プロフィールPROFILE

普通検索観音さんのプロフィール

住所
山口県
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yt564190yt
ブログ紹介文
奈良大通信から佛教大通信へ。日本史を学ぶOLD学生の生活を記録しようかと思っています。
更新頻度(1年)

72回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2016/10/05

普通検索観音さんのプロフィール
読者になる

普通検索観音さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 17,116位 16,535位 16,518位 14,588位 14,645位 15,652位 13,692位 980,008サイト
INポイント 10 10 10 10 30 10 20 100/週
OUTポイント 20 40 30 30 50 50 40 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 14位 12位 14位 9位 9位 13位 9位 11,313サイト
通信大学生 3位 3位 4位 3位 3位 6位 3位 494サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 22,567位 23,621位 24,692位 21,494位 20,796位 22,041位 22,836位 980,008サイト
INポイント 10 10 10 10 30 10 20 100/週
OUTポイント 20 40 30 30 50 50 40 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 41位 44位 45位 38位 35位 38位 43位 11,313サイト
通信大学生 15位 15位 17位 12位 14位 15位 15位 494サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,008サイト
INポイント 10 10 10 10 30 10 20 100/週
OUTポイント 20 40 30 30 50 50 40 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
大学生日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,313サイト
通信大学生 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 494サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、普通検索観音さんの読者になりませんか?

ハンドル名
普通検索観音さん
ブログタイトル
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都
更新頻度
72回 / 365日(平均1.4回/週)
読者になる
奈良・佛教大通信 奈良!奈良! いつもは京都

普通検索観音さんの新着記事

1件〜30件

  • 古代史のレポート提出と白峯神宮参拝

    日本古代・中世史特講1のレポートを提出した。奈良時代の政争について、天皇家・藤原氏の系図をながめながらまとめた。天武系の皇位継承にかかる争いのなかで、官位を極めながら生き残った豪族は、藤原不比等と下級官吏から昇った吉備真備と和気清麻呂くらいといえば、言い過ぎだろうか。聖武天皇と光明皇后、孝謙天皇の皇位継承には悲劇性が強くつきまとう。熟成度イマイチで、レポートでは自分の表現では書ききれなかった。テキストと指定の参考図書は、次のとおり。先日(11月29日)、京都観光で今出川通を歩いていて、予定外に入ってみようかと思った白峰神宮。今は、蹴鞠宗家の社地だったことで、スポーツの守護神として有名らしいが、主祭神は、崇徳上皇と淳仁天皇である。崇徳上皇は保元の乱に敗れて讃岐国に流され、淳仁天皇は藤原仲麻呂の乱に巻き込まれて淡路...古代史のレポート提出と白峯神宮参拝

  • 姫路城登城

    いつも新幹線から見ていた姫路城やっと来れたという感じで中へ中へと足腰確かなうちに来れてよかった姫路城登城

  • 嵯峨野トロッコ列車

    嵯峨野トロッコ列車は、トロッコ嵐山駅から同亀山駅まで、30分足らずの行程だが、人気がある。予約がおススメ帰りは保津川下りの舟もあるが、2時間弱もかかるため、残念ながらパス。嵯峨野トロッコ列車

  • 間一髪、京都八瀬 瑠璃光院ライトアップ

    京都八瀬まずはケーブルで比叡山へ京都市街の夜景から山を降りもみじの小径へ瑠璃光院へ二胡の演奏も院内をめぐりながら、四方の紅葉を鑑賞する間一髪、間に合った紅葉間一髪、京都八瀬瑠璃光院ライトアップ

  • 史学史の試験結果

    史学史の試験は70点だった。分かりにくい思いをしていたので、解答が壺にはまりきらなかったのだろう。歴史を観る目による史実解釈の相違、史料検証の厳密さ、歴史叙述のあり方などがテーマで、歴史を学ぶ基本姿勢を考えさせようという科目だった。史学史の試験結果

