chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 8月13日 朝

    八戸学院光星vs愛工大名電の一戦は愛工大名電のサヨナラで幕を閉じた。前日の鳥取商業もそうだが、好投していた先発を下げて、継投でぼこぼこにやられるという図式に飽き飽きする試合だった。5回か6回の三巡目でピッチャー交代。思い出すのは吉田くんからタッちゃんへと継投するシーン。新田くんにホームランを打たれるが、最後は空振り三振に仕留める、という漫画、タッチに精通する人間なら印象深いエピソード。打たれようが打…

  • 8月12日 朝

    明徳義塾が初戦で敗退した。名将、馬淵監督が「監督の差でしょう」とコメントを残したが、その通りだと思う。7回表の攻撃。フォアボールからアホのひとつ覚えの送りバント。ショートフライ、サードゴロでジ、エンド。3回の一点もフォアボールからアホのひとつ覚えの送りバント。センターへのタイムリーヒットで得点したが、好機を生かせず一点どまり。ノーアウトでランナーが出ると送りバント、という図式は終盤、接戦であれば有…

  • 8月11日 朝

    大谷翔平のおかげで一日中、幸せな気分で過ごせた。桐蔭もやきもきしたが初戦ということで、及第点といったところか。内閣改造も終わった。日本国民が第2次岸田改造内閣を評価するのはこれからまだ先の話だが、経済安全保障大臣に就任した高市氏がナンバーツーの席順になったということは一応、評価できる。デジタル相の河野太郎氏に期待すべき点はただひとつ。現金の廃止。これを実施することによって、どれだけのメリットがも…

  • 8月10日 朝

    大阪桐蔭が登場する。大谷翔平が登板する。朝から忙しい。先週の金曜日、ガッチャマンの最終回を観た。話の流れから週の中盤あたりにたぶん金曜日が最終回だろうなと推測していると、果たしてそうだった。話の内容はだいたい知っていたが、はじめて観る最終回は感動的なシーンにあふれていた。地球は守られた。ギャラクターの手から。最後に南部博士が記者会見の場で言い放つ。「ギャラクターは自滅しましたが、ギャラクターのよ…

  • 8月9日 朝

    広島に続き、長崎の鎮魂の日。長崎といえば、昨日の長崎海星vs日本文理の試合は今大会初のシャットアウトゲームとなった。11対0で勝利したのは長崎海星。高校野球ファンなら誰もが聞いたことのあるフレーズ「日本文理の夏は終わらない」で知られる2009年夏の決勝。日本文理vs中京大中京。9回ツーアウト。点差は6点。誰もがこのまま終わると思われた試合に驚異の粘りを見せる日本文理。5得点を挙げ、一点差と迫る、という試合を覚…

  • 8月8日 朝

    新少林寺を観た。10年前の映画だが、昔の映画「少林寺」を覚えているものにとっては目新しく映った。アンディラウ主演の本作だが、注目は少林寺の厨房係として出演しているジャッキーチェンの存在。武術を使えない設定にもかかわらず、後半部分にジャッキー特有のきれっきれのカンフーアクションを観ることができる。それだけでもこの作品に触れる価値がある。ストーリーはアンディラウ演ずる独裁者が悲しみの経験から改心し、少…

  • 8月7日 朝

    立秋。暦の上では秋。とはいえ、立秋と立春だけは訪れる時期を間違えている気がしてならない。昨日は8時15分に一分間の黙とうをし、その後は甲子園の開幕式を観た。文部科学大臣のあいさつがよかった。いい訓示だった。開幕式の最大の楽しみといえば、宣誓であり、毎年、なぜこんなに立派なのかと感動するが、今年も感動した。本人は足が震えていたというが、実に堂々と、落ち着いた口調で、胸に迫るものがあった。昔のように声…

  • 8月6日 朝

    一試合7本のソロホームランというメジャータイ記録。一試合ホームラン7本の球団新記録。なおエンゼルスは7対8で負けた模様。最もおもしろいゲーム。ルーズベルトゲームを制したのはアスレチックス。なおエンゼルスは負けた模様。今日は8月6日。朝8時15分に黙とうをする日。毎年、恒例の行事はまず空を見ること。そして、せみの鳴き声を聞く。77年前の空とせみ時雨に思いを馳せ、目を閉じる。ドラマはない。感傷もない。ただ、目…

  • 8月5日 朝

    大谷翔平登板前日、5年ぶり二けた勝利を挙げたダルビッシュの投球内容を見てみる。6イニング107球、6安打3失点、2フォアボール、7奪三振。これで10勝目到達。昨日の大谷の投球内容を見てみる。6イニング99球、7安打3失点、1フォアボール、7奪三振。これで7敗目。自身初の3連敗とあるが、3連勝でもまったくおかしくない投球内容だということは誰もが知るところだ。ナ・リーグ西地区2位のパドレスとア・リーグ西地区5位のエンゼル…

  • 8月4日 朝

    エンゼルス大谷翔平の残留が決まった。ファンとしてはがっかりの一言に尽きるが、こうなったらもう今日の登板で完全試合を期待するしかない。大谷が投げて、大谷が打つ。悲報は続く。大谷選手と仲がよかったマーシュがフィリーズに移籍する。つい先日、大谷と焼き肉に行ったときの報告をするマーシュのインタビュー配信を見たばかりなので、余計、寂しく感じる。行った先のフィリーズがまた地味なチームで、ロサンゼルスからフィ…

  • 8月3日 朝

    今年の花街の八朔は暑さ対策のため、白塗り正装では行われなかったようだ。そらそうだろうと思う。昨今の異常気象は異常ではなくなり、通常のように暑いからだ。マスク姿ですら気の毒に映る。「関西以西は危険な暑さ続く」と今日も激烈な気温になりそうだが、個人的に暑いのが嫌いかというと、そんなことはなく、一日中、タンクトップで過ごせるこの時期はとても好きだ。夏生まれということもある。スイカが好きという面もある。…

  • 8月2日 朝

    最低賃金が全国加重平均で31円引き上げられ、961円となることが決定した。これで大阪は時給1000円を超えることになる。急激な物価高に対応するためというが、充分ではなくとも、まずはいい傾向だ。OECD基準でも日本の最低賃金はかなり低い。デービッドアトキンソン氏によれば1210円ぐらいが適当ということだから、早くその水準までは引き上げてほしいものだ。あいかわらず、気持ちの悪いニュースばかりで、安倍宰相の国葬に反対…

