プロフィールPROFILE

スロハユニフさんのプロフィール

住所
見沼区
出身
未設定

休日及び深夜少々の作業です。 拘りも無ければ忠実さも有りません。 気儘に作って走らせて、それで満足です。

ブログタイトル
スロハユニフの工作日誌
ブログURL
http://surohayunihu.livedoor.blog/
ブログ紹介文
Nゲージの軽工作や中古車両のレストアを行っています。
更新頻度(1年)

120回 / 241日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2015/08/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、スロハユニフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
スロハユニフさん
ブログタイトル
スロハユニフの工作日誌
更新頻度
120回 / 241日(平均3.5回/週)
読者になる
スロハユニフの工作日誌

スロハユニフさんの新着記事

1件〜30件

  • デスクライトの新調

     本年もよろしくお願い致します。年始からドタバタしておりまして、遅れましての始動になります。本格復帰まで頻度は当分低くなりますが御容赦を・・・ 作業机の光源としてLEDのルーペ付きデスクライトを使っておりましたが、最近暗くて光量が弱くなったかのような感じがし

  • 年末のご挨拶

     本年の「工作日誌」は、本日で最後になります。 この1年の工作を振り返ると、まず環境の再構築から・・・新居で趣味の部屋として提供されたのは2階のサービスルーム(昔風に言うと「納戸」ですか)、クローゼットのある長細い5畳強の空間でした。 引っ越し時に置かれて

  • 部品調達に秋葉原へ

      今年はたくさんの建物の電飾を行ったので部品の在庫が少なくなってきました。通販で購入してもよいのでしょうが、毎年年の瀬は電気街をふらつくのが恒例となっておりますので、部品調達に行くことにしました。 とはいえ行きつけといえるような店は数店、まだまだその空

  • さいたま・大宮鉄道模型フェスタへ

    年に一度の楽しみ、埼玉での鉄道模型へ行ってきました。 午後一番から…と思っていましたが別件の要事が長引いてしまい、到着したのは終了の15分前…それでも幾つかの部品や車両などを買えましたのでまぁ満足です。後はLEDなど工作部品を買い出しに行かな

  • KATO・キハ52の修理(2)

     再びのギクシャク状態から分解・再組立てを経て直ったKATOのキハ52首都圏色。せっかくですのでちょっとグレードアップ、テープLEDによる室内灯も設置したいと思います。 テープLEDは白色のものを2ユニット(1ユニットLED3個とチップ抵抗)使います。それと+-両極

  • KATO・キハ52の修理(1)

     以前に中古で買ったKATOのキハ52(首都圏色)です。記録によると2016年9月購入、1,620円とあります。避雷器のみ欠品でストックから取り付けて直しました。http://surohayunihu.livedoor.blog/archives/313226.html 久しぶりに走行させようと思ったところ、再びギク

  • 市街地の電飾化作業(7・完)

     全てのブロックの接続が完了し、いよいよ明かりを落とす瞬間です。 明るく街並みが浮かび上がります。 Aブロックから駅周辺・・・ 駅舎と貨物ホームが煌々と明るいです。 詰所前の歩道から・・・銀行は思ったより暗いですが、営業時間外ですからあまり明るいのも変で

  • 市街地の電飾化作業(6)

     最後の作業はBブロック、駅向かいのビル群になります。 ビルからターミナルまでの配線を測って接続コードを作ります。 ピンを建物後部に差し込みます。 ベースへは両面テープで張り付けています。 電飾化完了・・・ビル7棟です。 後ろの線路が見えないよう高さを揃

  • 市街地の電飾化作業(5)

     Aブロックの点灯化は完了しました。次はCブロック・・・Bブロックは施工的に単純なので奥まった場所にあるCブロックを優先します。Cブロックは駅前道路からの支道で向い合せの7棟です。そのうち、ターミナルから道路を跨いだリバース線路沿いの4棟の配線を先に行い

  • 市街地の電飾化作業(4)

     各建物の配線接続です。まずAブロックからです。 離れた建物から・・・詰所裏に配線を接続します。 ターミナルにピンヘッダを接続します。+-極があるため、通電しながら作業します。 両面テープで建物を固定し、配線は見えないよう建物下に挟みます。 Aブロック7

  • 市街地の電飾化作業(3)

     赤黒の平行コードはタミヤのものを使います。若干高いですがコード自体が軟らかく、被膜剥きも楽です。加工がしやすく、ハンダの乗りも良好で気に入っています。 連結ピンヘッダ、平行コードを切ったものを合わせてこれが接続資財になります。コードは被膜を剥き、ハンダ

  • 市街地の電飾化作業(2)

     ターミナル建物の下にコードを通すために穴を開けます。最初に3mmピンバイスで下穴を開け、電動ドリルの6mm径のものを使い、穴を開けます。これを3カ所行います。6mmの理由ですが、ピンソケット(+-)が5.6mm.これを通すのに6mm径が必要です。 ターミナル

  • 市街地の電飾化作業(1)

     いよいよ電飾化した各建物に電源をつなぎ点灯化していきます。 今回20棟近い建物がありますが、3ブロックに分割します。駅舎を含むブロックA(赤字)は7棟、駅舎から道路を挟んで並んでいるビル群7棟をブロックB(青字)、手前側の側道の両サイドの7棟をブロック

  • 余剰部分の路盤作成

     駅舎ホームと貨物ホームの接続部分を作ります。ジオコレの対向式(に改造した)ホームと農業倉庫が併設された貨物ホームは、25~30度ほど、緩い曲線に沿って貨物ホームは置いており、現在は分断されている状態です。そこで、2つを接続する「渡り板」を作ります。 ま

  • 115系ジャンクボディで技術講習(6・完)

