プロフィールPROFILE

goldheadさんのプロフィール

住所
中区
出身
北海道

自由文未設定

ブログタイトル
関内関外日記
ブログURL
http://goldhead.hatenablog.com/
ブログ紹介文
双極性障害II型の人間がジプレキサ食いながら書いてます。
更新頻度(1年)

312回 / 365日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2017/02/08

goldheadさんのプロフィール
読者になる

goldheadさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 25,745位 25,326位 25,309位 30,518位 30,586位 33,592位 31,031位 978,209サイト
INポイント 0 0 20 0 20 0 10 50/週
OUTポイント 0 20 90 40 50 60 20 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 352位 352位 348位 444位 438位 528位 448位 28,451サイト
躁うつ病(双極性障害) 19位 20位 19位 24位 25位 30位 24位 1,264サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,954位 22,027位 22,052位 26,308位 27,683位 30,114位 34,191位 978,209サイト
INポイント 0 0 20 0 20 0 10 50/週
OUTポイント 0 20 90 40 50 60 20 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 311位 338位 326位 415位 441位 496位 596位 28,451サイト
躁うつ病(双極性障害) 23位 23位 22位 26位 26位 32位 37位 1,264サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,209サイト
INポイント 0 0 20 0 20 0 10 50/週
OUTポイント 0 20 90 40 50 60 20 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,451サイト
躁うつ病(双極性障害) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,264サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、goldheadさんの読者になりませんか?

ハンドル名
goldheadさん
ブログタイトル
関内関外日記
更新頻度
312回 / 365日(平均6.0回/週)
読者になる
関内関外日記

goldheadさんの新着記事

1件〜30件

  • もう宇宙世紀はお腹いっぱいかも『機動戦士ガンダムNT』を観る

    機動戦士ガンダムNT 発売日: 2019/02/20 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る おれはRX-79年生まれの陸戦型宇宙世紀ガンダム世代だ。おれのなかのガンダムとはあくまで宇宙世紀ものだ、というおっさんである。 というわけで、宇宙世紀ものの『ガンダムUC』とか、その後日譚のこの『ガンダムNT』とか好物だろ? と言われると、「いや、ちょっともう……」というところがある。どのあたりにそれがあるかというと……富野由悠季ではないだれかが一席ぶつニュータイプ論とか、そういうのはべつにいいんだ。なんというか、モビルスーツだ。「あ、ディジェだ!」とか、「アッシマーっぽいな」…

  • 『センコロール コネクト』を観る

    センコロール コネクト(完全生産限定版) [Blu-ray] 出版社/メーカー: アニプレックス 発売日: 2019/10/23 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る このあいだ、ほぼ「一人で作ったアニメ映画」を見た。 goldhead.hatenablog.com で、本作『センコロール』……シリーズ? も似たようなものらしい。いや、『アラーニェ』ほど一人ではないが、一人度合いが高い作品らしい。そして、花澤香菜。 まあ、はなざーさんはともかくとして、こちらの方は、なんか、なんだろう、おれの引き出しの中では、かなり昔読んでいた『アフタヌーン』の漫画っぽいということだった。あと…

  • 井上尚弥の当て勘? 当て感? どっちなの?

    number.bunshun.jp この記事を読んで、コンビニでNumber売ってたら買おうかな、と思った。売ってたので、買った。 買って、読んだ。いや、見た。すげえ、すげえボディへの左フックのあの瞬間が写っていた。右目のまぶたの上をカットしている井上尚弥、右目だけが大きく見開いている井上尚弥、しかし、両目はノニト・ドネアの左腹に集中している。鼻からは出血がある。美しい。傷つきながら美しい、美しい勝者の顔がそこにはある。そして、左のグローブとドネアの左腹の接触地点からは汗が飛び散る。ドネアの身体ははくの字になる。その瞬間を見事に切り取っている。こんな写真が撮れたら、もうカメラを捨ててしまっても…

