searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

おどろき森の季山野の記?さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
おどろき森の季山野の記?
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/oseninattano-2
ブログ紹介文
山、花、木、草、空、風、四季折々の表情をお届けできたら〜!
更新頻度(1年)

229回 / 365日(平均4.4回/週)

ブログ村参加:2017/11/26

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、おどろき森の季山野の記?さんをフォローしませんか?

ハンドル名
おどろき森の季山野の記?さん
ブログタイトル
おどろき森の季山野の記?
更新頻度
229回 / 365日(平均4.4回/週)
フォロー
おどろき森の季山野の記?

おどろき森の季山野の記?さんの新着記事

1件〜30件

  • 東京オリンピックの朝

    東京オリンピック開幕の日、早朝に山口市香山公園へ。早朝から暑い~。それでも空気は爽やかです。香山公園のシンボル国宝瑠璃光寺五重塔~。公園一角には毒キノコ~?ヤブ蚊襲来でやむなく撤退~。ガタガタの五輪、大丈夫でしょうか~。東京オリンピックの朝

  • いまさらですが今を抱きしめて

    StayHomeは、YouTubeでというわけでもないけど観ていたら、またも30年近く前の懐かしい曲「今を抱きしめて」に再会~。今更ですが、2021年のいま、改めていい曲だと感じました。カラオケでも歌ったことがあるこの曲、当時もいい曲だと思ってました。今更ですが、誰が作った曲か知ってましたか~。あの、「YOSHIKI」さん作曲とは、知らなかった!そう言われてみれば、確かにXJapanですねぇ~。ちなみに、仙道さん、さらっと歌ってますが上手い。なお、NOAの名前は、の(NO)ぶ子、え(A)ー作からとったとのことでしたが、まあ、NOA(のーても・ええ)情報でしたね~。注)のーてもええ(山口弁)→なくてもいいいまさらですが今を抱きしめて

  • 湿潤療法のすすめ

    先日、刈払機の燃料キャップが開かず手が滑って親指の皮膚を傷つけてしまいました。いつも軍手なのに、素手だったことを悔やんでみてもあとのまつりです。意外に出血したので、焦ってイソジンで消毒してバンドエイドで処置完了~。翌日、冷静になって以前ケガで外科のお世話になった時のことを思い出しました。最近の治療は湿潤療法が主流~、すなわち傷口から出る滲出液(体液)を閉じ込めて、自分の自然治癒力により傷の治りを早く、きれいにする方法です。早速、ドラックストアーで「キズパワーパッド」を買ってきました。消毒するのは逆効果で、水道水で傷口を洗ってこのパッドを貼るだけです。メーカーHPより~ただ、パッドは1日程度で剥がれてきたので計3回貼りかえましたが、なんと3日目にはかなり治っていました。湿潤療法おそるべし~、です。ただし、キズが深...湿潤療法のすすめ

  • 雨あがりの大平山

    雨あがりの先週末午後、大平山へあがりました。途中、七合目車道から防府市街を展望~、スッキリ、クッキリした景色です。山頂広場駐車場から歩いて山頂へ。空はまだ雲に覆われています。標高631メートルの大平山山頂~、誰もいません。山頂には鉄塔がたくさんありますが、スカイツリーは地表からこの高さまで鉄塔なんですから驚きです。貸切の眺望~、3密もありません。曇天ながらも瀬戸内海に浮かぶ防府市野島(中央)、大分の姫島(右)などがよく見えます。姫島と国東半島(右)はいつもの風景ですが、この日は四国の佐田岬(左から中央)もよく見えました。周南市大津島(左)、上関町祝島(左奥)、野島(右)、愛媛県の佐田岬半島(中央)~。天候は回復せずガスって雨粒が落ちてきたので下山開始~、大津島、太華山のガスタンクなども見えます。車で7合目、防府...雨あがりの大平山

