searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

普通検索観音さんのプロフィール

住所
山口県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yt564190yt
ブログ紹介文
奈良大通信から佛教大通信へ。日本史を学ぶOLD学生の生活を記録しようかと思っています。
更新頻度(1年)

84回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2016/10/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、普通検索観音さんの読者になりませんか?

ハンドル名
普通検索観音さん
ブログタイトル
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都
更新頻度
84回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都

普通検索観音さんの新着記事

1件〜30件

  • 佛教大通信2年目までの経過等記録

    このブログは、元々、通信大学での学習記録を残しておくために作ったので、現時点までの経過などなど書いてみる。11月も終わりに近づいてコロナ禍が広がってきている。キャンセルした京都でのスクーリングがこの土日だったので、家人から「行っていたら無事に帰って来れなかったよ」と脅される。自分の身は自分で守るしかないので、当分遠出は控える。人に迷惑もかけたくない。佛教大通信のお勉強は、テキスト科目がほぼ終わっている。残り2科目と思っていたが、その内1科目はスクーリングに振り替えることにした。奈良大通信の時もそうだったが、好きな、興味のある科目から取りかかるので、最後の方でどうしてもレポートまで書きたくない科目ばかりが残る。また、振り替えることのできるスクーリングが「京都学入門1・2」で面白そう。未履修なのが、スクーリング9科...佛教大通信2年目までの経過等記録

  • 『文明論之概略』という本

    福沢諭吉の『文明論之概略』は、145年前に出版された庶民、国民に向けた啓蒙書で、習慣や認識の転換と行動を促す目的で書かれている。読んでいて、私は違和感を感じない。中で随分くどく繰り返して書き込んであると思うところは、明治維新期と現在との意識の差が大きい箇所なのかと想像する。歴史の勉強というスタンスで読んでいたが、啓蒙書である。中学生の頃読んだなら、考え方の前提や行動に多少修正をかけていたかもと思うところや、少年期に読んでも分からなかっただろうと考えられる部分もある。まずは素直に読んで見ること。先週長門大寧寺から帰る途中に立ち寄った秋吉台。山焼きから10ヶ月が経過したところ。『文明論之概略』という本

  • 長門市大寧寺の紅葉を歩いてきました

    大内氏終焉の地である大寧寺日曜日だけに人が多かったここはまた、足利将軍と鎌倉公方との間の調停に疲れ、流浪の旅に出ていた元関東管領上杉憲実が亡くなったところでもある(1466年)。管領を辞して息子たちともども出家した憲実は、息子たちに還俗せぬよう命じていたが、長男憲忠は擁立されて関東管領に就任してしまう。そして憲忠は鎌倉公方に暗殺される(1454年)。頼まれ望まれても就いてはいけない役がある。それは年を経た者にしか分からないことだったかもしれない。昼ご飯検温の後ウニ飯美味しかったぁぁぁ長門市大寧寺の紅葉を歩いてきました

  • 日々、淡々と

    出しゃ張らず、出来ることを誠実に行う。たったそれだけを心がけることで、随分と気持ちが落ち着き、自信がついて、かえって自分の考えを積極的に説明出来るようになる。その中で他の人の気持ちも空気のように伝わってきたりする。相手も安心するのだろう。第1回抽選に応募していたマスクが、28回目の抽選で当たったと連絡があり、どうしようかと思ったが購入した。家人の友人も今回当選したが、買わなかったらしい。そして、どんな物か見たいので1枚売ったほしいとのこと。譲るのはいいんだけど、その気持ちが分からない。紐は細いところは少し手当されているようだが、まだ使ってないので使い心地はわからない。日々、淡々と

  • 庭を遊ぶ 2 補修したら

    杉苔を張って幾年月。酷暑を何度か通り越して、ハゲハゲになってしまった。水遣りは潤沢に、水はけよく、風は大敵、陽当たりはほどほど。あまり適地ではなかったが。さすがに、と思い。杉苔を宅配で取り寄せ、穴を埋めてみた。まだらやなぁ。アートと思っておくか。自分家だからいいのだ。全景それなりで良い庭を遊ぶ2・・補修したら

  • スクーリング断念

    コロナ感染者がまた増加してきた。重傷者が増えないよう行動することが最善か。実は先月、佛教大の冬スクーリング(11月末〜12月初旬に実施)の内容がなんとも魅力的で面白そうだったので、悩んだ末に1科目だけ申し込み、「GOTOトラベル」で京都のホテルも予約していた。申し込んだのは「発展研究ゼミ」で、大学の教室で行われるものだった。しかしところが、こちらの生活でも人と接触する行事等があることから、申込修正期限の先月末に、ヒヨって思い直してキャンセルした。やはり遊びに行き、自分が他人に感染させてしまうのが怖いのだ。出来る限りの万全を施し、こっそりひっそり行くつもりだったが、感染者のこの頃の増加を思えば正解だったのか?いつも泊まるホテル、「GOTO」以前より定価が高くなっていた気がする(気がしただけでなく事実)、と自分に補...スクーリング断念

