ハンドル名
ウシダマさん
ブログタイトル
Ushidama Farm
ブログURL
http://www.ushidama.com/
ブログ紹介文
市民菜園でハーブや野菜を育てています。 庭では果樹や多肉植物を育てています。
自由文
-
更新頻度(1年)

51回 / 61日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2017/10/03

ウシダマさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(IN) 6,869位 7,098位 6,921位 7,175位 7,456位 7,459位 7,297位 953,102サイト
INポイント 30 30 50 50 40 50 40 290/週
OUTポイント 50 40 60 40 70 60 70 390/週
PVポイント 610 1,670 1,920 1,750 1,380 1,520 1,600 10,450/週
花・園芸ブログ 193位 198位 193位 198位 212位 207位 206位 19,255サイト
園芸生活 2位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 148サイト
畑いじり・畑仕事 2位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 185サイト
ハーブ園芸 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 241サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,520位 20,382位 18,354位 17,852位 17,480位 17,903位 18,508位 953,102サイト
INポイント 30 30 50 50 40 50 40 290/週
OUTポイント 50 40 60 40 70 60 70 390/週
PVポイント 610 1,670 1,920 1,750 1,380 1,520 1,600 10,450/週
花・園芸ブログ 385位 402位 356位 346位 331位 343位 346位 19,255サイト
園芸生活 5位 5位 3位 3位 3位 3位 4位 148サイト
畑いじり・畑仕事 5位 5位 6位 5位 5位 5位 5位 185サイト
ハーブ園芸 2位 3位 2位 2位 3位 4位 4位 241サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(PV) 2,683位 2,678位 2,641位 2,698位 2,703位 2,645位 2,634位 953,102サイト
INポイント 30 30 50 50 40 50 40 290/週
OUTポイント 50 40 60 40 70 60 70 390/週
PVポイント 610 1,670 1,920 1,750 1,380 1,520 1,600 10,450/週
花・園芸ブログ 28位 26位 25位 28位 29位 26位 25位 19,255サイト
園芸生活 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 148サイト
畑いじり・畑仕事 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 185サイト
ハーブ園芸 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 241サイト

ウシダマさんのブログ記事

?
  • 春の香り

    1~2月には、日本水仙の花の香りが庭に拡がっていました。 日本水仙は、透明感のあるすっきりとした甘さの香りを放ちます。 今はもう、日本水仙の花は終わり、西洋水仙が咲き始めています。 3月に入ってからは沈丁花の花の香りが、辺りに漂っています。 沈丁花はジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に白色で外側がピンクがかった花を咲かせます。 真白な花もあります。 あまり花は目立たず、むしろ花の香りで沈丁花が咲いていることに気がつきます。 この花と見える部分は、実はガクで風雨に強いため、花持ちが良く香りも長続きします。 沈丁花の上品でさわやかな甘い香りは気分を和ませてくれます。 沈香に似た香りということで、沈丁…

  • ミツバチ

    暖かくなり、虫たちの活動が活発になってきました。 畑で作業していると、ブンブンという羽音が聞こえてきます。 ミツバチが、花の蜜や花粉を集めています。 何匹も入れ替わりにやって来ます。 ちょうど、今、畑には菜の花が咲いていて、花の周りを盛んに飛び回っています。 ミツバチの後脚の花粉籠には、花粉がいっぱい付いています。 ブンブンという羽音で、童謡のブンブンを思い出しました。 ブンブンブン ハチガトブ・・・ この歌の蜂はミツバチだなと思いました。 調べてみると、ドイツ民謡にホフマンが歌詞をつけたもので、この題名のBieneはセイヨウミツバチなどの花蜂を指し、養蜂の様子を歌ったものだということです。 …

  • 公園の春の花3

    公園の花壇には、多くの種類の花が咲いています。 初めて見る花もありますが、この公園ではそれぞれに名札が付けてあり、名称や種類がわかるようになっています。 樹木にも名札のプレートがかけられていて、葉が落ちて裸木の時もどういう種類かわかります。 写真を撮る時に、名札がじゃまになることもありますが、とても親切だと思います。 アッツ桜 キンバイザサ科ロードヒポキシス属の半耐寒性球根 南アフリカのナタール地方原産 花色は赤、白、ピンク 花弁は6弁で、雄しべ、雌しべはとても短く見えない。 アレナリア モンタナ ナデシコ科アレナリア属の宿根草 南西ヨーロッパの山岳地帯に分布 耐寒性は強いが、高温多湿を嫌う。…

