・・・」とうんざりしたが、義母の弾丸トークは止まらなかった。父が亡くなり、私が介護でここに踏みとどまる理由はない。夫の赴任先で、夫婦二人の暮らしに戻りなさいと言う言葉の連続だった。耳に栓をしたいと思いつつ、親としての当たり前の意見には違いない。50を過ぎて、お互い何があってもおかしくない。その時、誰かが一緒にいるといないとでは大きな差です。そんなこともあんなことも、私だってよくわかってる。第一、「離れて暮らしたい」と希望しているのはあなたの息子の方なんですよ。私の方こそ、幾度となく...お願いだからほっといて

  • 熱い男に惹かれる

    ドラマ絡みのお話です。先日今季気になっているドラマを書き出しましたが、一つ加え忘れました。それは「ケイジとケンジ」です。初回は録画したんですよ。ポスティングで疲れてしまい、リアルでは視聴できなかったんです。後でゆっくり観たのですが、なかなか面白かった。初回以外はリアルでずっと視聴しています。肩の力を抜いて、時々くすっと笑いながら楽しめる展開がまず良いです。不倫でイメージがだだ下がりの東出さんが出ているけれど、プライベートとドラマの良し悪しは切り離して視聴しています。関係ないと思うんですよ、そこんところは。で、何より東出さんとダブル主演の桐谷健太さんが魅力的。まあ、彼らしい役どころですが見ていて気持ちがいい。今までの私だったらほぼ間違いなく惹かれない、暑苦しくて苦手・・・なタイプなんだけど。「病室で念仏を唱えない...熱い男に惹かれる

  • 微妙にポンコツでした・・・

    健診の結果が届きました。封筒の感触はぺらぺらでした。「やった!お達しはない!」と、心の中で万歳三唱。でも蓋を開けてみると・・・。確かに「要精密」はありませんでした。が、「要経過観察」が2か所ありました。一つは骨密度。そして一つは肺でした・・・。肺・・・。以前も引っかかった部位。その時は精密検査を受けました。医師曰く、「以前に肺炎になったことがある?そういう病気を患うとたまに出る影・・・ですね。どうですか?」肺炎なんてなったことがないので、否定した私。でも別に過去にかかっていようがいまいが全く問題ないとのことだったので、その場でクリアとなりました。で、今回はその時とは別の所見を書かれましたが、「要経過観察。1年に1度は検査を受けましょう」でした。ちなみに骨密度はゆっくりゆっくり下降の一途です・・・。これはもう、再...微妙にポンコツでした・・・

  • 香り 匂い 臭い

    ポスティングをしていると、その家特有の匂いに触れることがよくあります。玄関を跨がずとも、ふ~っと香ってくる。それは主に集合住宅での話です。しかも、ポストがドア以外の他の場所にまとめて設置されている場合以外。いわゆる「ドアポスト」のみの部屋に限ってのことです。チラシを入れる時にできる、わずかな隙間から漂う香り。1年この仕事をやってきて感じたことだけど、まずファミリー層が集まる物件に比較的多いのが「シャボンのような香り」でした。洗濯物を洗う洗剤、もしくは毒々しくない品のいい芳香剤の香り?・・・でしょうか。一瞬、ふわっと匂うその良い香りに、仕事中何度も癒されました。そしてここの部屋の住人は穏やかで健全なのだろうと、勝手に妄想し安堵したりしてね。逆に「なんか怖い・・・」と身構えてしまうのが、同じ集合住宅でも男性の単身者...香り匂い臭い

  • 結果は来ず

    ここの所記事にしていた健診の結果は、結局来ませんでした。3週間から4週間先になる予定のことなので、今週末かもしれないし明日かもしれない。早く知りたいような知りたくないような・・・。心ざわつく日々が続きますが、どうなることやら。それにしても私がブログに挙げる内容って、本当に幅が狭いと言うか話題に乏しい・・・。こういう健康記事、もしくは日ごろの悶々とした思い、それくらい?どこかに遊びに行ったとか美味しい物を食べに行ったとか、そんな浮き立つような事柄がない・・・。寂しいブログ。寂しい人生だなとつくずく思います。実は今日、夫がこちらに来ました。一緒に買い物に行ってきたんだけど、どうも機嫌が悪いのです。先日会った時は良かったのですが・・・。こういう時、私は心にバリアを張ります。姪っ子の赤ちゃんの件とか、話したいことは山ほ...結果は来ず

