住所
出身
ハンドル名
ヒロニャンさん
ブログタイトル
ヒロニャン情報局
ブログURL
http://www.dreamcaptor.site
ブログ紹介文
ニュース、貧乏、ミニマリスト等気になる事を書いていきます。
自由文
本好き、ドラマ好きです。アメリカンショートヘアーの雌を飼っています。
更新頻度(1年)

64回 / 166日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2018/06/12

ヒロニャンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(IN) 23,560位 19,696位 19,690位 18,434位 18,462位 18,443位 18,406位 956,950サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 240 240 480 290 550 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 639位 532位 533位 494位 495位 490位 495位 30,959サイト
貧乏・生活苦 75位 68位 68位 62位 62位 63位 63位 1,068サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 6,184位 6,256位 5,750位 4,857位 5,097位 5,173位 5,496位 956,950サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 240 240 480 290 550 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 296位 294位 276位 237位 245位 255位 268位 30,959サイト
貧乏・生活苦 52位 52位 51位 48位 48位 49位 52位 1,068サイト
今日 04/18 04/17 04/16 04/15 04/14 04/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 956,950サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 0 50 240 240 480 290 550 1,850/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,959サイト
貧乏・生活苦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,068サイト

ヒロニャンさんのブログ記事

  • ペットの鳴き声で家庭崩壊寸前

    私は親と暮らしています。今までは両親と妹と特に問題なく暮らしていたのですが、家庭内のトラブルは急にやってきました。きっかけはペットです。妹がうつ病になり、少し改善したのか仕事に復帰したところで猫を飼いたいと言いました。私も飼いたいとは言っていましたが、それは責任も覚悟もなく深い意味を込めず、もし飼えたらいいよね、程度での意味でした。しかし、妹が本気だとわかると私は否定しました。長生きをする猫を責任を持って飼えるのか、自分の部屋だけで飼うというけれど狭くないのか、知識がないので質問しましたが、彼女はもう飼うと決めているようでイライラしながら答え、これは何を言ってもダメだと感じました。何より両親が…

  • スーパー等の使い分けによる無理のない節約術

    こんにちは。私が行っている節約や貯蓄について書いてきたいと思いますので、どうぞお付き合い下さい。 先ず私の行っている節約の方法は、簡単にいうと「スーパー等のお店の使い分け」にあります。基本的には業務スーパーを利用するのです。が、生協やOKストア・ドン・キホーテ等の方が安いものや安い時があるのです。 これを使い分ける事によって、余るお金は結構違ってきます。先ず自分が業務スーパーの商品でオススメなのが、2kg単位の冷蔵肉です。鶏肉(モモやムネ)が2kgで大体600円~900円です。1,000円あればお釣りが来ます。 他にも1kg単位の冷凍ささみ・豚バラブロック等があり、かなりお得です。 この2kg…

  • 幸せな結婚生活のはずが待っていたのは貧乏生活!

    私は学生時代から結婚願望が強く、できるだけ早く結婚して若いお母さんになることが一つの夢でもありました。私は高校生の時にしていたバイト先の店長に恋をして17歳から5歳年上の店長とお付き合いを始めました。そして高校卒業後、私は建設会社に事務員として就職し、同時に彼との同棲生活をスタートさせました。当時はお互いに収入もあって、結構贅沢な生活をしていたため、貯金は常に0円で、その代わり毎日楽しく生活していました。やがて私も20歳になり、彼から念願のプロポーズをされ、私たちは親の反対を押し切って入籍しました。親が反対した理由は彼の「借金」でした。私と出会う前に、500万円を複数の金融機関から借金しており…

  • 地獄の二度目の家庭内別居

    夫とほとんど話さなくなって、かれこれ10年くらいになります。 離婚も考えましたし、現在でも、頭の隅に離婚という文字が浮かばないわけではありませんが、結局、お金の面での損得勘定が働き、今の生活を継続しています。 夫は人の気持ちがわからない人で、人とのコミュニケーションがとれません。一流とはいえなくても、国立大学を卒業し、一部上場企業に勤務していたのですが、周りの人が出世をしていくなかで、平社員という結果でした。当たり前だと思いますけれど、コミュニケーション能力の不足している人は出世はできない、ということになります。にもかかわらず、自分は、子どものころ、神童と言われた、という幻想にいつまでもしがみ…

