長嶺塗装
住所
出身
ハンドル名
長嶺塗装さん
ブログタイトル
長嶺塗装
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nao608kind
ブログ紹介文
ブログ始めました。
自由文
-
更新頻度(1年)

57回 / 349日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2016/01/26

長嶺塗装さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 39,361位 47,959位 47,893位 圏外 圏外 50,700位 47,296位 969,674サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 678位 877位 889位 圏外 圏外 887位 838位 23,305サイト
塗装・ペンキ 2位 4位 4位 圏外 圏外 3位 4位 255サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 67,831位 69,205位 86,952位 87,146位 87,036位 80,833位 86,779位 969,674サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 1,430位 1,464位 1,946位 1,942位 1,931位 1,777位 1,898位 23,305サイト
塗装・ペンキ 8位 8位 17位 17位 17位 11位 14位 255サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,674サイト
INポイント 10 0 10 0 0 0 0 20/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 23,305サイト
塗装・ペンキ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 255サイト

長嶺塗装さんのブログ記事

  • ペンキ屋さんの日常・・・・

    雨が続いたら・・・・・機械整備・・・・機械整備が出来て1人前かな?補修作業・・・・・・・・・・・?天端製造機・・・・・・どやぁ(・´ー・`)ペンキ屋さんの日常・・・・

  • ペンキ屋さんの日常・・・・

    雨が続いたら・・・・・機械整備・・・・機械整備が出来て1人前かな?補修作業・・・・・・・・・・・?天端製造機・・・・・・どやぁ(・´ー・`)ペンキ屋さんの日常・・・・

  • 外壁の劣化・・・・いつ塗装するのが正解?・・・い、いつでしょう。(シンプルで難しい質問です)

    いつ塗装するのが正解でしょうか!・・・・・・・・・・・いつだろう(ペンキ屋さんだけど自分は考えてしまう)まずは劣化について考えましょう、新築から3年~5年程度でペンキの艶がなくなってきます。(現状、沖縄の新築においては一般的にアクリル塗料が多く使用されています。アクリルとして考えます。)(立地条件も踏まえ紫外線が多く当たる場所)また、外壁のひび割れは、新築から15年程度はコンクリートの収縮があり、ひび割れの発生があります。構造上のひび割れや収縮のひび割れなどありますが必ずしも水漏れにつながる物ではないのでご心配な場合は、新築時の建築屋さんにお聞きしてみましょう・・・・次に5年~15年で変色やチョーキングがの症状が、少しずつ始まる。チョーキングとは紫外線や水の影響で、塗料の色彩を形づくる顔料そのものが劣化して粉状...外壁の劣化・・・・いつ塗装するのが正解?・・・い、いつでしょう。(シンプルで難しい質問です)

  • 外壁塗装の色選び・・・・・・幸せを彩る色選び

    外壁塗装をするにあたり多くの方が悩まれるのが色選びだと思われます。どんな色がいいの~とよくご質問をお受けしますがいい色とは個人個人により変わります、ましてやご自宅でお住まいでしたらご家族やご自身が納得のいく色をお決めになられたほうが良いと思います。私共がお伝え出来るのはこのこの色は色褪せが早いとか、この色は廊下が暗くなりますなど、お客様のご希望の色からのアドバイスを心掛けています。さて、色選びにおいては最初、日塗工の色見本帳を見て決めてくださいと言われる事が多いと思いますが多すぎてわかりません。(好みの色があればいいのですが・・・)日本塗料工業会の色見本です・・・ポイント1.色選びのコツとしてはまず、外壁塗装をお決めした後にご家族でまずはドライブ、または、お散歩などとりあえず実際の家やアパートなどの色を見て選ぶ...外壁塗装の色選び・・・・・・幸せを彩る色選び

