chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
goldhead
フォロー
住所
中区
出身
北海道
ブログ村参加

2017/02/08

1件〜100件

  • 石原莞爾の妻との恋文

    この間、中島岳志の『超国家主義』を読んだ。 超国家主義 (単行本) 作者:中島 岳志 筑摩書房 Amazon 同著者の『朝日平吾の鬱屈』、『親鸞と日本主義』をはじめとして、いくらかいろいろな当時についての本を読んでいたので、いわばダイジェスト的な本であるという印象をうけた。一方で、あまりそのあたりについて知らないという人にはおすすめの本である。 で、この本で「これは知らなかったな」というのは石原莞爾の恋文についてである。Wikipediaにも書いていない。石原莞爾はご存知の通り、日蓮宗、国柱会にのめり込んだが、それに愛妻を引き込もうとしていた。が、宗教に引き込もうというような意図を超えて、信仰…

  • 深町秋生『鬼哭の銃弾』を読む

    「鬼哭の銃弾」をAIに描かせたら微妙にリアルな何かが出てきた 映画『ヘルドッグス』見ようかなと思い、そういえばさいきん深町秋生作品読んでないなとか思って、そんでも映画見るならべつの作品いくかということにして、『鬼哭の銃弾』を読んだ。 鬼哭の銃弾 作者:深町 秋生 双葉社 Amazon 「早かったな」 「鍋ですね。キムチ鍋」 「なに?」 「あっという間でした。おれが店に入ったときには、もうレジに向かっていて、買い物カゴに豚肉と野菜とキムチ鍋の素が入っているのが見えましたけど」 「この暑さで鍋物か」 「珍しくないですよ。夏に辛いものを食えば代謝が向上して、胃腸の血流も増えますから。野菜もたっぷり摂…

  • ところで維新って保守なのかよくわからん、安倍政治がなんだったかもよくわからん

    また寄稿いたしました。 blog.tinect.jp 自分のなかで「保守主義」ってのはこんな感じかな、という話です。 これについては、以前に書いたこちらの記事を一緒にお読みいただけると、わかりやすいかと思います。 blog.tinect.jp どのあたりが、というと、人間の「はからい」をどこまで信じるか、信頼するかというところですね。人間の理性、知性、あるいは人間の科学知識といっていいかもしれない。ともかく、それをどこまで信じるか。信じるか、信じないかではない、と言われるかもしれないので、やはる「信頼」か「信用」、あたりが妥当でしょうか。 ともかく、保守はそれを信頼「しない」。人間の「はからい…

  • 劇場版『きんいろモザイク Thank you!!』を観た

    劇場版「きんいろモザイクThank you!!」 西明日香 Amazon 『きんいろモザイク』である。『きんモザ』。すごくすごい好きなアニメだったかというと、すごくすごいほどではないけれど、けっこう好きなアニメだったように思う。なぜ不確実な感じかといえば、毎シーズン大量のアニメが流れてきては流れ去っていくからだ。とはいえ、『きんモザ』のようなタイプの作品は一時期に比べて減っていないだろうか。なろう系の、異世界ものがまだ多いように思う。 まあいい、『きんいろモザイク Thank you!!』は泣ける。あ、泣ける、言う。言うよ。なんかもうおっさん、涙腺緩いしな。そんでもってな、なんかもうこの作品の…

  • 『マトリックス レザレクションズ』を観たような気がする

    『マトリックス レザレクションズ』を観たような気がする。すまない、けっこう前の話だ。べつの映画の感想を書こうとして、ふと思い出したんだ。 マトリックス レザレクションズ(字幕版) キアヌ・リーブス Amazon 『マトリックス』。それはもう夢中になった……かな。なんかパソコンの壁紙をあんなふうにした覚えはある。うん、すごくいい映画だった。だが、続編が作られるごとに、そこそこSFを読んでいたおれ(いや、その当時はそんなに読んでいなかったっけ?)も、「なんだかよくわからんなー」となって終わったような気がする。 そのあたりをリセットして、一作目の後として作ったのが『レザレクションズ』らしい。とはいえ…

  • 首根っこを押さえつけられるとはこのことか

    goldhead.hatenablog.com goldhead.hatenablog.com はい、この日記も中年の身体の故障の話ばかりになっていきます。というわけで、忘れもしないローカルグリーンフェス(RHYMESTERとNulbarichとくるりをいっぺんに見た)日、9/4の朝に「寝違え?」で首が痛くなってから、目下のところまだ痛い。整形外科に行って湿布と飲み薬をもらってもまだ痛い。痛いと言っても、首がまったく動かせないとか、激痛が走るとか、そういうレベルではない。でも、首の痛みでよく眠れないとか、首を動かさないがために肩や背中まで痛くなるとか、そういうレベルではある。 整形外科は混んで…

  • 「低身長は屈辱的なさらし者になっても所詮は社会的な劣等者だから黙って受け入れろ」と素直に言え

    president.jp おれはチビなので、これから書くことはゴミみたいなチビ虫が成長しないメンタリティできちがいじみた恨み言を書いていると思われるだろうし、そのとおりだとコメントされることだろう。 それをわかったうえで書くが、この記事についたたくさんのコメントには虫酸が走った。ただでさえ、低身長を馬鹿にされ、肉体的に弱く、人から見下される人間が、さらに「背の順」で晒し者にされる屈辱というものがある。身長など生まれがほとんどでどうしようもないことについて(これには早生まれの差も含まれる)、それを先生とかいうものの強制によって、さらに可視化され、わかりやすく、指差しやすくする。「あいつはチビだ」…

  • このごろのウクライナによる大反攻などについて

    陸上自衛隊です このごろのロシアによるウクライナ侵攻についてメモする。あくまで素人が報道などを読んで、「こう思っている」という印象のメモである。ソースへのリンクなどは貼らない。 ウクライナの大反攻でハルキウ奪回だとかなんだとか。陽動作戦がどうとかで、クリミア半島に言及していたのもブラフで、本命がどうだかとかで、とにかくすごい行軍速度で電撃戦をやったらしい。 戦史に残る作戦とまで言われているが、そうなのかよくわからない。 反攻の中心となったのはやはり戦車と歩兵であって、戦車はやはり強いらしい。 ウクライナはロシア兵の使うSNSなどにも情報戦をしかけて、パニックを誘ったりということもしているらしい…

  • ブラッド・ピットの『ブレット・トレイン』はそれほど「変」ではないけど、楽しめる映画でしたよ!

    夜の東京を走る新幹線 ブラッド・ピット主演で伊坂幸太郎原作の変な日本を舞台にした映画が作られる、という一報のときにはけっこう話題になっていたような気がする。が、公開となって、たとえば『トップガン・マーヴェリック』のような熱気(自分が行った映画館では、まだIMAX上映してました)も伝わらず、「ひょっとしてあまりうまくいっていないのでは?」とも思ったりした。 が、実際に映画館に足を運んでみればほぼ満席だし、悪くねえ映画じゃないかという気はした。おれはべつに映画に崇高な理念とか、社会的正義の気付きとか求めてねえし、こんなんでいいんだよって思った。 寿司とラーメンよな。 pic.twitter.com…

  • 黄金頭さん、整形外科へ行く

    整形外科へ行く骸骨、中世風の絵 goldhead.hatenablog.com 先週の土曜日の朝から首が痛くなった。ただ、だんだん痛みは薄れてきた……かと思ったが、抑うつ状態になったり、躁転したりしているうちに(ラピッドサイクラーです)、またまた痛くなってきた。当該箇所にい痛みが残っているというのもあるが、両肩がと背骨にまで痛みが及んできた。発症から一週間、これはちょっと整形外科へ行ってみるか、と思い、今朝寄ってきた。 行ったのは駅前にある医療モール的ななんかそういうところにできた、比較的新しい整形外科。前は居酒屋とカラオケ屋が入っていた。わりと早めに行ったつもりだったが、けっこうな人。繁盛し…

  • おれはiPhone 14 Proを買うつもりだ

    新しいiPhoneを両手で持って喜ぶ少女 【速報】iPhone14 Pro/Pro Max発表!ノッチを廃止、画面は常時点灯 - iPhone Mania おれは「今年の秋にiPhoneを買い替える」と言ってきたので、買い替える方向でいた。あたらしいiPhone14シリーズが発表された。単なる14はあまりおもしろくない。かといってProもそうおもしろくはない。とはいえ、なにかA15がA16になる。15と16では16の方が大きい。算数は苦手だが、それはわかる。カメラの性能もなにかよくなるらしいし、おれがいま使っているiPhone XSに比べてもいいに違いない。Proというのもいいじゃないか。よく…

  • 首が動かないと全身動かん

    首が痛いサイバーパンクの骸骨 土曜日の朝、首が痛かった。首のど真ん中の後ろが痛い。そこからやや両肩が痛い。「あれ、どうしたもんだ?」と思った。その日はフェスだった。 goldhead.hatenablog.com プッチャヘンザである。だいたいステージも見上げる形になる。手をあげたとも、ステージ見上げたとも。なんとなくノリにまかせて乗り切ったとも。 翌日は日曜日。図書館に本を返しに行く日、そして借りてくる日。上限が10冊になったので、いっぱいいっぱい借りているわけではないが、確実に本の量は増えている。けっこう重い。それを背負って図書館に行き、図書館から本を借りて帰った。 月曜日朝、というか明け…

  • Local Green Festival 2022 感想 ~RHYMESTER、Nulbarich、くるり!

