自閉症の息子が生きた5年間の軌跡
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ハルの笑顔はヒマワリの花さん
ブログタイトル
自閉症の息子が生きた5年間の軌跡
ブログURL
http://haru-sun.hatenablog.com/
ブログ紹介文
7年前に亡くなった息子は知的障害を伴う自閉症でした。
自由文
-
更新頻度(1年)

187回 / 280日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2015/12/11

ハルの笑顔はヒマワリの花さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(IN) 22,698位 21,560位 21,554位 21,516位 19,759位 19,791位 19,998位 975,212サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 30 130 140 130 120 260 270 1,080/週
PVポイント 230 960 1,160 1,180 1,460 1,730 1,980 8,700/週
子育てブログ 513位 486位 487位 483位 437位 437位 441位 64,782サイト
自閉症児育児 38位 39位 37位 36位 34位 34位 35位 986サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 9,162位 9,614位 9,645位 9,179位 8,697位 7,383位 7,045位 975,212サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 30 130 140 130 120 260 270 1,080/週
PVポイント 230 960 1,160 1,180 1,460 1,730 1,980 8,700/週
子育てブログ 248位 264位 267位 255位 240位 202位 196位 64,782サイト
自閉症児育児 31位 33位 32位 31位 28位 25位 25位 986サイト
今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数
総合ランキング(PV) 2,775位 2,873位 2,816位 2,639位 2,327位 2,057位 1,910位 975,212サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 30 130 140 130 120 260 270 1,080/週
PVポイント 230 960 1,160 1,180 1,460 1,730 1,980 8,700/週
子育てブログ 61位 65位 64位 53位 43位 39位 39位 64,782サイト
自閉症児育児 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 986サイト

ハルの笑顔はヒマワリの花さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ハルの笑顔はヒマワリの花さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ハルの笑顔はヒマワリの花さん
ブログタイトル
自閉症の息子が生きた5年間の軌跡
更新頻度
187回 / 280日(平均4.7回/週)
読者になる
自閉症の息子が生きた5年間の軌跡
  • 幼児がお昼寝をする3つのメリットとは?【お昼寝いつまで?】

    お子さんをお持ちの皆さん、お子さんはいつまでお昼寝をしていましたか?「2歳くらいまでは1日2回だった」 「2歳頃にはお昼寝しなかった」 「幼稚園に入園してからも、帰ってきたらお昼寝していた」 本当に様々だと思います。

  • オムツを外して息子は熟睡、母はおねしょしないかドキドキ【自閉症児育児】

    トイレトレーニングをして、日中のオムツを外すことができたら、次は寝る時のオムツ外しにチャレンジすることになると思います。基本的には、寝ている間にオムツが濡れていなかったら夜のオムツを外すと思うのですが、結構勇気がいりませんか?

  • 亡くなった弟は、いつも太陽みたいに僕たちを見ていてくれている【6歳で弟を亡くした兄の言葉】

    ハルが亡くなった日、私たち大人は悲しんでいる暇もなくバタバタと動き回っていました。 ふと、仏間を見ると、お兄ちゃんはハルの側に座り、優しく顔を撫でていました。 その姿を見ていると、涙が止まらなくなってきました。 お兄ちゃんも辛かっただろうけど、泣きませんでした。 お通夜でも告別式でも、父親と一緒に立ち、参列者の方たちにお礼をしていました。 ハルのお通夜、告別式には、葬儀屋さんの担当の方も 「こんなに参列者が多いお通夜は初めてです。 しかもお通夜の最後まで、こうやって皆さんが残ってくれるなんて、 経験したことがないです」 と言われるくらい、参列してくださる方がたくさんいました。 いつもなら「疲れた~」「お腹すいた~」「眠たい~」なんてすぐ言うお兄ちゃんが、 最後まで立って頑張ってくれていたのは、嬉しかったです。

  • 自分でパジャマのボタンを留めようとするようになったのはお友達の影響【発達障害児育児】

    自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございます。。ハルママです。ブログ説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】ハルには2歳離れたお兄ちゃんがいて、お兄ちゃんの様子をよく見ているので、「やってみたい」という憧れの気持ちを抱くことが多かったように思います。 今回は、そんな憧れの気持ちからできるようになったことについて書きたいと思います。 お着替えに興味を持つようになったのはお友達の影響 2011年5月12日(木)3歳11ヶ月 お着替えに関するおすすめの本 お着替えに興味を持つようになったのはお友達の影響 2011年5月12日(木)3歳11ヶ月 パジャマに着替え…

