もりのくま鉄道
住所
出身
ハンドル名
プー太さん
ブログタイトル
もりのくま鉄道
ブログURL
https://morinokumatetsu.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
なかなか進まないNゲージレイアウト製作と所有車両の整備、たまに改造も。
自由文
-
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/01/05

プー太さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 42,257位 42,718位 42,685位 42,698位 42,728位 42,867位 45,419位 969,195サイト
INポイント 0 0 0 0 0 6 6 12/週
OUTポイント 0 8 29 14 70 39 6 166/週
PVポイント 32 72 84 217 140 136 144 825/週
鉄道ブログ 385位 392位 385位 382位 375位 374位 406位 6,233サイト
鉄道模型 Nゲージ 33位 31位 32位 33位 32位 30位 33位 344サイト
鉄道模型 車両加工 17位 18位 17位 18位 19位 18位 19位 143サイト
鉄道模型 レイアウト製作 31位 32位 32位 30位 29位 30位 33位 248サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 31,162位 31,646位 31,652位 34,891位 35,323位 48,181位 59,663位 969,195サイト
INポイント 0 0 0 0 0 6 6 12/週
OUTポイント 0 8 29 14 70 39 6 166/週
PVポイント 32 72 84 217 140 136 144 825/週
鉄道ブログ 222位 227位 217位 249位 248位 371位 511位 6,233サイト
鉄道模型 Nゲージ 25位 26位 25位 27位 28位 44位 53位 344サイト
鉄道模型 車両加工 18位 19位 19位 21位 21位 25位 26位 143サイト
鉄道模型 レイアウト製作 31位 33位 33位 33位 32位 39位 45位 248サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 10,313位 10,394位 10,519位 10,210位 10,989位 11,055位 11,733位 969,195サイト
INポイント 0 0 0 0 0 6 6 12/週
OUTポイント 0 8 29 14 70 39 6 166/週
PVポイント 32 72 84 217 140 136 144 825/週
鉄道ブログ 103位 104位 107位 102位 108位 107位 112位 6,233サイト
鉄道模型 Nゲージ 17位 17位 17位 17位 18位 19位 20位 344サイト
鉄道模型 車両加工 15位 16位 16位 14位 16位 16位 16位 143サイト
鉄道模型 レイアウト製作 15位 16位 16位 16位 16位 16位 16位 248サイト

プー太さんのブログ記事

  • オユ14 200番台の製作(その11) 塗装は完了

    はみ出したHゴムの塗装を修正しました。 筆で上から青を塗っただけですが。 手前の車両は、Hゴムを塗装する時にいつの間にか屋根を汚してしまったため、屋根の再塗装をしています。 その際新しい塗料を使ったら、色調が微妙に変わってしまいました。

  • オユ14 200番台の製作(その10) 塗装中

    公私ともに忙しくて、だいぶ間が開いてしまいました。 今後もこんなペースになってしまうかもしれませんが、出来る時に少しずつ進めたいと思います。 修正部分にサーフェイサーを筆塗りしました。 これをペーパーがけして仕上げを行いましたが、かなり時間がかかりました。

  • オユ14 200番台の製作(その9) 車高再調整、そしてサーフェイサーを吹きました。

    こちらの雑誌にオユ14とスユ15の図面が載っていました。 それによると両者の屋根高さは同じで、床の高さがオユ14の方が少し低いということです。

  • オユ14 200番台の製作(その8) 台車の加工と車高調整

    上はTOMIXのマニ50の台車、下はオユ14に使うために購入したTOMIXのTR217です。 カプラーポケットの取り付け部の長さが全然違います。 グリーンマックスのキットにこのTR217を取り付けようとすると、カプラーポケットが車体長からはみ出します。

  • オユ14 200番台の製作(その7) 雨どい、ベンチレーター、そして台車は・・・

    KATOのスユ15と並べてみました。 やはり雨どいが太すぎますねぇ。

  • オユ14 200番台の製作(その6) 雨どいは・・・

    例によって海外出張に行っていたため、ブログはしばらくお休みしていました。 ゴールデンウィークの連休も少し短くなってしまいました。(無いよりマシですが。連休にならない方、ごめんなさい。) 前回がっちり接着した車体。 やはり側板が波打っていて、屋根との合わせが微妙にずれている部分がありますが、境目に雨どいを貼ればわからなくなるでしょう。

  • オユ14 200番台の製作(その5) 屋根を丸くする

    オユ14 200番台の製作に戻ります。 キットの屋根は冷房改造車のような平べったいものになっていて、実車と違います。 削って丸くすればそれらしくなるかな?

  • マニ44に自作テールライトを組み込む

    マニ44も仕上げます。 2両とも編成端に組み込むため、マグネマティックカプラーを取り付け、テールライトを点灯化します。

  • ワキ8000とスニ40とスユ44は完成

    半光沢のクリヤーを吹きました。 あともう少しやることがあります。

  • インレタ貼りました

    とりあえず側板の接着はできました。 が、床板を外す際に、妻板との接着が一部外れたところが・・・。

  • 塗り直しました。そしてまた・・・

    しっかり塗れていなかったマニ44を塗り直しました。 凹みのところを狙ってしっかり塗りましたので、今度は大丈夫です。

  • マニ44の塗装、見事に失敗例を作ってしまいました。

    グリーンマックスの新製品情報にマニ44改良品の完成品モデルが出ていましたねぇ・・・・・。 マニ44、スニ40、ワキ8000の青を塗装しました。 塗料は鉄道カラーの青15号とMr.カラーのブルーを1:1に混ぜたものに、Mr.カラーのつや消しホワイトを少量加えています。 写真では明るい青に見えますが、KATOのスニ40/41の屋根にほぼ近い色です。

