ハンドル名
遊民ヤギ爺さん
ブログタイトル
遊民ヤギ爺
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yagi1854
ブログ紹介文
俳句と映画のゆうゆう散歩
自由文
暫く休養後、久し振りブログに戻って来ました。何だか浦島太郎の気分です。 亦、宜しくご指導願います。
更新頻度(1年)

131回 / 135日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2015/07/05

遊民ヤギ爺さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(IN) 8,899位 8,870位 8,897位 9,255位 10,009位 10,023位 9,610位 952,667サイト
INポイント 30 30 40 40 30 30 30 230/週
OUTポイント 50 80 80 40 50 40 40 380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 38位 41位 41位 40位 46位 45位 43位 5,911サイト
俳句 7位 7位 7位 7位 9位 9位 9位 297サイト
地域生活(街) 中部ブログ 154位 137位 135位 157位 161位 161位 152位 13,204サイト
愛知県情報 3位 2位 2位 3位 3位 2位 2位 566サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,490位 21,414位 22,211位 23,101位 21,525位 20,877位 20,667位 952,667サイト
INポイント 30 30 40 40 30 30 30 230/週
OUTポイント 50 80 80 40 50 40 40 380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 38位 44位 48位 49位 41位 38位 37位 5,911サイト
俳句 12位 14位 14位 15位 14位 13位 13位 297サイト
地域生活(街) 中部ブログ 229位 241位 254位 263位 239位 228位 218位 13,204サイト
愛知県情報 3位 3位 3位 4位 3位 2位 2位 566サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,667サイト
INポイント 30 30 40 40 30 30 30 230/週
OUTポイント 50 80 80 40 50 40 40 380/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,911サイト
俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 297サイト
地域生活(街) 中部ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,204サイト
愛知県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 566サイト

遊民ヤギ爺さんのブログ記事

?
  • シュークリームの日

    平成31年3月19日(火)シュークリームの日毎月19日はシュークリームの日だそうです?「19」は、ジュークが転じてシュークからシュークリーム、何だか苦しい、、、、、、これはお菓子メーカーの「モンデール」が制定したとある。シュークリームは和製英語で、海外では通用せず、語源は、フランスの「シュー・ア・ラ・クレーム」日本では「ア」と「ラ」を省略し「クレーム」を英語の「クリーム」と読み「シュークリーム」となったとする説もある。此方のほうが良いか?フランス語の「シュー」はキャベツの意味があり「シュー・ア・ラ・クレーム」は形がキャベツに似ているからだと言われている。英語圏の国では「クリーム・パフェ」といい、クリーム入りのふっくらした菓子をいう。日本へは、外国人の多く来る横浜に伝わり、、、和菓子の「米津風月堂」が販売をしたと...シュークリームの日

  • 桜 餅

    平成31年3月18日(月)桜餅小麦粉と白玉粉を溶いた薄皮で餡を包み、塩漬けの桜の葉でくるんだもの。葉の香り、そして餡の甘さと葉の塩味の醸し出す独特の味わいがある。東京の桜餅(小麦粉と白玉粉の皮で包む)江戸時代に隅田川近く、向島に在る長命寺境内の茶店で創られるようになったと言われる。現在一般に売られているものは、一枚の葉を折る様にして餅を挟み売られているが、長命寺の桜餅は葉を三枚使い、折らずに餅を包む。今でも東京名物の一つである。名古屋(関西でも)では糯米を蒸したものの中に餡を入れてあり、塩漬けの桜の葉を二つ折りにしてはさんである。名古屋の桜餅(餅米を蒸してある)今日(18日)は「彼岸の入」春分(秋分)の日を彼岸の中日とし、前後3日の計7日の間、仏事をする。彼岸には古くから諸寺院で法会が営まれ、、、一般家庭でも仏...桜餅