  • 精神科医のざっくばらんなお薬話『精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価』

    精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価 作者: 神田橋條治,兼本浩祐,熊木徹夫 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2007/10/18 メディア: 単行本 クリック: 23回 この商品を含むブログ (12件) を見る 精神科医というのは、抑うつ状態になったことがあるのか? そして、薬物を摂取したことがあるのか? そんな思いは精神障害者であるおれに、いくらかある疑問ではある。 goldhead.hatenablog.com その疑問にひとかけら答えてくれたのがこの本であった。が、べつに精神科医が自分で服薬した体験を語り合ってるわけでもない(そういうエピソードもあるが)。精神科…

  • 【お歳暮】感謝のよいお酒、それとアル中カラカラおじさんについて【感謝】

    お歳暮にラガヴーリンいただきました! うひょー、ありがとうございます。シングルモルトウイスキーのストックがラフロイグ一本(の七割くらい)になっていたところに、心強い贈り物です。そうです、いいお酒は常にストックしておきたい。そして、いいお酒は体に悪くない、そうなのです。 と、ここでいきなり関係あるような、ないような話をぶっこみます。「アル中カラカラ」おじさんについてです。私はニコニコ動画方面はからっきししらないので、本当に昨日だか一昨日だかに知ったのですが……。おれにはうまく説明する自信がありません。動画、見てください。 まず、おれが最初に見たのはこの動画。どうだろうか、この……なんといっていい…

  • 幸福の50%は遺伝によって決定されている―『幸せがずっと続く12の行動習慣』を読む

    幸せがずっと続く12の行動習慣 作者: ソニア・リュボミアスキー,渡辺誠,金井真弓 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2012/02/16 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 36回 この商品を含むブログを見る おれが自己啓発本、幸せ探し本を読むのは珍しい。そう思う人もいるだろう。いないかもしれない。おれはおれ自身、珍しいと思う。 なぜ、この本を読んだのか。それは、おれが興味を持つ進化心理学のなにかの本で、本書について触れられていたからだ。その進化心理学の本は、いわゆる一般人向け啓蒙書的なものだったが、進化心理学の本であって、あるていどは学術的なもののように思えた。このよ…

  • 失われた聖地・広島について

    おれの父は、自らの生まれ故郷である広島についてよくこう言ったものである。 「原爆が落とされて100年は草木も生えないと言われたものだが、木も草も生えていたぞ」 そして、言外に自分も広島で生まれたのだと。 父は双子として生まれた。双子の弟は生まれつきの障害者であった。知的、そして身体的に。父の方は健常者であった。東京の大学に進むために、高校時代から大阪でひとり下宿暮らしを始めた。一浪して、大学は早稲田大学の政経学部に進んだ。東京である。浪人時代には上京していたと思う。 すると、父が生地として、故郷として語る広島は、彼にとって幼年期から中学生までの間のことである。だが、父にとって故郷といえば広島に…

  • おれは呆けた顔でそれを眺めていた

    階段をのんべんだらりと下りながら、口には昔ながらの紙巻たばこくわえて、ちょっと立ち止まってターン、腕を開いて空を。 お前は社会の底辺を這いずって、なにも残さないって歌が聞こえてきた。ガラスの瞳、球体関節、美しい素材の肌。みにくいものとは縁なく生きたい。 人間の集団が嫌で嫌でたまらない。そいつらが同じことをしていると、なおさら嫌になる。一人に一個の魂ってものがあるだろう。共感なんてものはありはしない。 そうさ、お前はだまされている。なにかちょっと魂にバックドアがあって、うまいこと乗っ取られてんだ。それに気づかないでのんきなものさ。 動いてみせることだ。踊ってみせることだ。ぶら下がってるボールに飛…

  • この世は正気ではいられない! 永田カビ『現実逃避してたらボロボロになった話』を読む

    先日、こちらの記事というか、漫画を読んだ。 これ、ネットで無料公開されている『一人交換日記』(部分)も読んで、買ってみようかな? と思った。『レズ風俗』も(すべてではないだろうが)ネットで読んだ覚えがある。 togetter.com ともあれ、『現実逃避してたらボロボロになった話』である。おれは作者と次の点で共通点を感じた。 精神疾患者であること 酒がやめられないこと 以上である。しかし、ある人間を表すのに、十分すぎる特徴であるようにも思える。精神疾患者であること。それなのに、薬を飲みつつアルコールがやめられないこと。そういうたぐいの人間。 そして、もう一つ、著者に興味を持てる部分があった。そ…

