searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

goldheadさんのプロフィール

住所
中区
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
関内関外日記
ブログURL
http://goldhead.hatenablog.com/
ブログ紹介文
双極性障害II型の人間がジプレキサ食いながら書いてます。
更新頻度(1年)

233回 / 365日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2017/02/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、goldheadさんの読者になりませんか?

ハンドル名
goldheadさん
ブログタイトル
関内関外日記
更新頻度
233回 / 365日(平均4.5回/週)
読者になる
関内関外日記

goldheadさんの新着記事

1件〜30件

  • あの日の菅義偉、内閣総理大臣になるとは

    おれは菅義偉を間近で見たことがある。 11年前のことだ。 変な公選法 - 関内関外日記 はーい、菅義偉どーん。これ、こないだ、自転車でモノレールの写真撮ったり、祖母と話したりしに行った日の帰り道、上大岡の駅での光景。駅から離れた上り車線走ってたんだけど、ふと信号待ちで向こう見たら「本人」ってあってさ、どの本人? って思って目を凝らしてたら、近くにいた運動員のじいさんが冊子くれて、見たら菅義偉でやんの。えー、じゃああの本人は菅なの? えー、マジ? 敗北と変わり身の連続ながら、なぜか本人は出世してきたという、集団就職あがりの叩き上げ。そんで、なんか最近、渦中の人物じゃん、みたいな。 で、物好きな俺…

  • 黄金頭さんがまたBooks&Appsさんに寄稿いたしましたの話、あるいは文章のタイトルの付け方について

    blog.tinect.jp またBooks&Appsさんに寄稿したところ、掲載していただきました。まあとにかく読んでください。お願いします。頼み込むことでもないか。 実のところ、今回はタイトルをつけていただいた。ありがたい話だ。「え、タイトルなんていちばん重要なところじゃないの?」という人もいるかもしれない。それはそうかもしれないが、おれは自分の文章にタイトルを付けるのが大の苦手だ。だいたいタイトルを決めずにだらだら書いて、書いている文章の中から「これかな?」というところをコピペして題目にしているくらいだ。中見出しも苦手だ。 今回は、その「書いている文章の中からこれかな?」をやっていただいた…

  • お手頃スコッチの決定版 レジェンダリー・スコット

    おれはウイスキーが好きだ。とはいえ、「ウイスキー」を称するすべてのウイスキーを愛するわけではない。トリスなんてのは色水にすぎない。 そんなおれが一つの目安とするのは「Scotch」であるということ。3Mは関係ない、プロダクト・オブ・スコットランドであるということ。この基準をクリアしていると、それなりに悪くないものが飲めるということだ。 と、ここで、シングルモルトウイスキーについて語りたいとかいう意識の高い人は、おれの「ほしい物リスト」からおれにアードベッグを恵んだ上で、ご自分のブログなりツイッターなりで思う存分語ってくれ。 で、本題に戻る。セブン-イレブンで売ってる千円未満のスコッチ、「レジェ…

  • 男、齢四十にしてヨガマット買ってなにが悪い

    先日、こんな記事が目に入った。 togetter.com 実のところ、おれは腹筋できない男である。男のほうが筋肉がつきやすいというけれど、おれはなかなか筋肉がつかない体質だ。クロスバイクで1日197kmくらい走っていたころはいくらか脚に筋肉がついたが、基本的にガチガチにならない。そのかわりに身体は柔らかい。 でも、上の記事読んで、「腹筋割りたいよな」とか思った。それで、ひねりプランクだかねじりプランクだかを、YouTubeで検索して、やってみた。「これは、いいかもしれない」と思った。が、柔らかい布団の上では足もずれてくるし、滑ってしまってどうにもうまくいかない。かといって、フローリングでは痛い…