  • 馬酔木の花

    平成31年3月17日(日)馬酔木の花:あしび、あせぼツツジ科の常緑小高来、樹高11.5~4m山地の乾いた土地を好んで自生する。葉は楕円形で深緑、表面に艶があり、枝先に束生する。庭木としても植えられるが地味な木である。3,4月頃の白色の小さな壺状の花を付ける。累々と房の様に垂れる。薄紅色の花もある。花の寿命は短く、萎れるのが速い。雄蕊は10本で、2個の角を持ち毛深い、、花より、冬になり紅熟した実が美しい。有毒植物で、牛馬が食べると痺れて酔った様になる事から、この名が付いた。多くの草食動物はこの馬酔木を食べない。馬酔木の多く残る地域は獣害が多くなる様で在る。馬酔木は有毒であり、葉を煎じて殺虫剤として利用される。今日の1句雨脚に馬酔木の花の零れをりヤギ爺馬酔木の花

  • 沈丁花

    平成31年3月16日(土)沈丁花:丁子、瑞香ジンチョウゲ科の常緑低木、中国原産庭園や垣根等に庭木として植えられる。3~4月頃、枝先に10~20個の花を半球形状に咲かせる。外面が紫紅色、内面が白色の肉質で四弁に別れて平開し、その芳香が沈香に、花(咢)は丁子に似る。他に白一色の花や、斑入り葉の品種もある。雌雄異株であり、日本に在るのは殆ど実を結ばない雄木だが、稀に雌木が在って、結実する。今朝は、毎月一度の資源ゴミの回収日、、、快晴だが、風が強く肌寒い、、細い路地の曲がり角辺りから、甘い香りが漂い、、曲がって直ぐのお宅の庭に沈丁花が咲いて居る。日当りの良い、庭から辺り一面に香を放ち、、私達を出迎えてくれた、、、、。今日の1句回収日沈丁にほふ路地の庭ヤギ爺沈丁花

  • 土 筆

    平成31年3月15日(金)土筆:つくづくし、つくしんぼトクサ科の多年草、杉菜の胞子茎、地下茎早春に顔を出し、形が筆に似ている事から土筆と書く昨春、カミさんがマンション駐車場前の芝生で土筆を見つけた。昨年度変わり(4月)より、マンションの植栽等を業者に任せる事となり、、芝生や花壇等が綺麗に手入れされて、雑草を見かけなくなった。蒲公英等とともに、杉菜も刈取られて「土筆」も姿を消した。カミさんがガッカリしている所へ、ご近所の方から「娘が届けてくれた、、」と御裾分けが在った。ほんの少しではあるが、早速絝(苞葉)を取り、水に晒て置く。夕餉に「卵とじ」を作る。旬の一品が食卓にあがる。ほろ苦い草の味、、、柔らかく、シャキシャキした食感が堪らない、、、、。今日の1句つくしんぼ信号待ちの分離帯ヤギ爺土筆

  • 柳の芽

    平成31年3月14日(木)柳の芽:芽ばり柳ヤナギ科の落葉高木または低木雌雄異株、川柳、行李柳などの総称、一般に親しまれているのは、枝垂れ柳で、春の芽吹きの美しさから、春の季題とされる。柳の種類は多いが、中でも高さ5~10mにもなる枝垂れ柳の芽の美しさは「芽も張る」、「芽も春」と称えられる。糸柳(枝垂れ柳の別称)の細い枝の芽に、雨粒が珠のように付く様は、例えようのない美しさがある。先ず新芽が吹き出し、川辺で芽吹いた柳が風にそよぎ、サラサラと揺れて、本当の春の訪れ来て、小鳥が新芽と伴に揺れて器用に遊んでいる、、、、、。以前、名古屋の納屋橋付近に住んで居ました。此処は「柳橋」と言われ、メンストリートの広小路通りや、それと南北に交差して堀川が流れて居り、この季節になると柳の並木が芽吹き出し、風に揺れる様は今も記憶に残り...柳の芽