  • スニ40とワキ8000の屋根の継ぎ目は・・・

    スニ40とワキ8000の屋根にサーフェイサーを吹きました。 意外にもきれいに継ぎ目が消えていました。 とりあえずひと安心。 よく見ると雨どいの付近に少し段差が残っているものもありますが、下手に手を加えずこのまま塗装します。 今回はこれだけ。       にほんブログ村   にほんブログ村    にほんブログ村↑ブログランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いします。

  • オユ14 200番台の製作(その4) 遅々として進まず

    一度つないだところが取れてしまいましたので、裏からt1.2のプラバンを細く切ったものを貼り付けて補強しました。 全長に渡って補強できればいいのですが、荷物扉の部分は内側に出っ張っているので、その間の部分にしか補強していません。 一度瞬間接着剤を盛って補強したところは削って、補強材を貼れるようにしています。

  • オユ14 200番台の製作(その3) ありゃりゃ?!

    2両分作っていますが、よく見ると、プラバンで補ったところの左の窓から明かり窓まで、2枚の側板で位置がずれています。 今頃になって気づきました。 適当に「これくらいかな」と切ってつないでいたので・・・。 上の側板の窓位置のほうが実車に近いようです。 そのまま組んでしまおうかとも思いましたが、やっぱりやり直すことにします。

  • オユ14 200番台の製作(その2) 側板の加工

    この窓、Hゴムがモールドされていますが、本当はHゴムではありません。

  • 無謀な挑戦ですが、オユ14 200番台を作ります。

    グリーンマックスのオユ14のキットです。 明かり窓がひとつ足りない他、側面肩部から屋根にかけての形状が違ったりしています。 さらに、荷物列車の車両を増備するのに参考にした編成表に載っていたのが200番台でしたので、この際200番台に改造してしまおうと思います。

  • 思い出した!

    瞬間接着剤用のノズルです。 前回、これを使って少量の瞬間接着剤を乗せ、境目を消そうとしたのですが、失敗。 隙間に沿って接着剤が流れてくれるイメージが合ったのですが・・・。 何か勘違いしていたようです。

  • モデルアイコンのワキ8000の組み立てと、やっちまったかも・・・

    こちらはワキ10000のキット。 2種類のランナーが4枚ずつ入っています。 これと・・・・・・

  • モデルアイコンのスニ40を組み立てる

    モデルアイコンのスニ40を組み立てます。 なんか部品が多いなぁと思っていたら、写真右下の部品ランナーはワキ10000のキットのものでした。 両方の箱を一緒に開けてしまったので、ゴッチャになってしまいました。

  • クロスポイントのマニ44の床板加工

    昨年よりブログを始めて、今まで停滞していたレイアウトと車両の整備が少しずつ進み始めました。 今年も同じようなペースで続けていきたいと思います。 さて、こちらはTOMIXのマニ50。 いきなりタイトルを間違えたわけではありません。

  • クロスポイントのマニ44車高調整

    クロスポイントのマニ44キット。 グリーンマックスから完成車が発売された際に発売された、ストア限定の同仕様のキット版です。 車体は最初から箱形になっています。 右の屋根は使いません。

  • 荷物列車の車両を充実させます。

    荷物列車を編成するためにいろいろ買いだめしていました。

  • EF62前期形のマグネマティックカプラー取り付けと・・・

    KATOのEF62前期形。 2014年のロットです。 やはり購入したまま放置していたものです。 東海道・山陽本線で荷物列車を牽いていた頃の設定にしたいと思って購入しました。

  • 試運転(その2)、問題だらけ

    試運転の続きです。 こちらはTOMIXのEF58とユーロライナー。 推進運転をすると先台車が浮き上がって、一部のポイントで脱線します。 推進運転はさせないようにして牽引専門にするか、浮き上がらない対策をするか・・・。 もっとも、推進運転をしなくて済むようにマグネマティックカプラーを標準にして解放レールをたくさん設置しているのですけどね。

  • 試運転(その1)

    やっと走れるようになりましたので、今まで紹介した車両をひととおり試運転します。 マイクロエースC571 + 35系客車から。

  • 走行試験

    ED62を使って走行試験を行ないました。 この機関車、よく走りますし、特に脱線しやすい要素もないので、抜擢しました。  

  • とりあえず配線完了

    ポイントスイッチとユニバーサルスイッチがたくさんありますが、既に半分くらいのスイッチは「パチン」と切り替わりません。 本体が変色してしまっているスイッチもあります。 ポイントスイッチとコントロールボードを自作しようと思っていますが、とりあえず走れるようにしたいので、当分の間、これを我慢して使います。

  • ポイントの敷設

    整備したポイントを仮設置しました。 配線を通す穴を開ける位置を確認して、しるしを付けています。

  • TOMIXのポイントの整備

    手持ちのTOMIXのポイントにはいくつか種類があります。 左は古い茶色道床のポイント。これと同じグレー道床のポイントもあります。 真ん中はファイントラックの旧タイプの非完全選択式。 右は現在の完全選択式のものです。 完全選択式になって、ポイントマシンの取り付け位置が変わっています。