  • 8月1日 朝

    八月に入った。寝て、起きると、八月になっていた。京都の花街では八朔。芸妓はんや舞妓はんがあいさつ回りをする日。毎年、恒例の一コマだが、おめでとうさんどす、に対するお師匠さんの一言が楽しみだ。きばってどうぞ、おきばりやす、きばっておやりやす、など、微妙な個性が窺えるからだ。八朔とは八月朔日の略で、つまり、今日のことだが、元々は武家のしきたりとして、はじまった。日ごろ、世話になっているひとたちに感謝…

  • 7月31日 朝

    大阪桐蔭vs履正社の決勝戦は大阪桐蔭のワンサイドゲームとなった。誰がこのような試合展開を予想しただろうか。こうなったらもう甲子園の決勝の舞台、智辯和歌山vs大阪桐蔭の熱戦に期待するしかない。ちなみに甲子園の勝ち星は長年、智辯和歌山を率いた高島仁監督の68勝が歴代一位。西谷監督はこれを追う形の61勝で二位。来年の夏には記録が更新されるかもしれない。さて、大阪大会が終わって、本日は祇園祭最終日。7月が終わっ…

  • 7月30日 朝

    エンゼルスにいる大谷翔平を見たくない。昨日はそんな試合だった。高校野球大阪大会は大阪桐蔭vs履正社という二大看板による一戦となった。誰もが予想した結果。直近の試合では3対2という接戦で桐蔭が勝利している。どちらが勝ってもその高校が甲子園優勝候補筆頭となる。京都府の決勝もKBSで観たが、こちらも因縁の戦い、京都国際vs龍谷大平安。京都国際が6対1で勝ち、その後、閉会式を迎えた。大阪シティ信用金庫スタジアムが…

  • 7月29日 朝

    甘利氏が安倍派にはカリスマ性のある人物はいないと発言し、安倍派が猛反発しているというが、実際、そうだ。安倍元総理以外に清和会を引っ張っていける人物は見当たらない。安倍さんがいなくなってもまだ高市早苗さんや杉田水脈さんがいる、自民党の人材は豊富だ、とツイッターとかいうツールでくっちゃべっていたアホがいたが、保守支援の輪も劣化の一途をたどり、薄鈍の増殖が止まらない。清和会の分裂は避けられないのかもし…

  • 7月28日 朝

    ロシアに行った夢を見た。ユーチューブで大谷翔平ばかり観ているからか、チームに帯同してロシア旅行を楽しんでいるのだった。大谷の登板は日本時間、明日、予定されているが、地上波の放送はたぶんないので、ネットを活用するしかない。高校野球大阪大会はベスト4が出そろった。プロが注目するエース的場擁する電通大高に圧勝した桐蔭、近大附属に競り勝った履正社。ともに決勝まで当たらない組み合わせ。決勝は30日。いよいよ…

  • 7月27日 朝

    今年は二の丑がある。それは八月四日で、強迫的にうなぎをもう一度、食べなければならないような雰囲気。近所のスーパーを訪れると、ひしひしと感じる。なぜ、二の丑があるかというと、夏の土用というのは立秋前の18日間のことをいい、立秋が8月7日で、一の丑が7月23日ということはそこから12支を数えていくと、7日までにもう一度、来ることになるから。うなぎ屋の戦略とか、スーパーの稼ぎ時とかの認識が強く、これに類似したも…

  • 7月26日 朝

    歯医者に行き、ブリッジを外すと、中が悪くなっていた。ということで、かぶせを作り直すことになった。パラジウムが高騰しているとニュース報道でいっていたことを思い出し、憂鬱な気分になった。前向きにとらえるしかない。ガンが見つかったわけでもなし、歯がきれいになるとおもえば、それは進化なのだ。ただ、気になるのが、定期歯科検診のさい、ブリッジ部分のポケットが深くなっているといわれたことで、これだけメンテナン…

  • 7月25日 朝

    久しぶりに生ビールを飲んだ。ハイボールばかり贔屓にしていたので、さぞかし喉を潤し、胃に染み渡ることだろうとおもっていたらそうでもなかった。胃の腑にポッと明かりが灯るのは変わらないが、3杯目ぐらいで喉の渇きが癒えてしまった。一杯だけハイボールを挟み、その後、10杯ぐらい呑んで飲み放題の元は取ったが。本日、25日は天神祭り。昨日は祇園祭のハイライト、山鉾巡業、後祭り。テレビ中継を観るのをすっかり忘れてし…

  • 7月24日 朝

    大谷翔平の10勝目を賭けた試合を観た。6回までパーフェクトピッチング。7回につかまった。だが、問題はそんなことではなく、ふがいないエンゼルス打線に観ていて腹が立つというか、不愉快でしかたなかった。打つ気なし。やる気なし。勝つ気なし。自信なし。気迫なし。意気地なし。プロの自覚なし。挙げればきりがないほど、ないない尽くしの軍団だった。6回まで11奪三振。あとはリリーフにまかせるだけ。強豪チームなら勝利は確…

  • 7月23日 朝

    昨日は桐蔭と履正社の試合があった。それぞれに勝ち上がったが、桐蔭の相手が強豪、関大北陽ということで、どれだけ粘るか楽しみだった。結果は7対1で桐蔭が圧勝。大差がついたが、ヒット数を考えれば、もっと点差が広がったかもしれない試合だった。コールド負けしなかっただけマシといったところか。昨年は準決勝でこのカードが組まれ、9回まで関大北陽が勝っていた。7対6のまま、地方大会で桐蔭の夏は終わるのか、と思われた9…

  • 7月22日 朝

    安倍元首相の国葬が9月27日に決まった。会場は日本武道館。いまだ喪失感が消えず、悲しみがじわじわと沁みだしてくるような、2週間経つが、傷が癒えない。あれだけ日本人に愛され、あれほどリベラルに疎まれた総理大臣を知らない。日本と日本人のために尽くし、人生を賭して、祖国に殉じた泰斗であり、トータル8年8か月に及ぶ政権運営で果たした功績はそれこそ数えきれない。俗に共謀罪と呼ばれるテロ等準備罪を含めた法制度改正…

  • 7月21日 朝

    あれ、オールスター、たしか20日じゃなかったか。慌ててテレビをつけると、はじまったところだった。セーフ。地上波放送があり、チャンネル切り替えによって最後まで観ることができたが、当然、目当ては先発出場の大谷翔平というわけで、投打による活躍を期待するも今年はバッティングに専念。軽く失望、少し落胆、控えめに嘆息、ちょっぴり消沈したが、バッター大谷をオールスターゲームで、しかも生中継で観ることができる。こ…