  • 公園の春の花2

    近くの公園の花壇には、いろいろな種類の花苗が植えられていて、一面に色とりどりの花が咲いています。 よく見かけるものもありますが、見たことの無いような花もありました。 どれもとても綺麗で、しばらく時間を忘れて眺めていました。 オステオスペルマム キク科オステオスペルマム属の半耐寒性宿根草 アフリカ南部原産 花色は赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など豊富 これはスプーン咲きの品種 セイヨウオダマキ キンポウゲ科オダマキ属の多年草 ヨーロッパや北米原産 花色は赤、オレンジ、黄、ピンク、白、青紫など 八重咲のものもある 全草にプロトアネモニンを含み有毒 コンボルブルス クオネラム ヒルガオ科セイヨウヒ…

  • ハオルチア エメリアエ2

    エメリアエは南アフリカ西ケープ州の南東部が原産地です。 このグループにはエメリアエの他にコンプトニアナやピクタ、マジョール、マルチフォリアなどがあり、葉の形や色、質感は非常に多様で品種により異なります。 エメリアエの葉は凸形状で膨らみがあり、葉の先端は下に曲がっています。 日差しの中で葉は茶色やピンク色に着色します。 成長は遅い方です。 2年前に手に入れた時の様子 今年の1月末の様子 葉数は増えましたが、大きさはあまり変わっていません。 花期は春で、直立した花茎を伸ばし、白い小さな花が咲きます。 3月になり、花が咲き始めました。

  • 春の花

    春は植物が成長を始め、色とりどりの花を咲かせる季節です。 庭や緑道、公園でいろいろな花を見かけるようになりました。 気温も暑くなく、寒くなく、散歩に行きたくなります。 ただ、外に出ると花粉が付き、花粉症に悩まされます。 花粉が飛ばなければ、一年を通して一番良い季節なのですが。 オオキバナカタバミ カタバミ科カタバミ属の半耐寒性球根 南アフリカ原産で、明治時代に園芸用として持ち込まれた 繁殖力がとても強く、野生化している カタバミ科の中では大きな花で径3~4㎝ほどある サクラソウ サクラソウ科サクラソウ属の多年草 紅色の花が多いが、白花もある ノースポール キク科フランスギク属の一年草 地中海沿…

  • 畑の雑草2

    暖かくなり、畑の周辺や農道の脇には雑草が茂り、なかには花が咲いているものもあります。 注意して見ないと見逃してしまうような小さく地味な花が多いですが、よく見ると可憐で可愛らしい花です。 ただ、畑に蔓延ると厄介なものです。 オオイヌノフグリ オオバコ科クワガタソウ属の二年草 ユーラシア、アフリカ原産の帰化植物 花は0.7~1㎝で瑠璃色 オランダミミナグサ ナデシコ科ミミナグサ属の一年草 ヨーロッパ原産の帰化植物 花は白色で先端が浅く切れ込んでいる スズメノエンドウ マメ科ソラマメ属の二年草 花は淡紫色で蝶形 スミレ スミレ科スミレ属の多年草 花は濃紫色 セイヨウタンポポ キク科タンポポ属の多年草…

  • 畑のネギ類

    畑にはネギやアサツキ、ニラ、玉ねぎ、ラッキョウ、ニンニクなどのネギ類が植えられています。 玉ねぎは、まだ株元は膨らんでいませんが、春を迎えこれから成長していきます。 雑草の方が成長が早いので、栄養を奪われないように、株元の除草をしました。 ネギは九条ネギと下仁田ネギの2種類を植えてあります。 昨年、植えた苗は大きく成長し、収穫時期を迎えていて、少しずつ収穫しています。 九条ネギ 下仁田ネギ また秋に種を蒔いたネギは、無事冬を越して、大きいものは高さ20㎝ほどになっています。 アサツキは冬の間、休眠していましたが、新芽が出てきました。 ニラも枯れた茎葉の間から新芽が出ています。 ラッキョウやニン…