    Local Green Festival ローカルグリーンフェスティバルである。ローカルでグリーンだが、行われるのは横浜赤レンガ倉庫だ。実のところ2019年にも行っている。 goldhead.hatenablog.com おれ、四十にして初めてフェスというものに行くことになった。女が「くるりがローカルグリーンフェスというものが赤レンガ倉庫あたりである。行かないか」というのである。女はおれより二十年上である。「フェスいいですね」ということになった。 おれ、四十三にして二度目のフェスである。さて、なぜこのご時世に行こうと思ったのか。 RHYMESTER、Nulbarich、くるりと並んでいるのであ…

  • 黄金頭さんの週刊プロ野球ニュース vol.148

    blog.tinect.jp 野球について寄稿しました。いまどき野球について書くなんて。なんてことでしょう。恥ずかしいくらいの話です。いまどきの若い人のスポーツと言えば……なんですか? Eスポーツ? さて、世の中の流れとは関係なく今週も野球の話題をお届けします。 広島カープ自力CS進出消滅 koisoku.ldblog.jp はい、一戦一戦やるだけ、になってしまいました。振り返りますと、やはり低評価からのスタートダッシュはよかったが、予定されていたかのように交流戦に大打撃を食らうと、そのあとはコロナの波状攻撃をくらいましてこのありさま。大瀬良は冴えない、床田は大怪我とコロナ以外でも層の薄さを見…

  • 『未来のプルードン 資本主義もマルクス主義も超えて』(的場昭弘)を読む

    未来のプルードン——資本主義もマルクス主義も超えて 作者:的場 昭弘 亜紀書房 Amazon プルードン、クロポトキン、バクーニンあたりとなると、おれにとってのアナーキズムとの出会いであって、なにかの根底のようなところがある。とはいえ、おれは優雅で感傷的な日本アナーキストたちが好きであって、どうにもそちらはおろそかになっているところがある。 ということで、この本を手にとってみた。装丁もなにやらパンキッシュやし、栗原康みたいなのか? と、思ったら、そうではなかった。マルクス学者である著者が、マルクスのライバルとしてのプルードンを書いたものであった。いや、プルードン側に立って書いたものである。 と…

  • 投資とかしたけりゃすりゃいいだろ、ただし個別銘柄はやめておけ

    このところ投資の話をよく見かける。 anond.hatelabo.jp anond.hatelabo.jp おれはというと、「すぐに競馬に使えないようにお金を避けておく」という、非常に高い意識でもって、気が向いたらポイポイ証券会社に入金して、チョイチョイ投信を買っている。自動的な積立とかはしていない。半自動的だ。もちろん、貧乏人なので少額もいいところだ。 一番適当につっこんできたiシェアーズなんたらが一番稼いでくれている。悪くない。というか、投資信託は、ロシア関連かメルハバ(トルコ)でも買っていない限り、そんなに損しないような気がする。おれの思い込み。あと、メルハバは昔持っていたけれど、なにか…

  • 親の介護とかどうすりゃいいのだろうか?

    親を介護施設に入れるのに800万かかって、月々30万円払っているという話を聞いた。へー。え、いやしかし、自分の親だったらどうするんだ? おれは800万円ももっていない。80万円も怪しいくらいだ。月々30万円を稼いだこともこの一生で一度もない。 家全体としての蓄えというものもない。なにせ、土地家屋を手放して一家離散で夜逃げ済みの家族だ。弟は無職だ。 介護離職しようにも、生活費がもたない。というか、自分の身の回りのことすらおぼつかない精神障害者のおれには、他人の世話もできない、家事もできない。 これはもう、死んでもらうしかないだろう。それ以外に選択肢はない。そうしたら、おれも俗世から解放されて刑務…

  • 今こそカープの捕手について語ろう

    カープの捕手の話をする。 おれが物心ついたころの正捕手は達川光男だった。カープの捕手といえば達川、というイメージだ。幼少期の記憶は強い。とはいえ、ファミスタで打率の低い達川が、キャッチャーとしていかに優れていたかはわかっていたかどうか(後年、解説者として、「当時の捕手は自分の身長くらい打率があればよかった」とか言っていたような気がする)。リードの上手さなどがわかる年齢ではない。ただ、ベストナインなどに選ばれていたし、父が「達川はすごい」というので、すごいと思っていた。あと、「珍プレー大賞」常連で、カープの選手に注目が集まっているのもうれしかった。 次に来るのは西山秀二、瀬戸輝信の西山・瀬戸時代…

  • 保険やローンのためなら精神科に行かないほうがいい

    anond.hatelabo.jp え、気軽にメンクリ(メンタルクリニック、精神科、心療内科)勧めちゃいけないのかい? というわけで、おれはこんなコメントをした。 初診の予約はえらく時間がかかる場合が多いから、迷ってる人には行ける気力や判断力のあるうちにとっとと行けと勧めたくなる。 まあ、これはおれの実体験もあって、もうどうしようもなくなったとき、いざ行ける場所のクリニックに電話してみたら、「初診は三週間待ち」とかばかりで、どうしようもないその状況で非常に困った。一つだけ当日オーケーのクリニックがあり(あとから「初診優先します」の貼り紙見た)、飛び込みで長く話を聞いてくれて、まあその後もずっと…

  • 国家神道の勉強もいつかしなくてはいけないかと思ってはいるのですが

    blog.tinect.jp 寄稿いたしました。 非常にエキサイティングな『親鸞と日本主義』という本を読みました。これは本当にエキサイトするので、ぜひお読み下さい。 親鸞と日本主義 (新潮選書) 作者:中島岳志 新潮社 Amazon いや、そうだったの、日蓮じゃなくて親鸞の思想がね、日本主義へ、超国家主義へとつながっていった、そんな面もあるのか。そして、その源流にあるのは……。これは燃えますよ。 でもねえ、政治と宗教といえば、まあ最近の旧統一教会問題とかになると思うんだけど、スケールが小せえよ。原理日本の行き着く先は、世界が全部ねえ、親鸞の思想のもとに、溶け合うような世界よ? 人類補完計画よ?…

  • 『最澄と徳一 仏教史上最大の対決』を読む

    最澄と徳一 仏教史上最大の対決 (岩波新書 新赤版 1899) 作者:師 茂樹 岩波書店 Amazon 最澄と徳一、仏教史上最大の対決、である。仏教史上最大の対決かどうかは知らない。法然vs明恵というマッチアップの本もあったはずだ。 法然対明恵 鎌倉仏教の宗教対決 (講談社選書メチエ) 作者:町田宗鳳 講談社 Amazon まあいい、『最澄と徳一』である。おれはこの本に、いろいろ読んできた仏教本にはなかったなにかを感じた。それはなんなんのか。一言で言えば「歴史学的な過去」である。 大著『メタヒストリー』(1973)によって、歴史叙述の持つ物語性、文学性に着目することの重要性を説いたアメリカの歴…

  • ジンギスカン鍋を買ったらカセットコンロとボンベまで必要になった話

    人生で初めて和食さとの「さと式焼肉」を頼んだら、パニックに陥りそうになった! [食べ物] 自炊にジンギスカン鍋ありじゃないか、と、あまり関係ないことを考えた。 2022/08/13 17:12 「和食さと」という店の「さと式焼肉」についての記事である。そこに出てきたのが、ジンギスカン鍋であった。おれの興味はジンギスカン鍋に向かった。「ジンギスカン鍋ならば、焼肉と蒸し野菜を同時に楽しめるのではないか?」と。 蒸し野菜は蒸す。肉も蒸す。おもに、鶏のササミを蒸す。蒸したササミはおいしい。が、「肉を焼く」、「焼いた肉」というものも悪くないかな、と思った。なにかわからないが、ジンギスカン効果によって回り…

  • 黄金頭さんに会えるラーメン店三選

    blog.tinect.jp また寄稿いたしました。 しました、しました。 したってよ。 読んでよ。 読んで。 はい、ラーメンの話をします。 和歌山で食べた和歌山ラーメン いや、ラーメンなあ。ラーメンに興味あるかというと、それほどでもない人生を歩んできたな。ほんと、小中学生のころは、今で言う「町中華」の「ラーメン」であって、ほんと、今で言う「昔ながらのシンプルなラーメン」だった。中高生のころはあまり町中華に入るということもないので、ラーメンとは無縁だったかもしれない。 じゃあおれが今どきの(といっても十年、二十年単位だが)の「らぁ麺」を意識するようになったのはいつからだろうか。ひょっとしたら、…

  • 非暴力服従主義宣言

    webronza.asahi.com ――あらためて「非暴力抵抗」とは具体的に何をすることなのか、説明していただけますか。 武力や物理的な暴力を使わずに、それ以外の政治的、経済的、社会的なあらゆる手段、具体的にはストライキやボイコット、サボタージュなどを駆使して、侵略者や独裁政権と戦うことです。 こういう考え方がある。だいたいボコボコに批判される。おれも批判する。しかし、おれの批判は多くの批判とは違うような気もするので、軽くメモ。 銃をつきつけられたら、おれは服従する。絶対に服従する。拷問するぞと脅されても服従するし、強制収容所送りだと言われても服従する。 おれは弱い。果てしなく弱い。弱い生き…

  • クリント・イーストウッド次元『クライ・マッチョ』

    クライ・マッチョ(字幕版) クリント・イーストウッド Amazon おれはだいたいクリント・イーストウッドの監督作品が大好きである。なんでかわからないが、そうなのだから仕方がない。老いてますます盛んだ。 が、主演となるとどうなのか、というところはある。本作では元ロデオのスタープレイヤー、ただし今は落ちぶれた男を演じている。本作について、50年前に主演の話が持ちかけられたが、「まだ若い」と断った。それが、90歳になって、「今なら演じられる」と監督・主演である。スケールが違う。 それにしても、主人公のマイク・マイロは何歳だという設定なのだろうか。いくらイーストウッドとはいえ90歳である。父親から母…