  • 春 雨

    平成31年3月13日(水)春雨:春の雨、春霖春雨は古くから、自ずと静かな雨を思わせる言葉であり、しっとりとした風情が漂う。春先には、台風の様に風雨の強い日もあるが、それは「春荒」「春嵐」と表現する。春霖は、数日の間降り続く春の雨の事をいう。今月に入り、数日間隔で雨天が続き、出足を削いでしまう。公園では泥濘が多く、、、園児達の声も殆ど聞こえて来ない、、、散歩の途中、幼稚園を覗くと、教室等の室内から歌声や、叫声?が聞こえてくる、、子供達も外へ出られぬ不満が溜まっている様だ、、、、、。木の芽は、大部膨らみ始め、、例年より、少し早めの開花が在りそうです。名古屋港も人通りは無く、遊園地に在る観覧車も雨に霞んで見える、、、、。今月に入り、町内の方が二人亡くなられた、、年の始めから、三人目である、、、。何だか、とても侘しい、...春雨

  • 震災から8年

    平成31年3月12日(火)東日本大震災八周年追悼式東日本大震災から8年が経過した。関連死を含む犠牲者は2万2千人を超える、、、、、復興は見えるところのインフラ整備等が進んだが今だに5万人以上の避難生活者が在る。昨日(3月11日)、東京の国立劇場で政府主催の「東日本大震災八周年追悼式」が行われた。秋篠宮ご夫妻のご臨席のもと、岩手、宮城、福島の被災3県の代表者、政府関係者が参列し開かれた。冒頭、菅官房長官は「開式の辞で追悼式と言う所を「きねん式典」と申し上げたと、後の記者会見で陳謝した。午後2時46分(震災の発生した時刻)、1分間の黙祷を参列者全員で捧げる、、、、。安倍総理の式辞では、「震災から8年、復興は着実に進んでいる、、今後も被災者一人一人に寄り添い支援、復興をを加速させていく、、、」と述べる。秋篠宮殿下のお...震災から8年

  • 潮路句会

    平成31年3月11日(月)潮路句会3月例会日時:平成31年3月9日(土)13:00~場所:大手コミュニテイセンター兼題:1)三椏の花、2)種物、3)当季雑詠3月に入り季節は「仲春」、寒さと暖かさが交互に続き、二、三日毎に春雨が降り、寒暖に自分の身体が付いて行くのも大変な、今日この頃、、、、今朝から雨もあがり、、、句会場の在る公園には、子供のスノーボードに付添う母親、父とサッカーボールを蹴る男の子、、、あちらの方では、木の枝を振り回してチャンバラごっこ?をしている子等が、、、、長閑な光景が戻って来たようです、、、、、、。三椏三椏の咲くを辿りて紙の村玲子今月の兼題の「三椏の花」「種物」は普段あまり使わない季語、それでも荒子川公園、植物園など行き、三椏を探し、花屋などで花の種を見つけたり、早速種まきをする人も居た様で...潮路句会

  • 懇親会

    平成31年3月10日(日)学区の懇親会毎年度末恒例の「学区各種団体連絡協議会の懇親会」が熱田に在る、「蟹料理の甲羅」で催された。区政委員と民生委員、環境保険委員、女性会、老人会体育委員、小中学校PTA、消防団等の代表が集り、港区役所、社会福祉協議会の代表や小、中学校校長教頭先生方と親睦を深める、年一度の懇親会。毎月、連絡協議会等で会合をする場合、議題にそって協議するうち、時には激しく詰め寄り、決して笑顔を見せる事なく検討、決議されていく、、、。亦、学校の先生方には学校行事でお会いするものの、余り話すことは無い、、、。年に一度の懇親会、、、お役所関係者や先生方の普段余り見せない、お姿を目にする事が出来ます。お酒の席では、皆さん笑顔でとても饒舌となり、、結構世間話もなされる。「私も、何処其処の学校のOBだとか、趣味...懇親会

