住所
出身
ハンドル名
SBR         さん
ブログタイトル
“科学技術書”読書室?SBR?          
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kagaku2012
ブログ紹介文
科学技術書・科学書・技術書・理工学書ブックレビュー・書評/新刊情報/科学技術ニュース   
自由文
-
更新頻度(1年)

292回 / 130日(平均15.7回/週)

ブログ村参加:2016/04/22

SBR         さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 04/26 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 全参加数
総合ランキング(IN) 51,438位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,834サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 502位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,653サイト
学術・専門書 4位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 96サイト
科学ブログ 76位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,201サイト
科学情報 2位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 63サイト
今日 04/26 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,834サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,653サイト
学術・専門書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 96サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,201サイト
科学情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 63サイト
今日 04/26 04/25 04/24 04/23 04/22 04/21 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 957,834サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,653サイト
学術・専門書 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 96サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,201サイト
科学情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 63サイト

SBR         さんのブログ記事

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ゲーム理論入門の入門」(鎌田雄一郎著/岩波書店)

    <新刊情報>書名:ゲーム理論入門の入門著者:鎌田雄一郎発行:岩波書店(岩波新書)ゲーム理論とは、ある種の意思決定を人間が行った結果、何が起きるかを予測する理論だ。と言うと何やら難しげに聞こえるかもしれないが、実は単純明快、初学者でもすぐ使いこなせる理論なのだ。相手の出方をどう読むか。経済問題の分析だけでなく、ビジネスの戦略決定にも必須の基礎知識を、新進気鋭の理論家が解説する。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ゲーム理論入門の入門」(鎌田雄一郎著/岩波書店)

  • ★科学技術ニュース★トヨタ、中国 清華大学と「清華大学-トヨタ連合研究院」設立

    トヨタ自動車と清華大学は、「清華大学-トヨタ連合研究院(連合研究院)」を設立することで合意し、今後、5年間に渡り、共同研究を実施する。トヨタと清華大学は、中国の発展に寄与し、中国に必要とされるモビリティカンパニーとなるためには、環境問題の解決や交通事故の低減につながる優れた新技術を搭載したクルマの開発と普及が重要であると考え、連合研究院を設立することとしたもの。トヨタと清華大学は、1998年から技術講座を開催するなど共同研究を進めてきたが、今回の連合研究院では、中国の顧客に選んでもらうクルマの研究に限らず、水素の積極的な利活用など、中国のエネルギー問題や社会課題の解決に寄与する研究に共同で取り組む。また、トヨタは、社会の発展につながる取り組みに関してはオープンポリシーを基本としており、電動車普及に向けてトヨタが...★科学技術ニュース★トヨタ、中国清華大学と「清華大学-トヨタ連合研究院」設立

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「工学を理解するための応用数学」(佐藤 求著/コロナ社)

    <新刊情報>書名:工学を理解するための応用数学~微分方程式と物理現象~著者:佐藤求発行:コロナ社理工系専門学校の教科書、理工系大学初年度の副読本程度の内容を目安に、物理や電気を学習する上で利用される数学の理解を目的としている。数学的な観点よりも,実際の問題に応用される範囲で物理学的な観点で問題に挑むように解説している。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「工学を理解するための応用数学」(佐藤求著/コロナ社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「敗者の生命史38億年」(稲垣栄洋著/PHP研究所)

    <新刊情報>書名:敗者の生命史38億年著者:稲垣栄洋発行:PHP研究所敗者――。この言葉に、皆さんはどのような印象を持たれるであろうか。戦いに敗れた敗者は、弱い存在であり、みじめな存在であり、憐れむべき存在に見えるかも知れない。しかし、本当にそうだろうか。38億年に及ぶとされる悠久の生命の歴史の中では、最終的に生き残ったのは常に敗者の方であった。そして、その敗者たちによって、生命の歴史が作られてきたのである。ナンバーワンではなくオンリーワンを目指せ。(本書より抜粋)●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「敗者の生命史38億年」(稲垣栄洋著/PHP研究所)

