searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/classic_2007
ブログ紹介文
クラシック音楽のCD/DVDによる名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ
更新頻度(1年)

259回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2016/04/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さんの読者になりませんか?

ハンドル名
<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さん
ブログタイトル
<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽
更新頻度
259回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽

<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さんの新着記事

1件〜30件

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~フランソワ=グザヴィエ・ロト指揮レ・シエクルのベートーヴェン:交響曲第5番「運命」ほか~ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」ゴセック:17声の交響曲指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト管弦楽:レ・シエクルCD:キングインターナショナルKKC-6268指揮のフランソワ=グザヴィエ・ロト(1971年生まれ)はフランス、パリ出身。現在、ヨーロッパでもっとも熱い注目を集める指揮者の一人。当初、フルート奏者として活動。2000年「ドナテルラ・フリック指揮コンクール」第1位となり、ジョン・エリオット・ガーディナーのアシスタントを務め、ロンドン交響楽団などを指揮。2003年に革新的なオーケストラ「レ・シエクル」を創設し、時代楽器とモダン楽器を使い分け、多彩なプログラムを展開している。2011年南西ドイツ放送交...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~仲道郁代ロマンティックなピアノ2021ショパンの儚くも美しい人生を巡って〜ショパン:幻想即興曲前奏曲第15番変二長調「雨だれ」バラード第1番ト短調Op.23他ピアノ:仲道郁代会場:紀尾井ホール日時:2021年3月5日(金)午後2時ピアノの仲道郁代は、桐朋学園大学ピアノ科で学ぶ。1982年大学1年在学時の第51回「日本音楽コンクール」ピアノ部門優勝。1985年~1987年文化庁在外研修員としてミュンヘン音楽大学に留学。1986年第42回「ジュネーヴ国際音楽コンクール」第3位(最高位)。1987年「メンデルスゾーン・コンクール」第5位。近年はベートーヴェンのピアノソナタ全曲録音のCDをリリースし、コンサートでもソナタと協奏曲を全曲演奏するなど、ベートーヴェンにも精力的に取り組んでいる。◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~遠藤真理チェロリサイタル~サン=サーンス:チェロソナタ第1番ハ短調op.32ラフマニノフ:チェロソナタト短調op.19マンシーニ:ムーン・リバー加藤昌則:サウンド・オブ・ミュージック・メドレー、「夜のソナタ(SonatadiNotte)」より第3楽章、映画音楽で巡る世界一周メドレーチェロ:遠藤真理ピアノ:加藤昌則会場:ザ・フェニックスホール日時:2021年2月11日(木/休)午後2時チェロの遠藤真理は、神奈川県横浜市出身。2005年東京芸術大学を首席で卒業。2005年オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム大学に留学し、2007年マギスター課程を最高点で卒業。2003年第72回「日本音楽コンクール」第1位および徳永賞。2006年第58回「プラハの春国際音楽コンクール」第3位。2008年「...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新刊情報