  • 連 翹

    平成31年3月9日(土)連翹:れんぎょう、いたち草中国原産で日本へは古くから渡来、モクセイ科の落葉低木、高さ約2mで株立ちとなり庭木として栽植される。最近は、やや大ぶりの「チョウセンれんぎょう」が多い様だ。3~4月、葉に先立ち色鮮やかな黄色の花を無数につける。花冠の先端は深く四裂している。花の後小さな卵形のの葉が萌えでる。連翹の「翹」は花を付けた枝が長く伸びて垂れ下がる様になるのを、鳥の尾羽に例えたものと言われる。蔓の様に長く伸びた枝に咲く黄色の花は遠くから見ても鮮やかで在る。今日の1句ゆらゆらと風の生す儘いたちぐさヤギ爺連翹

  • 種 物

    平成31年3月8日(金)種物:種袋、花の種前年に取った五穀、野菜、草花等の種子を一冬よく乾燥させ、蓄えて春に撒く。このうち籾種以外の種子をいう。五穀とは、米、麦、粟、豆に黍(又は稗)をいう。自家製の種は天井に吊るし、乾燥させ冬の間中保存する。「種物屋」「花屋」等が美しい花の印刷を施した草花の種の入った種の紙袋の美しい色に、陽春の近づいたことを感じる。街角の花屋やショッピングモール等の店頭に、ワゴンを配置し、「花の種」「種袋」等が並ぶ。感心を持つ人は、先ずご高齢のご婦人方、次に母娘連れ、若い娘さん達(決して独りではない)残念ながら男性客は余り見当たらない。私の様にカミさんに付いて「不承不承」ながら種を眺める方が居る。然し、実際に手に取るとこれが中々面白い。色トリドリの綺麗な図柄の袋に納められ、、こんなにも様々な種...種物

  • 啓 蟄

    平成31年3月7日(木)啓蟄:けいちつ二十四節気の一つで3月6日頃二十四節気は、一年をだいたい十五日周期で季が変わり、次は3月21日の春分にあたる。「啓」は、開ける、開放するという意味で、「蟄」は、かくれる、虫類が土中にかくれるで、土の中に隠れていた虫等が穴を開けて出て来る事を表している。冬の間地中で巣ごもりをして居た蟻、地虫等や冬眠中の蛙、蛇等が暖かくなり、穴を開け地上に出てくる時季である。啓蟄のニュース(中日新聞より)俳人の名句啓蟄や幼児のごとく足ならし阿部みどり女今年も春がやって来た。下萌えした大地を歩く喜び、幼児が手を上げて調子を取りながら、よちよちが出来る喜び、、、、、、亦、戸外に出たお年寄りが、手始めに「足慣らし」をする。春になった大地を讃え、家にじっと閉じ籠っているのがもったいない、そんな感情が、...啓蟄

  • おうちごはん

    平成31年3月6日(水)古民家「てとてと」おうちご飯昨日(5日)久しぶりに古民家「てとてと」へおうちごはんに出掛けた。テーブル席、座敷ともに既に一杯のお客さん、事前にカミさんが電話予約して居り、、座敷の奥、「雛飾り」の前の席が用意されて居た。間も無く、昼の膳が運ばれて来た。本日のメニュー、「ちらし寿司」「野菜サラダ」「あんかけ素麺」「野菜かき揚げ天婦羅」「山菜の白ごま和え」「ひりょうずと竹輪の含め煮」「香の物」二日間続きの「ちらし寿司」だが、この時季にはやむを得ぬか?でも作る家により味も変り、美味しかった。「あんかけ素麺」は、麺に熱々の山菜のあんかけがとても美味しい。「「かき揚げ」は、野菜に蕗の薹がそえられ、諄くなくさっぱりと、ゆず塩で、、、、「白ごま和え」はブロッコリ、人参、アボガドに山菜、豆腐と白ごまで和え...おうちごはん