  • ラブコメは苦手だけど、『イジらないで長瀞さん』が大好きなこと

    イジらないで、長瀞さん(14) (マガジンポケットコミックス) 作者:ナナシ 講談社 Amazon おれは、『イジらないで長瀞さん』が大好きである。アニメから入って原作漫画に手を出し、飽きるところを知らない。アニメの第二期も決まって、たいへんに喜んでいる。 え、長瀞さんの声の上坂すみれが好きなだけでしょ? という声も聞こえてきそうである。その声、約一人くらい。でも、そうではないのである。『イジらないで長瀞さん』はそれ以外でもすばらしい作品なのである。 などと、なにやら力が入ってしまうのは、おれが「ラブコメ」と呼ばれるジャンルに、本来あまり興味を抱かないからである。おれはわりと何事にも雑食という…

  • ピクルスのリレー

    竜王戦挑戦者決定戦第一戦、山崎隆之八段の、あえて拠点の歩に向かって玉を進める一手にはしびれたけど、最後は押され気味になって、それでも広瀬章人八段の大ポカがあって大逆転かと思ったら、さらに緩い手を指してしまって再逆転、いやあ、面白かったなあ。 ……とか思いつつ、テレビをAbemaから普通の地上波にしたら、マクドナルドのCMが流れてきた。今日から流れているCMだった。 ニュースリリース | マクドナルド公式 50年の歴史の中で、マクドナルドは多くのお客様に“家族が笑顔で過ごせる時間”を提供してきました。その時間の中には親が子供を想う気持ちから誕生した、たくさんの愛の物語が存在しています。CM内で表…

  • このごろドキドキするような音楽に出会っていない話

    rockinon.com スウェードがニューアルバムを出す。9月に。2曲くらいYouTubeにアップされている。しかし、このタイトルだとバーニーがスウェードと一緒に演るみたいなことになっちゃってないか。別々です。 ……などという大勢の人間を置いてきぼりにした話からはじめて、このタイトルだと、「ああ、人は思春期に聴いていた音楽を一生聴くというから、こいつは一生スウェード聴くという話をするんだろうな」と思われるかもしれない。 ところがそうでもない。いや、たぶんスウェードは聴く。聴くけれど、このごろのスウェードはあまりドキドキしなかった。パンクなアルバムはドキドキを戻してくれるのだろうか。それはわか…

  • おれとチェーン外食店・補遺

    またまた寄稿いたしました。 blog.tinect.jp お読みいただけたら幸いです。 幸いだなあ。 幸せというやつだ。 ……はい、そういうわけで、稲田俊輔さんの本を読んだ感想のようなものでした。 人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 作者:稲田 俊輔 扶桑社 Amazon で、上の記事で書ききれなかったことを少し。 えーと、書き終わったあと、ガストのピザとパスタを食べてみました。 ただし、宅配です。ちょうどピザの日(毎月22日前後に宅配ピザを取るという個人的な風習)に近かったので、「ガストの宅配」をはじめて利用してみました。「ピザとパスタが美味しいというなら、ピザとパスタ両方いったるか。…

  • 競走向きの気性はあったけれど、脚が遅かった人間の末路

    togetter.com おれも三十年とちょっと前くらい、中学受験の戦士であった。大船の日能研に通っていた。クラスは成績順だった。栄冠一組、栄冠二組、一組、二組、三組……というような順番だったかと思う。おれは二組か三組を行ったり来たりしていた。席順は前週のテスト結果順だった。最前列なら昇級が見えるし、最後列なら降格の可能性がある。 昇級だの、降格だの、競輪や将棋の順位戦のクラス分けか、みたいな物言いだ。だが、はっきり言ってしまえば、おれはそれが楽しかった。一人のプレイヤーとして、順位やクラスを争うのが楽しかった。 とはいえ、おれは勉強が好きではなかった。予習や復習をしなかった。ただ、なんとなく…

  • 神奈川県の自主療養申請は「研究用」検査キットでもオーケーのようです(※現時点)

    新型コロナウイルス感染症への対応は、お住いの自治体や医療機関などの情報をもとに、ご自身で判断、行動してください。当方はいっさい責任を負いません。 月曜と火曜、会社を休んだ。 (なにかの記録1)昨夜寝る前にいきなり嘔吐。今朝、37.0℃。解熱剤を飲む。昼、37.4℃。微妙な数値。会社は休んで今日は様子をみる。— 黄金頭 (@goldhead) 2022年7月25日 (なにかの記録2)薬飲んで寝て起きたら36.7℃。喉の痛みもひく。楽勝。と、思いきや、また37.3℃に上昇。— 黄金頭 (@goldhead) 2022年7月25日 (なにかの記録3)喉は少し痛いかな、程度。風邪で食欲が落ちないタイプ…

  • 信号に従うことによる自由について

    寄稿いたしました。 blog.tinect.jp お読みくださった? お読みくださいましたか? つまりは、そういうことです。 さて、いきなりですが、いまこの瞬間、自分は「コロナウイルスに感染したのではないか?」という疑惑が生じていて、会社を休んでいます。嘔吐、熱発、喉の痛みです。調べてみたら、嘔吐というのも症状のひとつにあるらしい。ただ、熱発も最高で高熱(受診の目安の37.5℃)一歩手前、喉の痛みも今は「違和感」くらいです。 これは医療上の軽症にすら達していません。医療の分類の上での軽症は、一般人からすると「人生で一番苦しい」レベルだったりします。とはいえ、コロナウイルス感染症には「無症状」と…

  • ロシアのウクライナ侵攻がここまで長引くとは正直思っていなかった

    陸上自衛隊です ロシアのウクライナ侵攻から100日と過ごし経ってから、さらに2ヶ月くらい経った。日本国内では日本国内の大事件なども起こり、さらにコロナの再流行などもあって、日に日にウクライナのニュースは減っている。それでも、いくらか自分の現状把握を書き留めておく。 おれの現状把握なので、ソースは書かない。間違いもあるだろう。気になったら検索して探してください。 ゼレンスキー大統領が検事総長と保安局長官を更迭したというニュースがあった。部下に親ロシア派がいたとかなんとか。戦時下だしいろいろわからない動きもあるだろう。これが正解だったのかどうかもあとになってわかること。もちろん、離間の計ではないが…

  • 和歌山の加太へ、わさびスープを食べに行く

    特急サザンは南へと向かう。 ザ・和歌山。 和歌山市駅を見下ろすおれ。 ビールだろ。 明け方、目を覚ます。外を見る。赤い電車だ。 はい、赤くはないど「めでたいでんしゃ」。四色ある。 車内は海感あふれる。吊り輪は木製。 シートも魚介類。 海沿いを抜け、なんか山に入ったな、とおもったら到着。 ここはどこ? 加太。 観光地、加太。「かだ」と読みます。 弁当にバイキンマンは大丈夫なのか? ロングサイズだぜ。 タバコ吸いたくなるぜ。 ネコの国と正義を求めよ。 天草を干している。 犬には吠えられる。 海が近い感じ。 倉庫みたいな感じ。 ヨクキク。 今日、お好み焼きは食べません。 ここは紀州加太浦。 鳥居が見…

  • 映画『ベイビー・ブローカー』を観るのこと

    映画『ベイビー・ブローカー』を観に行った。「韓国で是枝裕和監督が撮ったらしい」、「なんかカンヌで賞を取ったらしい」くらいの予備知識しかなかった。 主演はソン・ガンホ。そして、ペ・ドゥナが出ている。それも当日知った。おれはペ・ドゥナのファンなので、「これはもういい作品に違いない」と思った。ソン・ガンホにペ・ドゥナ。これは負けない。 実に、負けない映画であった。ロードムービーとでもいうのか、韓国の中をボロいワゴンで移動する。新幹線みたいなので移動する。登場人物たちの心も移り変わったり、変わらなかったりする。 「この世に生まれてきたこと」に感謝を述べるシーンがある。おれは反出生主義者だが、生まれてき…

  • くるりライブツアー2022・川崎 CLUB CITTA'に行くのこと

    このご時世、ライブに行った。どのご時世かというと、コロナウイルスのオミクロン株BA.5大流行のご時世である。実際おれは、コロナによってくるりのライブをキャンセルしたことがある。 goldhead.hatenablog.com 去年のことである。去年と今年で、なにが同じでなにが違うのか。よくわからない。よくわからないが、今年はキャンセルしようという話にはならなかった。「なんとなく大丈夫だろう」という心理が強くなっているのかもしれない。 そんなことはどうでもいい。 ひさびさの、くるりのライブである。配信を見たりしたが……やはりライブハウスの音は違う。腹に響く。オールスタンディングのクラブチッタ。キ…

  • 2022年参議院選挙の結果について

    歩いて行って帰って汗かかない距離。投票所は多ければ多いほどよい。将来的にはネット投票。 pic.twitter.com/LO0VBkkgdl— 黄金頭 (@goldhead) 2022年7月10日 ……というわけで、日曜日に投票してきた。 goldhead.hatenablog.com 投票日前日のお気持ちはこのようなものである。記入する瞬間までわからないぞ、との気持ちである。 ……というのは、実のところ大げさで、さすがに日曜日の昼ごろシャワーを浴びて服を着てアパートのドアを開けるころには決まっていた。 だが、その決断について、選挙区の候補については自分でも納得していたところはあるが、比例につ…

  • おれは100年生きられないだろうが

    またまた寄稿いたしました。 blog.tinect.jp 世界不死計画 作者:フレデリック・ベグベデ 河出書房新社 Amazon この本を読んでからの着想というか、思いつきというか、「不老不死」について考えた。この本、ノンフィクションとフィクションが入り交ざって、最後は結構いい感じに展開するので、とりあえずおすすめ。あと、書かれたのがつい最近なので、セルフィー文化、SNS文化、バズり文化についても、時代を反映させているといえる。フランスも一緒なのね、みたいな。 で、おれは不老と不死についていろいろ考えたが、まあともかく現時点で「不老不死」は無理にしても、そちらに向かって進んでいる、あるいは進ん…

