searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

せつなさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
刹那の今
ブログURL
http://setsunanoima.seesaa.net/
ブログ紹介文
刹那の見た今を
更新頻度(1年)

366回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2017/09/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、せつなさんをフォローしませんか?

ハンドル名
せつなさん
ブログタイトル
刹那の今
更新頻度
366回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
刹那の今

せつなさんの新着記事

1件〜30件

  • 6月14日 朝

    ときどき楽しい夢を見る。寝ているときに見る夢だ。今、住んでいるマンションは10階建てなのだが、たとえば、5階に銭湯が入っていて、8階にスーパーがあり、10階が遊園地になっているといった夢だ。実際は人々が暮らしているだけで、店舗など何も入っていないのだけれど、夢のなかでは別の光景が広がっている。こういった夢を見ることはよくあり、おぼえている限り、列挙すると、昔、住んでいたマンションと周辺の様子が変貌して…

  • 6月13日 朝

    ドローンの登場によって、空域の整備が急がれるなか、やはり、最も懸念される事案はプライバシーの侵害とセキュリティ面だろう。セキュリティ、安全面でいえば、こち亀の最終巻でも紹介されているようにAIのディープラーニングにより、コースを外れたら自分で戻ったり、緊急時はパラシュートで下降するといった手段がすでに実用段階にある。いま調べてみると、ドローンパラシュート安全システムが14500円で売られている。飛行ル…

  • 6月12日 朝

    こち亀の最終巻には近未来を示唆するキーワードがいくつか出てくる。列挙すると、自動運転、ボーカロイド、顔認証、007、ドローン、アトモス、コンパクトイーブイといったもので、2021年現在、最終巻が刊行された2016年当時よりもそれぞれ社会に浸透した気運はある。顔認証はいまやスマホ認証に欠かせないし、キャッシュレス化の流れも加速するばかりで、5年前にはなかったバーコード決済も当たり前の世の中になった。自動運転に…

  • 6月11日 朝

    こちら葛飾区亀有公園前派出所、略してこち亀を読んでいると、日々の悩みとか、憂いとか、つらさとか、苦しさとか、心配事とか、不満とか、わだかまりとか、鬱屈とか、もやもやとか、そういった感情が吹き飛ぶ。一言でいえば、ばかばかしくなる。無論、これは主人公である両津勘吉の破天荒ぶりによる効果であるが、それだけでなく、登場人物がことごとくぶっとんでいて、エピソードがとてつもなく豪胆で、日常の小さな綻びに慄い…

  • 6月10日 朝

    たまに食べたくなるものに王将の餃子というものがある。本当にたまに食べたくなるのだけれど、どういうときに欲するかというと、連日、30度を超える初夏の今時分とか、連日、40度に迫る真夏のさなかに食べたくなる。これは同じ特筆すべき餃子でも味の素餃子にはない特性であり、王将の店内でしか味わえない醍醐味といえる。すなわち、それは冷えた王将の瓶ビールに合わせるからであって、自宅で冷えた缶ビールを飲みながら、では…

  • 6月9日 朝

    6月9日はロックの日。ロック、ロックンロールという言葉を知ったのはたぶん小学生のころだとおもうが、当然、はっきりおぼえていない。はっきりとおぼえているのははじめて作詞した曲のタイトルが「勝手気ままなロックンロール」というもので、12歳のときに書いた。当時のノートを持っているので、見返すことは可能だが、見返したことはない。歌詞の内容はぜんぜん覚えていない。ぜんぜん、覚えていないのに恥ずかしいというか、…

  • 6月8日 朝

    お笑い向上委員会の借金に関するトピックスがおもしろかった。借金は絆とまでのたまうひとや、金を貸すことで人間力が高まるというひとまでいて、凡人の斜め上を行くその発想はまさにクズそのものだった。されど、そういったクズが嫌いかというと、友達には持ちたくないが、眺めているぶんにはユニークで、世界の広がりを実感できるから興味深い観察対象者ではある。この興味深さは何に共鳴しているかというと、借金というネーミ…

