住所
-
出身
-
ハンドル名
普通検索観音さん
ブログタイトル
奈良!奈良!奈良! ときどき京都
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yt564190yt
ブログ紹介文
平成28年に奈良大学通信文化財歴史学科に入学。日記的にOLD学生の生活を記録しようかと思っています。
自由文
更新頻度(1年)

15回 / 840日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2016/10/05

普通検索観音さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 30005 27284 27076 30328 26842 30834 27562 946387サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 40 20 20 20 30 10 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 49 43 39 46 39 48 45 10951サイト
通信大学生 20 16 15 18 17 19 18 499サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 36383 39936 41663 39926 40010 43786 39014 946387サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 40 20 20 20 30 10 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 87 94 98 90 89 99 83 10951サイト
通信大学生 31 31 32 32 35 35 34 499サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946387サイト
INポイント 10 10 10 0 10 0 10 50/週
OUTポイント 40 20 20 20 30 10 20 160/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 0 0 0 0 0 0 0 10951サイト
通信大学生 0 0 0 0 0 0 0 499サイト

普通検索観音さんのブログ記事

?
  • 風邪養生中の回想

    何十年ぶりかのひどい風邪をひいている。インフルエンザは陰性判定。4日目になっても熱が上がったり下がったり、また上がったり。年末年始に寒いところに行ったのは直接関係ないだろうが。雲仙普賢岳山頂は雲に覆われていた展望台からさらに登ると、仁田峠ミヤマキリシマ(ツツジ)が強風で凍結していたここからロープウェイが出ており動いていたが、動き出した途端、雲の中に消える。島原の乱で激戦のあった原城址にも行った。広大なのに驚く。今は全体として公園風になっている。写真は撮らなかった。乱の責任を問われ、改易となり斬首された領主松倉勝家の島原城各階に展示された史料。古文書のお勉強にも。風邪養生中の回想

  • 島原 イルカウォッチング!

    長崎県島原半島と熊本県天草との間、早崎海峡には300頭あまりのイルカが住んでいるらしい(指紋のように異なる背ビレの形をもって数え上げたとのこと)。今回の長崎の旅、メインイベントはイルカウォッチング。おっ、お顔をキャッチ!子どものイルカも!!機嫌次第で出て来ないこともあるらしい今日は大サービスか?幸せになったような気がする島原イルカウォッチング!

  • 3年目の独白

    奈良大3年目の総括はいずれまた書いてみますが、入学以来、ん十年ぶりに大学にレポートを提出し、試験を受けなければならなかったので、只々怖いもの知らずを押し通してテキスト科目を終わらせてきたように思います(随分、僭越な言い回しになっているかも知れません)。その反動がきて、3年目はその補償に努めていた感じです。なぜこのような記事を書きたくなったかはよくは分かりませんが、大学のお勉強に何も心配はないということを書いておきたかったのかも知れません。雲仙温泉でのったりしている。大晦日から2泊、思いついた11月上旬に宿をとるのには流石に難渋した。この宿、お湯は最高だがその他はねという評もあった。しかし、この時期折角とれたのだから、食事はどうあれ、仲居さんに何を言われても動じないで過ごそうと決意を固めていた。ところが、どうして...3年目の独白

  • 行基、701年⁉️ここは雲仙

    長崎道諫早ICから島原街道へ、くねくねとドライブしながら普賢岳を登っていくと雲仙に行き着く。古い温泉地。行基由来などとは知らずに来てしまっていた。雲仙地獄ニャンコあったかいのがお好きつづく行基、701年⁉️ここは雲仙

  • 三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』岩波新書、2017年

    この著作は、作者が日本近代の概念的把握を試みたものであり、以下の構成になっている。序章日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか第一章なぜ日本に政党政治が成立したのか第二章なぜ日本に資本主義が形成されたのか第三章日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか第四章日本の近代にとって天皇制とは何であったか終章近代の歩みから考える日本の将来明治以降の日本の先進的知識人に影響力をおよぼしたウォルター・バジェット(1826〜1877)の近代概念の分析から入り、各テーマについて総論的に、思想史または思想から近代日本を概観されたものであり、事実列記による通史的著作を読んだ場合には曖昧、個別的で終わってしまうところを掘り下げられ、近代史の骨組みを(僭越な言い方になってしまうが)解釈したものとなっている。読みごたえがあり、...三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』岩波新書、2017年

  • 立ち魚

    鯉の立ち食い食べ易いのか?また年末が来た立ち魚

  • 講評、添削

    国営放送協会学園古文書基礎コースの講評と添削これだけ丁寧に大量に書いて頂いたら、続けようと思ったりする。講評、添削

  • 迷い

    古文書のお勉強国営放送学園の通信教育を進めつつ、単行本に取り組みながら進めている。通信の添削は丁寧で、講評では褒められている(中断させないようにという厚い配慮が伺われる)。県立文書館の講座があるが、いきなり行っても実がないと思われるので、下準備にもなっているか(申し込むかどうか決めていない)。準備し過ぎるのも挫折要因になりがちなので、行き当たりばったりがよい。などと、迷い。しかし続いているのだから良しとする。迷い