  • 投票日前日のお気持ちと、安倍元首相暗殺事件とその報道について

    投票日前日のお気持ちについて いよいよ明日が2022年参議院選挙の投票日となった。 いきなりだが、おれは期日前投票をしたことがない。普通の投票所の場所が家からかなり近いので、わざわざ期日前の会場に行くのが面倒くさい、というのはある。しかし、なんといってもライブ感というものがある。選挙に行って、競馬を見て、夜は開票速報。 開票速報には出馬表が欠かせない。今回は「サンデー毎日」を買って用意してある。「サンデー毎日」は生まれて初めて買った。おれは選挙を競馬のレースのように見ている面もある。スポーツやゲームの観戦趣味のようなものだ。それは否定できない。 まあ、いずれにせよ、競馬のためにだいたい日曜日は…

  • そうだ、(今こそ?)京都、行こう ―黄金頭さん、東寺に参る

    平日、京都、新幹線で来ました。 京都駅、こんなんなってん。 来たのは中学生のころの修学旅行以来だから、ようしらんでな。 この暑いなか、この階段をダッシュして登りはじめる中学生か高校生男子を見て、若いなーと思う。彼らも修学旅行生だろうか。こっちはもう、エスカレーター乗ってるだけで暑くてかなわん。 ひょっこり京都タワー。 なんかこんな空間。 こんな物体。 しっかり京都タワー。行きませんでした。行けばよかったかも。 牛カツ。その土地その土地の名物ってなに? みたいなところはあるが、おれにはよくわからん。京都なら京野菜? しかし、関西なのか牛肉の店が多いようにも。写真の色合いが悪いのはおれのせいで、肉…

  • 立憲民主党の神奈川選挙区の仕打ちについて

    立憲民主、参院選神奈川の寺崎候補“見捨て”波紋、笠議員「上位の水野候補当選を最優先」 – SAKISIRU(サキシル) Twitterをつらつら眺めていて知った、立憲民主党の神奈川選挙区の候補者「一本化」。こりゃひでえな、と思った。 選挙前に一本化するのはべつなんでもない。当たり前ともいえる。が、もう選挙は中盤というか終盤だ。ここに来て、これだ。これをもう、党内部の話ではなく、Twitterで現役議員がなんの臆面もなく呼びかけている。まだ寺崎候補は選挙活動を進めている。 立民、事実上の〝一本化〟 党本部の支援、水野氏に集中へ 参院選2022 | カナロコ by 神奈川新聞 複数の関係者によると…

  • 2022年7月2日の炎天下のこと

    「あなた、家から近いから、ちょっと土日に下調べしておいてくれない?」「あーい」 安請け合い。 土日に部屋から出たくない。とくにあほみたいに暑い日には。そんなんでぐだぐだしていたら、よけい外は暑くなる。暑くなってから外に出た。 外国人墓地。目的地ではない。目的地に向かって、山手本通りからまわるのかな? と思ったが、手元の携帯端末の経路案内では元町商店街から行けという。こんな近所のことなのに、携帯端末に頼る時代。 元町のメーンストリートはなんか入りにくい障壁があるので、一本裏から。 アメリカ山公園。知ってる? アメリカの山なんだぜ。スケールが違う。 景色もよい。 花も咲いている。 業者ムーブ。 仕…

  • 舞妓さんの思い出

    bunshun.jp 元舞妓さんがTwitterで未成年飲酒その他の話をぶちまけたら、結構話題が広がっている。おれが舞妓さんで思い出すのは……、前に書いていたので面倒くさいので引用する。 goldhead.hatenablog.com 舞妓さんのお話しを聞く機会があった。といっても、中学の修学旅行でのことである。話の内容は覚えていない。だが、内心で「この人達は将来売春をするのだろうか? しかし、そうだとしたら修学旅行の行事に教師が組み込んだりはしないだろう。よくわからない」と思ったものだった。そして、底辺の人生を歩むことになったおれは、花街での遊びどころか、安いチェーン居酒屋ですら酒を飲めず、…

  • ヴォネガットが生きていたら、プーチンの戦争になんと言っただろう?

    寄稿いたしました。 blog.tinect.jp ヴォネガットの卒業式講演を主に集めた本を読んだわけです。 これで駄目なら 作者:カート・ヴォネガット 飛鳥新社 Amazon こんな本あったんやな、という感じで、しかも翻訳者は円城塔か、いや、SF作家だからいいのか、とか思ったり。 内容的には、まあ「ヴォネガットらしい語り」であって、あっと驚くようなことはありません。それはまあ、おれがヴォネガット読者であったからわけなんですが。 それにしちゃ、この日記にヴォネガットの本の感想少ないな、と思ったあなた、それはもう、この日記なんかを書き始める前にたくさん読んでいたからですよ、と。 というわけで、自分…

  • 2022年宝塚記念回顧 ステイフーリッシュに勝つ道はなかったのか?

    東京スポーツ紙より 宝塚記念。珍しく好メンバーが揃った。おれとしては、2歳戦のホープフルステークスから買い続けているステイフーリッシュから買う以外になかった。現役馬のなかでおれが一番好きなのがステイフーリッシュだからだ。ずっと買い続けてきて、JRA発売のない海外重賞で二連勝を決めてくれた。おれはその勝利に涙した。同時に、馬券を買えなかったことにも涙した。 goldhead.hatenablog.com goldhead.hatenablog.com ここで、ステイフーリッシュの覚醒を、馬券を取り戻させてもらおう。そういう意図しかない。ステイフーリッシュの単勝、馬連、ワイド、三連複ボックス。 が…

  • 見知らぬ小学生にとつぜんエゴマの葉を二枚もらう人生

    金曜日の夕方、おれは自宅アパートの近くで自転車を押して歩いていた。短い階段や未舗装の路地などあって、おれは帰宅の最後、自転車を押して歩く。 いきなり、人の姿が現れた。しゃがんでいた子供が、立ち上がったのだ。一軒家の敷地内である。低い塀がある。 そのまま通り過ぎようとすると、声をかけられた。小学校低学年くらいの女の子だ。手に何かを持って、こちらに差し出している。 「エゴマ」 手には葉っぱを持っていた。 「エゴマ?」 と聞きかえす。 「あげる」 という。 「どうも」 とかえす。 おれは二枚のエゴマの葉を持ってアパートに帰った。 帰り、アパートの近く、近所の家の小学生の子からとつぜんエゴマの葉を二枚…

  • 2022年参院選 神奈川選挙区について公示日での見解

    自民党、公明党の与党に入れるのは嫌。維新も嫌。かといって他の野党もそれぞれに嫌なところがあって、本当に入れるところがねえ。どうしたらいいんだ……。 と、思っていたのが一ヶ月前くらいだろうか。比例はともかく、とりあえず選挙区の話だ。やはり最初は大手政党の話から出てくるもので、そんな風に思っていた。神奈川選挙区に出てくる候補者は五、六人くらいじゃないのか。選びようがないんじゃないのか。あ、一人YouTuberの無所属立候補者? もう、この人に入れようか? とか、思っていたら、こういう状況になった。 www.nhk.or.jp 五枠(五枠目は欠員によるイレギュラーで任期半分)に対して二十二人の立候補…

  • 『漁港の肉子ちゃん』を観た

    漁港の肉子ちゃん 大竹しのぶ Amazon 明石家さんまが企画だかプロデュースしたアニメ映画。興行的にはふるわなかったようだが、内容を評価する文章もいくつか目にしたような気がする。 巨体(作中で出てきた体重以上はあるだろう)の肉子ちゃんの大竹しのぶで、関西弁がなってないという評も見たが、自分は関西人ではないのでとくに不自然さは感じなかった。聞く耳がないだけかもしれない。ついでに言えば、終わってみてはじめて「大竹しのぶだったのか」と思った。 娘役もプロの声優ではないけれど、あまりにも子供子供した演技でも合わないような気がするので、これはこれでいいのではないかと思った。 「だれもが望まれて生まれて…

  • 今後の世界の行き先、「人間性」の肯定と否定について

    寄稿いたしました。 blog.tinect.jp シャーデンフロイデ……他人を引きずり下ろす快感について。こういう感情はおれにあります。あまり表に出してはいないつもりだけれど、まあいろいろなところであらわになっていることだろう。夕刊タブロイドの世界。週刊誌の世界。知らない人、受け入れがたい人には一生わからない世界。そういうものがあって、そういうものを必要とする人がいて、そして世界は運行されていく。云々。 それはそうとして、まあしかし、シャーデンフロイデという感情が、自然選択、淘汰されてきた人間の心理において残っている、なにかそれを持つことによって生き残ってきた理由がある。そこのところが興味深い…

  • 『トップガン マーヴェリック』……トムよ、それはたくさんのメビウス1が通ってきた棺桶ポイントかもだ!