  • 囀り

    平成31年3月5日(火)囀り:さえずり、百千鳥鳥が繁殖期に出す、特別な鳴き声を囀りと呼ぶ。一般にメロデイアスで美しい複雑な声。同種の雄に対する縄張り宣言と、雌に対する、恋歌の意味を持つ。春を告げるウグイスを先駆けに、様々な鳥が唄い始め、更には5月頃になると南方から来る夏鳥達が渡来し、山地や高原等は囀りの天国となる。この所天気の周期が短く雨天が続く様になり、一雨毎に暖かくなり、、、、今朝は、春の陽気が戻り、気温も急上昇で日中は18度を超えるとの予報も、、、、今日3月5日は、愛知県下の公立中学校の卒業式です。娘の長男も卒業の日を迎える、、、。数日後には、公立高校の入試も待って居り、悩ましい、日々が続く。亦、我が家のお隣りはどうやら引っ越しの様子で、引っ越しのトラックが、真新しい荷物を搬入されています、、、。(そうだ...囀り

  • 春 泥

    平成31年3月4日(月)春泥:春の泥轍の残る、ぬかるみ春になると凍てついていた土が緩み、気候の関係で、雪解けや雨が降り泥濘となって難儀する事が多い。「春の泥」はこう言ったぬかるみ状態の事をいう。「春泥」は泥濘に依る煩わしさだけではなく、春の訪れを期待する、特別の季節感」を伴い趣のある季語である。町内で唯一「未舗装」の儘の道路が在る。車一台が通れるほどの狭い土道路であるが、中程に駐車場があり、車の往来は頻繁にある。ここ数年名古屋市の土木事務所に舗装願いをするも「この道路は私有地であり、地主の許可なく舗装工事は出来ません」との見解。この道路に面して住宅が6軒あり、向かい側には広い駐車場と4,5軒の裏口がある。駐車場へ出入する車が頻繁に通り、雨天時は水溜りが泥をはねる、、、、。昭和34年(伊勢湾台風)の頃この土地は名...春泥

  • 雛飾る

    平成31年3月3日(日)雛祭り:桃の節句、上巳(じょうし)3月3日、女児の息災を祈り行われる行事古くは桃の節句、雛遊びといった。雛人形に桃の花、を飾り、白酒、菱餅、あられ等を供えて祝う。上巳(じょうし)人形で身体の穢れを祓い、川に流した上巳の日の祓いの行事。この雛遊びの風習が江戸の頃より、紙の雛から内裏雛等の豪華な人形を、武家社会等の裕福な家で飾り祝う様になった。最近、核家族化が進み、都会に出た若い世代では住居の狭さや、出し入れの面倒から、対雛等の簡素な物になる、、、。一方、田舎に取残された老夫婦の家では、七段飾りをする必要もなくなり、手放す家も、、地方で最近よく目にするのは、古民家等を利用して、使われなくなった雛を集め一同に飾る催しが行われている、、、。昨今、ネット上で「雛人形は一人一飾りずつ持つべきもの」と...雛飾る

  • 三椏の花

    平成31年3月2日(土)三椏の花:みつまた、結香花ジンチョウゲ科の落葉低木で高さは2m位。中国原産で古きから渡来。晩秋に落葉した後、枝ごとに一団の蕾を下向きに付けよく年の3~4月頃、葉より先に黄色の筒状の花を咲かせる。花は切り花として、樹皮は上質の和紙の原料となる。枝が三叉するのが特徴である。三椏が和紙の原料となったのは16世紀(戦国時代)頃で、当時は「三椏の皮は品質が余り良くないので、コウゾと混ぜて使うよう、、」と勧められた。明治以降、栽培が容易な三椏を紙漉の原料として用いる様になり、「がんび」の代替え品として重宝される。コウゾガンビ三椏の花現在、手漉き和紙の原料として、「コウゾ」に次ぐ、和紙の主用原料となった。今月の兼題となった「三椏の花」を知らず、句仲間の誘いで、東山植物園に出掛ける、、。今日の1句雨粒を...三椏の花