  • WBSS決勝戦 井上尚弥vsノニト・ドネアを観る

    リング上のインタビュー。井上はキャリア最大の勝利かと問われると「そうですね。ドネア選手、めちゃくちゃ強かったです」と言ったが「その前にみなさん、平日木曜日にさいたまスーパーアリーナに集まってくれて本当にありがとうございました」と律儀に感謝した。 カットした経験は初めてだったといい、井上は「正直、2ラウンドからドネアが2人に見えました。その中で最終ラウンドまでいったことを最大のキャリアとして誇り、また来年から精進したい」と胸を張った。 一方でドネアについては「負けられないというドネアの強さ、気持ちの強さ感じた。世代交代という言葉を使ってきたけど、まだまだこれでは世代交代とは言えない。もっともっと…

  • なぜなんだぜ? 吉田伸夫『科学はなぜわかりにくいのか?』を読む

    科学はなぜわかりにくいのか - 現代科学の方法論を理解する (知の扉) 作者: 吉田伸夫 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2018/04/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 「科学はなぜわかりにくいのか?」という以前に、おれという人間は「なぜ理科と算数がわからなかったのか?」というところに尽きる。尽きるのだが、尽きないところがどこかにあって、こんな本を手にとってしまう。 手にとった理由はもうひとつあって、著者が吉田信夫だということだ。おれは吉田信夫さんのサイトを、インターネットを見始めた最初のころから読んでいた。「はてなアンテナ」にも登録されているだ…

  • あまり興味持てませんで……映画『ファースト・マン』

    ファースト・マン(吹替版) 発売日: 2019/06/19 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ファースト・マン (字幕版) 発売日: 2019/06/19 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る ル……ニール・アームストロングの伝記映画。おれはアームストロング船長の人となりというものをまったく知らなかったのだが、Wikipediaで読んでもわかるように実に普通のエリートであって、娘を病気で亡くしているところもあって、ライアン・ゴズリング的な憂いを帯びていて、それでもまあ、いろいろあって月に行ったという。 という、映画。 って、なんというか、…

  • 一人でアニメを作るというと……『アラーニェの虫籠』を観る、が

    おれはこの間、一人でアニメ作りをしているという人のことを知った。以下の記事である。 news.nicovideo.jp 伊勢田勝行氏である。知る人ぞ知る、というか、三峯徹的に知られているというか、まあ、そういう存在なのだろうけど、おれはこの人のことをまーったく知らなかった。ニコニコ動画など、動画サイトをあまり利用しないで生きてきたということもあるが、なかなかに脳に染み込む映像である。 そして、思ったのである。「アニメも一人で作れるのか」と。 と、ここまで徹底して一人ではないにせよ、新海誠だってそういうところからスタートした。そして、おれは偶然この作品を観た。 『アラーニェの虫籠』、これである。…

  • 黄金頭さんの思う映画テン年代ベスト10:決勝順位編

    こちらの記事を読んだ。 washburn1975.hatenablog.com とりあえず、おれは34作品まで絞った。 goldhead.hatenablog.com さあ、無慈悲に10作品に絞って、さらに順位までつけてしまおう……と、思って今からやるんだけど、難しくね? 「おれはこういうやつです」と自己申告する怖さと恥ずかしさがある。自分をできるだけセンスのいいやつだと思わせたい、よい審美眼を持っている人間だと見せたい、広い知見を有したやつと勘違いさせたい……そんな卑しい欲が出てくる。自意識過剰の病だ。そしておれは性根の卑しい人間なので、それらの欲を捨てきることもできずに順位を公表する。さあ…