    <新刊情報>書名:ベートーヴェン一曲一生著者:新保祐司発行:藤原書店なぜベートーヴェンは近代を、そして現代を超えるのか?近代の暮れ方に訪れた新型コロナ禍の“異常な”100日間、ベートーヴェンの作品を1日1曲、ほぼ全て聴き尽くして辿りついた、ベートーヴェンの神髄とは?新たな主題の「発見」でも、主題の新たな「解釈」でもなく、真に内発的な「主題の変奏」という、その「天才」の本質に迫る力作批評。生誕250年記念出版。◇書名:音楽の肖像画・文/堀内誠一著・詩/谷川俊太郎発行:小学館あのベストセラー「マザー・グースのうた」の名コンビが復活した。堀内誠一が遺した素晴らしい肖像画とエッセイに、谷川の詩が協奏する。カラーも満載の宝物のような一冊。収録された作曲家は以下の人々――モーツァルト/ドヴォルザーク/ドビュッシー/フォーレ...◇クラシック音楽◇新刊情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団のベートーヴェン生誕250周年記念プロジェクト~ベートーヴェン:ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための三重協奏曲交響曲第5番「運命」指揮:飯森範親管弦楽:日本センチュリー交響楽団ピアノ:関本昌平ヴァイオリン:郷古廉チェロ:横坂源会場:ザ・シンフォニーホール日時:2021年2月21日(日)午後2時指揮の飯森範親(1963生まれ)は、1986年桐朋学園大学指揮科卒業後、ベルリンへ留学。1989年からバイエルン国立歌劇場でサヴァリッシュのもとで研鑚を積む。1994年東京交響楽団専属指揮者に就任。1994年、CD録音での成功が高く評価されモスクワ放送交響楽団特別客演指揮者(~1998年)に就任。1995年~2002年広島交響楽団正指揮者。2001年バーデン=ヴュルテ...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~2019年「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門優勝者佐藤晴真のブラームス作品集~ブラームス:チェロ・ソナタ第2番ヘ長調作品99メロディーが導くように作品105-1森に覆われた山の上から作品57-1死、それは涼しい夜作品96-1子守歌作品49-4チェロ:佐藤晴真ピアノ:大伏啓太CD:ユニバーサルミュージックUCCG-1879チェロの佐藤晴真(1998年生まれ)は、名古屋市出身。第83回「日本音楽コンクール」チェロ部門第1位および徳永賞・黒柳賞、第13回「ドメニコ・ガブリエリ・チェロコンクール」第1位、2018年「ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール」第1位および特別賞を受賞。そして、2019年、長い伝統と権威を誇る「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門において日本人として初めて優勝して...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~[国際音楽祭NIPPON2020]諏訪内晶子室内楽プロジェクトAkikoPlaysCLASSICwithFriends~バッハ:シャコンヌブラームス:ピアノ三重奏曲第3番ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲第2番ヴァイオリン:諏訪内晶子他会場:紀尾井ホール日時:2020年15日(月)午後7時ヴァイオリンの諏訪内晶子は、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマ・コースを修了。文化庁芸術家在外派遣研修生としてジュリアード音楽院に留学。1987年「日本音楽コンクール」で第1位。1988年「パガニーニ国際コンクール」で第2位。1989年「エリザベート王妃国際音楽コンクール」で第2位。1990年「チャイコフスキー国際コンクール」で第1位(最年少、日本人初)。2013年から「国際音楽祭NIPPON」を企画、芸術監督を...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~宮田大(チェロ)・三浦一馬(バンドネオン)デュオ・リサイタル~バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタト長調BWV1027第1楽章ヘンデル:オペラ『リナルド』より「涙の流れるままに」サマー:Julie-O(宮田)J.ウィリアムズ:『シンドラーのリスト』よりテーマクライスラー:愛の悲しみバルトーク:ルーマニア民俗舞曲ガルデル:わが懐かしのブエノスアイレスガルデル:首の差でプラサ:メランコリコピアソラの主題によるバンドネオン・ソロ・メドレー(三浦)ピアソラ:『タンゴの歴史』より「カフェ1930」リベルタンゴチェロ:宮田大バンドネオン:三浦一馬会場:東京文化会館小ホール日時:2021年2月3日(水)午後7時チェロの宮田大は、栃木県宇都宮市出身。第74回「日本音楽コンクール」第1位。桐朋学園大学ソリスト...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽CDレビュー◇グラズノフ:交響曲第8番/バレエ音楽「ライモンダ」/ヴァイオリン協奏曲/サクソフォン協奏曲