  • 6月7日 朝

    夜中3時起きでルーティンをこなし、二度寝。6時ごろからDIYにはげんだ。以前よりキッチンのスキマ収納スペースに仕切り棚を設けたくて、ついにその決意の日はやってきた。100均で板を買ってきて寸法を合わせる。日曜日の朝6時からベランダでのこぎりをぎーこぎこと動かし、近所迷惑にならぬよう気を遣う。なんとか切り終え、スペースに当てはめてみる。ぴったり。工具箱を開き、棚受けを探す。ちょうどいい大きさの棚受けをみつ…

  • 6月6日 朝

    いっぽうの見方があると、もういっぽうの見方があるという当たり前の現実をここ数日でふたつ目にした。ひとつは熊田曜子氏のDV離婚騒動。もうひとつはキッチンダイブの泥酔客報道。共に朝のワイドショーで一報を目にした。この一報で終わっていたら、この印象で終わっていたかもしれない。物事には裏表がある。なぜ、DVに発展したのか。なぜ、客が激高したのか。この視点がワイドショー報道になかったことで、改めて、テレビ…

  • 6月5日 朝

    はじめて手にしたギターは黒いストラトキャスターという歌詞ではじまる「ソーホワット」を完成させた。歌詞自体はめちゃめちゃ昔に書いたものだが、中途半端にコードがつけられており、中途半端に仕上がっていた。歌詞を読み直していて、懐かしい感情に魂がゆさぶられた。エレキギターを買ったのは12歳のときだった。アリアプロⅡのストラトで、38000円ぐらいしたとおもう。ストラトなのにハムバッカーが付いていて、最初に弾い…

  • 6月4日 朝

    国際食糧農業機関が発表した5月の世界食糧価格指数。前月比5.8パーセントの上昇となり、12か月連続で前月比を上回る結果となった。1年で4割の値上げ。特にとうもろこし、小麦等の穀物が値上がりしている。今後、予測される傾向としては来年、再来年あたりから外食産業の欧米化、つまり、一回の外食費の価格帯が跳ね上がることが考えられる。単純に800円のランチが1500円ぐらいになる計算。食品価格の高騰は日々、各地のスーパー…

  • 6月3日 朝

    梅雨入りしてから、しばらく梅雨らしい天候が続いていたが、ここ最近は晴天にめぐまれ、まるで夏のさなかにいるようだ。時節的にはとっくに立夏を過ぎて、そろそろ夏至も迫っているような頃合いなので暑くてぜんぜんおかしくはないのだけれど、雨のない日が続くと、つい梅雨空を忘れてしまう。とおもっていたら、今日の午後から明日にかけて、大雨となるようだ。木曜日の雨。なんとなくこういった周期が続いている気がする。週末…

  • 6月2日 朝

    商業施設が平日に限り、全面的にオープンした。昨日はイオンに行った。この日を待ちわびていたのか、すごい人出で、いつもと変わらぬ表情がそこにあった。まるでずっと開いていたような、不思議な錯覚だった。未来屋書店を訪れるのもそういえば久しぶりだったが、雑誌アイアンマンを立ち読みする習慣もその他の書籍を立ち読みで済ます効率性もなんら変わらず、ただ、やはりにぎやかだと楽しいなとは思った。ワクチン接種も順調に…

  • 6月1日 朝

    6月1日ということは今年も半分、過ぎたということになる。そのほとんどの日数が緊急事態宣言下ということもあり、イベントの記憶があまりない。紅白はどうだったか、正月番組はどうだったか、思い出せない。6月は祝日がない。雨が降ったり、雨が止んだりするうちに7月に入ることだろうが、それでは味気ないので、個人的な一大イベントを用意した。それは6月11日にやってくる。ナンバープレートは696と書いて、ロックンローと読む…

  • 5月31日 朝

    世界禁煙デー。この日にタバコをやめて、もう何年、経つだろうか。いまだにタバコを吸う夢を頻繁に見るが、現実世界でほしいとおもったことは一度もない。やめて本当によかった。メリットを挙げれば、立て続けに浮かぶし、デメリットはただのひとつもない。タバコをやめたことは人生において重要な分岐点であった気もする。タバコを吸っていたときはライター、タバコ、鍵、ケータイ、財布、ハンカチ、ほかに手帳も持っていたよう…