    映画館で売られていたプラモデル ただの感想 ※ネタバレします。そういうタイプの映画じゃねえかもしれねが。 映画『トップガン マーヴェリック』を観てきた。 感想はというと、「この映画は直球の王道だし、戦闘シーンとかも現代最先端技術を使ったであろう迫力だし、まだIMAXシアターが満員になるくらい評判だし、その評判通りといってもいいし、トムも走るし、映画館に走れ」というものだ。 映画ファンには怒られるかもしれないが、たぶん映画そんなファンではないけどたまに映画館行く勢にとっては、「これは映画館で観たほうがいいかな。これは配信待ちでいいかな」という判断が出てきてしまって、まあ『トップガン マーヴェリッ…

  • 書けるのか、書けないんのか?

    blog.tinect.jp 寄稿いたしました。 読んでね。 読んだー? 読んだかしらー? ……はい、というわけで、なんか楽しい話、面白い話が書けなくなってんじゃねえか? という話です。寂しい話です。いやね、おれも、この日記長いのよ。長い間に、いくらかの読者の人もいてくれるようになった。このごろはこちらで記事にはしていないけれど、お恵みものもけっこうもらえている(ありがとうございます、ツイッターとかに書いたりしています)。それなりに、読まれている。 というわけで、なにかしら、あれだ、「小説書くぞ」とかぶち上げたら、少しは「がんばってください」みたいな声もあった。少しだ。でも、ないわけじゃなかっ…

  • 「勇気をもらった」、私の苦手な言葉です。しかし、井上尚弥の戦いは……。

    モンスター井上尚弥、日本人初の3団体統一に成功 ドネアを2回TKO!264秒で倒し完全決着 - ボクシング : 日刊スポーツ 【1R】井上は布袋寅泰のリング上での生演奏というド派手演出で先に入場。ドネアは落ち着いた表情でリングインした。 ドネアがいきなり左フックをふるう。井上は距離をとり、冷静にジャブを放ちながら間合いをはかる。終盤に井上の左ストレートから激しい打ち合い。右ストレートでダウンを奪った。(井上10-8) 【2R】井上の左フックにドネアがグラつく。ロープに詰めた井上がさらに猛攻。よろめいたところに連打でとどめは左フックでドネアから再びダウン。レフェリーが試合を止めた。 圧倒的な2回…

  • ロシアのウクライナ侵攻から100日と少し過ぎて

    U.S. Navyです ロシアのウクライナ侵攻から100日と少し過ぎた。 ニュースは日に日に減っている印象もあるが、まったくないということはない。 ウクライナが押し返したところもあるし、やはりロシア優勢という地域もある。 ロシアは東部地域に兵を集めて力押しをしているようだ。そうなるとウクライナも対応は難しい。単純な力比べになったら、兵士の数で単純に遅れをとる。最初の最初からロシアがこのような方法を取れば、ウクライナはすでに東部地域を失っていたかもしれない。 やはりロシアというかプーチンは、開戦三日というレベルでの魔法のような一撃で終結させようとして失敗したのは確かなようだ。 レンドリース法など…

  • 2022年安田記念回顧 ロータスランドの夢を見た

    東京スポーツ紙より 「三着くらいに来そうな馬ならたくさんいるけど、本命がまったく見えない」。そんな感じでいたら日曜日になっていた。 安田記念は一般的に中距離も対応できる馬が活躍する東京マイル戦とは違って、スピードが要求されるという、そんな話をどこかで見た。王道の血統ともちょっと外れたやつもいいと。 そして、今の東京の馬場。雨が降るかと思っていたら、降らなかった。ならば、高速決着もある。 だったら素直に持ち時計もあるシュネルマイスターのリピートねらいでいいようにも思ったが、海外で結構負けての帰国初戦。なんとなく買いたくない感じもする。 そこで目をつけてしまったのがロータスランドだった。前走は道悪…

  • ケン・リュウ短篇傑作集2『もののあはれ』を読む

    もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2) 作者:ケン リュウ 早川書房 Amazon 図書館でレイ・ブラッドベリの本をジュニアコーナーで探していたら、この本が目に入った。あ、ケン・リュウじゃん。こっちにしよう。そう思って借りた。 ……あれ、読んだことあるんじゃね? ケン・リュウ『紙の動物園』を読む - 関内関外日記 というわけで、単行本『紙の動物園』から文庫化された本でした。 というか、おれは正直に2年前のおれの嘘を告白しよう。おれは『紙の動物園』をすべて読んでいない。表題作は読んだ。「もののあはれ」も読んだ。だけど、全部読んでない。だって、この文庫本で初めて読んだやつがあるのだもの。 おれ…

  • 障害者は住む場所もなくこの世の果てに追いやられる

    blog.tinect.jp またまた寄稿いたしました。 読んで下さいませ。 読んだ? 読んだだすか? 読んだんだすね? ……というわけで、精神障害者の独身の高齢者などには、住むところも与えられないようだという話だ。 これに似た話をふと思い出した(なぜ書かなかったのだろう?)。おれのおじ。父の双子の弟は幼い頃の大病で大きな身体障害と軽い知的障害を負った。手帳の位でいえば一級である。おれも精神障害の手帳を持っているが三級である。 そのおじが通う授産施設が、ある篤志家の寄付を受けて、新しく施設を建設することになった。が、その場所は高級住宅街であった。鎌倉山であった。鎌倉山の金持ちたちは障害者を忌避…

  • 東出

    先日見た映画『草の響き』。 goldhead.hatenablog.com 書き忘れていたことがあった。東出がでかい。演技はいい。いいのだが、ときどき、「でけえ」と思ってしまう。これはもうしょうがないことなのだけれど。病棟などで他の患者と歩いているところなど、「やっぱりでけえな」と、一瞬気がそれてしまう。 思えば、『聖の青春』の羽生善治もでかかった。『菊とギロチン』のアナーキスト中濱鐵はでかくてもよかった。 東出がでかい。これ、カープファンにとってはちょっと「変の響き」でもある。カープファンにとって東出というと東出だからである。たぶん。小柄な二塁手、というイメージが東出なのである。 とはいえ、…

  • 2022年日本ダービー回顧 武豊にはかなわない!

    東京スポーツ紙より 日本ダービー(G1) 結果・払戻 | 2022年5月29日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com うーん、武豊にはかなわん。そう思った日本ダービーであった。 分野は違えど、イチロー、羽生善治、そして武豊という「天才」を見てきた世代として……さすがの武豊も衰えているんじゃないの? シンボ買うたびにそう思っていたのだが、ここ一番では決めてしまう。かなわんよな。 野球では大谷翔平、将棋では藤井聡太と後継者が出ているが、騎手の世界ではそのような存在が見えてこない。もちろん、川田将雅もたいへんな成績を残している。かといって、競馬をよく知らない人に「川田」とい…

  • 精神障害者が感情移入してしまった、映画『草の響き』

    草の響き 東出昌大 Amazon 工藤和雄(東出昌大)は、徐々に精神のバランスを崩し、妻の工藤純子(奈緒)と共に故郷の函館に帰ってきたばかりだった。精神科で医師の宇野(室井滋)と面談した和雄は、自律神経失調症だと診断され、運動療法として毎日ランニングをするように指示される。札幌から函館へ引っ越してきた小泉彰(Kaya)は、同級生から、夏になったらダイビングしてみないかと誘われる。誘いを了承したものの実はカナヅチの彰は、市民プールへ練習しにでかけ、そこで見事な泳ぎをする高田弘斗(林裕太)と出会う。弘斗の姉、恵美(三根有葵)も加わり、3人は人工島「緑の島」の広場で遊ぶようになる。広場で花火をする彰…

  • 2022年 日本ダービー金曜日見解

    netkeibaのデータベースを使えばこれがいつの日かわかるだろう 日本ダービー(G1) 出馬表 | 2022年5月29日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com 昨日、日本ダービーの枠順が発表された。イクイノックス8枠18番。目を疑った。またかよルメール。そんな偶然ってある? ほかで気になったのはジャスティン、マテンロウ、アスクそれぞれの二頭出し。これは今どき快挙といっていいかもしれない。七対子狙おうか。それにしても、コマンドラインと1/2抽選だったジャスティンロック、いろいろな予想家のダービー見解で無視できない扱いされていたっけな。 で、今のところの予想。本命馬はイ…

  • 栗原康『アナキズム 一丸となってバラバラに生きろ』を読む

    アナキズム――一丸となってバラバラに生きろ (岩波新書) 作者:栗原 康 岩波書店 Amazon 角川武蔵野ミュージアムで見かけて、「あれ、おれ、栗原康の本はほとんど読んだつもりだったけど、岩波新書のこれ読んでねえな」と思った。思ったので、読んだ。 いつも、栗原康節だった。岩波新書でも変わらない。ヒャッハー。ともかく、このアナキズム節が世の中に広まればいいなとか思ってる。おれのなかに充填されて、生の拡充が実現されればいいなとか思ってる。いいなとか思ってる場合じゃねえ。やるなら今しかねえ。そうに違いない。 でもって、この本からもいくつかいいところをメモしておこう。 たとえば、反体制的なやつ、アナ…

  • 『赤を見る―感覚の進化と意識の存在理由』を読んだ

    他人が見ている青い空は、実は自分にとっては真っ赤なのかもしれない。ただ、それはどうやっても確かめられない……というようなことは、誰もが一度は考えるはずだ。たぶん。そればっかりは、どうやっても。 で、先日図書館でこんな本を見かけた。 赤を見る―感覚の進化と意識の存在理由 作者:ニコラス ハンフリー 紀伊國屋書店 Amazon 脳科学や心理学がいくら進歩したといっても、「視覚のクオリア」という用語が示すように、「私たちはいったい何を見ているのか」を記述しようとすれば、たちまち言葉に詰まり、立ち往生してしまうだろう。本書は、才気あふれる進化心理学者が、「赤を見る」というただひとつの経験にしぼり、この…

  • おれはもう二度と「ぼんじり」の下処理をしたくない

    (冷凍)国産 ぼんじり(骨なし)2kg ノーブランド品 Amazon 鍋に入れるのは鶏肉。最近はブラジル産モモ肉のあまりの味気なさに気づいて、あまり値段の変わらない手羽トロ(肩肉)がメーン。 臓物なども入れる。ふと、「ぼんじり」が目に入る。「ぼんじり」って焼き鳥とかで美味しい部位だったような気がする。安い。買ってみる。 買って、数個鍋に入れてみた。ゴリッ、ゴリッ。食べられないわけじゃあないけれど、軟骨の噛みごたえが不愉快。かなり食べたくない感じ。 あれ、ひょっとして、これってなにか下処理が必要なのでは? 調べたらそうだった。羽を抜いて、なんとか袋を取り除いて、骨に沿って肉を断て。 レシピ動画サ…