  • 7月20日 朝

    プライムデーで買いそびれたファイヤー8が届いた。ペイペイ祭りで買った。ポイントを考慮すると、とんとんといった価格。主な利用方法はプライムビデオとkindleだが、8インチタブレットというのはなかなか使いやすいサイズで、スマホより活躍するかもしれない。今日は快晴の空が広がっている。昨日、中止になった高校野球大阪大会も無事、開催されるだろう。それにしてもすごい雨だった。すさまじい雨量。雨の影響で配送遅延も起…

  • 7月19日 朝

    三連休が終わった。出勤の朝は雨。憂鬱を訴えるひとは多いかもしれないが、この雨のおかげで街中がきれいになるのだからもっと降って汚れを洗い流してほしい。ついでに貴様も流れてしまえ、と思うやつらが最近、わんさか沸いていて、トラヴィスの銃でそいつらを撃ち抜き、冷たい雨で洗い流してほしい。ついでに涙も。雨が降って困ることといえば、高校野球大阪大会の実施であり、今日も注目試合が組み込まれている。その試合は14…

  • 7月18日 朝

    ハイボールを飲みすぎて、ぶっ倒れるように眠りこけてしまった。目を覚ますと、夜中、3時。もうひと眠りしたいのだが、眠れない。しょうがないので、スマホを眺めると、世の中、うっとうしいニュースばかりでうんざり。衆院選で有権者に不支持の烙印を押され、参院選で比例復活というどう考えても有権者をなめているとしか思えない辻元ばばあが呪詛を吐いている。落ち目の芸能人や有名人のしっぽにしがみついて離れようとしない…

  • 7月17日 朝

    三年ぶりに祇園祭山鉾巡業が行われる。京都の夏、というより日本の夏の風物詩だろう。昨日からjコムで高校野球大阪大会の中継もはじまり、朝から熱闘を楽しんでいるのだが、三年ぶりといえば、清水谷高校と八尾高校の一戦がすごかった。清水谷高校はずっと合同チームだったのだけれど、今年は一年生が7名入部し、三年ぶりの単独チームとなった。果たして結果は。0対26という今大会最多失点でコールド負け。相手が名門、八尾高校…

  • 7月16日 朝

    2022年度の10円玉の製造枚数が過去20年で最小になると財務省が発表した。今年、4月時点の製造計画を見直し、4割ほど減らして6100万枚となる。これは20年前の1割の水準だという。2002年から10分の1まで10円玉の流通量が減ったことになる。いずれ絶滅するだろう。先日、kddiの大規模通信障害が起きたが、そのときに活躍したのが公衆電話の存在だった。若者は使い方をしらず、受話器を持ち上げず10円玉を入れ続け、ひたすら返却を繰…

  • 7月15日 朝

    安倍元首相の国葬が決まった。当然だ。100億でも1000億でも税金を使って、華々しく送り出すのが日本国民の使命だろう。憲政史上、最長期間、総理大臣を務めた不世出の宰相なのだから。これに疑問を呈する人間などいないだろうとおもっていたら、いた。みんなあれだけ叩いていたくせに手のひら返しすぎ、という意見をみたが、誰も手のひらを返していないし、純粋に人気があり、単純にノイジーマイノリティが騒いでいただけという…

  • 7月14日 朝

    書斎の網戸交換をした。書斎といっても現状は物置部屋で広さは4畳半しかない。敗れた網の目に100均の補修シールを貼ってやり過ごしていたが、風に飛ばされたり、ぽろぽろと落ちたり、そろそろごまかしも限界に来ていた。思い切って自分で替えてしまおうと思った次第。昔はネット検索からはじめるのが常だったが、いまはまずユーチューブで探す。職人みたいなひと、ど素人、大手メーカー、などなど。大手メーカーのものを参考にす…

  • 7月13日 朝

    近大での安倍宰相の演説を聞いて涙があふれ出た。こけるのは当たり前。重要なのはこけたあと、立ち上がるかどうか。かの松下幸之助も言っている。こけたら、立ちなはれ。あれだけ、くされ左翼に妨害され、どくされメディアの印象操作、歪曲報道を受け、無知蒙昧白痴芸能人の批判の矢面に立った歴代総理大臣を知らない。安倍総理を揶揄するお花畑な芸ノー人どもがことごとく嫌いになった。喪失感が薄れない。美しい国へを読み返し…

  • 7月12日 朝

    目覚めると、空は雨模様。しとしと降る小粒の雨ではなく、じゃーじゃー降りしきる大粒の雨。風がない分、寂しさに拍車がかかるような雨だ。局地的に大雨のおそれ、土砂災害などに警戒というニュースをここ最近、何度、聞いたことか。梅雨明けが前代未聞の6月28日で梅雨の期間が14日間しかなった。その反動がくると気象予報士が何度も繰り返していたが、こう雨が続くと、しかも土砂降りが頻繁にあると、暑さというよりは湿度で身…

  • 7月11日 朝

    午前中、筋トレ。ラーメン食べて、休息。三時前、選挙に行ってきた。選挙の日はわくわくするのが常だったが、ここ数日の憂鬱を引きずったま、気分は昨日の空と真逆の曇り空。高橋是清は6度、大蔵大臣に就任したが、政界を引退するまで、何度も内閣に返り咲くような、願わくば再々度、総理の席に返り咲いていただきたかった。思いは絶たれた。思わぬ形で。高橋是清の最後を彷彿とさせる終わりだった。午後の暑い時間だから、投票…

  • 7月10日 朝

    奈良県警に腹が立ってしゃあない。安倍宰相の周りにいた連中に腹が立ってしゃあない。もしおれがあの場にいたら、とそんなことばかり考えている。ガードレールを踏み台に安倍宰相を突き飛ばすことができたら。二発目のまえに覆いかぶさっていたら。後悔先に立たずとはよくいったもので、この言葉がこれほど身に染みるのもずいぶん久しぶりな気がする。息苦しい。未来が終わった。できるだけニュース報道に触れないようAmazonプラ…

  • 7月9日 朝

    気持ちの整理がつかない。安倍晋三という政治家に強い思い入れがある。その思いは特別なものだった。チャンネル桜が隆盛を誇っていたころからだから、かれこれ20年近い歳月が流れたことになる。あまり見ないようにしているのだが、たまたま目に飛び込んでくる書き込みというものがあり、ネットの心ない書き込みには怒りをおぼえるのが常だが、今回は程度の低さに悲しみと憐みの想いのほうが強かった。それほど、心が傷ついた事件…

  • 7月8日 朝

    ジョンソン首相の退陣が決まった。ブレグジットからすでに7年の月日が流れ、英国も世界も変化の波をくぐり抜け続けている。船出は順風満帆だったが、結句、最後は自らの嘘が引き金となり、国民の支持を失ってしまった。船はあっけなく転覆したのだった。つい先日、日英の防衛協定に基づく演習で、練習艦の司令官同士の仲睦まじい写真を見たばかりだが、そうした機運をつくったのもジョンソン首相だった。米国のトランプ、フィリ…