  • きょうだい児の自己肯定感を損なわないように公平に叱る【自閉症児育児】

    兄弟姉妹がいると喧嘩をすることもあると思います。 そんなの毎日よー と困っている親御さんも多いかと思います。私の息子のハルは自閉症を抱えていました。よって、兄弟関係も、健常児の兄弟のそれとは少し違っていました。今回は、ハルが3歳10ヶ月、お兄ちゃんが5歳8ヶ月の頃のエピソードをハルが通っていた療育園の連絡ノートをもとに紹介します。 連絡ノートの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

  • 警察から虐待を疑われた日【自閉症児育児】

    子どもが虐待されたニュースを見ると、心が痛みますよね。ご自身にお子さんをお持ちならなおさらではないでしょうか。 今回は、タイトル通り「警察から虐待を疑われた日」のエピソードを当時息子のハルが通っていた療育園の連絡ノートをもとに紹介します。(連絡ノートの紹介はこちらから⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】)

  • 子供のイタズラには付き合ってあげるべき理由とは?【自閉症児育児】

    小さな子どもはいたずらが仕事かというくらい、様々ないたずらをしますよね。

  • 療育園での野菜作りの必要性【自閉症児保育】

    ハルが通っていた療育園では、野菜をたくさん植えていました。 幼児と一緒に野菜を植えることはとてもメリットがあると言われています。

  • 言葉が出ていない子に絵カードは必須なのか?【自閉症児育児】

    私たちには、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)があります。 自閉症の人は、この五感の一部が敏感だったり、逆に鈍感だったりすることがあると言われています。

  • 自閉症児に数の概念を教えることはできるのか?【発達障害児育児】

    自閉症児は、文字や数字が好きな子が多いと言われていますが、ハルもそのうちの一人で、数字が好きでした。

  • 自閉症で言葉が出ていない子には絵カードだけで言葉を覚えさせたらいいのか?【発達障害児育児】

    言葉って、ただ声に出すだけでは意味がなくて、日常的に使えるかどうかが大切になってきますよね。 例えば、トマトという音を覚えても、実際の野菜のトマトと繋がっていなければ意味がありませんよね。 絵カードでトマトを覚えた場合、「赤くて丸みを帯びているものがトマト」となりますよね。 でも、熟す前の緑色のトマトもトマトなんです。 療育園では、野菜や果物も植え、水やりなどのお世話をすることによって成長の過程を見ることができるのできました。

  • 自閉症児(発達障がい)のきょうだいは、妙に物分りがいいって本当?

    病気や障害を抱えたお子さんがいると、その他のきょうだいって、我慢していることも多いと思うんです。 うちもハルに手が掛かるため、ハル中心の生活になっていて、お兄ちゃんには「ちょっと待って」と待ってもらうことも多くあったと思います。今回は、きょうだいの話。

  • 「年齢相応にできないのが当たり前」と思うとトイレトレーニングもイライラしない【自閉症児育児】

    トイレトレーニングの話です。 パンツで過ごしていたら、急にズボンとパンツを脱ぎ出し、近くにあったオムツを広げて、その中におしっこをしていました。何をし始めるのか?と驚きました。おしっこが出る感覚はわかっていて、今ここで出してはいけないというのもわかっていて、でも間に合わない!!そんな時にオムツを見つけ、「これを履いている時はおしっこしても濡れないから、ここにしよう!」と思ったのでしょうか・・・。しかし、足を出す所から出てしまったので、床は濡れてしましました。

  • 言葉のキャッチボールができなくても、ジェスチャーで伝えるハルのお友達【自閉症児育児】

    私の息子のハルは、2歳半で自閉症と診断され、2歳10ヶ月から療育園(児童発達支援センター)に通っていました。療育園で出会ったお友達が卒園した後も、遊ぶ機会がありました。今回は、親子の体操教室に参加した時のエピソードを紹介します。