  • 2022年オークス回顧 あまりにも「らしい」のは疑わなければならない

    東京スポーツ紙より 本命はサークルオブライフ。内枠、先行有利の桜花賞でただ一頭外枠から追い込んできた馬。鞍上は、ミルコ・デムーロ。……あまりにもオークス馬らしい条件が整っている。整いすぎている。とはいえ、おれはやはりこれが本命かと思った。 オークスはサークルオブライフ本命も、いかにもオークスという全てが逆に疑わしくもあり、2着も考慮。これまたありがちなスタニングローズ、ルージュエヴァイユ、プレサージュリフトあたりに期待。— 黄金頭 (@goldhead) 2022年5月22日 だが、おれはそれが出来すぎていると思った。サウンドビバーチェの放馬でなにか嫌な予感がした。 レース、サークルオブライフ…

  • 三角関数を知らないおれがバカにされない領域は現代日本に存在するのか?

    blog.tinect.jp 寄稿いたしました。読んでください。 要するに、数学と英語ができなければバカにされる世の中で、数学と英語ができないおれはバカだろうという話です。 というわけで、さんざん語ってきたとおり、おれは数学ができない。というか、算数で複雑骨折してしまって、そこから追いつけない。どうやって高校を卒業できたのかいまだに思い出せない。 というわけで、今話題の「三角関数」も、文字列は見たことがある、というくらいのもの。当然、それがなんなのか、まったくわからない。「ねりきり」という言葉を今日初めて見て、それがなんなのかまったくわからないのと同じくらいわからない。もっとも、「ねりきり」は…

  • ふだんおれがキメている薬物

    anond.hatelabo.jp これへの回答に書き漏らしがあったので、備忘録ついでに。 ラツーダ 一般名ルラシドン。統合失調症および双極性障害におけるうつ状態に対して効く薬。おれは後者。前はオランザピンを飲んでいたが、あちらは眠気とまではいかないまでも気分をマイルドにさせる方向の薬で、睡眠時間も長くなっていた。ラツーダはどちらかというと元気にさせるタイプの薬で、睡眠時間も短くなった。日中の活動量というか、頭の回転を考えると、ラツーダはそうとうにいい。かなり合っていると感じる。ただし、まだ新しめの薬でジェネリックが出ていないから少し高い。 ブロマゼパム 商品名レキソタンで知られる。おれが飲ん…

  • 2022年 ヴィクトリアマイル メイショウミモザの初G1

    東京スポーツ紙より ヴィクトリアマイル(G1) 結果・払戻 | 2022年5月15日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com さまざまな有力馬が集まった今年のヴィクトリアマイル。おれの本命はだいぶ前から決まっていた。メイショウミモザである。ずっとメイショウミモザを買ってきて、ここで買わないわけもないだろう。ハーツクライとメイショウベルーガの晩成の血と、母父フレンチデピュティの少し渋った馬場への適性がここで爆発だ! というのは理屈であって、理屈以外のところで贔屓の馬を買った。 どう買ったか。まずは単勝。これは当然。そして枠連。同枠のマジックキャッスルは前年のヴィクトリアマ…

  • 『シン・ウルトラマン』とおれと昭和のウルトラマン

    おれとウルトラマンウルトラマンとおれ。 それについては東京都現代美術館の『特撮博物館』に行ったときに書いた。書いたのを今知ったので、そこから引っ張ってくる。 goldhead.hatenablog.com 私は1979年の生まれだ。ウルトラマンもウルトラセブンもリアルタイムで見ていた世代ではない。ただし、おれが物心ついたころにちょうどビデオデッキというものが普及し始めて、ぽつぽつとレンタルビデオ店ができはじめたころだったと思う。私は親にウルトラマンというものを貸し与えられた。 たぶん、初代ウルトラマン、帰ってきたウルトラマン、エース、タロウあたりはひと通り見ただろう。私が今も最強だと思う怪獣は…

  • 働けないおれと、令和四年のお笑いウルトラクイズ

    上島 だからこそ「お笑いウルトラクイズ」のロケ前日は逆に怖かったですね。出番が多いのはありがたいことなんですけど、爆破から何からすべて「ダチョウに最後のオチを決めさせるため」に番組が進むんですよ。スタジオ収録でも盛り上げてくれるし、それを絶対に裏切っちゃいけないと思って命懸けでした。 「お前は何を言ってるんだ」上島竜兵が忘れられない、志村けんに愚痴ったら“マジ説教”された夜 | 文春オンライン 昨日は朝から抑うつで伏せっていて、昼頃に少し携帯端末でニュースなどを見て、上島竜兵の訃報を知った。それとは関係なく、昼までしんどさが残っているし、今週のお題「サボりたいこと」、ちょうど仕事が手隙なことも…

  • 『三体』好きは『トップをねらえ2!』を観て損はないかも

    第1話 お姉さまと呼ばせてください! Amazon 連休。なにか映画かアニメでも観ようと思って配信サイト眺めた。結局、観たことのある『トップをねらえ2!』を観てしまった。 『トップをねらえ2!』はGAINAXの20周年記念作品である。庵野秀明をはじめ、エヴァで見たあんな名前、こんな名前がたくさんでてくる。おれはあまりアニメのつくり手までには詳しくないけれど、「ああ、なんか見たことのある名前だ!」という名前が並んでいる。 『トップをねらえ!』ならば無印という話もあるかもしれないが、おれは『2!』が好きなのである。ノノが好きなのである。二次元キャラ、あるいは現実人間の女性に対しても、高身長を好む傾…

  • 2022年 NHKマイルカップ回顧 なんのインスピレーションもなかった

    東京スポーツ紙より まったくなんのインスピレーションもわかなかった。「これで勝負だ!」というものがなかった。こういうときは自然と穴狙いに行く。「皐月賞組でデビュー前評判もよかったダンテスヴューが人気薄だからいいじゃね?」とか、その程度。同じくらいの意図でアルーリングウェイとタイセイディバインなどに着目するも……。 結果、そういう意味で着目するならカワキタレブリーでした、という。なんの、なんらかの、あれもない、そういう結果。ジャングロがゲートでガンガンやって(だよね?)、出遅れて、展開が変わったという面もあるかもしれないが、まあ、ともかく話にならなかった。ダノンスコーピオンは強かったし、マテンロ…

  • 本好きは角川武蔵野ミュージアムに行って損はない

    はい、どーん。 なにここ? 角川武蔵野ミュージアム。 kadcul.com はい、やって来ました東所沢。女が一度行ってみたいと言っていて、遠いからゴールデンウィークにでも行きますか、ということになった。まあ、たしかにこの建造物はちょっとすげえよ。 だいたいおれの属性と角川武蔵野ミュージアムのチケット案内を見れば事情はわかってくれると思うが、当日券狙い。ネット予約券と当日券は別枠なので、ネット予約が埋まっていても、当日券は存在する。 とはいえ、当日券も数を絞っているので、早々に売り切れることがあるという。して、ゴールデンウィークの5月3日、横浜から遠く東所沢まで(経路検索で川崎乗り換え南武線で府…

  • 2022年 天皇賞(春)回顧 馬券で後追いはだめだ

    東京スポーツより タイトルホルダーが行き切れば圧勝もあるだろうが、そうならない予感を取ってディープボンドを上に取る。逆転含めてマカオンドール三番手。二着三着は荒れることも考慮— 黄金頭 (@goldhead) 2022年5月1日 こんな感じの予想をした。 タイトルホルダーは去年の菊花賞で自信の本命にした馬。ディープボンドは去年の有馬記念で一着三着の予想が完璧だったのに二着に来られて失敗した馬。 実際のレースとは関係ない話だが、個人の馬券買いとしては、こういう後追いはだめだ。何年競馬やってんだ。 天皇賞(春)(G1) 結果・払戻 | 2022年5月1日 阪神11R レース情報(JRA) - ne…

  • 『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』を観る

    ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(字幕版) ヨハンネス・ホロパイネン Amazon おれはいくつかのジャンルの音楽を聴くが、メタルは知らない。どのくらい知らないかというと、『タモリ倶楽部』の空耳アワーでたまに耳にするくらいだ、というくらいだ。 が、この映画はなんか評判がよかったから気になっていた。観てみた。おお、これが北欧か、と思った。なんかこの、フィンランドの村という感じなんか、まったく知らない世界であって、まあそういうのも映画の面白いところ。それにしても、あれだな、北欧だって精神病患者を隔離入院させたりはするんだよな。割合の問題か。 まあいい、ともかく、田舎の村の地下の部屋でメ…

  • すばらしいストライクウィッチーズの今後はどうなるのだぜ?