  • 霧散した不良物質

    度重なるふくらはぎ負傷から2カ月。慎重な、欲求不満のなかの根治治療に心掛け、本日、再稼働。運動しないと、体も心も悪くしそうだった。2時間それなりに練習して異常なし。練習後、時間がたつと、腰が痛い、肩が痛い。ふくらはぎ以外の足も痛い。しかし、コートでボールを打てて、何という幸せ。余計なことどもは、何もかも空の彼方に消えていってしまった。霧散した不良物質

  • スランプのなかのレポートづくり

    進まぬ先の杖。などと意味不明なフレーズが浮かんでくる。テキスト科目のレポートで、奈良時代の政争をまとめているが、政治闘争の要素を、あれもこれもと考えていると、とても3,200字程度におさまりそうもない。そもそも、奈良時代はいつ始まったかについても、大きく3つの考え方があるうえ、政争の大元を天武・持統と設定すれば、飛鳥時代に遡る。薄く、厚く含めなければならない。何とか書き始め、やっと長屋王を殺した。桓武即位まで、まだまだ何人にも無実の罪を着せ、殺し、左遷しなければならない。本読みするのに、図書館は静かそうで賑やかなので好きになれない。雰囲気に人の気配が漂っているのが気になる。晩秋の午後は結構暖かいので、2階のベランダだかテラスだかに机と椅子を持ち込んでみると、いい調子になる。枯葉がまだ残っていた。緑は一応見えるし...スランプのなかのレポートづくり

  • 2019正倉院展へ

    京都から近鉄奈良までの特急は満席で、奈良公園を歩く人も多い。平日の昼食時を狙って国立博物館に行ったところ、入場30分待ちの状態だった。館内も混み合っていたが、展示室入口で係員が、「順路はありませんので・・」と言っている。その通りに、観たいと思う展示物に近づいていくと、時間はかかるが、ほぼ最前列で鑑賞することができる。金銀平文琴の文様の美しさ、聖武天皇から東大寺大仏へ献納された袈裟の華麗な色合。大仏開眼会に参列した聖武天皇、光明皇后、孝謙天皇が着したとされる冠は、鎌倉時代に破損があり、残欠が伝えられている。千二百年を超える過去の中で、光明皇后は、皇位をめぐる皇族と有力氏族同士の生涯続く争いから逃れることもできず、どのような思いと表情で開眼会に臨まれていたのであろうか。井上靖の小説にも書かれた漆胡樽は、シルクロード...2019正倉院展へ

  • 史学史試験答案作成に難渋

    難渋している。テキストの山内昌之『歴史とは何か』PHP文庫は、古今東西の歴史書から多数引用して構成されていながら、著者の考えは控えめにちりばめられており、趣旨が分かりづらいのである。ところが設題は、テキストに書かれているところを記せというもので、容易ではない。「論ぜよ」ならば、自分のそれなりの意見を整理して書いて、バイチャ出来そうなものなのだが、そういう設題ではない。そうはいいながら、あれこれ探りつつ、一応、900字余り書いて、取り敢えず90パーセントくらい作成したように思うので、明日、仕上げて提出する。明日が提出期限。自信不明で書き始めたものが、書いているうちに、これが正しいかもなどと考えてくる。結果は月末。これを提出したら、テキスト科目と冬期スクーリングに合わせた古代史の本読みに入る。なんだかとても懐かしい...史学史試験答案作成に難渋

  • 史学史レポートの結果と日々のこと

    史学史のレポートは2本とも受理になっていました。佛教大のレポート評価は、今年度からABCD評価が廃止となり、受理となっていれば、試験を受ける資格を得たことになります。お勉強は、なかなかやれるときにやれるようにしかできないようです。月に一度の県古文書講座にも参加していますが、グループに分かれてあれこれ意見交換でき、楽しいから続いているように感じています。歴史を学ぶにもさまざまなチャンネルをつくって、同好の人たちを検索していくことが大切だったと思います。失敗も多いのですが(失敗の方がやや多いか^^;)奈良大で歴史を学び始めたけれど、奈良に行けば多くの人が漏れなく観に行くのが興福寺の阿修羅像。この像のことは、青年らしい戸惑いの表情、品格のあるお顔と言われたりしますが、私は、その表情の奥に、王のなかの王、あるいは天皇の...史学史レポートの結果と日々のこと

