自分という存在は何故存在するのか?
住所
出身
ハンドル名
そらさん
ブログタイトル
自分という存在は何故存在するのか?
ブログURL
http://utantomyu.blog89.fc2.com/
ブログ紹介文
自分という存在、この世界の存在、一体、なぜ、存在するのか?
自由文
何故何もないではなく何かがあるのか?それも、よりによって、何故自分が存在するのか?
更新頻度(1年)

36回 / 275日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2015/09/06

そらさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 18,268位 19,747位 21,508位 19,900位 27,204位 29,787位 32,485位 972,117サイト
INポイント 10 10 10 30 10 10 20 100/週
OUTポイント 20 20 10 40 10 10 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 632位 666位 679位 663位 705位 753位 811位 12,926サイト
キリスト教 27位 31位 33位 30位 38位 37位 39位 807サイト
その他ブログ 32位 39位 40位 38位 51位 57位 62位 7,678サイト
ライフスタイルブログ 1,442位 1,527位 1,646位 1,536位 1,891位 2,030位 2,259位 65,886サイト
自分探し 2位 2位 3位 3位 4位 4位 4位 183サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 35,139位 37,876位 41,374位 39,636位 46,431位 49,309位 52,572位 972,117サイト
INポイント 10 10 10 30 10 10 20 100/週
OUTポイント 20 20 10 40 10 10 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 840位 880位 991位 921位 1,059位 1,096位 1,183位 12,926サイト
キリスト教 52位 53位 56位 56位 64位 63位 68位 807サイト
その他ブログ 77位 83位 96位 87位 112位 124位 126位 7,678サイト
ライフスタイルブログ 2,719位 2,876位 3,089位 2,984位 3,399位 3,549位 3,794位 65,886サイト
自分探し 4位 4位 4位 4位 6位 6位 5位 183サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,117サイト
INポイント 10 10 10 30 10 10 20 100/週
OUTポイント 20 20 10 40 10 10 20 130/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,926サイト
キリスト教 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 807サイト
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,678サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,886サイト
自分探し 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 183サイト

そらさんのブログ記事

1件〜30件

  • ローマ法王 東京ドーム

    ローマ法王が今年11月38年ぶりに日本にくるという。前回はヨハネパウロ二世。38年も前のことだ。今回は長崎や東京などを訪れるという。東京には平日だが、11月25日(月曜日)午後3時半から東京ドームでミサが行われるという。今朝の教会礼拝の最後に上記のニュースを知り、ひと目会ってみたいなと思ったが・・・それよりも、目の前にいる少し小声で真面目でちょっと弱々しい感じの神父さんのほうが応援したくなる。かといって何も...

  • ブーム

    今年はファッション業界の色に関して群青色が流行するとしよう。誰がそれを決めるのか、どういった根拠で決められたのか、そういったことにはあまり意味がないように思う。赤色でも黄色でもよかったがとりあえず前年の色とは違う色をブームにすればよかっただけの、そんな程度の理由かもしれないのだ。人間のクオリア、その人にしか認識され得ず、他人のクオリアがどうなのか知るよしのないクオリア…しかし、それは他人と共有でき...

  • 集団ヒステリー

    女子高生たちが一斉に過呼吸を起こしたり痙攣したりするのは集団ヒステリーにおちいりやすいから。若い女性は同調率が高いから。共感・協調しやすい女性は良いことだけでなく良くないこと変なことにも真似してしまう傾向があるのだろう(ファッションの流行などは男性ではなく常に女性だし、リストカットも流行しているように女性の間で広まった・・・)。キリスト教で奇跡とされている数々の現象、たとえば、聖母マリアの霊が現れ...

  • 小学低学年の頃

    小学低学年の頃から、クラスの人気者になると幸せを感じる小学低学年の頃から、社会的な関係性の中で生きていることを意識する。たまたま面白いことを言って、クラスの人気者になると、とても幸せに感じるようになるし、それはただ単に自己実現ではなく、自己中心ではなく、幸せという状況を皆とともに分かち合える純粋な幸福感であろう。(ここまではいい。ただ、その子がこれが真実だと勘違いしていくとまずい。現実の人間関係は...

  • 敬語と意識

    日本語には丁寧語や尊敬語・謙譲語などの敬語表現がある。これらは幼児でも不十分ながらも認識しているであろう。しかし、何歳からであろう?その時の意識はまだかなり未熟な意識レベルなのだろう・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 言語と意識

    前回の記事で言語が違うと意識も違うことを考えたが、外国人の例以外にも、もっとわかりやすい例がある。それは、幼児だ。まだ言語の獲得が未熟未完成の子供は、思考も未熟だし、意識も少し違う。自分の幼い頃を思い出しながら、意識の発達を考えたい・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 外国語を話す外国人の意識

    日本語を母国語とする僕の思考は日本語の文法や語彙で考えている。外国人は違う思考なんだと思う。意識も異なっているであろう・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 今日の礼拝