  • スパイスカレーミルズコルマカレー(カシューナッツ)を食べる

    spicemills.theshop.jp カレーと関係ない話をする。 おれは洗顔料にDoveの泡のやつを使っている。 Dove ダヴ クリーンコンフォート 泡洗顔 ポンプ 130ml + つめかえ用 110ml×2個 発売日: 2015/06/30 メディア: ヘルスケア&ケア用品 これを最初に見たときには、「人間、洗顔料まで泡だてという行為をサボりたいものなのか」と思った。人類を憐れみ、泣きながら買った。 いうまでもないが、朝のかったるい時間、帰宅しての疲れている時間、いきなり泡で出てきてくれるのはありがたいことだった。「手で、泡立てる必要ないもんな」と思った。泡になって出てくることはすば…

  • 黄金頭さんがBooks&Appsさんに寄稿しました

    blog.tinect.jp Books&Appsさんに寄稿しました。ところで、「寄稿」って言葉、なんかわからないけれど「寄稿した」って書いていいのかどうか、ちょっと迷ってしまうところがある。「稿」が「寄せられる」のは先方であって、みたいな感じ。たぶんおれの感覚が間違っている、とは思うが。 それにしてもなんでしょうかね、なんといっていいのでしょうかね。ちょっとお声がけいただくってのはね。そりゃあ、いやな気持ちはしないのだけれど、それこそ先生に当てられた、みたいになって、もうなにをどうしていいかわからない。 ちょっとこの日記と違ったテイストでいこうかと、「私」で「ですます」調なんか書いてみたけれ…

  • そだし、われわれは金子真人のプレイする競馬ゲームの中に生きているのではないか

    news.netkeiba.com 自分が自分の世界の主人公であるとかないとか、この世界はだれかの見ている夢にすぎないとか、そんな話はあるよな。あるけれど、やはり人間原理じゃないけど、おれが生きた人間として世界を観測できなければ、この世界なんかないよな、という感じたりする。 が、そんな「おれが」を打ち砕かれてしまうことがある。おれは競馬をやっていて、ときどき「おれは金子真人がプレイする競馬ゲームの中に生きているのではないか」と思うのである。むろん、顔も名前もない、出走馬のオッズにほんのわずか一滴の影響を与えるか与えない要素として。 たとえば、上のニュースだ。このニュースにどれだけ競馬にとって特…

  • 思えば初めてスティーヴン・キングを読んだ 『短編画廊』

    短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション) 作者:ローレンス ブロック,スティーヴン キング,ジェフリー ディーヴァー,マイクル コナリー,リー チャイルド,ジョー・R ランズデール,ジョイス・キャロル オーツ,ロバート・オレン バトラー,ミーガン アボット他 発売日: 2019/06/17 メディア: 単行本 「絵から生まれた17の物語」である。「絵」とはなにか。この本に置いてはすばらしいエドワード・ホッパーの絵、ということになる。いろいろな作家が、ホッパーのすばらしい絵画からインスピレーションを得て、物語を綴る。おもしろい企画であり、本だと思った。思ったが、結局…

  • おれは空気を吸うように『あさがおと加瀬さん』を見た

    あさがおと加瀬さん。 発売日: 2018/08/18 メディア: Prime Video 百合のアニメだ。 安心して見られる百合のアニメだった。 安心できない百合のアニメとはどういうものかよくわからない。 加瀬さんシリーズ - Wikipedia 加瀬さんシリーズらしいが、そういった背景はまったく知らなかった。 おれは空気を吸うように『あさがおと加瀬さん』を見た。 空気を吸うのはたいしたことではないが、空気がなければ死んでしまう。 べつに、百合のアニメを見なくては死ぬというわけではないのだけれど。 音楽、画風、とても好ましかった。 とはいえ、空気を吸うように見たのだから感想もあまり書けない。 …

  • なんかちょっとコロナお留守になってない?