  • ★水素ニュース★トヨタ、米ロサンゼルス港プロジェクトに投入する 燃料電池(FC)大型商用トラックを公開

    トヨタ自動車の北米事業体である北米トヨタモーターは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス港で開催された、貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指してロサンゼルス市港湾局が推進するプロジェクトのお披露目イベントにおいて、米トラックメーカーのケンワースと共同で開発した燃料電池(FC)大型商用トラックを公開した。今秋から、このFC大型商用トラックを使用した貨物輸送オペレーションを開始する予定。同プロジェクトは、貨物輸送トラックによる大気汚染問題が深刻なロサンゼルス港やロングビーチ港において、FC技術などを用いた貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指してロサンゼルス市港湾局が中心となって進めているもので、「ZANZEFF:Zero-andNearZero-EmissionFreightFacilitiesProject」...★水素ニュース★トヨタ、米ロサンゼルス港プロジェクトに投入する燃料電池(FC)大型商用トラックを公開

  • ★科学技術ニュース★NTTなど、GPS対応ドローン及びAI技術活用の「スマート営農ソリューション」の実証実験開始

    NTTグループ、ふくしま未来農業協同組合、エンルート、日本農薬は、準天頂衛星「みちびき」に対応したドローンやNTTグループの先進的なAI技術を活用したデータドリブンな「スマート営農ソリューション」の実証実験を行う。同実証実験は、福島県南相馬市原町区鶴谷地区において、福島第一原発事故に伴う避難指示の解除後、初めての稲作を2018年に再開したアグリ鶴谷(つるがい)の農場で、福島県の水稲オリジナル品種「天のつぶ」を対象に実施する。同実証実験は、就農人口の減少と地球温暖化に伴う気候変動という、日本の農業における2つの主な課題に着目し、その有効性を検証する。とりわけ、年々進む地球温暖化は、熟練農業従事者が有する施肥タイミングなどの経験則が通用しないケースや従来その土地ではあまり目立たなかった病害虫の増加など、今までとは異...★科学技術ニュース★NTTなど、GPS対応ドローン及びAI技術活用の「スマート営農ソリューション」の実証実験開始

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「GNS3によるネットワーク演習ガイド」(関部 然著/技術評論社)

    <新刊情報>書名:GNS3によるネットワーク演習ガイド~CCENT/CCNA/CCNPに役立つラボの構築と実践~著者:関部然発行:技術評論社GNS3はOSSのネットワークシミュレータ。ネットワーク技術に関するトレーニングや机上検証用として、世界中で利用されている。同書は、IPネットワークの基礎やGNS3の使い方だけでなく、スイッチングやIPマルチキャスト、VPNなどを実際に構築&検証する方法まで説明しているので、ネットワーク技術の理解をより深められる。また,シスコ技術者認定のCCENT/CCNA/CCNPに挑戦する通信技術者にとって最適な自習環境になる。なお,同書はCiscoIOSをGNS3上でエミュレートして解説するので、CiscoIOSイメージの入手が必要になる。詳細は,第3章の「3-1-1:IOSイメージ...●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「GNS3によるネットワーク演習ガイド」(関部然著/技術評論社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「日本のものづくりを支えた ファナックとインテルの戦略」(柴田友厚著/光文社)

    <新刊情報>書名:日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略~「工作機械産業」50年の革新史~著者:柴田友厚発行:光文社(光文社新書)工作機械は「機械を作る機械」であるため、「マザーマシン」と呼ばれる。私たちが日常で使うスマホや車といったものだけでなく、家電製品や航空機など、あらゆる人工物を作るのに欠かせない。そのため、日本やドイツのように、強いものづくりの背後には必ずといってよいほど強い工作機械産業が存在する。また、工作機械産業の技術水準は国家の安全保障にまで影響を与える。そして、この四半世紀、日本の工作機械産業は世界最強であり続けた。同書は、表舞台にはめったに登場しない「世界最強の裏方産業」50年の革新史を、ファナックとインテルという二つの企業を切り口として描く。創造と革新のプロセスから何が学べるの...●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「日本のものづくりを支えたファナックとインテルの戦略」(柴田友厚著/光文社)