  • お盆明け!・・・・商品のご案内・・・多彩色仕上げ・・玄関周りのワンポイントにいかがでしょうか。

    サンプル板は長嶺塗装にて作成。フジワラ化学株式会社より引用フジワラ化学株式会社様より、写真ではわかりずらいかも知れませんが石彫仕上げなのに、凹凸が少なく納得の商品でした。通常、石彫仕上げなどは、凹凸が多く汚れが付きやすい事が難点でした。(骨材が大きい為)この商品が気になる方はいつでもお問い合わせお待ちしております。お盆明け!・・・・商品のご案内・・・多彩色仕上げ・・玄関周りのワンポイントにいかがでしょうか。

  • 沖縄もお盆入り・・ウンケイですね~ペンキ屋さんの日常の一コマ

    沖縄のお盆と内地のお盆が重なり、交通量がいつもの沖縄お盆よりも多い気がします。タイル保護塗りとある雨の日、機械整備中~~~沖縄もお盆入り・・ウンケイですね~ペンキ屋さんの日常の一コマ

  • 雨仕舞いとは?・・・・・雨漏り診断士が行く!

    雨仕舞い?・・・・普段生活する中では聞きなれない言葉ですね。実は私も雨漏りの調査は以前から行っておりましたが経験と勘(笑)・・・が多く、この言葉自体を知ったのは雨漏り診断士を取得する勉強で知りました。今までは水の流れが悪い、水が貯まって抜けないなど・・・・・。さて雨仕舞いとは建物の内部に雨水が入らないようにする事を指し、屋根であれば勾配(こうばい)をつける、軒(のき)を深くする、庇(ひさし)をつける、雨水の流れる経路を作る事を意味します。防水?と思われるかも知れませんが意味が違い、防水とは漏水させない様水を遮断する事を目的としています。一方で雨仕舞いは、入ってくる雨を外に出す、雨水を処理する、水の流れを知り外に出す道を作る、という考え方が「雨仕舞い」になります。上記の写真は違いますが、庇(ひさし)部分(グレーの...雨仕舞いとは?・・・・・雨漏り診断士が行く!

  • 塗装・防水工事にインフォームド・コンセント(英: informed consent)の重要性

    インフォームド・コンセント(いんふぉーむど・こんせんと)とは「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。医療行為で使われる言葉なのですが、医師が患者に対し、検査や治療の意味・内容・効果・危険性などについて十分説明したうえで、患者から検査や治療の同意を得る事です。私共、沖縄塗装工業でも同じく外壁塗装または、防水工事を行うにあたりお客様に、塗装の意味・工事内容・効果はもちろんですが、リスクの説明もさせて頂いています。「え、塗装にリスク?」と思われるかもしれませんが、例えば、立地条件にもよりますがご自宅が山や川沿いなどでしたらカビの発生が予想されたり、車通りの多い場所でしたら汚れが出やすいなど等々、もちろんですが汚れ対策やカビ対策は施しますが、「絶対大丈夫です」とは言えないのが現状です。特に、鉄部の塗...塗装・防水工事にインフォームド・コンセント(英:informedconsent)の重要性

  • ご自宅の台風対策は大丈夫ですか・・・・思ったより強い台風・・・・

    タイルはつり撤去後の研磨中研磨具合を確認中プライマー塗布後、防水1層目、なかなかの勾配・・・滑る~中塗り~~研磨後、左官~~左官~~~・・・・・・・・・・・・・・みなさん、ご自宅の台風対策はしっかりと頑張りましょう!ご自宅の台風対策は大丈夫ですか・・・・思ったより強い台風・・・・

  • ご自宅の台風対策は大丈夫ですか・・・・思ったより強い台風・・・・

    タイルはつり撤去後の研磨中研磨具合を確認中プライマー塗布後、防水1層目、なかなかの勾配・・・滑る~中塗り~~研磨後、左官~~左官~~~・・・・・・・・・・・・・・みなさん、ご自宅の台風対策はしっかりと頑張りましょう!ご自宅の台風対策は大丈夫ですか・・・・思ったより強い台風・・・・

  • 文字を彫ってエポキシレジンを流しこんで作成しました。

    https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1051275081747103&id=100005938631832&sfnsn=mo画像ばかりの動画ですが見てやってください。文字を彫ってエポキシレジンを流しこんで作成しました。