  • いまさらですが悲しい気持ち

    YouTubeを観ていたら30年以上も前の懐かしい曲「悲しい気持ち」に再会しましたっ。いまさらですが、改めていい曲だなぁと感動~。「悲しい気持ち」で、元気が湧いてきました。さすが桑田佳祐です!綾瀬はるか、桑田佳祐「悲しい気持ち(JUSTAMANINLOVE)」『ユニクロ』CMいまさらですが、このCM車のナンバー気づいていましたか~。「山口ユ296」とは、知らんかった~!なんといっても山口のユニクロ(こちら)ですからねぇ。ちなみに、山口市の片田舎でユニクロ原宿店の道案内をしているというウソのような話、聞いたような聞かなかったような~。信じるか、信じないかはあなた次第です。いまさらですが悲しい気持ち

  • 誰もいない海

    梅雨明けとともにいよいよ夏本場ですが、だ~れもいない海♫です。ここは山口県防府市の富海(とのみ)海水浴場~。だ~れもいない海♫の「南沙織・17才」のモデルとなった瀬戸内海の海岸です。実は作詞された方が地元防府市の出身なのだそうです。あれ、誰かいる、と思ったら地元の航空自衛隊防府北基地の皆さん?作業ご苦労様です。今年はサメ騒動で遊泳禁止、海開きが少し遅れたようです。もうすぐ、賑やかな富海海水浴場になることでしょう~。子どもの頃は、子供会行事で夏休みによく来ていました。海水浴や海の家、懐かしくも楽しい思い出です。♫私はまだ生きている私はまだ生きているぅ~(byあゆみとのぼる)誰もいない海

  • 梅雨明けの名峰

    昨日、下関気象台から山口県・九州北部の梅雨明けが発表されました。防府市の昨日の矢筈ヶ岳(左)、大平山(右)~。例年より1週間程度早い梅雨明けです。右田ヶ岳(左)、矢筈ヶ岳(右)~。今年は5月15日に入梅したので、約2か月近くも梅雨という長さでした。中関港、向島の錦山~。山口県では災害などもなく無事に梅雨が明けたのはありがたいことです。矢筈ヶ岳(左)、大平山、錦山(右)~。楞厳寺山、右田ヶ岳など~。右田ヶ岳(左)、大平山(右)、佐波川~。大平山~。小浜山(左)、小島山(右)~。佐波川河口、小浜山~。この亀尾山(大海山)と小浜山は山口市のやまです。以上、防府市の名峰と夏空・積乱雲でした。そして梅雨明けとともに紫陽花もドライフラワー?になっていました~。梅雨明けの名峰

  • 夏空の行者嶽

    山口市秋穂の尻川湾をあとに串山遊歩道へ上がります。草山埼の西側(右)がさっきまでいた尻川湾です。東側は中道湾です。白いヨットが浮かぶ中道湾~、大学のヨット部かな?初見のアブラゼミ?遊歩道から夏雲、そして亀尾山。小浜山、周防灘など~。手前の中道湾~。草山埼の先には九州の山々がうっすら~。串山遊歩道最高地点、行者嶽山頂(標高151m)へ到着~。西に岩屋半島、きららドームなど~。山頂からの草山埼~。雨雲レーダーを確認すると雨雲があちこちに点在、先に行くのは止めてここでまったりします~。日が西に傾いてきたので下山開始します。下山中の遊歩道~。おかげで、なんとか雨には降られませんでした!どうやら数キロしか離れていないところで通り雨があったようです~。夏空の行者嶽

  • 夏空やん!

    昨日までから一転して、今日は夏空が広がりました。で、午前中は川土手の草刈り、エンジンの刈払機を使ってしまったのが失敗~。2時間近くノンストップで刈って(刈れて)しまったので、体の方が負けてしまいました。急いで帰宅してシャワーで体を冷やして事無きを得ました~、やれやれです!それでも久しぶりの青空なので、午後から山口市秋穂の沿岸部へ向かいました。すっかり夏空が広がった瀬戸内海・尻川湾~。梅雨明けは間近かでしょうか~。大分国東半島の山々の上にも夏の雲~。それにしても、このところの雑草の伸びは尋常じゃないスピードでついていけません。夏空になってきたので、熱中症にならないよう雑草とも上手く付き合っていきましょう~!夏空やん!