  • ★炭素ニュース★NEDOと大崎クールジェン、世界初となる石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)の実証事業に着手

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と大崎クールジェンは、大崎クールジェンプロジェクトの第3段階にあたるCO2分離・回収型石炭ガス化複合発電(IGCC)設備に、燃料電池を組み込んだCO2分離・回収型IGFCの実証事業に着手した。今般着手した第3段階では、2019年度完成予定の第2段階で建設するCO2分離・回収型酸素吹IGCC実証設備に燃料電池を組み合わせて石炭ガス化ガスの燃料電池への適用性を確認し、最適なCO2分離・回収型IGFCシステムの実現に向けた実証を行う。500MW級の商業機に適用した場合に、CO2回収率90%の条件で47%程度の送電端効率(HHV)達成の見通しを立てることを目標としている。<事業総額(予定)>7,330百万円(助成率は1/2)<期間>2018年度~2022年度★炭素ニュース★NEDOと大崎クールジェン、世界初となる石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)の実証事業に着手

  • ★科学技術ニュース★産総研と名古屋大学、着るだけで心電図を計測できるスマートウェアを開発

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)プロジェクトにおいて、産業技術総合研究所(産総研)、名古屋大学は、医療機器を目指した心電図を計測できるスマートウェアを開発した。このスマートウェアは、皮膚との接触が良好な起毛ドライ電極および皮膚とドライ電極間の接触状態を模擬できる独自のモーションアーティファクト評価装置の開発と、これらを使って電極構造・配置の設計を最適化することにより実現した。これにより、着るだけで心臓疾患の正確な診断に必要な12誘導心電図の計測を可能とし、患者や看護師の長時間にわたる心電図計測の負担などが軽減できる。①起毛ドライ電極の開発:静電植毛技術を用いた起毛構造に着目し、これをドライ電極として利用するために、銀メッキを施した短繊維(長さ500µm、直径17~18µm)を静電植毛する技術を新た...★科学技術ニュース★産総研と名古屋大学、着るだけで心電図を計測できるスマートウェアを開発

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「有機化学1000本ノック<命名法編><立体化学編>」(矢野将文著/化学同人)

    <新刊情報>書名:有機化学1000本ノック<命名法編><立体化学編>著者:矢野将文発行:化学同人有機化学を深く理解するために有効な方法は、演習問題を解き,知識の定着を確認することである。有機化学の初期で大学生がつまずきやすい一つが化合物の命名法。有機化学では,この命名法を理解していることが前提となって講義が進むが。きちんと学習する機会は少ない。同書では,基本的な命名法のルールを理解できるまで繰り返せるように,1000問超の問題を掲載。あとは「身体に染みつく」まで解いて解いて解きまくれ。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「有機化学1000本ノック<命名法編><立体化学編>」(矢野将文著/化学同人)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「事業を起こす人になるための本」(岩田 徹著/生産性出版)

    <新刊情報>書名:事業を起こす人になるための本~ふわっと考えていることをカタチにする5STEP~著者:岩田徹発行:生産性出版(日本生産性本部)「Goか」「NOGOか」!!「2つの会社」を立ち上げた著者だからわかるビジネススタートのための考え方と手順を大公開。「会社内で何か新しいビジネスをやってみたい」「個人で何か新しいビジネスをやりたいなぁ」やる気満々のビジネスパーソンのオススメの1冊。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「事業を起こす人になるための本」(岩田徹著/生産性出版)

  • ◆NHK「サイエンスZERO」/BSフジ「ガリレオX」/BS朝日「WILD NATURE 地球大紀行」他

    <テレビ番組情報>NHK‐Eテレ人間ってナンだ?超AI入門シーズン3毎週水曜日午後10時50分~11時20分4月24日(水)第4回「移動する」テーマは移動。自動運転の技術は課題を抱えながらも実用化の道筋が見えてきた。その時AIは単に目的地まで人を送り届けるだけでなく、運転から解放された人間に新たなバーチャルな世界を楽しませたり、助手席からドライブの楽しみを演出したり、ドライブをエンターテイメント化する方向にも可能性を広げ、ビジネスチャンスも生まれている。ウルトラ重機の世界でも。人が移動に求めるものとは?移動から見えてくる人間の本質とは?ゲスト:最年少探検家グランドスラム保持者…南谷真鈴VTR出演:機械自動化向けAI開発企業CEO…那須野薫自動車メーカーモビリティ&AI研究所エキスパートリーダー…上田哲郎ほかNH...◆NHK「サイエンスZERO」/BSフジ「ガリレオX」/BS朝日「WILDNATURE地球大紀行」他