  • テキスト科目の迷路

    奈良・佛教大通信のテキスト科目は、レポートと試験をクリアして単位を取得する。レポートを書くには、指定されたテキストや若干の参考図書を用いる。しかし、大学に在籍するうちに知識が増えてくると(僭越な言い方、許されたい)、かえってレポートの作成に悩むようになる。設題に対して盛り込むべきと思う項目・内容が増え、さらに参考文献を探したくなるためで、結果、書くのをやめたくなってしまうこともある。レポートはレポートであって、好きな分野の勉強をするうえでのきっかけと考えてもよいと思う。レポートを書くうえで気付いたところは、後からいくらでも深められる。とっとと提出しても、構成を考えて作成する作業を経過することで、随分と自分の考えを纏められる。字数のさらに限られる試験は尚更で、ほぼテキストの知識を記すことで終わってしまう。厳しいご...テキスト科目の迷路

  • 古文書 難渋記録

    公共放送学園の古文書通信教育より、難渋したところまず、右、左①宗右衛門②与五兵衛③文左衛門④文右衛門③④の1字目は両方「文」である。右左の区別では、4画目が左から右へグンと上がるのが左と思っていたが、留が大事ということか。②は「よごべえ」で良いのだろうか。与と兵衛との間に何かあるとは思ったが、「五」とは思えなかった。五と間違えた九。「九間」読めなかった野村さんの「野」「野村彦太夫代」よくある分解と再構成だった全く読めなかった「千賀」さん千賀三右衛門さんだ余談ながら、三右衛門は「みつえもん」であって、「みつうえもん」ではない。「右」は読まないらしい。「ドラえもんだって、ドラうえもんとは言わないだろう」と教えられたことがある。古文書難渋記録

  • 『学問のすすめ』という本

    私が本を読んでいると、その題名や著者を見て何かしら物言いたげになる家人が、今回は全くその素振りを見せない。何となく分かる気がする。有名過ぎるのだ。読んではいない筈だが。「翁は敵人に誤解せられ、味方に了解せられず」(福澤についての徳富蘇峰の言葉)全17遍の構成になっている。第13遍まで(前半)は、国家と個人の関係を、当時誕生間もない近代国家日本の実情に即して語っており、第14遍以降(後半)では、人生設計の技術や判断力の鍛え方などビジネス書的な要素が盛り込まれている。そして"はじめに"では、むしろ後半から読ませたいような書き方がされている。後半は、確かにそのように考え、行動規範の原則を定めておけば、向上するのに得るところは多く、人情を害することも少なかろうと納得するもので、楽しく読み進められる。それに対して前半は、...『学問のすすめ』という本

  • 鬼滅の刃?

    何も考えずに、このようなシャツを着て歩いていると流行っていますね、と言われた。何のことかと思った😂それはそれとして古文書のお勉強公共放送学園の通信教育で「基礎コース」を終えた後、さらにその基礎の「はじめての古文書」コースがあるのに気づいた。それで、これに付いている資料が欲しいこともあって受講を申し込み、修了した。今は、「基礎コース」の再学習コースに取り掛かっている。何時迄も基礎をやっていることよ、と怠惰を反省しつつ。そういう人なんだと思いつつ。鬼滅の刃?

  • 声高な言いぶり

    いくら過去の悲劇的な事象を引用し、未来を描こうとも、また、その逆であっても、絶対的な正義や権威の背後には、人間社会にあってはやむを得ない情念やあからさまな利益追及がある。その正義には絶対に反論できないだろうと言われたとき、明らかな不正が露わになる。それが政府であろうと、学会であろうと。正義は寛容なもの、と思う。厳しいご指摘、お待ちしておりません!声高な言いぶり

  • 金木犀の頃

    花の咲く前から、強く甘い香りを放つ毎年の楽しみになっている金木犀の頃

  • 庭を遊ぶ

    陶芸は長いこと断続的に続いている。生徒に自由に作らせる先生なので気持ちよく土と遊んでいる。皆さん思い思いの作陶を楽しんでおられ、私はというと何故なのか家ばかり作っている。そして出来上がったものの幾つかを庭に置いている。木陰に置いているのであまり見つかることはないが、子供が、玩具がある〜〜と喜んでくれたりすると、嬉しくなる。庭を遊ぶ