    <クラシック音楽CDレビュー>~グラズノフ:交響曲第8番/バレエ音楽「ライモンダ」/ヴァイオリン協奏曲/サクソフォン協奏曲~グラズノフ:交響曲第8番変ホ長調Op.83バレエ音楽「ライモンダ」組曲Op.57aヴァイオリン協奏曲イ短調Op.82サクソフォン協奏曲変ホ長調Op.109指揮:ホセ・セレブリエール管弦楽:ロシア・ナショナル管弦楽団ヴァイオリン:レイチェル・バートン・パインアルト・サクソフォン:マルク・シーソンCD:「グラズノフ:交響曲&協奏曲全集」(WarnerClassics0190295651435<8CD>)より◇【グラズノフ:交響曲&協奏曲全集】<CD1>交響曲第1番ホ長調Op.5「スラヴ風」交響曲第2番嬰ヘ短調Op.16<CD2>交響曲第3番ニ長調Op.33管弦楽のための幻想曲ホ長調Op.28「...◇クラシック音楽CDレビュー◇グラズノフ:交響曲第8番/バレエ音楽「ライモンダ」/ヴァイオリン協奏曲/サクソフォン協奏曲

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>チョン・ミョンフン指揮東京フィルのマーラー:交響曲第2番「復活」指揮:チョン・ミョンフン(東京フィル名誉音楽監督)管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団ソプラノ:吉田珠代メゾ・ソプラノ:加納悦子合唱:新国立劇場合唱団会場:Bunkamuraオーチャードホール日時:2021年2月21日(日)午後3時指揮のチョン・ミョンフン(1953年生まれ)は、韓国・ソウル出身。現在はアメリカ国籍。当初ピアニストして活動する。1971年からマネス音楽大学で学ぶ。1974年「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門に出場し第2位に入賞。1974年にジュリアード音楽院の大学院に進学し本格的に指揮の勉強を開始。1984年、ザールブリュッケン放送交響楽団の首席指揮者に就任。1989年パリ・オペラ座(バスティーユ歌劇場)...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~神尾真由子、6年ぶりのソロ・アルバムバッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ(全曲)~バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ(全曲)パルティータ第1番ロ短調BWV1002パルティータ第2番ニ短調BWV1004パルティータ第3番ホ長調BWV1006ヴァイオリン:神尾真由子CD:ソニーミュージックSICC19051ヴァイオインの神尾真由子(1986年生れ)は、大阪府豊中市出身。10歳でソリストとしてデビュー。2000年ニューヨークへ留学。「ヤング・コンサート・アーティスツ国際オーディション」で第1位を獲得。2002年日本に戻り、桐朋女子高等学校初の特待生となる。2003年第13回「出光音楽賞」を受賞。2004年「ダヴィッド・オイストラフ国際ヴァイオリン・コンクール」で第1位。2007年第13回「...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~辻井伸行 日本ツアー2021”ロマン派”~シューマン:蝶々 Op.2子供の情景 Op.15リスト:リゴレット・パラフレーズ S.434愛の夢 第3番 S.541-3メフィスト・ワルツ第1番ピアノ:辻井伸行会場:サントリーホール 日時:2021年2月8日(月)午後2時ピアノの辻井伸行(1988年生まれ)は、東京都出身。2005年第15回「ショパン国際ピアノコンクール」で「ポーランド批評家賞」を受賞。2009年「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で優勝(日本人として初)。2009年文化庁長官表彰(国際芸術部門)、2010年第11回「ホテルオークラ音楽賞」及び第1回「岩谷時子賞」、2013年「日本ショパン協会賞」受賞。2013年イギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」に出演し「歴史的成功」と...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサートホール>~上原彩子ピアノリサイタルショパン&ラフマニノフの世界~ショパン:24のプレリュードop.28プレリュード嬰ハ短調op.45ラフマニノフ:プレリュード嬰へ短調op.23-1/同変ホ長調op.23-6ショパンの主題による変奏曲ハ短調op.22ピアノ:上原彩子会場:東京オペラシティコンサートホール日時:2021年1月13日(水)午後7時ピアノの上原彩子は、香川県高松市出身。岐阜県立各務原西高等学校卒業。1990年よりヤマハマスタークラスに入会。2000年第4回「浜松国際ピアノコンクール」第2位および日本人作品最優秀演奏賞を受賞。2002年第12回「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門において日本人として初めて、かつ女性として世界で初めての優勝を果たした。日本人ピアニストとして初めてEMIク...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜DVD情報

    <新譜DVD情報>~”ザルツブルク音楽祭2019”ベルナルド・ハイティンク・フェアウェル・コンサート~ブルックナー:交響曲第7番ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番指揮:ベルナルド・ハイティンク管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ピアノ:エマニュエル・アックス収録:2019年8月31日、ザルツブルク祝祭大劇場(ライヴ)DVD:キングインターナショナルKKC-9578(BD)/KKC‐9566(DVD)指揮のベルナルド・ハイティンク(1929年生まれ)は、オランダ・アムステルダム出身。アムステルダムの音楽学校で学び、地元のオーケストラのヴァイオリン奏者。1957年オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者に就任。以後、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団...◇クラシック音楽◇新譜DVD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~東京交響楽団ニューイヤーコンサート2021~J.シュトラウスⅡ:ワルツ「酒、女、歌」ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」ピアノ:小山実稚恵指揮:秋山和慶管弦楽:東京交響楽団会場:サントリーホール日時:2021年1月10日(日)午後2時指揮の秋山和慶(1941年生れ)は、桐朋学園大学音楽学部で学ぶ。1964年東京交響楽団を指揮してデビュー。バンクーバー交響楽団音楽監督(現在桂冠指揮者)、アメリカ交響楽団音楽監督、シラキューズ交響楽団音楽監督(現在名誉指揮者)を歴任。日本では、東京交響楽団音楽監督・常任指揮者、大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者、札幌交響楽団ミュージック・アドバイザー・首席指揮者を歴任。現在は、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団音楽監督...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~尾高忠明指揮大阪フィルの新春名曲コンサート~J.シュトラウスⅡ世/喜歌劇「こうもり」序曲J.シュトラウスⅡ世/ポルカ「観光列車」ヨゼフ・シュトラウス/ワルツ「天体の音楽」J.シュトラウスⅡ世/アンネン・ポルカJ.シュトラウスⅡ世/常動曲J.シュトラウスⅡ世/皇帝円舞曲エルガー/行進曲「威風堂々」第1番・第4番ラヴェル/ボレロ指揮:尾高忠明管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団会場:フェスティバルホール日時:2021年1月9日(土)午後3時指揮の尾高忠明(1947年生まれ)は、神奈川県鎌倉市出身。桐朋学園大学で斎藤秀雄に指揮を師事。NHK交響楽団指揮研究員を経て、ウィーン国立音楽大学に留学し、ハンス・スワロフスキーに師事。指揮だけではなく柔和なトークでお茶の間に親しまれ、クラシック音楽啓蒙にも尽...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇NHK‐FM「ベストオブクラシック」レビュー」

    <NHK‐FM「ベストオブクラシック」レビュー>~エリーザベト・レオンスカヤと大野和士指揮スイス・ロマンド管弦楽団の共演~ブラームス:大学祝典序曲ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ドボルザーク:交響曲第7番ピアノ:エリーザベト・レオンスカヤ指揮:大野和士管弦楽:スイス・ロマンド管弦楽団会場:2020年2月12日、スイス、ジュネーブ、ビクトリア・ホール録音:スイス放送協会放送:2020年10月29日(木)午後7:30~午後9:10今夜のNHK‐FM「ベストオブクラシック」は、大野和士指揮スイス・ロマンド管弦楽団とエリーザベト・レオンスカヤのピアノ独奏で、ブラームス:大学祝典序曲/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番/ドボルザーク:交響曲第7番の3曲のスイスでの演奏会の放送である。大野和士がどのような指揮の冴えを聴か...◇クラシック音楽◇NHK‐FM「ベストオブクラシック」レビュー」