  • おれにはそれだけでテレビで見るラグビーは上々のものだった

    今大会はいろいろなことが起こりました。これまでラグビーに興味がなかった方々も、新たに感じるものがあったのではないかと思います。そんな大会の最後に、コルビ選手が鮮やかなトライを決めたというのは、日本ラグビーにとっても大きなメッセージだったのではないかと感じています。 南アの優勝トライは日本へのメッセージ 元日本代表・藤井淳がW杯決勝を解説 - スポーツナビ おれは「これまでラグビーに興味がなかった方」だ。第一にルールがよくわからん、第二にルールがよくわからん。 そもそもと、おれとラグビーになにか接点があったのか……あったな、高校のころの体育の授業だ。うちの学校にはラグビー部がなかった。かつて神奈…

  • 自分の脳みそをぶち抜きたい

    金曜日のおれは朝から抑うつの極みで、ベッドの上から動けなかった。 ようやく動けたのは午後二時ごろで、そこからおれは会社に行った。 その日は、抑うつが解消した状態で出社したので、普通に働けた。これが、解消していない中途半端な状態で出社すると、おれはやはり呆けたままでほとんど仕事にならない。 抑うつ→解消のパターン。抑うつ→解消しないで無理をするパターン。おそらく望ましいのは前者だろうが、あまりにも時間がかかるといえる。 土曜日のおれは午前九時ころに目を覚ました。前の晩はそんなに夜ふかしをしなかった。しかし、抑うつ感はない。ただ、もう少し寝ようかと思った。 次に目を覚ましたら、午後一時半だったので…

  • 黄金頭さんの思う映画テン年代ベスト10:予選編34作品

    こちらの記事を読んだ。 washburn1975.hatenablog.com テン年代ベストテンか……。なんか興奮してきたな。おれはそもそもだれに頼まれるわけでもなく映画を見たら感想を書き、だれに頼まれるわけでもなく年末になればその年のベストなどを考える。記憶は消え去るが、記録は残る。おれは記録を掘り返すのが好きだ。 というわけで、はてなダイアリー時代にあった一覧機能がなくなって記事を探しにくくなったはてなブログ、映画カテゴリーをクリックして、ひたすらに振り返った。映画カテゴリーがついた記事だけで532エントリーもある。いや、ひたすらといっても2010年までだ。そのなかで、2010年代の作品…

  • 流れよ我がγ-GTPとおれは言った〜四十路男の血液検査

    先月、行きつけの精神科で採血をした。おれの双極性障害を抑えているジプレキサ(一般名オランザピン)は、糖尿病禁忌だからだ。ジプレキサはおれによく効いていて、これを手放すのは恐ろしすぎる。 して、おれは両親ともに糖尿病(二型)だ。おれという身体には糖尿病になる下地があるといっていい。警戒が必要だ。おれはそれを警戒して生きてきた。 で、先日の通院。机の上に検査の用紙が置いてあるのには気づいた。が、まず、病状について話した。10月の台風の前にひどい抑うつが一週間続いたこと、抑うつが増えていること、現状の処方薬(ジプレキサ、メイラックス、レキソタン、アモバン)のなかで、抑うつに効くのはジプレキサのみなの…

  • 『反出生主義を考える』(「現代思想2019年11月号」)を読む

    おれは反出生主義者である。 おれが反出生主義者になったのは、エミール・シオランを読んだからではない。ましてやデイヴィッド・べネターを読んだからでもない。 おれの反出生主義は、おれというおれ以外にいないおれが生きてきてたなかで、自然とそうなったものである。その背景にいくらか仏教の影響(おれの考える仏教が仏教として正しいとは言えない)があったかもしれない。 おれが「これだ」と思った瞬間については記録がある。 goldhead.hatenablog.com おれはおれを反出生主義者ではないかと思っている。詳しいところはわからない。以前、おれはブックマークにこんなことをメモした。 やはり人類の絶滅こそ…