  • アブラナ科野菜の花

    春は菜の花の季節です。 柔らかい緑色の葉と黄色い花が、春の訪れを感じさせてくれます。 菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、特に菜の花を食用とするものを菜花と言い、ナタネ、カブ、キャベツ、白菜、ブロッコリー、チンゲン菜などがあります。 畑でも黄色い菜の花が、所々に咲いています。 収穫を終えたキャベツや白菜の切り株を、そのまま残して置いたら、新芽が出てきて花芽が付きました。 キャベツの花芽 白菜の花芽 ブロッコリーも収穫期を過ぎたものは成長して、開花しています。 ブロッコリーの花 こちらはブロッコリーの実がついています。 紫色のブロッコリーもあります。 オータムポエムは種を採るために、1株残…

  • ハオルチア 玉扇4

    ハオルチアは生育タイプが春秋型で、夏や冬は休眠期間となります。 休眠中に水をやりすぎると根腐れを起こすことがあり、水やりを控えるようにしていて、葉が干からびてきたものもあります。 3月~6月と9月~11月に成長するので、これから水やりを増やして行こうと思います。 また、最低気温が5℃以上になったら、屋外に出す予定です。 置き場所は北東側の軒下ですが、日光の当たる時間もあります。 ハオルチアは日陰を好みます。 玉扇はハオルチアの中では日差しに強い方ですが、室内に置いてあったものに、いきなり日が当たると日焼けしてしまうので、遮光シートを張り、日差しに気をつけて行こうと思います。 X-33 荒磯 歌…

  • 水仙

    スイセンの花を庭や緑道、公園などあちこちで見かけるようになりました。 スイセンはヒガンバナ科スイセン属の耐寒性球根で、原産地は地中海沿岸です。 冬から春にかけて花を咲かせます。 花色は白や黄、オレンジ色で、ラッパ形のものや八重咲きのものもあります。 二ホンズイセンは変種で、古くに中国を経由して渡来したと言われています。 二ホンズイセンは開花が早く、12月頃から咲き始めます。庭の花はもう終わりに近づいています。 スイセンは、ヒガンバナと同様にリコリンなどのアルカロイド類を含み有毒です。 葉がニラに似ていて誤って食べると食中毒を起こしたり、花などに触れることで接触性皮膚炎を起こすことがあります。

  • 春寒蘭

    春寒蘭の花が咲きました。 春寒蘭は春蘭と寒蘭の自然交配種で、両者の中間的な形態をしています。 開花期は、冬咲き種は11月~1月、春咲き種が2月~3月です。 咲いたのは「浩徳の花」という品種で、2月に蕾が膨らみ始め、3月になって花が開きました。 直射日光の当たらない明るい日陰で、風通しが良く、適度に湿気を含んだ場所を好みます。 自然環境の中では、樹木の下で木漏れ日のあたるような場所です。 また、暑さ寒さにも弱いため、夏は40℃以下になるように、冬は0℃以下にならないようにする必要があります。 春寒蘭の花 2月の様子 まだ蕾です。

  • ハオルチア 万象5

    ネットオークションには、いろいろな種類の多肉植物が出品され、お店では見かけないようなものも、多く出ています。 オークションでハオルチアの手頃なものを見つけては落札していたら、ずいぶん数が増えてしまいました。 万象も多くなりましたが、小さなものばかりで、まだ特徴が出ていなくて皆同じように見えます。 成長したらどんな姿になるか楽しみです。 ソルトレーク ミドリ 稲妻 運命 曇りガラス 光輝 残雪 大白菊 白雲母 雪国 雷王

  • ハオルチア マジョール2

    マジョール(ウィミー)の交配種で、黒っぽい葉色で、大きな長い葉を持ったものを比べてみました。 ブラックベアはダークナイト(ウィミー交配種)と小林アトロフスカ(マグニフィカ変種)を交配したもので、黒縞でザラ肌です。 これは黒魔人(ウィミー交配種)とクーペリーを交配したものです。 ブラックレインはスプレンデンス交配種とブラックダイアモンド(ウィミー交配種)を交配したものです。 春になり花芽が伸びてきています。 名前にブラックとか黒やダークなどの文字が入っていて、黒っぽい特徴をよく表しています。 また、交配種はそれぞれ違うのですが、どれも同じような形をしています。

  • ハオルチア ザントネリアナ

    ザントネリアナは、南アフリカの西ケープ州と東ケープ州のリトルカルーからバビアンスクルーフにかけてが原産地です。 岩場の南側斜面の岩石の割れ目に生息し、日陰を好みます。 単体では9㎝ほどですが、非常に繁殖力が強く大きな塊になります。 葉は淡い緑色で柔らかく艶があり、縦方向に白い印や線が入っていて、線の間に半透明の窓を持っています。 葉の形状は尖頭状で、先端は先細りになっています。 花期は10~11月です。 ザントネリアナ これはザントネリアナのミノールという変種です。

