卓球する朗人
読者になる
住所
出身
ハンドル名
卓球朗人さん
ブログタイトル
卓球する朗人
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/masatoda01
ブログ紹介文
楽しい卓球をより楽しくするには卓球の技を磨き、体が勝手にボールに反応するまで工夫しながら練習するのみ
自由文
卓球は、その気になって練習すれば確実に上達する。
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2015/09/08

卓球朗人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 33,952位 34,223位 31,315位 34,925位 34,880位 34,650位 38,368位 974,975サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 10 0 30 10 10 10 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 460位 468位 419位 471位 468位 470位 521位 11,980サイト
卓球 8位 8位 8位 8位 8位 8位 9位 394サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 45,289位 48,473位 45,954位 51,789位 51,977位 51,749位 52,385位 974,975サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 10 0 30 10 10 10 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 708位 757位 728位 814位 822位 818位 824位 11,980サイト
卓球 15位 18位 16位 18位 20位 19位 19位 394サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 0 0 10 0 0 10 10 30/週
OUTポイント 10 0 30 10 10 10 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,980サイト
卓球 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 394サイト

卓球朗人さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、卓球朗人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
卓球朗人さん
ブログタイトル
卓球する朗人
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
卓球する朗人
  • 粒高ラバーの基本はプッシュ打法

    裏ソフトラバーと粒高ラバーは大きな違いがあります。同じツッツキと言っても、裏ソフトのツッツキは下回転のための打法ですが、粒高ラバーはボールコントロールのための打法です。粒高ラバーで相手のツッツキをツキ返すと、上回転になり激しくプッシュすると上回転の攻撃打法となり、軽くツクと相手は下回転と勘違いすることもしばしばあります。これを相手と状況に応じて使い分ける戦法が前陣速攻型ツブ高マンの基本とも言えます。具体的には、ツブ高マンは相手の鋭いツッツキのときは、台に水平に真っ直ぐラケットをツクこと、即ちプッシュ打法です。言い換えれば、やや上向きのラケット角度でネットに向けてプッシュすることでボールはネットを越えてから沈んで入ります。また、相手のボールが切れてない感じのツツッツキかナックルなら、やや上から斜め下にツクと浮くこ...粒高ラバーの基本はプッシュ打法

  • 粒高ラバーの変化と選定

    ツフ高はツブがつぶれる=曲がることでボールに変化を与え。粒高でボールを打つと粒がグニャーと曲がるのは一枚ラバーです。だから、スポンジはない一枚ラバー(OX)が一番変化します。スポンジが厚くなるにつれ変化は少なくなるので、ツブ高にはスポンジの厚がありません。粒高ラバーで安定性があり、粒高での攻撃はスポンジのあるツブ高が最適ですが、変化重視ならスポンジなしのツブ高です。どの粒高にするかは自分のプレースタイル応じて違ってきます。また、ツブ高にもツブの大きさ、長さなどの形状が違うラバーがあり、それによって変化、攻撃時の安定、カットの安定も違います。どのラバーにするか。多様な粒高ラバーを試して、自分のプレースタイル、特性に合った粒高ラバーを選ぶことをお勧めします。試し打ちすれば、きっと自分に合った最適ラバーが閃きますよ。粒高ラバーの変化と選定

  • 手打ちカットから脱皮するカット打法  

     手打ちカットのクセがつきフォアカットが安定しない人がいましたが、あるヒントを得てカットコントロールが良くなった人がいます。「しっかり構えて、ほんの少しボールの外側をカットする」この指摘ポイントで、自然に手打ちカットが直り肩から切り込むようなイメージがつかめたのです。この外側のボールを切り込むポイントはバックカットにも共通するものがあります。カットした瞬間、膝が沈む感じでカットのフォームも動きにも自信がついたようです。あるヒントでひらめくことで、卓球は上達することがあります。色んな人の意見を聞いて、それを自分が試してみることが卓球の技を向上させると確信しています。手打ちカットから脱皮するカット打法 