  • iPhone 3GSが役目を終える

    iPhone 3GSが役目を終える。3GSだぞ、3GS。 ……とはいえ、もちろん、携帯端末として使用していたわけではない。なんの役目を負っていたのか? 職場のラジオである。 goldhead.hatenablog.com 2016年にはラジオになっていた。使われ始めたのはもうちょっと前だろう。ともかく、ラジオとして第2の機械人生を送っていたのである。 が、壊れた、わけではない。おれが熱で安いんでいる日、職場の人が「間違ってradikoのアプリを消してしまった」というのである。おれは、やばいかな、と思った。App Storeが使えるだろうか? 新しいバージョンのradikoが使えるだろうか? そ…

  • 石黒正数はいま日本で一番おもしろい漫画家よな

    ……って、すみません。言い過ぎです。なにせおれは購読している漫画雑誌もなければ、単行本をたくさん買っているわけでもないからです。そもそも、石黒正数だって『それでも町は廻っている』のアニメが先で知った部類の人間です。ああ、だから、石を投げないで。 でも、だ。たとえば「石黒正数は現役漫画家で五本の指に入るよな」とか、「いま読んでおくべき漫画家を十人あげろと言われたら、そのなかに入れる人も少なくないのではないか」とか……まあ、なんというか、おもしれえよなって言いたいだけです。はい、べつになんか比較する必要とかないですよね。 というわけで、『天国大魔境』の3巻と『木曜日のフルット』の8巻を買いました、…

  • 『アリータ:バトル・エンジェル』、あるいは古舘伊知郎の使い方

    アリータ:バトル・エンジェル (吹替版) 発売日: 2019/07/31 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 登場人物オールCGIのアニメーションだと思っていたので、吹替版で見た。主人公だけCGIだった。全身義体(『銃夢』を知らないのでこの用語が正しいのか知らない)なので、その違和感はその違和感でありなのかな、と思った。それでも、やはり「目がでけえ」という違和感はあった。あと、義体なら義体で、肌の質感などはもっと人形っぽくてもいいかと思ったが、西暦2500年代の技術であれば人形っぽくないよ、ということなのかもしれない。でも、やっぱり、もう、作り物の義体ですよ、という…

  • 悲しきリストランテ Secondo Piatto 「ピッツァの耳、食べてしまったのですか?」

    ※このエントリーには貧乏人の被害妄想が多分に含まれています。 いま、この瞬間に、この話題について考えたり、なにか考えたりしているのは、日本中でおれだけだろうと思う。この話題とはなにか。 goldhead.hatenablog.com これである。 これの対象となった店のことはもうどうでもよい。そのとき得たイタリア料理店についての知識だ。曰く、以下のような格というか種類があるという。 リストランテ、トラットリア、オステリア、ピッツェリア、タベルナ、バール……。わけがわからん。わからんが、おれが徒歩で通勤するとき、並んだイタリア料理店の前を通るのである。はて、あれらはどれにあたるのだろうか? と気…

  • キモくて金のない一人暮らしのおっさんの熱発日記

    金曜日のことである。千葉県などに大きな被害をもたらした大雨の日である。横浜は常識的な範囲での雨だった。それでけっこう降っていた。 今朝は雨、「速乾がいいだろ」とユニクロの感動パンツ履いて出たら、無茶苦茶寒かった。夏物よな。上着も濡れて震える。午後、体中が痛み、痛風かリウマチかなどと思うも、帰宅して熱を測ると37.5度あった。単なる熱発。飯も作れず、何もする気起こらず。— 黄金頭 (@goldhead) 2019年10月25日 そうだ、午前中は寒くてふるえていた。足元の電気ストーブなどもつけた。午後になると全身が痛んできた。おれは「全身が痛い」などとGoogleに打ち込だ。 “関節痛 (かんせつ…

  • 手帳

    おれは「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第45条の保健福祉手帳」を……手に入れた? ゲットした? 授けられた? 恵んでもらった? 取得した? ……よくわからない。いずれにせよ、おれの顔写真、そして名前と生年月日、住所などが印字された「障害者手帳」がここにある。それは事実だ。 障害等級3級。なんのメリットがあるのか? あまりない。窓口で「市バスと市営地下鉄が年1,200円で乗り放題になりますが、ここで手続きしますか」と、ほとんど手続きするだろうというのりで言われたが、「あまり乗らないのでいいです」と断ってしまった。冊子の目次に蛍光ペンをひかれながら……「ええと、税金の控除などが」などと言わ…