  • 弟を亡くした兄の気持ちは、親が思う以上に温かい

    長男が小学校2年生の時に「おさるのバス」といって作っていました。 そんな長男もこの春(2019年)中学2年生になりました。弟を亡くして7年が経とうとしています。 今回は、弟を亡くしたお兄ちゃんの気持ちについて書こうと思います。

  • 自閉症が治る時代は来るのだろうか【発達障害児育児】

    なかなか飛んでいかないトンボ なかなか飛んでいかないチョウ 昆虫が苦手な方は見るのも嫌でしょうか。 トンボ、アゲハが長男の手に止まったのですが、なかなか飛んでいきませんでした。 当ブログは、自閉症であった息子のハルの5年間についてを通っていた療育園の連絡ノートを元に紹介しています。(連絡ノートの説明はこちらから⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】) 今回は、3歳頃のハルの様子を紹介します。

  • 言葉が出ていない子は、全てを理解できないわけではない【自閉症児育児】

    自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございます。ハルママです。 このブログでは、4年前に亡くなった私の息子であるハルの生きていた証を綴っています。ブログの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 療育園に入園してからの園と家庭と繋ぐ連絡ノートを読み返していると、今、書いているあたり(年々少の3月)は、だいぶ人との関わりが増えてきています。 これも、療育園で先生たちがハルに向き合ってくれているおかげだと思います。

  • 数字に引き寄せられる我が子は自閉症児

    私の息子のハルは、知的障害を伴う自閉症で、言葉は単語程度で、言葉によるコミュニケーションはとることができませんでいた。 そして、文字(数字・アルファベット)が好きでした。今回は、きょうだい関係の難しさについて、ハルが通っていた療育園の連絡ノートをもとに紹介していきたいと思います。連絡ノートの説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】

  • お兄ちゃんが小児科受診に付き合った自閉症っ子の様子

    子どもがいると体調を崩して小児科を受診することも多くなりますよね。年齢の近い兄弟姉妹がいると、幼いうちは体調が悪くない子も一緒に連れて行かないといけないから大変ですよね。こういう時に、おじいちゃん、おばあちゃんが近くに住んでいたり、同居していると、見ておいてもらえるように頼むこともできるので、いいですよね。今回は、お兄ちゃんがお腹が痛くて、小児科に行った時のお話を療育園の連絡ノートを元に紹介します。(連絡ノートの説明はこちら→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】)

  • 【おすすめ絵本3冊】なかなか絵本を読み聞かせさせてくれない子にも絵本を【自閉症児育児】

    自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございます。ハルママです。ブログ説明はこちらから→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 自閉症や発達障がいを抱えたお子さんをお持ちの親御さんの中には、「読み聞かせをしてくてもできない」と悩んでいる方もいるかもしれませんね。 私もそうでした。 ハルに絵本を読んであげようとしても、座ってくれない、絵本を高速でペラペラめくる・・・と絵本を読ませてもらえませんでした。 しかし、療育園に通い始めてから、絵本の楽しさがわかってきたのか、自分で開いてみることもありますし、読み聞かせも少しずつできるようになりました。

  • 療育園の卒園式って、どんな感じ?【自閉症児保育】

    私の息子のハルは自閉症でした。1歳半検診で発達の遅れを指摘され、1歳10ヶ月から親子教室へ、2歳10ヶ月からは療育園に通っていました。今回は、ハルが年々少の時の療育園の卒園式の予行演習の時の様子を療育園の連絡ノートを元に紹介します。(連絡ノートの説明は→ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 )

  • 発達障害児のきょうだいが甘えてきたら何歳であっても受け入れてあげて

    病気や障がいを抱えた子の兄弟姉妹を”きょうだい”や”きょうだい児”と表現します。私の息子のハルは2歳半で自閉症と診断されました。ハルには2歳離れた兄がいます。その兄が”きょうだい(きょうだい児)”となります。 きょうだい児には、たくさんの苦悩があると言われています。そんな中で、ただ「障害児の兄弟姉妹」という言い方より、「きょうだい(きょうだい児)」の方が社会に訴えていくのには適しているように思います。 今回は、きょうだい児についてのお話を紹介します。 自閉症の弟と定型発達の兄との関係は? きょうがいが甘えてきたら小学校高学年でも甘えさせる? 自閉症の弟と定型発達の兄との関係は? 下は、ハルが通…