  • 文庫本とデジタル化

    佛教大通信のテキスト科目もあと2科目を残すだけになった。そんなこともあり、また、今年の夏もひときわ暑く、専門書を開く気にもなれなかったので、久々に歴史小説を読み倒していた。徳川家康の重臣、本多正信に興味があったので、amazonで本を検索してみたが、徳川四天王でもないためか意外に少ない。kindle版ならまだしもあるようで、あれ〜と思いつつ、本読みのデジタル化を考えるようになった。本多本の後、安部龍太郎が家康の生涯を書いた文庫本が、今毎月1冊刊行されているので、これも取り寄せて読んだ。歴史の捉え方や信長、家康が目指し、考え思うことも随分更新されている。安部龍太郎の本は『等伯』以来。読んだ本を並べて喜んでしまう習性は親譲りだと思う。私が本を読むのを喜んでくれた父と中学校の国語の先生に恩を感じつつ、反面、紙の本を大...文庫本とデジタル化

  • 桜10月、開花しましたね

    台風10号は、風台風だったお陰でカシノキの葉は茶色に黒色に梅も桜も落葉したん?何だチミは冬が過ぎたかのように枝垂れ桜が僅かながら開花した肥料やった方がいいのかなお疲れだろうし桜10月、開花しましたね

  • 確かな人生・・・少し思い当たること

    1人で過ごすことのできる時間が増えると、自分を振り返るようになる。するとあまりいいことを思い出さない。苦しかったときの思い返しが続くのだ。それはそれでプラスに転化することも可能なのだが。心のバランスを崩すのは、このような状態を悪化させることによるのかも知れない。悪循環に陥らないよう、いい加減に打ち切らなければと思いつつ、ふと、サラリーマン時代、とんでもなく素晴らしいと思う上司がおられたことを思い出した。ちょうど今、半沢直樹に出てくる中野渡頭取のイメージにそっくり重なるような人だった。気さくで信頼の塊りのような。その方はやはり勤め先の会長にまでなられたが、お会いした時は支社長で、私は遥か下だが直属の中間管理職だった。そんな方が、どうして私のことを長く気にかけてくださったのか、今も分からない。あの人の座右の銘は"ネ...確かな人生・・・少し思い当たること

  • 日本仏教史の試験結果とテキストなど

    日本仏教史特講1の試験は80点だった。設題は、専修念仏に関するもの。何だかあっさり終わってしまった感じ。試験終了後読んでみたのは、右側の本。左側はテキスト。テキストは、鎌倉時代初期の政治体制と仏教との関連から、顕密仏教による支配と法然・親鸞の反逆性を軸に書かれたもの。右の本は、奈良時代末期に著され、民衆の生活を『日本霊異記』にもとづき再考したもの。2冊で、奈良時代から中世の政治、社会、仏教の変化のあらすじをそれなりに概観する。日本仏教史の試験結果とテキストなど

  • 津和野行き

    車は山へ山へと休憩をはさみつつ県境のトンネルを越えると島根県津和野町太鼓谷稲成が見えてくる"稲荷"とは書かないここから見る町の風景が好きだ伏見稲荷大社から勧請されたのでやはりこれがある町へ降りて散歩するたまたまSLと遭遇しっとりとした津和野のたたずまい津和野行き

  • 間もなく暴風域

    昼間、木造家に住む高齢者で希望された方々は公民館に移ってもらった。ホテルに入った家族もいる。予想より20hPaは高くなってきているが、風がヒューヒュー、木や家屋をこする音が急に大きくなってきた。ここも間もなく暴風域に入る。間もなく暴風域

  • 仏教史答案提出

    日本仏教史特講1の試験答案を提出。親鸞思想の特質に関する出題だった。台風10号が接近している。コースが微妙に揺れているのが気にかかる。仏教史答案提出

  • 10号

    925hPaで九州西岸を通るなら、西岸から50kmは避難した方がよいのではないか。こんなことを言ってはどうかとは思うけれども。10号

  • 日本近世史の成績開示

    日本近世史特講1の試験は、83点。相給村についての設題だった。随分細かい採点基準があるのだろう。暑さは少し落ち着いたようなのに、まだ本を読む気にならない。今日はここまで。記録のみ。日本近世史の成績開示