  • 時短テクニックを使ったガス代節約方法。

    私は現在子育て真っ最中です。子供にかかる教育費が半端なものではありません。私が行っています節約方法はまず水道代の節約です。お風呂の残りを有効活用します。バケツに水を汲んでお風呂の残り湯を洗濯機に汲んで洗濯します。すすぎまでお風呂の残りで大丈夫です。さすがに最後の洗いは水道水で行っています。最後の洗いまでお風呂の残り湯にしてしまうと洗濯物に雑菌が残ってしまうからです。雑菌が残ってしまうとアトピー性皮膚炎になったり洗濯物についた雑菌で皮膚に痒みが出てしまうからです。冷蔵庫には冷湿フィルターをしています。電気の節約のためです。この方法を試しましてから電気代がかなり安くなりました。冷湿フィルターは10…

  • パートの生活は辛いです。

    正社員の仕事がなかなか決まらなくて、パートをしながら生活しています。しかし、生活費はやはりかかります。車も買ったのでローンもあるのです。本当に毎月かつかつで、お金がないのが厳しくてそれまでは正社員で働いていたのでそれなりに余裕まではなくても大丈夫でした。でも、仕事をやめてパートになってからやはり給料は減りました。なので、いろんなところを節約しなければいけなくなりました。それまでも別に、特に無駄使いしていたりはしていませんでしたが、いざ節約するとなるとすごくきつく感じてしまいました。服を買うのを我慢したり、どこかに外食にいくのも回数を減らしたり、もしくはいけなかったりしました。そこまで、節約しな…

  • 主人の転職で僻地での生活に・・

    私は、32歳の専業主婦で、主人は37歳です。私と主人の間には、6歳で小学一年生の息子と、5歳で幼稚園年長組の息子たちがおります。私が主人と出会った場所は、かなり敷居の高い婚活サイトでした。そのため入会金も10万円程出して、月額の利用料金も3万円程度と非常に高級なお見合いサイトで、公安職となるステータスの比較的高い主人と出会うことができ、最初こそは、国家の要員であったために、転属と言う形で数年に一回のペースで転勤ばかりでしたが、それは階級が低すぎるために発生するものであると主人から言われました。そこで主人が数年後に、昇任試験に合格して、落ち着いた地域、場所での生活を手に入れることができて、そこが…

  • 食費と洋服代を抑えつつ毎日の節約を楽しむこと

    基本的に節約は毎日の生活費の出費をいかに少なくするかにかかっているように思います。もちろん携帯電話業者を格安スマホにするとか、ガラケーにするとか、電気の契約の見直し、その他やることはいろいろありますが、毎日の生活の中の出費というとやはり食費になります。 食費を減らす、でもあまりに減らし過ぎると食の楽しみがなくなってしまう、こうした状況では上手な買い物がポイントになります。まずはいつも安いスーパーを利用するようにすること、これは基本です。安売りを全面に出しているスーパーや問屋などでお得に買い物をします。肉は冷凍の2キロ入りの鶏肉を購入し、それを解凍そして小分けして、それを毎回使うようにすることで…

  • 夫がキャッシングを2社からしていたため貧乏な新婚生活

    結婚をしたときに、私は大学を卒業して間もない時期でしたが相手の借金があることを知らず、いきなり貧乏生活に突入しました。少しの貯金はありましたし、夫は会社員だったのですが、キャッシングを2社からしているため新婚生活のスタートだというのに毎月2社に2万円程度ずつ返済もスタートしてへこみました。子どもも生まれたので本当にお金がなくて、私も新生児を抱えて仕事が出来ませんし、車のローンもひと月3万円支払わなければならず、月五万円渡されてこれで何とかしてと言われました。でも、食費とベビー用品を買ったら何も残らないですし、その後夫が仕事をやめてしまい年金や健康保険料などの納付書が毎月来るようになったため、数…