  • 三 月

    平成31年3月1日(金)三月三月は仲春の頃をさす。仲春とは、啓蟄(3月6日)から清明(4月5日)の前日迄の約1ヵ月間をいう。暦のうえでは仲春と呼ぶが、寒さと温かさが交互につづき、少しづつ日も長くなり春の気配が見え始める。木々の芽が膨らみ、草が青み、動物達も冬眠から目覚め、あらゆる物が春にむかい動き始める、、、。三月はそういった解放感の様なものがある、希望に満ちた明るい季節。アッと言う間に3月に入り、子供達は卒業の時を迎えます。進級する子、入学をする子、社会に出て働く子、、進路は様々でも希望に満ちた3月です。暖かくなり、街を歩いて見ると、やはり風景が変わり明るくなった様な気がする、、、、。大通りの花壇には、三色スミレ等の春の草花が植えられ通りが華やいで明るくなった様で、、、。名古屋港、無料休憩所の周りの紅梅は丁度...三月

  • 二月尽

    平成31年2月28日(木)二月尽:二月を終える事ゴミの分別平年ならば2月28日、閏年なら2月29日尽の付く季語は、「弥生尽」「九月尽」等がある。二月尽は歴史が浅く、「怱忙」(いそがしい、せわしい)の間に短い2月が終わって締ったとの感慨と、3月を迎え、いよいよ春が来たといった期待と喜びの在る季語。毎週木曜日は我が町内のゴミの分別、回収の日である。週2回ある「可燃ごみ」回収と、毎週木曜日に在る「資源ゴミ」(紙製容器、ペットボトル空き瓶、空き缶等)の回収が重なる。二月尽相も変はらぬ塵の山ヤギ爺二月尽

  • 水温む

    平成31年2月27日(水)水温む寒さが緩んで池や沼等の氷も解け、春の陽射しに水がようやく少し、温まってきた感じをいう。感覚的な季語であるが、池や沼などをよく見ると、色々な水草や藻が生えている、、、。そろそろ、水底のの魚などが動き始める。今週に入り気温がグンと上り、月曜日18度、火曜日、主要日は16度、そして今日は平年並みの14度、スッカリ春の陽気に、散歩する方も多くなった様に思われる。神社の境内を覗いて見ると、手水場の辺りに高齢のご婦人が2,3人見える。つひ、私も後に続き手洗いを、、、未だ未だ水は冷たいのですが、それでも真冬の手を切る様な冷たさはなく、心地良い冷たさです。娘達の住む一宮では、通学の途中の子供達が立ち止り、代わる代わる水底を覗き確かめながら進み行く(一昨年、娘の家に泊まった折り)もう過ぐ春休み、そ...水温む

  • 笑う子規

    平成31年2月26日(火)毎年よ彼岸の入に寒いのは正岡子規「笑う子規」:筑摩書房出版正岡子規著、天野祐吉編、南伸坊絵四国の旧制松山中学出身のコラムニストの天野祐吉さんが松山に在る「子規松山記念館」館長をされていました。「俳人、正岡子規」の作られた俳句、凡そ2万4千句の中から、俳諧の本文である、滑稽、おどけを基に、「笑える俳句」を選び編集された。これに、イラストレーターの南伸坊さんがユーモラスな絵を付けられ、楽しい俳句本となった。「新年」の20句、「春」の27句、「夏」の39句、「秋」の31句、「冬」の26句、計133句。季節毎に、クスリと笑える、ユーモアのある俳句集、、夏に多いのは、冬の寒さから解放された気軽さからか、川柳とは違う、季節感あふれる親しみのある句が多い。最近、夏井いつきさんのTV番組に依る影響もあ...笑う子規