  • 古文書講座後半へ

    県文書館の古文書講座は後半に入り、講師も変わった。優雅にお勉強などしているが線状降水帯?の次は、熱帯低気圧?古文書講座後半へ

  • 冬季スクーリング申込み

    冬季スクーリングを2科目申し込んだ。当初計画では3科目の予定だったが、予習資料がどっさり来ることがわかってきたので、発展研究ゼミを来年に延ばした。申し込んだのは、「古文書購読2」と「日本古代・中世史料購読」で、後の方は『続日本紀』をみっちりやることになっている。テキスト履修を10科目、スクーリングを15科目通過し、卒論が終われば卒業資格が得られるのに対し、入学後7カ月の段階で、テキスト3科目、スクーリング6科目終了している。3カ年計画で卒業しようとバタバタ進めてきたが、スクーリングの内容密度も高いので、これからは少しじっくり構えようと思う。やれるようにしかできない。スピードにこだわると、残るものも少ない。発展研究ゼミは、時代ごとに区分される面もあるようで、4つのスクーリングが必修。卒論指導される。古代では『日本...冬季スクーリング申込み

  • 台風19号

    台風19号が首都圏に向かっている。平成3年の台風19号は、940hPaで山口に突っ込み、電柱がバタバタ道路に倒れて所によっては1週間停電した。当時は週末台風とかいって毎週台風が山口に来た年もあったように思う。娘が横浜に嫁してマンションに住んでいるので、ポータブルガスコンロと水があれば食事は何とかなるとか、マンションはトイレが使えなくなり、断水ばかりでなく排水溝からの逆流があるから、ビニール袋に水を入れて塞げとかラインしたが、飛来物があるので注意しろが一番目になった。とにかく命を守ってほしい。テレビで、鉄塔などの高圧送電線はループになって電気を逆送できるが、電柱で送る配電線にはそれがないとか言っていたが、よほどの田舎でない限り、配電線網もループになっている。平成3年当時も遠い地域の電力会社から応援が来ており、当時...台風19号

  • 佛教大通信入学後半年の経過と思うこと

    10月になった。通史的な勉強をしたいと思い、佛教大学通信の日本史コースに入学して半年が過ぎた。これまでの経過を整理しておこうと思う。成績は以下のとおり○テキスト科目日本の歴史・・60点古文書学・・90点日本近・現代史特講1・・90点史学史・・レポート提出○スクーリング科目90点台だったもの〜日本近世史特講2、日本近・現代史特講280点台だったもの〜基礎ゼミナール、日本古代・中世史特講2、日本近・現代史料購読、京都の歴史と文化いきなり衝撃の60点をもらい、それ以降は「論ぜよ」がほとんどのレポートと試験の設題に対し、序文・本論・まとめの構成をまもり、自分の見方と表現で解答するようにしたが、見方や表現はなかなか十分にできないこともある。しかしまあ、そうした訓練にはなっているように思う。自分の考えるところを書けるのは歴...佛教大通信入学後半年の経過と思うこと

  • 史学史レポート② 提出

    第二設題のレポートができたので、第一設題のものと合わせて提出した。10月の提出期限が明後日なので、ギリギリといえばそのとおり。間に合わないかとも思っていたので、取り敢えずの前進。第二設題は、世界システム論からみたイギリス産業革命とフランス革命の歴史的評価に関するもの。一国史観や発展段階論を特徴とする戦後史学との対比からレポートにする。16世紀以降の世界政治・社会史で、現代に投影して書いてみたくなるが、設題が主に求めているところから外れる。あまり自分の言葉に置き換えられなかった。史学史レポート②提出