    連休前にお恵みものをいただいた。すばらしいストライクウィッチーズのエイラ・イルマタル・ユーティライネンTシャツとほたて塩焼きのおつまみセットである。これが北欧というものか? ありがとうございます。 で、こうなった。 エイラのTシャツとサーニャのTシャツが揃った。サーニャのTシャツは偶然自分で買ったばかりだった。以前いただいたバルクホルンのTシャツと501のうち3人分が集まった。 むろん、これは保存用……なのではなく着る。 それにしても、すばらしいストライクウィッチーズシリーズはどうなるんでしょうかね。あ、ワールドウィッチーズシリーズ、世界といったほうがいいのか。 いや、どうなるもなにも「ルミナ…

  • 横浜公園のチュン

    今週のお題「好きな公園」 東京オリンピックを機に生まれ変わった横浜スタジアム。おれも観戦予定だったがコロナで行けなかった横浜スタジアム。横浜スタジアムは横浜公園の中にある。横浜公園は横浜スタジアムがあるから特別な存在であって、チューリップなどの名所ではあるが、酔って暴れるタイガースファンなども見られる場所である。球場の隙間から練習する選手の姿なども見られる。今日、その写真はないが。そしておれは、ベイスターズファンではないが。エスコバーは好きだがね。 少し色の違うやつが混ざっているぞ。 この画像に亀は何匹いるか?(正解→数えてねえよ、バカ) チューリップの季節ですね。 横浜公園のチュン。 「見て…

  • 自転車カゴのネットを換えたら人生が変わった

    こういうの 自転車カゴのネットの伸び切ってだらんだらんになった。「買い替えか」と思った。100円ショップのよりは多少保つような気がするので、ヨドバシで……と、見てみたら、前回ご購入は12月……みたいな表示。 あー、わしはいやじゃー。もう自転車カゴのネットを買い替えつづけるだけの日々は嫌じゃー。 というわけで、ちょっと高かったけど、こういうのを買ってみた。 飛び跳ね防止ネット(自転車カゴ用カバー) ロングサイズ 【OGK】 TN-5 ダークブラウン 〔自転車パーツ/アクセサリー〕【代引不可】 OGK(オージーケー) Amazon OGKのこういうやつ。おれはルイガノの小径車に乗っているので、カゴ…

  • 達人としての医師というものについて

    blog.tinect.jp 神田橋條治 医学部講義 作者:神田橋 條治 創元社 Amazon 寄稿いたしました。 神田橋條治医師の講義録についての感想です。 お読みいただけたでしょうか? 読んだか、このやろう? 読んだということにする。 というわけで、神田橋條治である。そりゃねえぜ、という人もいるだろうし、あれはすごい人だという人もいるだろう。そのあたり、おれにはよくわからん。医師、とりわけ精神科の医師にとって神田橋はどのような存在なのか、よくわからん。よくわからんが、尊敬するという医師もいるし、本も出版されるくらいなのだから、それなりにすごいと見なされる人なのだろうと思う。 とはいえ、けっ…

  • 図書館の貸出冊数が6冊から10冊になった

    ヒラドツツジが満開になる季節になった。 横浜市の図書館の一度の貸出冊数が6冊から10冊になった。6冊というのは微妙に覚えにくく、管理しにくかった。「何冊だっけ?」と思って調べることも少なくなかった。それが10冊になった。すごい進歩だ。 とはいえ、おれはいきなり10冊の制限を使い切ることはないだろうな、と思っていた。が、気づいてみれば9冊の枠を使っていて、人間の欲というものを感じる次第だ。 小園はショートのスタメンであるべきだが、3番という打順は下げてもいいのではないか、という派閥であった。派閥があるのであれば。その願いが通って、小園は8番になった。その結果、悪くない。今日はサヨナラ犠牲フライま…

  • 藤原新也『日々の一滴』を読む

    日々の一滴 作者:藤原新也 トゥーヴァージンズ Amazon 藤原新也の近頃の本である。 藤原新也のオールド左翼的、反原発などのありきたり発言にはちょっと嫌な感じがする。 それでも藤原新也の写真はすばらしい。 それでも藤原新也の文章はときどき芯を食う。 なので藤原新也は総合的に見てやっぱりすげえなと思う。 「ニッポンハロウィーン」の見方などはするどいなと思う。もっとも、ハロウィーン自体がそれほど盛り上がらなくなってしまったようだが。「ニッポンハロウィーンは消された私を取り戻すためにアバターに変身し、"私個人"ではなくキャラクターによって人と繋がりを求めるという複雑にねじれた社会現象であり、その…

  • 光回線の遮断を防止するためのたった一つの冴えたやり方

    goldhead.hatenablog.com goldhead.hatenablog.com 金曜日の夕方、職場のネットが突然使えなくなった。ネットどころか、電話もFAXも沈黙した。光回線が遮断された。社内のネット、電話を任せている代理店に連絡したら、NTTの問題だということで、すぐにNTTとのやりとりとなった。修理は最短でも火曜日になるという。 月曜日は静かだった。メールチェックなどは私物のiPhoneをUSB接続のテザリングでどうにかした。はたして、火曜日の修理で直るものだろうか。おれはなにかビルの問題のように思えて、「明日直らない方に100円賭けます」と言った。 夕方、会社を出ると、入…

  • ネットからの途絶が意味するもの

    goldhead.hatenablog.com 会社の光回線が、逝った。金曜日の夕方のことだった。NTTの修理の人がくるのは火曜日だという。月曜日は、光回線なしで過ごさなければならなかった。 光回線。電話も、ひかり電話だった。なので、電話全滅。FAX全滅。 ネットはどうか。ネットは細い線でつなげた。スマートフォンのテザリング、これである。おれのiPhone。おれのギガ。おれは日頃テザリングを使用していなかったので、どれだけ削られるかわからなかった。おれのiPhoneはだいたい家のWi-Fiと会社のWi-Fiに浸っていて、自らの(?)力を発揮することはなかったからだ。 とりあえず、おれのiPho…

  • 2022年皐月賞 ダービーで狙いたい馬は外してみたけれど……

    東京スポーツ紙より 皐月賞。故障の関係から右回りを不安視されていたダノンベルーガ、東スポ杯から間隔を開けたイクイノックス。おれのなかでは、皐月賞でよほどの大敗をしないかぎり、日本ダービーの本命になりうる馬だった。だが、皐月賞ではないな、と思った。 そこで目をつけたのはデシエルトだった。前日オッズではキラーアビリティより人気する瞬間もあった。それほど人気すると面白くないが、持っているスケール感からいけるんじゃないかと思った。 馬主はラ・メール。何者か? 調べてみたら、新山下、本牧あたりの東洋木材という会社らしい。ご近所さんではないか。それに岩田康誠の前走のテンション。化け物、暴れん坊かもしれない…

  • 映画『花束みたいな恋をした』をみた

    花束みたいな恋をした 菅田将暉 Amazon 花束みたいな恋をした 豪華版 [Blu-ray] 菅田将暉 Amazon おれはあまり恋愛映画というものをみない。だが、この作品はなにかしらすごいぞという空気が伝わってきていたので、「いつかみてみるか」とおもっていた。おもっていたので、みた。 ……なんといったらいいのでしょうか。困ってしまう。おれのように、口にはだせない恋ばかりしてきた人間には、困ってしまう。困ってしまうのに、なんとも言い難い印象が刻みつけられて、どうしていいかわからない。 それだけ、この二人の人間がよく描かれているのだろうと思う。いろいろと出てくるサブカル的な固有名詞の数々は、そ…

  • 3rd Tokyo Still Stood

    このタイトルは誤りである。正確には「The Day Tokyo-3 Stood Still」だ。アニメ版『新世紀エヴァンゲリオン』の曲名であり、サブタイトル、だったかな。でも、おれはタイトルのような順番に覚えてしまってもはや二十年以上、どうしようもない。というかTokyoでもない。 というわけで、停電で……はない。会社の通信が完全に途絶した。 はい、そこのあなた、「会社」と思い浮かべたとき、最低に貧弱な零細企業を思い浮かべてください。そして、それをさらに五分の一くらいにしてください。はい、それがうちの会社だ。 その会社の通信が、途絶した。夕方、「あれ、インターネットに繋がらない」となった。一時…

  • わが内なる革新と保守

    blog.tinect.jp またまた寄稿いたしました。よかったらお読みください。労働の価値観と、労働者の内なる個人的共産主義についてです。 ここで「共産主義」というのは、経済的なそういうのではなく、べつの言葉では「操作主義」と言っていますが、まあなんというか、「理論に基づいて社会を操作すれば進歩する」的な、「科学によって経済をコントロールすれば豊かになる」的なものでしょう。 すなわち、内なる個人的共産主義とは、ビジネス書を読んだりして勉強したり、セミナーに出たり、そうやって自分を高める(操作する)ことで、成果が上がっていくぞ、という考え方になります。 おれの雑な革新と保守の認識でいうと、革新…

  • おれはなんにもしねえぞ

    いっておくが、おれはなんにもしねえぞ。なにかするとは言うかもしれないが、するする詐欺だぞ。わかってんのか。おれに先行投資しても見返りなんてねえんだ。 それなのに。 特別栽培米だ。とてもいい米のパックに違いない。「米を食え」という声が聞こえる。おれがたやすくダウンしてしまうのは、米を食っていないからだ。おれは炭水化物をできるだけ避けているが、ときどき「このせいでエネルギーがないのでは?」と思うことがある。野菜だけでは補えないなにかがある。米を食うべきなのか。それが日本列島に生まれ育った人間の宿命なのか? そして、トリプルのアードベッグ。もう、意味がわからない。箱からアードベッグが三つ出てきた。ど…

  • 装填

    三日連続で朝起き上がれない。風邪のような症状もある。とはいえ今日は午後まで引きずらず、午前中出社。 少しやることをやったら、手が空いてしばしボーッと過ごす。頭にもやがかかったような感じ。 夕方、急ぎの案件。なんとかやっていると、やっていた。夜に近い時間になると、逆に……歯ぎしり、動悸、これは躁転の兆し。兆しであって、まだ不安定な状態だ。 あ、そんなペースで躁と鬱を行ったり来たりするの? それが双極性障害II型? と問われると、「おれの場合はそうだが、他人は知らない」としか言いようがない。おれはベースが軽い鬱で、たまに沈み込んで動けなくなり、そう長くない時間で躁転する。躁転しても、歯ぎしり、動悸…

  • タイトル

    どうも近頃身体がだるい。なんとなくだるい。身体の節々が痛んだりする。身体だけでなく、気分もうっとうしい。季節のせいかもしれないと思う。仕事のために机の前に坐ろうとすると、膝や尾底骨のあたりの神経がチクチクと傷み出してくる。だから余儀なく机を離れると、痛みは去る。そんなふしぎな神経障害がある。仕事をするなというのだろう。 「猫と蟻と犬」梅崎春生 抑うつが出て、この二日ほど半日寝込んだ。なにが原因で出るのかわからない。外因、内因、心因……。わけが分からなく出るから障害者なのだろう。おれは障害者だ。とはいえ、知的障害者や身体障害者に比べたら障害者でもないようだ。べつに文句を言うつもりもないけれど、同…

  • もう、ウィズ・コロナになっているんじゃあないか?