  • 7月7日 朝

    七夕だ。笹の葉さらさら。子供のころはよく夜空を眺めたものだが、今となっては冷房で締め切ったベランダを開けることもなくなった。七夕といえば年に5回ある節句でもあって、別名を星まつりという。節会で振舞われる料理をおせちと呼び、今日では正月しかなくなったが、一応、七夕にも節句料理はあって、何をいただくかというと、ソーメンをいただく。七夕は浴衣を着て、星を眺めながらソーメンを食べる日と覚えておけば、説明…

  • 7月6日 朝

    誕生日の朝がやってきた。昨日の雨模様とは打って変わり快晴の空が広がっている。大阪いらっしゃいキャンペーンを利用してホテルでランチもよかったが、気づくのが遅すぎた。14日までなので、一回ぐらい試してやろう。何せ5000円のランチプランが実質500円とくれば、使わないほうがどうかしている。バッフェバイキングでジム、バーつき。ホテルの一室で9時まで休憩付き。これでプールがあればいうことないが、大浴場で充分な気も…

  • 7月5日 朝

    校友会から会報が届いた。いつもであれば学長のコラムが載っているのだが、今回はなかった。詳細に検分するもなかった。つらつらと項目を見ていくと、学長交代のお知らせとあり、前学長が退任し、今年の四月から前情報マネジメント学部長が新たに学長に就任したとあった。新学長就任あいさつがコラムの代わりのようだ。新学長は女性だ。特に目を惹く部分はなかったが「本来、学びというのは学び合いを前提とします」の一文を見て…

  • 7月4日 朝

    ここ最近、毎週、日曜の午後に阪神戦をテレビで観ている。なにかそういう流れになっているというか、午前中、筋トレして、昼食を摂り、だらだらと休息してからのち、ちょっとだけ近所を散策し、帰ってきてテレビをつけると、敵地かホームで阪神戦がやっているという具合。たまたま昨日もそうだったのだが、敵地、バンテリンドームにもかかわらず、やたら阪神ファンの姿が目立つ。大阪から名古屋はそう遠くもないので、さすが阪神…

  • 7月3日 朝

    6月30日の朝、混みあう前にマイナポイント第二弾の申し込みをして、翌日、1日にペイペイを15000円分もらった。マイナポイント長者になった即日、さっそく、ボディーメーカーに行き、ローライズパンツを買った。翌日、さらに安売りのタンクトップを買いだめしておこうと、ママフルに向かった。一枚だけLLが残っていた。接触冷感の敷きパッドと枕カバーも買った。冷感パンツも買った。マイナポイント長者だったが、見る見るうちに…

  • 7月2日 朝

    猛暑が続くなか、特に体調を崩すことなく、毎日を限界まで過ごすことができるのはやはり水分補給が他者に比べて半端ではないからだと思う。起きてから30分以内に2リットルは水を飲むし、食事中も冷たい緑茶をがぶがぶと飲み続ける。食事中にがぶがぶと飲むのは消化のさまたげになるし、体にあまりよくないよ、というような記述が西村賢太氏の小説に出てくるが、そんなことを気にしたためしはこれまで一度もなく、食事中に水をが…

  • 7月1日 朝

    7月になった。夏本番だ。マイナポイントも申し込んだ。その他もろもろの用事も済ませた。かっぱ寿司の平日うどんがおいしくておかわりしてしまった。ペイペイグルメの500円クーポンを使い終わったとおもったら7月もまたクーポンをくれた。クーポンの呪縛から逃れられる日はくるのだろうか。とかいいながら、無事、6月が終わった。7月に入り、何が変わるかというと、年齢が変わる。わりとすぐに変わる。たなばたイブに変わる。昔…

  • 6月30日 朝

    六月も今日で終わり。マイナポイント第二弾とはりきってサイトを開くもいまだメンテナンス中の文字。今日はやるべきことがいろいろあるので、次から次へ片づけていこう。明日から7月。少し早い夏の幕開けとなったが、梅雨空よりも夏空のほうが気持ちいいのは確かで、あと一週間でたなばた。街のあちらこちらに笹の葉が飾られ、短冊がくくられている。ちょっとまえは「コロナがはやくしゅうそくしますように」みたいな願いが多か…

  • 6月29日 朝

    全国の先週の熱中症搬送者数4551人、6月としては過去最多、というニュースを見てさもありなん意味わからんと今朝もコールドウォーターをがぶ飲みしながら不思議な思いで澄み切った6月の青空を眺めている。昨日、梅雨が明けた。史上、最速。梅雨の期間は結句、14日間だけとなった。梅雨を知ってから誕生日前に梅雨が明けた記憶がない。こうなると、気になるのはそのぶり返しで、2018年、関東甲信越の梅雨が6月29日に明け、その反…

  • 6月28日 朝

    東京メトロで男性が暴れるという事件があった。東新宿駅を発車してすぐに40代の乗客が暴れだし、それを見たほかの乗客が非常停止ボタンを押して、電車は緊急停車した。昨年の京王線の反省から電車のドアとホームの位置を合わせるという取り決めができたのではなかったか、という記憶もむなしく、反省はなにも生かされていなかった。非常停止ボタンを押すと、電車が緊急停車するというシステムがまずよくわからない。怖くなると、…

  • 6月27日 朝

    今朝の気象庁分布予報も全国まっかっか。関東地方は紫色。東京、名古屋、大阪、福岡、鹿児島、那覇では熱中症危険レベル、そのほかも厳重警戒レベル。そんなさなか、経済産業省が東京電力管内の企業、家庭に対し、午後三時から六時までの節電を要請。三時から六時というと、一日を通して最も暑い時間帯であり、昨日であれば、ちょうど風呂に浸かり、のどを極限までからからにし、うだる熱波と熱い日差しに身も心も夏を体感したひ…

  • 6月26日 朝

    どんよりとした雲。白い世界。7時を回っているというのに薄暗い。そして、蒸し暑い。昨日は群馬で40.2度を記録した。6月で40度。39度のとろけそうな日、という歌があったけれど、梅雨のさなかにこうした日を体験する時代がくるとは群馬のひとに成り代わり驚きを表明する。6月の気温としては最も高く、今までは2011年、熊谷市の39.8度が最高だった。ということは当然、6月に40度を超えるのは観測史上初めてなわけで、単純計算でい…