  • 子育てで、へこみまくってしまうときがあります。

    7才の女の子の子育て中です。小さい幼児のように目が離せないなどはなくなりました。しかし、反抗期にはいってきたのか、ただのワガママなのか本当に毎日疲れてしまいます。気に入らないことがあると、癇癪を起こしたようにギャーギャー言うときもあれば、ものに当たるときもあります。昔まだ小さいときにはあまり、ギャーギャー言うこともなかったし、一人で静かに遊んでいるタイプの子どもでした。なので、どちらかと言えば手のかからない子供だったように思います。しかし、小学校に上がった頃から口が悪くなってきたように思います。口答えも多くなり、女の子は大変だなと思うようになりました。子育ての先輩の友だちなどから、女の子は口が…

  • 私が実践している節約と貯蓄について。

    私は今年50代に突入するパート兼主婦をしているものです。以前はお金に関しては、本当にザルの部分があって、お金はあるだけ使ってしまい、貯蓄などについても深く考えた事はありませんでした。 しかし、今ではお金への意識が大変に変化して、お金を節約しながら、貯めて、効率的に使いたいという思考にシフトできたことで、節約や貯蓄も苦痛なくできています。今回は私が実践している、節約と貯金について簡単にレポしたいと思います。 まず、はじめに、毎月、絶対に必要なお金というものがどこに家にもある訳ですが、私は絶対にかかるお金は、ポイントが貯まるところで支払いをしています。現在の家賃も某不動産会社の物件に入っているので…

  • 夫が大学生になったので貧乏になりました。

    私は現在間もなく50代に突入する既婚者の女性ですが、過去に大変生活が苦しい時代がありました。その時の事を今でもたまに振り返りますが、本当に貧乏な4年間だったと思います。 今回は私が貧乏だった時の暮らしを簡単ですがまとめてみたいと思います。私は20代で夫と恋愛結婚をして、子供を授かりました。結婚当初、夫の実家は割りと裕福で、夫自身も自営業をしていて、普通の家庭よりは良い暮らしをしている夫に惹かれて、結婚を決めた部分でもありました。 この人といられば食いぱっぐれどころか、裕福な生活が一生送れると思ったのです。結婚当時が本当に幸せで、夫は外車に乗っていて、家は賃貸だったものの高級マンションの部類に入…

  • 夫が脱サラして起業したのが転落への始まりでした。

    元夫との離婚までの6年は、まさに忘れられない貧乏な生活をした時代でした。 東京出身の私は、上京して就職していた元夫と恋愛して結婚しました。しかし、長男だからという理由で同居を決められ、元夫の『たった1年同居したら、必ず別居する!』に騙されて、同居になりました。 ある日、突然に脱サラと引越しの話をされて、驚きましたが、複雑な気持ちでした。 元夫はモラハラで、親に反発してましたが、今度は私や子供達が集中して攻撃を受けるようになるのだと確信しつつ、逆らえませんでした。 新築の家は、自分の起業の事務所にだけエアコン入れて、その他の部屋は無しでした。 一年で上手くいかなくなり、生活費が月に五千円しか貰え…

  • アメリカは自国の覇権に挑戦する中国を許さず

    現状のアメリカの政治のうち、内政については右派と左派に政治勢力が集積する現象が増幅しつつあり、中道と呼ばれる政治勢力が減少傾向にあると考えられます。このため、共和党では右派が勢力を増しつつあり、民主党では左派が勢力を増大させていると思います。この要因は、貧富の格差の拡大にあると思われます。アメリカは、もともとイギリスから独立を勝ち取ったうえで成り立った国家であり、自主独立の気概に満ちている国です。そのため、自主努力によって成功した人々は富裕な生活をおくる一方、成功できなかった人々は下層階級としての生活を送っています。オバマ前大統領やサンダース上院議員などに代表される左派政治家は、貧しい生活をお…