  • 発達障害児のきょうだいの苦悩を理解してあげて

    先日、ハルと同じ療育園に通っていたお友達のお母さんと話す機会がありました。 その時、きょうだいの話になって、そのご家庭は、お兄ちゃん(小学3年)が自閉症、妹が幼稚園の年長さん。 ※当ブログでは、障害を抱えたお子さんの兄弟姉妹のことを”きょうだい”と表現しています。 その妹ちゃんが、よく喋るらしくて・・・ お兄ちゃんが喋れない分、妹が喋ってる気がする。2人を足して2で割ったら、ちょうどいいんだと思う と話してくれました。

  • 2歳児と5歳児の違いってこういうところなんだよね【発達障害児保育】

    ハルは、2歳半で自閉症と診断され、年々少から療育園に通っていました。 入園後、当時の園長先生に 2歳児さんだから、まだ体もできていないし、体調を崩すことも多いと思います と言われました。 しかし、蓋を開けてみたら、1つ年上の年少さんのお兄ちゃん、お姉ちゃん達に混じっても負けないくらいの元気なハル。 たまに休むことはあっても、体力があるので、すぐに回復して、元気に通っていました。 今回は、そんなハルの3歳8ヶ月頃の療育園での様子を療育園の連絡ノートを元に紹介します。(連絡ノートの説明はこちらから⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 ) お散歩も年長さんに負けていない 今日は、全グループでお散…

  • 子どもが行方不明になった時の対策【発達障害児育児】

    少し前に、息子(ハルの兄)と歩いていたら、あるお母さんとお子さんに遭遇しました。そのお母さんは、えらく慌てている様子で、 すみません!!このあたりで、この子(そのお母さんが連れていたお子さん)くらいの男の子見かけませんでしたか? と聞かれました。

  • 自閉症の息子が初めて「絵本を読んで」と訴えてきた日【発達障害児育児】

    上の写真は、数年前に長男が撮ったものです。 リスザルのぬいぐるみが、図鑑を見て勉強中だそうです。

  • 【おすすめ絵本】三びきのやぎのがらがらどんの怪物トロルが怖い【自閉症児育児】

    私の息子のハルは自閉症でした。当ブログではハルが生きた5年間の軌跡をハルが通っていた療育園の連絡ノートを元に紹介します。(連絡ノートの説明はこちらから⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】) お子さんと毎日どんな遊びをしていますか? 家にいると遊ぶ内容って決まってきませんか? ハルの場合は、言葉が出ていなかった分、何で遊んだらよいのかわからない時もありました。

  • 療育園の親子保育が楽しかったから次の日も一緒に行きたい!

    当ブログは、自閉症だった息子のハルの5年間のエピソードを紹介しています。今回は、4歳3ヶ月頃の療育園の親子保育の時の様子を、療育園の連絡ノートを元に紹介します。(連絡ノートの説明はこちらから⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 ) 親子保育では一緒に遊ぶ 今日も元気に走り回っていました。結局、すべり台を10回以上滑っていました。すべり台の階段をのぼる時、後ろをチラッと振り返りながら私が付いてきているかを確認していました。帰る時、まだすべり台の方へ行きたそうにしていましたが、私が背を向けて遠ざかるふりをしていると、「しょうがないな」という表情で、こちらへ向かって歩いて来てくれました。以前だと…

  • お願いだから座布団にマヨネーズはかけないで!【自閉症児育児】

    私の息子のハルは2歳半頃に自閉症と診断され、療育園に通っていました。ハルは言葉も出ていなく、コミュニケーションを取ることも難しかったです。定型発達の子たちに比べたら、できないことも多く、育てにくいことも多かったです。それでも、少しずつですが成長していく様子を見るのは嬉しかったです。下の記事にも書いているのですが、療育園に通い始めて10ヶ月頃(3歳8ヶ月頃)のハルは、だんだんと見立て遊びができるようになってきていました。

  • 【おすすめ絵本】自閉症の息子が選ぶ絵本の特徴は?

    自閉症の息子が生きた5年間の軌跡にお越しいただきありがとうございますハルママです。ブログ説明はこちら⇒ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 療育園に通い始めて約10ヶ月、3歳8ヶ月くらいのハルの様子を療育園の連絡ノートを元に紹介します。連絡ノートの説明は→(ハルの笑顔はヒマワリの花【ブログ説明】 )

カテゴリー一覧
商用