  • 肝数値の異常

    昨日は3か月に一度の血液検査の日だった。実はすっかり忘れていました。気が付いたのは3日前。危ない所でした。健康診断の結果はまだ来ていません。同じ病院の健診センターで受けたので、もしかしたらその場で渡されるかも。以前一度だけそういうことがあったので、いつもより緊張しながら待ちました。採血をして30分程で呼ばれ、診察室へ。温厚なドクターがやや表情を曇らせながら言った言葉。「肝数値がね、いきなり上がってるんだよね~・・・」ああ、そう来たか・・・。いわゆるGOT、GPTってやつです。3桁まではいかないけれど、それまでの自分の数値からは爆上がり。そして基準値からもはみ出した数字です。医師曰く、「コレステロールの薬で前回から新しい種類を飲んでますね。これかな、原因は・・・」そうであってほしい・・・。もし何かの病気が原因だっ...肝数値の異常

  • 講演会

    先週の土曜、ある精神科医の講演会に行ってきた。私が将来参加したいと思っているボランティア団体が主催しているものだった。200人程入っていたかなあ。様々な年齢層の方がいたけれど、やはり年配者が多くいました。しかも福祉や医療に携わる方が結構いた模様。講演の最中のアンケートでわかったことでした。私のように、ほぼほぼ興味本位のみで参加した人間は少なかったのかもしれない。講演の内容は・・・。う~ん、極めて退屈でした・・・。拝聴するには、自分のレベルが低すぎたのか。多分そうだと思う・・・。綾小路きみまろの講演に行った方が笑いを誘うだけよかったかも。なんて感じちゃったくらいだからなあ。でも他の人にはきっとありがたかったりためになる話だったんだろうね。一通り終わった後何人か質問をされていたけれど、よく聞いていなければ出てこない...講演会

  • 蚊帳の外

    昨日、夫からメールがありました。昨年の今頃結婚した姪っ子が、男の子を出産したと。知らなかったな・・・。彼女、妊娠していたんだ・・・。親である義理の姉と義母から電話があった時、そのことについては一言も触れてこなかった・・・。夫はもちろん、知っていただろう・・・。私に気を使っていたのか。やはり私は「気を使わせる人間」なのか・・・。せめて、義理の姉からは教えてほしかったな。尊敬しているし、義母や夫には言えないようなことも話してきた。唯一夫側の「相談できる身内」だったのに・・・。それにしても姪っ子は順調だ。優しくて明るい旦那さんだったように思う。職業は公務員だしね。子供も結婚後1年であっという間に授かることができた。子育ては大変だと思うが、義理の姉夫婦の力も借りながらスクスクと育てていくだろう。彼女とあの旦那さんの子供...蚊帳の外

  • 「かわいい」を求めて

    保護猫活動のお手伝いとして、猫グッズ制作に時間を割くことが多くなりました。昨日は雨。ポスティングのノルマは終わっていたし、しとしとと雨が降る静かな1日は絶好の物作り日和。用意しておいた粘土やら何やらを机の上に広げて、脳内でイメージした作品作りに没頭。しかしながら・・・。センスがないのかな。どうも上手く・・・と言うか考えていた通りの物が作れない。お金を出して買ってもらえるような、一目見て「かわいい!」と飛びつきたくなるような品ができない。まず色遣いが暗すぎるように思う。己の性格や普段の生活で使われている色が、見事に反映されてしまっている。自分で使う分にはいいかもしれないが、あの売り場に置かれるにはあまりに冴えない・・・。そもそも「かわいい」がよくわからないんだよね。子供がいないからなのかな。いやいや、子がいなくと...「かわいい」を求めて

  • 冬のドラマ

    最近は以前と比べ、ドラマを熱心に見なくなりました。なのであまり多くは語れないんですが、とりあえず今季視聴し続けようと思っている作品を書き出します。「絶対零度」、「10の秘密」、「病院で念仏を唱えないでください」、「トップナイフ」、そして「麒麟が来る」です。「絶対零度」は前回の方が良かったかもしれないと思いつつ、沢村一樹さんの演技は秀逸。沢村さんに魅了されての視聴かな。「10の秘密」はね~、やや微妙・・・。まず娘が誘拐されている緊急事態だと言うのに、緊迫感無さすぎな展開に違和感。昨日も「ゆるゆると蕎麦食ってる場合じゃないだろう」とイライラしました。でもその後出てきた松村北斗くんをしっかりキャッチ。(^^)キャストはとてもいいし、基本ミステリーは大好物です。秘密が暴かれる最後まで見続けると思う。病院ものが多い中で私...冬のドラマ