  • 昔、昔の困ったお話し?・・・・・雨漏り診断士が行く

    以前に雨漏り調査の依頼を受け現場訪問した際のお話しです。部屋内の雨漏り箇所確認、FIX窓(開け閉めできない窓の事)より雨漏り、お客様も何度もご自身で補修しているが直らない、家庭用高圧洗浄機で水をかけても漏れない・・・・という事でした。私の見解では、窓の笠木部分のひび割れとコーキングの劣化と判断、お客様にお伝えするとそこではないはずと言われました。「・・・・?」、一応屋上も確認しましたが築年数も浅いので特に問題なし・・・・・どうしよう・・・・・・・お客様にお水の使用許可を頂き原因箇所のみ散水調査・・・5分ほどで水漏れ・・・簡単に原理をご説明させていただき御見積もりを後日提出・・・。窓の下の出ている部分(笠木)写真は、今回のお話しと別現場です。御見積もり提出後、ご依頼のお電話を頂きました。しかし、2日後・・・・お電...昔、昔の困ったお話し?・・・・・雨漏り診断士が行く

  • 未来の家と真摯に向き合う・・・・・・外壁塗装とは何でしょうか?

    外壁塗装とは何でしょう?・・・・または、塗り替えとは?塗装屋さんが言うのもなんですが(笑)沖縄での外壁塗装と言えば鉄筋コンクリート造の住宅(以後RC造住宅)が多くを占めているのでそのお話しをさせて頂きます。みなさん、コンクリートは防水機能があるわけではありません。新築の状態でのコンクリートは高アルカリ性を保ち中の鉄筋を錆びさせません。しかし、ひび割れや水や空気が入る環境が出来てしまうとコンクリートの中性化が進み中の鉄筋を錆させ、膨張しコンクリートを押し出します。さて、外壁塗装とは(むむ、むむむ)、やはり保護をする事と補修が重要です。(個人の意見です)次に美観ですが、塗装屋さんとしても綺麗なならなくちゃ面白くないですし、職人の腕の見せ所でもあります。また、時代にあった塗料の選択や色合い、忘れてはいけないのは流行り...未来の家と真摯に向き合う・・・・・・外壁塗装とは何でしょうか?

  • アスファルトひび割れ簡易補修

    "アスファルトひび割れ簡易補修"をYouTubeで見るアスファルトひび割れ簡易補修

  • 壁面に防水層を吹いてみた!

    XiaoYingVideo1564139733649壁面に防水層を吹いてみた!

  • 最近の住宅事情・・・・・隙間がない家・・・・・・雨漏り診断士が行く(個人的な感想です)

    近年、沖縄の建築業界では気密性の高い住宅が多く見られます。夏場は、エアコンなども効きやすく、冬場は暖かいなどメリットが多くあります。デメリットではないのですが、高気密住宅の新築などでの雨漏りのお問い合わせもチョコチョコあるのも事実です。以前にお伺いした実例なのですが、建物は2階建て築3年程度で壁から雨漏り、店舗が入っており建築した会社も何度か来てもらっているが治らないとお問い合わせがあり現場調査を行いました。写真と文面は関係ありません店舗内の壁はペンキが塗られており、床は水で濡れておりました。天井もコンクリートむき出しなので確認しましたが漏れている形跡なし。水の侵入出口は壁と想定して外部を確認。外の壁も塗装仕上げで特に問題なさそうな感じ・・・・・あれ・・・・ん、写真は載せられないですが1㎜もないほどのひび割れが...最近の住宅事情・・・・・隙間がない家・・・・・・雨漏り診断士が行く(個人的な感想です)