  • 今夜は陽水 お元気ですか〜

    これは思い出の行列40年前の彼氏とお嬢さんたちの群れである50周年記念ライブ知らない歌もやっぱりあるなぁ後半にはヨウスイーと何度か呼びかけたりそういうことする人でもなかったと思うがアンコールは全員が立ち上がって手拍子現在を今夜を明日を生きるのだ今夜は陽水お元気ですか〜

  • 史学史レポート① ペース落ち気味

    史学史は、学んでみたかった分野。歴史叙述の背景となる視覚、歴史観の重要な役割、歴史の役割と使命をテーマにしたテキスト科目となっている。レポートの第一設題は、テキストで紹介されている古典から2冊以上取り上げながら時代区分について論じること。テキストは、山内昌之『歴史とは何か世界を俯瞰する力』PHP文庫古今東西の歴史家などの思想が書かれており、著者の考えはごく控えめに述べられている。そのせいか、読後、頭の中で読んだ内容が熟成するのに相当時間がかかった(だらだら読んでいたせいもあるが)。結局、新井白石の『読史余論』と伊藤千広の『体勢三転考』を選んでレポートを作成した。前者は江戸中期の白石が武家政権の正統性を述べたもの、後者は幕末に、徳川御三家紀州藩の重役である千広が武家政権の終焉という危機感から綴ったもの。伊藤千広は...史学史レポート①ペース落ち気味

  • 芍薬甘草湯

    昨年11月、中学時代に軟式庭球でペアを組んでいた同級生に誘われて、ん十年ぶりに再開したテニス(硬式)。二人とも学生時代に別の場所の同好会でテニスで遊んでいた。再開してすぐ、右足ふくらはぎに肉離れを起こして痛い思いをしたが、今度は左足のふくらはぎの痙攣を4回繰り返してしまった。大したことないと練習を続けたのがいけなかったのだろう。4回目は結構厳しい。テニススクールで知り合った薬剤師のお友達に、芍薬甘草湯がいいよ、といわれたので、反省しながら家人に買ってきてもらった。"60歳からの黄金の15年"とかいうが、25年経過してもテニスコートに立つお父さん、お母さんたちがいらっしゃる。スクールではないが、敬意を表したなだらかな返球をすると、恩を仇で返すスーパーショットが飛んできたりする。かくありたいもんだ。芍薬甘草湯

  • 災害が続く

    佐賀に来ている。佐賀も今年豪雨により水没した。ここ何年か、かつて経験したことがないなどの言い方で台風や大雨が定例のように、思わぬ土地で被害を起こしている。佐賀も災害の少ない土地柄だったと地元の人が話される。今も千葉県では長期停電と断水で大変なご苦労が続いている。日常を早く回復されるよう祈るばかりしかできない。佐賀城址の堀今は何事もなかったように災害が続く

  • 夏スクーリングの成績が開示された

    「基礎ゼミナール」85点、「日本近世史特講2」90点、「日本近・現代史料購読」88点。なんだかいい評価過ぎのような思いがする(上から目線の感想?)。基礎ゼミは、イギリスの「市民革命」が世紀の誤訳であるという説明を興味深く聞いた。市民が政治に参加した状況がイギリスを大英帝国に導いたという史観の否定である。イギリスの支配層に革命前後大きな変動はないという指摘によるもので、だとすれば民主主義思想のプロパガンダということになる(民主主義を否定しているわけではない)。日本近世史は、秀吉時代の史料をグループごとに調べて発表する形で行われた。スク後の個人レポートでは聚楽第への天皇行幸について、秀吉の意図と結果評価を自分なりに書いた。近・現代史料購読は、明治初期の役場日誌が現代文からみれば中途半端に送り仮名が付いているのを、ど...夏スクーリングの成績が開示された

  • 日本近・現代史特講 1 の試験結果

    日本近・現代史特講1(テキスト科目)の試験は、90点で返ってきた。佛大試験の結果は最初が60点で、その後90点が2回続いている。「学習の手引」でもスクーリングでも、レポート、試験では自分の意見、考え、所見を記しなさい、と繰り返し言われる。意見、考え、所見と聞いても漠然としているが、口幅ったいことを言えば、自分の見方ということでいいのではないか。日本近・現代史特講1の試験結果