  • 5月30日 朝

    本当ならば、いまごろ、ではじまるブルーハーツの歌があったとおもう。ふ、と頭に浮かんだ。本当ならば明日で緊急事態宣言は終わるはずだった。もう窮屈というか、生ビールを飲みたくてしかたない。昨日は鳥貴族でバイトしている夢をみた。おれはバイトをしたいんじゃない。鳥貴族でトリキのから揚げと金麦を頼みたいだけだ。夢のなかで店長の加藤浩次氏にわめいている自分がいた。我ながらアホな夢を見たものだとおもうが、アホ…

  • 5月29日 朝

    すっかり日の明けるのが早くなって4時半には東の空がうっすらと色づいている。夜7時に眠り、朝4時に起きる生活がここ三日ほど続いているのだけれど、できればこういったサイクルで一生を終えたい。コロナ禍の要請も無論、無関係ではないが、世の中の傾向として、夜がどんどん早まっている気がする。一時期は終電を伸ばす方向だったJRや私鉄各線も大幅な見直しとなり、終電繰り上げが経営の基本路線となったし、昨日は政府によ…

  • 5月28日 朝

    ユーチューブで古畑任三郎を観まくっていたら、田村正和氏の古いドラマをいろいろ見つけた。そのなかでもバブル期を象徴するようなドラマがあった。古谷一行氏とのかけあいが絶妙で、大人の恋を描いた傑作中の傑作といっていい古いドラマ。聖蹟桜ヶ丘と聞くと、耳をすませばよりもこちらのほうがぱっと頭に浮かぶ。駅直結の高層マンション。郊外。男と女。酒のシーン満載。春風に誘われるようにふらふらとドラマのなかをうろつき…

  • 5月27日 朝

    夕方、近隣のリユースショップを物色していたらテレビで古畑がやっていた。灰色の村という土俗的な作品。在りし日の岡八郎氏の名演技が強く印象に残っている。改めて、古畑シリーズをネットで検索してみた。灰色の村のひとつ前が真田広之氏の「その男、多忙につき」で、シーズン2ではなく、シーズン3の傑作だった。古畑がこだわりをみせた弁当もシューマイ弁当ではなく、スタミナ酢豚弁当だった。いろいろ間違えて覚えている。こ…

  • 5月26日 朝

    あなたの選ぶ古畑任三郎の神回は、というトピックスがあった。田村氏を偲んでのものだが、ひとによって好みが分かれるのは当然としても絶対的領域というものは存在する。イチロー氏やSMAPがゲスト出演した回は最低の部類だが、翻って、最高の演技に目を移すと、個人的に上位2つの作品は決まっている。シーズン1は加賀たけし氏の○○特急。シーズン2から真田ひろゆき氏の忙しすぎた男。この二つの作品に共通する空気感は映画ヒー…

  • 5月25日 朝

    ペイペイ銀行でカードローンを契約すると、1500円もらえるというハガキが届いた。ローンは必要ないけれど、1500円は欲しいので契約しよう。ローンと聞くと、住宅ローンとか自動車ローンをまっさきに思い浮かべるが、そもそもローンとはなんなのだろう。さらにいえば、ローンとクレジットの違いはなんなのか。日常生活でクレジットカードを使用することはあるが、ローンをしている感覚はない。調べてみると、クレジットとは一時的…

  • 5月24日 朝

    きのう何食べた?の18巻(715円)を読み終え、来るべき6月17日発売の酒の細道49巻(770円)に備える。それにしても漫画本の価格高騰はいつまで続くのだろうか。下がることはないのか。たばこ税が騰がるのを横目で笑っている場合ではない。さて、18巻はコロナの現状が描かれている。ケンジの働く美容室でもその影響は甚大で、志乃さんの小山軒も資金繰りに苦労している。客商売に最も被害が出るのが今回の感染症の特徴であり、災…