  • そろそろ、梅雨明け? 沖縄の暑い夏に冷やし塗料はいかがでしょうか・・・・・

    放熱にこだわって開発した冷めやすい塗料ヒートアイランド対策のために設計されたアドグリーンコート®は、放熱にこだわって開発された”冷めやすい”塗料です。半導体の封止材等、精密機器(テレビ・携帯・カメラ等)の熱対策に用いられる世界最高峰の素材、真球ナノ・ファインセラミックスを建材塗料に応用しました。太陽光の近赤外線の効果的な「反射」と「放熱」のWブラインド効果で、塗装した建物外皮を外気温と同温程度に推移させ、”熱だまり”を起こしません。※ヒートアイランド現象とは、郊外に比べ、都市部ほど気温が高くなる現象のことです。緑地の減少やアスファルト道路、自動車、ビルや住宅の密集などが原因と言われています。電気代20%削減!即効性ある省エネ・節電対策塗料室内への熱ごもりを抑制するので、空調への負荷を低減し、節電対策に効果があり...そろそろ、梅雨明け?沖縄の暑い夏に冷やし塗料はいかがでしょうか・・・・・

  • 雨漏り調査・・・屋上防水は、施工後もメンテンナスが必要です。 

    以前は、応急的な処理の防水で止まったのでそのままにしておいたようです。ウレタン防水は、定期的なメンテナンスを行う事で防水層(ゴム状の物)はより長持ちします。実は・・・と言うほどでもないのですがウレタン防水を放っておくと、せっかく施工したのにまた1からやり直し、いや・・・マイナスからの施工やり直しで費用が前回よりも上がります。ウレタン防水は、定期的なメンテナンスを行う事で防水層(ゴム状の物)はより長持ちします。※輪ゴムなどと同じような感じなのですが太陽がさしている所に置いておくとすぐに劣化するのと似たような物です。築年数の古い建物やすでに水の侵入がある屋上に関しては、補修を行ったとしても早い段階で別の箇所が鉄筋の錆などで膨張する可能性がある場合な工法を変え提案します。遮熱塗料の塗り替えでしたら、防水層を流し込むよ...雨漏り調査・・・屋上防水は、施工後もメンテンナスが必要です。

  • 沖縄で外壁塗装をするならどんな色が良いのでしょうか? アパートや自宅の色の選び方、初級編

    沖縄は、内地と違い亜熱帯気候、高温多湿で年間の降雨量も2000ミリを超えるという環境においての色の選び方?・・・・色なんて関係あるのと思われるかも知れませんが、濃淡色(濃いめの色、チョコーレート色や赤、オレンジ、青など)は最近でもポイントやアクセントカラーとして使用されています。建物調査、診断中しかし、アクセントカラーとして使用するにしてもあまりお勧めではありません。塗装する際や事前に色の打ち合わせでお客様にも私達はご説明差し上げますが濃い色の場合は色褪せが早くどんな良い材料を使用したとしても長くは持ちません。ベース色(全体的な色合いの事、基本となる色)をアイボリ色などにしてアクセントで赤にしたとします。すると、何年後には先に赤色の色褪せが始まりますが、アイボリ色(薄い色として)は色褪せが分かりにくいので綺麗な...沖縄で外壁塗装をするならどんな色が良いのでしょうか?アパートや自宅の色の選び方、初級編

  • 雨漏り診断士が行く・・・・・

    マンション内トイレ天井より雨漏り・・・・点検口を覗き見・・・すると、「ん、これか!」照明を当てるとコンクリートからエフロが・・・・マンションの理事会、不動産会社の方々と共に上の階の住人に説明し再度訪問、部屋内の為、写真はないですが上の場所は水場ではない場所でしたが、近くには浴室、キッチン。床下は点検口がなく確認は取れませんでしたが想定として恐らく浴室からタイル下に水漏れがあり長い期間にリビング側に水が来ている可能性がありました。もしくは、キッチン等からの水漏れ。上の写真は別現場にて、参考写真。浴室などはの下はブロックなどの仕切りがあり、防水等を通常は施工してありますがやられていない、または、意味をなしていない(経年劣化)により水漏れ。別現場参照、タイルの撤去後、新築時はアスファルト防水?現在は砂地、タイルが水を...雨漏り診断士が行く・・・・・

  • ペンキ屋さんの日常・・・・ウサギとは関係ありません!

    パテ処理後、研磨中・・・・・現場確認・・・・・放し飼いのウサギちゃん・・・裏が山なので姿が見えると安心・・・・・・・ハブがちょっと心配・・・・高圧洗浄中・・・調査ではしっかり打診、カラカラ、コロコロ・・・浮きありペンキ屋さんの日常・・・・ウサギとは関係ありません!