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「植物生理学」(加藤美砂子著/裳華房)

    <新刊情報>書名:植物生理学~生化学反応を中心に~著者:加藤美砂子発行:裳華房植物生理学は最近、ますます面白くなってきた。なぜならば、科学技術の進歩により、植物生理学の研究にもゲノム解析を初めとする新しい手法が怒濤のように押し寄せ、分子レベルでの新しい発見が相次いでいるからである。同書は植物が生きていくためのしくみを知るという植物生理学の本質を、多数の図を示しながら、大学の初学者向けにわかりやすく解説したもの。さらに植物生理学の研究の先には何があるのか、研究の社会実装という観点から、バイオテクノロジーの技術や藻類を用いた有用物質生産についても紹介。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「植物生理学」(加藤美砂子著/裳華房)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「スマートモビリティ革命」(スマートシティはこだてラボ+株式会社未来シェア著/近代科学社)

    <新刊情報>書名:スマートモビリティ革命~未来型AI公共交通サービスSAVS~編著:中島秀之、松原仁、田柳恵美子著者:スマートシティはこだてラボ+株式会社未来シェア発行:近代科学社同書は、現在のモビリティ革命の背景にある世界の公共交通政策や情報技術の進化について概説するとともに、交通・移動サービスに最先端のAI技術を導入した、日本発の未来型AI公共交通サービス「SAVS(SmartAccessVehicleService)」について、その技術と社会実装の現状を紹介する。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「スマートモビリティ革命」(スマートシティはこだてラボ+株式会社未来シェア著/近代科学社)

  • ●科学技術<水素ニュース>●TEN、川崎重工業、JAXAとJSTRA、世界初の液化水素用船陸間移送ローディングアームを開発

    東京貿易エンジニアリング(TEN)、川崎重工業、宇宙航空研究開発機構(JAXA)および日本船舶技術研究協会(JSTRA)は、内閣府が推進するSIPにおいて、世界初の液化水素用船陸間移送ローディングアームを開発した。液化水素運搬船による海上輸送は、これまでに世界中で実績がないため、船と基地を繋ぐ重要な設備として液化水素用ローディングアームを新たに開発した。液化水素の温度は空気の液化温度より低いため、既存技術のLNG用ローディングアームでは、移送時に配管表面に液体酸素が生成され、火災を誘発する可能性がある。この課題の解決策として、液体酸素を生成させない高い断熱性と安全に運用するための機構を備えた。同ローディングアームの主な特長は次の3点。①高断熱を実現する真空二重断熱構造②自由度が高い特殊な高断熱構造のスイベルジョ...●科学技術<水素ニュース>●TEN、川崎重工業、JAXAとJSTRA、世界初の液化水素用船陸間移送ローディングアームを開発

  • ★科学技術ニュース★NICTの多言語音声翻訳技術のライセンス事業、みらい翻訳が提供開始

    情報通信研究機構(NICT)と株式会社みらい翻訳は、ライセンス事業に関する契約を締結した。このライセンス事業は、2018年11月15日にNICTが実施した「多言語音声翻訳のライセンス事業を行う企業・団体の募集」にみらい翻訳が応募したもの。これに伴い、みらい翻訳では、ライセンス提供物の問い合わせ及び申込み受付を開始した。申込みを開始する提供物は以下のとおり。音声認識エンジン(11言語)機械翻訳エンジン(会話系31言語対、文書系21言語対)音声合成エンジン(11言語)音声翻訳サーバプログラム辞書登録ツール(音声認識用、機械翻訳用、音声合成用)提供物・サービスへの申込みは、みらい翻訳コーポレートサイト(https://miraitranslate.com)で受付し、順次提供する。なお、NICTは、研究開発成果物の直接...★科学技術ニュース★NICTの多言語音声翻訳技術のライセンス事業、みらい翻訳が提供開始