  • 酷暑の京都を朦朧としながら歩く

    佛教大のスクーリングに1週間行っていて、帰ったら、ぼ〜〜としている。午後からの講義しか登録せず、午前中とはいいながら酷暑の中、京都を思いつくまま歩いていたからか、なんだか今になって体中が痛かったりする。水分が減っているのか。地下鉄を降りて嵐電に乗り換える前に、猿田彦神社なる看板があったので立ち寄ってみる。所縁など調べたわけではないが、地元で維持されているような安心感のある神社。嵐電2駅で国宝第1号の弥勒菩薩半跏思惟像がおわす広隆寺に着く。案外なことに観光客が少ないと聞いている。境内は落ち着いたたたずまいのなか散策できる。ここは遠い昔の学生時代から何度も訪ねている。今は弥勒菩薩さまを蝋燭灯でしか観ることができない。地下鉄つながりで、本能寺にも行ってみた。天正時代とは場所が変わっている。観光客をあてにしていない雰囲...酷暑の京都を朦朧としながら歩く

  • 夏スク終了!と京都市街の寺社歩き

    盆前のスクーリングは2件。「日本近世史特講2」は、古文書読解の講義の後、グループに分かれて図書館で資料探し、討議と全体発表。中世と近世の境目が課題。終了翌日、大学のPCでレポート作成と提出。「日本近・現代史史料購読」は、受講者が順番に、事前配布史料(明治初期の役場日誌)の読み下しと内容説明の繰り返し。受講者の習熟度さまざま。なんだか、ほっとしたりしていた。帰宅後にレポートをweb打込みしようとしたが、台風のせいか該当ページを開けない。京都に1週間滞在した。スクーリングの合間に寺社に寄っていたが、その中で市街中心あたりの、まずは烏丸御池近くの「六角堂」。聖徳太子ゆかりが伝えられ、室町期生花発祥とされている。詳しくは立札を十六羅漢如意輪観音さまタクシーで聞いた、今トレンドだという(本当かどうか知らない)、二条城近く...夏スク終了!と京都市街の寺社歩き

  • 清明神社と金閣寺などで息抜き

    スクーリングの合間に京都あちこち。清明神社二重の鳥居をくぐり清明神社は日本人しかいないよう。これに対し、佛大近くなので久々に寄ってみた金閣寺は、人種のるつぼであるミストシャワー1日空いて奈良行きを考えていたが、佛大でレポート作業をすることになって、奈良の空気は吸うだけに奈良大を卒業したので、自動的に来れなくなるがやっぱり奈良は良いなぁ、清明神社と金閣寺などで息抜き

  • " 玉の輿神社 " こと今宮神社

    佛教大スクーリングの2日目。講義は午後から。今宮神社が大学の近くにあるので、酷暑とはいいながら、歩いて行ってみた。スクーリングで、大きな氏子区域を持ち、祭礼が有名と紹介されていた。平安遷都以前から社があったと伝えられ、遷都後の度重なる疫病を鎮めるため御霊会が開かれたのが、今宮祭という都市祭礼の起源であるという。玉の輿の由来は、西陣の八百屋に生まれた「お玉」が、家光の側室となり、5代将軍綱吉の生母「桂昌院」となったお話である。西陣に住まう氏子であったのかも。2頁続き見開きの御朱印"玉の輿神社"こと今宮神社

  • 春季スクーリングの成績が一斉に返って来た!