  • 6月25日 朝

    酒ほそ最新刊にレタス晩酌をする話がでてきた。第23話、突発レタス。宗達がセレクトしたメニューは焼きレタスサラダ、レタスのしゃぶしゃぶ、青椒肉絲のレタス包み、レタス炒飯カレー味の四つで、このうち、実際に自分で試したことがあるのはしゃぶしゃぶとレタス包みくらいだが、レタスを使った肴で忘れてはならないもの、それはサンドウィッチだ。パンの種類、レタスの切り方によって食感が異なり、さらに加えるソースを工夫す…

  • 6月24日 朝

    酒ほそ最新刊を読み終えた。今作によって、宗達がなぜ俳句を趣味にしているのかがはじめて明かされる。第21話、四季に合わせて。「それはさ、季語があって短い言葉で日常的なことを詠むという俳句がまさに日頃、酒を飲んでいる心情を表すのにぴったりじゃないかと思って。冷たいビールや燗をつけた酒、旬のつまみなど、飲酒も俳句と同じく季節感が大事だろ。それでつたないながら昔から俳句をひねっているというわけさ」というの…

  • 6月23日 朝

    酒ほそ51巻が届いた。大谷翔平がホームランを打った。ウクライナだけではなくミャンマーもひどい。夏至のころを実感する朝、目を惹いたニュースは3dプリンター住宅300万円というもの。巨大な繭をほうふつとさせる水回りなしの建物。住宅ローンをなくしたいという思いから開発したというが、果たして300万払ってこれを買う人がいるかというと、まだ、いないとおもう。当面はグランピングや仮設住宅を想定しているそうだが、グラ…

  • 6月22日 朝

    昨日は夏至だった。一年で最も陽が長い日。夏至を迎えると、そろそろだなあという気がしてくる。もうじき七夕がやってくる。毎年、書いている気がするが、子供のころ、夏と冬のケーキが楽しみだった。夏の誕生日。冬のクリスマス。6月といえば、数年前、この月に地震があった・先日の北陸地震をテレビで観ていて、ちょうど同じぐらいの震度だったので、そのことを思い出していた。以前は地震対策というものをまったくしていなか…

  • 6月21日 朝

    クオカードの使える近隣の書店に行くと、酒ほそ最新刊が入荷していないというまさかの大誤算。別の本屋に探しに行ったところで、そこも取り寄せの可能性があるとすれば、素直にネットで注文しておけばよかったような気がしないでもないが、逆転の一矢が放たれるかどうかはもはや発売日から一日が過ぎているのであまり期待できないし、ここはさらにお得に買うことで溜飲を下げるしかないのかも。酒ほその最新刊のない本屋があるな…

  • 6月20日 朝

    鯛をつつきながら一杯やりたいのだけれど、給料日前かなんかで懐具合が寂しい。そんな折、会社帰りにスーパーで鯛あらを見つける主人公。これだと思い、早速、買い購め、工夫を凝らし、酒の一品に仕立てる。こうした工夫がいまも大好きなのだが、これは酒飲みに共通する工夫かもしれない。立ち読みで読んだこのシーンが頭にあり、漫画、飲兵衛に出てくる主人公、錦ちゃんの姿が重なった。しかしながら、鯛あらで一杯という回は確…

  • 6月19日 朝

    いよいよ明日と迫った。何が。酒ほそ51巻の発売日が。気づけば50巻が、気づけば51巻となり、永遠のマンネリズムもラズウェル氏の移住を機に京都の描写が多くなった。51巻を手に取ることだけが直近の楽しみなのだが、購入に関しては少しばかり迷った。ここ最近はアマゾンで予約するのが通例となりつつあったが、今回は楽天のポイントが貯まっていたので楽天を選択するつもりだった。この方法のメリットはポイント活用とポイント獲…

  • 6月18日 朝

    ちびまる子ちゃんのテレビアニメ化が決定したのは1989年の秋だった、ということを最近、知った。いつはじまったか覚えていないし、気づけばサザエさんに次ぐ国民的アニメとして茶の間に定着していたというのが実感だ。おどるポンポコリンという画期的な、今思えば衝撃的な歌ではじまりを告げるちびまる子ちゃんのオープニングが日曜の夕方の定番となり、一時、中断していた気もするが、数十年経った今でも放送されており、それは…

  • 6月17日 朝

    今でも思い出す伝説のドラマというものがある。タイトルもストーリーもまったく忘れてしまったが、それは赤井英和氏と鈴木紗理奈氏のドラマで、今まで観たどんなドラマよりもひどかった。悪い意味で伝説のドラマだった。赤井英和、鈴木紗理奈、ドラマで検索してみると、略奪愛アブない女というドラマだったようだ。ずっとスクロールしていくと、同じ感想を持ったひとがたくさんいた。Qよくこんなもの放送したなと思…

  • 6月16日 朝

    米国が政策金利を0.75パーセント引き上げた。これは27年ぶりの大幅利上げで、物価上昇の緩和を期待しての動きであるが、当然、その影響は円に対して著しい。近々、一時的に140円の壁を超えてくるとみられる。理由としては日金が金融緩和政策を続けるため。円安によって庶民にどのような変化が起きてくるかというと、単純に輸入品が高くなる。近隣のスーパーで最も価格に変化があったのは業務スーパーだが、ほかのスーパーもこぞ…

  • 6月15日 朝

    ガーナに4対1で勝ったと思ったらチュニジアには0対3ですか。それでもワールドカップが楽しみなのは変わりないが。だいたい季節的には例年今時分なのだが、今大会は中東カタールというわけで、11月の開催となった。変な気分だが、季節に左右されるのはもうよそう。時間や場所に右往左往するのもやめよう。さて、ワールドカップ出場国の32チーム最後のチームが決まった。コスタリカvsニュージーランド。当初の予想通り、コスタリ…

  • 6月14日 朝

    目覚めると、今度こそは雨。おそらく近畿地方も梅雨入りしたとみられる。雨の季節の到来だ。これはこれでわくわくするというか、雨はすべてを流すので、街がきれいになっていい。ついでにそこらへんに散らばっているジジイババアもどこかへ流してはくれないだろうか。雨は冷たいけど濡れていたいの思い出も涙も流すから、と歌ったのは森高千里さんだが、雨をうたった名曲は多い。この雨に打たれて~RCサクセション。季節外れの激…

  • 6月13日 朝

    目覚めると雨、と思っていたら快晴の空が広がっている。天気予報を確認すると、予想が変わっている。まあ、晴れるのであれば問題はない。昨日の日曜日は「貴重な晴れ間なので有効活用してください」とさんざテレビから流れる声を無視し、出かけたところといえば、近所のホームセンターとドラッグストアぐらい。最近、日曜日に出かけるのが億劫というか、まんぼうが終わり、人出が戻ったせいか、どこもかしこも人の渦、巻き込まれ…