  • 世界卓球2019日本代表最終選考会 女子 準決勝 加藤美優vs早田ひな

    加藤美優選手の曲がるしゃがみ込みサーブに注目世界卓球2019日本代表最終選考会女子準決勝加藤美優vs早田ひな

  • 伊藤美誠チキータ 動画共有

    伊藤美誠チキータ動画共有

  • 前陣攻守型ブロックマンへの対策

    前陣攻守型は攻撃もしますが、相手からの攻撃をかわすほうが得意、あるいは好きというタイプの選手が多いものです。特にフォアハンド攻撃が苦手だが、バックハンドの攻撃は巧いという選手は少なくありません。また、ブロックマンは自ら攻撃してくる選手も少なく、対戦相手がバックに攻撃してくるのを待って鋭いブロックでミスを誘うパターンも多くみられます。そのためには、ブロックマン対策としては単純な攻撃は禁物でフォア、バックの左右、ロング、ショートなど揺さぶり作戦が基本です。特に、スマッシュするときはフォアを攻めるほうが優位になることが多いです。勿論、ブロックマンには色んな特性を持った選手がいます。「相手の弱点はフォアかバックか」「フォア前の対処状況はどうか」など色いろ試合中、特にファーストゲームの中で試す必要があります。相手の苦手、...前陣攻守型ブロックマンへの対策

  • カットマンの攻撃

    カットマンは守りが命ですが、ここぞというときのチャンスボールは果敢に攻撃する気概がとても大事です。そうしないと対戦相手から「攻撃しないカットマン」となめられてしまいます。例えミスになってもチャンスボールは果敢に攻めるのです。フォアもバックもチャンスボールは一発で決めるスマッシュと中陣後陣からの繋ぎの攻撃打法を習得することです。カットマンは攻撃型のドライブ練習に時間を割く必要はありません。まず、確実で軽いタッチの繋ぎのフイッシュイメージの繋ぎの攻撃打法の練習をしておくほうが有効です。 また、カットマンの攻撃として、フォアとバックのスマッシュ打法を確実にマスターすることが必須です。このフォアのスマッシュは、踏み込んで叩きつける一発必殺のスマッシュを練習することをお勧めします。そして、バックハンドスマッシュですが、浮...カットマンの攻撃

  • 初心者フォアカットの基本

    フォアカットの構えは、フォア・バックいずれでも対応できる平行足に近い構えで、ラケットを前に出して腰をやや低くして構えることを基本にしましょう。あるいは、利き腕のほうの足を少しだけ前に出してバックへの対応を基本に構えることもあります。そこから、フォアカットは体を右に開けば、ラケットは自然に体の横になります。そこからs体の横でラケットを振り下ろすカットで素早い対応をするのが基本です。 相手のボールの回転に応じてラケットを振り下ろす角度(=切り込む角度)が違ってくると考えればいいのです。必ず、構えた足を動かし、ボディーワークも駆使してフォアハンドで振り下ろすカットの練習をすることです。カットするボールの位置を調整することでカットコントロールするのが基本です。 カットマンは手首の動きでカットの切れ具合に強弱をつける...初心者フォアカットの基本

  • カット安定打法のポイント

    カットマンは当然ながらカットの基本をマスターすることが相手の攻撃を安定して返球するために不可欠な技です。相手から攻撃されたときは、ボールの方向を素早く感じとって「体勢を整えラケットを構える」ことがカットマンの基本です。カットマンはいかに素早くボールに反応して構えを作るか、そのために膝を曲げ前傾姿勢で構えることを基本にすることです。そして、前後左右のフットワークを伴ったカット練習で守備範囲は広げることに重点を置いて練習する必要があります。フォアハンドカットですが、しっかり切り込んでもボールがオーバーしないようにしなければなりません。その基本が攻撃されたボールに素早いカットの構えを作りカットする打球点が前過ぎたり、手打ちで切り込むことのなように肩を入れて膝を曲げた状態から切り込むことです。そうすれば、その攻撃された...カット安定打法のポイント