  • 天皇陛下在位三十年記念式典

    平成31年2月25日(月)天皇陛下在位30年記念式典(中日新聞より)2月24日(日)、東京国立劇場で、平成天皇の在位30年を祝う式典が行われた。式典には、三権の長、民間各界の代表、駐日外国大使等が参列された。安倍首相の「自然災害が多かった30年、常に被災者に寄添われてこられた両陛下を、私達は決して忘れません、、、」と式辞を述べる。東日本大震災で被災した、内堀雅夫福島県知事と、両陛下と海外の戦禍の地を訪れた川口順子元外務大臣の国民代表の辞が続く、、、、。この後、女優の波野久理子さんが、両陛下の「和歌」の朗読をされる。続いて、沖縄県巣出身の歌手三浦大知さんが、両陛下が沖縄のハンセン病患者を見舞われた際の思いを詠んだ「琉歌」に皇后様が曲を付けられた歌を、独唱し、、感慨深げにこの歌を聴かれる、、、。次に、ソプラノ歌手の...天皇陛下在位三十年記念式典

  • 入学試験

    平成31年2月24日(日)入学試験:受験子、合格受験絵馬が並ぶ高校、大学、私立や公立の小、中学校等では主に2月頃に入学試験が実施される。近年は高度な技術や情報社会等を背景にして生活水準の向上等により、高学歴社会となった。そのため、幼少の頃から受験に向う子供達が母親達に背を押され、塾通いをし、必死に入学試験に挑む、、、、中には、年末年始(クリスマス、正月)を返上して塾に集まり、鉢巻き姿で気勢を挙げる、、何とも勇ましい(イタマシイ)光景がTV画面から流れる、、、、、我家でも今年、高校受験の子が居り、、、、親達もそうだが、平静を装う我々も正直な処爺、婆共に気が気ではない、、、、。幸い、2月の始めの私立の高校受験には合格の報せが、、、ホットするのも束の間、3月早々には公立高校の入試を控えて、親子共々、私達もひたすら、静...入学試験

  • 歌詠鳥

    平成31年2月23日(土)歌詠鳥:うぐいすの副題民報のバラエテイ番組「プレバト」の俳句コーナーで一躍、俳句ブームを作り、時の人となり、、、、今を時めく俳人「夏井いつき」さんの、とても面白く俳句季語を紹介された本「絶滅寸前季語辞典」の中に「うぐいす」の記述が在ったので紹介します。歌詠鳥:うたよみどり(三春、動物)うぐいすの副題、古来、詩歌に多く詠まれてきた鳥である事から、或いは歌を詠むが如くに鳴くという、鳴声に対するネーミングか、そこのところはよく判らないが、いづれにせよこれだけ沢山の季語バリエーションが在る鳥は「鶯」以外にはないだろう。冬の間は「笹鳴」と愛でて貰い、春先に聞こえてくる第一声は「初音」と大喜びされ、夏になれば「老鶯」と慈しんで貰えるのだから幸せな話だ。「春告鳥」「花見鳥」は季節の気分が伝わって来る...歌詠鳥

  • たんぽぽ

    平成31年2月22日(金)蒲公英:たんぽぽ、鼓草キク科、タンポポ属の多年草の総称国内はもとより、全世界に分布する。黄色い花(稀に白い花も在る)の開花後実を結び、そこに白い冠毛が生じ、風に乗って飛んでいく。これをたんぽぽの絮と呼ぶ。葉はギザギザに切れ、緑色で葉叢の中心から茎が起ち、鮮明な花が咲き出で、土手や野原が明るくなる。日本には、「関西たんぽぽ」「関東たんぽぽ」「蝦夷たんぽぽ」「白花たんぽぽ」等に加へ、「西洋たんぽぽ」等、十数種類が分布する。根は太くゴボウ状で、薬用に利用される。別称「鼓草」と呼ばれるが、花の形が鼓面に似ているから、、、亦、花が堤に生えているからとも言われる。日に日に暖かさが増し、散歩の途中で彼方此方に「たんぽぽ」の黄色い小さな花が覗いて居る。公園の片隅、土手の道等、驚く事に、舗道に在るコンク...たんぽぽ