  • 雨漏り診断士が行く!  

    コーキングの切れによる雨漏り・・・と、屋上の上がるとボルトキャップが完全にダメでした。沖縄では折半屋根の場合、キャップが取り付けされてない屋根も多くあり雨漏り調査でいくと大概、キャップがない為、ボルトの間にあるゴムパッキンがだめになり雨漏りがおきる事が多いです。天井の中に潜ると昼間でしたら光が差し込んでいる!ってな事もありました。今回はキャップが経年劣化しておりましたのでキャップの交換、壁のコーキングの打ち替え、ベランダ廻りシーリングブリッジ工法にて修繕。新築の計画があるので1~2年ぐらい持てばよいとの意向があり部分の補修でしたが最近の大雨でも漏れてないとのことで良かったです。雨漏りの調査で数多く回りますが、基本的には可能性が1番高い優先順位をつけて補修します。また、部分的な補修でしたら保証はできません。お客様...雨漏り診断士が行く!

  • 雨漏り診断士が行く! 低圧注入工法・・・・

    やっとこさ、梅雨明け・・・・ふう・・・・・・良かった低圧注入・・・剥離シールでひび割れから漏れないようにセッティング・・・・注入中・・・・・エポキシ樹脂がゴムの中に入り、壁のひび割れに浸透していきます。ある材料屋さんのプログ💬コメントが良いと思い抜粋しました。発注してくる元請けから工事は始まりますが、どんな要求でも施主が期待する結果が出そうもない時ははっきりと断るべきだと考えています。これは殆どの場合は理解されるのですが、たまにその工事結果が例えば来月には建物を壊してしまうなどの時のように必ずしも結果にこだわる必要がない時があります。こんな場合は何となく不本意ですが指示に従う場合がありますね正直あまり施工にこだわると発注者から嫌がられる時がありますから余分な事をする時はこっそり見えない時にやる様にしています。良...雨漏り診断士が行く!低圧注入工法・・・・

  • 雨漏り診断士が行く! 低圧注入工法・・・・

    やっとこさ、梅雨明け・・・・ふう・・・・・・良かった低圧注入・・・剥離シールでひび割れから漏れないようにセッティング・・・・注入中・・・・・エポキシ樹脂がゴムの中に入り、壁のひび割れに浸透していきます。ある材料屋さんのプログ💬コメントが良いと思い抜粋しました。発注してくる元請けから工事は始まりますが、どんな要求でも施主が期待する結果が出そうもない時ははっきりと断るべきだと考えています。これは殆どの場合は理解されるのですが、たまにその工事結果が例えば来月には建物を壊してしまうなどの時のように必ずしも結果にこだわる必要がない時があります。こんな場合は何となく不本意ですが指示に従う場合がありますね正直あまり施工にこだわると発注者から嫌がられる時がありますから余分な事をする時はこっそり見えない時にやる様にしています。良...雨漏り診断士が行く!低圧注入工法・・・・

  • 雨漏り診断士が行く・・・・早く晴れないかな~~

    雨漏り、ALCのジョイント部コーキング劣化外壁材のALCとは、ALCは高温高圧蒸気養生でつくられる軽量気泡コンクリート(AutoclavedLightweightaeratedConcrete)のことで、珪石・セメント・生石灰・アルミニウム粉末を主原料としています。板状に成形したものは「ALCパネル」と呼ばれ、外壁用や間仕切壁用、屋根用、床板などがあり、幅広く使用される建材です。排水パイプによる水漏れ、上の階生活排水パイプ周辺にエフロ(白華現象)があり。尚、天井材がビニール質の為か、天井の汚染はわからないが、家主さんに「ぽた、ぽた音がしたが4か月前ほど、あれ以来問題ないが念のため見てくれ」とのことで確認すると水漏れ確認。つらら状になり下にも結晶が確認できました。これらの状況を踏まえ、長い間水漏れがありエフロが出...雨漏り診断士が行く・・・・早く晴れないかな~~