  • 6月12日 朝

    日ごと、夜ごとに暑くなってきた。明日にも梅雨入りしそうな関西地方。梅雨をまえにゾゾから傘が届いた。ドーム型というのだろうか、一般の傘に比べ、まんまるなスタイルで、肩まですっぽり隠れるのが重宝。週明けは大雨の予想、で思い出すのが4年前の西日本豪雨、というわけで振り返ってみる。2018年6月28日から7月8日にかけて記録的な大雨をもたらした集中豪雨災害であり、7月9日に気象庁が正式に平成30年7月豪雨、西日本豪雨…

  • 6月11日 朝

    ガッチャマンと同様に昔のアニメとして最近、再評価しているのがあしたのジョー。アマゾンプライムで40何話まで観た。正直、途中からマンネリクロスカウンターに飽きてきた。ノーガードで打たれ続けるジョー。最後にクロスカウンターを決め、相手をマットに沈める。子供だましの展開と子供だましの起承転結にあと30何話、残っているのだけれど、視聴が進まない。そんな矢先、井上尚弥の試合があった。当日、観るのを忘れて、翌日…

  • 6月10日 朝

    町中華のほかに最近のマイブームは昔のアニメを観ることで、知ってはいるが、仔細に眺めたことはない、というアニメが結構ある。その筆頭がガッチャマン。ガッチャマンより少しは知っているというのがあしたのジョー。ガッチャマンは朝7時半から関西ローカルテレビ局であるサンテレビで放映されている。月曜から金曜までこれを観るのが習慣化してきた。ガッチャマンとは科学忍者隊5人の総称と思っていたが、実際は科学忍者隊リー…

  • 6月9日 朝

    親子丼、すき焼き丼という長らく家庭の二大どんぶりであった、その潮流に新たなブームを巻き起こしたのが牛丼だったという解説付きの夢を見た。夢の中で外食丼の代名詞はかつ丼と天丼で、家庭では鶏肉を卵でとじた親子丼、すき焼きの残りを温めてごはんに載せたすき焼き丼。そのすき焼き丼が牛丼として出世し、外食と家庭料理の壁を取り払ったのが〇〇何年みたいな夢だった。なぜ、このような夢を見たのか定かではないし、夢の理…

  • 6月8日 朝

    マンガ、ユング深層心理学入門という本を探していて本棚に向かうが、一向に見当たらない。事のついでに本棚の整理整頓と周辺の清掃をできたのはよかったのだけど、おそらく誰かにあげたか、捨てたか、売ってしまったのだろうという結論に落ち着き、整理整頓のさいに見つけたビアマニア、100文字でわかる心理学、エッセイさるのこしかけを引っ張り出してきてぱらぱらとめくっていた。しばらくして、はっ、と気づいた。探していた…

  • 6月7日 朝

    夢の中でキーボードを打てない現象というのは何なのだろう。一度や二度でなく、数限りなく似たような夢を見る。あのイライラ感、夢の中でイライラする自分。ユングが夢分析すると、それは現実世界を反映しているのだよ、とか言われそうだが、現実世界でのイライラはひじょうに少ない。ただ、心には意識と無意識の二種類の領域があり、ユングが指摘するように自分では意識できない無意識の部分が眠っているときに脳に影響を及ぼし…

  • 6月6日 朝

    朝からすごい雨。もしかしたら梅雨入りを知らせる雨だろうか、と思えなくもない空模様に大した感慨もなく、考えていることは町中華のことであり、最近の二大マイブームのひとつを織りなす町中華の映像をユーチューブで観るのが楽しい。芸能人がユーチューブに参入して久しいが、そのなかに町中華を訪れるチャンネルがいくつかある。町中華の魅力はなんといってもそのざっかけなさと価格帯の機微にあるが、何が好きかというと、時…

  • 6月5日 朝

    日曜日の5のつくデイだった。Amazonで買おうと思っていたものがひとつあるのだけれど、これはもうヤフーを利用するしかない。といったように世の中は選ぶ時代に突入した。なにを今さらとみる向きもあるだろうが、日々、確実に選択肢の幅は広がり続けている。近所のスーパー5軒をはしごしていた時代から地球規模ではしごをする時代へと変貌を遂げたネット中心社会において、ショッピングサイトのセレクトこそが最も重要な決断のひ…

  • 6月4日 朝

    グーグルを開くと見知らぬおっさんが。調べてみると、その人物はクロミヤキヨシというひとで、キング牧師の片腕として知られた人権活動家。なぜ、そのような人物が今日、6月4日にクローズアップされたのか。グーグルのイラストにポインタを合わすと、キヨシ、クロミヤを称えての文字が浮かび、クリックすると、レインボーな旗を掲げる多人種の腕が目のまえを横切る。それで、ふ、と気づいた。クロミヤに関係あるかどうかはさてお…

  • 6月3日 朝

    六月に入ってまたペイペイグルメがクーポンをくれた。早速、これを利用して某ファミレスに行くと、店内は勤め人らしいひとたちでいっぱい。なかには近隣の主婦とおもわれるひとも交じってはいるが、大半はネクタイか作業着で、金髪、サンダル、タンクトップ、ハーフパンツみたいな人間は皆無だった。昼時というのも無論、あるのだろうが、これほど盛況なのはやはりまんぼうが終わり、外食需要が復活しつつあるのではないかと勝手…

  • 6月2日 朝

    値上げラッシュは続く。ポッキー、プレミアムモルツ、次いでココイチもケンタッキーも値上げ。電気代も上がる。カップヌードルも上がる。チョコモナカジャンボも上がる。このうち、関係があるとおもわれるのは電気代のみだが、特に強烈なのは東京電力で、関西電力の現在のプランはたぶん大丈夫。もう一度、見直すかもしれないが、関電ガスとのセットプランをいましばらく続ける、かも。見直し。この言葉に焦点が当てられるとき、…

  • 6月1日 朝

    6月から変わること。改正公益通報者保護法が施行される。ペットショップで販売される犬や猫のマイクロチップ装着が義務化される。インターネットエクスプローラーのサポートが終わる。とか。あまり関係ない。関係あることはわかっているうち、ただひとつ。0円廃止に伴う楽天スーパーポイントアップの変更が6月から先行スタートする。楽天モバイルプラス1倍、回線利用プラス1倍、ダイヤモンド会員プラス1倍。すべて当てはまるので…