  • 梅雨で刈払機長持ち

    梅雨末期らしい大雨となった今朝、妻じゃない雷さまに起こされました(笑)雨模様で草刈作業もできないので、懸案の刈払機メンテナンスをします。交換時期を示す三穴が現れた押さえ金具~、JAで購入したジズライザープロに交換。楽々草刈り、超軽量、疲労軽減など嬉しい言葉が並んでいますが果たして~!?とりあえず交換完了~。次にサボっていたギヤケースへのグリース注入、JA取扱いの共立純正で行います。取説には草刈作業25時間毎に~、とあったので刈払機もしんどかったでしょう。反対側の穴から白いグリースがいきなりのぞいたので油切れ?ボルトを締めて完了です。草刈りに追われて普段はできないメンテナンス、梅雨の長雨のおかげでできました。刈刃がスムーズに回転することで刈払機を長持ちさせることができると期待してます。梅雨で刈払機長持ち

  • 海に抱かれて

    穏やかな瀬戸内海沿岸の山口市海辺も大好きなんですが、海と言えばしぶきも飛んでくる湘南海岸は有名どころですね~。以前歩いた湘南海岸(こちらです)を思い出しました。そして、湘南と言えば加山雄三、昨日もテレビで特集をやっていました。加山雄三さんの歌手や俳優としての活躍は今更言うまでもないんですが、作曲家、弾厚作さんとしての才能・活動もとても素晴らしいものだと改めて思いました。作曲家という視点であえて本人が歌っていない「海その愛」をチョイスしてみましたので、海に抱かれて~♪をどうぞ。加山雄三ご本人がしっくりくると言われる方も大勢いらっしゃるとは思いますが~(笑)海に抱かれて

  • 梅雨の海辺の花

    梅雨の花は海辺にも~、山口市岩屋半島美濃ヶ浜に咲く花たちです。ハマボウ~。夏の砂浜の定番~。目の前には瀬戸内海に浮かぶ竹島~。ハマナデシコ~?海辺のナデシコ~。?海辺ならではの花~?曇天ながらも九州の山々が見えますね~。大分の鶴見岳と由布岳(中央)も見えました!海に抱かれて♪梅雨とはいえこの開放感~、つづく。梅雨の海辺の花

  • 梅雨の野の花Ⅱ

    いよいよ梅雨本番、傘マークばかりの週間予報です~。川土手に咲くの野の花、ヒメジョンでしょうか?ネジバナ~。ベニシジミ?ヤブで~?土手で~?アレチハナガサ群生~。ヤナギハナガサ~。川の中で草刈りしてたらありました。半端ない数の花、豪華絢爛~。こちらはシンプル~。園芸種~、ウズアジサイ。ハチ~。ガクあり~。おまけ~、野の鳥。名まえも知らない野の花、たくさん、一生懸命咲いていますね~。梅雨の野の花Ⅱ

  • 絶品フルーツサンド

    所用で益田市へ~、お昼を調達するため益田駅へやってきました。すると、果物屋さんが改装され綺麗になっていたので覗いてみました。カフェ・モリタニさんでフルーツサンドとコーヒーをテイクアウトすることに~。タマゴサンドもありましたが、果物屋さんでわざわざタマゴを食べる必要もありません。地元産メロンのほか、フルーツ満載でまさにフルーツ!サンド、これぞフルーツサンド!撮影画像はイマイチのため、お店の名誉のためHPの画像を下に貼っておきます。今までフルーツサンドはいろいろ食べましたが、これこそ本物で絶品~!なによりフルーツがジューシーで大きい!果汁があふれ出ます。そしてクリームとパンが名脇役として邪魔せず全体を引き立てています。先日、自分の地元で食べたのは、パンとクリームばかりがやけに主張して、肝心のフルーツはショボく、一体...絶品フルーツサンド

  • 湯田温泉の井上公園

    山口市湯田温泉の井上馨の生誕地、井上公園のつづきです。井上公園には、井上馨の像や七卿の碑、何遠亭などがあるほか~。近くに生誕の地がある中原中也の碑もたてられています。碑は帰郷の一節~。中原中也記念館はすぐ近く~、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。そして、中原中也記念館の前には足湯カフェ「狐の足あと」があります。無料の足湯は湯田温泉駅をはじめ6か所、そのうちの一つがここにあります。湯田温泉を発見したという白狐にちなんで、きつねのモニュメント~。笑顔でお迎えしてくれるので、新型コロナが落ち着いたらぜひおいでませ~!湯田温泉の井上公園