  • 春じゃが(インカのめざめ、べにあかり)の植付け

    今年はインカのめざめとべにあかりの2種類のジャガイモを植えることにしました。 種いもは2月に手に入れてあったのですが、廊下に置いたまま、気づかぬうちに芽が出ていました。 インカのめざめ インカのめざめは比較的小ぶりのジャガイモで、果肉が黄色、肉質は粘質できめが細かく、舌ざわりの良い品種です。 糖度が高く、甘みと濃厚な味わいが特徴で、サツマイモのような食感があります。 煮崩れしにくく、シチューやカレー、肉じゃがなどの煮物に向いています。 ただ、収量が少なく、休眠期間が短いので長期間の保存には適さず、市場にはあまり出回っていません。 べにあかり べにあかりは皮は赤色で果肉が白く、肉質はでんぷん質で…

  • ハオルチア オブツーサ5

    オブツーサの仲間は強光下で、赤く色づくものがあります。 緑色の筋が赤くなり、いつもとは違った美しさがあります。 また、光にかざすと透明感が増し、一層、美しさが際立ちます。 キャッツアイ(赤紫オブツーサ) 日光にかざして見ると、キラキラ輝き、まるで宝石のようです。 ライム 全体が赤く色づいています。 マスカット(大型オブツーサ) オブツーサ 緑色のままです。

  • エンドウ豆の植付け

    エンドウ豆の苗を植えました。 グリンピースと甘エンドウ、ツタンカーメンの3種類です。 例年、11月に種を蒔いていますが、今回は種の蒔き時期を逃してしまったので、苗から育てることにしました。 ツタンカーメンの苗が少し成長していますが、あまり見分けはつきません。 霜による被害に遭わない様に、北側に稲わらを敷いて置きました。 ネットはすでに張ってあるので、暖かくなったら、ツルがネットに伸びて来るでしょう。 グリンピースの苗 甘エンドウの苗 ツタンカーメンの苗 苗の北側に、稲わらを敷いて置きました。

  • 御題茶碗

    実家に行った際に、おじいさんから木箱に入った陶器をいくつか見せてもらいました。 おじいさんは陶芸仲間の作った陶器もいろいろと持っていて、その中に御題茶碗がありました。 御題茶碗とは、歌会始めの題に合わせて製作する抹茶茶碗のことです。 御題茶碗 他には湯呑みや盃もありました。 湯呑み 盃

  • 春に向けて土つくり

    畑の冬野菜もほぼ収穫を終えて、残った野菜の片づけに入っています。 キャベツやコールラビを収穫しました。 菜花はまだまだ収穫できますが、種採り用に1株を残して、順に片づけていこうかと思っています。 大きく育った菜花(オータムポエム) 収穫した菜花 これから春野菜の栽培に向けて、畑の土づくりをします。 まずは土壌のpH調整のため有機石灰を撒き、養分補給と土をフカフカにするため、米ぬか、もみ殻、鶏ふんたい肥、牛ふんたい肥などを加え、土を耕していきます。 有機石灰 鶏ふんたい肥 牛ふんたい肥 牛ふんたい肥は大量投入です。 鍬を使って1畝ずつ耕していくので、結構、重労働です。 暖かくなってきたので、少し…

  • ブロッコリーの収穫

    ブロッコリーがたくさん実をつけています。 スティックセニョールという種類で、次々と実ができます。 実とはいっても大きくなった花蕾の集合体で、花が開く前の硬いものを茎と一緒に収穫します。 畑に10本ほど株を植えてあるので毎回、袋いっぱい収穫できます。 収穫したブロッコリーは、シチューとサラダに使います。 ブロッコリーの実 たくさん収穫できました。

  • アロエ 千代田錦

    千代田錦にオレンジ色の花が咲きました。 千代田錦はツルボラン科アロエ属の多肉植物で、キダチアロエに近い種類です。 生育タイプは夏型で、暑さや乾燥には強いのですが、湿気には弱い方です。 冬は休眠期に入っているので、水やりは控えるようにしていて、葉は乾燥して干からびています。 アロエの花は春咲きですが、室内の暖かい日のあたる場所に置いてあるので、早く咲いたようです。 千代田錦の花