    教会に行くと、いろいろ考えさせられる。全ての人は、神の生まれ変わりなんじゃないかと空想した。神の生まれ変わりだけど、出来損ないのコピーだから悪い心も持ってしまう。いや、それはどうでもいいのだが。神を愛するというのは、自分の祖先、いや、分身、いや、過去あるいは未来の自分自身を愛するということなのではないだろう?にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 声に出して読みたい「人生の意味の追求」

    なぜ自分は存在するのか?いつ自分は生まれた出でたのか?いつ自分は無に帰るのか?なぜ過去の自分がいるのか?なぜこの世が存在するのか?なぜ今この時代なのか?明日はどんなことが待ち受けているのか?一年後はどうなっているのか?十年後はどうなっているのか?50年後はどうか?100年後はどうか?自分は死後どうなるのか?自分は意味のない存在なのか?世界は1億年後も存在するのか?100兆年後も存在するのか?大昔はどうなの...

  • 前回の記事の別編

    前回は、人の前で話す時に自分まで気分が高揚してくる話をしたが、何故、シチュエーション次第で人の気持ちは変わるのか?過去のことで、思い出し笑いするほどでないことで、人に話す時におかしくなってしまう自分と、一人で無気力に思い出しているときと、違う自分がいることに気づく。どっちが本当の自分なのか?これは、日本人がよくする仕事帰りの飲み会でも同じだ。仕事中は同僚らと真剣に話していても、飲み会では無礼講とい...

  • 誰かに語ること

    過去の楽しかった思い出を誰かに語る時、面白おかしくなる。独りだと思い出し笑いするほどではなくても、人に話すときは、過去の出来事を細かく思い出そうとするし面白く話そうとするから、それで話すとき自分でも楽しい気分になるのだろう。以上は前置きだ。頭の中で考えているだけでは、情動が伴いにくい。口に出していうと、少し、情動が伴うかもしれない。誰かの前でプレッシャーを受けながら話すと、情動が、ひいては脳全体が...

  • 言語の限界

    言霊というコメントを頂き、少しインスピレーションを得た。人生の意味についてあ~だこ~だいろいろ考えても、なかなか結論が出ず、これはやはり言葉で色々考えても限界があるということは前から思っていたのだが、人生の意味を考える時、通常の言語の論理で考えるのではなく、別の思考法で考えるしかないのではないかと思う・・・別にヴィトゲンシュタインが指摘しなくても、言語や論理学で形而上学的なことを考えようとしても無...

  • 雑記

    ショーペンハウエルの「愛と生の苦悩」を読んだ。ショーペンハウエルhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%BC結論としては駄作だった。哲学者という肩書だが、大資産家として交友関係のの広い有名人エッセイストのような感じに思う。そして、結局、ショーペンハウエルは仏教やインド哲学に傾倒...

  • 全てのことに意味がある。

    卵巣には卵子が数十万あって、それが数十年たって、はれて、受精に至るのだろう。数十年ずっとチャンスを窺ってじっと待っているのだ。それと同じように、あらたに降りかかってくる不運も幸運も、待ってましたと言わんばかりに適切な時にやってくる、ちゃんと意味があるはず。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • この世界の片隅に

    この世界の片隅にを見た。。この映画自体はあまり良いとは思わなかったが、第二次大戦前から直後までの日本人の暮らしが何となく伝わった。戦争ということへの日本国民全体の意志。全体主義。かつ、そんな中でも闇市など自分勝手な人間。戦争なんかは関係なく、人間はエゴイズムの塊だ。そして、周りに抗うことなく、流される生き物。人間に限ったことではなく、すべての生き物がそうだが。戦争がない現代日本でも同じだ。利己主義...

  • 時の経過

    時間が経てば忘れてしまう・・・貴重な考えも体験も記憶が薄れて、もしくは消えてしまう・・・しかし、すべての出来事・感じた事には意味がある・・・一瞬一瞬が勝負だ・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 予想する能力

    未来や過去の概念を人が持っているのは、過去の記憶から、未来を予想するからだろう。もし、記憶能力や予想する能力がなければ、過去や未来の概念は持てなかっただろう。そういう意味で、時間の流れや未来への概念が、人の価値観を大きく左右する・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 時間の謎 その2

    時間はなく、あるのは今だけ。いや、正確にいうと、今も過去も未来も同時に存在する。ただ、それをこの自分が今以外を感じれるわけではないのだ。過去はあっただろうし、未来もすでに決まっているかもしれない。しかし、認知できるのは、実際に実感できるのは今だけ・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 有意義に時間を使うことと時間を無駄に過ごすこと

    有意義に時間を使ったと自己満足しても、実際には、何も駅はないのかもしれない・・・時間を無駄に過ごしたと後悔しても、実際には大したことはないのかもしれない。いや、本当にちゃんとした意義あることをして過ごせば充実した人生になるかもしれない。。。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 自分の為にではなく、他者の為に生きる、人生の意味を探して生きる。

    いろいろ考えたが、結局仕事は自分の為にではなく、お客さんの為、世の為、会社の為、自分の家族の為、などなど、他者の為にするものだ。自分の為に行動していたら、いつか虚しくなるし、自分の為に何かを成そうとしてもいつか必ず限界にぶつかり、絶望や無力感で行き詰まってしまうが、誰かの為になら、諦めずに、別な方法で何とかやっていこうと思える。キリスト教でいう天国も自分が安楽に過ごす為の場所ではなく、天国に行って...