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>小菅優と角田鋼亮指揮新日本フィルハーモニー交響楽団の共演ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」序曲ピアノ協奏曲第1番ピアノ協奏曲第5番「皇帝」ピアノ:小菅優指揮:角田鋼亮管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団会場:すみだトリフォニーホール日時:2021年1月6日(水)午後7時ピアノの小菅優(1983年生れ)は、東京都出身。1993年よりヨーロッパに在住。現在はヨーロッパを中心に世界各地で活動している。小菅の場合コンクール歴はなく、演奏活動のみで国際的な舞台まで登りつめた、めずらしいタイプのピアニスト。2014年「ベートーヴェンピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズ」により芸術選奨新人賞音楽部門受賞。指揮の角田鋼亮(1980年生れ)は、愛知県名古屋市出身。1099年東京藝術大学音楽学部指揮科に入学。19...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~山田和樹指揮読売日本交響楽団のマーラー:交響曲第1番「巨人」/花の章(ライヴ録音)~マーラー:交響曲第1番「巨人」花の章指揮:山田和樹管弦楽:読売日本交響楽団収録:2020年2月1日~2日、東京芸術劇場(ライヴ録音)CD:日本コロムビアCOCQ-85512指揮の山田和樹(1979年生れ)は、神奈川県秦野市出身。東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。2009年「ブザンソン国際指揮者コンクール」で優勝。2010年から2017年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務める。2014年東京混声合唱団音楽監督に就任。2016年東京混声合唱団理事長職を兼務。2016年モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。2018年バーミンガム市交響楽団首席客演指揮者に就任。2018年読売日本交...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~ニューイヤー祝祭コンサート2021オペラアリアとバレエの饗宴~<オペラアリア>プッチーニ:歌劇「トスカ」より歌に生き、恋に生きジョルダーノ:歌劇「アンドレア・シェニエ」より亡くなった母をモーツァルト:レチタティーヴォとアリア「どうしてあなたを忘れられよう…心配しないで、愛する人よ」K.505マスネ:タイスの瞑想曲ほか<バレエ>グラズノフ:「ライモンダ」「美しき青きドナウ」指揮:守山俊吾管弦楽:ニューイヤー祝祭オーケストラバレエ:針山愛美/脇塚優/カンパニーでこぼこソプラノ:平井富司子/末廣亜矢子/九鬼桂子/中村あゆみ/中井祥子メゾソプラノ:星野隆子ピアノ:服部直士ヴァイオリン:井口華奈ほか会場:ザ・シンフォニーホール日時:2021年1月3日(日)14:00開演「ザ・シンフォニーホール」202...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~気心しれた二人樫本大進とキリル・ゲルシュタインの共演~プロコフィエフ:5つのメロディーフランク:ヴァイオリン・ソナタ武満徹:妖精の距離ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」ヴァイオリン:樫本大進ピアノ:キリル・ゲルシュタイン会場:小金井宮地楽器ホール(東京都小金井市)日時:2021年1月9日(土)午後3時ベルリン・フィルの第1コンサートマスターである樫本大進と、世界中のオーケストラと共演をするスタープレイヤーのキリル・ゲルシュタインの共演。現在、世界の第一線で活躍する二人は、実は20代からの旧知の仲。気心しれた二人だからこその阿吽の呼吸から紡ぎだされるコンサート。ヴァイオリンの樫本大進(1979年生れ)は、ロンドンで生まれ、ニューヨークへ移住。ドイツのギムナジウムに通いな...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜DVD情報

    <新譜DVD情報>~ルツェルン音楽祭2019オール・ラフマニノフ・プログラムマツーエフとシャイーの共演~ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番エチュード「音の絵」第2番(アンコール)ヴォカリーズ(管弦楽版)交響曲第3番ピアノ:デニス・マツーエフ指揮:リッカルド・シャイー管弦楽:ルツェルン祝祭管弦楽団収録:2019年8月、ルツェルン音楽祭(ライヴ)DVD:キングインターナショナルKKC-9582指揮のリッカルド・シャイー(1953年生まれ)は、イタリア出身の指揮者。14歳で指揮者としてデビューする。1972年から2年間、クラウディオ・アバドの下でミラノ・スカラ座管弦楽団の副指揮者を務める。1982年から1989年までベルリン放送交響楽団(現在のベルリン・ドイツ交響楽団)の首席指揮者、1988年から2004年までロイヤル...◇クラシック音楽◇新譜DVD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~第18回東京音楽コンクール優勝者&最高位入賞者コンサート~プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番ハ長調Op.26ピアノ:大崎由貴(ピアノ部門第2位〈最高位〉)グレンダール:トロンボーン協奏曲トロンボーン:伊藤雄太(金管部門第1位)ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調Op.26ヴァイオリン:前田妃奈(弦楽部門第1位及び聴衆賞)リスト:ピアノ協奏曲第2番イ長調S125ピアノ:谷昂登(ピアノ部門第2位〈最高位〉及び聴衆賞)指揮:角田鋼亮管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団司会:朝岡聡会場:東京文化会館日時:2021年1月11日(月)午後3時第18回「東京音楽コンクール」各部門の覇者が、ソリストとしてオーケストラと共演。ソリスト自身が選んだプログラムを披露するとともに、朝岡聡によるインタビューで演...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~ILDEVUファン待望の5年ぶりの新アルバム「LOVECHANGESEVERYTHING」~夜明けのうたいのちの理由糸鷗花は咲く夕焼けアンパンマンのマーチラヴ・チェンジズ・エブリシングユー・アー・ソー・ビューティフルポル・ウナ・カベサケ・セラ・セラLOVECHANGESEVERYTHING男声合唱/ピアノ:ILDEVU(イル・デーヴ)CD:日本コロムビアCOCQ-85504ILDEVU(イル・デーヴ)は、総重量約500kgの重量級クラシック・ボーカル・グループ。メンバーは、普段オペラ歌手として第一線で活躍しているテノールの望月哲也、大槻孝志、バリトンの青山貴、バスバリトンの山下浩司とピアニストの河原忠之による太メン5人。2013年にデビューアルバム「DEBUT」、1年間の充電期間を経て2ndア...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~ニューイヤーコンサート2021~ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲歌劇「タンホイザー」序曲指揮:飯守泰次郎管弦楽:東京都交響楽団ピアノ:小川典子会場:東京文化会館日時:2021年1月3日(日)午後3時指揮の飯森泰次郎は、1961年、桐朋音楽大在学中に藤原歌劇団公演「修道女アンジェリカ」でデビューを飾る。1966年「ミトロプーロス国際指揮者コンクール」、1969年「カラヤン国際指揮者コンクール」でともに第4位入賞。1933年~98年名古屋フィル常任指揮者、1997年から東京シティ・フィル常任指揮者、2001年~2010年関西フィル常任指揮者、2011年同桂冠指揮者。1973年「芸術選奨」新人賞、第32回2000年...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~小林研一郎指揮日本フィルハーモニー交響楽団第九特別演奏会2020~バッハ:羊は安らかに草を食みトッカータとフーガニ短調BWV565(オルガン独奏)ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」ニ短調op.125オルガン:石丸由佳指揮:小林研一郎管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団独唱:ソプラノ:市原愛アルト:山下牧子テノール:錦織健バリトン:青山貴合唱:調整中会場:東京芸術劇場日時:2020年12月26日(土)午後2時/27日(日)午後2時指揮の小林研一郎(1940年生まれ)は、東京藝術大学指揮科を卒業。1974年第1回「ブダペスト国際指揮者コンクール」第1位、特別賞を受賞。1987年から1997年までハンガリー国立交響楽団(現ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団)の常任指揮者、音楽総監督(GMD)...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新刊情報