  • 『光の深海展 OCEAN BY NAKED』@アソビルへ行く

    『光の深海展 OCEAN BY NAKED』@アソビルに行った。本当はもっと前の日程で女が予約券をとっていたのだが、あいにく台風上陸の日となって、会場のアソビルごと休館となった。その日の予約分は、「10月ならいつでもいい」ということになって、今年限りの休日になった10月22日に訪れた。 https://ocean.naked.works/ おれは正直、この企画、「チームラボのお台場と豊洲のあれの二番煎じで規模を小さくしたもんじゃないのか」と思っていた。 まあ、はっきり言って、その通りだった。それ以外の感想はあまりない。ただ、うまく撮れば「映える」ような気がする。それに、横浜駅から直通という場所…

  • あんたは自分が一生で一番たくさん袖を通した服がなんだかわかるかい?

    あんたは自分が一生で一番たくさん袖を通した服がなんだかわかるかい? あんたがいつ死ぬか知らないが、ともかく、今まで一番たくさん袖を通した服を。 おれには、たぶんこれだろいうという室内着がある。おれが十七歳か十八歳のころに買った室内着だ。今はなき、というか、いつまであったか知らないが、藤沢のトポスで買った……服だ。おれは衣服というものに詳しくないので、これをなんと分類していいかわからない。パーカー? かもしれない。ともかく、茶色い、薄すぎるわけでもなく、厚すぎるわけでもない、服だ。 トポスで、いったん通り過ぎたと思う。あまりに地味な服だった。だが、通り過ぎてしばらくして、「あれ、室内着によくない…

  • バンク

    預金したら手数料を取られる? 銀行の常識は変わるのか:朝日新聞デジタル 日本銀行の超低金利政策で、銀行はお金を貸しても収益を上げられない状況が続いている。預金を持つコストがかさむため、利息を払うどころか、逆に「口座維持手数料」を預金者から徴収するのでは、との観測が出ている。 二十数年前、一家離散のあと、おれはあまり治安のよくない地域のアパートに移り住んだ。とりあえず職はあったが、銀行口座というものがなかった。おれは何ヶ月かのあいだ、給料を(今とたいして変わらない給料を!)、安アパートのどこだったかに隠した。貧乏人しか住んでいない、スラムのようなアパートだからこそ、おれはよけい不安になった。おれ…

  • フオオオオオオオ! 『死してなお踊れ 一遍上人伝』を読む

    死してなお踊れ: 一遍上人伝 作者: 栗原康 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2017/01/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る あと、これはさいきんの調査でわかったことなのだが、もともと『一遍聖絵』では、一遍は素っ裸だったらしい。真っ黒に日焼けしたおっさんが、テコテコとあるいている。でも、えらいお坊さんにそんなかっこうをさせるのはどうかということで、あとあと阿弥衣をかきこんだらしい。まあじっさいのところ、一遍は裸同然であるいていたんだじゃないだろうか。貧民だ。というかすべてを捨てて、ひとからのほどこしだけで生きていこうとしていたのだから、そりゃあ貧民…

  • 悲しきリストランテ

    ※写真はイメージ画像です リストランテが炎上した。悲しい。何が悲しいって、みんな金がないことだ。リストランテを訪れた親子にも金がなかったのだろう。コースでなければ採算が取れないというリストランテも金がなかったのだろう。その不幸な出会いでお互いに嫌な思いをして、さらにそのヘイトがネット上をかけめぐる。金がないのがむなしいのだ。それが憎悪を引き起こすのだ。 リストランティーノというのがどのようなものなのか、金がなくてドレスコードが関係するような店で食事をしたことのない貧乏人のおれはしるよしもないが、ディナータイム、単品の注文でも「喜んで!」といって承るほどの金額を設定できないのだろう。高くすると、…

カテゴリー一覧
商用