     連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラーに交換します。密自連のジャンパ栓付きのものです。実際は違うのですが見えないので気にしない・・・ 交換完了しました。 5両並べて試運転・・・ライトも光り、喜びの瞬間です。動力は走行歴の少ないものらしくスムーズです

  • 115系ジャンクボディで技術講習(5)

     車体は何とか組み込めましたので、先頭車のライト加工です。115系と165系は模型の車体構造が全然違いましたのでライト導光材も合いません。165系はライト基盤上にヘッド/テールライトが並んでいるのですが、115系はライト基盤上下に1球づつあるように見受けられます。 試

  • 115系ジャンクボディで技術講習(4)

     3両の中間車の施工が終わり、残りは2両の先頭車です。どうせなら前部スカートがあってライト点灯可能な下回りが欲しいです。中古屋のジャンクから安いものを・・・ということで、165系の「ムーンライト(赤)」の先頭車2両(クハ、クモハ)が安くありましたのでこれを購入

  • 115系ジャンクボディで技術講習(3)

     次に中間T車2両の作業です。中古屋ジャンクで同様に「KOKUDEN」セットのモハとサハがありました。1両300円と安いです。本当はあと2両あれば先頭車も含めチャチャッと5両完成(とはいえスカート回りの工作が必要)なのですが、ないものは仕方ないですね。 動力車同

  • 115系ジャンクボディで技術講習(2)

     ジャンクボディに合いそうな下回りを探します。ちょうどKATOの103系「KOKUDEN」のクモハ103(M)バーミリオンがジャンクでありました。 車体は30年以上前のもので古いです。子供の頃、これをT車のクハと合わせて2両編成で走らせておりました。とはいえ動力は現

  • 115系ジャンクボディで技術講習(1)

     中古屋の片隅にて・・・車体(上回り)のみのジャンクボディーが大量に置かれていました。こういったものは大概部分的(中間車のみとか)で有用になることは少ないのですが、今回見たところ、先頭車も中間車もたくさんありました。1つ60円と安いので、クモハ115×1、クハ

  • 木造長屋の電飾

     右側市街地の電飾のトリを飾るのは木造長屋です。最後の空間にピッタリ入りました。この建物は中央駅裏に続いて2棟目になります。 実は建物電飾を最初に試したのはこの木造長屋です。テープLED+ピンソケットをポリウレタン線でつないでユニット化する、というコンセ

  • 駅舎(和風レストラン改造)の電飾(2)

     テープLEDを2個と1個に切ります。 ポリウレタン線(4cm程度)でそれぞれの+-極をハンダします。 待合室側は改札と出入口に光が当たるように縦配置で設置、駅務室側は横配置でポリウレタン線管を「柱」にくぐらせて2つを駅務室、1つを出窓側に設置します。 

  • 駅舎(和風レストラン改造)の電飾(1)

     いよいよ市街の要、駅舎の電飾化です。駅舎は近代的に仕上がっていますがリバース線内の小規模な区画、20m級2両が精一杯のコンパクトなものです。走行的にはメイン用途ではなく、風景的な扱いです。 とはいえ内部はしっかりと作り込んでいます。あらためて見るとトイ

  • 喫茶店の簡易電飾化(2)

     テープLEDと抵抗をハンダし、ライトユニットを作ります。内側に通ったポリウレタン線を手繰り寄せて屋根側に寄せ、ライトユニットをハンダします。 ライトユニット裏にアルミテープを貼って遮光し、屋根裏に貼り付けます。 完成です。1階のガラス部分が大きいので光

  • 喫茶店の簡易電飾化(1)

     市街の奥の方の隙間にピッタリ合ったので、喫茶店を置きます。中央の方にもTOMIX住宅改造の喫茶店があるので2件目になりますね。 内部が良く表現されていて好素材ですが、ガラスの透過度がイマイチなのがちょっと残念です。今回は目立たない場所ですし人を置かない

  • 雑居店舗の電飾化(2)

     例によってライトユニットを作ります。今回は電球色を使いました。 建物を組み立て、LEDを屋根裏に貼り付けます。ソケットは方向的に目立たない裏側左下にしました。 完成です。まぁ何というか・・・寿司屋側しか光ってませんね。 反対側から見ても、飲食店側は店舗2

  • 雑居店舗の電飾化(1)

     寿司屋と飲食店の雑居店舗です。一見普通の商店のように見えますが、裏側の入り口も2カ所、中央でしっかりと2等分されている長屋構造です。(内部は仕切られていませんが) とはいえ照明を分けるほどでもなく、普通にLED1つで共用です。分解して窓ガラスを外します

  • ジオコレ・漆喰造り蕎麦屋の電飾

      漆喰の白壁が美しい、旧街道にありそうな店舗です。 ただこの白壁では電気が透けてしまいますのでしっかりと遮光しなければなりません。接着された窓ガラスを外します。 黒のサーフェイサーで遮光塗装します。 取外しで窓ガラスは駄目になってしまったので余剰の窓セ

  • 農業倉庫の簡易電飾

     駅のホームの先は貨物ホームと一体の農業倉庫を置こうと思います。緩いカーブにあるので接続部は後に考えますが・・・ ところが、接着剤でガチガチに固着されています。カッターの刃先を差し込んで分解しようとも考えましたがホーム庇の柱も折れてしまいそうです。 そこ

  • 詰所の電飾(2)

     詰所の電飾はこれで終了・・・と思ったのですが、よく見ると入り口上に電灯がありました。省略しても良いかな・・・と考えましたが、この入口面は線路際で正面側、光っていた方が見栄えがいいのは明らかです。そこで追加加工を施します。 電球ですが驚き、他の建物の同様

カテゴリー一覧
商用