    コロナがお留守になるってなんだよ。どっちがどっから出てったんだよ。よくわかんねえな。だけど、ここ数日、くらいかな。なんかそんなことを感じている。 無論、今なおワクチンもこれが最善と確定した治療薬もない。日本において感染者が完全に抑えられているわけでもないし、社会生活、経済活動のあらゆる面に影響がある。みんなマスクしている。飲食店などの店舗、夜のお店も通常営業というわけにはいかない。 だけど、なんか、ちょっとここ数日? 一週間くらい? なんかコロナ情報が減ったような気がする。「本日の東京の新規感染者数」がはてなブックマークで目立たなくなったし(毎日一喜一憂することでもないかもしれないけど)、テレ…

  • おれが一番好きな棋士は久保利明だ

    おれは十年も前にこんなことを書いていた。 俺はボクサーになれるとしたらサーシャ・バクティンになりたいし、ギタリストになれるとしたらバーナード・バトラー、将棋棋士になれるなら久保利明になりたいのだけれど、俺が、ロックバンドになれるとしたら、チャットモンチーになりたい! サーシャ・バクティンやバーナード・バトラー、チャットモンチーはとりあえず置いておく。おれが「なりたい」とまで思った棋士は久保利明である。 久保利明。数少ない振り飛車党。さばきのアーティスト。少々無理があるところからも、飛車をさばいて勝ち切る。一方で、粘り強さも定評がある。左利き。おれはすっごくかっこいいと思った。思っている。 おれ…

  • 新しいテレビを買うのこと Hisense 50U7F

    ハイセンス 50V型 液晶テレビ 4Kチューナー内蔵 Amazon Prime Video対応 3年保証 50U7F(2020年モデル) 発売日: 2020/05/21 メディア: エレクトロニクス おれは新しいテレビがほしいとおもった。 おれのすばらしいストライクウィッチーズの放送が10月から始まる。 そのとき、テレビが壊れていたらどうするというのか? だからテレビを買う。 どうせなら、大きい方がいい。昔に比べたら、安くなっている。 視聴距離を見ると、おれにちょうどいいのは50型ということになる。 50型! 国産メーカーのそれは10万円をこえてくる。 10万円はきつい。 だが、おれすらよくし…

  • 横浜駅にもあったんだ。

    永遠に工事が終わらない横浜駅。それでもなにかできたらしい。「はまレールウォーク」というのに出て、どこかへ行く。 レール。 ソープランド富士。行ったことはない。 www.schmatz.jp シァル横浜、ANNEX、別館? シュマッツ・ビアダイニングでビールでも飲むかという。 ソーセージ盛り合わせでも食うかという。 ジャーマンポテト。野菜。 ビスマルク。小麦は野菜、玉子も鶏が草を食っとる。美味しい。そして実にドイツ的。おれはペールエールとヴァイツェン、女はピルスナーを二杯飲んだ。それなりのお値段がするが、まあそんなものだろう。おれは満足した。 レールを戻る。 そごうと月と木星。木星だったかな? …

  • 横浜アソビル『バンクシー展』へ行くのこと

    バンクシー展 天才か反逆者か 横浜駅近くのアソビルにて開催されている『バンクシー展』に行った。 ……え、あの『バンクシー展』? と思う向きもあるかもしれない。おれもこんなはてな匿名ダイアリーの記事を読んで、「行こうかどうか迷ってたけど、まあいいかな?」とか思ったりもしていた。 anond.hatelabo.jp で、行こうかどうしようかと言ってた女も、「本人無許可らしいから、行かなくていいか」ってなってた。 ……のだけれど、彼女の友人の娘さんが行ったら感動して帰ってきたという話を聞いて、「やっぱり行こうか」ということになった。 おれとバンクシー、バンクシーとおれ。はっきり言って、さほど興味はな…

  • 安倍よあんたは長すぎた

    安倍晋三が総理大臣を辞任する。 職場で流れているFMラジオが緊急にそう言った。慌ててYahoo!にアクセスした。たしかに、そのようだ。ちょうどそのとき職場の人たちは電話で話したり、打ち合わせをしていたりしていた。おれは早く「安倍が辞任するんだって」と言いたくてたまらななくなった。大きなニュースだと思った。 して、おれがこれから書くことは、安倍総理を支持してきた人にとって快いものではないだろうが、一方で安倍総理憎しとする人が拍手するようなものでもないだろう。 はじめに言っておけば、おれは安倍晋三の宿願である憲法改正について、安倍晋三が望む形でのそれは否定的である。いろいろの疑惑に答えたとも思えな…