  • 大河ドラマと井上馨

    山口市湯田温泉のど真ん中~、生誕のこの地に佇むのは井上馨です。大河ドラマ「晴天を衝け」にも登場した長州藩士、井上馨~。維新後大蔵省に入り、渋沢栄一がその右腕となったとのことです。そばには三条実美など七卿の碑があります。また、一角には維新の志士たちが集った何遠亭があります。井上馨の兄の家を三条の宿所としましたが、それを再現したものです。湯田温泉に来られた時には、歴史の舞台となったこの地をぜひ訪れてみてください~。湯田温泉のこの生誕地、現在は井上公園となっています。つづく~。大河ドラマと井上馨

  • コロナ渦の亀尾山山頂

    亀尾山(大海山)山頂から山口市秋穂の大海湾などの眺望です。東側はすぐ防府市、しかしながらとても霞んでいて大平山も見えないほどです。南側は小浜山や串山連峰、そして岩屋半島などいつものフィールドが一望できます。途中追い越した方も山頂に到着されましたが、その1名以外誰にも会いませんでした。さて、下山は不動の滝コースを下ることに~、途中の展望岩から大海湾など。防府市の防府新大橋、マツダ西浦工場などを眺めながら下山~。不動の滝登山口へと下山しました。ちなみに、出会った登山者は結局1名のみでした。帰りは山陽本線を横切って佐波川河口へ寄り道~。さっきまで歩いていた亀尾山(中央)が見えます。のどかな河口風景~。おまけに小浜山(右)も見えます。山にもそして川にも癒されたいち日が暮れていきます。コロナ渦登山~、ルートの選択など安全...コロナ渦の亀尾山山頂

  • コロナ渦の亀尾山(大海山)

    コロナ渦で山歩きにも当然ながら気を使います。大海山は人気が高いのでメインルートをなるべく避けて第一大正池から~。めざす亀尾山(大海山)~、いつもどおり登山者が少ない午後から登山です。春に桜を観損ねたヤマザクラ大木~。最初の展望地~、登山口のある山口市秋穂の大海湾が見えます。ひと気のない大正池ルートからメインルートに合流すると先行する登山者に追いつき、マスクをして追い越します。縦走できる勘十郎岳(手前)、その向こうに火の山連峰も見えます。さて、亀尾山(大海)山、標高324メートルへ到着~。途中マスクをしたのでヘロヘロになりました、つづく~。コロナ渦の亀尾山(大海山)

  • 梅雨の野の花

    家の周囲に咲く野の花たち~、梅雨の代表はやはりドクダミでしょうか。カタバミ~。ムラサキカタバミ~。よく観るときれいです。アカバナユウゲショウ~。キキョウソウ~。シンプルなキキョウ~。マンネングサ~。ニワゼキショウ~。セイヨウタンポポ~?自生している野生のビワ~。無農薬のブルーベリー。アマガエルとユズ~。シオカラトンボ~?野鳥、なまえは?庭に咲く園芸種~。なまえは~?キキョウ~。野の花にもちゃんとしたなまえがあります。間違ってたら教えてくださいね~。梅雨の野の花

  • 雑草の草刈り新兵器

    このところ毎日のように夕方は草刈り~、重宝している新兵器はバッテリー刈払機です。そもそも、まちなか用に購入したんですが、最近は田舎の地元で大活躍~。バッテリーといえども電圧は50V、力不足を感じることはさほどなく、1パックでも30分以上刈ることができます。なりより給油などのわずらわしさから解放され、ボタンひとつのお手軽さがいいんです。リチウムイオンバッテリーは軽量コンパクト、刈払機も軽くなり作業も楽です。また、燃料代がかからないのもうれしいですが、バッテリーの耐久性は?これからです。さて、先日の町内ボランティア、川に入って草刈中にジワッと足が冷たくなってきました。帰宅して靴底を点検すると、長年の使用で摩耗しひび割れができていました。で、新兵器となる長靴を探して回るとJAにいい靴がありました。なんと!安価ながら...雑草の草刈り新兵器