  • 梅の花

    平成31年2月21日(木)梅:白梅、紅梅、臥竜梅寒気の厳しい早春、他の花に先駆けて咲く梅の花は、その気品と香りから、古くから日本人に好まれ、詩歌や絵画の対象となった。中国原産で8世紀頃に日本へ渡来した。「万葉集」では、萩に次いで多く歌われ、春の花の代表である。平安時代になると、表現も細やかに匂や香りを記述する様になる。白梅紅梅色は白の他に、紅、淡紅等が在り、一重八重、大輪、小輪等300種類以上ある。実梅梅干し等にする実梅とは別に、、紅梅系豊後系等に大別される。梅の名所は、関西では「月ヶ瀬梅林」(奈良県)「北野」(京都府)「南部梅林」(和歌山県)「関東では「偕楽園」(茨木県、水戸)「吉野梅林」(東京青梅)熱海梅郷(静岡県)等が有名。この地方(名古屋)では、平針の農業試験場の「枝垂れ梅」が有名で、、、これから3月中...梅の花

  • はだか祭り

    平成31年2月20日(水)国府宮の裸祭り2月16日(土)、名古屋市守山区の奉賛会が国府宮裸祭りに供える「大鏡餅」を台車に乗せ出発、稲沢市の大國霊神社(国府宮)へ、無事奉納された。2月17日(日)、国府宮裸祭りの開催である。裸祭り(国府宮)尾張地方の総鎮守神(尾張大國霊神)は、豊商業守護神、厄除神として広く信仰される。裸祭りは、正式には「儺追神事」といい、毎年旧正月の十三日(今年は2月17日)に行われた。起源は古く、神護景雲元年(767年)称徳天皇の勅令により「悪疫退散の祈願」が全国に在る国分寺で行われ、尾張国司が総社の国府宮(稲沢市)でも祈願した。今年の神男が選ばれるこの神事は、祈祷と御御籤に依って選ばれた神男を巡り、下帯一つの裸男達による壮絶な揉み合いを繰り広げる。「神男:に触れれば厄落としが出来るとの信仰か...はだか祭り

  • 学区防災訓練

    平成31年2月19日(火)学区の防災訓練2月17日(日)、学区の防災訓練が行われる。早朝8時、小学校の体育館に学区区政協力委員、各種団体協力委員、女性会、学区消防団が集まり体育館の床にブルーシートを張り、机、椅子、機材等の準備をする。午前9時、各町内選抜(各5名)の80名が集合、港区防災課の指導の下、訓練が始まる。今年は、参加者全員が訓練に加わり、3班に分かれ見るだけではなく、AEDの取扱、簡易担架の作成と搬出、バール等工具を使用して倒壊家屋からの被災者救助等を実施する。実際にバール等工具は重く、作業は大変の様子、、区政協力委員は別室に移動し、区役所防災課の指導の下、「避難所運営ゲーム」を運営マニュアルを使い、机上での訓練を行う。避難所(体育館とグランド)の平面図に避難者カードを時間内に配置していく、、。避難者...学区防災訓練

  • 潮路句会

    平成31年2月18日(月)潮路句会2月例会日時:平成31年2月16日(土)13:00~場所:大手コミュニテイ・センター兼題:1)春寒、2)梅、3)当季雑詠この日(16日、土)は早朝から廃品回収、消火バケツの洗浄等、町内を駆け巡る忙しき半日を終える。急ぎ、句会場の大手コミュニテイ・センターへ、、、、会場の準備を取り急ぎ、、、参加者が順次お見えになる。本日は1名が所要で、2名が入院加療中での欠席。甚だ淋しい句会となりました。この日は、「バレンタイン・デー」のチョコレートが全員に配られ、甘い香りを頂き、暫しテイー・タイム。入院中の方達の一日も早い復帰を願いつつ、、、句会の開催です。潮路抄山峡の空皆遣い寒天干す玲子乾鮭を提げて北から男来し勝兄見舞ふ庭にほつほつ梅の花美保子童顔の雲水無言春浅し魚青荒野にも下萌在りて土ふく...潮路句会