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Pythonによるはじめての機械学習プログラミング」(島田達朗、越水直人、早川敦士、山田育矢著/技術評論社)

    <新刊情報>書名:Pythonによるはじめての機械学習プログラミング著者:島田達朗、越水直人、早川敦士、山田育矢発行:技術評論社人工知能(AI)・機械学習と言ったバズワードを見ることは多くなったが、まだまだデータ解析のハードルは高いと考えられている。特に機械学習の入門書には高度な理論や前提知識を必要とされることも多く、学習する過程で挫折しまうことが多いようだ。エンジニアにとっては、Pythonの便利なツールを用いてデータに実際にふれて、機械学習の面白さや便利さを体験することも良い学習方法の1つ。誤解をおそれずに言えば、目の前のデータをどう扱えば役に立つのか?を理解してからでも理論を学ぶのは遅くない。同書では「勉強になった」で終わることなく、現場のアプリーケーションを使うための機械学習の基礎を解説する。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「Pythonによるはじめての機械学習プログラミング」(島田達朗、越水直人、早川敦士、山田育矢著/技術評論社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「データ資本主義」(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー、トーマス・ランジ著/NTT出版)

    <新刊情報>書名:データ資本主義~ビッグデータがもたらす新しい経済~著者:ビクター・マイヤー=ショーンベルガー、トーマス・ランジ訳者:斎藤栄一郎発行:NTT出版貨幣・大企業・金融の時代が終わる。人々と市場の時代が始まる。変わるのは、資本主義そのものだ。ビッグデータ時代の到来により市場は根本的な変革を迎えている。アルゴリズムが人に代わり膨大な情報を参照することで最適に近い取引を実現する未来が近づいている。人間の判断による制約が取払われた新しい市場とはどんなものか、貨幣・銀行・大企業はなぜ時代遅れになり、雇用はどう変わるか。情報が市場を動かす新しい資本主義の可能性と課題をビッグデータの第一人者が描き出す。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「データ資本主義」(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー、トーマス・ランジ著/NTT出版)

  • ★科学技術ニュース★産総研、兵隊アブラムシが傷修復の分子機構を増強した「スーパー凝固体液」で壊れた巣を修復

    産業技術総合研究所(産総研)生物プロセス研究部門生物共生進化機構研究グループ沓掛磨也子主任研究員、生物共生進化機構研究グループ森山実主任研究員、同部門深津武馬首席研究員は、基礎生物学研究所、放送大学、筑波大学と協力して、社会性アブラムシが植物組織に形成する虫こぶ(巣)が敵に壊されたときに、兵隊幼虫が自ら大量の凝固体液を放出して穴をふさぐ「自己犠牲的な虫こぶ修復」の分子機構を解明した。兵隊幼虫の体液には特殊化した血球細胞が充満しており、放出されると細胞が崩壊して一連の化学反応が始まる。まず放出された脂質成分が速やかに固化し、続いて体液のメラニン化とタンパク質の架橋が起こり、褐色の強固な凝固物を形成する。すなわち兵隊幼虫は、体表の傷をふさぐ「かさぶた」の形成機構を著しく増強し、凝固活性が極めて高い体液を外部に大量に...★科学技術ニュース★産総研、兵隊アブラムシが傷修復の分子機構を増強した「スーパー凝固体液」で壊れた巣を修復

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「RPA~ホワイトカラー革命~」(NTTデータ監修/日本経済新聞出版社)

    <新刊情報>書名:RPA~ホワイトカラー革命~監修:NTTデータ発行:日本経済新聞出版社(日経ムック)定型的な業務を、ソフトウエアのロボットで自動化してくれるのがRPA(RoboticProcessAutomation)。ホワイトカラーがより創造的な業務にあたれるようになり、生産性が劇的に上がることで、様々な業界で導入が進む、注目のITツール。生産性100倍も夢ではない。1人1台、オフィスロボットの時代。・世界の最新事情に見る「IPA」への進化・ヤマトグループデジタルイノベーションによる経営改革・先進事例11に学ぶ!障害の乗り越え方と成功の秘訣・RPAは第2ステージに突入自動化拡大のカギはAIツールの利用・応用。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「RPA~ホワイトカラー革命~」(NTTデータ監修/日本経済新聞出版社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人類の進化 大図鑑<コンパクト版>」(アリス・ロバーツ編著/河出書房新社)