  • 串山遊歩道を歩く

    小島山から見えた山口市秋穂の串山遊歩道へ~、遊歩道上空です。東の中道湾などを眺めながら歩きます。遊歩道は国民宿舎あいお荘から尾根伝いに約3キロ~。今回は中間地点で折り返し往復で約3キロです。中間地点のベンチから標高最高地点の行者嶽など~。南方向~。岩屋半島など~。こちらは北へ方向への遊歩道、善城寺山(中央)、総合支所へと続きます。さて、Uターンして南の行者嶽(中央)へ寄って帰ります。クチナシの白い花~♪鮮やかな白が遊歩道を彩っています。さて、標高は151メートルの行者嶽に到着です。南は草山埼~、最近はここまで足を延ばす方も多くなってきました。西は岩屋半島、きららドームなど。周防大橋など~。東は防府方向~。夏の雲の下、遠くに東鳳翩山~。防府市街と右田ヶ岳、大平山、そして手前は小浜山です。夕日は雲の中へ~。串山遊歩...串山遊歩道を歩く

  • あすは父の日

    あす20日は父の日、スーパーのちらしも気合がはいってますね。パパ大好き、と言ってくれるのはちらしだけです~。父の日商戦~、家族が食べるヒレステーキは100g698円です。お父さんが食べるチキンステーキは100g80円です。別に言うことはございません、父の日をつくってもらえただけでもありがたい~!?あすは父の日

  • 小島山から小浜山

    防府市の小島山、標高のわずか25メートルのカワイイ低山です。一級河川佐波川のすぐそばにあります。山頂まで5分もかかりません、ポンポン山(音が鳴るとか)とも言われています。綺麗なカワラナデシコが咲いてました。排水機場調整池~。アガパンサスが綺麗です。これは?東に佐波川~。その先には佐波島(中央)、さらにその先は大分国東半島の山々ではないでしょうか~。大きく平らに連なっているから大平山~?鉄塔が林立する大平山~、そして上空は練習機が飛んでいます。練習機の下あたりに航空自衛隊防府北基地があります。上流には名峰右田ヶ岳があります。小島山の南には1文字違いの山口市秋穂の小浜山(右)が見えます。手前は防府新大橋~。こちらは標高181メートル、そのスタイルから大海富士と言われています。そんな小浜山の右手には鉄塔2本がある串山...小島山から小浜山

  • 梅雨のあじさい

    我が家のあじさい、雨のあとはひときわ鮮やかです。正確にはガクアジサイ、これは花ではなくガク、もうご存じですよね。花はこちら、確かに花びらがあります。雄しべ雌しべもあります。こちらは品種改良されてできたアジサイ~。酸性の土壌なら青系~。アルカリだと赤系だそうです。梅雨を代表する花あじさい、夏の季語です。コラボするのはカタツムリではなくカマキリの子ども?そういえば、カタツムリも最近あまり見なくなりました~。梅雨のあじさい

  • 東鳳翩山大パノラマ

    山口市の東鳳翩山、ちょっと登ってきました。コロナ渦で例によって午後から登山、思惑どおりだれもいません~。山口市街は31度、山頂は26度でした。真田ヶ岳(中央)など東側の山々~。西鳳翩山(左)など西側の山々~。東鳳翩山と言えば360度の大パノラマ~、ただし強風が吹き荒れていました。山頂脇のフナバラソウ、ひっそり咲いてました。で、今回のめあてはこちらです。上品なうすいピンク色はササユリ~。タイミングよく咲いていました。ヤブに目を凝らしてみると~。ありました、すこし白っぽいのは日に当たらないから?人間とは違うか~!ヤマツツジはいつも咲いてますね、あやかりたい長寿ぶり~。あまりの強風に寒くなって下山、下界は30度もあるのに~。おまけは、県道沿いの妖精たち~。ユキノシタです。鳳翩山からの絶景やササユリたちに癒されました~...東鳳翩山大パノラマ