    月曜の朝から抑うつ(鉛様麻痺)におそわれて、午後になってようやく出社した。 会社の人の話。離れて暮らす弟さんがコロナに感染して、アパホテルで隔離生活をしていたが、退院(?)したという。ほぼ無症状で、弁当がまずいとか言っていたらしい。 これは、おれにとって一番近い(物理的にではなく)、新型コロナウイルス感染の話だと気づいた。会社の人の、家族(同居ではないが)。今までのおれは、その距離でのコロナウイルス感染の話は知らなかった。 今は、緊急事態宣言も、まんぼうもないのだっけ。でも、東京の新規感染者は、ひところに比べてたら結構な数字だ。 ずいぶん、ウィズ・コロナになってきたんじゃないか。そういう思いは…

  • 2020年桜花賞 騎手と枠から考えてみたけれど……

    東京スポーツ紙より 桜花賞(G1) 結果・払戻 | 2022年4月10日 阪神11R レース情報(JRA) - netkeiba.com ナミュール、横山武史、大外枠。なんか危ないような気がした。近年の桜花賞で外枠は有利とも言える。しかし。しかし、どうも、横山武史の流れが良くなように思えた。それは二週連続でG1の一番人気を飛ばしたことに限らず、平場、特別の感じがどうも、というところだ。その「感じ」はあくまでおれの「感じ」なので追及しないでほしいが。 というわけで、前日のメイショウミモザの例もあるし、内よりの枠がいいのではないかと思った。サークルオブライフも外すぎるのではないかと思った。 そこで…

  • メイショウミモザがんばった! 2022年阪神牝馬ステークス

    東京スポーツ紙より メイショウミモザがんばれー!— 黄金頭 (@goldhead) 2022年4月9日 鮫島愛してる!!!— 黄金頭 (@goldhead) 2022年4月9日 おれには何頭か「出てきたら絶対に買う」と決めている馬がいる。代表的な馬を挙げれば、メイショウテンゲン、ステイフーリッシュ、そしてメイショウミモザである。 メイショウミモザはメイショウテンゲンの妹である。兄とは違いスプリント戦ばかり使われてきた。三勝クラスの壁にぶつかっていたのだが、二走前に人気薄でおどろくような強い勝ち方をしてオープンへ。その勝ち方から前走のオープン特別で三番人気になったが、二桁着順で敗戦。オープンは壁…

  • 斎藤環・與那覇潤『心を病んだらいけないの?』を読む

    心を病んだらいけないの?―うつ病社会の処方箋―(新潮選書) 作者:斎藤環,與那覇潤 新潮社 Amazon 医師と当事者 おれは精神科医の書くものが好きである。一般人、患者向けに書かれたものでもよいし、同業者に向いて書かれたものでもよい。後者はもちろんむずかしいこともあるが、なにやら「相手の手の内を知る」ような気になるのもたしかである。 おれは同病者の書くものが好きである。具体的に言えば精神病を患っている人の書くものである。できることなら自分と同じ双極性障害(躁うつ病)II型だとなおさらよい。「こうすればよくなった」という体験談でもいいが、べつに前向きな話でなくともよい。こっちはこうだ、そっちは…

  • 春、ようやく出歩く

    春、久々に出歩いた。 もう‘染井吉野’は散り気味になってしまったが。なんかこう、コロナのせいだと思うが、外に出よう、写真を撮りに行こうという気がなかなか起こらなくなってしまった。 部屋で競馬やらなきゃ、みたいな。 というわけで、この日は仕事で出てきた。だから、写真にも心がこもっていない。だいたい、壁とか柱とかそんな写真ばかりたくさんたくさん撮り続けていたので。ところで、この木だけ見て、ここがどこか気づく横浜市民もいるかもしれない。 このサクラ(品種不明)はよく咲いていた。 したら、どーんって音がしてなにかと思ったら上司が斜面を転がっていた。サクラの写真をスマホで撮るのに夢中になって、足を滑らせ…

  • わいはゴルや、プロ猿ファーゴルや!

    漫画家 藤子不二雄Aさん死去 88歳 | NHK | 訃報 藤子不二雄Aさんは、7日午前8時40分ごろ、川崎市の自宅で亡くなっているのが見つかったということです。 藤子不二雄のFはファンタジー、Aはアナーキー。その表現を見たのはどこだったか忘れたが、言い得て妙とも思える。だがしかし、そのFとAは切り離せるものではなく、FにはAの要素があり、AにはFの要素があり、その究極体として藤子不二雄という存在があったように思う。奇跡の組み合わせ。ビートルズみたい。 というわけで、藤子不二雄Aさんの訃報。おれのあたまに思い浮かんだのは表題のとおりである。友達と、あるいは弟とふざけて言ったのかわからないが、他…

  • ただただ金がほしいよな

    blog.tinect.jp またまた寄稿いたしました。 読んだ? 読んだかな? ヨンダーヨネー? ……というわけで、中流階級の人間が上流階級の世界にかすって、そのあと没落してドヤ送りになった話でございます。 ああ、思い出す。中高一貫校の担任が「おまえら逆玉を狙うなら、学習院大学を狙え」と。偏差値のわりに上流への道がひらけているぞ、と。 でもなあ、結局、無理なんよ。その階級差を埋められるだけの家庭の基盤と人間としての魅力がなけりゃあな。ああ、上流で興信所からの調査が入るってのはあるよな。鎌倉に家があったころ、隣の空き地にでかい家を建てた家族があって、その長男の就職だか結婚だかで、「隣のお宅は……

  • 2022年もカープのシーズンが始まったわけだが、ネット配信の契約はどうするのか?

    今年もカープのシーズンが始まった。開幕6連勝のあと3連敗という派手な始まり方である。守護神栗林がセーブ失敗するなど、よくない感じの流れになりつつあり、ここでもうひとつでも落としたら、せっかくのスタートダッシュは台無しという感じになりかねない。 投手陣は健闘している。与四球も減ったらしい。中継ぎについていえば中崎が帰ってきたのは大きいし、島内もずばずばストレートが入れば、そう簡単に崩れない。それに塹江に菊池保と頑張って、そこにルーキーが加わってくればおもしろい。去年のルーキーはどこにいったのか知らないが。 栗林については、オープン戦が調子悪いよという話は知っていたが、さてどうなのか。二年目のジン…

  • 『孤狼の血 LEVEL2』はいまいちだったなってのと、映画界のセクハラ・パワハラ問題について

    孤狼の血 LEVEL2 松坂桃李 Amazon 『孤狼の血』はすげえいい映画だったし、LEVEL2になって鈴木亮平がすごいことになってる、ヤクザ映画史に残るすごさがすごい! という前評判をおれは受信していた。電波は電波が膨らんでおれの前評判は万里の長城となったうえに軌道エレベーターくらい高く伸びて、もう無敵だろうと思っていた。 が、実際のところ、高くしすぎたハードルほど鈴木亮平がすげえというインパクトを感じることができず、パンツ被れよとか思わないでもなく、気づいたら携帯をいじったりしていて(自室でのことですよ)、あれ、うーん、チンタとかいい感じだったけど、それほどグレートな映画じゃなかったなと…

  • 2022年大阪杯 ポタジェとアリーヴォが絡まねえかな?

    ポタジェとアリーヴォ馬券に絡んでくれー— 黄金頭 (@goldhead) 2022年4月3日 吉田隼人愛してる!— 黄金頭 (@goldhead) 2022年4月3日 大阪杯(G1) 結果・払戻 | 2022年4月3日 阪神11R レース情報(JRA) - netkeiba.com というわけで、ひさびさに勝ったー。というか、ポタジェとアリーヴォ両方とも馬券に絡むとは思いもしなかったー。 いや、ちょっとだけ思っていた。新進気鋭のジャックドールはG1の舞台は初、さらに逃げ宣言をしている馬(アフリカンゴールド)もいる。すんなりいくようには思えない。一方で、エフフォーリアは初の関西で、一週間前追い切…

  • やや鬱気味なここ数日です

    やや欝気味なここ数日です。おれは双極性症(躁うつ病)の手帳持ちなので、この「欝気味」は、本当に鬱気味ということになります。いや、「本当に」なんてだれが決められるかという話ではありますが。 おれにとっての本当に欝気味というと、鉛様麻痺になることであって、身体が動かなくなります。心理的に憂鬱というのとはちょっと違って、身体に出てきます。朝から動けなくなって、その動けなさというのは「ベッドの上で寝返りをうてない」というレベルなのであって、背中や腰が痛くなります。 やがて寝返りをうてるようになり、四つん這いになり、立ち上がり……赤ん坊からやり直しているような気がします。そして、午後には会社にいるのです…

ブログリーダー」を活用して、goldheadさんをフォローしませんか?

ハンドル名
goldheadさん
ブログタイトル
関内関外日記
フォロー
関内関外日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用