    <新刊情報>書名:人類の進化大図鑑<コンパクト版>編著:アリス・ロバーツ日本語版監修:馬場悠男発行:河出書房新社人類700万年の壮大な旅をヴィジュアルでたどる世界初の図鑑。とくに、初めて見るリアルな人類の復元模型たちは圧巻。最新の発見と研究成果で解き明かす人類の秘密とは!?私たちは何者なのか、いつ、どこから来たのか。人類700万年の壮大な旅が始まる。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人類の進化大図鑑<コンパクト版>」(アリス・ロバーツ編著/河出書房新社)

  • ★科学技術ニュース★NTT、世界最小の消費エネルギーで動作する「光変調器」と「光トランジスタ」を実現

    日本電信電話(NTT)は、世界最小の消費エネルギーで動作する光変調器と光トランジスタを実現した。従来、光変調器や受光器のような光-電気変換デバイスは高い電気容量を持つため、消費エネルギーが高く、光と電子回路が緊密に連携した信号処理を行うことは困難であった。同研究グループは、フォトニック結晶と呼ばれるナノ構造技術を用いて、世界最小の電気容量を持つ光電変換素子の集積に成功した。この技術により、世界最小の消費エネルギーで動作するナノ光変調器や、光入力信号を別の光へ変換・増幅出力させる「光トランジスタ」を実現した。このようなナノスケール光電子集積によって、光による高度な信号処理技術をプロセッサチップの中へ導入することが可能となり、従来にない超低消費エネルギーで高速なコンピューティング基盤の実現が期待される。近い将来、サ...★科学技術ニュース★NTT、世界最小の消費エネルギーで動作する「光変調器」と「光トランジスタ」を実現

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「基礎からのプログラミングリテラシー」(増井敏克著/技術評論社)

    <新刊情報>書名:基礎からのプログラミングリテラシー~コンピュータのしくみから技術書の選び方まで厳選キーワードをくらべて学ぶ!~著者:増井敏克発行:技術評論社同書では、プログラミング独習者がつまずきやすい知識を厳選して取り上げ、初心者の分からなかったをサポートする。図解を多用し、「サーバーとクライアント」「コンパイラとインタプリタ」のように用語を比較しながら学習することで、いままで曖昧になっていた知識が整理され理解が進む。プログラミング初心者必携の1冊。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「基礎からのプログラミングリテラシー」(増井敏克著/技術評論社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ビジュアル 物理全史」(クリフォード・ピックオーバー著/岩波書店)

    <新刊情報>書名:ビジュアル物理全史~ビッグバンから量子的復活まで~著者:クリフォード・ピックオーバー訳者:吉田三知世発行:岩波書店ニュートンやアインシュタインの偉業はもちろん、古代のブーメランや電池に、ゴルフボールのくぼみ、過去へさかのぼるタイムマシン……。有名無名の人々が紡いできた物理の歴史を中心に、宇宙誕生の138億年前から、はるか100兆年後以降までを年代順にずらりと展望。オールカラーの美しい写真とともに贈る、珠玉の250話。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「ビジュアル物理全史」(クリフォード・ピックオーバー著/岩波書店)