  • 映画「グリーンブック」は役者のギャップが面白い

    ニューヨークナイトクラブで用心棒をしてるイタリア系アメリカ人トニー(ヴィゴ・モーテンセン)はナイトクラブへ移転になったのきっかけとして職を失って家賃払うお金がありません。それでも妻、二人の息子のため何とかしてお金作ることに。大事な腕時計を質屋出したりしていました。そして、そうしたトニーにある日、黒人医師のドライバーにならないかといった仕事のオファーが舞い込みました。トニーは黒人に対して差別意識があり、自宅に来た黒人修理工がグラスを使えば、それをごみ箱に捨てるほど。ですが、背に腹は変えられなくてトニーは面接に行きます。医師と思ってたシャーリー(マハーシャラ・アリ)は音楽家で、トニーの前に王のよう…

  • 危うい北朝鮮と平壌宣言の見直しについて

    北朝鮮は、最近大人しくなってきたと考えています。少なくとも、近頃はあまりミサイルを撃たないですから。しかし今年になって、どうも金正恩の政治力は危ういとも思っています。その証拠は、米朝首脳会談の決裂です。 つい最近になって、アメリカと北朝鮮の会談が行われました。最初は金正恩も上機嫌ではありましたが、結局は合意に至らなかったので、ちょっと北朝鮮はアメリカを軽視しすぎたように思います。では、なぜ会談が決裂になってしまったかと言うと、やはり政治力の問題ではないでしょうか。金正恩に力があれば、アメリカとしても譲歩していた可能性はあるのです。しかし結局破談になってしまった以上、どうにも力不足のような印象を…

  • 兼業農家だった貧乏時代

    昭和40年代生まれです。父親は会社員でやっていましたが、高卒で働きだしたので、高給取り族ではありませんでした。祖父は農業をやっていましたが、自分の家族、親戚に分ける程度なので、農業による収入は一切ありません。母はパートで少し、収入はありました。テレビ番組でタレントさんが、昔、草を食べて暮らしていたという貧乏ぶりの話がたまに出てきますが、それに比べれば、まだ、良い方でした。しかし、周りの家庭に比べると、貧乏だったです。祖父は野菜をできるだけ、大きく育てて食べる方が得だからと、成熟するまで、育てます。その為、食卓に並ぶ野菜は自分の家の畑で取れた野菜ばかりです。しかも、成熟しているため、硬めの野菜が…

  • 新元号の施行まで僅か

    今上天皇の在位譲位がまじかに迫る中、各報道機関や新聞などでは新元号の名称についてのニュースが賑やかになってきています。 実は私事ながら、筆者自身の購読新聞は産経新聞になりますが、毎日配達されるその新聞の一番上の表示には「平成31年(2019年)」○月○日と記載してあります。 しかし、報道などによりますと他の新聞の中には日付の欄には2019年としか記載されていないものもあります。 ご存知のように平成31年(平成最後の年)の平成と言うのは日本独特の元号ですが、一方、2019年というのは、いわゆる西暦年度であってヨーロッパ辺りで使用する年度に当たります。 此の新聞の表記のみならず、筆者個人としては日…

  • 韓国は日米の意向に歩調をあわせるべき

    日本と海を挟み、とても近い国であるのが韓国です。来日する観光客は多く、日本に長く住み続けている人もいるくらい、昔から関係の深い国でした。ところが、近年の政治の状況を見ていると昔と大きく異なり、日本との友好関係に亀裂が入りそうな問題が多く噴出しています。特に文在寅氏が大統領となった頃から顕著にあらわれています。文大統領はどちらかといえば北朝鮮との融和政策を進めており、拉致問題やミサイル問題で北朝鮮との関係があまり良くない日本政府との考えが異なる点が心配されます。最近のニュースだと、徴用工の訴訟問題が注目を集めています。徴用工とは第二次世界大戦の時代に日本の企業が雇った労働者が、不当な扱いを受けた…