  • 永観堂、南禅寺と京都駅

    奈良から京都へ紅葉ウォーキング永観堂南禅寺真っ直ぐ歩けないそして、もう12月京都駅もスタンばっている。永観堂、南禅寺と京都駅

  • 秋の奈良、レンタカーでたらい回しツアー

    近鉄奈良駅近くで車を借り、石上神宮に着いたのが9時20分頃。物部氏の総氏社。最古の神社のひとつにふさわしい圧倒的な静けさを肌で感じる。鶏神さまたちは走り回っていたが。参拝を済ませて、談山神社へ向かう。紅葉の時期、休日ならば1〜2時間待ちという情報があって覚悟していたが、金曜日だからだろう渋滞なしで到着。紅葉には間に合った。談山神社は、中大兄皇子と中臣鎌足が藤花の下で蘇我入鹿に対する撥乱反正の謀を談じたとされる多武峰にある。二つの神宮、神社を回ってもう十分過ぎると思ったが、予定通り石舞台から飛鳥寺へ。飛鳥寺は蘇我氏の氏寺。蘇我氏は同氏と並ぶ二大勢力の相手方であった物部守屋を打ち滅ぼしている。お寺近くで入って食した十割おろし蕎麦は絶品。店名忘却。そして、近くの高松塚古墳、キトラ古墳へ。高松塚古墳キトラ古墳それぞれレ...秋の奈良、レンタカーでたらい回しツアー

  • 奈良公園にて

    鹿神さまの皆さん、お久!私たちは歩き疲れたので、糖分補給。暖かい午後奈良公園にて

  • 奈良行きの予想

    右足ふくらはぎの肉離れも癒えつつある今日この頃。明後日から奈良へ、紅葉を見に行く。この時期無謀にも、平日とはいえレンタカーを借りて回ろうと計画しているが、予定の半分もこなせれば超上出来。奈良公園を歩けば、紅葉と神鹿さまには確実に会えるだろうから、それだけでもいいと思う。落慶した興福寺の中金堂にも立ち寄れる。久々の奈良は楽しみ。京都の紅葉は押し合いへし合い、何をしに来たのかと思いながら見た記憶はあるが、奈良はない。足のサポーターを忘れずに(ウぅ~)奈良行きの予想

  • 卒業までの作業

    卒業必要単位を取得して後、奈良大で歴史をかじってきたことを思い返しながら、これからも好きなことを、無理を思わず、広げて深めて楽しめればと試行錯誤していた。思うことは、歴史に関して一次資料にあたりたいということ。なので、古文、漢文の大学受験参考書を買い込み、あまり成績のよくない高校生よろしく、文法、読解、単語、句法を、ん十年ぶりに復習してみる。始めた頃は、こんな孤独な作業があるのであろうかと思ったが、繰り返しに入り分かってくると面白くなる。古文書読解も、天を仰ぎつつ、溜息をつきつつ、通信教育教材などによる蓄積を辞書引きつつ続けている。思うところの論文をいずれは組み立て、詰まるところ、旅行好きな古文書読みの翁になりたいようである。テニスも続けたいし。こうした勉強や生活の中で人には優しくありたいと思う。卒業までの作業

  • 山陰海岸 西の果て近く

    秋になり、遊んでばかりいる。山口県長門市仙崎港青海島の周遊クルーズ船奇岩が続く青海島を巡る。このサイズの船でなければ岩の間をくぐれない。乗船者が多いときには船団を組む。日本海のことであり、当日は波高く外海までは出れないというので、乗船は断念。パンフレットで雰囲気だけでも。仙崎港に海産物などを販売している「センザキッチン」があり、レストランもある。今はイカがウリだが海鮮丼や海鮮漬丼など。漬丼を頼み、地鶏も名産なので焼鳥も頼んだら、「焼鳥は時間がかかる」とつれない。随分とやる気ないなぁと思っていたが、レストランを出ると向かいで地鶏を焼いて売っている。レストランで食べるより熱く出来立てでしかもお安い。「ここで食べず、外でベンチに座りながら食べた方が美味しいよ」と暗に教えてくれていたのであろうか。仙崎から元乃隅稲成神社...山陰海岸西の果て近く

  • 古文書の手習い

    古文書を読みたい。と思い、某国営放送協会通信教育の基礎コースを申し込んだのが1月頃だったか、10回提出の12ヶ月間で延長6ヶ月可。ところがあれこれあって、第1回を提出したのが9月初めで、それから速度を早めて昨日第3回を提出した。古文書をどの程度読めるようになるかは分からないが、通信教育は続けられそうな見込み。古文書読みのお勉強には地道で長い時間が必要だと思う。長崎歩きの続き思案橋思案橋という橋は今はもうない。江戸期には丸山という花街に通ずる屋根のついた木廊橋で、花街時代「遊びに行こか戻ろか橋の上で思案した」という話もある。井原西鶴は『日本永代蔵』に「長崎に丸山というところなくば、上方の金銀、無事に帰宅すべし」と記している。こちらは何度か大水害による破壊、損傷を受けながらも現存する眼鏡橋。思案橋からそう遠くない。...古文書の手習い