  • 粒高ツッツキ打法

    粒高ラバーでのツッツキは迷わず、ラケット面をやや立て気味の角度で前方にプッシュすることで下回転系はほぼ問題なく入る。粒高ラバーではカットでなくプッシュ打法です。ツッツキは英語ではプッシュというように、特に粒高ラバーでは台上のカットではなく鋭くプッシュする感覚で突くことが基本。相手の下回転が強ければ強いほど、激しくプッシュすれば粒高では優位な強烈な上回転となって入ります。ボールが一旦浮き上がっても沈むように入ります。ふんわりツクのでなく、しっかりやや激しくプッシュすることを練習で試してみましょう。すると、不思議なほど良く入ります。結論。ラケット面をネットに向けて、台の上を滑らすように突く。ラケットの角度は時計の針でいえば12時33分でやや上向きでプッシュする。これが相手のツッツキを処理する粒高ツッツキ打法です。粒高ツッツキ打法

  • フォアツッツキ簡単確実打法

    フォアのツッツキは体をボールに近づけてツクことで簡単に入ります。一番のポイントは、ひじの開きに余裕を持たせツクことです。すなわち、肘が曲がった状態です。その構えから真っ直ぐネットに向かって前にプッシュする感じでツクのです。肘を伸ばして台の上でラケットの角度を変化させることなく、顔をボールに近づけて真っ直ぐラケットを前にプッシュすることで、柔らかい手首のしなりで鋭いフォアのツッツキになります。このフォアのツッツキ練習は、台の近くで、前傾姿勢でフォア&フォアのツッツキラリー練習もあります。また、実戦をイメージしてバック&バックのツッツキ練習からときどきフォア側に振ってもらって、それをフォアハンドのツッツキやストップで返球する練習がお勧めです。相手の下切れ状況に応じてラケット角度は違ってきますが、バウンド直後をしっか...フォアツッツキ簡単確実打法

  • カットマン攻略の基本

    カット打ちについては以前投稿済みですが、カットマンからポイントをあげるにはドライブと角度打ちは必須の技です。そして、チャンスボールと感じたときは果敢にスマッシュすることです。そのスマッシュを相手カットマンのどこを攻めるか、相手の技量特性を見極め攻め所を感じ取る必要があります。それを最初のゲームでひらめくことができれば、カットマンとの試合を制する可能性が高まります。カットマンへの攻撃は連続攻撃だけではうまくいきません。相手カットマンの技術レベルの状況などに応じてストップやツッツキも混ぜることで、チャンスが広がるケースも少なくないのです。状況に応じてスローな構えから、急激なスピードドライブ攻撃を放ったり、ときには相手の体をめがけてスマッシュするなど緩急をつけることも有効です。サーブの攻めどころですが、横回転サーブは...カットマン攻略の基本

  • ドライブ攻撃に対処する反応力を鍛えよう

    ドライブは相当な上回転とスピードのある攻撃です。これに対処するには相手の攻撃の構え、ラケットの振り、何より相手の特徴くせを見抜くことが欠かせません。一番のポイントは、俊敏に対戦相手のボールに反応することです。だからこそ、多くの選手は厳しい練習で反応を鍛えて強くなろうと頑張っています。とは言え年齢と共に俊敏さは衰えてきますが、それでもより多くの球を打つことで反応力は維持できます。基本の対処の一つはドライブを前陣でブロックする反応です。これは素早く飛んでくるボールにラケットを向けることです。そのときの状況でラケット角度を調整したり、ラケット面を向けボールをとらえる瞬間にラケットを引いてかぶせることもあります。うまくタイミングはあえばカウンターブロックになる強打も可能です。また、中陣からではドライブ攻撃をドライブ攻撃...ドライブ攻撃に対処する反応力を鍛えよう

カテゴリー一覧
商用