  • 映画「翔んで埼玉」は熱い郷土愛をテーマにした作品

    先ずは「あらすじ」から、 映画の始まりは、以前までは埼玉県、及び埼玉県民は、お隣の東京都や都民から相当に迫害を受けていたし、其のために埼玉県民は身を縮めて暮らしていたとされている。 そしてある日のこと、東京都内でもいわゆる、トップクラスの私立高校・「白鵬堂学院」の生徒会長で東京都の知事の息子・壇ノ浦百美(ダンノウラモモミ)は、アメリカ帰りのチョットいわく有りげなの転校生である麻実麗(アサミレイ)と出会うことになる。 そしてお互いに冗談とも本気ともされる会話をしながらも、お互いに惹かれ合うものを感じるのであるが。 ところが、遂に麗という転校生が埼玉県の出身であることを知ってしまう百美であった。 …

  • 政治に関心を持ってよく見ていこう

    政治というと、国民のことを考えて豊かで幸せな生活をつくってくれることを目標に行っているもの、と考えていたこともあるでしょう。しかし現在ではどうでしょうか。いつからか、政治というのは、政治家が自分たちの利益のためにいろいろなことを密かにやっているもの、というイメージもすっかり広がってしまいました。なぜでしょうか。それは大きく、二つの理由があるように考えられます。 まずひとつは、政治家は権力を持っている、ということです。しかも、大会社の社長といったレベルではありません。すべてのルールの基本になっている、法律すら変えることができてしまいます。政治家の中でしっかりと立ち位置を確保することができれば、自…

  • 小中学校でのスマホ持ち込み禁止の見直しに思うこと

    先月のニュースで柴山昌彦文部科学相は小中学校へのスマートフォンの持ち込み原則禁止と言う方針を見直すと発表しました。今の若い人達は勿論の事、私達 大人でも無くてはならない存在の物になっているのがスマートフォンではないでしょうか?電話を掛けるだけに留まらずメールしたり、ゲームしたり 調べ物したりは前のガラケーと言われる時代から始まってはおりますが、今では家のセキュリティーを始め電灯を点ける消すなんて事も出来る様になってますよね….。また車のエンジンを掛けたり止めたり車庫の開閉もスマートフォン1つで行えてしまうのです。私達の生活が豊かになってきた現代には必要不可欠の物なのは事実なのですが 若いうちに…

  • お粥で貧乏からの脱却!

    僕は、途方もない貧乏でした。何とか、その貧乏生活をしのぐために、僕は食事メニューを超安価にしました。以下、僕の貧乏生活における食生活についてまとめました。 貧乏でも、お腹は減ります。お腹が減らなければ・・・・・もしもライオンのように食べ溜ができれば、食費がかからない!それならお金が貯まる!と、はかない夢をみた時期もありました。しかし、生理現象には逆らえません。 何とか、食費を減らして満腹感がえれる食事を考えるようになりました。いきついた末・・・・ お粥が、その条件を満たしている事に気づきました。ご飯、1合に2ℓの水、だしは塩少々 これだけで、1日なんとか満腹感を得つつ生活できます。基本は、朝に…

  • 政治家たちは、軍事政策や経済政策を深堀して勉強してほしい

    私が日本の政治家たちについて考えていることは、もっと軍事的な観点や、経済政策の観点から政策判断をおこなってほしいということです。安倍総理は長年、憲法を改正して自衛隊を法的に正当な軍隊として位置付けるべきと主張していますが、自民党内のリベラル派や公明党、そして野党の政治家たちは反対しています。「憲法9条を改正して、自衛隊の位置づけを明確化することが、将来の戦争につながる」と彼らは主張しているわけですが、それは間違っていると思うのです。日本は現在、アメリカ軍によって軍事占領されており、横田基地(アイキャッチ画像)を占拠されています。また、横田空域をアメリカ軍に独占使用されているため、日本の航空機は…

  • 映画ボヘミアン・ラプソディのライブシーンは泣ける

    私が生まれる少し前に人気絶頂期だったイギリスの伝説のバンド、クイーン。クイーンの有名曲はテレビや街中でも耳にしたことがあり知っていましたが、映画を見てあんなにも素晴らしい才能に恵まれ、しかし一方で切ないアーティストだったことを知り、もう少し早くに生まれて本人の生の歌声を聴いてみたかったという思いに駆られました。映画はライブエイドというアフリカ難民救済を目的として、有名アーティストが多数出演したチャリティーコンサートの出番シーンから始まります。その最高の舞台に上がるまでのクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの希望や苦悩が描かれています。そして、フレディを演じたラミマレックは2019年のアカ…