  • ハオルチア レツーサ3

    今年はハオルチアの花が次々と咲いています。 レツーサも1月に花茎が伸びて蕾ができ、2月になって花が咲きました。 1鉢に3株植えてありますが、3株共に花が咲き、最初に咲いた株は2本目の花茎が伸びています。 レツーサの花 レツーサの花茎 1月の様子 2月の様子 レツーサ レツーサの交配種にも花が咲きました。 白夜ムチカ×レツーサ 花 花茎 萌 これはもらった株でとても小さかったのが、ずいぶん成長しました。 黒船 レツーサ錦×オブツーサ

  • ハオルチア 硬葉系2

    硬葉系のハオルチアはアロエに近い種類で、姿かたちがよく似ています。 軟葉系に比べて、窓がないものが多く、一見、地味な感じがあります。 しかし、葉の表面に白い点が入り、きれいなものもあります。 パイプの煙は白点が輪の形になっていて、面白い模様をしています。 パイプの煙 天使の泪は冬の星座と天主の星座の交配種です。 天使の泪 冬の星座 星吹雪 流星 星吹雪の仲間は葉が硬く丈夫そうですが、日差しが強いと葉先が枯れてしまうことがあります。 九輪塔

  • ハオルチア 万象4

    万象は中国や台湾、韓国などでも人気が高く、栽培が盛んです。 これらの国で栽培されたものが日本に輸入され、お値打ちに出回っています。 なかなかお目にかかれない、珍しそうなものも出ているので、ついつい手に入れてしまいました。 小さな株ばかりです。 Z-1 銀竜帝 天照 魔鏡 美紋 鳳凰 花菱 紫 雷光 蜃気楼

  • 公園の梅2

    ポカポカ陽気につられて、公園に散歩に行きました。 ちょうど、梅が満開できれいな花を咲かせていました。 そういえば、去年も梅を見に来ましたが、満開になったのは3月に入ってからだったので、今年はずいぶんと早い開花です。 もう、ミツバチが花の蜜を集めていました。 メタセコイアの大木は、芽吹きはまだまだ先ですが、堂々たる姿で天に向かってそびえ立っています。

  • ハオルチア コンプトニアナ3

    コンプトニアナは葉の表面に光沢があり、透明で、それを表現するかのように、水晶とかガラスという名がついたものがあります。 どれも透明感あふれ、輝いています。 水晶コンプト 水晶コンプト101 ガラスコンプト 小さな子株です。 レンズコンプト ガラスコンプトと同じ品種です。 マリリン ガラスコンプトの実生株です。

  • ハオルチア ベイエリ3

    ベイエリはコレクタという園芸名が普及していて、手に入れた時にコレクタの名称が付いているものが多くあります。 コレクタ03-011 スコットコレクタ コレクタ×スプリング エニグマ×コレクタ ジュピター 小さな実生株を5株、手に入れました。 これから成長するのが楽しみです。 大黒天 去年の夏に、大黒天の大株を枯らしてしまいました。 エアコンの室外機の近くに置いたら、葉が干からびてきたので、慌てて場所を変え、水をやりました。 しかし、今度は葉が変色してきたので、株をポットから外してみると、根本にカビが生えていました。 水をやり過ぎたようです。 傷んだ部分を取り除き、植え替えましたが、残念ながら回復…

  • ハオルチア スプリングボクブラケンシス3

    スプリングの交配種、月光の花が咲き始めました。 月光はコンプトとスプリングの交配種で大きく成長します。 花茎が30㎝ほど伸びて、緑色の筋が入った白い花が咲いています。 月光の花 花茎が伸びています。 他のスプリング交配種にも花芽ができてきました。 日月潭 親指姫 カンタロープアイランドは、まだ株が小さく、今年は花は咲きそうにありません。

  • ハオルチア 万象3

    万象は水はけの良い砂質の土壌を好んで成長します。 排水が悪いと根腐れすることがあります。 成長は非常にゆっくりで、親株になるには数年かかります。 栽培するのは、それほど難しくありませんが、凍結するような温度には耐えられないので、冬場は室内に取り込む必要があります。 株分けは容易で、根挿しや葉挿しなどでも増やすことができます。 トリコロール 大鏡 紫稲妻 丹頂 白妙 紅艶 瑞雲 山本2×1 大紫鏡 天海