  • 5月31日 朝

    世界禁煙デー。煙草をやめてずいぶん経つが、はっきりとおぼえているのはこの日に煙草をやめたということ。そのときのこともよくおぼえている。1時間か2時間ほどで禁断症状が出た。ふらふらするような、宙に浮いているような感覚。冷たかった手足に熱が戻っていくのもわかった。口寂しいので梅昆布か梅めかぶのようなものを10分おきに噛んでいた。2日もすると、そういった発作もおさまった。たばこのない生活というものが徐々に…

  • 5月30日 朝

    ここ数日、食器棚の改造に取り組んでいて、試行錯誤しながらなんとか完成させた。問題はその副産物であり、どういうことかというと、そこには悪戦苦闘の傷跡が見え隠れするのだった。マンションなのでリビングには限られたスペースしかなく、長年、60センチ四方のものと30センチ四方のものを連結して使っている。ニッセンで買ったとてもシンプルでこじんまりしたキッチンボードだ。30センチ四方のものは上部のガラス扉部分をコッ…

  • 5月29日 朝

    重信房子が懲役20年の刑期を終えて出所した。今後は病気治療に専念したいという名言を残し、生き恥の余生をわが国で過ごすことになる。20年というと2002年日コリワールドカップぐらいのころ、服役したことになるが、あのころ56歳だったおばはんは立派なおばあはんとなり、どちらかというと、重信メイのほうが社会的には有名なのではないか、と去りし昔日に思いの丈をぶつけてみたくなる今日この頃、ユーチューブでやくざの放免祝…

  • 5月28日 朝

    なんとかケンミンショーというテレビ番組で大阪人は自己紹介をするときにボケると紹介していた、らしい。こういったやらせがテレビの特質だが、こういったやらせを笑える人間が果たしてどれぐらいいるかというと、大半は不愉快な思いでテレビを消すか、あるいはザッピングの手を早めるかの手合いが多い気がする。かつてはもっとひどかった。あからさまな編集、おおっぴらな誇張、歪曲、捏造と開き直ったテレビ局の姿勢にさしもの…

  • 5月27日 朝

    レイリオッタが天国へと旅立ってしまった。つい先日もフィールドオブドリームスを観たばかりだが、やはり氏の最高傑作はグッドフェローズに尽きる。ワイズガイズを描いたリアルギャング映画のなかでもずば抜けた傑作。その主演を務めたレイリオッタ。名優ロバートデニーロ、怪優ジョーペシを相手にすさまじい演技力で当時のマフィアの生態を余すことなく見せつけてくれた。最初、観たときはあまりにリアルで、ギャング映画という…

  • 5月26日 朝

    お風呂の日。五月に入って、また近隣のスーパー銭湯が一軒、潰れた。外で他人と入浴を共にするという銭湯文化もコロナ禍によって、ひじょうに気色の悪いものとなり、その影響が少なからずあることはうかがいしれるが、それにしても寂しい。街の銭湯も気づけば数えるほどになり、内風呂が当たり前の昨今では経営も至難の業というか、その苦しさは入浴料金にも反映されている。ちょっと前まで460円だった価格は現在490円となり、ス…

  • 5月25日 朝

  • 5月24日 朝

    夜中、寒かったので掛布団を引っ張り出した。今日はまず押し入れ整理からはじまる。昨日の夕方は冷凍庫整理をした。賞味期限の切れたものとかなんでもかんでも突っ込んでいるので、もはやカオスと化したそこを整理するためにはいったん扉を外し、外気に晒した状態で作業をするしかなく、外気温28度の刻下ではまさに時間との闘いだった。刻一刻と時は過ぎていき、凍った食材たちが溶けていく。ガリガリくんを底のほうで見つけた。…

  • 5月23日 朝

    日米の文字が躍る今朝、首脳会談よりも価値ある一発。大谷選手が日米通算150号本塁打を達成した。こういったニュースからはじまる朝はすばらしい。おもえば、日米と聞くと、いろいろな日米が通り過ぎた気がする。遠い目で昔日を思い出すと、日米決戦、日米貿易摩擦、日米関係、日米同盟、日米安保などの文字が新聞各紙をにぎわせ、最初の日米はおそらく日米和親条約で、次が日米修好通商条約、いわゆる不平等条約と呼ばれ記憶さ…

  • 5月22日 朝

    乾麺の蕎麦を買うとき、まず、最初に見なければならない箇所は裏面にある。卵が先か、にわとりが先か、この論争は尽きないが、蕎麦の場合は至極、簡単に決着がつく。そばが先。原材料のところに明記される代表的なものは三つある。すなわち、そば粉、小麦粉、食塩であり、二八とか十割の表記がないものはたいてい小麦粉が先にくる。この場合、そば粉は全体の三割である場合が多く、三割以上、そば粉が使われているときは特にその…

  • 5月21日 朝

    蕎麦が好きだ。どれぐらい好きかというと、毎日、一食は蕎麦でいいとおもえるぐらいには好きだ。そうしたレベルのひとは全国どこにでもいるが、これを16年以上、実践しているひとは珍しいとおもう。それがディーンというバンドのボーカリスト、池森氏であり、こーのまーま、きみーだけーをうーばーいーさーりーたーいー、のヒット曲で知られる氏の蕎麦好きを一躍、世に知らしめたのがマツコの知らない世界だった。二度、登場して…

  • 5月20日 朝

    五月も二十日。ああ、毎日、いい天気が続くなあと思っていてもそろそろ雨の季節がやってくる。雨の季節は雨を楽しむしかないというのが鉄則だが、無理に楽しむ必要もなく、できれば外出は控えて、家でやれることをやろう。そこで考えられるのは掃除。日々の掃除に命をかけているような、そこまでいかなくとも、掃除は食事のあとに歯を磨くような習慣であり、もっといえば、一日中、ひたすら掃除をしているような気さえする。その…

  • 5月19日 朝

    京極夏彦氏の巷説百物語を読みだした。昔、読んだかもしれないなあと読み進めると、最初、未読かと思ったが、途中から既読のような気もして、パラパラっとめくっていくと山岡百介という名前に見覚えがあるし、とりあえず読みだしたので読もう。京極夏彦氏の本をはじめて手に取ったのはもうはるか昔のことなのでまったく覚えていないが、季節でいうと夏だったとおもう。本のタイトルからそう記憶しているだけかもしれない。姑獲鳥…

  • 5月18日 朝

    永世中立国スイスが揺れている。代名詞である永世中立も風前のともしびかもしれない。今回のウクライナ戦争が物語るものはまさにこういった価値観の変容に尽きる。翻って、わが祖国、日本を振り返ってみると、マスクおじさんがごねていたり、ねこばば兄ちゃんがごねていたり、無能な公務員がごねていたり、戯言のコメンテーターがごねていたりする。ごねる、を調べてみると、いろいろ不平をいう、くどくどと文句をつける、とあり…