  • 著作権法改悪は見送られたらしい

    2次創作が根幹にある日本のアニメ漫画、また同人文化は日本が世界を席巻していると手放しに言えるジャンルの一つと言えるでしょう。しかしそれが危機に瀕するニュースが、ここしばらくずっと懸念材料でした。著作権法の改悪によりスクリーンショット(以下スクショ)さえも罰則付きの違法となる案がものすごい勢いで浮上し、危うく国会に提出されるところだったのです。で、余りに殺到する批判にそれが自民総務部会見送りになったというんですね。 問題とされたのは「違法にアップロードされたと知りながらスクショしたら罰則付きの違法」という部分です。スクショなんて、キーボードのボタンをポチッと押せば出来てしまうものですからね。大抵…

  • うつ病で貧乏に転落

    私は24歳の時、地元のスーパーに就職しました。鮮魚部門に配属された私は落ち度がないよう毎日朝から晩まで張り切って仕事をこなしていました。そのスーパーは広島でも売り上げが高く従業員も魚部門だけで10人以上いました。その中で物静かで優しい女性のパートさんがいました。その人は小学生の子供が2人持った既婚者の29歳でした。一緒に仕事しているうちに私がそのパートさんを好きになるのにそんなに時間はかかりませんでした。ある日、パートさんが話しかけてきました。「旦那から暴力を振るわれていて、離婚したい」経験が少なく、その人のことが好きでたまらなくなってしまっていた私は離婚させて、一生自分が守っていくと!決めた…

  • 「七つの会議」は、まるで先が読めない企業サスペンス

    この映画は、「半沢直樹」など企業を舞台とした作品に定評がある池井戸潤さんの同名小説の原作を映画化した作品です。 中堅電機メーカーの東京建電では、営業会議を開いていました。ピリピリした空気の中で、一人だけ居眠りする人物がいました。営業一課係長、八角です。そして、そんな八角がある日、営業一課のエースである坂戸をパワハラで訴えました。八角の訴えにより、坂戸は一課長の座から引きずりおろされ、代わりに原島が一課長の席に座る事となりました。あまりにも突然の事に戸惑う原島は八角の事を調べるようになりました。そして、原島は八角と営業部長の北川とは同期で、驚異的な数字を上げていた敏腕営業マンであった事を突き止め…

  • WIN5の過去最高の払戻金をゲットしたのは誰なのか

    馬券のWIN5で過去最高の払戻金4億7180万9030円になったことがニュースになっています。WIN5は指定された5つのレースの1着を的中させる馬券ですが、穴人気の馬が勝つレースが多いと高配当になりやすいです。そのため、本命の馬以外の馬を1着にして高配当を狙いたいと思いがちです。ただ、勝つ可能性のある穴馬を選ぶのは簡単ではないです。やはり穴人気の馬は直近の成績が悪かったりマイナーな血統の場合が多いので選ぶためには勇気がいります。宝くじを買う感覚で穴人気の馬ばかりを狙い続ければ今回のような4億円以上の大金をゲットできる可能性があるのがWIN5の魅力です。しかし、外れ続けてもずっと高配当を狙った予…

  • マスカレード・ホテルは安心して見れる映画です。

    この映画は一流ホテルであるホテル・コルテシア東京が舞台です。ベテランフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)は支配人藤木(石橋凌)の言葉に困惑します。その理由は都内で3件の連続殺人事件が起こり、次の犯行がこのホテルで行われると言われたからです。その為山岸にフロントに潜入する捜査官の指導、補助を頼みたいとのこと。連続殺人事件すべての現場で不可解な数字が不規則に並べられていて、エリート刑事である警視庁の新田(木村拓哉)は、その数字の羅列が犯行現場示すと推理して、4番目の犯行現場がコルテシア東京ということを突き止めるのです。ですが、この時点で犯人の手掛かりは何もないのです。その為捜査対象は、ホテルに…