    <新刊情報>書名:つながりと流れがよくわかる西洋音楽の歴史著者:岸本宏子、酒巻和子、小畑恒夫、石川亮子、有田栄イラスト:河合千明発行:アルテスパブリッシングクラシック音楽はどこから来て、どこへ向かうのか?神の音楽から人の音楽へ、そして世界音楽の時代へ──。因果関係(ストーリー)が見える納得の音楽史!西洋音楽の「西洋」って?その基盤となった古代ギリシャの音楽観とは?多大な影響を与える3大宗教とは?─。クラシック音楽の解説本は数あれど、その成り立ちから「そもそも」のところをわかりやすく教えてくれるのはこの本だけ。「1西洋音楽ができるまで」「2神の音楽から人の音楽へ」「3西洋音楽のたたわな実り、そして……」の3部構成で、たんなる作曲家や作品のカタログではなく、西洋音楽の流れを解きほぐし、初心者にも理解できるように...◇クラシック音楽◇新刊情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~東急ジルベスターコンサート<2020~2021>~【第1部】ベートーヴェン:『エグモント』序曲芥川也寸志:弦楽のためのトリプティーク第1楽章ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲ベートーヴェン:交響曲第7番第1楽章【第2部】モリコーネ:『ニューシネマパラダイス』より小曽根真:「NoSiesta」オーケストラ版ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章よりベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第4楽章シュトラウスⅡ:ポルカ「雷鳴と電光」ピアソラ:リベルタンゴ[振付:高岸直樹]J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲第1楽章ストラヴィンスキー:『火の鳥』より「子守唄」「終曲」[バレエ部分振付:ブラウリオ・アルバレス]ほか指揮:沼尻竜典管弦楽:東京フィルハーモニ...◇クラシック音楽◇コンサート情報

  • ◇クラシック音楽◇新譜CD情報

    <新譜CD情報>~ピアニスト広瀬悦子、幻の「第9」(カルクブレンナー編)に挑戦~ベートーヴェン(カルクブレンナー編):交響曲第9番「合唱」(全曲+フランス語歌唱)ピアノ:広瀬悦子指揮(第4楽章):アンドレイ・ペトレンコ独唱:ソプラノ:セシール・アシーユメゾソプラノ:コルネリア・オンキオイウテノール:サミー・カンプスバス:ティモテ・ヴァロン合唱:エカテリンブルグ・フィルハーモニー合唱団録音:2020年1月29日-2月1日、ナント市イヴェント・センターCD:MIRAREMIR-534(キングインターナショナル)2020年5月の「ラ・フォルジュルネ音楽祭」(新型コロナウイルスのため開催中止)で上演され話題を集めるはずだった幻の「第9」がCDで登場。19世紀初頭に活躍したカルクブレンナー(1785年~1849年)による...◇クラシック音楽◇新譜CD情報

  • ◇クラシック音楽◇コンサート情報

    <コンサート情報>~ゲルハルト・オピッツと小泉和裕指揮東京都交響楽団の共演~ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」ピアノ:ゲルハルト・オピッツ指揮:小泉和裕会場:東京文化会館日時:2020年12月17日(木)午後7時ピアノのゲルハルト・オピッツ(1953年生まれ)は、ドイツ、バイエルン州フラウエナウ出身。11歳でモーツァルトのニ短調協奏曲KV.466で公式デビュー。シュトゥットガルト芸大で学んだ後、1973年ヴィルヘルム・ケンプに出会う。1977年にはドイツ人(旧西ドイツ)として初めて、第2回「ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」で優勝。1981年にはミュンヘン音楽大学の史上最年少のピアノ科教授として就任し、2012年まで教鞭を執った。現在、ドイツ国内はもとより世界各地で演奏活動...◇クラシック音楽◇コンサート情報

カテゴリー一覧
商用