  • 仕事は何のため?

    仕事は自己実現のためという人もいる。愛する家族を養うためという人もいる。仕事は食っていくためというドライな人もいる。する仕事のない人は寂しい人ですという人もいる。仕事をすることで、とりあえず余計なことを考えずに毎日を規則正しく過ごせる人もいる。これらは昔々の為政者が国民の反乱を抑え、労働力を搾取し、さらには国家全体を豊かにするために夢や希望や競争心を煽って働かない人を働かすための方便だったりもする...

  • 子供の好奇心

    子供はその身体的能力・知的能力の限界からいろいろ出来ないことが多い。しかし、子供は諦めない。いや、正確にいうと、諦めても、また別なことに目を向けて、いつもいろんなことに好奇心を持っている。一つのことだけに固執していない。僕の場合もそういう風にやっていきたい。一つの方法でダメな場合、もう一つの方法を探ろうとする。しかし、そういうやり方だけではなく、子供のように、別なことに目を向けて、頭を切り替え、い...

  • 必死さ

    虚しいとは何か?虚しいと感じること、それは、同じことの繰り返しの日々を過ごしてるときに感じる傲慢さであろう。まるで、荒野で40年暮らしてマナに食べ飽き肉を食べたいと不平を言った時のように。肉なんてものはただ食感が良いだけのものだ。アミノ酸と飽和脂肪酸がミルフィーユ状に層を重ね歯に舌に心地よく感じられるだけのものだ。対して、マナはそれだけで完全栄養食となる生きる糧だ。日ごとの糧や栄養は神に任せてよく、...

  • 自由・・・自分がすべきことをする権利が保障されていること

    教会での礼拝メッセージで良いことを言っていた。自由とは、自分のしたいことを好きなようにできるということではなく、自分がすべきことをする権利が保障されていること。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 今生きているという事実を直視する

    生きているから生きる。生まれ出でたから生きる。死ぬときがまだ来ないから生きる。こんな受け身の生き方ではなく、死が来るまでの暇つぶし的に、あるいは、みつけられたら儲けもの程度のモチベーションで人生の意味を求めるのではなく、本当の人生の意味を純粋に得ることができるようにモチベーションの次元を高め、さらに、それに見合った生き方をしていけば、答えは与えられるかもしれない。具体的には・・・・人生何十年という...

  • 怠惰な安楽な生活をしながら人生の意味を考えることは・・・(その2)

    人生の意味を求めるときにその理由は、人それぞれであろうが、その理由がそれなりならば、答えもそれなりのものなのだと思われる・・・つまり単に虚しいのを解決するためのものならば、虚しさがなくなりずっと能天気になれるような答えが見つかるかもしれないし、経験してきた苦しみを意義あるものにするためのものならば、苦しみを喜べるようなマゾヒスティックな気質になれるような答えが見つかるのかもしれないし、自分という苦...

  • 怠惰な安楽な生活をしながら人生の意味を考えることは・・・

    怠惰な安楽な生活をしている人が、人生の意味を考えることは、ありなのだろうか?特段具体的な悩みもなく、ただ何となく虚しいという理由で、人生の意味を探求しようとする人が万一いたとして、その人は答えを見つけられるだろうか?アウシュビッツ収容所体験をしたフランクルのような人が人生の意味を探求しようとするのは理に叶っているし、答えに近づけそうな気もする。しかし、苦悩なく、ただ虚しいからという理由だけの人がど...

  • まるで動物

    動物は言葉が離せないし、状況を理解できる能力が乏しいので、こちらがこうしてほしいと思う当然の想いが通じない。まるで、PCのように。人間の中にもそういう者がいる。まるで動物のように。何故、そうなのだろう?ここに人間の意識の存在の意義があるように思える・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 成長発展の末

    神は自分に似せて人間を作ったという。もしこれが真実なら、神も成長・発展しているはず。そうすると、すでに完成された全知全能という前提に矛盾する。しかし、成長発展した末に完成し、もう成長することなく完成形として安住している可能性もある・・・・にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ...

  • 意識があるかどうかは成長・発展があるかどうか

    他の動物になくて人間だけにあるものそれは成長・発展があるかどうかだと思う。蟻も社会的動物であり、役割分担しながら大きなころーにを作っているけれど、蟻の歴史に進歩はない。しかし人類の歴史はまさに怒涛の進歩発展の歴史だ。石を使い、火を利用し、電気を発明し、機械・コンピューター・インターネットを生み出し、今後の発展もとどまるところをしらない、先が見えないくらい。人類という集団で考えなくても、個人レベルに...