  • タイル注入工事

    "20160914115437"をYouTubeで見るタイル注入工事

  • かっこいい~塗装屋さん! 自画自賛の話・・・ではなく。 憧れる塗装のお話しの予定・・・

    一昔前、建築業界は、3K(きつい、汚い、危険)と言われていましたが、何故か、自分にとってはかっこいい先輩方が多くいた気がします。(自分目線ですが・・・・まあ、怖い人も多くいました)さて、現在はどうでしょうか?3Kについて塗装業界で説明するときつい・・・・・以前と違い機械化が多少進んでますので前よりはきつくないかな?とは思います。汚い・・・・ペンキ塗りなので汚れはしますが、職人になるほど汚れないまた、綺麗好きが多く作業服も綺麗です。危険・・・・以前よりも安全対策はどの会社も心がけている(KY=危険予知を行い事故を起こさない事が前提です。何か、言い訳している文面に見えてきました・・・・まあ、一昔前よりは仕事環境は良い環境だと思われますが、なかなかの人手不足。😢大きなショッピングモールなど建築となると、内地から職人が...かっこいい~塗装屋さん!自画自賛の話・・・ではなく。憧れる塗装のお話しの予定・・・

  • 塗料の耐久性とは?  

    塗料には、性能表示の指標として「塗料の耐久年数」が示されています。これは、「ある試験方法」を基にして、算出されるものです。「ある試験方法」とは、『促進耐候性試験』(JIS(日本工業規格)A6909の規格)です。その塗料をサンプルとして試験板に塗装し、それに対して自然の日射を想定したランプ光を連続照射します。そして、最初の艶(つや)から、80%まで低下した時点の経過時間を基にして耐久年数を試算する方法です。照射時間2500時間:(10年相当の耐久性)照射時間1200時間:(5年相当の耐久性)照射時間600時間:(3年相当の耐久性)この統一した試験方法を用いて、塗料の耐久性指標としています。一般的に公表されている「塗料の種類による標準耐久年数」はおおよそ下記の通りです。アクリル樹脂塗料・・・沖縄では、新築などではよ...塗料の耐久性とは?

  • 雨漏り診断士が行く・・・・・事例・・・

    とある、ビルのタンク下に雨漏りの調査現場壁の写真はないのですが、壁からは雨漏りの後なく、以前から家主さんのお話しでは大雨の際には地下タンク付近に大量の水が?という事でした。壁、天井は浮き、エフロ(石灰)なし、しかし、土間(地面)を見ると多くのクラック(ひび割れ)にエフロが?ん、そういえば近くに川、タンクの側には排水用ポンプが?これらの情報を踏まえて地下水の上昇による漏水だと予測されます。新築時と家主さんも違うのでわかりませんが、新築時から地下水の上昇があり、排水パイプを設置していたと思われます。雨漏り、漏水の調査は、安心と信頼の雨漏り診断士在籍の沖縄塗装工業宜しくお願い致します。雨漏り診断士が行く・・・・・事例・・・

  • 雨漏りは常識だけではダメです! 雨漏り診断士の憂鬱・・・・・・

    沖縄も先日梅雨に入り、雨、雨、午後から晴れ、現場は内部面を進めさせていただいています。お待たせしているお客様には大変申し訳なく思っております。今回は、雨漏り診断について少しお話します。雨漏りの判断において大事なのは経験、知識、対策(雨仕舞)など色々ありますが心構えとして雨漏り調査でお伺いする現場は先入観は持たない事が大切です。原因が分かりやすい場合もありますが、下手に先入観を持つと入口が複数ある雨漏りなどを見逃す恐れがあるからです。雨漏り調査は常に「もしも・・・もしかして・・・」を考え1か所だけではなく視野を広げ全体を確認する事で総合的な診断につながります。何故、ここに水が流れるのか?雨漏りの原因は特定できても、ここに流れる水の流れを変えてやることが対策になります。水の侵入は止めても水の入り口を作るきっかけを直...雨漏りは常識だけではダメです!雨漏り診断士の憂鬱・・・・・・