searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ココさんのプロフィール

住所
未設定
出身
愛媛県

自由文未設定

ブログタイトル
自句自賛
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/jikujisann/
ブログ紹介文
自分の句を自分で解説していきます。大好きな季語に毎日触れていきたいです。
更新頻度(1年)

5回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2017/01/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ココさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ココさん
ブログタイトル
自句自賛
更新頻度
5回 / 365日(平均0.1回/週)
フォロー
自句自賛

ココさんの新着記事

1件〜30件

  • 桜餅

    薄墨の餡のはみ出す桜餅 桜餅はとても柔らかで、その中の餡、そしてその色合いもまた柔らかです。春は揺蕩う季節ですが、その柔らかさが、桜餅をより一層春に相応しいものとしていると感じます。

  • 冬隣

    空白の多き貨車行く冬隣 荷台に空白ばかりの貨物列車が行き過ぎました。これから先の地点で荷を載せるのかもしれません。寒々しい感じが今の季節に合うように思いました。

  • 鬼灯

    鬼灯の供へられたる墓並ぶ 秋には鬼灯の入った供花が多く、墓地でも多く見かけるようになります。

  • 破蓮

    頭骨の割られし夢や破蓮 時折妙に生々しい感触の残る夢見があり、ざっくりと頭蓋骨に刃が入った死人の夢もその一つです。あまり寝しなにホラー系の映像を見るのはやめるべきかもしれません。

  • 朝涼

    朝涼や美濃にて選りし和蝋燭 昔からある美濃の和蝋燭の店で、商品をいろいろ見せてもらったことがあります。町には涼しく水と風が通っていました。

  • 水鉄砲

    水鉄砲撃たれ倒れし水しぶき 水遊びは全身ずぶ濡れになるのが楽しく、水を浴びたり転んだり、時間を忘れて遊んだ思い出があります。

  • 夏帽子

    柔らかき夏帽のつば上向きに 夏帽子は強い日差しを遮る役割ももちろんありますが、目深にかぶるばかりではつまらないです。時にはつばをぐっとあげることも。

  • 夏草

    手に薄く滲む血夏草掴むとき 夏草は硬くて強い鋭いものがあり、抜こうと不用意に掴むと手を切ったりします。

  • 沙羅の花

    闇に置く白き顔沙羅の花 夜散歩していたら真っ白な沙羅の花に行きあいました。夜闇の中、白い乙女の顔が浮かび上がっているようでした。

  • 氷菓

    勾玉のごとき氷菓の色愛でし 今では氷菓の季節感も薄れていますが、夏の屋外で涼を感じつつ色味を楽しむのが氷菓の1番のあり方のような気がします。

  • カーネーション

    カーネーション水換ふるとき腐臭せり 夏場は特に切花の水が傷みやすく、かつ濁ったり臭ったりします。花が可憐であればその差異が際立ちます。

  • 夏の霧

    水銀のなき体温計夏の霧 最近は水銀の体温計は見なくなりました。気軽に体温を測りつつ、ガラスに覆われた水銀の上下の特別感を思い出します。

  • 葉月

    猫のごと軽く駆けたき葉月かな 猫の軽やかでしなやかな身のこなし。あんな風に動けたらと思います。

  • 睡蓮

    睡蓮や哀しみ永遠に薄れざる 睡蓮はその美しさにどこか哀しみを含有する花であるように思えます。

  • 白玉

    白玉や静寂に満ち小路奥 賑やかな繁華街から少し入った小径にある甘味処。心身が鎮まります。

  • やませ

    やませ吹く燃え残りたるふとき骨 生き様というのが強い人は体も壮健、死後荼毘に付しても太い骨が残って「ご立派なお骨です。」と言われたりします。一方でこの人はさぞやと思っても、案外脆く何も形に残らないと

  • バナナ

    黒ずみしバナナの端を捨てにけり 夏の果物は足が早く、うっかりしていると傷んだり変色していたりします。バナナは房に何本もあるので、最後の方まで変色せずに食べ切るのが難しいです。

  • 夏至

    柔らかく薄明かり曳く夏至の夜は 夏至の夕暮れは驚くほど長く、いつまでも明るいものです。ここが折り返しだと考えると、これから夏本番なのにと不思議な気がします。

  • 一輪車の子ら駆け回る桜かな  桜の咲く時期は新学期。はしゃぐ子らの歓声が響きます。

  • 万愚節

    書きかけの言の葉ひとつ万愚節  今日はエイプリル・フールです。日中エイプリル・フールの何かかと思うような信じられない光景をひとつ見たのですが、後から理由があったと知り、少しだけガッカリしました。

  • 花の雨

    午前四時細く降り初む花の雨  花の咲く頃から、朝がより一層明るくなってくる気がします。その前の薄暗がりに雨が細く降り始めました。

  • 卒業

    一年を継ぎ足し生きて卒業す  よくこの◯年間の思い出を、とか卒業の際にはまとめる年月ですが、個人的には漸くに一年一年を足して生きていた感が強いです。

  • 蕗の薹

    蕗の薹ビルの和室に窓はなく  本当の和室でなく、ビル内の和室を模した空間などでは、開けられない障子が窓のように壁に付いていたりします。季節感のあるような無いような不思議な感じです。

  • ネーブル

    陽の色のネーブル雨音止みし朝  雨は必要なものだと思ってもやはり晴れの日の方が気持ちが明るくなります。

  • 和布

    柔らかく熱き和布の舌に溶け  春のわかめ、特に舌に溶けるほど柔らく煮たものは絶品です。  

  • 風船

    キャンペーンソングに揺るるゴム風船  人の少ない一角に設けられたキャンペーンカウンターと、来訪者に渡されるためのゴム風船。いつまでも貰い手がなく曲に合わせて揺れ続けています。

  • スイートピー

    腕巡らせスイートピー抱へけり  春には殊に花を飾りたくなりますが、それが両腕に溢れるほど有る光景に憧れます。

  • 春疾風

    引越しの積荷繚乱春疾風  春は引越しシーズンです。それこそ積荷がトラックに溢れんばかりに積まれたり降ろされたりの、入居や退去の様子があちこちで見受けられます。時期的に強い風が吹いたりして、養生のため

  • 春暁

    春暁のわだかまりある目覚めかな  最近自分が男だったらどれほど人生は生きやすかっただろうかとよく考えます。ずっと自分を苦しめてきたもの全てはそこに発端があるように思うのです。でもその反面、女性を虐げ

  • 春筍

    春筍数切れ混じるパスタかな  春の野菜は香り高く、料理に少しでも入ると主張をするものが多いです。春の柔らかい筍は貴重で、旬も短いので、日替わりのパスタなどに入っていると春を満喫できたような気がします

カテゴリー一覧
商用