  • 秋穂の風景

    山口市秋穂の尻川湾から草山(左)の風景です。正面は竹島~。この上にある国民宿舎あいお荘、コロナ渦で6月末まで休館中~。今はここがバスの終点です。かつての山口市営バスの復刻版、懐かしい「赤バス」です。あいお荘駐車場からの風景~。尻川湾と竹島~。秋穂湾、周防大橋(左)、火の山連峰(右)~。あいお荘駐車場からさらに上、串山遊歩道からの中道湾、草山(右)~。中道湾の向こうは佐波島~。再びあいお荘、すっかり夕方の風景~。宇部市(左)、岩屋半島(中央~右)。日没タイム~。草山埼灯台~、点灯しました。静かに一日が暮れる秋穂の夕景です~。秋穂の風景

  • 仁保のカジカガエル

    自然豊かな山口市仁保上郷の渓流に住むカジカガエルの鳴き声です。ヒュルヒュルと鳴いているので耳を凝らしてお聞きくださいね。ゲンジボタルもたくさん飛んでいましたが、よく映っていないので目を凝らしてご覧くださいね~。さて、ゲンジボタルは代わりに画像を貼っておきましょう。手前を1匹横切っていきました。手持ち撮影なのでこれでご勘弁くださいね。ついでに手持ちで夜空の星も撮ってみました~。やはり、カジカもホタルも星も、現物を見ていただくのがいちばんのようです~(笑)仁保のカジカガエル

  • 空き地の草刈り新兵器

    まちなかに、ちょっとばかりの空き地を所有していますが、肥料もやってないのになぜか雑草がすくすく育っています。田舎と違ってまわりには家や駐車場があるので、草刈りの石がはねてガラスを割ったりしてはいけないので、二人で行って一人はダンボールでプロテクトしながら作業します。加えて、草刈機(刈払機)が近所にうるさくないように、新兵器として充電式電動刈払機を購入しました。騒音は思ったほど静かではなかったですが、軽量で使いやすいので正解でしたっ。今日は、刈払機に負担がかかるので好ましくないと言われている結束バンドをテスト~。この電動刈払機、なかなかパワフルなので結束バンドを4本つけてみました。チップソーでは刈りにくい水路のコンクリート際を刈ってみましたがなかなかグッド~!むしろカチーンと当たる音と衝撃の方が自分には負担になっ...空き地の草刈り新兵器

  • 休耕田の草刈り新兵器

    田舎は草刈りシーズンまっただ中、連日の雑草との戦いは秋まで続きます。田んぼ、あぜ、川土手、空き地など草刈り場所も多岐にわたるため、草刈機(刈払機)を3種類を導入、ガンバッテますが雑草にはなかなか勝てません~!そこで、昨年、トラクターのロータリーをフレールモア(赤)に交換しました。この爪が回転して雑草をきれいに粉々にしてくれます。トラクターのように土を掘らないので、エンジンの負担も軽減、燃料も節約できます。それでも地面と接触することもあってカバーの中に土が貼り付きたまっていました。今回初めてそれに気がつきましたが、固まっていてなかなか取れませんでした。こまめにカバー内の掃除して土を除去することが大切だと知りました。ところで、刈ったあとの休耕田はこんな感じになっています。もっと深く刈ることも可能ですが、爪を節約する...休耕田の草刈り新兵器

  • 岩屋山から砂浜散策へ

    山口市岩屋半島の岩屋山のつづき~、快適な岩屋山縦走路を下っていくと潮寿荘に出ました。ここからどうするかはあなた次第、縦走路をピストンか、半島東側の道路を戻るか、西側の砂浜を戻るかです。で、チョイスしたのは海岸へ下りての砂浜歩き、岩屋山(中央)のはるか先がゴールです。山口湾の向こうには日の山、きららドーム~。砂浜散策は景色もよく心躍りますが、砂にとられた脚も踊ります。だんだんと岩が多くなり景色も変化してきました。クライマックスのオブジェ~?そんなこんなで振り返るとやっと岩屋山(上)の下を通過しました。この石垣を上っていくともうすぐゴールに到着します。ずっと眺めながら歩いた山口湾の景色もこれで見納めです。縦走路歩きと砂浜散策でリフレッシュ~、コロナ渦の夕方登山で誰にも会うことはありませんでした。岩屋山から砂浜散策へ

カテゴリー一覧
商用