  • もう、六月でもなく八月が終わる。モーリシャスではイルカが死んでる。

    今週のお題「暑すぎる」 ……暑すぎるって、もう八月の終わりも終わりだ。暑いのはたしかだ。でも、暦の上ではほぼ九月だ。でも、そんな気もしないよな。なんか春……どのくらい前だったか、ともかく今年は新型コロナウイルスの流行から、自分のなかで完全に時計が狂っちまってる。もう、六月でもなく八月が終わる。モーリシャスではイルカが死んでる。 それでも、午後六時くらいの空が夕焼けでもない微妙な色合いを見せてくれて、やっぱり秋は近いのかななんて思ってしまって。けど、そんなこと言ってる場合なのか。季節の移ろいに心ときめかせている場合か。 というのも、仕事が暇なのだ。完全に暇ではない。開店休業というわけではない。そ…

  • 個性の時代の終わりに

    個性(こせい)の意味 - goo国語辞書 個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。個人性。パーソナリティー。 就職などにおいて個性というものが求められているとか、その個性というものが均質的なものに成り果てているとか、そういう話は数十年前に通り過ぎ、また帰ってきて、また去っていくような話だろう。 そんなことはどうでもいい。もっとどうでもいいネットの話をする。あるいはブログの話をする。 もう、ブロガーならブロガーの個性というものなんて、どうでもよくなってんじゃないか。もとからどうにかよいものであったかどうかはしらないが。 たとえばもっと狭い「はてな」界隈の話をすれば、はてな匿名ダイアリ…

  • Long Life 3 years

    お恵みでカロリーメイトをいただいた。カロリーメイトといってもただのカロリーメイトではない。長期保存可能なロングライフだ。ロングライフ3年。 ……おれは3年後も変わらずにいられるだろうか。トビウオのアーチをくぐることはないだろうが、微妙なラインである。勤めている零細企業の経営者がもうそろそろ年齢的に限界が来ている。代替わりするという話もない。代替わりしたらおれが社長ということになるが、おれほど社長に向いていない人材というのも少ないだろう。親会社的なところから誰か来て社長になるのかもしれない。そのとき、おれがどうなるかはわかった話ではない。 「どうするか」ではなく「どうなるか」だ。おれの座右の銘は…

  • 韓国映画『はちどり』をみる/コロナ以後初の映画館

    横浜シネマ・ジャック&ベティにて韓国映画『はちどり』鑑賞。コロナ流行移行初めて映画館へ行った。それについては後述する。 あの頃のUNITED COLORS OF BENETTON、『はちどり』 animoproduce.co.jp 主人公のウニは(雲丹ではないです)は中学二年生。女子校の(韓国では基本的に公立も中学から男女別学だったらしい)クラスではどこか独り浮いてしまっている。そのわりにボーイフレンドなどもいる。友達がいないわけではない。家は団地住まい。家業は餅屋。いかにもな威張り散らす父に、病みがちな母。立身出世の期待をかけられる優秀な兄に、みずからをできそこないとみなす姉。富裕層の家庭と…

  • 玄侑宗久『荘子と遊ぶ 禅的思想の源流へ』を読む

    荘子と遊ぶ (ちくま文庫) 作者:宗久, 玄侑 発売日: 2019/08/09 メディア: 文庫 荘子と遊ぶ ──禅的思考の源流へ (筑摩選書) 作者:玄侑宗久 発売日: 2019/01/11 メディア: Kindle版 日本に入ってきた仏教は、中国起源の思想を大いに取り入れたものである。と、いうことはいろいろな書物で知っていた。原始仏教に近いテーラワーダ仏教が、「われらこそが釈尊の本流」と言うことも知っている。宗教というものは広まるにつれてシンクレティズムが避けられないものだ。あるいは、時が経つに連れて変化していくこともある。そのたびに、「今一度始祖に立ち返ろう」と原理主義のようなものが立ち…