    6月に受講したスクーリング3科目の成績が一斉に通知された。80点台だったのが「日本古代・中世史特講2」と「京都の文化と歴史」。「日本近・現代史特講2」は90点台だった。「近・現代史」のスクではグループ討議や発表でよく喋っていたように思う。「京都の〜」はSR(スクーリング・レポート)科目で、1600字のレポートを帰宅後に提出していたが、555字の講評が返って来た。一般科目で受講生が数十人はいたはずなので、反応が大きかったと思いたい。現在では存続の危機にある祭礼行事などの存続継承方法を提案せよという課題だったので、自治会活動の経験や盛況な宗像大社のお楽しみなどなどを参考に、祭礼続行の考え方、資金獲得方法などの提案を、私なりに現実的に書いてみたのだが、講評を読んでも神社祭礼の存続に長年力を尽くしておられる先生の熱意が...春季スクーリングの成績が一斉に返って来た!

  • 8月の試験とスクーリング

    日本近・現代史特講1のweb試験を受けた。王政復古政変に関する出題で、ややこしいところを問うなぁと思いつつ答案を作成し、提出した。シラバスには、テキストからの引き写しに終わらないようにと書いてあり、引き写しができるくらいテキストを読んどけよ、ということか、ある程度の引き写しは論証の材料に認めているのだろうと思い、引き写し使用しながらも、自分の考えを自分の文章でまとめていく。自分の考えを述べていくのは結構骨が折れ、多少の度胸もいる。そこの部分は、落とすなら、落としてみたらしだんご、などと(親父ギャグを反省しながら)思いつつ書いている。8月はスクーリングを2科目受講する。酷暑か台風か、台風明けの涼風か。スクーリングはこの時期だけ、9コマを午前か午後の3日間に分けて行われる。受講する2科目は両方とも午後で、中1日空け...8月の試験とスクーリング

  • 7月分の試験・レポートの結果

    試験とレポートの成績が発表になった。古文書学試験は90点。少しびっくり。あれはあれで伝わったのかもしれない。スクーリングで、レポート、試験答案の書き方について、「考えの主張がなければ、採点しようがない」、「テキストを切り貼りしただけでは、落としはしないが、本当に理解できているのか分からない」、「テキストに書かれた定義を、自分の言葉で書いて下さい」などと先生方からきっぱりと言われていた。なので日本近現代史特講1のレポートは、そのようにして論じて提出していた。結果は合格で、講評では、理解度と自分の文章としてまとめていることが評価されていた。望外に素晴らしいお言葉もいただいたので、大事にしておこう。褒められて伸びるタイプなのである。よかった〜7月分の試験・レポートの結果

  • 拓郎を思い出した

    夏が来た!暑いからか脳の回路が変わって、拓郎を聞きたくなる(OLDだな〜)♬私は今日まで生きてみました時には誰かの力を借りて時には誰かにしがみついて※私は今日まで生きてみましたそして今私は思っています明日からもこうして生きて行くだろうと私は今日まで生きてみました時には誰かをあざ笑って時には誰かをおびやかされて※くりかえし私は今日まで生きてみました時には誰かに裏切られて時には誰かと手を取り合って※くりかえし・・・・・夏と何も関係ない歌詞だなぁCDジャケットも古ぼけちゃって拓郎を思い出した

  • 『基礎ゼミナール』スクーリング

    7月20〜21日。日本史・東洋史・西洋史コース共通で17名が受講。基礎ゼミは大学入学後の早い年次に取る科目だからか、これまで受けた専門科目のスクーリングとは若い世代の顔触れと雰囲気が随分違うように思う。まず、「歴史を研究する」とはどうゆうことかについて、市民革命と産業革命の「かつて」と「今」との捉え方の違いを例にした講義。その後、卒論の作成方法について、先行研究の調査実習。図書館、資料室ツアーの後、図書館ポータルサイト、CiniiBooks/Articlesなどの学外データベース検索のPC実習。帰宅後レポートを提出する。卒論はテーマに関する概説書を読んだ後、日本史なら最近10〜20年間の先行論文を読んだ方がよい、日本語歴史用語を常識で素通りしないなどのことの指導。辞書、事典の推薦。レポートは例によって、記憶の熱...『基礎ゼミナール』スクーリング

カテゴリー一覧
商用