  • 5月23日 朝

    この世の中で一番、効くクスリ。それはナイアシンでもロックでもルルでもない。時間だ。これを時間ぐすりという。多くの難題は時間が解決してくれる。時間は長ければ、長いほどいい。ということは生きている時間を長くすればクスリはより効くと解釈することもできる。昨日、富永一郎氏が老衰によって旅立った。お笑い漫画道場で育った世代なら、その名前に懐かしさをおぼえ、不謹慎にも、まだ、生きていらっしゃったのかという驚…

  • 5月22日 朝

    磯村つとむさんというひとがいた。このひとの書いた手記をもとに製作されたのが「中卒東大一直線、もう高校はいらない」というドラマだ。アマゾンを確認すると「奇跡の対話教育――高校へ行かないで、東大、京大に合格するまでの記録」と題していまも売られている。ドラマでは主人公の長男の東大合格までしか描かれなかったが、実際は弟も高校に行かずして京大経済学部に現役合格を果たしている。ふたりの息子をそれぞれこの国の…

  • 5月21日 朝

    少年革命家の父親が衆院選に立候補する。それで、はじめてそのご尊顔を拝顔した。元不良少年で数々の犯罪歴があり、現在は心理カウンセラーを名乗る人物。この人物と各著名人との論争が世間をにぎわせているが、いまひとつ争点が噛み合っていない印象を受ける。主張に違和感をおぼえる。それはなんに基づく心情なのか。少年革命家は小学校に引き続き中学も不登校を通すということで、義務教育の論拠についてそれなりに明確な答え…

  • 5月20日 朝

    小さいころ、何になりたかった?という話題が、とある漫画、具体的にはラズウェル細木氏の「美味い話にゃ肴あり」の第5巻に出てくる。男は野球選手、サッカー選手、パイロット等。女は花屋さん、ケーキ屋さん等。その夢は叶ったか。叶わなかったか。喧々諤々の談義のなか、店主の「小さいころ、なりたかったもの、夢、職業」は総理大臣だった。小さなころの夢と聞くと、多くの夢は20歳かそこらで達成されると短絡的に捉えてしま…

  • 5月19日 朝

    sowhatという映画が好きだった。結局、自らが仕組んだ壮大な計画はオトナたちの手によって中止に追い込まれた。残された高校生活。迫りくる大学入試。日々の葛藤と戦う主人公ヒロシ。ラストシーンは唐突に訪れる。授業中、窓の外を眺めていた(おそらく空を飛ぶ鳥を見ていた)ヒロシだったが、突然、席を立ちあがり、つかつかと教壇の前に詰め寄る。「先生、おれは鳥です」「は?」「早退です」そういって、教室を飛び出す。校庭…

  • 5月18日 朝

    ソーホワットという映画が好きだった。公言するような「好き」ではなく、こっそり愛する「好き」であり、硬派を気取る悪漢が少女コミックを読んでいるような気恥しさがあった。だが、この少女コミックは悪漢にとって、バイブルなのであった。主人公を演じる南渕氏は芸能界から消えたが、脇を固める俳優陣がすごい。ドラムを叩く東幹久氏を観察できるレアな映画でもある。ストーリーは単純明快。日本版スタンドバイミーとも評され…

  • 5月17日 朝

    月曜の朝の雨ほど沈むものはない。ただ、この雨は梅雨入りを知らせる雨であり、5月の陽気の短さに唖然とするばかりだ。近畿地方では1951年の統計開始以来、統計史上1位の早さで、2011年5月22日の記録より6日も早い梅雨入りとなった。平年比では21日も早く、昨年より25日も早い。今年は何もかも早くやってくる。かといって、早く訪れれば、早く明けるかというと、そうでもないらしい。この時期、梅雨のない北海道を心底、うらやま…

  • 5月16日 朝

    筋トレしてもプロテインを飲むなと警鐘を鳴らす医者がいる。たまたまスマホをスワイプしていて出会った記事なのだけれど、牧田ぜんじ氏、という医師によれば、プロテインは腎臓を悪くする最たるものらしい。取りすぎると、腎臓病のリスクをはかることのできる尿アルブミン検査の値が上がる。取りすぎると、という分量がどれぐらいかわからないが、ひとつだけいえることがある。筋トレ後にプロテインを飲むと、その後の食事がおい…

カテゴリー一覧
商用