  • 藤井聡太二冠、爆誕す

    そこそこ仕事がありつつも、そこそこ暇な平日、どんな日? 将棋を観戦する日。 というわけで、木村一基王位対藤井聡太棋聖の王位戦をちらちら見つつの職場のおれ。 kifulog.shogi.or.jp 初日、ここで封じ手。ハッシー(橋本崇載八段)いわく、「自分だったら投了している」とのこと。そこまで藤井棋聖の手が伸びていなくて、木村王位の駒が前線に出ているということらしい。木村王位の1筋の攻めに対して、1二歩が謝っているあたり、どうにも許しがたい状況ということのようだ。藤井、やられっぱなしということらしい。橋本八段らしく盛っているところはあるにせよ、どうにも納得しがたい局面とのことだ。 が、だ。 n…

  • 温室育ちですくすく育ったのならそのまま出荷されたほうがいい

    こんなTwitterのまとめを読んだ。 togetter.com 前職も現職も日系大手なので周りは小学校から私立で大学は早慶以上とか地方の地主や開業医の家柄でコネ入社とかばっかりだった。私はど田舎の超複雑底辺家庭出身で、そこから這い上がってきたんだからハングリー精神で出世できる!って新卒時は思ってた節があった。でも蓋を開けてみれば という話である。 家族仲が良くて裕福な家庭で育った子って自己肯定感が強くて、少し失敗してもどんどん新しいチャレンジするし物怖じせず発言する。家族に倣うのか、色んなコミュニティに属するからかコミュニケーション能力高くて人脈も豊富。はっきり言って良いところ坊ちゃん嬢ちゃ…

  • この夏はツシマではなく伊勢佐木異人町をうろついてました

    今年の夏、コロナで仕事も少ないし8/11〜8/14を夏季休業にして、前後の土日プラスして9連休にしましょう! ……と言ったら、そのようになった。 が、コロナで仕事も少ない一方、コロナだからどっか行くのも気が引ける。さらに追い打ちをかけるのは突然の酷暑。長雨で気温はそれほどでもなかった7月が終わると、ダブル高気圧だかなんだか知らないが、やばいくらい暑い。図書館に歩いて行って帰っての8,000歩くらいでもやばいと思うくらいやばい。 なので、基本的におとなしくステイホームということになる。そしておれは「ゲームでもするか」と思った。候補は二つあった。まず、世間で評判の『GHOST OF TSUSHIM…

  • 2006年賞味期限の「写ルンです」を現像に出してみた

    とりあえずタイトルを書いてみて思うのだが、現像に出す前に2006年が賞味期限の「写ルンです」を携帯端末のカメラで撮るべきではなかったのか、ということだ。撮るべきだったのだ。そこができないから、おれはブロガーとして認知されない。一皮むけない。いまさら一皮むける年齢でもないのだけれど。 して、タイトルのとおりである。おそらくは、なにかのために会社にあった2006年に賞味期限の切れる、あるいは切れた「写ルンです」を、「持って帰っていいっすかね?」と2006年より前か後のおれが持って帰って、なんか撮っていた。撮っていたはいいが、面倒なので現像しなかった。それが2020年の夏になって、急に「現像しようか…

  • 港南台高島屋閉店す

    37年間、ありがとう 港南台高島屋、閉店に1千人超 | 経済 | カナロコ by 神奈川新聞 港南台高島屋(横浜市港南区)が16日、閉店した。JR根岸線港南台駅前に1983年10月に開業し、「地域の百貨店」として愛されてきたが、経営環境の悪化などを理由に、37年の歴史に幕を下ろした。 港南台高島屋が閉店した。 で、葬式鉄ではないけれども、最終日ちょっと前に行った。イオン、バーズ、高島屋。地域住民によれば、ともかく地下の食品売り場でちょっといいお土産を買えるのに重宝したということだ。 財布など物色してみるが、ピンとくるものはなく。女は店員につかまってリュックサックを買ったりしていた。まあもとから…

  • ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』を読む

    ヌメロ・ゼロ (河出文庫) 作者:ウンベルト・エーコ 発売日: 2018/12/14 メディア: Kindle版 ウンベルト・エーコとおれ。おれとウンベルト・エーコ。中学生のころだろうか、背伸びして『薔薇の名前』を読んだように思う。さらに背伸びして『フーコーの振り子』を読んだような気もする。しかし、「あ、おれ、この本わかってない!」と思った失意が残ったように思う。たぶん、まだインターネットなんて便利なものがなかった時代だから、おれはいまだに『フーコーの振り子』のラストがわかっていない。そのあと、『ウンベルト・エーコの文体練習』を読んだ。それだけである。 「エーコにしては、薄いぞ」。そう思って、…

  • リチャード・ブローティガン詩集『チャイナタウンからの葉書』を読む

    チャイナタウンからの葉書 (ちくま文庫) 作者:リチャード・ブローティガン 発売日: 2011/05/12 メディア: 単行本 目次を見る。「競馬」という題の詩を見つける。おれはとりあえずそこに飛ぶ。そうしたら、こんな詩だった。 Horse Race July 19, a dog has been run over by an airplane. an act that brings into this world the energy that transforms vlutures into beautiful black race horses. Yes, the horses are …

  • 伊勢佐木モールで中国蘭州牛肉ラーメンを食す

    国壱麺 中国蘭州牛肉ラーメン 関内店 - 伊勢佐木長者町/ラーメン [食べログ] なんかここんところ、伊勢佐木モールにハードコアな中華料理屋が増えてきているような気がする。どこらへんがハードコアかというと、なんとも説明しにくいのだが、「あれ、中国語話者対象の店?」みたいな感じがあるような。どうも横浜中華街がどんどん面白くなくなっているような気がするので(最近ろくに行ってもいないが)、こういうのは歓迎だ。 で、国壱麺だ。なんか早く起きた朝だった。おれはブックオフに用があって、その開店まで待って出かけた。そして、台湾料理屋で肉の丼でも食おうと思っていた。が、その店、口福館なんだけど、あいにく祝日休…

  • 新型コロナウイルスの影響で行くはずだったフェスが中止になっていたのこと

    女から「フェス中止になって残念だね」とメッセージがあった。 フェス……え、中止なの? greenroom.jp ほんまやがな。10日間も気づかなかった。 と、行くつもりでチケット発券していたのはGREENROOM FESTIVAL'20。これである。9月5日、6日の二日間開催。場所は横浜、赤レンガ倉庫あたり。歩いていける。それはともかく、このフェスのコマーシャルが職場で流れるTokyo FMで流れてさ、「おや? これは行きたいのでは」と思えた。思えて仕方なかった。具体的には以下の名前に惹かれた。 Nulbarich never young beach ASIAN KUNG-FU GENERAT…

  • 2003年の小西真奈美と市川実日子 映画『blue』を観る

    blue [DVD] 発売日: 2003/09/26 メディア: DVD おれが「市川実日子」を知ったのはいつか? 明確にわかる。『シン・ゴジラ』だ。尾藤ヒロミ役だ。印象的だった。それでなにか助演賞をとっていたらしい。 その、市川さんの2003年の映画が『blue』だ。共演は小西真奈美だ。そして、百合と言ってもいいんじゃないかという作品だ。おれは百合映画の本でこの作品の存在を知った。 市川さんは、あまり冴えない学生役だ。今でいう陰キャ、ではないけれど、パーリーピーポーでもない。そんな彼女が、わけあって留年した小西真奈美に惹かれていく。 この映画の市川さんも印象的だ。とくに眉毛が印象的だ。200…

カテゴリー一覧
商用