  • ★科学技術ニュース★第39回(2019年)「猿橋賞」、東北大学の梅津理恵準教授が受賞

    第39回(2019年)「猿橋賞」(主催:女性科学者に明るい未来をの会)は東北大学の梅津理恵準教授が受賞した。研究業績は、「ハーフメタルをはじめとするホイスラー型機能性磁気材料の物性研究」。「猿橋賞」は、毎年、優れた業績を挙げた女性科学者を選定し表彰している。梅津理恵氏は、Mn(マンガン)、Fe(鉄)、Co(コバルト)、Ni(ニッケル)などの遷移金属元素が主たる構成元素となる機能性金属磁性材料の起源解明に向けた基礎研究を行っている。なかでも、X2YZ(X,Y=遷移金属元素,Z=半金属・半導体元素)という分子式で表される、ホイスラー合金と呼ばれる一連の物質群は、形状記憶特性や、超弾性、巨大磁気熱量効果、巨大磁気抵抗効果など様々な機能を有することで知られており、実用材料として盛んに研究がなされている。梅津氏等は、ホイ...★科学技術ニュース★第39回(2019年)「猿橋賞」、東北大学の梅津理恵準教授が受賞

  • ★科学技術ニュース★KEK、Belle II 実験で電子・陽電子衝突の本格的なデータ取得開始

    高エネルギー加速器研究機構(KEK)がホストする国際共同プロジェクト「BelleII(ベル・ツー)実験」のフェイズ3運転において、電子・陽電子衝突の本格的なデータ取得が開始された。電子・陽電子の衝突型加速器SuperKEKBと、その衝突点に設置された新生BelleII測定器は世界で唯一の「スーパーBファクトリー」実験施設。小林誠・益川敏英両博士のノーベル物理学賞受賞に結びつく成果を残した前身の衝突型加速器KEKB(1999から2010年まで運転)は現在、電子と陽電子衝突型加速器のルミノシティ(衝突頻度)の世界最高記録を保持している。このプロジェクトでは、KEKBの40倍のルミノシティという大幅な性能向上を目指して2010年から大改造に着手、2016年2月にSuperKEKB加速器を試運転させた「フェイズ1」、2...★科学技術ニュース★KEK、BelleII実験で電子・陽電子衝突の本格的なデータ取得開始

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「今日から使える統計解析<普及版>」(大村 平著/講談社)

    <新刊情報>書名:今日から使える統計解析<普及版>~理論の基礎と実用の”勘どころ”~著者:大村平発行:講談社(ブルーバックス)最近は強力な統計用ソフトが手軽に使えるようになり、統計解析が身近になった。しかし、統計の「勘どころ」を押さえておかなければ、手法の選択を誤ったり、怪しい数字に騙されてしまったりする。同書はこれ以上ない丁寧さと、実用を意識した解説で、あなたを「統計達人」にする現代人必読の一冊。難しい数学は不要!統計の意味も使い方も抜群にやさしく解き明かす。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「今日から使える統計解析<普及版>」(大村平著/講談社)

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「イネという不思議な植物」(稲垣栄洋著/筑摩書房)

    <新刊情報>書名:イネという不思議な植物著者:稲垣栄洋発行:筑摩書房(ちくまプリマー新書)イネは奇妙な植物だ。その種子コメに魅せられた人間とイネの深くて長い関係を、植物学から歴史・経済まで分野を広げて考える。●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「イネという不思議な植物」(稲垣栄洋著/筑摩書房)

  • ◆NHK「サイエンスZERO」/BSフジ「ガリレオX」/BS朝日「WILD NATURE 地球大紀行」他

    <テレビ番組情報>NHK-BSプレミアムコズミックフロント☆NEXT毎週木曜日午後10時00分~11時00分4月18日(木)宇宙の“冒険者”~ホーキング博士ラストメッセージ~2018年、76才で亡くなった宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士。宇宙の始まり、ブラックホール蒸発、タイムトラベル…。常識外れの理論を次々と打ち出し究極の謎に挑んできた。NHKは、晩年の博士を密着取材。難病ALSを患いながら、なぜ危険も顧みずに世界中を旅したのか?なぜ最後の著書で、環境問題やAIの脅威など「人類の未来」に警告を発したのか?友人たちの証言をまじえ、人間・ホーキングの素顔に迫る。BS朝日WILDNATURE地球大紀行毎週金曜日午後9時~9時54分4月19日(金)カラハリ砂漠の先住民がライオンから肉を盗むカメラマンのゴードン...◆NHK「サイエンスZERO」/BSフジ「ガリレオX」/BS朝日「WILDNATURE地球大紀行」他