  • 東京からの手紙

    東京在住の同級生からメールが届いた。「◯◯様こんにちは。いかがおすごしですか?4月から帰省の時期を探っていますが、新型コロナ禍のため、今月もほぼ不可能です。もっとも、帰省したとしても、東京からきた人間と会おうなんて人はいないでしょう。母からも、世間体が悪いから今は帰省するなと言われました。東京人はほとんどバイキン扱いです。△△も感染阻止対策は東京並みと聞きました。夏のマスクはきついですね。涼しくなったら帰省できる状況になるかもしれません。その時は優しく迎えていただければ幸いです。」もはや、戦時中やなぁいつかまた、冷酒を酌み交わしたい東京からの手紙

  • 誰が言ったことだったか

    心の拠り所を人に置くのは贅沢なのであるで、あるから仏像にでも成ったつもりで行動しようよ仏像は威張っていないよ誰が言ったことだったか

  • 旅行に行くには

    今年は旅行を中止し、どこにも行かない。会社員であった時、2週間程ヨーロッパに出張したことがあった。合間にライン川下りなどの遊びもあり、船から眺めていると、あまり護岸がされておらず、小さな船着場とすぐ脇に教会があった。浸水はないのですかと聞いてみると、「あります。その際はロックスターが募金をして直します」と言われた。日本でお寺が浸水したら、演歌歌手が募金活動をするであろうか。2002年当時、ドイツの電気料金は2種類あって、ひとつは原子力発電を換算しない高い料金契約、もうひとつは一般の安いもの。利用者の選択制になっていた。ドイツには超特急で2〜3日いただけなので、印象しかないが、自己責任や国の責任に対する意識が随分違っているように感じた。今はどうなっているか知らない。ブドウづくり退職後はエジプトへ行こうと思っていた...旅行に行くには

  • 弱毒化?

    新型コロナウィルスは生存のため、感染力強化かつ弱毒化へと変異いるのではないか、とテレビで医師が話していた。インフルエンザではよくあることとも。寄生する人間を殺すと自らも生存できなくなるからと。朗報に聞こえる。そう言えば以前、新型インフルエンザがいつの間にか力を失い消えていた。以下夢想・空想人は生存のために弱毒化しないのか。確かに野蛮さは、変動しながらも正当性を失いつつあるかも知れないが、ウィルスのようにとっとと変異しない。人間の考え方が変わってきたのは、歴史の中では、必要と機会から生まれ支持を受けた思想が活動を生んできたからのように思える。日本には思想というまとまったものが出てきていないとする見方もあった。西洋の思想は、X軸とY軸を交差させて事象を4分類したり、要因を図表化したりして科学的に見えるのに対し、日本...弱毒化?

  • あちら立てればこちらも立てる

    市からコロナ対策用として、各自治会に10万円の補助金が出ている。ここは400世帯程度の自治会。マスクなどの買物に行きづらい高齢者、日々マスクが必須の学童とその通学を見守るボランティアの方々、資源ゴミ等集積所当番など、弱者や自治会活動が頻繁な役の人を対象に使うことで進めている。各所に希望の物品をあらかじめ聞き取る。こちらがこれが良いだろうと持って行っても、アベノマスクの二の舞いになるのが目に見えるからで、物によっては予算を言って自ら調達してもらい、領収書を受け取る。全ての役や人に物が配られるわけではないので、理屈づけや根回しがいるし、苦情が出た場合の言い訳ではなく、対応もあらかじめ用意しておく必要はある。自治会は前時代的な、鬱陶しいだけのものと思われていたり(閉鎖的・定例的なことばかりしていると、本当にそうなるが...あちら立てればこちらも立てる

  • 近世史試験を受けて夏

    日本近世史特講1の試験答案をweb提出。夏が来た。明日は庭の草むしりをしよう。2時間できるかなぁ。コロナ禍。今年はお盆にお坊さんも来ない。来てもらうと、ビビるが。近世史試験を受けて夏

  • 近世史と仏教史のレポート(結果)

    レポートは2本とも合格していた。「日本近世史特講1」は、テキストより参考文献の方にのめり込み過ぎたようだ。講評では、一応の評価を言われながらも、「試験ではテキストにそった問題を出すから」と念を押された。題意に対し政治史に傾き過ぎたのか。しかし書きたかったのだ。「日本仏教史特講1」のレポートは、日本の仏教と政治との関係を柱に記述した。日本の思想の流れや特質を考えることになる科目。この2科目から派生して、読書が広がってきている。近世史と仏教史のレポート(結果)

  • あのなぁ

    22時頃、コンビニ。焼肉屋から出て来た若者の集団が、テンション最高潮で大声で笑い、爆笑している。マスクをしていたり、していなかったり。店員もかわいそうだ。そそくさと店を出た。政治家は無策でも、悪くはないと思い始めた。あのなぁ

カテゴリー一覧
商用