  • 5月17日 朝

    コンビニ人間を読んだ。氏の芥川賞受賞時に文芸春秋に載っていたものを読んだので、正確には再読だが、当時、読んだときとは違う感想を持った。そのときも丁寧に読み込んだつもりだが、しょせん本屋の立ち読みに過ぎず、自宅のリビングで寝ころびながら読むのとは集中力が異なる。以前、読んだときはけっこう笑えたのだけれど、今回は笑いよりもイライラの感情が上回った。特に店長と店員の関係性がオスとメスに変わるくだりはく…

  • 5月16日 朝

    楽天モバイルが新料金プランを発表し、それが原因で回線トラブルに発展したともいわれているが、果たしてどうなのか。新料金プランの要点をつぶさに見ていくと、ひじょうに単純明快な答えへと導かれることがわかった。すなわち、楽天モバイルをサブ回線として使用している人間には改悪。メイン回線の人間には改善というわかりやすい構図になっている。今までは月1ギガまでなら0円という括りがあり、たとえば、ほかにメイン回線を…

  • 5月15日 朝

    楽天モバイルが改悪する。そんな衝撃的ニュースが飛び込んできたのはジムで爽快に走り終え、汗をふきふきスマホを覗いたときだった。1ギガ以下の0円利用撤廃。正直、最初は唖然とした。楽天、お前もか、という気分で即時、解約を決意したほどだった。まだ、メニューが残っているので、この件はあとで詳しく調べることにし、とりあえず保留とした。今朝は比較的冷静な頭で、しかしながらじゃっかん二日酔いの濁った頭でもあるので…

  • 5月14日 朝

    スシローが110円皿をやめる。最低価格が郊外型店舗で120円。10月から価格改定するということだが、問題はそんなことではなく、その受け止め方をメディアが極悪に歪曲報道したことにある。昨日の朝、モーニングショーにチャンネルを合わせると、この話題を取り上げていた。経済評論家と評する巷間の事情に疎い解説者を含め、番組出演者でスシローを利用するひとは皆無なのだろうとすぐとわかった。38年間、100円皿を続けたが、も…

  • 5月13日 朝

    新入生、新社会人が五月病を発症するこの時期、夜間中学に通いだした人にとってもまた新たな季節となった。今朝、何気にテレビをつけると、夜間中学に通うことを決意したペルー人女性の特集をしていた。27年前、仕事で来日し、日本人の夫との間に三人の子を儲けたこの女性がなにゆえ、いまさら夜間中学に通う気になったのか。ひとえに日本語で読み書きをしたいという思いからだった。戦後復興を歩んだ昔のイメージとは違い、夜間…

  • 5月12日 朝

    相次ぐ愁事に言葉を失った。昔からテレビで観てきたひとたちだっただけにその最後に唖然とした。昨日はダチョウ倶楽部のコントをユーチューブで探して観た。王道を無視したサブカル色の強い邪道と以前はおもっていたが、そんな印象もしょせん錯覚だったのだ。邪道が本道を凌駕する群雄割拠の時代の荒波に飲み込まれることなく、誰の目にもいまや王道のリアクション芸だったと強くおもえるのだった。たかじんがなくなったとき、ラ…

  • 5月11日 朝

    フィリピン大統領がマルコスジュニアに決まった。さすがフィリピンとあきれて笑ったが、そのあきれと笑いも過去のものかもしれない。されど、イメルダ氏は92歳でまだ存在するという事実。権勢を手に入れ、最後の大仕事とみる向きもある。隣国の酋長も変わった。関心事はただひとつ、前酋長がいつ逮捕されるか。とまれ、そんなことすらどうでもよく、関心がないといったほうがより本音に近く、もっといえば、意図的に排除したい気…

  • 5月10日 朝

    ロシアの戦勝記念軍事パレードを見た。これが戦争なんだな、と日本の歴史にも思いが及ぶような悠久のプロパガンダに自意識が無言の抵抗と物語の圧力のはざまで何かいいしれぬ昂揚感に支配されるような、一瞬、心地よく、一瞬、目を覆いたくなる不可思議で奇妙な感覚をおぼえた。プロパガンダと聞いて、真っ先に思い浮かぶ人物といえばナチスのゲッベルスだが、この名前をはじめて目にしたのは愛と幻想のファシズムという小説にお…

  • 5月9日 朝

    プーチンが機関銃で撃たれる夢を見た。なぜ、このような夢を見たのか。毎日、ウクライナのニュースに接しているせいもあるだろうが、5月9日という数字が勝手に頭にはびこって、勝手に頭の中を騒がせているからかもしれない。日本とモスクワの時差が6時間。ということはあと9時間ほどで戦勝パレードがはじまる。赤の広場でライブを挙行したスターリンというバンドがいたが、もしミチロウが生きていたら現状をどのように見つめるだ…

  • 5月8日 朝

    スマートロックを購入したあと、古いほうも結局、モーターを交換し、直してしまった。異様に簡単だったので、だまされた気分だ。手順を記しておく。まず、アマゾンで932円のモーターを注文した。ネット検索では1300円ぐらいのを推奨していたが、翌日配送の最も安いモーターをセレクトした。ねじも特殊ビスではなく、精密ドライバーのプラスで難なく内部を取り出すことができた。ビスは四か所ぐらいあって、ひとつだけ外しにくい…

  • 5月7日 朝

    5と7で「こなもんの日」5月7日はコナモンをいただきましょう、というわけで、大阪人はコナモンでできているといわれ久しいが、実態はどうなのか。そら、ひとによる。大阪人はお好み焼きでご飯を食べる、と決めつけられてうっとうしいが、そら、ひとによる。だいたいこういう発想を植え付けるのは吉本芸人で、今はなき、たかじんも怒っていたが、外でお好み焼きを食べるときの相方はビールしかいない。ビールくんのいないお好み焼…

  • 5月6日 朝

    退行期パラノイアという言葉に出会った。パラノイアとつくものにだいたいポジティブな要素はないのだけれど、こちらもやはりそうで、中年期以降に発症する妄想症を指してこう呼ぶらしい。「不安や高揚が入り混じった不安定な精神状態。最初はなんでも邪推し、ちょっとした疑念や不信感を抱くことから始まり、やがて一貫した内容を持つ妄想へと発展することも少なくない」かような文章がフリーアナウンサーの○○さんがアメブロ批…

ブログリーダー」を活用して、せつなさんをフォローしませんか?

ハンドル名
せつなさん
ブログタイトル
刹那の今
フォロー
刹那の今

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用