  • 私は私 これでいいのだ

    昨日、義母から電話があった。想定内のことだ。先日手紙を出したことを記事にしたけれど、「後から電話があるかもな」と言う予感は絶えずありました。手紙には、来月地元で開催される「河津桜まつり」に行かないかとの誘いや、自分は今ポスティングと言う仕事に励んでいること、更にはボランティア活動も始めるなど、なかなかアグレッシブな日々を過ごしていると書いた。義母は父が亡くなった際、一番最初に「大丈夫?」と連絡をくれた人。葬儀を含めて全て「事後報告」にしたことは申し訳なかったかもしれないが、「よく今まで頑張ってきたわよ。これからはもっと自分を大事にしてね」と言われた時、電話口でつい泣いてしまいました。そんな義母に感謝の気持ちは常にあるけれど、いざ話すとなると緊張する。何を言われるのだろうと、びくびくしてしまう自分は心からのチキン...私は私これでいいのだ

  • 暫し忘却の彼方へ

    前回記事にした健康診断ですが、本日受けてきました。8時半までに健診センターへ。その後30分待たされ、やっと受付そして着替えなどを済ませました。実際に検査を始めたのは9時15分くらいからかな。思っていたより混んでいたけど、開始してしまえば早いものでした。子宮がんの健診、やっぱりちょっと痛かったなあ・・・。最初の消毒?みたいなものを入れる瞬間が一番痛い。あとは大したことなかったが、体が緊張で強張ってしまい「何度もらく~にして~」と言われました。マンモの時も同じくでした。「緊張してる?ごめんね~。少し痛いかな?はい、らく~にして~」。技師さんは感じのいい女性の方。まるで子供をあやすかのように、私に言葉をかけてくれました。子宮健診は男性医師だったけれど、婦人科はなるべくなら女性の方がいいよね。ちなみにマンモって、男性技...暫し忘却の彼方へ

  • 健康診断恐怖症

    来週、いつもの血液検査とは違う内容で健診を受けることにした。毎年3月くらいに受診しているが、今年は早くに予約が取れて今月に。項目は乳がん、子宮けい部、胸部レントゲン、心電図、そして骨密度。乳がん検診はマンモとエコーでの受診です。これらに特に異常がなければ、別の病院で胃と大腸の内視鏡を受ける。更に予約が取りにくいので、多分4月?くらいになるかもしれない。まあ、病院と言う所は検査予約も診察も待つのが仕事だ。よほど緊急の症状以外、仕方ないです。で・・・。非常にチキンな私は、今から恐怖で緊張している・・・。50代の健康診断、何事もなく済むなんて無理・・・と思っている。これまで再検査を促されていない項目は、今の所おっぱいと胃です。それ以外は何かしらの指摘を受け、再度検査になっています。振り返ってみると、殆どが50代になっ...健康診断恐怖症

  • 手紙で逃げる

    昨日、義理の姉から電話がかかってきた。「○○さん、久しぶりです。元気だった~?」姉は相変わらず明るい。以前ブログに書いたかもしれないが、私にいずれはこっちにおいでよと優しい言葉をかけてくれた。昨年の台風の時も、「一人で大丈夫?」とのメールもくれた。本当に優しい気遣いが出来る人。そして旦那側の親族では、一番心置きなく接することができる人です。彼女からの電話の要件はこうだった。「年始に夫と二人でそちらに行かなかったことで、義母が寂しがっていた」「夫にも連絡はしたものの、勉強に忙しいのか未だ実家に一言もない」なので、私から声をかけてあげて欲しい・・・。私は夫に念を押してこう頼んでおいたはずだった。「そちらには日を改めて伺う予定です」と必ず伝えてと。勉強が忙しくて行けないことは言ったようだが、肝心な一言を言いそびれたよ...手紙で逃げる

カテゴリー一覧
商用